SHEINのビジネスモデル要素を分割検証する #7 需要予測と在庫最適化

SHEINのビジネスモデル要素を分割検証する #7 需要予測と在庫最適化

Written by
株式会社富士ロジテックホールディングス
通販営業部 部長
西間木 智

SHEIN は、マーケットプレイス機能を追加して拡大したいと考えているようです。2022年、SHEINはブラジルに地元の売り手(マーチャント)が参加するマーケットプレイス機能を追加しています。
最近では、メキシコにもマーケットプレイスを追加し、売り手の募集を開始しています。マーケットプレイスでは、数日で配達できる商品で SHEINの品揃えを拡大していることになります。通常、SHEIN の注文は到着までに 1 ~ 2 週間かかることから言えば大きな変化です。

中国からの商品供給に基づいて構築されたWish、AliExpress、およびその他のマーケットプレイスは、販売者ベースを多様化するために同様の戦略を試みていました。しかし、地元の売り手を引き付けることと、消費者を得ることの両方でほとんど成功をしていないようです。

SHEINブランドは、低価格で、週単位の配送で、基本使い捨て商品です。これは、ある意味マーケットプレイスの問題でもあり、Wish と AliExpress が抱えていたのと同じ問題です。それはどのマーケットプレイスでも売られているということになります。
マーケットプレイスは、SHEIN を Amazonモデル (すべてのストア) に近づけていきます。

SHEINが採用しているビジネス構成要素を代表的ないくつかに分解して、それを提供するスタートアップを探索・検証することでEコマース・D2C・DNVB企業に役立つインサイトを得ていきます。

#7 では 需要予測&在庫の最適化 について深堀していきます。

低価格も間違いなくSHEIN の海外(越境EC・国際Eコマース)での成功に大きな役割を果たしています。

SHEINは中国本土では販売しないため、中国の VAT と消費税が免除されています。 
一方で、ほとんどの大手小売業者が行うように流通センターではなく、消費者に直接出荷するということは、国際小荷物での価値が非常に低いため、越境ECとして個人輸入(本人たちはそうは思っていない!)をしているので、日本だけではなく、米国または英国をはじめとするEU加盟のヨーロッパ諸国では輸入税を負担しないことを意味します.

しかし、世界的なインフレ圧力と、より高価なより持続可能な材料を調達するという外部圧力を考えると、SHEINのビジネスが競争力のある価格を維持できるかどうかは気になるところです。

ビジネス モデルを振り返ってみます。
1つ目は、
実店舗の 「小売業者」と比較して、「デジタルのみ」 であることです。
家賃、給与、保管スペース、貨物や商品の移動にかかる諸経費を大幅に節約できます。スペースの削減は、コストの削減にもつながります。これがコスト削減の第 1 レイヤーです。

2 つ目は、
従来の予測モデルと比較して、オンデマンドの生産システムを信頼して活用していることです。

そして 3 つ目は、
テクノロジーとイノベーションを活用し、サプライヤーと協力して効率を改善することです。
これにより、コスト削減のレイヤーも次々と追加されていきます。

これって、DTC(D2C)のビジネスモデルの基本でしたよね。

SHEINが採用しているビジネス要素で

マーチャンダイジングテック

での、需要予測&在庫の最適化関連のテクノロジーを提供するスタートアップのサービスを探索・検証してみます。

マーチャンダイジングテック

需要予測と在庫最適化

アウトプットを効果的に予測して計画することは、ファストファッションの分野で競争する小売業者にとって非常に重要です。 

ブランドは、より迅速かつ正確なデータ駆動型の意思決定を可能にするテクノロジーにますます注目しています。需要予測と在庫最適化を専門とする SaaS 企業は、データとモデリングに基づいて、どのスタイルが市場で最高のパフォーマンスを発揮するかを予測しています。

2023 年に向けて、サプライ チェーンが業務で考慮しなければならない 3 つのトレンドを次に示します。 

サプライチェーンの可視性 

2023 年に入ってもデジタル化は支配し続け、サプライチェーンの可視性(SCM)は、世界中のサプライ チェーンの担当者がインサイト:洞察を得るために、より広く使用されるようになると予測されています。

Supply Chain Quarterlyは、サプライ チェーンの 60% 近くが、主にサプライ チェーンオペレーションの可視性の欠如が原因で、パンデミックの勃発以降、収益が減少したとレポートしています。
そして、サプライ チェーンのビジネス マネージャーの
74%は、課題を克服するために新しいテクノロジーを採用すると調査に答えています。

AI は、サプライ チェーン業界の多くの仕事を増強しています、それは、在庫管理、予測、予測の自動化に役立ちます。サプライ チェーンを完全に可視性を実施していると報告している企業は一桁ですが、中小企業の半分近くは在庫を追跡していません。

持続可能性とコスト削減

FW Global Solutionsは、
「企業は、持続可能な原材料の調達から輸送における温室効果ガス排出量の評価まで、持続可能な取り組みを模索し、採用し続けるでしょう」
と説明しています。
場合によっては、企業が廃棄されたサプライ チェーンのコンテンツを再販を通じて、消費者に販売することで、循環型のサプライ チェーンが機能し始めています。
  

企業がコストを削減し、持続可能性を推進した大きな方法の 1 つは、プロアクティブ(proactive:〔行動などが〕先を見越した)な分析と言われています。
企業は、自動化と AI を通じて積極的なインサイト:洞察を受け取り、即座に行動を促進することで、変動するサプライ チェーンと消費者の需要を常に把握することができます。
価格の変更であろうと在庫の移動であろうと、プロアクティブな分析はコスト削減のための最良の手段を提供します。

余剰の管理と在庫の最適化

2020年からのサプライ チェーンは大量の製品の必要性に対応する準備ができておらず、供給が数週間または数か月間不足していました。2023 年の在庫切れや過剰供給を回避するために、サプライ チェーン マネージャーは、在庫が少なすぎたり多すぎたりすることを避け、中間のアプローチをとることが推奨されます。

CoverSight

https://conversight.ai/use-cases/
  • 顧客の行動と購入パターンを理解する
  • マーケット バスケット分析
  • 動かない在庫を取り除く
  • 複数のチャネルからのデータを一元化
  • チームや関係者とのコラボレーション
  • 自動化されたアクションと推奨事項

Impact Analytics

impactanalytics



特徴
Impact Analytics は、複数のクライアントの大規模なデータセットを分析して、実用的なビジネス上のメリットを提供しています。Impact Analysis は、クライアントにも力を与えています。

リアルタイムの在庫追跡
需要を正確に予測し、高価格でロングテールの SKU であっても最適な在庫レベルを維持します。

価格の最適化
プロモーション、価格設定、値下げにまたがる統合ソリューションを使用して、SKU のライフ サイクル全体でマージンを改善するために価格設定を最適化します。

最適化されたマーケティング費用
パーソナライズされたプロモーション、チャネル ROI の理解、マーケティング予算の最適化に関する実用的な推奨事項から利益を得ることができます。

シームレスなオムニチャネル体験
ユーザー ジャーニーを理解し、非常に複雑で競争の激しい市場で優れたカスタマー エクスペリエンスを提供します。

Algo

オムニチャネルの可視性、俊敏性、効率性を最大化します。

需要計画
チーム全体のオムニチャネル情報に即座にアクセスして、より良い予測決定を下すことができます。あらゆるレベルで計画を動的に調整し、視覚的に分析します。複数の制約付きおよび制約なしの予測バージョンを比較して、正確で機敏な計画を立てます。

在庫計画
在庫管理シナリオを動的に実行します。在庫切れを最小限に抑え、リスクを軽減するために、制約のある在庫を最適に割り当てます。動的な在庫状況と予測計画を即座に調整します。注意が必要なアイテムやアカウントをすばやく特定します。

補充計画
手持ち、輸送中、およびプラノグラムの信頼できる唯一の情報源。すべての店舗アイテムの組み合わせをランク付けして、あらゆるチャネルに正確な注文と割り当てを作成します。動的な「what-if?」を実行します。最適化された領収書と弾力性のある注文管理のシナリオ。

商品企画
品揃え、価格、プロモーションのシナリオを比較して、マージンを最適化するより賢明な意思決定を行います。利用可能な在庫を表示して、価格設定とプロモーションをリアルタイムで計画します。最適化されたライフサイクル管理を使用して、在庫と販売率を高めます。

Robling

ROBLING

データ インフラストラクチャ サービスを通じて在庫管理と需要計画を提供します。これにより、小売業者は、データのクリーニングや整理ではなく、創造的なデータ主導の意思決定に集中できるようになります。

次回は #8 Z世代リサーチ はこちら