西間木 智
西間木 智

物流会社で20年経験しD2C EC スタートアップから中規模、大規模のeコマース事業者へフルフィルメントサービスの提供や物流の見直し・改善、スピード配送、複数拠点展開を設計して提唱している。 事業者様の売上貢献するために 「購買体験」 「リピート施策」 「Unboxing」 やOMO対応での「オムニチャネル」 「返品交換物流」 を提案し、事業者と常に伴走して最新の物流設計を試みる。

Shopify EコマースでのUnboxing(商品を開封する瞬間)

D2C DTC EC eコマース unboxing 開封の儀 開封・開梱体験

Shopify EコマースでのUnboxing(商品を開封する瞬間) 

EコマースでのUnboxing(商品を開封する瞬間)を盛り上げるための施策は、顧客のエンゲージメントやブランドのアピールを高める重要な手段です。

パッケージデザインの工夫:

商品のパッケージデザインを特別なものにすることで、Unboxing体験を演出します。例えば、ユニークな形状やカラフルなデザイン、特殊な開封方法(ジッパー、リボン、プルタブなど)を採用することで、顧客に開封のワクワク感を与えます。

カスタマイズされたメッセージやサプライズ:

D2Cは顧客とのコミュニケーションが重要です。パッケージ内に顧客の名前や個別のメッセージを印刷することで、顧客への個別対応や特別感を演出します。また、無料のサンプルや追加のギフト、割引クーポンなどのサプライズアイテムを同梱することも、顧客の喜びと感謝を引き出す効果があります。

Unboxing動画の提供:

商品を開封するUnboxing動画を提供することで、顧客に実際の商品の魅力や使用方法を視覚的に伝えます。また、Unboxing動画には商品の特徴や利点を強調する情報を盛り込むこともできます。

ソーシャルメディアの共有促進:

D2C(DTC)のメインチャネルです。顧客が自身のUnboxing体験をソーシャルメディアで共有できるように促す施策も効果的です。ハッシュタグやキャンペーンの要素を含め、顧客が商品を開封した瞬間や使用シーンを写真やビデオと共にシェアすることで、商品やブランドの露出を増やすことができます。

ユーザーレビューの活用:

顧客からのユーザーレビューを商品のUnboxing体験と組み合わせて活用することで、購買意欲を高めることができます。商品のUnboxing写真や動画と共に、顧客の感想や評価を掲載することで、信頼性や商品の魅力をアピールします。

メリットと効果

これらの施策は、顧客のエンゲージメントやブランドの認知度向上、顧客満足度の向上に寄与します。Unboxing体験を特別なものにすることで、顧客はより良い購買前体験購買後体験を得ることができ、ブランドに対する好感度やロイヤリティが高まる可能性があります。

例えば、D2C/DTC 3.0(Direct-to-Consumer)ブランドAは、自社の商品をUnboxingする顧客に向けて以下のような施策を実施しています。

カスタマイズされたパッケージ:

ブランドAは、商品のパッケージを顧客の好みや関心に合わせてカスタマイズしています。パッケージには顧客の名前や注文履歴などの個別情報を印刷して、心・心理=データでつながるパーソナライズ体験として、顧客に特別感と個別対応を提供しています。

ギフトやサプライズの同梱:

ブランドAは、商品のUnboxing時に顧客にサプライズ要素を提供しています。例えば、無料の試供品や限定アイテム、お得なクーポンなどをパッケージに同梱することで、顧客の喜びを引き出しています。

Unboxing動画のシェア:

ブランドAは、自社の商品をUnboxingする顧客に対して、ソーシャルメディア上での共有を促す施策を行っています。顧客がUnboxing体験を写真や動画と共にシェアすると特典が得られるキャンペーンを実施し、顧客参加を促進しています。

ユーザーレビューの活用:

ブランドAは、商品のUnboxing体験と組み合わせて顧客からのユーザーレビューを活用しています。商品ページやSNSなどで、顧客の感想や写真を掲載することで、購買意欲を高め、他の顧客にも商品の魅力を伝えています。

これらの施策により、ブランドAは顧客のUnboxing体験を特別なものにし、顧客満足度やパーソナライズされたマーケティングでロイヤリティを向上させることに成功しています。さらに、顧客のUnboxing体験がソーシャルメディア上で共有されることで、ブランドの知名度や認知度も拡大しています。

Unboxing of Apple’s boxes 事例研究

Apple 製品の箱を開けたことがありますか。 もしそうであれば、その経験を覚えているはずです。
ぴったりとフィットした蓋を持ち上げたときの感覚、その中に収まっているキラリと光る装置を初めて垣間見ることができ、それに伴うかすかな新製品の匂いさえも。それは、新しいデバイスの電源を入れるずっと前から始まる感覚の旅でもあります。

しかし、新しいガジェットの目新しさが薄れたら、それが入っていた箱はどうなるでしょうか?

多くの人にとって、答えは簡単です。それを維持しています。しかし、なぜでしょうか。

パッケージは単なる保護シェルではなく、製品体験と Apple ブランドそのものの延長であると考えられているからです。

Apple のパッケージングの世界を事例に、なぜそれが消費者をこれほどまでに支配しているのかを探ってみます。
デザイン哲学、心理的原則、消費者文化のレンズを通して、Apple のパッケージングの暗黙の価値を知って、D2Cブランドの場合でも、最初の開梱を超えてい方法を採用してください。

デザイン哲学とユーザーエクスペリエンス

Apple のデザイン哲学は、一言で言えば「 シンプルさ」です。

この哲学は、スティーブ・ジョブズの次のような声明に要約されていることで有名です。

デザインとは、見た目や感触だけではありません。デザインはそれがどのように機能するかです。

この精神が最も明確に表れているのは、Apple のパッケージのデザインです。ここではシンプルさが最優先されます。Apple の箱は通常、下部のベースとその上にぴったりとフィットする上部の蓋で構成されており、ほぼシームレスな開梱体験を提供します。高品質の硬質ボール紙素材が耐久性を保証し、白のミニマルな美学が内部の製品を雄弁に物語っています。

Apple のブランディングはカスタマー ジャーニー全体に及びます。それは、新しい iPhone や MacBook を使い始めた瞬間だけではなく、Apple Store に入ったり Web サイトを閲覧した瞬間から始まり、製品の購入と開梱のプロセスを経て、製品の寿命を通じて持続します。製品とその先へ。顧客体験に対するこの総合的なアプローチは、Apple のブランド戦略の証です。

パッケージングがこの物語にどのように適合するのか

Apple のパッケージも単に製品を収納するだけではありません。これは Apple ブランド体験の不可欠な部分であり、品質、デザイン、細部へのこだわりに対するブランドの取り組みを物理的に表現したものです。パッケージは、パッケージに収められている製品と同様、評価され評価されるようにデザインされており、それ自体が Apple ブランド ストーリーの一部となります。

そして、Apple ボックスは単なる箱ではなくなりました。それは記念品となり、ユーザーと Apple ブランドとのつながりの象徴となり、独自の意味を持つオブジェクトとなります。ここから、Apple のパッケージングの暗黙の価値が始まります。

開封体験:Unboxing

開封動画とカテゴライズされる独特なジャンルの動画。新製品の開封と開梱のプロセスを捉えたこれらのビデオは、世界中で何百万回もの視聴を集めています。特に Apple 製品の開梱は、このジャンルの人気のサブセットであり、この現象は、開梱体験の魅力と重要性を浮き彫りにしています。

Apple 製品の箱を開けるときは、単に箱を開けるだけではなく、儀式を行っていることになります。箱を開けるという行為自体が期待を高め、製品との思い出に残る最初のやり取りを生み出すように設計されています。完璧にフィットした蓋がゆっくりと持ち上げられ、中に収まっている製品が現れると、演劇のような明らかなドラマと暴露の感覚があります。

開梱体験は、付属品や製品情報の梱包方法にまで及びます。すべてのアイテムには独自の場所があります。アクセサリはコンパートメントまたは封筒にきちんと収納されており、多くの場合、簡単に取り出せるように小さなタブが付いています。箱のデザインや中身の配置など、あらゆる面で意図を持って作成されており、スムーズで楽しい開封プロセスを保証します。

心理学

Apple のパッケージングの魅力の中心には、その価値観に寄与する心理的要因が複雑に絡み合っています。表面レベルでは、Apple のミニマルなパッケージ デザインは単に美的な選択のように見えるかもしれません。しかし、このシンプルなデザインの下には、私たちの脳内で一連の反応を引き起こし、ブランドや製品とのより深いつながりをもたらす巧妙な心理的戦略が隠されています。

作用する重要な心理原理の 1 つは、 授かり効果です。

授かり効果とは、個人が所有するオブジェクトをその市場価値よりも高く、多くの場合非合理的に評価する原因となる感情的なバイアスを指します。

重要なポイント

  • 授かり効果とは、個人がすでに所有しているオブジェクトに対して、その同じオブジェクトを所有していない場合に設定するであろう価値よりも高い価値を設定する状況を表します。
  • 授かり効果は、個人にとって感情的または象徴的な意味を持つアイテムではっきりと見られます。
  • 研究では、「所有権」と「損失回避」が、賦与効果を引き起こす2つの主な心理的理由であると特定されています。
  • 寄付効果はマーケティングと密接に関係しており、企業はこの認知バイアスを利用しようとすることがよくあります。

人々が物を所有しているという理由だけで、その物に高い価値を置くことを示唆しています。

消費者が Apple 製品を購入するとき、物理的なデバイスだけでなく、パッケージ自体を含むパッケージ全体も購入します。Apple は、高品質で見た目にも美しいパッケージを作成することで、所有体験を向上させ、パッケージが価値があり、保管しておく価値があるように感じさせます。

Apple が利用しているもう 1 つの心理原理は、 ハロー効果です。

*ハロー効果とは、ある特定の特性、または人、会社、製品に対する全体的な印象が、他の関連する特性に対する私たちの判断にプラスの影響を与える傾向を指します。

  • ハロー効果は、ハローエラーとも呼ばれ、認知バイアスの一種であり、誰かに対する私たちの認識が、その人の他の関連する特性についての意見によってプラスの影響を受けるというものです。
  • アメリカの心理学者エドワード・ソーンダイクは、1920 年の論文「心理評価における一定の誤差」の中で、経験的証拠を用いてハロー効果を初めて認識しました。
  • ハロー効果は、他人の知性や能力に対する私たちの認識を形作る可能性があり、その影響は教室から裁判所に至るまで、多くの場面で見られます。
  • ハロー効果の一例は、魅力のステレオタイプです。これは、身体的に魅力的な人々にポジティブな資質や特徴を割り当てる傾向を指します。多くの場合、人々は魅力的な人を、より高い道徳性、より良い精神的健康、より優れた知性を理由に判断します。この認知的な判断の誤りは、個人の偏見、イデオロギー、社会的認識を反映しています。
  • 逆ハロー効果とは、人に対するポジティブな認識がネガティブな結果をもたらす現象です。
  • ホーン効果はハロー効果と密接に関係しており、単一の否定的な特性が他の人の意見を不当に形作る認知バイアスです。

この認知バイアスは、ある領域での誰かまたは何かに対する印象が、他の領域での印象に影響を与える傾向を指します。

Apple の確固たるブランド評判と製品の高品質の結果、消費者は Apple のパッケージングも同様に優れていると認識するでしょう。

社会的影響

商品や商品に、実際の使用を超えた本質的な価値または「魔法」が与えられるプロセスを指します。

商品フェティシズムとは、商品の価値がその生産に関与した人間の労働の産物ではなく、商品自体に固有であるという認識を指します。

Apple はブランドとして、そのパッケージに知覚される固有の価値を吹き込み、それを単なる保護ケースからそれ自体が望ましい物体に変えることに成功しました。

その製品、ひいてはそのパッケージは、単なる技術ツール以上のものを表現するようになりました。 それらは、特定のライフスタイル、ステータス、「 Apple エコシステム」の一部であることの象徴です。商品の欲望の対象へのこの変化は、商品フェティシズムの核心です。

高品質の素材とミニマルなデザインを備えた Apple のパッケージは、その中にある製品の価値を反映しています。そのため、パッケージはそれ自身の命を帯び、単なる保護シェルとしてではなく、それ自体が貴重な商品として認識されます。

この視点は、Apple パッケージの二次市場によって強化されます。人々が Apple の空箱を喜んで売買するという事実は、 そのパッケージが、かつて入っていた製品とは別に、固有の価値 があると見なされていることを 意味します。

流通市場

Apple のパッケージングに関連した最も興味深い現象の 1 つは、その流通市場の存在です。

Apple のパッケージングの二次市場は、パッケージングが製品体験全体にうまく統合されたことを反映しており、製品自体が存在しない場合でも認識される価値を維持しています。

この市場の存在はブランディングとデザインの勝利と見なされるかもしれませんが、消費と廃棄物についての興味深い問題も引き起こします。

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

西間木 智

監修者

株式会社富士ロジテックホールディングス

西間木 智 / 通販営業部 部長

物流会社で20年経験しD2C EC スタートアップから中規模、大規模のeコマース事業者へフルフィルメントサービスの提供や物流の見直し・改善、スピード配送、複数拠点展開を設計して提唱している。 事業者様の売上貢献するために 「購買体験」 「リピート施策」 「Unboxing」 やOMO対応での「オムニチャネル」 「返品交換物流」 を提案し、事業者と常に伴走して最新の物流設計を試みる。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

ラテンアメリカ マーケットプレイス
ラテンアメリカ マーケットプレイス
ラテンアメリカは、ブラジルやメキシコのような比較的大きくて発展した国から、ハイチやベネズエラのような世界で最も不安定で貧しい国まで、20カ国からなる多様なグループです。違いはあるものの、ラテンアメリカのほとんどの国には、長い国境、スペ...
続きを読んでみる
Ship form Shop ストアから発送とは
Ship form Shop ストアから発送とは
ストアから発送とは これは、小売ネットワークを活用し、オンラインでの在庫切れを防ぐことを可能にするオムニチャネル イノベーションです。 オンライン注文を履行するための配送ハブとして店舗を使用します。 店舗からの発送を実装するには、特定...
続きを読んでみる
サブスクリションを獲得するための7つの実証済みの戦略 1回限りの購入者の代わりに
サブスクリションを獲得するための7つの実証済みの戦略 1回限りの購入者の代わりに
サブスクリプションコマースに限らずD2C(DTC)ビジネスはパンデミックの最初の2年間で20%以上急上昇した後、会員収入の伸び率は現在1桁台に落ち込んでいると言われます。消費者の注目を集め、限られた予算をめぐる競争は、従来の小売業の競...
続きを読んでみる
AI マーケティングオートメーション
AI マーケティングオートメーション
e コマース 、データ(小売データと DTC データ)、プロファイルのターゲティングがどのように連携できるかについてご一緒に考えていきましょう。 開始するまえに、オーディエンス スライスを確認してみてください。コマースプラットフォーム...
続きを読んでみる
カスタマーエクスペリエンスの最適化:知っておくべきことすべて
カスタマーエクスペリエンスの最適化:知っておくべきことすべて
今、顧客がe コマースサイト やモバイル アプリにたどり着いた瞬間から、生涯を通じて素晴らしい顧客体験を提供する必要があります。そうでなければ、顧客はイライラしてサイトやアプリを離れ、どこか別の場所に行ってしまうでしょう。カスタマーエ...
続きを読んでみる
ユーザー生成コンテンツ:統合する8つの説得力のある理由
ユーザー生成コンテンツ:統合する8つの説得力のある理由
ユーザー生成コンテンツ:User-Generated Content、なぜそれをあなたのブランドのコマースサイトに統合するのでしょうか。もしかしたら、ソーシャルユーザー生成コンテンツに関連する非常識な ROI エンゲージメント コン...
続きを読んでみる
ユーザー生成コンテンツ戦略:コンバージョンにつながる戦略を立てる
ユーザー生成コンテンツ戦略:コンバージョンにつながる戦略を立てる
UGC:ユーザー生成コンテンツと、UGC(User-Generated Content)がブランドにもたらすすべてのメリットについて聞いたことがあると思いますが、もちろん、正しく使用すればOKです。ソーシャルメディアでユーザー生成コン...
続きを読んでみる
コンバージョンにつながる商品レコメンデーションクイズのポイント
コンバージョンにつながる商品レコメンデーションクイズのポイント
買い物客は、オンラインである程度のパーソナライゼーションを期待するようになりました。 それがなければ、 コマースサイトでの買い物は不便なものになる可能性があります。顧客が確認するSKUが数十、数百、または数千ある場合があります。顧客が...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー