フルフィルメントセンターを利用するメリット #2

フルフィルメントセンターを利用するメリット Part-02

ライティング
株式会社富士ロジテックホールディングス
 通販営業部 部長 西間木 智 

前回は、フルフィルメントセンターについての基本的な機能と役割について解説をしてきました。
今回は、フルフィルメントセンターの活用のポイントについて、顧客購買体験とそれを提供するための機能に添って解説をしていきます。

フルフィルメントセンターを利用するメリット

経験豊富なプロバイダーにフルフィルメントの煩わしさをアウトソーシングする

D2C/P2C/eコマースビジネスでは、コストを削減することを目的として、フルフィルメントプロセスやワークフローを、インハウス(社内)で履行実施するためには、組織や運用体制を維持・改善・稼働管理などすることを選択していくことになります。
注文を自社内で履行実施することは、直接的には金銭的な指標(直接原価コスト)だけではなく、埋没されたコストや、間接コストまでを含んだ、ユニットエコノミーの観点からみても、長期的にも、より多くの費用が発生します。

自社独自のフルフィルメントセンターの設計・運用・管理には、

  • テクノロジー
  • 人件費
  • 光熱費
  • 保険
  • マテハン機器

など、さまざまな固定および継続的なコストが伴ってきます。
注文量が少ない場合では、これは管理可能なように思えるのですが、全体的なフルフィルメントコストはビジネスの成長とともに急増していきます。その原因としては、最適なジャストサイズが無いからです。(常に余裕のあるキャパシティが必要だからです。)

さらに、フルフィルメントプロセスのすべてのステップを調整して、運用と品質責任を負うということは、ブランドにとっては他のビジネスファクターの領域(マーケティング・CX:コミュニ消す―ション、商品開発、SCM、など)を管理・運用するために貴重な時間と人材リソースを奪っているとも言われています。
たとえば、失われたマーケティング機会などの機会費用は検出が難しい場合がありますが、長期的にはビジネスに大きな影響を与えている可能性があります。
*実際は、マルチタスクでバックオフィス系と兼務しているとそうなります。
専任化できれば、過負荷は発生していないとも言えます。

完全なフルフィルメントサービスを提供する富士ロジテックホールディングスのようなフルフィルメント事業者にフルフィルメントをアウトソーシングすることで、ビジネスが最も得意とすることに集中できるようになると言われています。

より優れたテクノロジーとインフラストラクチャを活用する

前述したように、ビジネスとして、0→1スタートアップのフェーズでは、最初はオフィスや小さな倉庫からフルフィルメントハブを実行するのは比較的簡単にできますし、そうするでしょう。
しかし、それは「顧客満足」を確保するためには、持続的に実行可能な解決策ではないかもしれません。

ロジスティクス業務には、コストと速度を最適化するための適切なアプローチを必要とする、多くのプロセスとワークフローなどの業務パートが含まれています。
注文量が増える(特にサブスクリプションコマース)につれ、フルフィルメント業務を運用して、作業を実行するのに十分なスペースと知識のあるスタッフと、マネージャーを見つけることが大きな課題になることは想像がつくかと思います。

小売およびD2C/P2C/eコマースのフルフィルメントプロバイダーは、クライアントである、ブランドとの長年の協力の中で何が機能し、何が機能しないかを直接体験して見て、経験してきたため、その意味では理想的なパートナーです。
さらに、高度なテクノロジー主導のフルフィルメントサービスとフルフィルメントセンターのサービス提供に投資するリソースがあり、注文の履行と発送をより合理化して費用対効果の高いものにしてくれます。

すぐにスケーリングができる

オムニチャネル/eコマースはダイナミックに変化してしまうのは、2020から2022年で世界中の事業者が経験済のように、ほとんど、何の前触れもなく、そして警告もなしに課題と機会が発生する可能性があります。

各カテゴリー市場で最大の競争優位性を持っているブランドは、変化するトレンドを活用するために迅速に行動できるブランドでもあります。
そして、それはすべて、フルフィルメントのスケーラビリティから始まってもいるといえます。

スケーラブルなフルフィルメントとは

需要の山と谷に応じてフルフィルメントの運用を調整するということはブランドの能力を指しています。

注文量の増加に対応するために注文処理をスケールアップできない場合を考えてみてください。
ブランドで再び買い物をする可能性が低くなった、多くの不幸な顧客を見ていることになります。

逆に、スケールダウンできないと、機器(マテハン・RFIDやソーターなどの省力化機器だけではなく)、労力、およびストレージ(倉庫スペース)が未使用の状態になり、収益に影響を与える可能性があります。
(あのアマゾンですら。Bloomberg:アマゾン、米施設40余りが閉鎖か計画取りやめに-配送業務の規模縮小

eコマースフルフィルメントプロバイダーは通常、複数のフルフィルメントセンターと最適化されたストレージスペースを保有して運用していることが普通なため、ブランドが効果的に拡張できるように支援するのに適したポジションにあることになります。
ピークシーズン中にフルフィルメントセンターに追加のスペースが必要な場合でも、長期的な拡張の一部である場合でも、eコマースフルフィルメント事業者を介してこれらの設備とサービス機能取得して利用する方が、自社で検索して、設備と人材を探すよりはるかにシンプルで簡単であることは誰にでもわかります。

フルフィルメントに関する解説 YouYube

外資の品質基準で培った、2B&2C 物流のノウハウ

フルフィルメントセンターの費用について

フルフィルメント事業者へのアウトソーシングのコストは、いくつかの要因に依存しています。
標準化されたフルフィルメントサービスを提供するAmazonやShopify、楽天、Yahooなどのサービスを使用している場合は、ストレージコストとパッケージごとのオーダーフルフィルメントのコストの詳細が記載された完全な価格表が提供されています。

フルサービスの3PLと提携している場合は、1注文あたりのコスト(CPO)はより詳細な方法で決定されます。

  • 在庫の受け取り
  • 保管
  • ピッキング
  • 梱包
  • 付加価値サービス(該当する場合)
  • 返品処理

などのフルフィルメントサービスはすべて、フルフィルメントコストの合計金額に寄与する個別要素の費用です。
これらのフルフィルメントサービスは、通常、

  • 時間単位
  • パレット
  • ピック

ごとに課金(従量制)されます。

また、

  • オン・ボーディング(on-boarding)
    *顧客に、いち早く自社の製品・サービスを活用してもらうための一連の支援、プロセス
  • 注文管理ソフトウェア(OMS)
  • 倉庫管理ソフトウェア(WMS)
  • 自動化テクノロジー
  • データレポート

に追加の費用がかかる場合があります。これらのコストはフルフィルメント事業者間で大きく異なります。そのために、調査を行うことにはお金(スタッフ人件費)がかかります。

*富士ロジテックホールディングスでは、オン・ボーディング(on-boarding)費用は請求していません。むしろ、スタートアップ用特別料金をご提供して、顧客にいち早く商品・サービスの成長のために資金を活用してもらうために支援をさせていただいています。

富士ロジテックホールディングス Prices:料金

フルフィルメントプロセス中に必要なカスタマイズの作業量は、フルフィルメントの全体的なコストにかなり追加されてきます。
オンラインストアが顧客にオーダーメイドの開封体験(開梱:Unboxing)を提供したい場合は、ブランドビジネスに固有のユニークな設計でもあり、同梱物のピックアソート追加料金などがかかります。

ビジネスではどのようなフルフィルメントセンターを利用すべきか

アマゾンフルフィルメント

FBA(Fulfilled By Amazon)は、Amazonやその他の販売チャネルを介して販売するマーチャント向けにAmazonが提供するeコマースフルフィルメントおよびストレージサービスです。

国内で最も広範なフルフィルメントセンターのネットワークの1つであるAmazonFBAは、透明性のある価格設定とストレージスペースの取得が比較的容易なため、人気のあるオプションです。eコマースビジネスは、Amazonのラストマイル配信機能を活用して、市場で知られている高速配送のサービスにアクセスすることもできます。

フルフィルメント by Amazon

ただし、FBAまたはAmazon Multi-Channel Fulfillmentを使用しているブランドは、フルフィルメントプロセス自体をほとんど制御できません。

在庫を保管するフルフィルメントセンターを選択したり、ブランドパッケージなどのカスタマイズの機会にアクセスしたりすることはできません。

eコマースビジネスはAmazonマーケットプレイスのルールに準拠しているため、どのような商品を実行および保存できるかについても制限があります。

Amazon以外のウェブサイトでのマルチチャネルサービス出荷依頼の手数料

Souce:202209:https://sellercentral.amazon.co.jp/help/hub/reference/external/G201112650
Amazon MCFと3PLのガイドを確認して、どのサービスがオンラインストアにより適しているかを判断してください。

Shopifyフルフィルメント

(日本ではまだローンチ前)
かつてオンライン販売者向けのeコマースプラットフォームであったShopifyは、eコマースフルフィルメントなどの追加サービスに急速に拡大しました。

SHOPIFY FULFILLMENT NETWORK
Shopifyのフルフィルメントサービスは、1つのシステムに完全に統合されており、在庫レベルをリアルタイムで同期できるため、Shopifyの加盟店にとって非常に便利です。この機能は、すべての3PLでは利用できません。

https://www.shopify.com/fulfillment/pricing

ただし、Shopifyフルフィルメントは比較的高価なフルフィルメントオプションです。
パッケージごとのオーダーフルフィルメントの支払いに加えて、マーチャントは、高度なレポートや統合された注文管理などのすべての高度な機能にアクセスするために、月額299ドルの最も高価なShopifyプランを利用する必要があります。

Amazonとは異なり、Shopifyは統合するサードパーティのフルフィルメントセンターを直接管理しません。これは、品質管理に関する潜在的な問題と、配送センターの運営方法の不一致を意味します。顧客の経験が乏しい場合、責任を負うのはオンラインストアであることを覚えておくことが重要です。

Shopifyストアのフルフィルメントのポイント

サードパーティロジスティクス(3PL )

規模の経済のために設計されたeコマースフルフィルメントソリューションとは違い、フルサービス3PLの目的は、ビジネス固有のニーズを考慮したオーダーメイドのフルフィルメントを設計することになります。

オーダーフルフィルメント事業者は、社内の専門知識を使用して、ブランドの商品に最適なストレージの種類、合理化された梱包施策の作成方法、および低コストで注文を発送するためにどの配送業者と協力するのが最も適切かを判断します。 

要するに、eコマースフルフィルメントパートナーは、ビジネスの規模が拡大するにつれてブランドをサポートし、より良いコスト削減とよりスムーズな顧客体験のためにブランドの業務を合理化する新しい方法を継続的に見つけるために寄り添っています。
ただし、これにはコストがかかります。3PLパートナーシップは、注文量が少ないブランドには適さない傾向があります。また、高度な信頼と、プロバイダーを比較して適切なパートナーを見つけるための十分な時間が必要です。

eコマースフルフィルメントサービス

最適化されたストレージ

商品在庫の保管コストについては、特に長期保管コストが高額な一次配送センターでは、フルフィルメントのアウトソーシングに伴う最大の費用の1つになります。
フルフィルメント事業者が、SKUがより多くのスペースを占有する原因となる古いストレージ施策を採用して活用している場合、必要以上に在庫ストレージに費用を支払うことになります。

さらに、ピックサイトがフルフィルメントセンター内の移動時間を最小化するように設計されていない場合、これは注文フルフィルメントプロセスにかなりの時間を追加します。
迅速な配達に対するサービス期待値に対応するためには、注文をセンターのゲートドアから出すためには、毎分が重要な運用管理方法になります。コストと速度を最適化するために、フルフィルメント倉庫スペースに必要な変更を加えるために何が装備されていることを確認することが重要です。

物流向けRaaSの活用による庫内仕分けシェアリングサービスの実現

マルチノードフルフィルメント

eコマースフルフィルメントプロバイダーには、最先端のフルフィルメントセンターがあります。
しかし、一元化されたフルフィルメント施策を1つの場所でしか提供できない場合、この柔軟性の欠如は、長期的にはビジネスに不利益をもたらす可能性があります。

顧客は、1つのフルフィルメントセンターから遠く離れた場所にいる可能性があります。つまり、これらの顧客の注文に対するラストマイルの配達時間は長くなり、不満も高くなります。フルフィルメントセンターで運用上の問題が発生してフルフィルメントが遅くなった場合、遅延を回避するために注文を別の場所にルーティングすることはできません。

これが、ブランドが複数のフルフィルメントセンターを運営するフルフィルメントプロバイダーを探して、納期を短縮し、混乱に対する緊急時対応計画(BCP)を作成する必要がある大きな理由です。
データ駆動型のフルフィルメントサービスは、需要を満たすために在庫をどこに保管するかについて情報に基づいた決定を行うのにも役立ちます。

自動フルフィルメント

フルフィルメント事業者は、ロジスティクスの専門家だけではありません。また、フルフィルメントサービスの継続的な改善に専念するテクノロジーセンターである必要があります。

従来の3PLには、多くの場合、時間のかかる手動プロセスがあり、フルフィルメントが遅くなり、エラーの可能性が高くなります。
これは、ブランドの評判を維持・向上させるために非常にコストがかかる可能性があります。統合されたシステムとリアルタイムの管理機能がないということは、フルフィルメントに影響を与える可能性のある外部イベントに対応するために、フルフィルメントセンターが常に後れを取っていることを意味します。

eコマースプラットフォームおよび注文管理システム(OMS)とのシームレスな統合(API)に投資するフルフィルメント事業者は、ブランドの競争力を維持し、顧客の期待に応えることができるフルフィルメント事業者です。在庫管理と注文処理をリアルタイムで可視化するフルフィルメントプロバイダーを選択することで、ビジネスは在庫をどこに割り当てるかについて、よりスマートでデータ主導の意思決定を行うことができます。

次回は、eコマースブランドにとって大きな競争上のメリットとなるカスタムフルフィルメント機能、たとえば、カスタムパッケージまたはマーケティングインサートについて解説をします。

 

お問い合わせ

富士ロジテックホールディングスが提供する

<プロフィール>

株式会社富士ロジテックホールディングス 通販営業部 部長
西間木 智
富士ロジテックホールディングス 西間木智
物流会社で20年経験しD2C ECスタートアップから中規模、大規模のeコマース事業者へフルフィルメントサービスの提供や物流の見直し・改善、スピード配送、複数拠点展開を設計して提唱している。
事業者様の売上貢献するために「購買体験」「リピート施策」「Unboxing」やOMO対応での「オムニチャネル」「返品交換物流」を提案し、事業者と常に伴走して最新の物流設計を試みる。