富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

安全在庫 とは

物流代行 発送代行 3PL
物流発送代行 フルフィルメント 関連用語集

安全在庫

「安全在庫」とは、安定した供給ができる最低限の在庫数のことです。需要の不確実性やトラブルによる入荷遅れに対して、品切れや欠品を防ぎます。計算式は以下の通りです。
安全係数 × 使用量の標準偏差 × √(発注リードタイム + 発注間隔)
※安全係数は一般的に1.65
安全在庫が多くなる場合、在庫コストの高騰や商品劣化による破棄などのリスクが高まります。可能な限り安全在庫数の予測精度の向上とリードタイムの短縮が大切です。

お役立ち情報


EC物流はモールとAPI連携してさらに効率化!仕組みを紹介;

EC物流はモールとAPI連携してさらに効率化!仕組みを紹介

EコマースD2Cオムニチャネル物流の効率化とAPI連携の関連性について解説しています。物流・発送代行会社/3PLの選定においては、商品の取り扱い経験やコマースシステムなどとの連携経験、コストシミュレーションの実施が重要になります。次に、モールとのAPI連携によるメリットとして、リアルタイムでの情報共有による業務効率化と顧客購買体験サービスの向上が挙げられます。さらに、API連携によるEC物流の効率化では、オペレーションの自動化と情報の即時性が実現されます。具体的な仕組みとして、受注データの自動取得や在庫情報のリアルタイム反映が説明されています。これらの取り組みにより、EC事業の効率化と成長が実現できます。

目次


発送代行の選び方とは?楽天APIと連携するメリットを解説

発送代行の選び方とは?楽天APIと連携するメリットを解説

発送代行サービスは、EコマースD2Cオムニチャネル運営において発送業務の負担やトラブル対応を軽減し、消費者(顧客購買前体験購買後体験)満足度の向上につながるサービスです。楽天からの発注を自動化するにはAPI連携が必要です、それで発送業務の効率化に役立ちます。発送代行は商品の保管や包装など発送業務全体を代行して、商品の種類や柔軟性によって異なる特徴を持っています。楽天APIは、楽天の情報を他のサービスやアプリケーションと連携させるためのインターフェースであり、発送代行との連携により受注情報の自動取込や更新、荷物番号の自動取得などが可能です。

目次


OMOとは? オムニチャネル・O2Oとの違いや施策事例をわかりやすく解説

OMOとは? オムニチャネル・O2Oとの違いや施策事例をわかりやすく解説

OMO(Online Merges with Offline)は、Eコマース(電子商取引)とリアル・実店舗を統合したマーケティング戦略の一つです。OMOは顧客購買前体験購買後体験の向上を目指し、オムニチャネルやO2Oとは異なる施策です。顧客データの一元管理やモバイル決済、ポイントシステム、モバイルオーダー、チャットボット、デジタルサイネージなどの導入などがポイントになります。成功事例として、Alibaba(アリババ)や日本のアパレル企業「オンワード樫山」が挙げられます。OMOのメリットは顧客体験の向上や顧客データの収集にありますが、導入や浸透には時間がかかるデメリットも存在します。OMOの成功のポイントは、複数の販売チャネルを持ち、顧客データ(返品・交換データも)を一元管理することです。

目次

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

Headline Testing ヘッドライン テスト  顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
  ヘッドライン テストとは A/B テストで魅力的なヘッドラインを作成し、より多くの見込み客を獲得する方法「平均して、本文を読む人の 5 倍の人が見出しを読んでいます。見出しを書いた時点で、100のうち 80を費やしたことになります...
続きを読んでみる
Middle of the Funnel ミドルオブファネル 顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
  ミドルオブファネルとは ミドルオブファネル (MOFU:Middle of the Funnel) は、顧客が積極的に購入を検討しているバイヤーズ ジャーニーの段階を表します。この段階で、彼らは問題を解決するために製品またはサービ...
続きを読んでみる
Psychographic Personalization サイコグラフィックパーソナライゼーション  顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
  サイコグラフィックパーソナライゼーションとは サイコグラフィック パーソナライゼーションは、個人の性格、価値観、興味、ライフスタイルに関する情報を使用して、効果的なマーケティング キャンペーンを作成することに重点を置いたマーケティ...
続きを読んでみる
Sales Qualified Lead (SQL) 見込み客 顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
  Sales Qualified Lead (SQL) とは Sales Qualified Lead (SQL) は、販売またはマーケティングのアウトリーチに積極的に反応する可能性が高いと判断された見込み顧客です。この決定は通常、...
続きを読んでみる
Type 1 and Type 2 Errors タイプエラー 顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために 
  タイプ 1 エラーとは何ですか タイプ 1 エラー (偽陽性とも呼ばれます) は、条件が存在しないのにテストが誤って存在することを示す場合です。たとえば、新薬が試験され、その薬は効果がないが実際には効果があるという帰無仮説が立てら...
続きを読んでみる
User Journey Map ユーザージャーニーマップ 顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
  ユーザージャーニーマップとは ユーザー ジャーニー マップは、ユーザーが Web サイトまたはアプリ上でタスクを完了するために実行するステップを視覚化するために使用されるツールです。カスタマージャーニーマップやエクスペリエンスマッ...
続きを読んでみる
Content Validity コンテンツの有効性 顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
  コンテンツの有効性とは コンテンツの有効性・妥当性とは、測定対象の特定のスキルまたは知識を測定またはテストがどの程度評価するかを指します。言い換えれば、テストの内容が測定対象の構成を正確に反映しているかどうかを測定します。 コンテ...
続きを読んでみる
Contextual Relevance コンテキストの関連性 顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
  コンテキストの関連性とは コンテキストの関連性とは、マーケティング資料が顧客のジャーニーのより大きなコンテキスト内に適合することを理解し、確実に適合させることです。視聴者に関連性があるだけでなく、タイムリーで役立つコンテンツを作成...
続きを読んでみる

カテゴリー