富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

Shopify & Shopify Plus ディープダイブ #3 総所有コスト (TCO) の削減

D2C EC Shopify Shopify Plus オムニチャネル

Shopify & Shopify Plus ディープダイブ #3 総所有コスト (TCO) の削減  

Shopify NYSE:SHOP

Shopify NYSE:SHOP

 などの情報を基に、

E-コマース・D2C・DNVB オムニチャネルコマース企業にとって、Shopifyが目指しているミッション・バリューが、エコシステムを通じてどのようにサプライされているか、Shopifyだけでなく、これからのコマースビジネスモデルの変化の中で、システムツールとしての、MACH・コンポーザブルアーキテクチャーを選択するべき理由と視点についてDeep Dive:深く掘り下げていきます。

Products

をガイダンスするのではなく、Eコマース・D2C・DNVBの創業者、プロダクトマネージャーとして、マネージメント視点からのテクノロジーを選択する視点として、そして、投資家としてみた場合に、Shopifyのマーチャントの成功(グロースハック)を実現するためのサービスになっているかの視点でお届けしていきます。
*ちょっと専門的です。でも開発者むけではありません。
*機能解説はこちらで

Shopify Plusストア構築 D2C/オムニチャネルのスケーリングポイント #1 メリット

ShopifyとShopify Plusの比較!

Section #3 - 総所有コスト (TCO) の削減 -- 具体的な例:Powering Lower Total Cost of Ownership

コマースWeb構築は非常に競争が激しい世界です。Shopifyに限らず、総所有コスト (TCO) を削減して、便利なショッパー エクスペリエンスを強化しながら、より多くの価値を生み出すことを求めています。差別化要因は非常に抽象的ですが、優位性と競争力を定量化するための顧客事例はどこのSaaSベンダーにもあります。

大規模業者へのケータリング:Catering to Larger Merchants

“arm the rebels”:反逆者を武装させる」というShopifyの使命は、小規模なマーチャントのニッチさを明示的に暗示をしています。ここ数年は、価値のある大規模なマーチャントベンダーとしての地位を確立しています。(Shopify Plusのユーザーということ)大規模なマーチャントにサービスを提供することで、Shopify はより活発な収益増加、より良いリテンション (通常はより長期のサブスクリプション契約による)、および補助システムアプリ製品のより多くのアップセルを享受しています。これは、今後ますます重要な成長ベクトルになるでしょう。Hydrogen: Shopify's headless commerce framework 

Shopify Hydrogen

は、このニッチな拡張機能の大きな部分を占めています。他にも重要な開発がいくつかあります。

Shopify Plus:

Shopify Plus は、大規模なマーチャント向けのエンタープライズ レベルのサブスクリプション パッケージです。Builtwith

Shopify Plus Customers

Get access to data on 40,369 websites that are Shopify Plus Customers. We know of 32,422 live websites using Shopify Plus and an additional 7,947 sites that used Shopify Plus historically and 305 websites in Japan.

*最新情報はクリックしてください。

2017 年にデビューしましたが、Shopify が 2019 年に投資額を加速して、2020 年にグローバル化したときに実際には離陸していました。Shopify Plus の最初のユーティリティは、すべての販売チャネルと地域を個別ではなく 1 人の管理者が実行できるようにしていました。

これが当たり前ように聞こえる場合は、そうあるべきだからでもあります。この機能は、すべての Shopify サブスクリプション レベルで利用できます。アップグレードを動機付けるために、プラスのマーチャントだけのためにスイートの重要な機能を付加しています。機能実装からの時間が経つにつれて、これらの排他的なツールがEコマース商取引全体でより多くのテーブルステークまたは期待されるようになると、製品機能はより低いサブスクリプション層に開放されていきます。

加盟店は、カード交換手数料や他の商品の割引からさらに安く利用できるようになります。顧客はまた、より高いトランザクション制限とよりシームレスなオンボーディングを享受できます。

たとえば、Kraft Heinzの Heinz to Homeデジタル販売への最初の進出のために、わずか 7 日間で Plus を通じて真新しいオンライン DTC ストアを立ち上げました。他のベンダーでは、構築に数か月かかると見積もられていました。市場投入のスピード、割引、およびその他の特典を超えて、Plus の独自の提案を深め、育成することをアピールしている追加サービスがいくつかあります。

Shopify Scripts は、

Plus マーチャント専用の主要なバリュー クリエーターの 1 つです。スクリプトは、脆弱性によるフルフィルメント ランキングや、買い物客の頻度と直帰率の確率に基づく割引の設定などによって、ユーザー エクスペリエンス (UX) のカスタマイズをより深いレベルで高めています。その他の有用な例には、個々の買い物客ベースでのプロモーションの提供や、特定の変数によって顧客セグメントを分離して広告をターゲットにすることが含まれます。

ノーコードではありませんが、比較的ローコードです。

昨年2022末まで Plus マーチャント専用だった Shopify Flow は、

スクリプトの作成をシームレスに自動化するツールです。簡単に言えば、スクリプトは「インクリメンタルなバックエンド カスタム ロジックを構築する」ためのツールですが、フローは、このロジックから頻繁に引き出して、それが本質的に作成するワークフローを自動化することに、密接に補完するツールです。すべてのカスタマイズは、メタフィールドを介して (コードなしで) ストアに簡単にデプロイできます。

Doe Beauty | Korean Silk Lashes for Everyday Comfort

これらのツール以外にも、Shopify が提供するこのレイヤー専用の補助サービスがいくつかあります。それらには、Shopify Markets Pro (国境を越えた自動化ツールについては後で詳しく説明します)、ノートブック製品、企業間 (Business to Business (B2B)) 販売が含まれます。

Plus の牽引力を測定する重要な方法としては、Shopify全体合計 MRR (monthly recurring revenue) に対する Plus の月次経常収益の割合です。

MRR は、サブスクリプション収益からの価値の成長の最も密接に相関するゲージです。これは、すべてのサブスクリプション収益からテーマおよびプラットフォーム料金を差し引いたものが含まれます。プラスは、Shopifyが魅力的になるにつれて、総MRRの大きな部分であり、成長しています。 プラスに関連して他の計画の成長を加速する、より安価な層のトライアルを通じて一時的な打撃を受けていました(2020年を参照Financial Reports)が、長期的な傾向はより高くなっています。

コマースコンポーネント (CCS):Commerce Components by Shopify

より多くの柔軟性とツールを提供するShopify PlusとHydrogenの能力を超えて、Shopifyは最近、大規模なマーチャントにとってより良い進化のパートナーになることを強調しました。

過去には、確立された技術スタックを持つより大きなブランドが、既存のインフラストラクチャを効果的に「リッピング&リプレース」して、Shopify を優先する必要がありました。

豊富なサードパーティ統合を提供しましたが、多くのレガシー カスタム ソフトウェアを保持することはできませんでした。これは Hydrogen によって部分的に解決されましたが、大規模なクライアントの移行を独自のペースで受け入れるという別の重要な要因があります。

Components by Shopify」(CCS)では。Plus は大規模で確立されたマーチャント向けですが、CCS は最大かつ最も確立されたマーチャント向けです。これは、Global 2000 企業を対象としています。

Shopify CCS

Shopify は、パフォーマンスの低下と必要な更新に対する柔軟性の欠如を恐れて、過去にこれらの従来のシステムの統合を避けていました。これで、ストアの機能や品質を犠牲にすることなく、それらを許可する準備が整ったということです。

Hydrogen + CCS は、通常、カスタム ビルドに関連する Shopify 側での集中的な作業を必要とせずに、マーチャントが必要なものを正確に選択し、カスタマイズをエミュレートできることを意味しています。Hydrogen だけで、これにはるかに近づきました。そして、CCSはそれらをすべて取得できます。

Shopifyは常に小規模なマーチャントにとっては優れたアラカルトベンダーでしたが、大規模なマーチャントにとってはそうではありません。

大規模なマーチャントは本質的により多くの製品を使用し、より多くのカスタマイズとより詳細なストア設計を必要とします。

これは、小規模なマーチャントよりも、必要な機能を強化するために、より多くのAPI 呼び出しAPI callsに日常的に依存していることを意味します。

API 呼び出しの定義: API Call Defined:

1 つのアプリケーションまたはストア フロントが別のアプリケーションに、そのソフトウェア/製品を独自の範囲内で使用するように要求する場合には、

CCSが導入される以前は、プラスを含むすべてのShopifyサブスクリプションプランは、API呼び出し制限として、有限の上限がありました。これらの制限により、最も幅広いツールのニーズを持つマーチャントは、最も望ましい店舗特性の機能APIを優先する必要があります。CCS は、無制限の API 呼び出しを備えた Shopify プランを大企業に提供しています。

エンタープライズ リソース プランニング (ERP) プログラム:Enterprise Resource Planning (ERP) Program:

2021 年第3四半期、Shopify はエンタープライズ リソース プランニング (ERP) プログラムを発表しました。この取り組みにより、マーチャントは必要なすべてのデータ ソースに簡単に統合してアクセスできます。SAP、Microsoft、Salesforce、Oracle、その他のいずれであっても、このプログラムは、マーチャントが必要なデータにアクセスして運用上の方向性を導くための、より広範な仮想ハイウェイを作成して提供ししています。

CCS はより進化的な柔軟性を解き放ちますが、これにより追加のデータ インフラストラクチャ統合が解き放たれます。この組み合わせによって、ほぼ無限のストアフロント ツールと、必要な情報へのアクセスを組み合わせて、マーチャントが必要とする可能性のあるすべてのものを Shopify で確実に入手できるようになります。
特に、より豊富でサイロ化されたデータセットを持つ大規模なマーチャントにとって、簡単なパートナーになります。

断片化されたデータとは、世界最大の消費財 (CPG) コングロマリットにとって決まり文句です。ローンチによっては、ユニリーバ、プロクター & ギャンブル、ネスレなどが導入して、急速に勢いを増しています。また、マテルやハスブロなどの他のクライアントにとっても、非常に多くのブランドやビジネスが 1 つのブランドで運営されていることを考えると、非常に価値があることが証明されています。

システム インテグレーター (SI) プログラム:System Integrator (SI) Program:

大規模なマーチャントは通常、動きが遅く、変化に抵抗します。

そこで登場するのがシステム インテグレーター (SI) プログラムです。
このプログラムは、CCS の開発が最初に始まった 2019 年に開始され、Deloitte、EY、KPMG、Accenture などのグローバル コンサルティングの先駆者とのパートナーシップ関係が成立しています。
大規模なブランドは、これらの企業を利用して、主要なプラットフォームのオーバーホールを管理しています。Shopify はそれまでは協力しておらず、製品スイートに関するトレーニングも受けず、販売のインセンティブも与えていなかったため、大きなチャンスを逃していました。

Shopify は現在、これらのコンサルティング会社がツールをクライアントに販売するように教育して、財政的に動機付けています。クライアントのオンボーディングを迅速化しながら、そのプロセスを簡単にする方法について企業をトレーニングします。特にEYの場合、Shopifyは500人の従業員をトレーニングして、その製品の専任の売り手になるようにしています。

「反逆者を武装させる」Shopifyのようなやや風変わりな会社によって、現代の商取引の進化に売り込まれているのは1つのことです。古典的な機関がこの移行を売り込むのは、別のことです。

Shopify はこれを受け入れて、CCS が最適な牽引力を見つけるための市場開拓アプローチを作成したということです。フリーランサーや開発者の紹介ネットワークは、小規模なマーチャントや中規模のプラス マーチャントにとっても驚異的に機能します。クジラを上陸させるにはSIが必要です。この哲学の変化を反映して、Shopify は最終的に提案要求 (RFP) に参加するようになりました。ベンダーは基本的に新しいビジネスのオーディションを行うことができます。(以前は、これを行うことを拒否していました。)これらすべての新しい重点分野は、Shopify Plusマーチャントの合計が過去3年間で37%の割合で増加した理由を説明できます。

次回は、パートナーエコシステムについて語っていきます。

Shopify & Shopify Plus ディープダイブ #4 The Shop App

Shopify & Shopify Plus ディープダイブ #4 The Shop App と価格決定力

Shopify & Shopify Plus ディープダイブ #4 The Shop App と価格決定力

このシリーズコンテンツは、ShopifyのFinancial ReportsPress Releasesなどに基づいています。Shopifyは、Eコマース・D2C・DNVBオムニチャネルコマース企業に対して、MACH・コンポーザブルアーキテクチャーというシステムツールを提供し、マーチャントの成功を支援しています。Shop Appも急速に成長しており、Shopifyのツールを活用して顧客のパーソナライズされた体験を提供しています。さらに、Shopifyは価格決定力を持ち、加盟店・マーチャントからの値上げに対する抵抗がないようです。このコンテンツでは、これらのポイントについて詳しく説明しています。

導入事例

 The Skin Nerd’s 

ヘルス、ビューティー、化粧品会社であるThe Skin Nerd Jennifer Rock | The Skin Nerd | Online Skin Consultation

は、オンラインストアの再構築と新たなローンチ後、2ヶ月でコンバージョン率が20%増加しました。COVID-19パンデミックの影響を受け、バーチャルスキンコンサルテーションと独自のコミュニティを提供している同社は、オンラインビジネスを優先することを決定しました。Shopify Plusを利用することで、The Skin Nerdはより速いページ読み込み時間を実現し、コンバージョン率を19%向上させ、ピーク時の売上を10倍に増やしました。また、アプリや開発者料金のコストを節約しました。改善されたウェブサイトとコスト削減により、The Skin Nerdはコミュニティの拡大と教育コンテンツの提供に集中することができます。

 Rollie Nation

オーストラリアの靴ブランドRollie Nation Rollie Nation Shoes Online | Enemies of Gravity

は、Shopify Plusへの移行後、ページの読み込み時間を短縮し、コンバージョン率を向上させました。Rollie Nationは以前のプラットフォームであるBigCommerceが遅く、さらなるグローバル展開の可能性を制限していると感じていました。移行後、平均ページ読み込み時間は62%減少し、コンバージョン率は3.5%増加しました。また、バウンス率も1.5%減少しました。Shopify Plusによる柔軟性の向上により、Rollie NationはCOVID-19の課題にも迅速に対応し、販売の95%を新機能とキャンペーンによって達成しました。Rollie Nationは今後も顧客体験とユーザーインターフェースの向上に取り組みながら、さらなる成長を目指しています。

 HiSmile

HiSmile(ハイスマイル)は、インフルエンサーマーケティングとグローバル展開を通じて驚異的な成功を収めました。2014年に20,000ドルの投資から始まり、HiSmileは総売上高1億3,000万ドルを超え、2018年の休日には1週間で500万ドルを売り上げました。同社の戦略は、最大2,000人のソーシャルメディアインフルエンサーと提携して製品を宣伝することでした。しかし、ウェブサイトへの初期のアクセス集中により、技術的な問題が発生し、HiSmileは安定性向上のためにShopify Plusプラットフォームに切り替えました。新しいプラットフォームにより、HiSmileはConor McGregor、Kylie Jenner、Kendall Jennerなどの影響力のある人物とのプロモーション契約を締結し、さらなる売り上げを伸ばしました。Shopify Plusは、ソーシャルセリング、データ分析、グローバル展開を容易にする堅牢なバックエンドと統合機能を提供しました。HiSmileは4つの追加のグローバルストアを展開し、世界中の顧客が希望通貨でショッピングできるようにしました。ブランドのソーシャルメディアキャンペーンとインフルエンサーとのコラボレーションは、広告費用対効果(ROAS)で5倍のリターンと、フォロワー数、インプレッション、ビュー数の大幅な増加など、素晴らしい結果を生み出しました。HiSmileの成功ストーリーは、インフルエンサーマーケティング、戦略的パートナーシップ、堅牢なeコマースプラットフォームの組み合わせが、ブランドを国際的な成功に押し上げることができることを示しています。

 NOBULL

 Vosges Haut-Chocolat 

Vosges Haut-Chocolat Gourmet Chocolate | Luxurious Chocolate

 Cozykids

 Junglück

Niacinamide Serum | JUNGLÜCK

Junglückは、10%ニアシナミドと1%亜鉛PCAを含む、肌のトーンを均一にし、肌をきれいにするための軽量で毛穴引き締めのセラムを提供しています。このセラムは、細かいしわを軽減する効果もあり、すべての肌タイプに適しています。

Channelize.io Live Shopping Platformを活用して、ライブストリームを活用した美容とスキンケア製品の販売を行っています。これにより、顧客は製品を実際に使用する前にライブで体験することができます。

 NYDJ

NYDJ | The Original Slimming Jeans | Women's Premium

は、特許取得済みのLift Tuck®テクノロジーを使用しており、すっきりとしたシルエットを作り出すことが特徴です。
コスト効率を重視しながらイノベーションを推進しました。過去に使用していた高価で使いにくいSalesforce Commerce CloudのプラットフォームからShopify Plusにリプラットフォーミングした結果、所有コストを65%削減しながらビジネスを成長させることができました。この移行により、チームは新しいアプリやプラグインを活用して効率的なテストと学習を行い、同時に収益を増加させることができました。また、従業員の時間も解放され、ビジネスの構築に集中することができました。移行により、NYDJは柔軟性のあるプラットフォームを活用してイノベーションを実現し、費用を削減しながらビジネスを拡大することができました。

 Gymshark

Gymshark Official Store | Gym Clothes & Workout Wear

Shopify上で最も成功したブランドの1つです。学生たちによって2012年に設立され、オンライン小売業者として成長しました。Shopify Scriptsを使用しており、Shopify Plusのサーバー上でカスタムコードを書くことができます。これにより、チェックアウトをカスタマイズすることができます。

元ピザハットの配達員が TikTok と Instagram を使って Gymshark を 10 億ドル規模のスポーツウェア ブランドに育てた方法

28 歳のベン フランシスは、ソーシャル メディアのフィットネス狂信者に比較的小額のお金を払ってブランドを強化することで、ほぼ億万長者になりました。
(ナイキが、スーパースターに数億ドル払うのとは違います。)

インターネット インフルエンサー

Devon Lévesque この 28 歳のフィットネス プロは、退役軍人の精神的健康に対する意識を高めるために、ニューヨーク市周辺の 26.2 マイルを熊のように歩きまわったそうです。
75万人近くの Instagram ファンを喜ばせたのは、10 月 30 日、四つん這いで時速 12 マイル (12 マイル) で走ることができるレベスクが、ブルックリン橋を這って渡り、イースト ビレッジを通り抜けてハーレムに到達した後、セントラル パークのオーバールック ロックで力強くフィニッシュしたことです。
そして彼は、英国のフィットネス スタートアップ、Gymshark のギアですべてを飾りました。

TikTokにもっと時間を費やします。

競争が激しく資本が潤沢なスポーツウェア市場で、Gymshark はレベスクのような破れたフィットネス インフルエンサー 80 人に年間 6,000 ドルから 100,000 ドル以上を支払って、14 億ドルを超える (評価) ブランドになりました。
インフルエンサーには月額わずか 500 ドルを支払っています。

アスリートに対する 1 つのルールがあります。「若者は、自分の価値観に合ったコミュニティ主導のブランドだけを購入したいと考えています」とフランシスは言います。「私たちはたまたま物を売るコミュニティでもあります。」

スポーツアパレルはビッグビジネスです。スウェット、スパンデックス、スニーカーの売上高は、2019 年に全世界で 1,760 億ドルを超えました。Nike の売上高は 390 億ドル、Adidas の売上高は 230 億ドルです。
このゲームではマーケティングがすべてです。ナイキはビッグガンのアプローチを採用し、レブロン・ジェームズに生涯で 10 億ドル、テニスのスター大坂なおみに年間 1,000 万ドル以上を支払い、贅沢に制作されたテレビ広告で自社製品を使用しています。

ナイキとアディダスは Instagram でより多くのフォロワーを獲得しています。しかし、Gymshark は若い買い物客を探しており、ヒューマン スケールのヒーローを活用して 200 万人以上の TikTok フォロワーを引き付けていますが、Nike は 130 万人、Adidas はゼロです。

・ボディビルウェアは
ヒーローは全員 YouTuber だったので、彼らに製品を送っていました
フィットネス YouTuberにタンクトップを着てもらうのはクールでしたが、2013 年にヨーロッパ最大のボディービル博覧会である BodyPower でブースを借りた後、アスリートに会いたい、製品を見たいという人が殺到しました。
すぐに、ウェイトリフティングのソーシャル メディア スターに無料のジムシャーク ギアを提供することで、1 日あたり 450 ドル相当の商品の売り上げを 45,000 ドルにまで伸ばしました。
Gymshark は今でもマッスル タンクを提供していますが、同社は 18 歳向けのルルレモンに進化し、男性用のカジュアルウェア、女性用のスパンデックス セット、ランニング用の衣類、フォーム ローラー、レジスタンス バンド、ビーチ タオルなどのアクセサリーを提供しています。

「ジムには、自分が何をしているかを知っているように見える人が常にいます。彼らはスターではないかもしれませんが、彼らはトーンを設定する人々です。彼らは、Gymshark が協力したいと考えている種類のインフルエンサーです。」

面白そうな事例は随時追加していきます。

 

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

サブスクリションを獲得するための7つの実証済みの戦略 1回限りの購入者の代わりに
サブスクリションを獲得するための7つの実証済みの戦略 1回限りの購入者の代わりに
サブスクリプションコマースに限らずD2C(DTC)ビジネスはパンデミックの最初の2年間で20%以上急上昇した後、会員収入の伸び率は現在1桁台に落ち込んでいると言われます。消費者の注目を集め、限られた予算をめぐる競争は、従来の小売業の競...
続きを読んでみる
AI マーケティングオートメーション
AI マーケティングオートメーション
e コマース 、データ(小売データと DTC データ)、プロファイルのターゲティングがどのように連携できるかについてご一緒に考えていきましょう。 開始するまえに、オーディエンス スライスを確認してみてください。コマースプラットフォーム...
続きを読んでみる
カスタマーエクスペリエンスの最適化:知っておくべきことすべて
カスタマーエクスペリエンスの最適化:知っておくべきことすべて
今、顧客がe コマースサイト やモバイル アプリにたどり着いた瞬間から、生涯を通じて素晴らしい顧客体験を提供する必要があります。そうでなければ、顧客はイライラしてサイトやアプリを離れ、どこか別の場所に行ってしまうでしょう。カスタマーエ...
続きを読んでみる
ユーザー生成コンテンツ:統合する8つの説得力のある理由
ユーザー生成コンテンツ:統合する8つの説得力のある理由
ユーザー生成コンテンツ:User-Generated Content、なぜそれをあなたのブランドのコマースサイトに統合するのでしょうか。もしかしたら、ソーシャルユーザー生成コンテンツに関連する非常識な ROI エンゲージメント コン...
続きを読んでみる
ユーザー生成コンテンツ戦略:コンバージョンにつながる戦略を立てる
ユーザー生成コンテンツ戦略:コンバージョンにつながる戦略を立てる
UGC:ユーザー生成コンテンツと、UGC(User-Generated Content)がブランドにもたらすすべてのメリットについて聞いたことがあると思いますが、もちろん、正しく使用すればOKです。ソーシャルメディアでユーザー生成コン...
続きを読んでみる
コンバージョンにつながる商品レコメンデーションクイズのポイント
コンバージョンにつながる商品レコメンデーションクイズのポイント
買い物客は、オンラインである程度のパーソナライゼーションを期待するようになりました。 それがなければ、 コマースサイトでの買い物は不便なものになる可能性があります。顧客が確認するSKUが数十、数百、または数千ある場合があります。顧客が...
続きを読んでみる
コマースの商品レコメンデーションクイズの作り方
コマースの商品レコメンデーションクイズの作り方
アパレルブランド、ファッションブランド、ビューティブランドなどのコマース マーチャントにとって、商品レコメンデーションクイズは、新しい訪問者を引き付け、商品の発見を促し、リストを増やし、売上を伸ばすための優れた方法になりつつあります。...
続きを読んでみる
商品レコメンデーションクイズでEコマースサイトを成長させる
商品レコメンデーションクイズでEコマースサイトを成長させる
オンラインショッピングにより、人々はこれまで以上に多くの種類のより多くの商品に簡単にアクセスできます。理論的には、顧客にとって完璧な商品は常に数回クリックするだけで手に入ります。しかし、自分の完璧な商品が何であるか正確にわからない場合...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー