DTC/P2Cビューティーブランドが売り上げを伸ばす8つの方法 Part-02

Skin Care Quiz

DTC/P2Cビューティーブランドが売り上げを伸ばす8つの方法 Part-01では、

  1. 貴重な顧客パーソナライズデータを収集する
  2. パーソナライズされたWebサイトエクスペリエンスを構築する
  3. 顧客維持を促進する・サブスクリプションコマース
  4. カスタマイズされた商品を作成する

についてブランドの探索をしてきました。

後半は、

目次

  1. ブランドピボット
  2. ブランドのコミュニケーション関連性を高める
  3. リードを増やす
  4. 顧客を教育する

D2C/P2Cブランド向けのeコマースマーケティングのヒントについて詳細についてはこちらからお問い合わせください。

5.ブランドピボット

Bliss Skincare
https://www.blissworld.com/
が、Z世代に(1996年から2015年の間に生まれて。2022年に7歳から26歳を迎える世代)アピールするためにブランドを変更したとき、
オンラインクイズが新しいマーケティング施策で重要な役割を果たすことを期待していました。Z世代は、顧客体験への期待が高く、良い体験のためにお金を出すと言われて、イノベーションの時代に育ったため、さらなるイノベーションを期待しているからです。
ブランドは、

  • 顧客の肌のタイプ
  • 年齢
  • 場所

について詳しく知るために短いスキンケアクイズを開始し、
How well do you know your skin?How well do you know your skin?

Best Face Forward.Best Face Forward.

First things first. What's your skin type?First things first. What's your skin type?

2つの新しいスキンセラムの開始と併せてクイズを使ってマーケティングしました。
Bright Idea Serum
https://www.blissworld.com/bright-idea-vitamin-c-face-serum/

Youth Got This Serumhttps://www.blissworld.com/youth-got-this-serum/

これらのクイズはInstagramストーリーと広告全体で宣伝され、合計8,000人の顧客がクイズに参加し、それらの顧客の91%がクイズを完了しました。
このキャンペーンは、インターネットに精通したオーディエンスをターゲットにしようとしているブランドにとって大成功でした。

6.ブランドのコミュニケーション関連性を高める

INH Hair
https://inhhair.com/
すべてのオンライン美容クイズがブランドの商品に直接関係している必要がないことは想像できると思います。
代わりに、オンラインクイズを利用して、ブランドとの関連性を高め、潜在的なオーディエンスとつながる方法を取っています。


友情やリラクゼーションスタイルなどについて楽しい質問をするeコマースオンラインクイズを作成しました。

https://inhhair.com/pages/carebear-quiz

https://inhhair.com/pages/carebear-quiz

最後に、クイズはメールをキャプチャし、クーポンを提供し、ユーザーに「ケアベアスタイル」を伝えます。このタイプのクイズは、ブランドをポップカルチャーに結び付け、オンラインショッピング体験をより楽しくしています。

https://inhhair.com/pages/carebear-quiz

NCLA Beauty
https://nclabeauty.com/

ショッピング可能な UGC の活用がうまいブランドです。顧客の画像をショッピング可能な Instagram ギャラリーに取り込んで、ウェブサイトで大々的に宣伝しています。顧客を擁護してコミュニケーションすることで、信頼性を高めています。インフルエンサーやレビューがもたらす信頼性を必要としており、「悪者」を選別することができるということです。

7.リードを増やす

Soko Glam
https://sokoglam.com/
商品のレコメンド(推奨)事項や、顧客満足度だけでなく、クイズを活用しています。このブランドの徹底的なクイズは、カスタマイズされたスキンケアルーチンを提案し、コミュニケーション用のeメールを取得(マーケティング的にはキャプチャー・日本ならLINEとかSNSフォロー促進)します。

https://sokoglam.com/pages/skin-quiz
顧客にSKIN CONCIERGEとの1対1の相談セッションを予約する機会を提供します。
これは、ブランドのオムニチャネルコミュニケーションタッチポイントの1つであるメールリストを増やし、リードを増やすのに役立ちます。
SKIN CONCIERGEと話をする機会がある顧客は、ブランドとのつながりをより強く感じ、顧客が愛する商品を見つけ、長期的にはSoko Glamに忠実であり続ける可能性が高くなります。

完璧なセットを構築する

ステップ 1:

迅速で簡単な (そして楽しい)スキン アセスメントを受けてください。そうすることで、自分の肌についてより深く知ることができます。
あなたの日常生活やライフスタイルに合わせた最高のアドバイスを提供するための背景を提供します.

ステップ 2:

スキンケアの専門家による無料のマンツーマン相談を受けてください。

ステップ 3:

パーソナライズされたガイダンスとヒントを入手して、スキンケアの旅を管理し、毎日使用することを楽しみにしているルーチンを構築するのに役立ちます。

Beautifully Healthy

https://beautifullyhealthy.com.au/

幅広い高品質のヘアケア、健康、およびビューティラインを展開しています。新商品を顧客が発見して購入のするkとをサポートしてます。 ウェルネスでは、個々のニーズやライフスタイルに最適な商品にアクセスすることで、顧客が最高のルックスとフィーリングを持てるようサポートしています。

DTCでは専門知識の提供と発信と教育が不可欠なモデルっです。ブランドは非常に特定のニッチにフォーカスを当てて立ち上げたからです。
ソーシャル メディア チャネル全体とオンライン ストアのオウンドコンテンツの両方で、ブランドの専門分野について明確に理解できるようにすることがとても
重要です。
ブログや雑誌からソーシャル アカウント、オンライン ストア、人気のポッドキャスト(日本ではどうなのかな)でのコミュニケーションとコミュニティを有効に活用しています。

8.顧客を教育する

一部のニッチブランドでは、リードをコンバージョンする上で教育(顧客への)が重要な役割を果たします。
NaturallyCurly 

https://www.naturallycurly.com/

 

ユーザーに髪の質感について教えるクイズを作成することで、この概念を活用しています。巻き毛やウェーブのかかった髪のケアはとても大変で挫折する可能性があることを理解しており、顧客が独自の髪の特徴をよりよく理解するのに役立つクイズで、それらの欲求不満の感情を最小限に抑えるようにします。

https://www.naturallycurly.com/quiz


各質問の前には、お客様が髪のニーズに最も適した答えを選択するための詳細情報が記載されています。このプロセスの最後に、顧客はより力を与えられ、教育を受け、理解されていると感じています。これにより、コンバージョンとブランドへの顧客の忠誠心が高まる可能性があります。

https://www.naturallycurly.com/quiz

https://www.naturallycurly.com/quiz/final-results/wavy-2a-porosity-high-density-medium-medium-width

Viori Beauty
https://viori.com/
高性能の商品と、持続可能で社会意識の高いオリジン ストーリーとのバランスを取る、ミッション主導の美容ブランドです。Red Yao の女性から直接 Longsheng 米を 100% のマークアップで調達し、会社の利益の最低 5% を部族に直接還元しています。
説得力のあるオリジン ストーリーとブランド価値を明確に伝えるオンライン コミュニティを構築運営しています。
「推奨製品」クイズで顧客の教育するだけではなく、ブランド メンバーシップ クラブで、限定コンテンツ、商品、割引を活用して、顧客のエンゲージメントを維持しています。
メンバーシップ プログラムを通じて自然な顧客タッチポイントを提供することで、顧客離れを減らして、ブランド ロイヤリティを構築できることは明白です。
タッチポイントには、
新製品または既存の製品の使用方法に関するチュートリアル
顧客に商品のヒントやアプリケーションを共有するための呼びかけ(教育)が重要です。
顧客がすぐに再購入を検討していなくてもタッチポイントがその役割を果たしてくれます。

ビューティブランド向けのDTC/P2C eコマースマーケティングのヒント

DTC P2C eコマースのビューティ業界が成長を加速し続けるにつれて、多くのレガシーブランドは、新しいデジタルネイティブブランド(DNVB)に追いつくのに苦労しています。
オンラインクイズは、これらのブランドが競争の激しい市場で関連性を維持し、規模を拡大できる実証済みの方法の1つですが、いくつかのマーケティング施策の更新するだけではない、顧客購買体験のリ・デザインを行う必要があることがわかります。

ヘッドレス アーキテクチャから、「顧客中心主義」のCX:カスタマー エクスペリエンスへフォーカス、より高度なパーソナライゼーションへのアクセス、ロイヤルティを育み高品質の UGC を生成するコミュニティの育成まで、D2C ビューティーに限らず、時代の変化に対応していくための組織からシステムまでの基盤の選択と設計が重要になっています。