富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

e コマース トレンド マーケティングを再定義する 2024 通販・オムニチャネルコマース

3PL AI AOV CLV CRM CX D2C DNVB DTC EC eコマース LTV MA オムニチャネル オムニチャネルコマース オムニチャネルフルフィルメント コミュニティ コミュニティマーケティング ソーシャルコマース ソーシャルメディア

e コマース トレンド マーケティングを再定義する 2024 通販・オムニチャネルコマース

顧客が買い物のために実店舗に戻ってきています

世界のEマー:電子商取引 売上高は、2024 年に小売売上高の 21.2% を占め、2023 年からわずか 1% 増加し、総額は推定 6 兆 5000 億ドルになると予想されています。これは、インフレと生活費の上昇、中国経済の大幅な減速、世界のいくつかの地域、特に西ヨーロッパと東アジアでのEコマースの衰退が原因であると考えられます。

ブランドが遅れを取り、競争力を維持したいのであればe コマース環境を再定義しているトレンドと、それを活用する方法についてご一緒に確認していきましょう。

人工知能と生成AI

AI:人工知能 は間違いなく、今後も続く e コマースの最も影響力のあるトレンドの 1 つです。
機械学習(Machine Learning)から自然言語処理(Natural Language Processing、略称:NLP)に至るまで、AI はブランドのビジネスの自動化と最適化を支援する鍵となります。
販売予測、配送物流、オムニチャネルカスタマーサービス・サポート、パーソナライズされたレコメンド・推奨事項などを強化するために使用されます。
たとえば、AI を使用して、顧客がより良いレビューを書くのを支援し、ブランドが貴重なインサイト・洞察を発見できるように支援します。

生成 AI( Generative AI )は、人工知能の最新の進歩の 1 つであり、アルゴリズムが画像、テキスト、オーディオなどの新しいコンテンツの作成に役立ちます。
ブランドは生成 AI ツールを使用して、広告、グラフィック、コピー、ナレーションなどを作成することができます。
ショッピング エクスペリエンス、商品のマッチングのための推奨、チャットボットの効果を向上させるために使用することもできます。

生成 AI は生産性と効率を大幅に向上させることができますが、ブランドはその倫理に注意する必要があります。顧客 は、AI アプリケーションによって作成されたコンテンツを信頼する可能性が低いと回答しています。

モバイルショッピングとオムニチャネルマーケティング

ソーシャル ショッピング、ブランドモバイルコマース アプリ、モバイル ウォレットの普及に伴い、コンピューターではなくスマートフォン・携帯電話やタブレットでショッピングをする顧客がますます増えています。

「m コマース」とも呼ばれるモバイル コマース

2024 年の e コマース売上高の 42.9% を占めると予想されています。
一部の業界専門家は、特にミレニアル世代と Z 世代がさらに大きな購買力を獲得するにつれ、今後 5 年間でスマートフォンが顧客に好まれるショッピング チャネルになる可能性があると予測しています。

オムニチャネルコマースを提供していればなおさら、商品レビューを備えた独自のモバイル アプリを立ち上げることに興味があると思います。
信頼、エンゲージメント、コンバージョンを促進できると言われているからです。

しかし、アンノウン顧客のResearch online,Purchase Offline(ROPO:オンラインでの調査、オフラインでの購入)には対応していませんので、サイトやSNSは重要です。

ソーシャルコマースとブランドコミュニティ

ソーシャル コマースはモバイル ショッピング エクスペリエンスの大きな部分を占めていくようになります。
顧客はプラットフォームを離れることなく、Instagram や TikTok などのアプリを通じて直接購入できるのは、アメリカなどのことです。
日本ではコマースサイトへの誘導が必要になります。

利便性、アクセシビリティ、フィード広告、インフルエンサー マーケティングの組み合わせにより、ソーシャル コマースは最も効果的なマーケティング チャネルの 1 つとなりつつあります。

ソーシャル コマースの影響力をさらに高めるために、ブランドはソーシャル コマースを他のマーケティング チャネルと結び付ける方法を見つける必要があります。

オムニチャネル キャンペーンでインフルエンサーと提携したり、商品詳細ページでの説明に肯定的なコメントやレビューを記載したり、ソーシャル メディア経由で購入する顧客に特典ポイントを付与したりすることでもあります。商品レビューをソーシャル広告やスマート バナーに変えて活用することも1つの手です。

ブランドはソーシャル プラットフォームやその他のマーケティング チャネルを利用して顧客とのより深いつながりを築きます。
結果として、リピート購入の可能性を高め、生涯価値(CLV)を高めることもできます

ブランド コミュニティを活用することです

こうしたより有意義な関係を構築するための最良の方法の 1 つです。顧客がブランドにつながりを感じると、競合他社よりもそのブランドを選ぶ可能性が高く、友人にそのブランドを勧める可能性が高くなります。

ブランド コミュニティにはさまざまな形があります。

ブランドは、エンゲージメントを高めるためにハッシュタグを作成し、プレゼント企画を主催しています。
フォーラムや Discord サーバーのような専用のスペースを作成し、同じ考えを持つ人々がブランドへの愛を共有する人もいます。
ブランドは、対面イベント、ニッチなニュースレター、VIP プログラムなどの独占的マーケティングを利用して、上位の顧客への特別感のあるお返しをします。

コミュニティ マーケティング 101

〇 コミュニティ マーケティングキャンペーンガイド 第1回

〇 コミュニティ マーケティングキャンペーンガイド 第2回

〇 コミュニティ マーケティングキャンペーンガイド 第3回

データドリブンのエクスペリエンスと購入後のパーソナライゼーション

顧客のニーズや期待を満たすショッピング エクスペリエンスを生み出すには、適切なデータを取得することが重要です。これは、名前、所在地、支払い詳細などの基本情報から、購入履歴や商品レビューなどに基づく徹底的な顧客プロファイルをプログレッシブプロファイリングで収集し預かります。

カスタマージャーニー

ブランドは、あらゆる段階で情報を徐々に収集し、カスタマー ジャーニー全体にデータを組み込む必要があります。リードフォーム、アカウント登録、クイズ、商品レビュー、NPS などはすべて、顧客データを取得するための迅速かつ効果的な方法です。注意するポイントは一度に多くのことを要求することなくライフサイクルでの対話をすることです。

CX:カスタマーエクスペリエンス

ブランドが関連データを収集したら、それを利用して顧客エクスペリエンスをさらにパーソナライズし、将来の再購入を促進することです。

パーソナライゼーション

データドリブンのパーソナライゼーションは収益性とブランド価値寿命の向上につながります。
取得コストを削減し、収益を増加させ、ROI を増加させることができます。
顧客データに基づいてマーケティング施策を最適化すると、コンバージョン率を高めることができます。

レコメンデーション

データを活用して売上を増やす最も簡単な方法の 1 つは、過去の購入に基づいた商品のレコメンデーション・推奨です。

ブランドは、顧客にポイントを使うために再度来店するよう促すなど、顧客ロイヤルティ プログラムのアクティビティに基づいてEメール キャンペーンなどを構築することもできます。

ユーザー生成コンテンツ:UGC

最後に、ブランドは商品開発プロセスにコメントやレビューを組み込むことができます。
ブランドがフィードバックを考慮すると、顧客はより価値があると感じ、維持率と CLV の向上につながります。

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

e コマースにおける PDP – 概要と最適化する理由 通販・オムニチャネルコマース
e コマースにおける PDP – 概要と最適化する理由 通販・オムニチャネルコマース
ヒント - 顧客オーディエンスに最適化されていれば、コンバーションマシンとして活躍できます。 PDP を強化する時期が来ました。 商品詳細ページは、e コマース エクスペリエンスの重要な部分です。これは買い物客に興味のある商品に関する...
続きを読んでみる
東アジア(中国・韓国)のマーケットプレイス
東アジア(中国・韓国)のマーケットプレイス
アジアおよび世界最大の電子商取引市場である中国は、2023 年の市場規模が 1 兆 4,900 億ドルに達しました。インターネット アクセスの普及、モバイル デバイスの可用性の増加、中間層の増加がこの成長の主な原動力となっています。 ...
続きを読んでみる
東南アジアのオンライン マーケットプレイス
東南アジアのオンライン マーケットプレイス
Lazada と Shopee がほとんどの東南アジア諸国に存在することを見つけるのは難しくありません。Shopeeが今年特に傑出しており、上記の国々の市場で主導的な地位を占めていることは注目に値します。Kantar BrandZ が...
続きを読んでみる
ヨーロッパの主要なマーケットプレイス
ヨーロッパの主要なマーケットプレイス
ヨーロッパの市場環境は堅調かつ急速に成長しており、15,000 を超えるオンライン マーケットプレイスが 3,630 億ドルという驚異的な e コマース市場収益に貢献しています。この地域では、2025 年までにデジタル コマースの年間...
続きを読んでみる
ロイヤリティプログラム コンテンツリスト
ロイヤリティプログラム コンテンツリスト
小売消費者が購入後の体験に求めるもの アマゾン効果は、小売業界全体に影響を与えています。顧客は無料で迅速な配送を期待しています。中には1日または同日という早い配送を希望する人もいます。さらに、ソーシャルメディアはUnboxingを促進...
続きを読んでみる
eコマースCXとカスタマーサービス 通販・オムニチャネルコマース
eコマースCXとカスタマーサービス 通販・オムニチャネルコマース
  eコマースのCXおよびカスタマーサービスヘルプデスクツールとは e コマース カスタマー エクスペリエンス (CX) とカスタマーサービス・ヘルプデスク ツールは、D2C ブランドにとって重要なテクノロジースタックに含めることが重...
続きを読んでみる
オムニチャネルを支えるコマースプラットフォーム トレンド コンテンツリスト
オムニチャネルを支えるコマースプラットフォーム トレンド コンテンツリスト
商取引の世界が猛烈なペースで変化していることは明らかです。オムニチャネルのアプローチは、かつては競争の激しい分野で優位に立つための施策でしたが、今ではデジタルが織り込まれたマーケットで成功を収めようとする小売・製造業の企業にとってのベ...
続きを読んでみる
プログレッシブプロファイリング:顧客データを収集するためのより良い方法 通販・オムニチャネルコマース
プログレッシブプロファイリング:顧客データを収集するためのより良い方法 通販・オムニチャネルコマース
オーディエンスを理解したいですよね。顧客中心なら長期戦が必要です。 アグリーメント、コンプライアンス、信頼をリードするには、プログレッシブ プロファイリングを使用して、ジャーニー全体を通じて顧客について学習していくことです。 素晴らし...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー