富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

Shopify Plusって?

Shopify Shopify Plus
Shopify Plus

written by 吉村慎之助

目次

  1. Shopify plusとは?
  2. Shopify plusに移行するタイミング
  3. ヘッドレスコマースってどうなの?
  4. Shopify plusで利用できる機能
  5. ShopifyShopify plusの比較

 Shopify plusとは?

Shopify Plusは企業向けのECエンジンで、グローバルなオムニチャネルを展開する準備ができている企業向けのものです。

Shopify Plusを検討する選定ポイント:

一般的に、E-コマース・D2C・DNVB ビジネスで月間売上高が100万ドル未満で、大量のトラフィックが発生しないビジネスの場合は、通常プランで十分です。
月間売上高が100万ドル以上で、大量のトラフィックが発生するビジネスであり、運用チームの規模が大きい場合はShopify Plusをおすすめします。

月商80万ドル以上の企業がにとってはより費用メリットがでます(詳細は後述)。Shopify Plusは、以下のような技術要件に対して柔軟な機能を提供します:

  • 手動操作の自動化
  • 開発チームのための仮想環境
  • データのインポート、エクスポートツール
  • レポート機能
  • 独占的な販売チャネル
  • その他

Shopify plusに移行するタイミング

Shopify Plusは月額2,000ドル~からです。ビジネスにとって、そのROIを正当化できるのはどの時点でしょうか?

Shopifyのアドバンスドプランのままではなく、Shopify Plusに切り替えた方が安いのはどんな場合なのでしょうか?

私たちは、皆さんのビジネスが理想的には月商80万ドル以上を稼ぐべきであるということを前述しました。

これはShopify側の要件ではありませんが、その主張を裏付ける数値が以下の通りです:

Shopify Plusは、あなたが月商80万ドル以上の売上を上げるまで、月々月額2,000ドルでスタートします。その閾値を超えると、月額費用は売上の0.25%に変わります(最大40万円/月)。
Shopify Advancedのクレジットカード手数料は2.4%Shopify Plusのクレジットカード手数料は2.15%で、0.25%の節約になります。

月商80万ドル0.25% = 2000Shopify Plus はクレジットカード手数料が月額料金より大きくなると費用対効果が高くなります。

Shopify Plusの概要について他のプランと比較すると以下のような違いがあります。

Shopify Plus ベーシック スタンダード プレミアム
月額料金 2,000ドル 33ドル 92ドル 399ドル
スタッフアカウント数 無制限 2 5 15
国内のクレジットカード手数料 3.15% 3.4% 3.3% 3.25%
海外のクレジットカード手数料 3.75% 3.9% 3.85% 3.8%
Shopifyペイメント以外の手数料 0.15% 2.0% 1.0% 0.5%

※Shopify Plusの契約は12ヶ月からとなります。
※Shopify Plusの月額料金は、月商80万ドルを超えると、売上の0.25%従量課金になります。

Shopify Plusアカウントに移行するためには、月商80万ドルであることが必須条件ではないことはすでにご存知の通りですので、それ以下の収入の方でも、素晴らしい機能がたくさんあるShopify Plusアカウントを検討することができます。しかし、その売上高に達するまでは、月額プランは費用対効果が高くなりません。

ヘッドレスコマースってどうなの?

どうしてヘッドレス化しないの!?

ヘッドレス・コマースとは、決済処理や割引などのバックエンドのeコマース業務や機能を、フロントエンド、つまり「ヘッド」と呼ばれる顧客向けウェブサイトから分離することです。ウェブサイトのアーキテクチャを分離することで、バックエンドで何かを編集しても、フロントエンドに支障をきたすことはありません。

ヘッドレスを選択する企業が増えているのは、新たなトレンドに対応するために、E-コマース・D2C・DNVB のファネル、機会、タッチポイントを見直す創造的自由が得られるからです(Instagramショッピングが新しかった頃を思い出してみてください)。

もし、あなたのプラットフォームが、コンテンツ優先の教育を求めるオーディエンスのために、コンテンツを第一に、eコマース機能を第二に優先させる必要があるのなら、ヘッドレスコマースは素晴らしい選択肢になり得るでしょう。

eコマースのフレームワークに新しい機能を組み込むために、サイクルの早い開発チームや技術パートナーがいる場合は、狡猾な選択となります。
それは、フロントエンドとバックエンドの両方を更新する必要がないため、新しい体験の構築も短時間で済みます。

ヘッドレス・コマース: 入門

ヘッドレスが最善の方法であることがわかったなら、ゼロから始める必要はありません。
Shopifyは、APIでより多くのヘッドレス機能を提供するための措置を講じています。Shopify Plusを使えば、フロントエンドは完全に自分のものになります、決済処理、在庫、PCIコンプライアンスなど、バックエンドのeコマース業務はすべて任せられるのです。また、Shopify Plusのヘッドレス化により、バンドルやキッティングのフルフィルメント自動化を提供する注文管理など、一部のアプリやサービスではより多くの機能を解放することができます。

開発チームは、ShopifyStorefront APIGraphQL)にアクセスすることで、ヘッドレスコマースへの移行を行うことができます。このAPIは、サードパーティのツールや開発者を招き、Shopifyのテーマに依存することなく、バックエンドの運用要素を維持しながら、あなたの正確な仕様でeコマースストアフロントを作成することができます。

Shopifyの通常プランでは使用できるAPIが制限されていますが、Shopify Plus専用のAPIが使用可能になります。

Shopify Plusで利用できる機能

Shopifyの管理画面は、外見上統一されているため、アカウントをアップグレードしても学習曲線が追加されることはありません。
例えば、Shopify Plus専用の卸売りチャンネル(B2B)では、卸売りの顧客を管理するために、パスワードで保護されたストアフロントを2つ作成することができます。

Shopify Plus月額利用料が2,000ドル以上という価格は、単にクレジットカードやトランザクションの手数料が安いだけではありません。
これらの機能は、次のような場合に、あなたのビジネスに大きな利益をもたらします:

  • 卸売市場への進出を考えていて、スタートダッシュを切りたい方
  • 特定のユースケースを構築するために、信頼できる技術チームが必要です。
  • グローバルに展開しているため、国際市場のニーズに合わせて複数の店舗を作る必要がある
  • 繰り返されるタスク(定期購入の注文を満たすなど)が、ビジネスオペレーションを圧迫し、非効率を生み出している。
  • Shopifyのカスタムフィールド用チェックアウトに変更を加える必要がある

    1:配送先の国によって表示する画面の変更
    2日時指定や定期オプションの追加
    3:代引き手数料の表示
    4:Google Tag Managerを設置し、チェックアウトまでを分析
    5:複雑な割引の適用

複数の店舗を構築する

異なる市場やグローバルなオーディエンスには、異なるドメイン、価格設定、マーケティング戦略、商品コレクション、コンテンツが必要です。複数のストアを作成することで、参入する市場に特化したブランドイメージを確立することができ、Shopify Plusでは、1つの簡単なログインからそれを行うことができ、必要に応じて1つのストアから他のストアへコンテンツを簡単に複製することができます。Shopify Plusでは、サブスクリプションで合計10店舗を利用することができます。他のShopifyプランでこれを実現しようとすると、別のアカウントを作成し、そのための費用を支払う必要があります。

Shopify POS Proの無料使用が可能

実店舗を持つマーチャントは、通常は月額89ドルかかるShopify POS Proを無料で使用することができます。

Shopify POSを使用することでネットショップと実店舗の在庫管理や売上データなどを統合管理することが可能です。

また、Shopify Plusは実店舗(ロケーション)を20箇所まで登録することができるので、配送、在庫管理、売上管理の点でとても使い勝手が良くなります。

Shopify Plusのパートナーおよび認定アプリ

Shopifyの成熟したアプリマーケットプレイスは、品質チェックされた開発者コミュニティから多くのプラットフォーム機能を追加し、eコマーススペースにおけるトップコンテンダーとなっています。

Shopify Plusの加盟店は、企業が蓄積する大量のトラフィックをアプリが処理できるかどうかを確認するための特別な審査があるため、さらに多くのメリットを得ることができます。認定されたPlus代理店と提携することで、あなたのストアをヘッドレス化し、顧客がどこにいても販売チャネルアプリを開発する力を得ることができます。

Shopify Flowによる自動化

Shopify Flowによる自動化は、無料サンプルやプロモアイテムを注文に追加するような、もやもやしたバックログをケアしてくれます。Shopify Flowは、オンラインストアの反復作業を自動化するネイティブおよびサードパーティのワークフローに接続します。バンドルや定期購入のフルフィルメント、カスタマー・ロイヤルティ・プログラム、不正注文などの分野で、人為的なミスが少なくなるのです。

その他のShopify Plus専用アプリ

1, ローンチパッド

Shopifyは、今日の情勢において、自動化がビジネスを成功させる方法であることを理解しています。Launchpadは、プロモーションやキャンペーンのようなタスクで時間を節約する自動化イベントスケジューラです。販売、商品発売、コンテンツの変更などをスケジュールして監視できるようになります。このアプリの欠点は、一度に1つのイベントしかスケジュールできないことです。

2, トランスポーター アプリ

このTransporterアプリの超能力は、BigCommerceWooCommerceのようなプラットフォームからShopify Plusへのマーチャントの移行を助けることです。重要なデータを1つずつ更新している時間がある人はいるでしょうか?
Shopify Plusのマーチャントが利用できるTransporterアプリは、アクションを一括して実行することができます。CSVファイルをアプリにアップロードして、注文、顧客、商品情報などのデータを一括でインポートできます。

3, アカウント一括登録

このBulk Account Invite Senderアプリは、Shopify Plusの移行スイートの一部です。Bulk Account Invite Senderは、異なるプラットフォームや他のShopifyストアから顧客アカウントをインポートし、新しいストアでアカウントを有効化するように顧客を招待することができます。
このアプリはShopify App Storeでは利用できないので、アクセスするにはアカウントエグゼクティブに相談する必要がありますが、Transporterアプリと似たような機能を備えています。

4, 卸売りチャンネル(B2B)

Shopify Plusに乗り換えることで、新しい市場に参入する機会が得られます。Shopify Plusの卸売チャンネル(WholeSale)(B2B)では、卸売顧客専用の独立したストアフロントを作成し、顧客に合わせた体験を提供することができます。

5, Shopifyスクリプト

Script Editorにいる自動化とパーソナライゼーションShopify Plusを使用する際の大きなテーマです。Shopify Scriptsでは、顧客セグメントに基づいて自動的に動的なセールや割引を作成することができます。顧客は求めているパーソナライゼーションを得ることができ、配送、商品割引、支払いゲートウェイなど、チェックアウトのユーザーエクスペリエンスをカスタマイズすることができます。

ShopifyShopify Plusの比較

Shopify Plusは、急成長している企業や大規模な企業に、より多くの選択肢を提供します。Shopify Plusを価値ある選択とするには、毎日何千もの商品を販売する必要があります。
Shopifyは中小企業の需要に対応することができますが、Shopify Plusのツールはシステムを有利に最適化するのに役立ちます。

詳しくはこちらのコラムにて

ShopifyとShopify Plusの比較!

ShopifyとShopify Plusの比較!

ShopifyとShopify Plusの比較!

ShopifyとShopify Plusは、eコマースプラットフォームとして広く普及しており、顧客のニーズを満たすための高機能な機能を提供しています。両者の違いは、主にターゲット顧客層にあります。

簡単に説明すると、以下の通りです:

Shopify

優れた在庫システムと他のどのプラットフォームよりも優れたeコマースオプションを誇っていますが、大企業が求める専門的な統合や個人的なサポートが欠けているのです。

Shopify Plus

スタッフのアカウント数が無制限で、1分間に10,000件以上のトランザクションを処理できますが、コストは毎月計算されるため、中小企業には高すぎる場合があります。

※Shopify Plus「Shopify PlusとShopifyの比較:Shopify Plusにアップグレードするには

関連コンテンツ

Shopifyストアのフルフィルメントのポイント #1

【サマリー】

Shopifyでは、D2C(Direct-to-Consumer)やeコマース、オムニチャネル販売において、さまざまな小売フルフィルメント方法が利用できます。これには自社オペレーション、非接触型の配送、ドロップシッピング、サードパーティロジスティクス(3PL)との提携などが含まれます。非接触配送では、配送業者と顧客の接触を制限したり、完全に接触しないような方法で商品を配送します。また、3PLはeコマースの在庫管理や倉庫保管、フルフィルメントなどをサードパーティにアウトソースするサービスです。Shopifyでは、自社内フルフィルメント、産直・ドロップシッピング、3PLを活用することで効率的なフルフィルメントを実現することができます。

Shopifyストアのフルフィルメントのポイント #2

【サマリー】

Shopifyストアのフルフィルメントについての情報を提供しています。3PL(第三者物流)などのサードパーティを活用する場合の方法とメリットについて説明されています。主要なフルフィルメントサービスとして、富士ロジテックホールディングス、Shopify Fulfillment Network、アマゾンのFulfillment by Amazon(FBA)、楽天スーパーロジスティクス、Rakuten Fashion Omni-channel Platformが紹介されています。

【ポイント】

- 富士ロジテックホールディングスは、Shopifyやオムニチャネルの注文処理において、他のフルフィルメントプロバイダーよりも多くのサービスを提供しています。
- Shopify Fulfillment Network(SFN)は、世界中の在庫管理やデータアクセスを提供する新しいサービスです。
- AmazonのFulfillment by Amazon(FBA)は、Amazonで販売する商品のロジスティクスを管理するサービスで、Seller-Fulfilled Prime(SFP)やFulfilled by Merchant(FBM)も利用できます。
- 楽天スーパーロジスティクスとRakuten Fashion Omni-channel Platformも、フルフィルメントサービスを提供しています。

【補足】

- Shopifyはフルフィルメントを提供しておらず、代わりに上記のサービスを活用することができます。

Shopify在庫管理に関するガイド

【サマリー】

D2C・eコマースビジネスを立ち上げる際には、Shopifyなどのコマースシステムを使用してデジタルストアを作成することが重要です。Shopifyを利用すると、簡単に美しいオンラインストアを設計・開発・立ち上げることができます。また、注文後の体験や在庫管理も重要な要素であり、顧客との関係構築や利益を得るために注力すべきです。在庫管理のためには、Shopifyの在庫管理ツールを使用したり、サードパーティの在庫管理アプリを活用することができます。適切な在庫レベルの維持や在庫コストの削減、在庫追跡の改善など、Shopifyとの在庫管理連携には多くのメリットがあります。

スタートアップのためのShopifyでのコマース&デザインの基本

【サマリー】

Shopifyは、使いやすさ、堅牢な機能、手頃な価格により、スタートアップD2Cから、そしてShopify Plusは小売事業者、オムニチャネルコマースを展開する事業者に、急速に人気を博しています。Shopifyはオンラインビジネスを始めるのに簡単であり、中小企業や新興企業にとって費用対効果の高いプラットフォームです。また、大規模なエンタープライズブランドもShopify Plusを利用しています。このプラットフォームは、eコマース業界で使いやすく、優れたデザイン機能を提供し、費用のかからないプランから始めることができます。

Shopify Plusで海外に販売を開始する方法

【サマリー】

国際的にeコマースビジネスを拡大することには、以下の3つの主な理由があります。まず第一に、対象市場でより大きな顧客基盤を獲得することができます。オンラインショッパーの40%が別の国で販売された商品を購入しており、国際的な販売によって顧客ベースを拡大するチャンスがあります。第二に、ブランドの認知度を国際的に高めることができます。国際的なブランド拡大には、顧客の信念や文化に合わせたブランディングとメッセージが必要です。最後に、グローバル市場で急速な成長が期待できます。国境を越えた購買は増加しており、未開拓の市場での成功が可能です。

Shopify グロースの進め方 with Store Hero

【サマリー】

富士ロジテックホールディングス 通販 営業部の西間木智 部長と株式会社StoreHeroの 黒瀬淳一 代表取締役CEOによるインタビューでは、Shopify Shopify Plusを活用したグロースハックについて話されており、具体的なアドバイスやTipsが共有されています。記事では、グロース課題の整理、グロースモデルの設計、KPI/施策設計、グロースワークフローの設計と運用、そしてグロースパトーナー制度について触れられています。また、様々な運用アドバイスや代行事例も紹介されています。

事例/Tips & 質疑応答 Shopify グロースの進め方 with Store Hero

【サマリー】

富士ロジテックホールディングス 通販 営業部の西間木智 部長が、株式会社StoreHeroの 黒瀬淳一 代表取締役CEOに対して、Shopify Shopify Plusを活用したグロースハックについてインタビューを行っています。具体的な質疑応答形式で、クライアントやマーチャント・スタッフの力を引き出してコマースビジネスの成長を実現する方法について話しています。黒瀬さんは、Shopifyをグロースプラットフォームに選んだ理由、Store Heroの特徴、成功事例、サポート期間や費用、オムニチャネル事例、相談が多いケース、支援のステップなどについて詳細を説明しています。

プロフィール

吉村 慎之助

吉村慎之助
Z世代ってことですねぇ。
動画編集始めました。(まだまだですが)
CG技術&プログラミング勉強しています。
おしゃれな秘密基地のような家を持つのが夢です。
最新のアパレルファッションやECMetaverseに関連するテクノロジー、その他にもワクワクするような技術、海外の同世代のトレンドなどの情報を発信しながら自分も勉強して、将来の自分たちのために、やりたいこと、やるべきことを見つけて、お届けしたいと考えています。

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

オムニチャネル・ユニファイドコマース レコメンデーション活用ポイント コンテンツリスト   
オムニチャネル・ユニファイドコマース レコメンデーション活用ポイント コンテンツリスト   
顧客がオンライン、アプリ内、店舗内、またはこれら 3 つを組み合わせて購入する場合でも、一貫したエクスペリエンスを顧客に提供することがこれまで以上に重要になっています。ユニファイド コマースは、顧客がどこで買い物をしても、顧客エクスペ...
続きを読んでみる
コンバージョン率の高い モバイル チェックアウトとは
コンバージョン率の高い モバイル チェックアウトとは
モバイル チェックアウトでのコンバージョン率が低い一般的な理由は、 安全なチェックアウトプロセスの欠如 商品の詳細がわかりにくい わかりづらい、難しいナビゲーション 商品/価格などを比較するオプションがない 顧客情報の更新が大変 ...
続きを読んでみる
Amazonの成功を解き放つ:利益のために入札を最大化する
Amazonの成功を解き放つ:利益のために入札を最大化する
  Amazon 検索に表示されるための 2 つの単純化されたアプローチについてご一緒に考えていきます。確立された顧客ベースを持つほとんどのブランドは、ある時点で Amazon でのローンチを検討することになるでしょう。そしてなぜそう...
続きを読んでみる
ユニファイドコマースとオムニチャネルとは 倉庫・商品管理のポイント
ユニファイドコマースとオムニチャネルとは 倉庫・商品管理のポイント
カスタマーサービス&ケアは、顧客を第一に考えれることの基本で、ビジネスの成功のための基本です。eコマースソリューションは、進化し続ける顧客のニーズをサポートします。 CSRがCRMなしで顧客プロファイル、注文、支払い、配送の...
続きを読んでみる
ロイヤリティプログラム コンテンツリスト
ロイヤリティプログラム コンテンツリスト
小売消費者が購入後の体験に求めるもの アマゾン効果は、小売業界全体に影響を与えています。顧客は無料で迅速な配送を期待しています。中には1日または同日という早い配送を希望する人もいます。さらに、ソーシャルメディアはUnboxingを促進...
続きを読んでみる
ビューティブランド トレンド オムニチャネルコマース コンテンツリスト
ビューティブランド トレンド オムニチャネルコマース コンテンツリスト
ビューティ・コスメ業界ほど顧客のニーズに対して絶えず新しい成分、配合・処方、そしてサービスが提供されている業界はありません。コマースとしての視点からは、  サブスクリプションによる顧客ロイヤルティ ビューティ・コスメコマースにおけるサ...
続きを読んでみる
オムニチャネルを成長させるマーケティング  コンテンツリスト
オムニチャネルを成長させるマーケティング コンテンツリスト
2024年を見据えると、商取引の世界が猛烈なペースで変化していることは明らかです。オムニチャネルのアプローチは、かつては競争の激しい分野で優位に立っていましたが、今ではデジタルが織りなす世界で成功を収めようと努力しているコマース企業の...
続きを読んでみる
カスタマーエクスペリエンスでオムニチャネルを成長させる  コンテンツリスト
カスタマーエクスペリエンスでオムニチャネルを成長させる コンテンツリスト
最初のブランド認知から購入後の段階まで、消費者は一連のインタラクションを経験します。これらのタッチポイントは、ビジネスの成長とイノベーションの極めて重要な要素である顧客体験を形成します。カスタマージャーニーをマッピングし、強みと弱みを...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー