富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

Shopify & Shopify Plus ディープダイブ #4 The Shop App と価格決定力

D2C EC Shopify Shopify Plus オムニチャネル

Shopify & Shopify Plus ディープダイブ #4 The Shop App と価格決定力  

Shopify NYSE:SHOP

Shopify Top

 などの情報を基に、

E-コマース・D2C・DNVB オムニチャネルコマース企業にとって、Shopifyが目指しているミッション・バリューを、エコシステムを通じてどのようにサプライされているか、Shopifyだけでなく、これからのコマースビジネスモデルの変化の中で、システムツールとしての、MACH・コンポーザブルアーキテクチャーを選択するべき理由と視点についてDeep Dive深く掘り下げていきます。

Products

をガイダンスするのではなく、創業者、プロダクトマネージャーとして、マネージメント視点からのテクノロジーを選択する視点として、そして、投資家としてみた場合に、Shopifyのマーチャントの成功(グロースハック)を実現するためのサービスになっているかの視点でお届けしていきます。
*ちょっと専門的です。でも開発者むけではありません。
*機能解説はこちらで

Shopify Plusストア構築 D2C/オムニチャネルのスケーリングポイント #1 メリット

ShopifyとShopify Plusの比較!

Section #4 - ショップアプリ:The Shop App:

同社の消費者向けショッピング アプリ (Shop App と呼ばれる) は、急速に成長している商取引先(エコシステム)です。それは市場と需要の集約を提供しますが、ブランド、データ、および顧客関係を完全に制御しています。 成功するにつれて、Shopify は、競合他社が提供できない一方で、重要性が増してDTC チャネルをもう 1 つ取得しています。

アプリはどのようにして消費者の価値を生み出し、その牽引力はどこから来るのか

Shopify は、ツールを消費者がお気に入りのすべてのブランドから購入するための「モバイル ショッピング コンパニオン」と呼んでいます。

Shopify Shop APP

ユーザーの購入履歴データを使用してアプリのアルゴリズムを味付けすることで、Shopify は製品の提案を提供して、このチャネルを独自に強力なものにしていきます。

消費者は、よりパーソナライズされた体験を楽しむことができます。その結果、マーチャントは Shop アプリのユーザーに対して、他の顧客よりも平均で 17% 多く販売しています。
ChatGPT 統合により、検索および発見機能へのまったく新しくこの優位性がさらに強化される可能性もあります。

アプリは、Shopify のコア コンピテンシーを利用して、可能な限り最も成功した販売チャネルを作成・構築しています。
具体的には、Shop Minis はソフトウェア開発キット (SDK) であり、開発者が他のチャネルから美しいオンライン ストア ビルドを取得して、ここで使用できるようにします。このようなアップグレードは、マーチャントの製品トラフィックを 15% 増加させることに直接つながりました。また、Shop App はネイティブの Shop Pay 統合を備えており、完全にインラインでワンクリックのチェックアウトを提供し、コンバージョンを最大化します。

Shopify Flow & Scripts

プラグインして運用上の学習を自動化し、消費者が「到着」機能を使用して注文をシームレスに追跡および編集できるようにします。このサービスだけでも、ジュースの再注文率が 11% 向上することが証明されています。このユーティリティはすべて、2023 年 2 月に新しい顧客アカウントに結び付けられ、買い物客が単一の場所からすべてのアクティビティを管理できるようになりました (マーチャントができるように)。マーチャントは、顧客アカウントの「ショップでサインイン」識別子を介してサイトにアクセスする際に、購入意欲の高い購入者をよりよく理解できるようにします。

販売チャネルをさらに強力にするために、Shopify は Shop Cash と呼ばれる消費者向けアプリにロイヤリティプログラムを追加しました。これはマーチャントが無料で使用できます。(Shop Cashは早期アクセス版であり、アメリカのShopストアでのみ獲得および利用することができます。)
Shop Cash overview - Shop Help Center

プログラムから新しいビジネスが獲得された場合にのみ、成功ベースのコミッションを支払います。買い物客は、リワードプログラムとしてのアプリ購入で 3% のキャッシュバック (Shop Cash) を受け取り、商品レビューを残すとさらに大きな報酬を受け取ります。

HydroMate のようなマーチャントにとって、「見つけることができる最高の顧客獲得コスト ツール」でした。現在、新規顧客の増加全体の 43% が Shop Cash によるものです。

価格決定力:Pricing Power

強力で防御可能な市場ポジションの最も明確な兆候としては、価格決定力です。解約率を大幅に上げずに価格を引き上げることができれば、加盟店は他の場所で同じレベルの価値を見つけることができないことを意味します。

それが価格決定力です。

Shopify の社長である Harley Finkelstein 氏(@harleyf)によると、「価格と需要の十分な弾力性を引き上げる余地は明確にある」とのことです。
Shopify を「意図的に商取引における最良の取引」と呼び、他のベンダーとの競争をより困難なものにしています。

価格決定力の明確な証拠は2023年初頭に現れました。

  • Shopifyはベーシックプランを34%値上げして月額39ドル
  • Shopifyプランを33%値上げして月額105ドル
  • Shopifyアドバンスプランを33%値上げして月額399ドル

に引き上げました。
Shopify Plus や CCS の価格を引き上げて、加盟店のアップグレードを促進しようとしているわけではありません。 (CCS はまったく新しいため)。これらは、約10 年ぶりの 3 つのパッケージへの引き上げでした。

Shopify の目標は、請求する以上の増分価値を追加し続けることです。この価値とコストのギャップにより、置き換えが本質的に困難になります。

重要なのは、価格の値上げに関して加盟店からの「抵抗がない」ことであり、値上げ後もこの差が維持されていることを示しています。この動きにより、Shopify には理想的な選択肢が残されます。

  1. 追加された高利益率の収益を使用してビジネスに投資するか
  2. 損益計算書に流れ込ませて利益を強化するか

のいずれかです。
多数の総所有コスト(TCO)のケース スタディに基づいて、大幅に価格を調整する余地があることがわかります。チームは、より高価なサブスクリプション階層の引き上げを積極的に検討していますが、その最終決定は下していません。

次回からは、Section 3 -- マーチャント ソリューション-- Merchant Solutions

Shopify & Shopify Plus ディープダイブ #5 Shopify Payments

について解説していきます。

Shopify & Shopify Plus ディープダイブ #5 Shopify Payments

Shopify & Shopify Plus ディープダイブ #5 Shopify Payments

Shopifyは、EコマースD2C(Direct-to-Consumer)、DNVB(Digitally Native Vertical Brands)などのオムニチャネルコマース企業向けに、MACH(Microservices, API-First, Cloud-Native, Headless)コンポーザブルアーキテクチャーを提供し、システムツールとして選択する理由について深く掘り下げています。Shopify Plusの機能やマーチャントソリューションの、Shopify Paymentsとチェックアウトツールの一連のサービスで、マーチャントは支払いオプションの選択肢を増やし、収益を最大化できることについて解説してます。

よくある質問

Eコマースプラットフォームのユーザー満足度はどのように決まりますか。

コマースプラットフォーム製品のユーザー満足度にプラスの影響を与える上位 4 つの要素があると言われています。

  1. 「製品はビジネスを行う上で良いパートナーとしての体制」
  2. 「拡張性」アプリストアなどの拡張性の割合
  3. 「デカップリング」「レゴ」のスナップ効果に似た分離の容易さ
  4. 「データ オーケストレーション」

たとえば、Shopify は2,000 万ドル以下のグループで優位に立つ傾向にありますが、10 億ドル以上のグループではBigCommerceが主要なプレーヤーです。

2,000万ドル以下のSMBカテゴリーにおけるShopifyの優位性は高いです、中小企業小売業者(SMB)の主なバックエンド目標を達成する能力にフォーカスして提供している成果です。製品はシンプルで安価で、大衆市場向けの機能を提供し、消費者に購買力を提供します。

売上高 2,000 万ドルから 2 億ドルの企業にとっては、規模が大きいため、Shopify はコストがかかりすぎ、他のサービスが提供する奥深さと柔軟性が提供できません。

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

2024 オムニチャネル顧客マーケティング スーパーファンとともに迅速かつ持続的な成長を
2024 オムニチャネル顧客マーケティング スーパーファンとともに迅速かつ持続的な成長を
2024 年 e コマースのビジネス環境では、ブランドは変化の結果でもある一連の課題に直面しています。円安インフレ、Apple の iOS 14 のリリース、e コマース業界の前例のないプレイヤーの急増により、DTC(パフォーマンスマ...
続きを読んでみる
ブランドコミュニティ マーケティングの構成要素 ユニファイドコマースとオムニチャネル
ブランドコミュニティ マーケティングの構成要素 ユニファイドコマースとオムニチャネル
絶えず変化するコマース環境をナビゲートすることは、特に顧客が 1 日中マーケティング メッセージの海に溺れている場合には、目まぐるしく価値と効果のあるになります。だからこそ私たちは、コマース ブランドがオーディエンスとつながる方法に大...
続きを読んでみる
AIチャットボット 優れたパフォーマンス、人間性、スピード、正確さでカスタマーサービスとして完全に解決する
AIチャットボット 優れたパフォーマンス、人間性、スピード、正確さでカスタマーサービスとして完全に解決する
チャットボット優れたパフォーマンスを示し、人間性、スピード、正確さでカスタマー サービスとして完全に解決する 理由と運用を一緒に考えてみてください。 1. お客様の共感を呼ぶ親身な対応 なぜこれまでのAI :人工知能システムは失敗に終...
続きを読んでみる
ラテンアメリカ マーケットプレイス
ラテンアメリカ マーケットプレイス
ラテンアメリカは、ブラジルやメキシコのような比較的大きくて発展した国から、ハイチやベネズエラのような世界で最も不安定で貧しい国まで、20カ国からなる多様なグループです。違いはあるものの、ラテンアメリカのほとんどの国には、長い国境、スペ...
続きを読んでみる
Ship form Shop ストアから発送とは
Ship form Shop ストアから発送とは
ストアから発送とは これは、小売ネットワークを活用し、オンラインでの在庫切れを防ぐことを可能にするオムニチャネル イノベーションです。 オンライン注文を履行するための配送ハブとして店舗を使用します。 店舗からの発送を実装するには、特定...
続きを読んでみる
サブスクリションを獲得するための7つの実証済みの戦略 1回限りの購入者の代わりに
サブスクリションを獲得するための7つの実証済みの戦略 1回限りの購入者の代わりに
サブスクリプションコマースに限らずD2C(DTC)ビジネスはパンデミックの最初の2年間で20%以上急上昇した後、会員収入の伸び率は現在1桁台に落ち込んでいると言われます。消費者の注目を集め、限られた予算をめぐる競争は、従来の小売業の競...
続きを読んでみる
AI マーケティングオートメーション
AI マーケティングオートメーション
e コマース 、データ(小売データと DTC データ)、プロファイルのターゲティングがどのように連携できるかについてご一緒に考えていきましょう。 開始するまえに、オーディエンス スライスを確認してみてください。コマースプラットフォーム...
続きを読んでみる
カスタマーエクスペリエンスの最適化:知っておくべきことすべて
カスタマーエクスペリエンスの最適化:知っておくべきことすべて
今、顧客がe コマースサイト やモバイル アプリにたどり着いた瞬間から、生涯を通じて素晴らしい顧客体験を提供する必要があります。そうでなければ、顧客はイライラしてサイトやアプリを離れ、どこか別の場所に行ってしまうでしょう。カスタマーエ...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー