吉村 典也
吉村 典也

日本の製造業を強くするためのコンサルティング会社、外資システム会社などを経て、通信販売(ダイレクトマーケティング)、Eコマースの事業運営・CRM/購買体験購買後体験)運用・フルフィルメントサービス運用のアドバイザーとして、CS&BPOセンター(CX設計・運用からシステム設計・運用まで)の新規立上・受託までを担ってきた。通販基幹システム・Eコマース・オムニチャネル/OMO・CRM+MAシステムのマーケティングセールスから、業務設計・運用までをコマース・小売事業会社ととも一緒にアクション&グロースしてきた。

#2 プラットフォーム Shopify Plusで国際的(日本国内と日本から)に販売して ブランドを拡大する方法 

Shopify Plus コマースシステム 越境EC

 #2 プラットフォーム Shopify Plusで国際的(日本国内と日本から)に販売して  ブランドを拡大する方法 

第2章 プラットフォーム

  1. オンラインストア の構造
  2. URL 構造
  3. 多通貨 Multi-currency
  4. 多言語 Multi-language

E-コマース・D2C・DNVB オンラインストア の構造を設計し、 複数通貨を統合して、コンテンツを現地の言語に翻訳する方法などは、予算とビジネス目標によってアプローチと実装方法は異なります。
何よりも 、これは、ターゲットとする地域の顧客コンテキストの調査に基づく「データ主導: data-led decision 」の決定である必要があります。

プラットフォームに変更を加える前に、現在のストアを分析して、改善すべき弱点や領域を確認してください。

  1. 現在のストアを新しい地域に合わせて最適化する余地はありますか
  2. それとも新しい地域固有のストアの方が成功率が高いでしょうか 

1. オンラインストア の構造

海外のストア構造を設定するときは、

  1. 1つのストアからすべての国を運営するか
  2. 複数ストアアプローチを選択するか

を選択できます。
Shopifyは、単一店舗の国際展開のためにネイティブ機能を強化しています。Shopify Markets の展開と新機能のエキサイティングなロードマップにより、シングルストアオプションは、ブランドにとっては好ましいオプションになりつつあります。

単一の店舗アプローチ
既存の店舗を継続し、それを国際化するために適応させることができます。
国際化するための、シンプルで費用効果の高い方法になります。

https://www.shopify.com/jp/markets


ハイエンドのパーソナライゼーションツールを使用すると、eコマースサイトを個々のユーザーにローカライズする機会が増え、1つのストアでさまざまな顧客にリーチできるようになります。

マーチャントによっては、地域ごとに個別のストアを設定し、マルチストア構造を構築して、コンテンツを作成することがあります。
異なる地域で異なる技術スタックを使用した場合には、個々の市場への アプローチをより細かく制御して、柔軟性を高めることができます。
管理が複雑になる可能性がありますので、継続的なメンテナンス要件が高くなることで、コストのかかるアプローチになる可能性はあります。

Shopify Markets:越境ECに必要な全てがここに【2023年版】

地理的市場には、 話し言葉や使用される通貨など、独自の特徴があることは当然です。
新しい市場に拡大する際に、すべてエリアの顧客に使い慣れた購買体験購買後体験を提供することは複雑になります。

この複雑さを乗り越え、対応に適応するローカライズされた購入体験を提供できるようにすることで、どこから買い物をしているかのデータに基づいて、各顧客のニーズを反映して、店舗でのトラフィックを大幅に増やして、コンバージョン率を高め、売り上げを伸ばす機会に変えていきます。

Shopify Marketsを使用すると、
マーチャントは新しい地理的市場に参入して、地元の顧客向けに購買体験をカスタマイズして、ビジネスを最適化してグローバルな売上を伸ばすことができます。

Shopify Marketsは、複数通貨および多言語の機能を提供しているため、サイトへの各訪問者は、ローカルサイトを表示してチェックアウトすることができます。

Shopifyのマルチロケーション機能:【最新機能】複数箇所の在庫管理を楽にする & 多通貨決済の新機能
使用すると、1つのサイト内の複数の場所から在庫を追跡 し、さまざまな 在庫レベルに基づいて注文を処理できます。

数回クリックするだけで、新しいターゲット市場を特定し、オンラインストアの属性のカスタマイズを開始できます。

独自のドメインを設定して、

  • SEOの最適化
  • 現地の言語と通貨での販売
  • 商品価格のカスタマイズ
  • 現地の支払い方法の提供
  • 関税の徴収

を行うことができます。 
何よりも、この市場レベルのローカリゼーションは 単一のストアフロントで動的に行われるため、複数のストア を設定する必要はなく、すべて1 つの場所から管理されます。 

Shopify Markets Pro と Shopify Translate & Adapt

Shopify Markets Proの概要Shopify Translate & Adapt
導入することで、国際的なマーチャント向けの機能を改善し続けています。

執筆時点では、Shopifyマー ケッツプロは現在、早期アクセス:Shopify Markets Proは早期アクセス版であり、特定のマーチャントのみが利用可能です。 小売業者が最大 150か国への拡大を加速するのに役立つことを約束しています。 強化された機能には、各場所でのコンプライアンスの管理、販売者に代わって送料の交渉、および幅広い 支払いオプションが提供されています。

Markets Proの機能はGlobal-eで提供されています。ストアでMarkets Proの国際注文を受けると、Global-eでは取引を処理し、受領した資金をその口座で管理します。

Shopify MarketsとMarkets Proの機能を比較する

機能 Shopify Markets Shopify Markets Pro
越境決済
  • Shopify ペイメントを利用して現地通貨で販売する
  • Stripeで選択した利用可能な現地の決済方法を使用する
  • 複数のロケーションで利用できる現地の決済方法の選択肢が増えるため、取引の成功率が向上する
  • 国内の取引にShopify ペイメントを利用し、国際取引にShopify Markets Proを利用する
  • 利用可能な136の通貨の中から現地通貨を使用でき、米ドル通貨で支払いを受け取る
  • 不正注文やチャージバックに対する保険がかけられている
  • 30日以内の購入時に提示した通貨の両替レートで注文の返金を行い、通貨レート変動の影響を受けないようする
  • グローバルフルフィルメントと国際配送
  • 関税の前払いをしたり外部アプリを使用したりすることなく、ディスカウントされたShopify Shippingラベルを購入できる
  • ディスカウント済みのDHL Expressの配送ラベルを利用できる
  • 直接管理画面から、または外部のフルフィルメントパートナーを利用して、国際注文をフルフィルメントする
  • 関税と税金
  • Avalaraを利用し、チェックアウト時に関税と税金の見積もりを確認できる
  • 仕向地持ち込み渡し関税込み条件 (DDP) を使用した配送はサポートされていない
  • チェックアウト時に関税と税金を自動的に計算して徴収する
  • DHL Expressを使用して、チェックアウト時に仕向地持ち込み渡し関税込み条件 (DDP) を使用した配送を利用できる
  • 税込価格の表示が標準の国には税込価格が設定され、地元の国の規制に対応してもらえる
  • 関税と税金に関する保証を利用できる。商品が税関を通過した後に税金と関税を調整する必要がある場合、Markets Proで追加料金を支払ってもらえる
  • HSコードは商品に自動的に割り当てられるので、関税を支払った状態で注文を配達することが容易になる
  • 外国の関税と税金をあなたに代わって送金する
  • ローカリゼーション
  • ローカライズされた海外ドメインを使用して、お客様を地域別のドメインに自動的にリダイレクトする
  • Geolocationアプリを利用し、地理的なロケーションとブラウザの言語に基づいて、お客様に言語と国を推奨する
  • ストアを他の言語に翻訳し、ローカライズされた体験を提供する
  • マーケットでの業務
  • 単一の管理画面から複数のマーケットとそのコンテンツを管理する
  • マーケット別のカスタム価格を追加する
  •  

    Markets ProとShopify Translate & Adapは利用可能で、顧客体験をパーソナライズおよび改善するために 、ストアのローカリゼーションを容易にします。

    Shopify Translate & Adap

    これにより、ストアを手動または自動で複数の言語に翻訳したり、「パンツ」の変更 など、地域の違いを考慮に入れたりすることができます。(イギリス英語で 「ズボン」に。)
    Translate & Adaptを使用すると、地域 ごとにストアのコンテンツを変更できます。
    たとえば、FAQページの商品説明や配送条件の明細行を編集して、顧客との関連性を高めることができます。

    2. URL 構造

    国際ドメインアーキテクチャを構築する方法には3つのオプションがあり、それぞれに長所と短所があります。

    1. 国別コード トップレベル ドメイン (ccTLD):

    examplewebsite.co.jp

    Country code top-level domain:ccTLDは、言語だけでなく、特定の国または地域を識別するURLの末尾にある一意のコードです。
    検索エンジンとオーディエンスの両方が簡単に認識でき 、GoogleとBingはそれらの地域のユーザーに対して自動的に優先順位を付けます。
    これらの領域のキーワードをランク付けするための良い方法になります。

    Shopify マーケットでは、単一のストアから複数のccTLD を接続できるようになり、ccTLDがより合理化され、管理 しやすくなりました。技術的なSEOを正しく実装することは、ccTLD の成功に不可欠です。

    2. サブドメインを使用します。

    jp.examplewebsite.com

    subdomain:サブドメインルートURLの先頭に示されています。
    サブドメインはセットアップ が簡単で、間違いなく、プライマリからSEO価値を共有することもできます。
    ccTLDほど簡単に認識できますが、検索エンジンのローカルユーザーをターゲットにすることはできません。

    3.サブディレクトリを使用します。

    examplewebsite.com/jp

    subdirectory:サブディレクトリはドメインの右側にあり、単一のサイト内で国際化されたコンテンツをセグメント化できます。 個別のドメインよりもセットアップと管理が簡単で安価であり、それぞれに大量のパーソナライズされたコンテンツを必要としないブランドに適しています。
    サブディレクトリは、国際的なページがメインサイトの 信頼性の恩恵を受けるため、すでに優れたドメイン権限を持っているブランドに適しています。 ただし、検索エンジンではccTLD ほど重要ではないため、ローカルレベルで上位にランク付けするのは難しい場合があります。

    顧客を適切なストアフロントに誘導する 

    ユーザーが適切なストアにたどり着かなければ、関連性のあるローカライズされたコンテンツを作成する努力をしてもほとんど意味がありません。

    検索エンジンがユーザーを正しいURLに誘導するには、正しいhreflangタグ(hreflang属性は、Webページがどの国の言語向けに作られているのかを示すために使う属性)の実装が必要です。hreflangタグのエラーは、SEOの問題につながる可能性があり、ユーザーが自分の言語とは異なる言語のサイトに誘導される可能性があります。

    ユーザーがストアに到着したら、ジオタグを適用して、ユーザーを最も適切な場所:エリアの言語・通貨に誘導することができます。

    適切なコンテンツ

    場所に応じて、正しいストアフロント、正しい多言語実装、またはパーソナライズされたコンテンツに誘導していきます。
    Geolocationアプリでの、ジオターゲティングは、IPアドレス、GPS信号、またはジオフェンシングを使用して ユーザーの位置を特定します。また、オンサイトプロモーションにジオタグを付けることでも実現できます。

    3. 複数通貨 Multi-currency

    顧客は、購入過程全体を通して自国通貨で価格を確認したいと考えています。外貨での価格を提示することは不快になる可能性があります。隠れた追加費用を心配したり、チェックアウト時に自国通貨での価格を見たときに驚きの行動をするかもしれません。
    利用可能なさまざまなマルチ通貨アプリと、3つの変換オプションを提供するShopify Marketのネイティブマルチ通貨機能を確認してください。

    1. 自動通貨換算:

    これは15分ごとに更新され、最も正確なリアルタイムコンバージョン率を提供します。ただし、リスクは、顧客がその日の早い時間にログインして後で戻ってくると、商品の価格が変更されていることに気付く可能性があることです。

    2 .手動コンバージョン率の設定:

    バックエンド設定で各通貨に対して選択した換算レートを入力します。再度変更するまで固定されたままになります。 FXの変更により利益率がわずかに変動する可能性があるため、許容誤差を構築する必要がありますが、それは顧客が一貫した価格を表示することを意味します。

    3. 固定価格表:

    各通貨のShopify価格表を指定し (Shopify アドバンスとプラスのみ)、複数の通貨で個々の商品の価格を完全に制御できます。

    ベーシック スタンダード プレミアム Shopify Plus
    国と地域のページを表示
    価格の端数処理に関する設定
    カスタムの端数処理の設定
    価格調整の設定
    国と地域の商品価格の設定

    支払いオプションの提供

    推奨される 支払い方法は地域によって異なります。スムーズな購入プロセス を可能にするには 、各地域の一般的な支払い方法を使用して支払いを受け取るようにeコマースストアが設定されている必要があります。結局のところ、どの国でも買い物客の最大50%は、希望する支払いオプションがない場合、カートを放棄します。

    Shopify Payment
    使用すると、通貨と地域に基づいて、ローカル支払い方法をユーザーに自動的に提示できます。これにより、すべての顧客にスムーズでローカライズされたチェックアウト体験を簡単に提供できます。

    外貨両替の競争力の維持

    外貨での販売を開始する場合、価格競争力とマージンを確保できるものにするために、さまざまな意思決定を行う必要があります。

    現地価格帯

    • 地域の競争
    • 顧客の期待
    • ブランドの評判

    によって、各地域での商品の価格が決まります。
    これは、通貨換算を手動で上書きする機能が不可欠であることがポイントです。単純な自動変換では、その市場での商品の価値は考慮されていません。

    価格をその地域の競合他社(国内および海外の両方)と比較して、それに応じて設定していることを確認してください 。 地元の競合他社と比較して、追加コストが発生するため、価格でそれらを満たすと、利益率が低下することがあることを忘れないでください。

    送料

    送料と関税へのアプローチを決定する必要があります。

    1. 国際配送に追加料金を請求しますか
    2. 追加料金を商品の価格に組み込んで送料無料を提供しますか

    チェックアウト時に厄介な驚きを提示することを避けて、信頼を築くために価格設定を可能な限りトランスペアレンシー:透明に保ちます。
    送料、税金、マーケティングコストを計算すると、メリットがコストを上回っているかどうかは自問する必要があります。特定の市場が安価な商品で溢れている場合、おそらく他の場所で、収益性の高い市場を見つけることが正解でしょう。

    ダイナミック プライシング ソフトウェア

    ダイナミックプライシングソフトウェア:Dynamic pricing softwareは、競合他社の価格設定、コスト、目標利益率、市場の需要を考慮して価格設定構造を自動化し、最適な価格帯に誘導・到達します。 「価格は市場平均より3%高い/低いようにしてください」 などのルールを設定すると、このルールが計算に組み込まれます。 

    4 .多言語 Multi-language 

    買い物客の現地語でサイトを利用できるようにすることは、ブランドとして、新しい海外からの買い物客を大切にしていることを示していることになります。
    グローバル調査では、「自国語のウェブサイト」から購入する可能性が高かった「たとえそれが質が悪くても」です。

    Shopifyの多言語機能を使用すると、サイトの複数の翻訳 用に個別のURLを作成できます。 顧客が翻訳されたURL にアクセスすると、ストアはその言語で翻訳を自動的に表示します(存在する場合)。

    ウェブサイトの静的コンテンツに加えて、次の翻訳も必要になる場合があります。

    • 商品カタログサイズと寸法の変換を検討します)
    • メール(確認、放棄されたカート、プロモーションなど。
    • 請求書、出荷情報、ピッキングリスト・納品書 など 。
    • マーケティングコンテンツ ニュースレター、 ブログ 投稿 などおよび • メタデータタイトル、説明、イメージタグ

    翻訳の決定

    特定の地域では、非常に正確な翻訳が不可欠になります。
    ブランドの信頼を築く一方で 、他の国では、顧客は低品質の機械翻訳コンテンツや英語でのブラウジングに慣れていても、ブランドとのつながりに満足している可能性があります。
    予算とターゲット市場の期待に応じて、次のことを選択できます。

    • 機械翻訳:machine translation(DeepL ChatGPTなど)を使用する。
    • 翻訳会社と協力して、検証しながら提供します。 
    • ブランドをよく知っているローカルチームを採用してローカライズされたすべてのコンテンツを検証します。

    翻訳プロセスの管理

    ウェブサイトの翻訳の複雑さはすぐに困難に直面することがあります。定期的な商品発売を伴うeコマースストアの管理は、同じアクションを翻訳バージョンで複製する必要があり問題になります。
    新しい商品を追加したり、ストアに変更を加えたりするたびに、翻訳のために、開発チームの助けを借りる必要があります。

    Shopify 翻訳アプリ Shopify translation app 
    使用すると 、コンテンツ検出、機械翻訳、コンテンツ同期を使用してプロセスを完全に自動化でき、言語サブドメイン/サブディレクトリの下にサイトが表示されます。
    これは、元のストアのコンテンツを管理しているだけです。
    これらの翻訳の編集制御が可能になり、独自の翻訳者を プロジェクトに追加して、検証レベルを追加することもできます。

    国際的なSEOを優先する

    国際的なSEOは、ウェブサイトの翻訳と密接に関連しています。 適切なキーワードをターゲットにしていない場合、またはGoogleがストアの言語を理解できるようにするメタタグ:meta tags などの技術的なSEOの側面を追加していない場合は、検索エンジンの可視性を得る可能性は低くなります。
    新しい言語では、サイト全体でキーワードの一貫性を確保する必要があります。

    店舗 のローカリゼーション

    イディオム、キーワード、画像、日付形式、 サイズ...それらはすべて、単なる単語ごとの翻訳以上のものを必要とするかもしれません。 一歩進むことで、新しい顧客と本当に「話すspeak”」ことができます。

    次回は、

    #3 マーケティング と 戦略

    について解説しています。

    殿堂入り記事
    発送代行完全ガイド

    発送代行完全ガイド

    発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

    吉村 典也

    監修者

    アドバイザー

    吉村 典也

    日本の製造業を強くするためのコンサルティング会社、外資システム会社などを経て、通信販売(ダイレクトマーケティング)、Eコマースの事業運営・CRM/購買体験購買後体験)運用・フルフィルメントサービス運用のアドバイザーとして、CS&BPOセンター(CX設計・運用からシステム設計・運用まで)の新規立上・受託までを担ってきた。通販基幹システム・Eコマース・オムニチャネル/OMO・CRM+MAシステムのマーケティングセールスから、業務設計・運用までをコマース・小売事業会社ととも一緒にアクション&グロースしてきた。
    大手通販グループの「単品リピート(サブクリプション)/通販基幹CRMシステム」外販・導入サポート業務を通じて出会った事業者とのコミュニケーションを通じて、まだまだ、日本のDNVB・D2C(DTC)ビジネスにはチャネルとしてではなく、「顧客中心」としてのホネストビジネスとして、再成長の可能性、未知のカテゴリー、オムニチャネルコミュニケーションからのオムニチャネルコマース体験がある、それを支えるコマース事業者のインハウス化が必要であること、そして柔軟に迅速にその業務を支持・運用できる、MACHコンポーザブルタイプのシステムを広めることが大切と確信しつつ、1社でも多くの30億、100億円事業にグロースするためのアドバイス・サポートを提供している。

    あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

    コマースの商品レコメンデーションクイズの作り方
    コマースの商品レコメンデーションクイズの作り方
    アパレルブランド、ファッションブランド、ビューティブランドなどのコマース マーチャントにとって、商品レコメンデーションクイズは、新しい訪問者を引き付け、商品の発見を促し、リストを増やし、売上を伸ばすための優れた方法になりつつあります。...
    続きを読んでみる
    商品レコメンデーションクイズでEコマースサイトを成長させる
    商品レコメンデーションクイズでEコマースサイトを成長させる
    オンラインショッピングにより、人々はこれまで以上に多くの種類のより多くの商品に簡単にアクセスできます。理論的には、顧客にとって完璧な商品は常に数回クリックするだけで手に入ります。しかし、自分の完璧な商品が何であるか正確にわからない場合...
    続きを読んでみる
    商品レビューを活用してコンバージョン率を向上させる方法
    商品レビューを活用してコンバージョン率を向上させる方法
    新規顧客は、画面に点滅するネオンライト(バナー・GIF・ショート動画など)を置いても、商品がどれほど優れているかを知りません。知ることができません。 では、どうすれば彼らにあなた、あなたの商品、そしてあなたのブランド・会社を信頼しても...
    続きを読んでみる
    コンバージョンと保持につながる6つの購入後ポストパーチェスメール Shopify
    コンバージョンと保持につながる6つの購入後ポストパーチェスメール Shopify
    購入後(ポストパーチェス)のメールは、メールマーケティングのハリーポッターです。日本では多くの場合、無視され、ほとんど注意を払わず、デジタルマーケティングの階段の下の戸棚にひっそりと仕舞われています。それでいても購入(購買)体験後のメ...
    続きを読んでみる
    コマースサイトナビゲーション:10のコンバージョンのヒントと成功例
    コマースサイトナビゲーション:10のコンバージョンのヒントと成功例
    コマースサイトのナビゲーションは、訪問者(将来の顧客とロイヤルカスタマーへの醸成顧客)のエクスペリエンスを左右する可能性があることがよく知られています。論理的で明確に定義された構造なしでコマースサイトをナビゲートしようとすると、地図も...
    続きを読んでみる
    コマースサイトにInstagramフィードを埋め込んでAOV・CLVをアップする方法
    コマースサイトにInstagramフィードを埋め込んでAOV・CLVをアップする方法
    オンラインで存在感を示している人は誰でもInstagramに載っていますが、それには正当な理由があると言われています。 インスタグラムでのブランドや企業は、毎月6%〜8%のフォロワー増加が見られているようです。そして、人々がすでにIn...
    続きを読んでみる
    ソーシャルメディアをコマースサイトに統合する方法
    ソーシャルメディアをコマースサイトに統合する方法
    ソーシャル メディア をe コマースサイトに統合する方法、Webサイトにソーシャルメディアを組み込むさまざまな方法、などを探っていきます。 通販・オムニチャネルコマース商品の販売に関しては、ソーシャルメディアをWebサイトに統合する必...
    続きを読んでみる
    AI時代のCX:カスタマーエクスペエンスマネージメント コンテンツリスト
    AI時代のCX:カスタマーエクスペエンスマネージメント コンテンツリスト
    次なる展開を読み解く:2024年のコマース ファーストパーティデータからフリクションレスな返品まで、コマースの次の進化は、アイデンティティインテリジェンスと最適化されたショッパーエクスペリエンスにかかっているともいえます。 予測1:よ...
    続きを読んでみる

    タグ一覧

    カテゴリー