吉村 典也
吉村 典也

日本の製造業を強くするためのコンサルティング会社、外資システム会社などを経て、通信販売(ダイレクトマーケティング)、Eコマースの事業運営・CRM/購買体験購買後体験)運用・フルフィルメントサービス運用のアドバイザーとして、CS&BPOセンター(CX設計・運用からシステム設計・運用まで)の新規立上・受託までを担ってきた。通販基幹システム・Eコマース・オムニチャネル/OMO・CRM+MAシステムのマーケティングセールスから、業務設計・運用までをコマース・小売事業会社ととも一緒にアクション&グロースしてきた。

Eメールのパーソナライズ方法 コンテンツ作成 中級編 チェックリスト付

CRM CX D2C eコマース コミュニケーション マーケティングオートメーション

Eメールのパーソナライズ方法 中級編 

Eメールのパーソナライズ施策の活用方法 中級編です。

E-コマース・D2C・DNVBのマーケティング担当者は、消費者とのより深い関係を築き始めており、よりターゲットを絞り、より高いレベルのエンゲージメントを促進するマーケティングに移行しています。

メールのパーソナライゼーションの基本的な施策

1.メール内容

「差出人」の名前と件名だけでなく、メール キャンペーンの本文コンテンツをパーソナライズして、顧客との関連性を高め、顧客がクリックする可能性を高める方法も数多くあります。

2.コピー

顧客の名前、または T シャツのサイズさえもメールリストに保存している場合、その情報を使用してメール キャンペーンのテキストを簡単にパーソナライズすることができます。

この最も一般的な例は、顧客のネームをEメールに追加することです。例えば、顧客の氏名の「氏」を使いましょう。決して、アメリカみたいに、「名」ファースト ネームを含めないようにしてください。いくらZ世代が対象でもです、より直接的に対処していくことは基本ですが、親近感を醸成するにはもう少し時間とプロセスを踏ませます。

氏名でのパーソナライズが最も一般的な例かもしれませんが、できることはそれだけではありません。

MAの機能での、カスタム フィールドを使用すると 、顧客について選択した情報 (性別、T シャツのサイズ、誕生日など) を保存して、それを使用してキャンペーンをパーソナライズできます。

「パーソナライゼーションを挿入」ドロップダウンを選択するなどで、利用可能なさまざまなパーソナライゼーション タグがすべて表示されるはずです。

3.画像

    テキストだけでなく、メール マーケティング キャンペーンの画像を動的に変更して、特定の購読者にアピールすることもできます。

    画像を使用することは、メールのクリック率を高める強力な方法です。実際、最近のキャンペーンでは、顧客の場所に合わせて画像を動的に変更することも実践的です。

    越境がわかりやすいですが、EUの各国、米国、オーストラリア・アジアの人々の人種に応じてのためにさまざまな画像を作成して配信します。

    メール キャンペーンの画像を顧客の所在地に合わせてパーソナライズすることで、アパレル・コスメでのメールのクリック率を向上させることができます。

    4.動的コンテンツのオファー

      パーソナライズに精通したブランドは、人口統計データと地理データを使用して、各消費者に提供されるオファーをパーソナライズしています。
      メール内のコンテンツのセクション全体を動的に変更して、キャンペーン全体の関連性を高めて、顧客にとってより魅力的なものにすることができます。

      これの一般的な使用例は、男性の購読者にメンズウェアを表示し、女性の購読者にレディースウェアを表示することです。顧客の性別に基づいてプロモーション対象の商品を動的に切り替えることで、各顧客が最も関連性が高く魅力的な商品を見て、購入を促せるようにしていきます。

      5.再エンゲージメント

        メールマーケティングのパーソナライゼーションと自動化を使用することで、すでにエンゲージした顧客に戻ってくるように促すことができます。

        ケーススタディ

        たとえば、過去の購入者に再び関与するようリマインダーを自動的に送信します。
        購入してから 6 か月後に、ブランドとの出会いや価値、そしどうライフスタイルに影響したかなどを思い出させるメッセージが自動的に送信され、再度サイトに訪問するよう促します。

        非アクティブな顧客を再エンゲージするには、再エンゲージ キャンペーンを送信して、ブランドからのコミュニケーションがまだ必要かどうかを尋ねます。
        また、特別なプロモーションやお礼のメッセージを送信したり、積極的にフィードバックを求めたりすることもできます。
        購読者に感銘を与えなければならない最後のチャンスになる可能性があるため、これはあらゆる手段を講じた、最高のコンテンツ、最高のオファーの種類のメールである必要があることを忘れないでください。

        重要なポイント

        顧客の再エンゲージメントが実現しなく、過去の人になることは、双方にとってハッピーです。
        ブランドにとっては、オーディエンスが間違っていた、または、オーディエンスへのCXの構築方法が間違っていたということです。
        積極的に、データを更新してよりブランド価値を求めている顧客に対してCXを向上させてください。

        Eメールのパーソナライズ 上級編 に続きます。

        マーケティングの自動化とパーソナライゼーション

        マーケティング オートメーションでは、SNSのフォロー、ニュースレターなどへの登録、購入、などのトリガーで始まる「カスタマージャーニー」を使用します。
        これらのジャーニーは、顧客にとってより関連性が高くなるように設計されているので、マーケターがジャーニーを簡単に実行できるようになっています。

        このスタイルのEメール マーケティングは、顧客候補者や顧客との継続的な会話を生み出して、ブランド ロイヤルティを構築するためには、価値があります。
        マーケティング オートメーションは、ROI、収益、および結果を生み出します。

        B2C 企業はすべて、マーケティング オートメーションを使用して、よりパーソナライズされたタイムリーで関連性の高いメッセージを送信して、エンゲージメントと収益を高めています。
        使用するツールやプラットフォームに関係なく、マーケティング オートメーションは、

        1. トリガー
        2. ルール
        3. コンテンツ

        の 3 つのコア コンポーネントに集約することができます。

        マーケティング担当者は自動化を使用してパーソナライズされたメッセージを配信するためには、送信するメッセージ、送信する相手と時期、およびこれらの送信を強化するために必要なデータを分析して企画することが大事です。
        データは、特定のメッセージまたはジャーニーのトリガーとして使用して、顧客セグメントへ送信することを開始できます。

        MA:マーケティング オートメーション とは ぶっちゃけ本音トーク 顧客購買体験 とは #3

        インスピレーション:パーソナライズされたメール事例

        マーケティング オートメーションを使用した優れたよくある例は、ジュエリー小売業者は、誕生日などの兄バーサーリーが収益を生み出す素晴らしい方法であることを知っています。そのために、チェックアウトプロセス中にこのデータを収集し、リストに同期します。
        次に、顧客の誕生日が巡ってくると、小売業者はマーケティング オートメーションを使用して 10% オフのオファーなどを自動的に送信します。

        顧客の生年月日を記録することで、自動化された誕生日メールを送信して、顧客にブランドとの関わりを思い出させることができます。これにより、ブランドの ROI と収益が向上します。

        顧客の好みと、顧客になった日を知っていることを示すことで、顧客との関係を大切にしていることを示しています.

        人々は注目され感謝されるのが大好きです。これは、多くの顧客の 1 人であるだけでなく、高く評価されている個人であることを示していきます。

        パーソナライズされたEメール マーケティングをさらに一歩進めます。

        • 顧客に、コマースプラットフォームで放棄されたアクションを思い出させることです。
          顧客は、Eメールの送信元であるブランドとの関連する理由をすぐに知ることができます。
        • 関係を強化することに焦点を当てたメッセージであるため、メールの文言を慎重に選択しください。「大きな●●がある」、「●●を受ける」などの言葉活用しています。

        まとめ -パーソナライズするためのチェックリスト

        D2Cオムニチャネルでのメール キャンペーンをパーソナライズすることは、非常に的を絞った関連性の高いコンテンツを顧客や見込み客に配信し、その過程でエクスペリエンスに価値を付加する実証済みの方法です。
        その見返りとして、成長するビジネスの ROI と収益を向上させることができます。

        次のポイントを確認してください。

        • 最も効果的なパーソナライズされたメールを作成するには、顧客に関するデータをできるだけ多く収集します。
        • パーソナライズされたメールは、最高のエンゲージメントと収益をもたらします。
        • リストを慎重にセグメント化して、パーソナライゼーションを強化します。

        適切なタイミングで適切なデータを収集し、MAでも使いやすいツールを使用することで、パーソナライゼーションがこれまでになく簡単になり、アクセスしやすくなりましす。

        ステップ 1: パーソナライゼーション施策を作成します。

        • 行動
          購読者の最近の行動に基づいてメール コンテンツを作成します。
        • 天気
          サブスクライバーの地域の天気に基づいてコンテンツを表示します。
        • 画像
          購読者の名前を画像に追加して、注目を集めてみてください。
        • 住所・活動位置
          加入者の場所を使用して、どこに住んでいても役立つリマインダーを作成します。

        ステップ 2: メールの各部分を確認します。

        • 件名
          文法が正しく、個人化が件名の文脈で意味を成していることを確認してください。
        • フォールバック:
          ファイルにデータがない場合に備えて、デフォルトのテキストを設定します。
          プレビュー ペインを考慮して、件名の長さを最適化します。
        • プリヘッダー
          すべてのデバイスで読みやすいように長さを確認してください。
        • ヘッダ
          フォント: ヘッダーのパーソナライズに新しいフォントまたは別のフォントを使用している場合は、それがメールの残りのコンテンツと調和していることを確認してください。
        • ボディ
          顧客の行動に基づくコンテンツなどの高度なパーソナライズを使用している場合は、複数のバリエーションをテストします。
          文法、スペル、その他すべての楽しいことをチェックします。
        • コンバージョン:
          パーソナライズされたコンテンツによって、ユーザーが行動を促すフレーズをクリックするようになります。
        • アクションの呼び出し
          追跡リンクを含めて、パーソナライゼーションが効果的かどうかを確認します。
        • CTA コピー:
          CTA コピーを魅力的なものにします。
        • リンク:
          リンクが適切な場所につながるようにしてください。
        • 明確さ:
          CTA は明確で見つけやすいものにする必要があります。

        ステップ 3: これらすべての最終 (および重要な) ステップにチェックを入れます。

        • データ フィールドを確認します。
          パーソナライズされた各フィールドに必要なすべてのデータがありますか。パーソナライゼーションはデータ次第なので、フィールドを再確認してください。
          パーソナライズされたフィールドに表示される Fnameや文字バケは、最も避けたいことです。

        • フォールバックを含めます。
          入力されていない可能性のあるフィールドのフォールバック コンテンツを準備します。フォールバック コンテンツは、任意の顧客に適用できるメール コンテンツである必要があります。

        • 送信時間を最適化します。
          タイミングが悪いと、完全にパーソナライズされたEメールがネガティブな評価にさらされる可能性があります。

        • デザインレビュー。
          複数の名前の長さ、特殊文字、およびパーソナライズされたコピーと画像の配置をテストしてください。目が多いほどよいので、自分と同僚にテストメールを送信します。

        • A/B テストを作成します。
          パーソナライズされたメールとパーソナライズされていないメールを 1 つずつ送信します。これは、パーソナライズされたメール施策を測定する最良の方法です。

        • 応答性があることを確認します。
          デスクトップとモバイルで見栄えがよくなりましたか。すべてのデバイスで上記のすべてを再確認してください。

        よくある質問

        成功するキャンペーンを作成するパーソナライズポイントを教えてください。

        1.メーリングリストのセグメンテーションのメリットと方法は

        メールのパーソナライゼーションを改善する最善の方法は、メーリングリストのセグメンテーションを使用することです。多くのマーケティング担当者は、メールのパーソナライゼーションは難しいと感じていますが、適切なマーケティングツールを導入すれば、セグメント化されパーソナライズされた方法でメールキャンペーンを自動化できます。

        さまざまなセグメント化されたリストを作成すると、リーチしたいターゲットユーザーごとに動的なコンテンツを開発できます。連絡先が異なれば、多くの要因に応じて必要なものも異なります。

        購読者に関する関連データを収集することは、関連するメーリングリストをセグメント化し、質の高い連絡先を取得するための最初のステップです。これを行う最善の方法の1つは、誰かがニュースレターを受信したり、会社について詳しく知りたい場合に、サインアップフォームを使用することです。

        セグメント化されたメーリングリストを作成する際には、購読者に地理的な場所、性別、年齢、職業、興味などを尋ねることが重要です。バイヤージャーニーにおけるサブスクライバーのステージに関するデータや、過去の電子メール活動についてのデータを使用することもできます。

        2.メール メッセージのメリットと方法を教えてください

        顧客が誰であり、ブランドが最も気にかけている、注意を払っていることを、顧客に示すことです。

        個別化されたEメール メッセージングは​​、件名に相手の名を含めるだけではありません。相手のニーズに関連する魅力的なコンテンツを作成する必要があります。これには、メール コンテンツ内の名前や最近の購入を含むパーソナライズされた画像やビデオ、特定のメーリング リストにのみ関連する商品に焦点を当てたコンテンツ、ストーリーテリングコンテンツで創造性を発揮することなどです。

        3.行動を促すEメールのメリットと方法を教えてください

        顧客の行動に基づいてメールを送信することで、顧客がカスタマージャーニーのどこにいるのかを把握できることがメリットです。
        行動によってトリガーされるメールを適切な顧客に適切なタイミングで送信するためには、マーケティングの自動化が不可欠です。

        行動によって引き起こされる最も一般的な電子メールの 1 つは、「ようこそメール」です。

        このメールは、顧客に次に何をすべきかを伝える温かくタイムリーな挨拶として機能させます。

        特定の期間に基づくリマインダーメールは、サブスクリプションを更新したり、ショッピング カートに入っているものを購入したりするなどのアクションを顧客に促します。
        誕生日や VIP のオファーだけでなく、ジャーニーマップから外れてしまった顧客の再エンゲージのみに焦点を当てたメールを送信することなどです。

        セグメント化され、ターゲットを絞った、トリガーされたキャンペーンからROIがもたらされているというデータhがあります。
        スターバックスのロイヤルティ プログラムはとても有名です、顧客が一定の報酬ポイントに達するという、行動によってトリガーされるEメールを顧客に送信しています。

         4.レスポンシブメールデザインのメリットと方法を教えてください

        エンゲージメントをデザインして成長させるためには、Eメールのデザインは重要です。
        Eメールのデザインが気に入らない場合、クリックスルーするのと同じくらい早くクリックアウトします。

        書式設定、関連性、インタラクションに関しては、デスクトップおよびモバイル プラットフォームでレスポンシブ メール デザインを使用することもです。
        顧客が使用しているデバイスを把握し、メールを確実に表示できるようにすることで、メール エクスペリエンスを最適化するということです。フォント サイズ、レイアウト、ボタン、メールの長さなどは、メールをデザインする際の重要な要素です。

        アダプティブ デザインはメールのパーソナライゼーションにも重要です。
        「アダプティブ コンテンツはレスポンシブ デザインを超えたもので。コンテンツ自体は、デバイス、コンテキスト、人物によって変化します」

        • ラップトップで「クリック」
        • タブレットで「タップ」
        • GPS システムから「選択」

        と言います。

        5.ソーシャルメディアとの統合のメリットと方法を教えてください

        ソーシャル メディア マーケティングとEメール マーケティングは、個別のマーケティング手段と見なすべき時代ではなくなっています。
        ソーシャル メディアとメール マーケティングを全体的に把握することで、パーソナライゼーションの難しさが軽減され、より魅力的なものになります。

        メール キャンペーン内のさまざまなメール リストに関連するソーシャル ボタンとソーシャル メディア キャンペーンを含めることです。
        ソーシャル チャネルや Web サイトへのトラフィックが増加します。

        顧客リストをメールからソーシャル チャネルにアップロードすることもできます。複数のプラットフォームで個人的な方法で顧客とつながることができます。
        より的を絞った方法で広告予算を使うために、アクティブな顧客候補にソーシャル広告をターゲティングすることができます。

        6. 個別のランディング ページのメリットと方法を教えてください

        メールに関連するランディング ページとパーソナライズされた行動を促すフレーズは、コマースサイトへのトラフィックを促進する強力な方法になります。
        LP:ランディング ページは、メールの内容と、この特定のセグメント化されたリストの関心事項に関連して作成します。

        魅力的なコンテンツと画像で顧客を引き付けることができれば、パーソナライズされたランディング ページは、ブランドが宣伝しているものについて、さらに学ぶのに役立つということです。

        カスタマージャーニーとは Eメールのパーソナライゼーション 上級編

        に続きます。

        関連コラム

        Eメールコミュニケーションの効果測定に重要な「4つの指標」とメールマーケティング用語集

        殿堂入り記事
        発送代行完全ガイド

        発送代行完全ガイド

        発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

        吉村 典也

        監修者

        アドバイザー

        吉村 典也

        日本の製造業を強くするためのコンサルティング会社、外資システム会社などを経て、通信販売(ダイレクトマーケティング)、Eコマースの事業運営・CRM/購買体験購買後体験)運用・フルフィルメントサービス運用のアドバイザーとして、CS&BPOセンター(CX設計・運用からシステム設計・運用まで)の新規立上・受託までを担ってきた。通販基幹システム・Eコマース・オムニチャネル/OMO・CRM+MAシステムのマーケティングセールスから、業務設計・運用までをコマース・小売事業会社ととも一緒にアクション&グロースしてきた。
        大手通販グループの「単品リピート(サブクリプション)/通販基幹CRMシステム」外販・導入サポート業務を通じて出会った事業者とのコミュニケーションを通じて、まだまだ、日本のDNVB・D2C(DTC)ビジネスにはチャネルとしてではなく、「顧客中心」としてのホネストビジネスとして、再成長の可能性、未知のカテゴリー、オムニチャネルコミュニケーションからのオムニチャネルコマース体験がある、それを支えるコマース事業者のインハウス化が必要であること、そして柔軟に迅速にその業務を支持・運用できる、MACHコンポーザブルタイプのシステムを広めることが大切と確信しつつ、1社でも多くの30億、100億円事業にグロースするためのアドバイス・サポートを提供している。

        あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

        ユニファイドコマース向けAI活用ガイド
        ユニファイドコマース向けAI活用ガイド
        AI は、ある規模の組織内で少なくとも完全に機能していると言われています。しかし、小売業の経営幹部は、進化するAIの状況についていくのは難しいと感じています。近年、ユニファイドコマースやeコマースチームは、新しい顧客の好みに適応して、...
        続きを読んでみる
        返品から再販へ:リコマースフルフィルメントのポイント
        返品から再販へ:リコマースフルフィルメントのポイント
        リコマースとサーキュラーエコノミーは、先進的なブランドの持続可能性と収益性を推進する極めて重要な概念として注目を浴びています。リコマースとは、中古品を購入、再生、再販し、ライフサイクルを延長して、環境への影響を軽減しつつ、収益を向上さ...
        続きを読んでみる
        キャッシュバックでロイヤリティをアップするポイント
        キャッシュバックでロイヤリティをアップするポイント
        キャッシュバックリワード報酬でロイヤリティを向上させるガイド 割引クーポンコードを捨てて、リピート購入を増やし、メンバーシップとロイヤルティプログラムの基盤にして収益性をアップする時です。 ユニファイドコマース、オムニチャネルコマース...
        続きを読んでみる
        顧客紹介プログラムの作成方法 101
        顧客紹介プログラムの作成方法 101
        それはただの普通の日常として始まります。あなたは睡眠からさめ、起き上がり、Instagramアプリを開いてスクロールを開始します。しかし、すぐに友達の最新のアパレルでのシーンが表示されます、フィードの他のものには何も関心が移りません。...
        続きを読んでみる
        カスタマーレビューにリワードを提供して収益をアップする
        カスタマーレビューにリワードを提供して収益をアップする
        セールスサイクル全体を通してカスタマーレビューの力を活用します レビューは購入サイクルにおいて大きな役割を果たしています。購入者に信頼感を与え、ファネルの認識、検討、意思決定の段階を通じて信頼を高めてくれます。それらがなければ、売上の...
        続きを読んでみる
        リワードプログラムを開始するための5ステップ
        リワードプログラムを開始するための5ステップ
        あなたのコマースストアー・リアル店舗には多くの競争があります。Shopifyだけでも800,000以上のeコマースストアがあり、何を販売していても、それと同じ商品を販売している人(おそらく何百人もの人)がいます。競合他社に誘われる前に...
        続きを読んでみる
        ブランドロイヤリティのためのリワードプログラム
        ブランドロイヤリティのためのリワードプログラム
        eコマース業界で最も強いトレンドは、オンラインのパーソナライゼーションです。パーソナライゼーションは、サイトのデザインだけでなく、ブランドが顧客と対話する方法に関係します。顧客の行動パターン、購入率などです。それは、ブランドは、収益に...
        続きを読んでみる
        儲かるギフトカードプログラム
        儲かるギフトカードプログラム
        顧客があなたから商品を購入してほしいと頼み、この特定の商品があなたのストアでの追加購入につながる傾向があることをご存知ですか。あなたはその機会をどう活かしますか。さて、その商品と購入体験とは‥‥ それは、店舗オリジナルの「ギフトカード...
        続きを読んでみる

        タグ一覧

        カテゴリー