富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

ライブストリームショッピング とは

D2C DTC ライブコマース

 ライブストリームショッピング

2022 年の第 4 四半期から、Poshmark は Posh Shows を発表しました。
これは、プラットフォーム上でピアツーピアのライブストリーム ショッピング用に設計されたプログラムです。
新しいツールは、ベータ テストが行​​われた後、米国とカナダで利用できるようになっています。
Posh Shows を使用すると、すべてのユーザーが自分のクローゼットのアイテムをライブ オークションでライブストリーミングできます。
公式の Poshmark クローゼット リストを持っていない人も、サインアップしてリアルタイムで作品のリストを開始できます。

Poshmark のブログ  #thePoshLife  へようこそ!

ここでは、おしゃれなヒントからエキサイティングな新しいアプリのアップデートまで、あらゆるものを見つけることができます。

poshmark shows

再販プラットフォームのUX

何年にもわたって、再販/リコマースプラットフォームは、売り手がより多くの店舗収益を生み出すのに役立ついくつかのUX機能とプログラムを追加してきていました。 2023年、プラットフォームのユーザー数は 1 億人を超えていると言われています、Poshmark はリアルタイム ショッピングを活用してエンゲージメントを高め、売り上げを伸ばしたいと考えているようです。

Posh Shows の リリースは、2021 年に株式公開された同社が 韓国のハイテク大手 Naver に買収(韓国ネイバーがメルカリの競合「Poshmark」を1700億円で買収へ)されてから数か月後のことです。売却は、Poshmark の 2022 年第 3 四半期の収益発表に続いて、1 月に完了しました。第 3 四半期の Poshmark の総収益は、前年同期比で 11% 増加し、8,840 万ドルになりました。四半期ごとの調整済み EBITDA は、2021 年の第 3 四半期の 60 万ドルと比較して、マイナス 800 万ドルでした。
Poshmark Shows は過去 10 年間に構築されたプラットフォームの既存ツールの拡張として機能するだけでなく、通常は Poshmark を閲覧しない新しいユーザーを取り込むのにも役立つと言っています。

ライブ ビデオ ショッピングとは

ここ数年、多くの小売業者や EC:eコマースプラットフォームで採用されているトレンドです。
最近では、人々が実店舗での買い物に戻ってきたため、仮想フォーマットは魅力を失っているのは確かなトレンドです。

ユーザー ストーリーの追加や、売り手によるリスティングへの動画 の追加など、他の動画ベースの機能で成功を収めた後に、ライブ ストリーム ショッピングを推進することを決定していると言われています。

「ライブのやり取りの中で人間性が発揮されるレベルがあります」

この側面は、ライブ ストリーミング ショッピングの主なメリットと特徴としてしばしば宣伝されています。

ビデオ コマース スペースにもたらすいくつかの差別化要因とは

ライブが始まると、価格の入札が開始されて、買い手はさまざまなショーからアイテムを購入してまとめることで、より安い配送料などを得ることができるモデルです。
「これは、売り手はさまざまな取引で買い物客と提携することもできるということです」

ライブショーがプラットフォーム上の膨大な商品カテゴリを整理するのに役立つことを望んでいるとも、購買体験ニーズ・行動の一部を発表をしています。
ヴィンテージ、バッグ、フットウェア、または Free People や Nike などのプラットフォームで人気のあるブランドなど、さまざまな商品のタグを表示していることからも理解できます。

Posh Shows タブはアプリのホームページに配置され、開催中または開催予定のさまざまなライブ ショーを特集しています。

人々は興味のある商品やユーザー クローゼットをフィーチャーしたショーを見つけて参加できるようになります。セッション中に、売り手は他の売り手の作品を引き出して展示して、トラフィックと販売を促進することもできます。

この機能が主要なコミュニティ構築ツールになる可能性があるかも知れません。
Posh Shows は、Poshmark の売り手と買い手が通常経験する再販リコマースの台頭の問題点を解決することもできるかも知れません。

たとえば、興味のある買い物客は、売り手がリスティング コメントで応答するのを待つことなく商品のフィット感やスタイリングのアイデアをリアルタイムで尋ねることができます。

ライブ ストリーム ショッピングの進化

進化し続ける中、プレイヤーは差別化するために、テクノロジーを構築しようとしていきます。
ライブ ビデオ ショッピングの次の段階はクリエイターとインフルエンサーを中心に展開すると予測されています。 実店舗での買い物は今後も続く一方で、一部の買い物客は適切な商品やショーを求めていくことになるとの言われています。

「それは、すでにソーシャルメディアや他のデジタルチャネルに追いついてきている、あるいは購入プロセスの一部として、一日の終わりの体験にあるかもしれません。昔の深夜のTVShoppingのように」

これは、物理的なイベントと購入の機会を活用することができる場所です。
小売も、デジタルコマース事業者もライブ支援するために、人気のある物理的なイベントを活用するようになるでしょう。

ブランドなどが主催するライブ イベントや、館(日本での百貨店やSMなど) や Coffee Shop などの販売者が自分の地域で主催する対面式のローカルなシリーズが含まれていきます。
これは、オタクで証明されています。

国際的に大きなアピールができる可能性は

英語で行う、スペイン語で行う、中国語で行う、韓国語で行う、ことは可能でしょうか。
ChatGPTなどの機能を改善し、新しい機能を追加するにつれて、売り手体験を改善することは簡単のように思えます。

これには、ビデオ機能と、シームレスで迅速な支払い方法が含まれます。

いくつかの技術インフラストラクチャで Narvar の購買後体験 配送追跡情報サービスなどと提携して配送情報や、購買後体験を最大化する必要があります。

「ライブ ショッピング」という言葉を聞くと

QVC ネットワーク、ShopChannel などが頭に浮かぶかもしれません。(年齢がわかります。)
しかし、ライブ ショッピングは、テレビ商取引の時代から長い道のりを歩んできました。

ソーシャルメディア、eコマース、DNVBとその一カテゴリーDTC/D2C 3.0、クリエーターエコノミーの台頭により、消費者は今まで以上に自分のデバイスから直接買い物をすることに慣れていきます。(特に、人口成長の早い国々では、小売のインフラが無いこともありそうなります。)

ライブ ショッピング、またはソーシャル メディアや別のビデオ プラットフォームでリアルタイムに商品を紹介することで、ブランドがターゲット オーディエンスと個人的につながる新しい方法が開かれます。

これで、売り上げが増加し、顧客獲得コストと販売サイクルが減少すると同時に、記憶に残る顧客体験が生まれるはずです。

これらの事実を考慮して

Instagram の調査

How Instagram Boosts Brands and Drives Sales

How Instagram Boosts Brands and Drives Sales によると、 参加者の 46% が、プラットフォームで商品やサービスを見た後、オンラインまたはオフラインで購入したことが報告されています。

YouTube が最も人気のあるライブ ストリーミング プラットフォームとして首位に立っており、TikTok がランクを上げています。

YouTubeの調査

3 ways YouTube is redefining the shopping experience

3 ways YouTube is redefining the shopping experience によると、 ユーザーの 87% が、YouTube でショッピングやブラウジングを行うと、購入の意思決定をより迅速に行うことができると感じています。

2021 年のMcKinsey の調査

It’s showtime! How live commerce is transforming the shopping experience

It’s showtime! How live commerce is transforming the shopping experience によると、ライブ コマースを使用する場合、企業はコンバージョン率が 30% に近づき、従来の e コマースの 10 倍になると報告しています 。

しかし、他の国では成功しているにもかかわらず、欧米での採用は予想よりも弱かった. この分野の最大のプレーヤーの一部は、すでに課題を共有しています。

TikTok ライブ ショッピング

TikTok売れ”のワードが多く聞かれるようになり、多くの企業が商品やブランドのプロモーションにショート動画を使い始めていると言われています。

TikTokのサービスで伸びているのがライブ配信機能:#ライブコマース | TikTok です。
日本では、
まだEC機能が実装されていませんが、ライブ配信中に商品を紹介して外部へ誘導する形でライブコマースは行われています。
海外ではEC機能を備えたTikTokショッピングが既にスタートするなど次の注目プラットフォームとなっています。

Amazon Live は、視聴者とブランドの両方を引き付けるのに苦労しています — コンテンツが販売側に熱心すぎることを示すフィードバックがあります。
Meta は、2 年間の市場投入を経て、短命の Facebook ライブ ショッピング機能の終了を発表しました。

クリエーターに作ってもらう

プロのヒントかも、クリエイター(=社内のスタッフ)に投資する。
商取引の中核は信頼です。緊密なコミュニティを自ら構築したクリエイターほど信頼できる人はいるでしょうか。

ライブ ショッピングは、友人がクローゼットの中を歩いているときや、人生を変えるような新しい 買い物に夢中になっているときの感覚を再現するのがポイントです。

多くの場合、クリエイターはすでにオーディエンス:視聴者との信頼関係を築いていることになります。広く人気のある動画や、今日のファッションコーディレポートから、「TikTok Made Me Buy It」レビューまで、クリエイターは無意識のうちに 視聴者に売り込んでいます。ライブショッピングは、この関心を収益化する別の方法を提供するだけです。

クリエイター主導のライブ ショッピング セグメントでは、エンゲージメントは相互に有益な資産です。
正しく実行された場合、ブランド と クリエイターは新しいオーディエンスに露出し、収益とエンゲージメントの増加から利益を得ることができます。

中国のトップ インフルエンサーは、12 時間のライブ ショッピング マラソンで 1 日で 19 億ドルの商品を販売し、 記録的な 2 億 5,000 万人のユーザーをアリババのタオバオ オンライン マーケットプレイスに誘導したと言われていますが、それで良いのでしょうか。

誰がうまくやっているか

過去の課題を受けて、ブランドもプラットフォームも、小売業の未来として多額の予算を投入するのではなく、ライブ ショッピングをテストと学習の機会として使用していくことです。
それでも、初期の成功は有望でもあります。

Aldo

世界的な靴とアクセサリーのチェーンとしてTikToker の Nate Wyatt とセレブ スタイリストの Mimi Cuttrell と提携して、パイロットライブ ショッピングストリームに 5 日間で 17,000 人の注目を集めました。消費者の 1 日のほんの数秒を争う業界で、Aldo は 12 分を超える平均視聴時間を達成したそうです。

Knix

ソーシャル メディア戦略、ブランド ストーリー、アンケートやインタラクティブ機能によるユーザー エンゲージメント、インフルエンサーとの関係を組み合わせて 、独自のライブショッピングの秘密のソースを作成しました 。

Three Ships Beauty

新製品の発売前の 45 分間のライブ ショッピングイニシアチブで、 1,600 を超えるユニーク ビューと 22.8% のコンバージョン率を獲得したそうです。

ライブ ショッピング サービス Pinterest TV

Pinterest TV では、さまざまなクリエイターが公開している番組を Pinterest が精選してお届けします。Pinterest TV の提供は、月曜日から金曜日までの週 5 日間です。クリエイターが、家、フード、ビューティ、ファッションに関するアイデアを毎日シェアします。公開中の配信コンテンツを見逃した場合、いつでも選択したコンテンツをリプレイして視聴できます。
残念ですが、日本では提供されていません。

まとめ

ライブストリームショッピングは、オンラインショッピングとライブコンテンツが組み合わさった新しい販売方法であり、いくつかのメリットがあります。

リアルタイムのインタラクション: ライブストリームショッピングでは、顧客とセラーとのリアルタイムの対話が可能です。質問に迅速に回答でき、製品のデモンストレーションや説明を提供できます。これにより、購買意欲が高まり、購入率が向上します。

情報提供: ライブストリームは、商品の詳細な情報や使用方法を視聴者に提供する効果的な方法です。顧客は実際に商品を見て、その特徴や利点を理解しやすくなります。

購買決定の迅速化: ライブショッピングは、顧客に商品を直接提示し、購買の意思決定を迅速化します。特にファッションや美容製品などの感覚的な商品に適しています。

社交要素: ライブストリームショッピングは、ソーシャルメディアプラットフォームで行われることが多く、視聴者同士がコメントやリアクションを共有できます。これにより、商品を友人やフォロワーと共有し、共感を促進します。

セールスドライブ: ライブストリームは、限定的な時間や数量のセールやプロモーションを実施するのに適しています。これは顧客に緊急感を与え、購買を促進します。

これらのメリットを活かして、良好なプロダクト、エンゲージメント、品質管理、顧客サポートを確保して、成功することが重要です。

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

オムニチャネル・ユニファイドコマース ユーザー生成コンテンツ:UGCの完全ガイド コンテンツリスト
オムニチャネル・ユニファイドコマース ユーザー生成コンテンツ:UGCの完全ガイド コンテンツリスト
UGC(ユーザー生成コンテンツ)は、ユーザー自身が作成したコンテンツを指します。これは、ウェブサイト、アプリケーション、ソーシャルメディアなどで共有されるテキスト、画像、ビデオ、音楽、レビュー、コメントなどを含みます。UGCは、ユーザ...
続きを読んでみる
ユニファイドコマースとオムニチャネルとは 配送とフルフィルメントのポイント
ユニファイドコマースとオムニチャネルとは 配送とフルフィルメントのポイント
  ユニファイドコマースとオムニチャネルを通じて、優れた顧客体験を提供することは、売上とロイヤルティの向上につながります。ユニファイドコマースは、関連性、正確性、顧客サービスに対する中核的な期待に応えることで、CXを向上させることです...
続きを読んでみる
ソーシャルコマース インフルエンサー・アンバサダーの時代 オムニチャネルを成長させる  コンテンツリスト
ソーシャルコマース インフルエンサー・アンバサダーの時代 オムニチャネルを成長させる コンテンツリスト
ソーシャルコマースは、2024年も引き続きeコマースの注目を浴びることになりそうです。そしてロイヤリティマーケティングと連携して中心的な役割を果たすことになるでしょう。ブランドや小売企業は、商品を販売し、顧客ロイヤルティを強化するため...
続きを読んでみる
リコマース(再販)・レンタル 成功チェックポイント コンテンツリスト
リコマース(再販)・レンタル 成功チェックポイント コンテンツリスト
最新かつ最高のものを所有したり、ファストファッション所有権の代替手段(レンタルなど)を探し、新しいリソースを必要としない商品(再販用の中古商品など)を見つけ、より高品質の商品を購入したいと考えている顧客層がいます。 「このジャケットを...
続きを読んでみる
オムニチャネル・ユニファイドコマース レコメンデーション活用ポイント コンテンツリスト   
オムニチャネル・ユニファイドコマース レコメンデーション活用ポイント コンテンツリスト   
顧客がオンライン、アプリ内、店舗内、またはこれら 3 つを組み合わせて購入する場合でも、一貫したエクスペリエンスを顧客に提供することがこれまで以上に重要になっています。ユニファイド コマースは、顧客がどこで買い物をしても、顧客エクスペ...
続きを読んでみる
コンバージョン率の高い モバイル チェックアウトとは
コンバージョン率の高い モバイル チェックアウトとは
モバイル チェックアウトでのコンバージョン率が低い一般的な理由は、 安全なチェックアウトプロセスの欠如 商品の詳細がわかりにくい わかりづらい、難しいナビゲーション 商品/価格などを比較するオプションがない 顧客情報の更新が大変 ...
続きを読んでみる
Amazonの成功を解き放つ:利益のために入札を最大化する
Amazonの成功を解き放つ:利益のために入札を最大化する
  Amazon 検索に表示されるための 2 つの単純化されたアプローチについてご一緒に考えていきます。確立された顧客ベースを持つほとんどのブランドは、ある時点で Amazon でのローンチを検討することになるでしょう。そしてなぜそう...
続きを読んでみる
ユニファイドコマースとオムニチャネルとは 倉庫・商品管理のポイント
ユニファイドコマースとオムニチャネルとは 倉庫・商品管理のポイント
カスタマーサービス&ケアは、顧客を第一に考えれることの基本で、ビジネスの成功のための基本です。eコマースソリューションは、進化し続ける顧客のニーズをサポートします。 CSRがCRMなしで顧客プロファイル、注文、支払い、配送の...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー