西間木 智
西間木 智

物流会社で20年経験しD2C EC スタートアップから中規模、大規模のeコマース事業者へフルフィルメントサービスの提供や物流の見直し・改善、スピード配送、複数拠点展開を設計して提唱している。 事業者様の売上貢献するために 「購買体験」 「リピート施策」 「Unboxing」 やOMO対応での「オムニチャネル」 「返品交換物流」 を提案し、事業者と常に伴走して最新の物流設計を試みる。

SHEINのビジネスモデル要素を分割検証する #9 Trend:トレンドサーチ&ウオッチ

D2C DNVB SHEIN ビジネスモデル
SHEINのビジネスモデル要素を分割検証する #9 Trend

Written by
株式会社富士ロジテックホールディングス
通販営業部 部長
西間木 智

SHEINは、USでのIPOを目指すようになってから、USのこちらのサイトで広報活動を展開し始めています。
モデルも少しつづ変わってきているようです。

https://www.sheingroup.com/

 

Eコマース・D2C・DNVBモデルを越えてきた、SHEINが採用しているビジネス要素を次に分解して、それを提供するスタートアップを探索・検証することでインサイトを得ていきます。

#9 トレンドサーチ&ウオッチ です。

SHEINシェインは新進気鋭のグローバル デザイナーと協力して、コレクションの立ち上げを支援しています。

SHEIN X インキュベーター プログラム

SHEIN X

https://www.youtube.com/playlist?list=PLEYEeo9eLryuDegkKZoAcOcMEx2rOa3CF

https://www.instagram.com/sheinx__official/

https://www.tiktok.com/@shein_x_official

では、20 か国以上のクリエイティブやアーティストが衣服をデザインできるようになり、SHEIN は生産とマーケティングを担当し、販売するためのプラットフォームを提供しています。

Generation Shein X

デザイナーは、デザインの販売と長期のコラボレーション契約から 10% のコミッションを受け取ります。

シェインの次の展開は

SHEINは常にフットプリント:足跡を拡大しています。消費者の需要に基づいて新しいカテゴリを追加する可能性があります。

「グローバルな小売業者として、SHEINは常にフットプリントを拡大しており、それはSHEINのビジネスの成長に伴います。言い換えれば、私たちはお客様が望むところに行きます。」

過去 10 年間で、SHEINはウィメンズ アパレルを超えて動き出しましています。市場の需要に応じて、途中で新しいカテゴリを検討することは間違いありませんそれは、消費者が何を望んでいるかに大きく依存しています。

*正しく、データドリブンで、バスケットとCLTVを上げていくこと、そして、世代の成長に伴うライフスタイルの変化に対応していくということです。

SHEINは、日本をはじめとして、英国や米国を含む主要市場で定期的にポップアップ ショップをオープンしています。
SHEIN はロンドンのウエスト エンドにある Noho Studios で最新のポップアップ エクスペリエンスへの扉を開いていました。SHEINが恒久的な物理的な場所を開設する「意図はない」と述べています。
リアル店舗である、POP-Upでのタッチポイントは、人々が SHEIN とは何かを体験する機会を提供すること」 にすぎないと定義しています。消費者は製品に触れて感じます。それはSHEINに役立ってきましたし、今後もそうしていくでしょう。データとSNSマーケティングのために。

SHEINが採用しているビジネス要素で

マーチャンダイジングテック

での、トレンドサーチ&ウオッチ関連のテクノロジーを提供するスタートアップのサービスを探索・検証してみます。

SHEIN x Klarna Wonderland

SHEIN Klarna Wonderlamd

マーチャンダイジングテック

Trend:トレンドサーチ&ウオッチ

トレンド識別テクノロジー(技術)は、ブランドが消費者の需要に焦点を合わせ、製品を理解するのに役立ちます。つまり、次のシーズンにどのような色、パターン、スタイル、ファブリックが流行するかを理解するのに役立ちます。

先見の明のあるブランドは、衣服やスタイルのトレンドを大規模に特定するソフトウェアやデジタル ツールに対して、ますます目を向けています。
多くの企業は、ソーシャル メディアの画像や動画などのビジュアルデータの分析に重点を置いています、小売業者がターゲットユーザーに最高の衣料品を提供できるように支援しています。

現在では、

  • ファッショントレンド予測ソリューション、
  • 需要予測ソリューション、
  • 予測システム

は崩壊してモデルが壊れてきています。
既存のシステムは、主観的、専門家主導、または供給主導のトレンドに基づいていると言われています。

そのために、生成される廃棄物は、年間 6% の割合で増加し、1 年で 700 億着以上の衣類になっています。
思考のパラダイムシフトが必要と言われています。

  • ファッショントレンドの予測
  • 受賞製品の発見
  • 新製品の需要予測
  • バリュー チェーン全体の在庫の最適化
  • 店舗の品揃えのローカライズ

など、プラットフォームがすべてをカバーしていきます。

Heuritech

Heuritech

 

T-Fashion

T-Fashion

 AI を活用したトレンド予測プラットフォーム

ソーシャルメディアがファッション界を再形成している
4番目に使用されているハッシュタグは#ファッション
+50 億のファッション関連の投稿
消費者の 80% が Instagram で商品やサービスを購入するかどうかを決定します

衣料品のトレンドに関する予測分析を含む小売業者向けのサービスを提供しています。AI を使用してソーシャル メディアで共有されている画像を翻訳することで、ブランドは消費者が着ている色、形、プリント、生地を特定できます。

EYECUE

EYECUE

 

styumia

styumia
  • 需要主導のトレンド
  • 消費者インテリジェンス

予測できないことを予測する
現在の方法は、連想、従来の消費者調査ベース、または属性を使用した予測モデルのいずれかです。Apollo は、グローバルなファッション インテリジェンスと取引データを活用した画像とテキスト属性を組み合わせたアンサンブル機械学習モデルを通じて、人間の視覚に触発された、カスタマイズされた予測エンジンです。

成功する製品のアイデアを生み出す
ImaGenie は高度な予測分析機能
ランウェイ、ファッション Web サイト、e コマースの何百万ものファッション スタイルの画像とテキスト属性を処理および分析して、優れたデザインを生成します。、人工知能を倫理的に適用して、特定のブランド/デザイナーの DNA にキュレーションされたデザイン アイデアの順列と組み合わせを生成する単純化されたゲーム化されたダッシュボードを使用して、デザインの候補リストを生成します。トレンドに関連するストーリーボードやムードボードをすばやく作成し、どのデザインコンセプトを追求するかを決定するファッションデザイナーの能力、

STYLESAGE

STYLESAGE

売れ残りの商品 のためにマージン を 犠牲にするのはやめましょう。
競争力のある品揃えのベンチマーク、価格の最適化、およびトレンド予測のための AI を活用したツールを使用して、人々が実際に望む製品を作り、収益性への迅速な道筋をつけます。

  • Market Intelligence Platform
  • Product Matching
  • StyleSage E-Commerce Smart Tagging API スマートタグ付け

画像認識とテキストの説明を介してアイテムの重要なデザインの詳細を抽出し、これらの属性をマスター分類法に標準化して、閲覧者を購入者に変換

アパレルであろうとフットウェアであろうと、各製品カテゴリには独自の特性があり、タグを付けて消費者が検索できるようにする必要があります。他のソリューションでは、多くの場合、製品の品揃えに独自の一般的で限定的な分類法が適用されます。StyleSage では、私たちのアプローチは正反対です。製品を分類法にマッピングし、必要に応じて属性を充実させます。

Stylumia はトレンド予測ソリューション企業であり、当社の製品は独自のファッション AI、 消費者の需要シグナルで強化された独自のデマンド センシング機械学習アルゴリズムによって強化されています。

次回は #10 バーチャル試着 こちら

関連企業情報

MUSINSA 韓国発ファッションECが日本に本格進出、新興勢として「SHEINとは別路線」意識

https://global.musinsa.com/jp/main

多くの人は依然として、SHEIN の主要な競争上の利点を低価格だと考えています

私たちの成功の鍵は、2 つの技術システムを組み合わせたオンデマンド ビジネス モデルと呼ばれるものです。1 つは視聴者エンゲージメント システムであり、もう 1 つはデジタル対応のサプライ チェーンです。これらを組み合わせることで、需要と供給に焦点を当てるという、ファッション業界において真に先駆的な取り組みが可能になります。私たちにできることは、特定の製品カテゴリーに対する需要を評価し、予測することです。これによる最終的な効果は、在庫の無駄を一桁台前半にまで削減することです。

需要をリードするには、非常に柔軟な供給側が必要ではないでしょうか?

それが当社のデジタルファーストのサプライチェーンによって可能になります。そのため、当社は中国、ブラジル、トルコの約 5,000 社の委託製造業者のネットワークと連携しており、デジタルで接続しているため、彼らのニーズや生産能力がどの程度であるかを理解しています。

中国発ECの「Temu」と「SHEIN」が日米韓を制圧―台湾メディア

台湾メディアのTVBS新聞網は19日、中国の越境EC「Temu(ティームー)」と「SHEIN(シーイン)」が日米韓を制圧していると報じた。

日本についても「伊藤忠商事が杭州の電子商取引サービス会社のスニフ(SNIFF)を通じてアリババグループと提携し、日本の小売業者に海外での購入代行サービスをワンストップで提供している」とし、「日本のディスカウントストア、ドン・キホーテもこのサービスを採用しており、早ければ来年初めにも、日本では発売されていない中国商品を販売するコーナーを設置する予定だ」

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

西間木 智

監修者

株式会社富士ロジテックホールディングス

西間木 智 / 通販営業部 部長

物流会社で20年経験しD2C EC スタートアップから中規模、大規模のeコマース事業者へフルフィルメントサービスの提供や物流の見直し・改善、スピード配送、複数拠点展開を設計して提唱している。 事業者様の売上貢献するために 「購買体験」 「リピート施策」 「Unboxing」 やOMO対応での「オムニチャネル」 「返品交換物流」 を提案し、事業者と常に伴走して最新の物流設計を試みる。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

アパレル編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
アパレル編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
コマースでは、顧客のインフルエンサーやアンバサダー、ロイヤリティプログラムなどで、コミュニケーションの運用を削減し、プロセスを最適化することにより、ブランドが創造的な資産を調達するプロセスを拡大することができます。そのために、考慮すべ...
続きを読んでみる
e コマースにおける PDP – 概要と最適化する理由 通販・オムニチャネルコマース
e コマースにおける PDP – 概要と最適化する理由 通販・オムニチャネルコマース
ヒント - 顧客オーディエンスに最適化されていれば、コンバーションマシンとして活躍できます。 PDP を強化する時期が来ました。 商品詳細ページは、e コマース エクスペリエンスの重要な部分です。これは買い物客に興味のある商品に関する...
続きを読んでみる
東アジア(中国・韓国)のマーケットプレイス
東アジア(中国・韓国)のマーケットプレイス
アジアおよび世界最大の電子商取引市場である中国は、2023 年の市場規模が 1 兆 4,900 億ドルに達しました。インターネット アクセスの普及、モバイル デバイスの可用性の増加、中間層の増加がこの成長の主な原動力となっています。 ...
続きを読んでみる
東南アジアのオンライン マーケットプレイス
東南アジアのオンライン マーケットプレイス
Lazada と Shopee がほとんどの東南アジア諸国に存在することを見つけるのは難しくありません。Shopeeが今年特に傑出しており、上記の国々の市場で主導的な地位を占めていることは注目に値します。Kantar BrandZ が...
続きを読んでみる
ヨーロッパの主要なマーケットプレイス
ヨーロッパの主要なマーケットプレイス
ヨーロッパの市場環境は堅調かつ急速に成長しており、15,000 を超えるオンライン マーケットプレイスが 3,630 億ドルという驚異的な e コマース市場収益に貢献しています。この地域では、2025 年までにデジタル コマースの年間...
続きを読んでみる
ロイヤリティプログラム コンテンツリスト
ロイヤリティプログラム コンテンツリスト
小売消費者が購入後の体験に求めるもの アマゾン効果は、小売業界全体に影響を与えています。顧客は無料で迅速な配送を期待しています。中には1日または同日という早い配送を希望する人もいます。さらに、ソーシャルメディアはUnboxingを促進...
続きを読んでみる
eコマースCXとカスタマーサービス 通販・オムニチャネルコマース
eコマースCXとカスタマーサービス 通販・オムニチャネルコマース
  eコマースのCXおよびカスタマーサービスヘルプデスクツールとは e コマース カスタマー エクスペリエンス (CX) とカスタマーサービス・ヘルプデスク ツールは、D2C ブランドにとって重要なテクノロジースタックに含めることが重...
続きを読んでみる
オムニチャネルを支えるコマースプラットフォーム トレンド コンテンツリスト
オムニチャネルを支えるコマースプラットフォーム トレンド コンテンツリスト
商取引の世界が猛烈なペースで変化していることは明らかです。オムニチャネルのアプローチは、かつては競争の激しい分野で優位に立つための施策でしたが、今ではデジタルが織り込まれたマーケットで成功を収めようとする小売・製造業の企業にとってのベ...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー