吉村 典也
吉村 典也

日本の製造業を強くするためのコンサルティング会社、外資システム会社などを経て、通信販売(ダイレクトマーケティング)、Eコマースの事業運営・CRM/購買体験購買後体験)運用・フルフィルメントサービス運用のアドバイザーとして、CS&BPOセンター(CX設計・運用からシステム設計・運用まで)の新規立上・受託までを担ってきた。通販基幹システム・Eコマース・オムニチャネル/OMO・CRM+MAシステムのマーケティングセールスから、業務設計・運用までをコマース・小売事業会社ととも一緒にアクション&グロースしてきた。

商品ページの 22 の間違い 通販・オムニチャネルコマース

AI AOV CLV CMS CRM CX D2C DNVB DTC EC EC物流 eコマース OMO PDP PIM Shopify Shopify Plus オムニチャネル オムニチャネルコマース オムニチャネルフルフィルメント 商品ビジュアル 商品画像 商品発送 商品詳細ページ 商品説明・商品詳細 商品開発

商品ページの 22 の間違い 通販・オムニチャネルコマース 

2024 年こんな商品ページは止めましょう

  • 雑然とした
  • 興味をそそらないコピーでいっぱいで
  • ギミックのあるポップアップがある

通販・オムニチャネルコマースの商品ページでよくある間違いをいくつか明らかにしていきましょう。

通販・オムニチャネルコマース商品ページでよくある 間違い

ここでは、通販・オムニチャネルコマース ストアで、潜在顧客とコンバージョンを先延ばしにするよくある間違いをいくつか紹介していきます。

チェックリスト

  • 1. 商品ページのプラグイン(Shopifyの場合)が多すぎる
  • 2. 難しいナビゲーション
  • 3. 時代遅れのプラグアンドプレイアプローチ
  • 4. 不良コピー - 商品の話ばかりで、感情はありません
  • 5. 乱雑すぎる
  • 6. 商品ページにFAQが不足している
  • 7. プロダクトカードの不適切な使用
  • 8. 商品ページで画像ズームが有効になっていない
  • 9. 社会的証明の欠如
  • 10. ギミックが多すぎる
  • 11. 紛らわしい比較表
  • 12. 強引な押し売りナッジ
  • 13. 無関係なクロスセル
  • 14. 「在庫切れ」のリダイレクトがない
  • 15. 隠れたコスト
  • 16. 支払い方法
  • 17. 応答しないShopifyストアのテーマ
  • 18. 画像が多すぎる
  • 19. CTAボタンが最適化されていない
  • 20. 限定された商品バリエーション
  • 21. 商品ページに構造化データがない
  • 22. 支払いオプションの欠如

順次追加予定です。

1. 商品ページのプラグインが多すぎる(Shopify あるある)

Shopifyにはプラグインが豊富にありますが、それに頼りすぎて、あらゆる小さなことのためにもプラグインを用意してしまう可能性があります。

その結果、Web サイトが遅くなり、リンクが壊れ、複数の不具合が発生するようです。
全体として、ショッピング体験は貧弱になります。

Shopify ストアにはアプリが多すぎます

Shopify アプリは、機能とスタイルの向上に優れています。
ストアの速度が遅くなる可能性もあります。
これは、読み込み時間が長くなり、訪問者のエクスペリエンスが低下し、売上が失われることを意味します。
なぜか、すべての Shopify アプリにはコードが付属しているためです。そして、作業が必要になるたびにリソースをロードする必要があります。
また、アプリの競合によりストアのパフォーマンスが低下します。
また、アプリをアンインストールした後でも、ストアのテーマに多くの問題を引き起こす可能性があります。
したがって、インストールするアプリが多すぎると、ストアのパフォーマンスが低下して買い物客を失うことになります。そして、それらの問題を解決するのは困難になります。
インストールすべきアプリの数に決まりはありませんが、どれがコンバージョンを最大化するかを評価して確認することをしてください。

解決策:Shopifyはこんなもの

商品ページに追加するプラグインは 3 つ未満です。
現在実行しているプラ​​グインを確認し、Web サイトの速度を低下させているプラグインを特定します。
開発者に代替機能としてその機能をハードコーディングしてもらうか、同じものを置き換えるプラグインを見つけてもらいます。
OMSなどを、通販基幹システムにシフトしたり、
Lexica などの、MACHアーキテクチャではこんなことは興りません。

2. 難しいナビゲーション

ストアをナビゲートする際、買い物客はどのように進んでいけばよいのか、あるいはブランドが何を期待しているのか、途方に暮れているのかもしれません。

たとえば、買い物客はチェックアウトフィールドに必要な情報を追加しており、入力がすぐに無効であるという指示が提示されない場合などでは、フォームを送信できなくなりますが、ユーザーは原因・理由がわかりません。

そう悪いことにこのEFOでは、顧客は本当の問題が何なのかを知ることができていないということです。

解決策: 救助への手がかり (簡単かつ迅速)

EFO(Entry Form Optimization)とは、入力フォーム最適化の略称で、「エントリーフォーム最適化」を駆使して、方向指示でナビゲーション上の疑問を解消します。

商品ページのあまり知られていないカスタマイズ

Shopify商品ページにEFO方向性の手がかりを組み込む際に覚えておくべき点です。

  • 必要な情報の最小化:
    フォームに必要な情報を最小限に抑え、ユーザーにとって簡単かつ迅速な入力が可能になるようにします。冗長な情報の収集はユーザーの不満を引き起こす可能性があります。
    キューをより効果的にするには、空白スペースを使用します。
    キューをページのデザインに合わせて配置します。
  • 適切なフォームフィールド
    各フォームフィールドが適切であることを確認します。例えば、電話番号が不要な場合は省略するなど、フォームに不要なフィールドが含まれていないか確認します。
    色のコントラストを使用して視覚的な手がかりを追加します。
  • クリアで分かりやすいラベル:
    各入力フィールドに対するラベルやヒントが明瞭で分かりやすいものであることを確認します。ユーザーがどの情報をどのフィールドに入力すべきかを簡単に理解できるようにします。
    不必要な注意散漫を避けるために、シンプルな合図を実装していきます。
  • エラーメッセージの改善:
    フォームエラーが発生した場合、ユーザーに対して具体的で理解しやすいエラーメッセージを提供します。エラーが起きても、ユーザーが修正しやすいように誘導します。
  • 自動補完と予測入力:
    ブラウザの自動補完機能や予測入力を活用して、ユーザーが同じ情報を繰り返し入力する手間を軽減します。
  • モバイルフレンドリー:
    フォームがモバイルデバイス(またはコマース アプリ)で使いやすいようにデザインします。小さな画面でも見やすく、指で簡単にタップできるサイズのボタンやリンクを提供します。
  • 進捗表示:
    フォームの進捗を分かりやすく表示し、ユーザーにどのステップにいるかを示します。複数のステップがある場合は、途中で挫折しないように工夫します。

A/B テストで方向性の手がかりをテストして、顧客にとって最適なものを学びます。たとえば、テストには視線追跡ツールを使用したり、ヒートマップをクリックしたりできます。
(通常のコマースシステムなら基本的な機能を実装しているはずです。)

3. 時代遅れのプラグアンドプレイアプローチ

店舗オーナーは、商品ページ デザインにフリーサイズのモデルを使用しています。
商品 X でうまくいくものは、商品 Y でもうまくいくはずです。残念ながら、それは真実ではありません。

商品には異なる用途があり(人と同じです)、顧客はそれぞれに異なる詳細を必要としています。
これらの違いがあることを理解し、それを各ページに反映させることで、コンバージョン率の一貫した成長を達成することができます。

解決策: さまざまなビジュアル形式を追加して買い物客の注意を引きつける

たとえば、ドローンだけでなく、クールなドローンバッグも販売しています。

後者の場合、それがどのように機能するかをデモンストレーションする必要はないかもしれませんが、ドローン自体の場合はデモンストレーションする必要があります。
その場合、ドローンの商品ページにはビデオが必要になりますが、バッグには必要ありません。
複数のビデオが必要です。アイテムをよりよく理解するための画像です。

さまざまなレイアウト、コピー、画像、その他の側面をA/B テストをしてみて、全体的に機能したいくつかの要素を見つけます。
ボードを作成し、保管しておいてください。

4. 不良コピー - 商品の話ばかりで、感情はありません

オンラインで買い物をするときはどこでも、私たちは共感できて興味深いコピーを持ったブランドにすぐに惹かれます。

通販・オムニチャネルコマースでの 商品ページコンテンツが印象に残らない原因は 3 つあります。

  • 買い物客とのつながりを持たない非常に専門的なコピーを投稿する
  • 分厚い商品説明文で買い物客が敬遠する
  • モバイル フレンドリーではない情報の表示形式

解決策: 商品ページのコピーをロボット的ではなく、より人間的なものにする

解決策は簡単です。ロボットではなく人間が書きます。
恥ずかしがらずに、あなたの機知に富んだユーモアのある一面=パーソナルキャラクターを顧客に見せてください。
様々な注目を浴びているWeb サイトを見れば、優れたコピーで何ができるかがわかります。

科学について楽しく話します。
このコピーは、人々が不眠という非常に一般的な状態に関連付けられるように動機して機能します。
商品のメリットを理解しやすくするために、箇条書き形式で短い説明を作成します。

5. 乱雑すぎる

通販・オムニチャネルコマースストア オーナーは、商品説明をやりすぎたり、不必要な詳細を書き込んだりしているかもしれません。

商品ページが商品説明の詳細で埋め尽くされていると、買い物客はプレッシャーを感じるだけです。
詳細が少ないと、商品説明は買い物客の意思決定に役立ちません。

解決策: 画像に語らせる

画像上のテキストによるコンテンツの過負荷を避ける - 商品ページのあまり知られていないカスタマイズ

画像テキストにカーソルを合わせると、買い物客に情報を探させずに商品の詳細を伝えることができる優れた方法があります。

商品画像には次のような情報を配置できます。

  • 商品名
  • 品の着用方法
  • 価格
  • 品バリエーション

商品ページの速度を低下させることなく品質を維持するには、商品画像をおすすめに追加する前には、必ず圧縮してください。

6. 商品ページにFAQが不足している

顧客は、誰かに連絡して商品に関する質問をしないと解決しないことがよくあります。
「複数の商品を購入したい場合など」

商品ページのデザインに関する「よくある質問」は、簡単なユーザーエクスペリエンスを提供できます。(Chatしたいわけではありませんが、Chatもこのデータを結局は使っています。)

よくある質問は、通販・オムニチャネルコマースストアのSEOのメリットにも役立ち、機能や製造などに関するいくつかの差し迫った疑問を解消してくれます。

解決策: 縦型フォーマットを使用して商品関連の FAQ を表示する

ブランドは、詳細情報を取得するために顧客をサブページに誘導します。
そうしないと、すべての FAQ が同じページにダンプされ、ページの速度が遅くなる可能性があります。
垂直方向の折りたたみ可能な形式(アコーディオン)を使用して、関連する FAQ を追加し、目的を達成しながら画面スペースを節約します。

7. プロダクトカードの不適切な使用

プロダクトカード(Product Card)は、類似のアイテムに何らかの形でリンクされているアイテムのスナップショットを表示する方法です。

ほとんどの通販・オムニチャネルコマースストアではプロダクトカードが正しく使用されていない状況です。
商品に関する情報はほとんど追加されておらず、商品の画像も十分ではなく、明確なCTAがありません。

解決策: 商品ページ全体のプレビューを提供する

基本的に、プロダクトカードは、通販・オムニチャネルコマースの商品ページ自体と同じくらい重要に扱う必要があります。
商品のアップセルやクロスセルを行うための優れたインフラストラクチャです。

1 つの明確な商品、短い見出し、1 行の説明、価格、シンプルな CTA があれば、商品ページに適した商品カードが完成します。

8. 商品ページで画像ズームが有効になっていない

通販・オムニチャネルコマースストアではこれは非常に些細なことだと考えていますが、特にシニアの買い物客にとって、ショッピング エクスペリエンスに影響を及ぼします。

アパレル・ファッション・アスレジャー・シューズなどの商品を販売する場合、お客様は商品の素材や色をじっくり見ないと不安になります。

解決策: 習慣的なジェスチャーで Shopify 製品ページを直感的にする

商品画像にズーム機能を追加すると、顧客は商品が近くでどのように見えるかなどを把握できるのに役立ちます。
自信を持って購入できるようになり、通販・オムニチャネルコマースでのショッピング エクスペリエンスが向上します。

9. 社会的証明の欠如

ストアは商品ページにレビューや評価を追加しますが、ページの下部に位置しています。
さらに、「でっちあげ」に見えるような、オンラインストア訪問者の共感を呼ばない一般的なレビューを強調しています。

解決策: 既存顧客に商品ページでの販売を任せる

サイト訪問者は商品ページをすばやくスクロールしますが、最初のフォールドの重要なポイントにフォーカスを当てます。
詳細説明のすぐ下または見出しのすぐ横にある評価を強調表示して、レビューを読むオプションを提供します。

また、「素晴らしい商品です。とても気に入っています」などのレビューを強調することは避けてください。
代わりに、顧客との関連性が高いレビューを表示します。

トップ ストアは、商品ページ上で認定資格やサンプルテスト結果などのユーザー作成コンテンツを活用して、訪問者に購入を促しています。

たとえば、現在の顧客からのソーシャル メディアの投稿を紹介しているのは良く知られた施策です。
Google、Facebook、サードパーティのリストなどの他のサイトからのレビューを統合することもできます。

さまざまなチャネルからレビューをインポートする -
商品ページのあまり知られていないカスタマイズ
は、多様なフィードバックを得るために、すべてのマーケティング チャネルにわたるレビューをインポートします。
構造化されたレイアウトで長いレビューをさらに読むオプションも必要に合わせて配置します。

10. ギミックが多すぎる

かつては注目を集めるものであったものが、今では気が散り、迷惑だとさえ考えられています。

その理由は、顧客は今日それがいかに一般的であるかを認識しているためです。

残念ながら、通販・オムニチャネルコマースサイトは、立ち上げ中または成長段階にあるとき、まだ顧客を引きつけ、購入を促進していると信じるという間違いを犯しています。

同様に、多くのサイトはユーザーに割引ポップアップなどを表示して、商品の購入を促します。
しかし、これは商品の詳細から注意をそらし、その過程でイライラさせるだけです

解決策: 商品ページでゼロパーティ データを収集する

より良いアプローチは?
高度にパーソナライズされた機能と割引。 Accenture によると、消費者は、パーソナライズされた商品が提供されると購入する可能性が高くなります。レコメンド・推奨事項に反映されているはずです。

ビタミンやサプリメントを販売するCare/of は、ストアを成長させるためにハイパーパーソナライゼーションを活用しています。
顧客は自分のニーズや目標についてのクイズに答え、その結果に基づいて推奨される商品を得ることができます。

これは、Quizという対話から信頼が構築され、使いやすさが向上し(顧客は自分の好みがブランドにすでに知られていると感じるため)、自然に販売への道が開かれます。(日本ではチャット・モニターアンケート式のLPは有名ですが)

ポップアップを廃止し、既存の商品ページのインフラストラクチャを使用して割引を売り込む方法もあります。
場所をとらず、訪問者の気を散らすこともありません。
上部のバーでは、8000円以上の買い物をすると「送料無料(禁断の用語)」=送料事業者負担とかになるでしょうかを、利用できることを知らせます。

メッセージそのものはポップアップと同じですが、その表示方法は煩わしさが少なく、同時に説得力がましてきます。

11. 紛らわしい比較表

通販・オムニチャネルコマース ストアには、商品に対して複数のオプションがあることがあります。

明確な比較グラフを追加できていないことがあります。

顧客は「バッテリー駆動」などの特定の仕様を備えた同様の商品を探しているのでしょうが、比較表にはこれらの違いが示されていません。

その後、顧客は別の商品ページに移動してから、商品を購入することを余儀なくされます。しかし、これはユーザーエクスペリエンスを妨げ、売上の損失を引き起こします。

解決策: 商品ページの情報をスキミングできるようにする

製品比較表により、体験が容易になります。
顧客は同じ製品ページで必要な最も関連性の高い情報を見つけることができるため、より早く購入を決定することができます。

キューリグ コーヒーの比較表は特に優れています。
サイトは機能的でありながら有益な情報を提供してくれています、コーヒーメーカーのいずれかをクリックすると製品品の詳細、よくある質問、レビューとともに「コーヒーメーカーの比較」に即座にアクセスできます。

12. 強引な押し売りナッジ

アップセルはAOV:平均注文額を増やすために必要な施策です。
商品ページのほとんどはやりすぎになる傾向があります。
これにより、次の 3 つのシナリオが生じます。

  • 選択肢が多すぎてイライラする、
  • すべてのナッジを無視するか、
  • 選択肢が多すぎると麻痺する

解決策: 商品ページでの推奨事項は 3 つ以下のみにする

ヒックの法則によれば、提供できるオプションのバランスのとれた数は 「3」 だそうです。
買い物客が商品をすぐに閲覧できるようにするための情報を表示します。
メリットを売り込み、顧客のニーズに焦点を当てた場合、アップセルのナッジは確実に効果をもたらします。

*「ナッジ(Nudge)」とは、
行動経済学や心理学の分野で使われる用語で、人々の行動を変化させたり、特定の方向に導いたりするための軽い刺激や促しを指します。

どの商品でも、複数選択できるオプションがあり、訪問者がそのうちの 1 つを選択します。
すぐ下の「詳細」セクションで、価格差を支払う理由がわかります。

13. 無関係なクロスセル

バンドルは、アップセルしてAOV:平均注文額を増やすためのよく知られた優れた方法です。

顧客は、1 個あたりの価格を安くして 2 ~ 3 個の商品を購入するという選択肢を強いられます。
通販・オムニチャネルコマースストアの大部分にとって未開発の領域です。
最も一般的な訳は、商品の広がりが薄いことです。

解決策: 戦略的な製品バンドルを選択して、より多くのコンバージョンを実現します

商品が少ない場合でも商品の同梱は可能です。
必要なのは、一般的に一緒に購入されるもの、または潜在的な顧客に最も価値をもたらすものを分析することだけです。それだけです。

Dollar Shaving Club によるクリエイティブな商品バンドルは、商品数は少なくても、顧客にアピールする商品をバンドルしています。

14. 「在庫切れ」のリダイレクトがない

現実には、さまざまな理由により、シーズンを通してすべての商品が店頭に並ぶわけではありませんが、単純な在庫切れ メッセージでは解決しない可能性があります。

通販・オムニチャネルコマースストアはこの間違いを犯し、競合他社に顧客を奪われてしまいます。

解決策: 役立つメッセージを通じて購入者のジャーニーを継続する

商品のカウントダウンを表示して、すでに商品を購入した顧客の数を示します。

他のカテゴリや商品範囲を探索するように顧客をリダイレクトします。

  • 404 リダイレクト -
    このリダイレクトは、Web ページが存在しないために Web ページが見つからないことを Web サイト訪問者と検索エンジンに通知するサーバー応答コードです。
    URL または検索クエリに近い商品を検索するように顧客に促すことができます。
  • 302 (一時リダイレクト) -
    ユーザーを短期間だけ新しいサイトまたはページに送りたい場合は、このタイプのリダイレクトを使用できます。たとえば、ウェブサイトを再デザインまたは更新するときです。
    したがって、302 リダイレクトは、最終的に古いページを戻すか、新しいページを設定する予定がある場合にのみ使用してください。
  • 301 (永続リダイレクト) -
    顧客が探している商品に新しいバージョンまたはアップグレードされたバージョンがある場合。次に、以前の URL を入力した Web サイト訪問者をストア内のs商品の現在の場所に送信する 301 リダイレクトを適用できます。

メタ タグ以降は販売・商品ページ利用不可 -
在庫切れの Web ページが多すぎる場合は、「unavailable_after META タグ」に注目してください。このタグは、商品ページが特定の日に廃止されることを Google に事前に伝えます。
Google は、指定された有効期限まで商品ページを検索結果に表示します。有効期限が切れてから約 24 時間経過すると、商品ページは検索結果から消えます。

商品ページのエクスペリエンスを微調整しようとしている場合は、在庫切れを即時に有利に利用する方法は、その他再入荷・予約販売などの手法があります。

15. 隠れたコスト

通販・オムニチャネルコマースストアは、提供する割引について非常に明確で透明性があり表示ができます。
が、税金、配送料、梱包料についてはチェックアウト時にのみ言及されます。

そして買い物客はドロップします。
実際、この理由を理由に買い物を放棄しています。

商品ページでそのような情報を公開しても価格自体は変わりませんが、顧客は自分が何を支払っているのかをより認識するようになります。

これにより信頼感が生まれ、訪問者はチェックアウトするときに騙されたと感じることがなくなります。

解決策: Shopify 製品ページですべてのコスト (複数のオプションを含む) を明らかにする

商品の価格の記載とは別に、顧客の所在地、配送予定日に基づいて推定送料を表示します。
顧客が郵便番号を編集して、おおよその送料を表示できるようにします。
訪問者は自分が支払う金額についてよりよく理解できるようになり、驚かれることはなくなります。

16. 支払い方法

顧客は、自分にとって都合の良い支払いが見つからなかったため e カートを放棄してしまいます。

解決策: 明確なマイクロコピーで買い物客に割引と手数料を知らせます

複数の支払いゲートウェイを提供する方法については、いろいろあります。
各顧客の好みの支払い方法に合わせて、チェックアウトページだけではなく商品詳細ページでできるだけ多くの支払いオプションを提供できると良いと言われています。
取り上げるオプションが多ければ多いほど、顧客が興味を持って購入に至る可能性が高くなると言われていますが、程度はあります

‍17.応答しない Shopify ストアのテーマ

これは、立ち始めたばかりの Shopify ストアにとって必ずしも問題ではありません。
成長中のブランドの場合は、さまざまなデバイスでショッピングする幅広いユーザーのニーズに合わせて Shopify 商品ページをカスタマイズする必要があります。

残念ながら、Shopify ストアのほとんどはその切り替えが遅れ、潜在的な売上を逃してしまいます。

解決策: 複数のデバイスに適したレイアウトを適用する

ストアのフォント、色、その他の要素をカスタマイズでき、モバイルを自動的に処理できるレスポンシブな Shopify テーマを選択します。サイトのタブレット ビュー – 全体的にフレンドリーなエクスペリエンスを作成します。レスポンシブ ウェブサイト テーマのリストを見て、商品に最適なものを選択して提供します。

18. 画像が多すぎる

通販・オムニチャネルコマースストアの読み込みに時間がかかると、買い物客はすぐにサイトの速度に注目します。

実際、消費者は 3 秒以内に読み込まれないサイトを放棄します。
そして、それらの買い物客の 80% は二度と戻ってこないでしょう。

解決策: 商品ページで画像の遅延読み込みを使用する

通販・オムニチャネルコマースストアでは、サイトの速度を向上させ、コンバージョン率を向上させるために、画像の品質を維持しながら画像ファイルのサイズを削減しています。
これで遅延読み込みが使用されます。では、遅延読み込みとは正確には何でしょうか。

遅延読み込みは、必要になるまで Web サイト要素の初期化を遅らせる手法です。
遅延読み込みを実装すると、買い物客が画像までスクロールすると、画像などのコンテンツが読み込まれます。

これにより、次のようなメリットが得られます。

  • より軽くて速いサイト
  • Googleのランキングが向上します
  • モバイルの読み込み時間を増やす
  • サーバーリクエストを減らす
  • Web ページの重量を減らす

注意: Shopify 商品ページの読み込み速度が標準に達していることを確認する 1 つの方法は、Google Page Speed Insights テスト

さまざまなデバイスにレスポンシブ画像をプッシュする

遅延読み込みと組み合わせることで、さまざまなデバイスに対して画像が応答するようになります。
デバイスの解像度、方向、画面サイズ、ネットワーク接続、ページ レイアウトに応じて画像を応答させることに注意してください。

さらに、ブラウザは商品ページのレイアウトに合わせて画像を拡大をしないようにします、画像の読み込みに時間と時間がかかることはありません。帯域幅の無駄です。

19. CTAボタンが最適化されていない

ほとんどの買い物客は 1 つの商品を購入したいだけです。

カート ページを経て、チェックアウト プロセスを経ます。
訪問者は、チェックアウト プロセスに時間がかかることが原因で離脱します。

追加されるすべてのステップは、潜在的な顧客を失うことになります。
顧客がカートに追加し、ナビゲートしてからチェックアウトすることは、自分が欲しいものを知っている訪問者をイライラさせます。

解決策: 商品ページで複数のインテントベースの CTA を試す

Amazon商品ページの「今すぐ購入」CTA ボタンが参考になります。シンプルな「今すぐ購入」CTA ボタンを他の CTA とともに追加します。

潜在意識のメッセージは次のとおりです。私たちはあなたの時間を大切にしているので、あなたはすぐに欲しいものを選んで、後で気が向いたときに戻ってくることができます。

シンプルですが強力な方法ですので、ぜひ試してみてください。

20. 商品バリエーションの制限を延長しない

商品バリエーションは、買い物客に選択肢を提供し、売上を伸ばすための優れた方法です。

Shopify では、1 つの商品に対して最大 100 個のバリエーションを作成できます。Shopify で商品ごとに 3 つのオプションしか提供されません。
Shopify 100 のバリアント制限は、一部の店舗オーナーにとっては無限に見えるかもしれませんが、他の店舗オーナーにとっては、これは大きな障害です。

たとえば、パーソナライズされたオプションを備えたシュシュを販売するストアのオーナーは、すぐにバリエーション制限に達してしまいます。
これは、SKU 在庫が増え続けることを制限しているということです。

解決策: 賢いリンクとツールで制限を回避する

商品バリエーションの制限をスキップするには、次の 2 つの方法があります。

a.商品バリエーションを内部リンクを使用して個別の商品ページに分割します。

このシナリオでは、商品バリアント ページのいずれかを開くと、商品バリアントがバリエーション間を変更するための見本のようなセレクターとして表示されます。

この場合、検索エンジンが重複ページがあると認識しないように、Shopifyでは正規タグを追加する必要があります。
「親」ページのように機能する Web ページが 1 つあります。
バリエーションは「子」になります。それぞれの商品には、商品を指す正規タグが含まれています。

b. Shopify アプリを使用してバリアント制限を削除できます。

これらのアプリを使用すると、必要なだけ商品オプションを追加できます。

  • i. ハルク商品オプション
  • ii. 太字の商品オプション
  • iii. 無限のオプション
  • iv. テキストボックス - テキスト商品オプション

21.商品ページに構造化データがない

クライアントの 1 人にスキーマ マークアップを実装すると、クリック数が増加し、インプレッションも増加したことがわかりました。
平均ランキング順位が向上します。

*スキーマとは
Shopify ストアに追加される高度なマークアップ コードです。
スキーマ マークアップを含むウェブページにより、検索 エンジンのインデックス作成が容易になります。

検索機能がストアのコンテンツを理解すると、より関連性の高いユーザーにコンテンツを表示することが容易になります。

解決策: 商品ページの SEO 価値を高める

SEO 戦争で優位に立つために、スキーマ マークアップを実装します。

  • 商品スキーマ
  • 評価とレビューのスキーマ
  • ローカルビジネススキーマ
  • 価格スキーマ
  • 商品の可用性スキーマ
  • FAQスキーマ
  • ブレッドクラムスキーマ

Google 構造化データ マークアップ ヘルパーを使用して、カテゴリと商品ページをすばやくマークアップします。 .

22. 支払いオプションの欠如

クレジット カードで購入しますか、それとも今すぐ購入して後で支払いますか。(BNPL)

調査によると、ユーザーは、最終的には「今すぐ購入、後払い」サービスがクレジット カードに取って代わると考えており、半数以上は、購入にクレジット カードを使用するよりも、今すぐ購入して後で支払うことを好むと回答しています。

サステナブルな面では、サステナブルなブランドから購入することを好みます。

解決策: Shopify のツールを簡単に使用します (さらに環境に優しい)

Shopify は、BPNL 支払い対策として Shop Pay を組み合わせて店舗オーナーが導入できるようにする賢明な機会と提供しています。
コマースシステムでは、ストアークレジットなどを活用する方法もあります。

データを通じて全体的な顧客維持率を向上させる

顧客維持率が高いということは、企業が顧客と持続可能な関係を構築できており、今後も顧客が戻ってくるであろうという事実を示しています。

顧客維持マーケティングに投資している企業はわずかです CRMはCX:カスタマーエクスペリエンスマネージメントであることをご存知ですか。
クーポンを配布することではありません。

そして、それをするべき部門はそれを正しく行っていません。
大多数は、ユーザーの行動やエクスペリエンスを理解することさえせずに、これらの戦略をなんとなく、マネをしたつもりで実装しています。

顧客中心のCXを構築して、次のような主要な顧客維持指標のみを追跡して改善策を実施していきます

  • 顧客のLTV
  • リピート購入率
  • 購入頻度
  • 顧客あたりの収益
  • 購入の待ち時間
  • 顧客維持数・率

まとめ

通販・オムニチャネルコマースサイトやShopifyの 商品ページをより良くするにはどうすればよいですか

e コマース サイトの平均コンバージョン率は 1% ~ 3% の間です。
商品ページのコンバージョン率を高める方法は次のとおりです。

  • 最も重要な情報をスクロールせずに見える範囲に表示します。
  • 価格アンカーリングを使用して顧客の生涯価値を向上させます。
  • すべてのサイズ、色、バリエーションの在庫を表示する在庫メーターを提供します。
  • 形容詞ではなく動詞を使って商品を説明します。
  • 購入商品価格と商品配送オプションツールを提供します。
  • 展開可能なメニューを使用して重要な情報を表示します。
  • 商品説明の後に使用方法やお手入れ方法を記載します。
  • シンプルなカラーブロックとわかりやすいアイコンを使用して重要な情報を伝えます。
  • 「レビューを書く」機能と「ウィッシュリスト」機能を優先します。

商品ページのコンバージョンを増やす準備はできましたか。ただし、ストアのコンバージョンが低下している理由は他にもある可能性はあります。

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

吉村 典也

監修者

アドバイザー

吉村 典也

日本の製造業を強くするためのコンサルティング会社、外資システム会社などを経て、通信販売(ダイレクトマーケティング)、Eコマースの事業運営・CRM/購買体験購買後体験)運用・フルフィルメントサービス運用のアドバイザーとして、CS&BPOセンター(CX設計・運用からシステム設計・運用まで)の新規立上・受託までを担ってきた。通販基幹システム・Eコマース・オムニチャネル/OMO・CRM+MAシステムのマーケティングセールスから、業務設計・運用までをコマース・小売事業会社ととも一緒にアクション&グロースしてきた。
大手通販グループの「単品リピート(サブクリプション)/通販基幹CRMシステム」外販・導入サポート業務を通じて出会った事業者とのコミュニケーションを通じて、まだまだ、日本のDNVB・D2C(DTC)ビジネスにはチャネルとしてではなく、「顧客中心」としてのホネストビジネスとして、再成長の可能性、未知のカテゴリー、オムニチャネルコミュニケーションからのオムニチャネルコマース体験がある、それを支えるコマース事業者のインハウス化が必要であること、そして柔軟に迅速にその業務を支持・運用できる、MACHコンポーザブルタイプのシステムを広めることが大切と確信しつつ、1社でも多くの30億、100億円事業にグロースするためのアドバイス・サポートを提供している。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

サプリメント&ニュートリション編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
サプリメント&ニュートリション編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
顧客は一般的なブランド情報以上のものを求めています。深いつながりを持ち、自分のことを知っていると感じたいと考えています。しかし、どうやってそれを行うのでしょうか。 臨場感あふれるストーリーテリングとは 没入型のストーリーテリングは、商...
続きを読んでみる
セクシャルウエルネス・ヘルスネス編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
セクシャルウエルネス・ヘルスネス編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
見出しの書き方が重要であることは誰もが知っています。だからといって書くのが簡単になるわけではありません。ブログ記事、商品販売ページ、Meta広告、さらには件名を書くたびに再発明をする必要はありません。より良い見出しをより速く書くために...
続きを読んでみる
ファッション・アスレジャー編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
ファッション・アスレジャー編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
幸せな顧客は、すべてのビジネスの生命線です。忠実な顧客は、肯定的な口コミの紹介を提供し、収益を促進することで、ブランドの長期的な成功と成長に貢献します。社会経済状況で忠実な顧客基盤を開拓することは、簡単なことではありません。経済の不確...
続きを読んでみる
アパレル編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
アパレル編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
コマースでは、顧客のインフルエンサーやアンバサダー、ロイヤリティプログラムなどで、コミュニケーションの運用を削減し、プロセスを最適化することにより、ブランドが創造的な資産を調達するプロセスを拡大することができます。そのために、考慮すべ...
続きを読んでみる
e コマースにおける PDP – 概要と最適化する理由 通販・オムニチャネルコマース
e コマースにおける PDP – 概要と最適化する理由 通販・オムニチャネルコマース
ヒント - 顧客オーディエンスに最適化されていれば、コンバーションマシンとして活躍できます。 PDP を強化する時期が来ました。 商品詳細ページは、e コマース エクスペリエンスの重要な部分です。これは買い物客に興味のある商品に関する...
続きを読んでみる
東アジア(中国・韓国)のマーケットプレイス
東アジア(中国・韓国)のマーケットプレイス
アジアおよび世界最大の電子商取引市場である中国は、2023 年の市場規模が 1 兆 4,900 億ドルに達しました。インターネット アクセスの普及、モバイル デバイスの可用性の増加、中間層の増加がこの成長の主な原動力となっています。 ...
続きを読んでみる
東南アジアのオンライン マーケットプレイス
東南アジアのオンライン マーケットプレイス
Lazada と Shopee がほとんどの東南アジア諸国に存在することを見つけるのは難しくありません。Shopeeが今年特に傑出しており、上記の国々の市場で主導的な地位を占めていることは注目に値します。Kantar BrandZ が...
続きを読んでみる
ヨーロッパの主要なマーケットプレイス
ヨーロッパの主要なマーケットプレイス
ヨーロッパの市場環境は堅調かつ急速に成長しており、15,000 を超えるオンライン マーケットプレイスが 3,630 億ドルという驚異的な e コマース市場収益に貢献しています。この地域では、2025 年までにデジタル コマースの年間...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー