西間木 智
西間木 智

物流会社で20年経験しD2C EC スタートアップから中規模、大規模のeコマース事業者へフルフィルメントサービスの提供や物流の見直し・改善、スピード配送、複数拠点展開を設計して提唱している。 事業者様の売上貢献するために 「購買体験」 「リピート施策」 「Unboxing」 やOMO対応での「オムニチャネル」 「返品交換物流」 を提案し、事業者と常に伴走して最新の物流設計を試みる。

SHEINのビジネスモデル要素を分割検証する #8 Z世代リサーチ

eコマース SHEIN ビジネスモデル マーケティング

SHEINのビジネスモデル要素を分割検証する #8 Z世代市場調査

Written by
株式会社富士ロジテックホールディングス
通販営業部 部長
西間木 智

SHEIN のグローバル GMV は2022 年に50%成長して 300 億ドルに達し、わずか 3 年で 2019 年の売上高の 10 倍以上になりました。フィナンシャル タイムズが確認した内部文書によると、SHEINは 2025 年に GMV で 800 億ドルを予測しています。 (その後、eBay よりも大きくなるでしょう)その大部分は、米国での売上になるでしょう。

Shopify のグローバル GMV は2022 年に12%成長しました。
重要なことは、2019 年から 229% 成長したことです。その成長の一部は、Shopify に参加する新しいマーチャントによるものです。それにもかかわらず、その成長は、ブランドが消費者に直接販売する・D2Cモデルで、それらのブランドから購入する意欲があることを示しています。

Etsy のグローバル GMV は、2022 年に3%縮小して118 億ドルになりました。
2019 年からはまだ 151% 増加しています。この成長の背後には、プラットフォーム上のアクティブな売り手と買い手の数が 2 倍以上に増えています。Etsy の GMV には、最も目に見える段階的な変化があります。

Amazon のグローバル ファースト パーティ (1P) 売上高は2022 年に横ばいでした。
2019 年から 56% 増加しており、米国ではさらに増加し​​ています。Amazon は e コマースの採用を促進しました。消費者が実店舗での買い物に戻ってきた今は成長が鈍化しています。

eBay の GMV は2022 年に11%減少し、2021 年の 401 億ドルから359億ドルに減少しました。
為替中立ベースで 11%。グローバル GMV は、2019 年のレベルをわずかに上回っています。

会社 2022 年対 2021 年 2022 年対 2019 年
シャイン 50% 900%
Shopify 12% 229%
Etsy -3% 151%
ウォルマート 12% 100%
米国の電子商取引 8% 81%
アマゾン 0% 56%
イーベイ -11% 17%

それぞれが、独自の市場でのポジション、成長、および競争のケーススタディを有しています。
重要なのことは、競争が厳密なゼロサム ゲームではないということです。多くの買い物客が複数チャネル・回数使用しているということです。

https://ecommercedb.com/store/shein.com

Souce:https://ecommercedb.com/store/shein.com

SHEINが採用しているビジネス要素をテクノロジーカテゴリー別に分解して、それを提供するスタートアップを探索・検証することでEコマース・D2C・DNVBビジネスに役立つインサイトを得ていきます。

意外? アメリカではSHEINの平均的な買い物客は「34.7歳の女性」 —— 最新調査

SHEINの平均的な顧客は年収6万5300ドルの女性で、月に100ドルを女性向けの服に使っている。これは平均的なアメリカ人女性よりも60%多いとUBSは報告

#8 では Z世代リサーチ について深堀していきます。

Z世代とファストファッション

まず、「ファストファッション」の定義を教えてください。

この話題の用語は世界中で注目を集めていますが、最近では、輸入衣料品がより環境に優しいことを確認するために欧州委員会によって提案された新しい規則があります。

「ファストファッション」という用語は、作成、生産、消費者への販売が迅速に行われるファッションを指しています。
このトレンディな服には、新しいアイテムが続々と登場しています。
常に何か新しいものを購入する必要があります –– FOMO はありますか。そしてしかも安い。

このビジネス モデルとそれが生み出す問題は、Z 世代の一部が注目しているものです。それは、ファストファッションが持続可能ではなく、通常、低賃金の労働力で作られているためでもあります。

Z世代とファストファッション

Z 世代の男性と Z 世代の女性の5人に1人が、ファストファッションをやや好ましくない、または非常に好ましくないと考えていることがわかりました。

一方で、ミレニアル世代はそれを好意的に考える可能性がはるかに高く実際には、ファストファッションを好ましくないものと見なす可能性が半分以下だとも言われています。

興味深いことに、Z 世代の女性とミレニアル世代の女性を比較すると、違いが最も大きくなります。Z 世代の女性で、ファストファッションを非常に好ましいと考えているのは 10.6% にすぎません。ミレニアル世代の女性では、その数はほぼ 2 倍 (19.6%) です。

そのため、トレンドは女性のzoomer(ズーマー:ジェネレーションZの、非公式的な呼び方。ジェネレーションZとは1990年代後半から2000年代前半生まれの世代のこと)のファストファッションから遠ざかっているように見えます. 男性のズーマーは中間に位置し、15.6% でファストファッションを非常に好意的に捉えています。

以下は、ファストファッションに対する Z 世代の自身の言葉による考えです。

「それは環境に悪いし、ボディイメージにも悪いですが、一部の人々にとっては、それが本当に余裕のある唯一のものであることを私は理解しています。」

「ファストファッションを最小限に抑えるために、私たちはそれぞれ最善を尽くすことができると思います。ただし、価格設定のためにそれに依存している人がいて、全員が移行することは期待できません。」

これは、私たちがマーケットについて捉えていることと一致しています。Z 世代は、環境だけを気にかけているわけではありません、そして環境は売れるファクターでにはなりえないです。あらゆる種類の包括性が重要です。そのため、経済的な理由からファスト ファッションの必要性を理解していることが重要です。

Z世代とジェンダーニュートラルな服

社会におけるジェンダーの意味は変化しています、Z 世代はその変化の最前線に立っていることは知られています。実際、Z 世代の 70% は、以前に比べて性別が個人を定義するものではなくなったと考えています。

それは、ファッション業界も注目しているようです。ファッションは、ジェンダーという二項対立構造から解放されるべきである、または少なくとも可能性はあるという考えが高まっています。
調査によると、
Z 世代の 33% は異性愛者以上の存在として認識しています。では、その知識は、Z 世代のパネルと話をしたときに見つけたものとどのように一致するのでしょうか?

女性は一般的により積極的で、ジェンダーニュートラルな服装に対して抵抗が少なく、Z 世代の女性の 55.4% が、非常に好意的またはやや好意的と考えていると言われています。Z 世代の男性の 44.5% は、ジェンダー ニュートラルな服に肯定的な反応を示しています。

Z世代とファストファッション

ミレニアル世代
ミレニアル世代の男性は、ジェンダーニュートラルな服装を非常に好ましくないと考える傾向が最も高いグループです 。ジェンダーニュートラルな服や異性のために作られた服を着ることを考える可能性が最も低いということです。
時代は確実に変化しています。

ジェネレーション Zの男性は、ジェンダー ニュートラルな服を着ることに女性よりもさらにオープンだそうです。しかし、Z 世代の女性は異性のために作られた服を着ることにオープンであることを考えると一般的かも知れません。

ファッションに関しては、いつの時代も適度に冒険的であるはずです。

マーチャンダイジングテック

Z世代市場調査

Z世代市場調査は、ブランドが現在のターゲット顧客と新しい人口統計についてより多くを発見するのに役立ちます。小売業者は、消費者の感情を捉え、購入決定に関する洞察を提供するように調整されたテクノロジーを使用しています。

調査やフォーカス グループは新しいものではありませんが、小売業者は、ビジネスと消費者ベースの間の通信チャネルを合理化するデータ駆動型サービスをますます使用しています。

Knit

https://goknit.com/

Z 世代の消費者は、ビデオ チャットを介してリアルタイムで小売業者にフィードバックを送信できます。そのビデオベースの調査により、企業はターゲットオーディエンスの人口統計に非常に集中することができます。

MakerSights

アパレル、フットウェア、アクセサリーのブランドは、消費者からのフィードバックを大規模に迅速に収集し、消費者データを分析して洞察を得て、自信を持って製品、投資、市場投入の意思決定を行うことができます。これにより、コストが大幅に削減され、前例のない利益率が向上し、ブランドの熱烈なファンを刺激することができます。

First Insight

https://www.firstinsight.com/products/customer-experience

 

消費者の嗜好データを収集して評価します。特定のスタイルに関する消費者のフィードバックを分析して、ブランドがより多くの情報に基づいたデザインと生産の決定を下せるようにします。

  1. 次世代のエクスペリエンス管理
    顧客体験:カスタマー エクスペリエンス マネジメント
    お客様の声に耳を傾けてください。彼らが愛し、価値を感じる経験を作りましょう。

  2. 商品体験
    コンセプトから決定まで 24 時間

  3. ブランド体験
    ターゲット顧客と一緒にブランドを構築し、永続的なロイヤルティを作成します。

  4. 従業員の経験
    従業員のエンゲージメントとモチベーションを高め、ビジネスの成果を高めます。

Qloo

https://qloo.com/

世界中の消費者の好みを予測し、何億もの文化的エンティティをカタログ化するプライバシー優先の API。
当社の API を通じて、消費者行動と 5 億 7500 万人を超える人、場所、物についての深い理解に基づいて、状況に応じたパーソナライゼーションとインサイトを提供します。私たちのテクノロジーは、トレンドを超えて、人々の好みの背後にある世界のつながりを明らかにすることを可能にします。

レコメンデーション エンジン サービスで、ポップ ミュージックが好きなニューヨーカーが着ている服のスタイルなど、エンターテイメント、文化、および消費者製品主導のデータ ポイントに基づいて、企業が消費者の好みを理解するのに役立ちます。 

レコメンデーションAPIとは

レコメンデーション API は、開発者が独自のアプリケーションをレコメンデーション データおよびサービスに接続するために使用できるアプリケーション プログラミング インターフェースです。

この記事では、 ProgrammableWeb API ディレクトリのRecommendationsカテゴリにリスト

Stackline

https://www.stackline.com/data/marketplaces

デジタルシェルフを積み重ねる

コネクテッド コマースでは、デジタル シェルフは、顧客の認知度と収益の増加を左右する戦場です。勝つためには、SKU まで完全に可視化する必要があります。

SKU レベルの可視性

販売しているすべての SKU、すべての小売業者のサイト、および市場で検索の可視性を取得します。競合他社のパフォーマンスを追跡し、自分がどのように積み上げられているかを確認します。

機会を特定する

オーガニック検索結果と有料検索結果の両方で商品がどこにランク付けされているかを正確に把握し、売り上げを伸ばすために必要なアクションを特定します。

e コマース ビジネスの統一されたビューを取得する

e コマース ビジネス全体でデータを接続して、インサイトを解き放ち、収益性の高い成長のための新しい機会を発見します。

販売とマーケティングの洞察

広告、プロモーション、コンテンツ、SEO、その他のマーケティング プログラムなど、売上を促進するすべてのパフォーマンス メトリックを測定します。

在庫と運用分析

在庫率、購入ボックス、収益性がビジネスにどのように影響しているかを分析します。

オンライン小売の広告自動化

Stackline は、業界をリードするテクノロジーを通じて、e コマース広告の管理方法を変えています。

広告の自動化

Stackline Drive は、リアルタイムの入札や収益性指標を含む複数のデータ セットを使用して、毎日何千もの最適化を行っています。

分析とベンチマーク

主要なベンチマークとともに、すべてのキャンペーンのパフォーマンス メトリックを簡単に表示します。

次回は Trend:トレンドサーチ&ウオッチ(生産・流通履歴の追跡)  はこちらから

最新トレンドNews

米大学生が中国EC「シーイン」の奨学金に激怒する理由

「偽善的で衝撃的」

中国発のファッション通販サイト「シーイン」が絶好調だ。2022年の収益は227億ドル(約3兆600億円)とされ、米国ではアマゾンを抜いて「最もダウンロードされたショッピングアプリ」となった。

しかしその一方で、さまざまな問題を抱えてもいる。たとえば昨年、シーインは強制労働の疑いで米議員らから批判を浴びた。また、安価な模造品を作るために「とんでもない」著作権侵害をしているとして、複数のデザイナーやブランドから訴訟を起こされている。環境活動家たちは、シーインが1日あたり6000着の衣類を生産し、ファッション業界の抱える膨大な廃棄物問題の一因になっていると非難する。

ロサンゼルスでファッションを学ぶレクシー・シルバースタイン(20)は、これらの問題を知っていた。だからこそ、自身の通うファッション・インスティテュート・オブ・デザイン&マーチャンダイジング(FIDM)が奨学金プログラムでシーインと提携していると知り、ショックを受けたという。 

SHEIN旋風 仏で議論

SHEIN(シーイン)は、フランスで人気を集めているオンラインファッションブランドに成長してきています。
SHEINの批判される要因は、有害な素材の使用、環境への脅威、労働者の搾取などがある。メディアではSHEINの問題点が報じられ、批判が続いていますが、若者の感覚と世論が乖離していることも指摘されています。SHEINは実店舗を持たず、SNSを通じて人気を獲得し、世界的なファッションブランドに成長しました。特にZ世代に人気があり、TikTokなどのソーシャルネットワークを活用したマーケティングが功を奏しています。
SHEINはパリのマレ地区にポップアップストアをオープンし、フランスの他の都市でも展開する予定である。

SHEINは10代の若者やZ世代に人気があり、実店舗を持たずにSNSを活用して世界的な人気を獲得している。
 
    殿堂入り記事
    発送代行完全ガイド

    発送代行完全ガイド

    発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

    西間木 智

    監修者

    株式会社富士ロジテックホールディングス

    西間木 智 / 通販営業部 部長

    物流会社で20年経験しD2C EC スタートアップから中規模、大規模のeコマース事業者へフルフィルメントサービスの提供や物流の見直し・改善、スピード配送、複数拠点展開を設計して提唱している。 事業者様の売上貢献するために 「購買体験」 「リピート施策」 「Unboxing」 やOMO対応での「オムニチャネル」 「返品交換物流」 を提案し、事業者と常に伴走して最新の物流設計を試みる。

    あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

    ユニファイドコマースとオムニチャネルとは プロセス管理のポイント
    ユニファイドコマースとオムニチャネルとは プロセス管理のポイント
    ネガティブなショッピング体験がもたらす収益への影響と、ポジティブなショッピング体験がもたらす潜在的な向上効果を合わせると、ユニファイドコマースを採用するマーチャントにはビジネスチャンスがあります。ユニファイドコマースは間違いなく注目に...
    続きを読んでみる
    ユニファイドコマースとオムニチャネルとは 返品管理:RMAのポイント
    ユニファイドコマースとオムニチャネルとは 返品管理:RMAのポイント
    遠隔販売のビジネス モデル(Eコマース)では、返品は避けられません。ただし、避けられない返品を可能な限りコストとリソースを節約して処理するには、自動化されたプロセス手順が絶対に必要です。プラットフォームの返品管理は、個別化と自動化のオ...
    続きを読んでみる
    オムニチャネル・ユニファイドコマース ユーザー生成コンテンツ:UGCの完全ガイド コンテンツリスト
    オムニチャネル・ユニファイドコマース ユーザー生成コンテンツ:UGCの完全ガイド コンテンツリスト
    UGC(ユーザー生成コンテンツ)は、ユーザー自身が作成したコンテンツを指します。これは、ウェブサイト、アプリケーション、ソーシャルメディアなどで共有されるテキスト、画像、ビデオ、音楽、レビュー、コメントなどを含みます。UGCは、ユーザ...
    続きを読んでみる
    ユニファイドコマースとオムニチャネルとは 配送とフルフィルメントのポイント
    ユニファイドコマースとオムニチャネルとは 配送とフルフィルメントのポイント
      ユニファイドコマースとオムニチャネルを通じて、優れた顧客体験を提供することは、売上とロイヤルティの向上につながります。ユニファイドコマースは、関連性、正確性、顧客サービスに対する中核的な期待に応えることで、CXを向上させることです...
    続きを読んでみる
    ソーシャルコマース インフルエンサー・アンバサダーの時代 オムニチャネルを成長させる  コンテンツリスト
    ソーシャルコマース インフルエンサー・アンバサダーの時代 オムニチャネルを成長させる コンテンツリスト
    ソーシャルコマースは、2024年も引き続きeコマースの注目を浴びることになりそうです。そしてロイヤリティマーケティングと連携して中心的な役割を果たすことになるでしょう。ブランドや小売企業は、商品を販売し、顧客ロイヤルティを強化するため...
    続きを読んでみる
    リコマース(再販)・レンタル 成功チェックポイント コンテンツリスト
    リコマース(再販)・レンタル 成功チェックポイント コンテンツリスト
    最新かつ最高のものを所有したり、ファストファッション所有権の代替手段(レンタルなど)を探し、新しいリソースを必要としない商品(再販用の中古商品など)を見つけ、より高品質の商品を購入したいと考えている顧客層がいます。 「このジャケットを...
    続きを読んでみる
    オムニチャネル・ユニファイドコマース レコメンデーション活用ポイント コンテンツリスト   
    オムニチャネル・ユニファイドコマース レコメンデーション活用ポイント コンテンツリスト   
    顧客がオンライン、アプリ内、店舗内、またはこれら 3 つを組み合わせて購入する場合でも、一貫したエクスペリエンスを顧客に提供することがこれまで以上に重要になっています。ユニファイド コマースは、顧客がどこで買い物をしても、顧客エクスペ...
    続きを読んでみる
    コンバージョン率の高い モバイル チェックアウトとは
    コンバージョン率の高い モバイル チェックアウトとは
    モバイル チェックアウトでのコンバージョン率が低い一般的な理由は、 安全なチェックアウトプロセスの欠如 商品の詳細がわかりにくい わかりづらい、難しいナビゲーション 商品/価格などを比較するオプションがない 顧客情報の更新が大変 ...
    続きを読んでみる

    タグ一覧

    カテゴリー