吉村 典也
吉村 典也

日本の製造業を強くするためのコンサルティング会社、外資システム会社などを経て、通信販売(ダイレクトマーケティング)、Eコマースの事業運営・CRM/購買体験購買後体験)運用・フルフィルメントサービス運用のアドバイザーとして、CS&BPOセンター(CX設計・運用からシステム設計・運用まで)の新規立上・受託までを担ってきた。通販基幹システム・Eコマース・オムニチャネル/OMO・CRM+MAシステムのマーケティングセールスから、業務設計・運用までをコマース・小売事業会社ととも一緒にアクション&グロースしてきた。

商品ビジュアルの力で商品詳細ページを強化する方法 通販・オムニチャネルコマース

商品ビジュアルの力で商品詳細ページを強化する方法 通販・オムニチャネルコマース 

このインサイト・洞察力に富んだブログでは、魅力的な商品画像とビデオを作成する方法を学び、商品ビジュアルの革新的な可能性を発見してみてください。

写真の品質が購入の決定にとって「非常に重要」

「百聞は一見に如かず」とはよく言われますが、それは、アナログのダイレクトマーケティングの時代から、デジタル eコマースになってからも明らかなことです。
実際、購入者アンケートによると、買い物客は、写真の品質が購入の決定にとって「非常に重要」または「非常に重要」であると述べています。

簡単に言うと、Shopifyに限らず、マーケットプレイスのプラットフォーム、または自分のウェブサイト、アナログの紙のカタログなどで販売しているかどうかに関係なく、商品詳細ページで商品の魅力的な写真を撮影することが成功への重要な要素になります。

たとえ、素晴らしい商品であっても、画像やビデオが貧弱なために見逃される可能性があるため、これは特に当てはまります。
オンラインショッピング中に、ぼやけた、または暗い商品画像に遭遇したときのことを思い出してみてください。
商品のサイズ、色、さらには何が販売されているのかについても困惑したままになりませんでしたか。
このような顧客の混乱を回避して、商品にふさわしい注目を確実に集めるには、明確で魅力的な商品ビジュアルが鍵となります。

顧客は購入する製品について明確さと自信を持っていたい

購入する前に、顧客は購入する製品について明確さと自信を持っている必要があります。
商品をあらゆる角度から表現する包括的な商品画像を提供することで、購入者が十分な情報に基づいて信頼できる決定を下せるようになります。
優れた商品ビジュアルが実現できることは他にもあります。

  • 潜在的な購入者と関わり、探索し、最終的には購入するよう促します。

  • 商品のサイズ、色、機能、素材に関する重要な詳細を提供します。

  • 商品の実際的な使用方法と、商品がユーザーに提供するユニークなエクスペリエンスを提供します。

    これらは、購入に対する自信を生み出し、返品の量を減らすのに役立ちます。

基本的に、一流の商品ビジュアルは商品に命を吹き込み、コンバージョン率を高め、顧客の信頼を築き、購入者の信頼を強化し、顧客維持に役立ちます。

商品詳細ページを充実させるために利用できるさまざまなビジュアル アセット

ビジュアルは、ブランドの商品を最大限のスポットライトを当ててで紹介するだけでなく、商品を競合商品と区別するのにも役立ちます。

映画のような商品写真

映画的な商品写真には、商品を魅力的な方法で紹介、宣伝、強調することを目的とした、高品質の 8K 解像度画像での商品の撮影をします。

なぜそれを使うのでしょうか。

高画質・詳細な画像で、商品の特長・品質・魅力を視覚的に確認できるからです。

店舗で商品を確認するのと同じように、よく撮影された商品写真により、オンライン買い物客は商品を「仮想的に」検討することができ、商品詳細ページからの購入決定に自信を得てチェックアウトすることができます。

360 ビデオ

360 ビデオは、買い物客があらゆる角度から商品を仮想的に探索できるようにする視覚的なタイプです、これは商品への理解と詳細の確認ができるために信頼を深めます。

なぜそれを使うのでしょうか。

360 度の商品ビデオは、買い物客に虫眼鏡を渡すようなものです、あらゆる視点から商品の細部を徹底的に調べることができます。
商品評価のプロセスが簡素化されるだけでなく、ユーザー エクスペリエンスが向上し、ページの滞在時間が延長され、「購入」をクリックする自信が高まります。

インタラクティブビデオ

インタラクティブビデオは、自分で選べる冒険ストーリーのデジタル版です。
視聴者はコンテンツをクリック、ドラッグ、スクロールすることができ、通常は受動的なショッピング体験を魅力的でインタラクティブな体験に変えることができます。

なぜそれを使うのでしょうか。

インタラクティブなビデオはブランドに競争力をもたらし、パーソナライズされたショッピング体験を提供します。
顧客は物理的に触れることなく商品の隅々まで探索できるようになり、個人的な店内体験に似ていますが、自宅で快適に購買中体験をすることができます。
この詳細な調査により、売上が増加し、返品が減り、顧客満足度が向上します。
インタラクティブビデオはエンゲージメントを高め、貴重なデータと洞察を生み出すことで、企業が煩雑な状況を打破し、大幅な投資収益率を達成できるようになります。

オンライン ショッピングでは多くの要素が購入者の決定を左右する

オンライン ショッピングでは、

  • 商品の説明、
  • 価格、
  • 機能、
  • タイトル、
  • ビジュアル

など、多くの要素が購入者の決定を左右します。
しかし、コンバージョンを確保することは困難な作業でもあります。
Web サイト訪問者のわずか 2% しか実際に購入に至らないことも普通です。それは買い物客の 50 人に 1 人にすぎません。この低いコンバージョン率の主な原因は、信頼の欠如です。
商品の信頼性や期待に応えられるかどうかに対する不安によって、顧客はカートを放棄してしまうことになります。

まとめ

オンラインショッピングは、購入前のアパレルの試着にもたとえることができます。
試着を通じて、消費性能、機能、感触、フィット感などの五感を通じて商品を体験する機会が得られるのと同様に、顧客は購入を決定する前に、視覚的な表現を通じて商品の仮想的な「試着」を望んでいます。

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

吉村 典也

監修者

アドバイザー

吉村 典也

日本の製造業を強くするためのコンサルティング会社、外資システム会社などを経て、通信販売(ダイレクトマーケティング)、Eコマースの事業運営・CRM/購買体験購買後体験)運用・フルフィルメントサービス運用のアドバイザーとして、CS&BPOセンター(CX設計・運用からシステム設計・運用まで)の新規立上・受託までを担ってきた。通販基幹システム・Eコマース・オムニチャネル/OMO・CRM+MAシステムのマーケティングセールスから、業務設計・運用までをコマース・小売事業会社ととも一緒にアクション&グロースしてきた。
大手通販グループの「単品リピート(サブクリプション)/通販基幹CRMシステム」外販・導入サポート業務を通じて出会った事業者とのコミュニケーションを通じて、まだまだ、日本のDNVB・D2C(DTC)ビジネスにはチャネルとしてではなく、「顧客中心」としてのホネストビジネスとして、再成長の可能性、未知のカテゴリー、オムニチャネルコミュニケーションからのオムニチャネルコマース体験がある、それを支えるコマース事業者のインハウス化が必要であること、そして柔軟に迅速にその業務を支持・運用できる、MACHコンポーザブルタイプのシステムを広めることが大切と確信しつつ、1社でも多くの30億、100億円事業にグロースするためのアドバイス・サポートを提供している。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

AI オムニチャネルカスタマーサービスとは
AI オムニチャネルカスタマーサービスとは
オムニチャネル カスタマー サービスとは何か、また、オムニチャネル カスタマー サービスが企業がサポート チャネル全体で一貫して顧客を満足させるのにどのように役立つかについてご一緒に考察してみましょう。 オムニチャネル顧客サービスとは...
続きを読んでみる
DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する メイクアップ ブランドリスト
DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する メイクアップ ブランドリスト
ミレニアル世代と Z 世代は、美容とパーソナルケアの市場に最大の貢献者であることは世界中で共通です。しかし、これらの消費者は、老化の治療法を求めているだけではなく、老化を事前に予防しようとしているのです。レチノール、フェイシャル、ナイ...
続きを読んでみる
D2C CX:カスタマーエクスペエンスマネージメント
D2C CX:カスタマーエクスペエンスマネージメント
カスタマーエクスペリエンス管理と、ブランドが顧客満足度を高め、ブランドロイヤルティを構築する方法について知っておくべきことについて一緒に考えてみましょう。 カスタマーエクスペリエンスマネジメントとは CXM:顧客体験管理(Custom...
続きを読んでみる
顧客ロイヤルティ プログラムの施策種類 通販・オムニチャネルコマース
顧客ロイヤルティ プログラムの施策種類 通販・オムニチャネルコマース
顧客を中心に据えて適切なロイヤルティプログラムを実施すれば、顧客は進んでブランドと取引を継続するようになるでしょうか。ロイヤルティプログラムにはさまざまな種類があり、顧客エンゲージメントを高めるのに役立つことは知られています。どんなプ...
続きを読んでみる
DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する スキンケア ブランドリスト
DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する スキンケア ブランドリスト
消費者は「静かな美しさ」の台頭によりシンプルさを受け入れています。 消費者がますます自然な肌を受け入れるようになるにつれ、スキンケア業界では「少ないほど良い」というよく言われる言葉が広まっています。ミニマリズムは、日常的な手順の数を簡...
続きを読んでみる
AI カスタマージャーニーとは
AI カスタマージャーニーとは
カスタマージャーニーはとらえどころのないものになることがあります。カスタマージャーニー (マッピングと言われてもいます。)と、D2Cブランドが顧客により良いエクスペリエンスを生み出すのにそれがどのように役立つかについてご一緒に考えてみ...
続きを読んでみる
DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する ヘアケア アイケア ブランドリスト
DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する ヘアケア アイケア ブランドリスト
マイクロバイオームのビューティケアに改めて注目 腸の健康は、ウェルネス関連のインフルエンサーの間でトレンドとなっているトピックであり、そのメリットは消化や膨満感の解消から、睡眠や気分の高揚に至るまで多岐にわたります。腸内マイクロバイオ...
続きを読んでみる
スキンケアとウェルネスにおけるカスタマイズとパーソナライゼーション
スキンケアとウェルネスにおけるカスタマイズとパーソナライゼーション
  パーソナライズされた商品とルーチンがメインのトレンド(主役)になり、万能のスキンケアとウェルネス ソリューションの時代は終ったのかも知れません。 調査によると、消費者はますます、独自の肌のタイプ、好み、懸念(ペイン、課題、悩み)事...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー