富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

AI:人工知能で e コマースはどのように変るか

AI D2C eコマース

AI:人工知能で e コマースはどのように変るか 

人工知能 (AI) は多くの業界を変革しており、最近ではChatGPTJasperなどが登場しており、Eコマースも例外ではありません。AI テクノロジーの進歩により、企業は業務を合理化し、顧客エクスペリエンスを向上させ、売上の成長を促進するための新しく革新的な方法を見つけています。チャットボットやパーソナライゼーションからサプライ チェーンの最適化や不正行為の検出に至るまで、AI は e コマースの運営方法に革命をもたらしています。

このブログでは、e コマースにおける AI の役割と、AI が企業と消費者の両方にもたらすメリットについて説明します。

  1. eコマース人工知能とは
  2. AI が e コマースを変える 5 つの方
  3. eコマースにおけるAIのメリット
  4. e コマースに AI を導入する際の課題
  5. eコマースにおけるAIの未来
  6. 結論: eコマースにおける AI は定着する
  7. よくある質問

eコマース人工知能(AI)とは

私たちは今、e コマースにおける新たな大きな変化を目にし始めています。それがAIです。人工知能は間もなく、e コマース ビジネスに「適応するか死ぬか」の状況を突きつけるでしょう。

AI を使用すると、e コマース/D2C(DTC) ビジネスは次のことが可能になります。

  • それぞれの顧客に合わせて独自にパーソナライズされたショッピング体験を作成する
  • データを最大限に活用する
  • 新規顧客をターゲットにする
  • 既存顧客を個別にターゲットにし続ける

AI が eコマースを変える 5 つの方法

eコマース :電子商取引では AI がさまざまな方法で使用されています。ここでは、 e コマース業界におけるAIの役割の実例をいくつか紹介します。

パーソナライズされた顧客エクスペリエンス

顧客がオンライン ショッピングを始めるたびに、そのデータが収集され、保存されていることは今では周知の事実です。このデータは、顧客エクスペリエンス(購買前体験購買後体験)を向上させる上で非常に有益であることがわかります。AI は収集したデータを分析し、顧客の以前の買い物パターンや習慣に基づいて個人的な推奨事項を作成し、同様の習慣を共有する他の買い物客に基づいて商品を推奨することもあります。

不正行為の検出

eコマース詐欺は大きな問題であり、その規模はさらに大きくなるばかりです。しかし、AI は不正行為との戦いにおける新しいツールとして登場しており、大きな可能性を秘めています。AI は、人間が見逃してしまう可能性のある詐欺パターンを特定するのに役立ち、より迅速かつ正確にそれを行うことができます。これは、企業がより多くの詐欺師を捕まえ、そもそもさらなる詐欺の発生を防ぐことができることを意味します。e コマース ビジネスを運営している場合は、AI ベースの不正検出を必ず検討する必要があります。

チャットボット

e コマースですでに利用されている最も人気のある AI ツールの 1 つは「チャットボット」です。チャットボットは、オンライン ショッピングにおける人間の顧客サービスの側面を置き換えます。チャットボットは、顧客の買い物中の質問に対応する24 時間年中無休のサポートを提供します。Grand View Researchによると、世界のチャットボット産業は 2030 年までに 39 億 9,000 万ドルに達すると予想されています。

潜在的な顧客をターゲットにする

企業が顧客の買い物行動や傾向を正確に予測できれば、その顧客に商品やサービスを販売する際に大きな利点が得られます。そして AI はこれを e コマース ビジネスで現実のものにすることができます。どのように尋ねればよいでしょうか?AI は顧客のオンライン行動を分析し、その顧客が購入する可能性を予測するパターンを特定します。この情報を使用して、 AI は特定の顧客にターゲットを絞った広告や販売オファーを配信できます。それにより、顧客が購入する可能性が高まります。

商品説明:詳細

コマースシステムのプラットフォームは、AI を自社のビジネス モデルに導入し始めています。「商品説明用AIアシスタント」などの公開をはじめていました。e コマース販売者は、システム管理ページで商品説明を直接生成し、数回クリックするだけで自社の商品に使用できるようになるとかです。

注: e コマースに関して AI はまだ初期段階にありますが、これらのさまざまな例から、AI があらゆる種類の e コマース ビジネスにどれほど大きな利点をもたらすことができるかを理解し始めることができます。

eコマースにおけるAIのメリット

AI はすでに、企業や買い物客にとって e コマースの世界を変えています。AI が e コマース ビジネスにもたらすさまざまなメリットについていくつかお話しましょう。

効率の向上 –

AI は、通常は人間の手を必要とする特定のタスクを自動化できます。これにより、スタッフは AI にはできないタスクに集中できるようになります。

精度の向上 –

顧客データを使用すると、AI は顧客のニーズに関してより正確な予測を行うことができます。

お金の節約 –

AI は、より効率的かつ正確になり、新規の有料顧客をターゲットにし、カスタマー サービスの仕事を自動化し、不正行為の検出によってお金を節約し、人々がお金を使いやすくなるように顧客エクスペリエンスをパーソナライズすることによって、企業のお金を節約できます。

eコマースにAIを導入する際の課題

AI の範囲に精通していないと、e コマース ビジネスに AI を導入するのは難しい場合があります。AIを実装するには、それをサポートできるインフラストラクチャが必要です。AI の活用には費用がかかる可能性があることに留意してください。AI に必要なソフトウェアとハ​​ードウェアには費用がかかり、実装を支援するエンジニアやデータ サイエンティストにも費用がかかります。

e コマース ビジネスに AI を導入する際に直面するその他の課題には次のようなものがあります。

  • データプライバシーの確保
  • 顧客の期待を管理する
  • 返品・返金の対応
  • 偏見のリスク

AI に伴うデータ処理にも課題があります。
たとえば、AI の実行に使用される大量のデータは、単純に実装と維持に費用がかかるため、複雑さと価格の増加を引き起こす可能性があります。

AI の実装時にこれらの課題に対処するには、優れたチームを配置し、よく考えられた戦略を立てることが重要です。大量のデータを処理するためのインフラストラクチャと資金、そして人間味を確保して顧客満足度を提供し続けるためのスタッフが存在することを確認してください。

eコマースにおけるAIの未来

AI が業界に導入され続けるにつれて、e コマースはますます異なったものになり始めるでしょう。一般の人々が新しいテクノロジーをどのように受け入れるかは、企業がどの程度シームレスな実装を提供できるかにかかっています。

eコマース:将来の仕事への影響

e コマースにおける AI のさまざまな機能をすべて説明した結果、なぜ AI が人間の仕事に脅威を与えることができるのかがわかりました。電子商取引において AI が人間の労働者に完全に取って代わると信じている人もいますが、多くの人は、AI は単に人間の労働者の生産性と効率性を高めるだけであると信じています。私たちは今後もこの傾向に注目し、何が起こるか見ていきます。

eコマースでAIは定着する

e コマースの世界では AI についてまだ多くの課題に対処する必要がありますが、AI は今後も存続し、率直に言って、私たちが知っているe コマース業界を進化させるでしょう。効率の向上、精度の向上、コストの削減やコストの削減などの利点があることから、AI がなぜこれほど魅力的なのかがわかります。

データインフラストラクチャ、データセキュリティ、人的雇用の喪失など、対処する必要がある課題がまだあります。しかし、これらの課題が解決されれば、AI は e コマース業界に多額の資金をもたらす可能性があります。

e コマースにおける AIとその使用方法について詳しく知りたいですか?
今すぐご連絡ください。

FAQ - eコマース人工知能

eコマースにおけるAIとは何ですか?

e コマースにおける AI (人工知能)とは、機械学習アルゴリズムやその他のAI 技術を使用してデータを分析し、顧客エクスペリエンスを向上させ、ビジネス プロセスを合理化するための予測や推奨を行うことを指します。

AI は e コマースでどのように使用されますか?

AI は、次のようなさまざまな方法で e コマースで使用されます。

  • ユーザーの行動や好みに基づいてパーソナライズされた商品の推奨事項
  • 在庫切れや過剰在庫を回避するための予測在庫管理
  • 機械学習アルゴリズムを使用した不正行為の検出と防止
  • 顧客サービス用のチャットボットと仮想アシスタント
  • 画像と音声認識による検索とパーソナライゼーション
  • 需要と競争に基づいて価格を最適化するための動的価格設定アルゴリズム

eコマースでAIを使用するメリットは何ですか?

e コマースで AI を使用する利点は次のとおりです。

  • パーソナライズされた推奨事項と効率的な顧客サービスによる顧客体験の向上
  • 自動化されたプロセスと予測分析による業務効率の向上
  • 最適化された価格設定とターゲットを絞ったマーケティングによる収益の増加
  • 合理化された在庫管理と不正防止によりコストを削減

eコマースにおけるAIの例にはどのようなものがありますか?

e コマースにおける AI の例としては、次のようなものがあります。

  • ユーザーの行動や購入履歴に基づいたAmazonの商品レコメンドシステム
  • AI を使用して顧客と適切な製品をマッチングする Sephora の仮想アシスタント
  • 予測分析を使用して在庫レベルを最適化する、ウォルマートの AI を活用した在庫管理システ
  • 機械学習アルゴリズムを使用して不正取引を特定する、Shopify の AI を活用した不正検出システム
  • ユーザーがテキストの代わりに画像を使用して商品を検索できるようにする eBay の画像認識システム。
  • AI アシスタントが商品説明の作成を支援

e コマースで AI を使用する場合の潜在的な欠点は何ですか?

e コマースで AI を使用する場合の潜在的な欠点には次のようなものがあります。

  • 常に正確または公平な結果が得られるとは限らないアルゴリズムへの過度の依存
  • データの収集と使用に関するプライバシー上の懸念
  • 顧客サービスにおける人間的対話の欠如
  • 特定のタスクやプロセスの自動化による潜在的な失業。

AI を活用して e コマース ビジネスを始めるにはどうすればよいでしょうか?

e コマース企業は、特定のニーズと目標を特定し、さまざまな AI ソリューションを評価し、経験豊富な AI ベンダーやコンサルタントと提携することで AI の導入を開始できます。また、AI ツールやシステムの使用方法と管理方法に関するスタッフのトレーニングに投資することもできます。

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

コンバージョンにつながる商品レコメンデーションクイズのポイント
コンバージョンにつながる商品レコメンデーションクイズのポイント
買い物客は、オンラインである程度のパーソナライゼーションを期待するようになりました。 それがなければ、 コマースサイトでの買い物は不便なものになる可能性があります。顧客が確認するSKUが数十、数百、または数千ある場合があります。顧客が...
続きを読んでみる
コマースの商品レコメンデーションクイズの作り方
コマースの商品レコメンデーションクイズの作り方
アパレルブランド、ファッションブランド、ビューティブランドなどのコマース マーチャントにとって、商品レコメンデーションクイズは、新しい訪問者を引き付け、商品の発見を促し、リストを増やし、売上を伸ばすための優れた方法になりつつあります。...
続きを読んでみる
商品レコメンデーションクイズでEコマースサイトを成長させる
商品レコメンデーションクイズでEコマースサイトを成長させる
オンラインショッピングにより、人々はこれまで以上に多くの種類のより多くの商品に簡単にアクセスできます。理論的には、顧客にとって完璧な商品は常に数回クリックするだけで手に入ります。しかし、自分の完璧な商品が何であるか正確にわからない場合...
続きを読んでみる
商品レビューを活用してコンバージョン率を向上させる方法
商品レビューを活用してコンバージョン率を向上させる方法
新規顧客は、画面に点滅するネオンライト(バナー・GIF・ショート動画など)を置いても、商品がどれほど優れているかを知りません。知ることができません。 では、どうすれば彼らにあなた、あなたの商品、そしてあなたのブランド・会社を信頼しても...
続きを読んでみる
コンバージョンと保持につながる6つの購入後ポストパーチェスメール Shopify
コンバージョンと保持につながる6つの購入後ポストパーチェスメール Shopify
購入後(ポストパーチェス)のメールは、メールマーケティングのハリーポッターです。日本では多くの場合、無視され、ほとんど注意を払わず、デジタルマーケティングの階段の下の戸棚にひっそりと仕舞われています。それでいても購入(購買)体験後のメ...
続きを読んでみる
コマースサイトナビゲーション:10のコンバージョンのヒントと成功例
コマースサイトナビゲーション:10のコンバージョンのヒントと成功例
コマースサイトのナビゲーションは、訪問者(将来の顧客とロイヤルカスタマーへの醸成顧客)のエクスペリエンスを左右する可能性があることがよく知られています。論理的で明確に定義された構造なしでコマースサイトをナビゲートしようとすると、地図も...
続きを読んでみる
コマースサイトにInstagramフィードを埋め込んでAOV・CLVをアップする方法
コマースサイトにInstagramフィードを埋め込んでAOV・CLVをアップする方法
オンラインで存在感を示している人は誰でもInstagramに載っていますが、それには正当な理由があると言われています。 インスタグラムでのブランドや企業は、毎月6%〜8%のフォロワー増加が見られているようです。そして、人々がすでにIn...
続きを読んでみる
ソーシャルメディアをコマースサイトに統合する方法
ソーシャルメディアをコマースサイトに統合する方法
ソーシャル メディア をe コマースサイトに統合する方法、Webサイトにソーシャルメディアを組み込むさまざまな方法、などを探っていきます。 通販・オムニチャネルコマース商品の販売に関しては、ソーシャルメディアをWebサイトに統合する必...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー