西間木 智
西間木 智

物流会社で20年経験しD2C EC スタートアップから中規模、大規模のeコマース事業者へフルフィルメントサービスの提供や物流の見直し・改善、スピード配送、複数拠点展開を設計して提唱している。 事業者様の売上貢献するために 「購買体験」 「リピート施策」 「Unboxing」 やOMO対応での「オムニチャネル」 「返品交換物流」 を提案し、事業者と常に伴走して最新の物流設計を試みる。

SHEINのビジネスモデル要素を分割検証する #11 トレーサビリティテック

SHEIN オムニチャネル ファッション・アパレル

SHEINのビジネスモデル要素を分割検証する #11 トレーサビリティテック

Written by
株式会社富士ロジテックホールディングス
通販営業部 部長
西間木 智

SHEINは世界最大のファッション企業の 1 つになりました。ウォール ストリート ジャーナルによると、2022 年には 300 億ドル相当の商品を販売しています。そのウェブサイトには毎月何億人もの訪問者がおり、モバイル アプリは一貫して最もダウンロードされたリストの上位にあります。ほとんどのブランドや小売業者よりも大きなソーシャル メディアでの存在感も有しています。

元々は中国の消費者対製造業者 (C2M) に基づいて構築されたファストファッション小売業者でしたが、SHEINは現在、さらに多くのことを行うことを望んでいるようです。
ビューティーやホームなどのカテゴリーを追加し、中国からのサプライ チェーンを多様化しています。
トルコでは一部のアイテムの製造を開始して、米国とポーランド (ヨーロッパ向け) に倉庫を開設しています。「SHEINは米国に 3 つの大規模な配送センターを建設することを計画しており、最終的に顧客の配送時間を 3 ~ 4 日短縮できます。」とリリースを出しています。

SHEINが採用しているビジネス要素を次に分解して、それを提供するスタートアップを探索・検証することでインサイトを得ていきます。

#11は、トレーサビリティー(生産・流通履歴の追跡)について探求していきます。

SHEINは、コレクションをさらに増やしていきます。SHEINは、コレクションの規模や使用されている素材については言及していません。

したがって、持続可能性に基づいて、SHEINが近づいていないとは思っていないようです。情報を共有してきているとメッセージを発信しはじめましたが、今後もさらに多くの情報を共有していかざると得ないでしょう。また、SHEINの企業ウェブサイトにアクセスすると、現地のすべての法律および規制を確実に順守することを約束しているため、労働などに関するポリシーが非常に明確には記されていると主張しています。

サステナビリティとソーシャルインパクト

https://jp.shein.com/sustainability-social-impact-a-1212.html

中国のあるファストファッションサプライヤーは、使用されている生地は主にオープンマーケットで入手できる生地であり、SHEIN:シェインが生産するさまざまなスタイルの量があるため、
「これが実際にどこから作られ、どのタイプの工場が作っています。」
は、わからないようになっています。

しかし、これから、アメリカ、イギリスなどの規制の厳しい国での顧客や投資家を獲得したいのであれば、情報提供を改善する必要があると、専門家と環境団体は述べています。
低価格と常に「新しさ」を備えるべき、その他のファストファッションの小売業者にとってもです。

SHEINはここでさらに多くの市場シェアを獲得したいと考えており、消費を減らして「倫理的に」購入するファッションや消費者のムードを認識しているとは想定できます。 サステナビリティに取り組んでいるとのことですが、その根拠を示す必要があります。が、IPO以降も示さないでしょう。それは他の多くのアパレル企業も同様です。

『サプライヤーは監査を受けている』と書かれていますが、

  • 何について監査されているのでしょうか
  • トレーサビリティについてはどうでしょうか
  • 使用される材料はどうでしょうか

製造レイヤー

Tier 2 サプライヤーは、Tier 1 サプライヤーが材料を入手するソースです。
たとえば、T シャツ工場は生地工場から材料を受け取ります。その工場は、衣料品会社のティア 2 サプライヤーです。Tier 3 工場は原材料に関連しています。

SHEINは、カリフォルニア サプライ チェーン透明性法(The California Transparency in Supply Chains Act of 2010、CATSCA)などの、現地の法律や規制に準拠することを約束しているといます。
2021 年 7 月に、サプライヤー行動規範を含む SHEIN Responsible Sourcing (SRS) 評価システムがあるとも言います。これには、サプライ チェーン内のすべてのサプライヤーの健康と安全、環境、労働、社会福祉に関連するコンプライアンス要件が含まれます。

SHEIN は、TUVITSSGS、などの独立した第三者機関と協力して、サプライヤーの施設の毎月の監査を実施し、コンプライアンスを確保していると言っています。これらは無作為に実施され、サプライヤーには事前に監査スケジュールが通知されていません。

サプライヤーには、違反を是正するための特定の時間枠が与えられます。改善できなかった場合に、SHEINはサプライヤーに対してパートナーシップの終了などの措置を講じます
2021
10 月から 2022 9 月までの間に、第三者機関はサプライヤーの 2,600 件以上の監査を完了しているそうです。

SHEINが、どこで、何社のサプライヤーを持っているかについて情報を提供しない理由

は不明です。

SHEINが採用しているビジネス要素で

サプライチェーンテック

での トレーサビリティテック関連のテクノロジーを提供するスタートアップのサービスを探索・検証してみます。

サプライチェーンテック

トレーサビリティテック

トレーサビリティテクノロジーは、サプライ チェーンに沿ってインプットを綿密に追跡することです。これは、二酸化炭素排出量の追跡やサプライチェーンに沿った労働者の健康と安全の監視など、持続可能な慣行に対する政府の規制と消費者の意識と需要が高まるにつれて、より重要になると言われています。

ブロックチェーン技術は、製品がたどる経路を追跡するのに役立ち、ブランドが倫理的かつ持続可能な方法で製品を調達し、サプライ チェーンまでのコラボレーションとトレーサビリティを改善できるようにします。

Omni Chain Solutions

https://www.omnichains.com/platform

End-to-End Supply Chain Management Platformプラットフォームの機能
それぞれが重要なサプライ チェーン機能用に設計された包括的なモジュール スイートを提供します。運用要件に基づいて、これらのモジュールからプラグアンドプレイします。

サプライヤーの統合と管理
サプライヤーの可視性と自動化により、調達業務の効率を高め、サプライヤーとの関係を改善し、リスクを軽減します。

手持在庫、生産能力の制約、生産状況、出荷追跡、および必要な文書を上流で可視化します。

サプライヤー スコアカードを使用して、サプライヤーのパフォーマンスを測定および管理します。

デジタル化された証明書とコンプライアンス文書を使用して、製品の主張と品質の信頼性を検証します。

将来の需要予測に対する下流の可視性を共有することで、サプライヤーが生産をより効率的に計画および管理できるようにします。

電子メール、電話、スプレッドシート レポートなどの手動の通信手段を減らすことで、応答時間を短縮します。

供給計画と実行
在庫切れをなくし、注文のフルフィルメント率を高め、在庫維持費を削減します。

将来のオムニチャネルの需要に基づいて、サプライ チェーン ネットワーク全体で在庫を積極的に配置し、バランスを取ります。

分散型注文管理を介して、SKU、チャネル、地理位置情報に基づいて最適な注文ルーティングと割り当てを体系的に決定します。

実際の需要と予測された需要に基づいて、在庫を継続的に補充します。

統合されたワンタッチの発注書実行により、需要範囲に基づいてインテリジェントな MRP 推奨事項をプログラムで生成します。

製品をより迅速に提供し、可用性を高めると同時に、在庫の保管と配送のコストを削減することで、顧客サービスのレベルを上げ、売り上げを伸ばします。

需要計画と予測
倉庫と在庫管理
ネットワーク内のすべての倉庫で在庫レベルと製品フローを管理し、在庫コストを削減し、フルフィルメントの効率と精度を向上させます。

スマートな受領、インバウンド品質管理、およびプットアウェイ オーケストレーションにより、予想される速度、スループット、および製品ステータスに基づいて、在庫が倉庫ゾーンに自動的に配置されます。

日次、週次、月次ベースの平均注文を可視化して、倉庫の運用とスループットを効果的に管理するための WHSE 活動計画。

リアルタイムの WHSE ヒートマップにより、ピッキング/梱包/出荷活動の頻度を視覚化し、運用の問題やバックログを特定して、リソースを迅速に展開します。

さまざまな単一モデルまたは組み合わせモデルに基づく動的な循環カウントにより、手持在庫の精度を効果的に高めます。

オペレーターの役割、責任、権限に基づくマルチワークフロー機能を備えたインテリジェント モバイル アプリケーション。

構成可能なダッシュボード、レポート、ビジネス インテリジェンスとインサイト。

顧客、チャネル、注文、アイテム、出荷方法、およびモードの優先度の組み合わせに基づく動的なピッキング ロジック。

チャネルの品揃えとマーチャンダイジング
1 つのプラットフォーム内で、サプライ チェーン ネットワーク全体のすべての出荷 (ファースト、ミッド、ラスト マイル) を追跡します。

小包、郵便、運送業者、および出荷処理システムに統合します。

インテリジェントなルート管理により、使用する航空会社と使用するルートが自動的に決定されます。

コールド チェーンの IoT テクノロジに統合することで、廃棄物と腐敗を減らします。

配送の例外管理とレポートにより、配送の遅延や更新が自動的にユーザーに通知されます。

輸送中の商品の場所に関するライブ追跡とステータスの更新を提供する、リアルタイムの輸送の可視性。

輸送管理
RMA & 返品管理
製品の検証、返品の完了、返品の処理、製品の追跡とトレースなど、返品管理プロセスをデジタル化します。

自動返品処理/処理により、返品されたアイテムの処理方法が決定されます。(原材料のリサイクル、再供給のための部品の収穫、メーカーの再生、Product-as-a-Service の顧客への返却)

店舗、オンライン、および店舗直送の交換からの返品を処理する機能により、返品の任意性を有効にします。

完全な修理、改修、交換プロセスのキャプチャと在庫追跡。

多層返品ネットワーク全体でのリバース ロジスティクス計画とデータ集約。

アフターマーケット販売計画、チャネル管理、および実行により、ユニット エコノミクスを向上させます。

Circularise

https://www.circularise.com/

デジタル製品パスポート(Digital product passports:DPP)
製品とそのサプライチェーンに関するデータを収集し、バリューチェーン全体で共有することで、消費者を含むすべての関係者が、使用する材料や製品、およびそれらが体現する環境影響についてより良く理解できるようにすることを目的としています。

Mass balance approach:マスバランスの利点

質量分析によるCoCの手法を用いることで、多くの産業で、より持続可能な手法と材料の使用への段階的な切り替えが可能になっています。これは、一度に大幅な業務変更を行うことが不可能な場合や、持続可能な材料とバージン材料を使用するための分離されたプロセスを設定することが現実的でない場合に鍵となります。

Textile Genesis

https://textilegenesis.com/

ブロックチェーン技術を使用して、小売業者のサプライ チェーンの透明性と効率を向上させています。


TextileGenesis™ トレーサビリティの仕組み
TextileGenesis™ システムは、繊維から小売までの根本的な透明性を生み出し、ジェネリックに対して持続可能な繊維の信頼性と出所を保証します。先駆的なシステムは、5 つの重要な原則に基づいて前例のないトレーサビリティを作成するために、サプライヤー エコシステムの 5 ~ 6 層すべてに関与します。

デジタルトークン
Fibercoins™ で検証済みの原産地

商品をフォローする
ファイバー転送トレーサビリティ

Oritain

https://oritain.com/verify/

実際の製品テストを使用して、パッケージの主張を検証します
従来のタイプのトレーサビリティは、それ自体が偽造されやすいパッケージとラベルに依存しています。
私たちの科学的アプローチは、製品自体を測定して、それがどこから来たのかを証明します。パッケージが取り除かれていたり、偽造されていたりしても、私たちはお手伝いできます。
有機繊維のサンプルを収集して監査し、原産地を追跡することで、倫理的かつ持続的に調達されたかどうかを判断します。

blockchain for supply chainsサプライチェーンにブロックチェーンは必要なのか

  1. サプライチェーンのトレーサビリティ、アカウンタビリティ、信頼をデジタルで確保したいとお考えですか?
  2. 複数の関係者が関与していますか?
  3. 利害が対立していたり、信頼されていない関係者がいるか?
  4. 単一のソリューションが市場を支配することを防ぎたいのか?
  5. 規模が大きくなっても、他のシステムとの相互運用性を確保したいですか?
  6. ロックチェーンをマーケティング以外の用途に使いたいですか?
  7. 機密データが公に共有されるのを防ぎたいですか?
  8. 機密データそのものを共有することなく、サプライチェーン全体でインサイトを共有したいですか?

次回は #12 アップサイクル & リサイクル素材 こちら

関連記事

ファスト・ファッションの歪んだビジネスモデル

「女性の自由」を謳うファッション業界が「女性の過酷な労働」のもとに成り立つ矛盾

知っておきたい、縫製工場の仕事内容

ファクトリーブランドとして成功している事例

今や数多くのファクトリーブランドが国内に存在しますが、中でも成功を収めている代表的な2ブランドを紹介します。

まずは「M&KYOTO」。こちらは山形県寒川市に本社を構える紡績・ニットメーカーの佐藤繊維株式会社のブランドで、2001にニューヨークで開催された展示会への出展を機にブランドをスタート。豊富なカラーや自社で紡ぐ糸から生まれる他にないテキスタイルが魅力で、12店舗ある直営店のほか海外にもショップを展開。有名百貨店での取り扱いを多数あります。そして

もうひとつは「HITOYOSHI」。熊本県人吉市に本社工場を持つ日本のシャツファクトリーで、その完成度の高さは世界基準といわれています。HITOYOSHIは2009年、工場の再建を目指すべく大量生産品から脱して高級シャツに的を絞り、後継者を育成するために舵を切りました。大量生産ではなく持続可能なものづくりを目指し立ち上げたファクトリーブランドは、有名百貨店をはじめセレクトショップなどでも高い評価を得ています。これらのブランドのように、培ってきた強みと圧倒的な技術力を持ち、他にはない製品を生み出すファクトリーブランドはきっとこれからも増えていくでしょう

      殿堂入り記事
      発送代行完全ガイド

      発送代行完全ガイド

      発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

      西間木 智

      監修者

      株式会社富士ロジテックホールディングス

      西間木 智 / 通販営業部 部長

      物流会社で20年経験しD2C EC スタートアップから中規模、大規模のeコマース事業者へフルフィルメントサービスの提供や物流の見直し・改善、スピード配送、複数拠点展開を設計して提唱している。 事業者様の売上貢献するために 「購買体験」 「リピート施策」 「Unboxing」 やOMO対応での「オムニチャネル」 「返品交換物流」 を提案し、事業者と常に伴走して最新の物流設計を試みる。

      あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

      ユニファイドコマースとオムニチャネルとは 購買およびサプライヤー管理のポイント
      ユニファイドコマースとオムニチャネルとは 購買およびサプライヤー管理のポイント
      小売企業にとって、対面(店舗)またはオンラインのみに力を注ぐだけでは十分ではないかもしれません。調査によると、顧客は買い物の際に複数のチャネルを使用することを好み、小売企業には新しいコマース体験を構築するよう促しているともいえます。ト...
      続きを読んでみる
      ユニファイドコマースとオムニチャネルとは プロセス管理のポイント
      ユニファイドコマースとオムニチャネルとは プロセス管理のポイント
      ネガティブなショッピング体験がもたらす収益への影響と、ポジティブなショッピング体験がもたらす潜在的な向上効果を合わせると、ユニファイドコマースを採用するマーチャントにはビジネスチャンスがあります。ユニファイドコマースは間違いなく注目に...
      続きを読んでみる
      ユニファイドコマースとオムニチャネルとは 返品管理:RMAのポイント
      ユニファイドコマースとオムニチャネルとは 返品管理:RMAのポイント
      遠隔販売のビジネス モデル(Eコマース)では、返品は避けられません。ただし、避けられない返品を可能な限りコストとリソースを節約して処理するには、自動化されたプロセス手順が絶対に必要です。プラットフォームの返品管理は、個別化と自動化のオ...
      続きを読んでみる
      オムニチャネル・ユニファイドコマース ユーザー生成コンテンツ:UGCの完全ガイド コンテンツリスト
      オムニチャネル・ユニファイドコマース ユーザー生成コンテンツ:UGCの完全ガイド コンテンツリスト
      UGC(ユーザー生成コンテンツ)は、ユーザー自身が作成したコンテンツを指します。これは、ウェブサイト、アプリケーション、ソーシャルメディアなどで共有されるテキスト、画像、ビデオ、音楽、レビュー、コメントなどを含みます。UGCは、ユーザ...
      続きを読んでみる
      ユニファイドコマースとオムニチャネルとは 配送とフルフィルメントのポイント
      ユニファイドコマースとオムニチャネルとは 配送とフルフィルメントのポイント
        ユニファイドコマースとオムニチャネルを通じて、優れた顧客体験を提供することは、売上とロイヤルティの向上につながります。ユニファイドコマースは、関連性、正確性、顧客サービスに対する中核的な期待に応えることで、CXを向上させることです...
      続きを読んでみる
      ソーシャルコマース インフルエンサー・アンバサダーの時代 オムニチャネルを成長させる  コンテンツリスト
      ソーシャルコマース インフルエンサー・アンバサダーの時代 オムニチャネルを成長させる コンテンツリスト
      ソーシャルコマースは、2024年も引き続きeコマースの注目を浴びることになりそうです。そしてロイヤリティマーケティングと連携して中心的な役割を果たすことになるでしょう。ブランドや小売企業は、商品を販売し、顧客ロイヤルティを強化するため...
      続きを読んでみる
      リコマース(再販)・レンタル 成功チェックポイント コンテンツリスト
      リコマース(再販)・レンタル 成功チェックポイント コンテンツリスト
      最新かつ最高のものを所有したり、ファストファッション所有権の代替手段(レンタルなど)を探し、新しいリソースを必要としない商品(再販用の中古商品など)を見つけ、より高品質の商品を購入したいと考えている顧客層がいます。 「このジャケットを...
      続きを読んでみる
      オムニチャネル・ユニファイドコマース レコメンデーション活用ポイント コンテンツリスト   
      オムニチャネル・ユニファイドコマース レコメンデーション活用ポイント コンテンツリスト   
      顧客がオンライン、アプリ内、店舗内、またはこれら 3 つを組み合わせて購入する場合でも、一貫したエクスペリエンスを顧客に提供することがこれまで以上に重要になっています。ユニファイド コマースは、顧客がどこで買い物をしても、顧客エクスペ...
      続きを読んでみる

      タグ一覧

      カテゴリー