D2C eコマース に関するビジネスモデル・商品開発・コマースシステム コンテンツリスト

D2C/eコマース/OMO【ビジネスモデル・商品開発・コマースシステム】

【ビジネスモデル・商品開発・コマースシステム】

 

ビジネスモデル「DNVB」とは?日本では「D2C」と表現されているが基本的な解説

2021年7月5日

 

EC・D2C・DNVBのビジネスモデルとは?バズワードにしないために徹底比較

2021年6月7日

 

D2C/ECサイト構築システムの比較!注目の手法ASPとクラウドECとは


2021年8月18日

 

受注管理システム(OMS)の導入メリットとポイントを解説!

2021年8月18日

 

クラウドファンディング を利用したマーケティングとDTCビジネスへの展開


2021年8月12日

 

D2C立ち上げ時に検討すべき補助金比較

2021年8月13日

Short Tips

カスタマーインテントマーケティングとは

みなさんが、事業を展開するときに補助金を申請することはありますが、そのための事業計画のベースはどんなことでしようか。

人口統計データで●●人に売る
広告とリターゲティング広告で獲得する(売上を)
パーソナライズの取り組みが「気味が悪い」CRMである

顧客志向(カスタマーインテント)のマーケティングとは

顧客が購買の準備ができたときに顧客が望むものを提供することです。B2Cの顧客はパーソナライズを期待していますが、やりとりが強引ではなく本物であると感じたいと思っています。
顧客はプロセスを管理し、目標到達プロセスをスムーズに進めることができることです。

ユーザーエクスペリエンスとインテント分析により、マーケターは顧客が何を検索、購入、読み取り、調べている(解決したい)かを確認します。このデータを活用してコンテンツを生成およびコミュニケーションして、顧客の購買体験を次のステップに導くことがポイントです。

ファネルの改善ポイントを知る

Google Analyticsのような基本的な分析プラットフォームでは何が起こっているのかを知ることができますが、その理由はわかりません。この情報を使用して、データ駆動型の仮説を立て、それらをテストします。たとえば、サイトのコピーを更新したり、価格を調整したり、顧客の行動に基づいて独自のエクスペリエンスを作成していきます。

施策事例

顧客と放棄されたカートを賢く取り戻す

リターゲティングとフォローアップメールでのカート放棄顧客にメッセージ送信はよく知られた施策です。
単にサイトを閲覧した顧客ではなく、どの顧客が購入する可能性が高いかを理解することで、ウィンバックキャンペーンが無限に効果的になります。すべての商品ページの訪問者をターゲットにするのではなく、アクションを別のメトリックと組み合わせることがポイントです。
カートに何かを追加し、ブラウジングに一定の時間を費やす顧客をターゲットにして、キャンペーンは、同じアイテムを見るために何度も戻ってきた顧客をターゲットにすることです。

R、F、その結果としてのM

最も価値のある顧客は、必ずしもトランザクションに最も多くを費やしている顧客ではありません。頻繁に購入してくれる顧客は、一度大きな時間を費やす顧客よりも多くの価値を提供してくれています。
大口購入顧客を追いかけるのではなく、最も価値のある顧客を特定することが、生涯顧客価値(CLTV)を最大化するための鍵となります。
適切なタイミングで適切なメッセージを送信して、これらの貴重な顧客を引き付け、顧客が戻ってくるようにします。
そのための、ロイヤルティプログラムと顧客プロファイルは顧客に戻る理由を与えます(より多くの節約と特典など)。ロイヤルティプログラムは、購入を促すパーソナライズされたコミュニケーションを送信するために使用できる貴重なファーストパーティデータも生成してくれます。

 

 

「零売」とは?メリット・デメリットと今後について

2021年10月29日

 

「零売」とは?薬とオンラインとの関係について

2021年11月10日

 

医薬品や健康食品を扱う際に知っておきたい「薬機法」の基礎知識

2021年11月22日

 

これだけは知っておこう!DTC(D2C)を始める前に読む

メリットとハードルとポイント

2021年9月6日

Short Tips

新規顧客とリピーター

D2Cビジネスにとっては顧客が全てです。
顧客をライフサイクルステージごとにセグメント化すると、
新しい顧客と
前から知っている顧客が区別されます。
新規顧客は、以前の顧客とは異なる振る舞いをします。各セグメントがサイトにどのように関与しているかを知ることで、顧客購買体験エクスペリエンスをパーソナライズできます。
すべての顧客に同じメッセージを送信する代わりに、ライフサイクルステージをマッピングすることで、購入の過程で顧客を育成することが大事であると言われています。
・顧客がアカウントを作成したとき、
・最初に購入したときに、
ウェルカムメールを送信します。
ブランドをさらに紹介するための優れた方法です。

その後の購入を行う顧客には歓迎するメッセージが表示されます。
顧客からのご連絡から数か月以上経過している場合は、ウィンバックキャンペーンを開始します。キャンペーンは、最終購入日と累計購入頻度と、ある一定期間のCLTVに基づくことがポイントです。
ブランドの大ファンを忘れないことです。そのために、ブランドのエバンジェリストを新商品や限定セールイベントに参加させましょう。
DTCブランドは、新しい顧客を獲得するよりも、幸せな顧客を維持する方が適切であることを知っています。しかし、多くのブランドは、忠実なブランド支持者になるまで、ブランド認知度から顧客を育てることができません。最も忠実な顧客専用の店舗や専門店のサイトやセールイベントを構築することの1つでもあります。

顧客の目的・ベネフィットとセグメンテーションは、DTCブランドの重要な要素です。顧客が誰であるかを知っており、顧客が正しい購入を行うのに役立つ情報を持っていることです。
不気味なキャンペーンを作成するモデルではなく、顧客の意図データを活用して、購入者が探しているコンテンツを提供して、嫌悪感を喜びに変えることがD2Cのポイントです。

 

Make Beauty & Skin Beauty Cosmetics を取り巻くD2C市場環境

2021年6月10日

 

D2C ブランド・ビューティ&スキンケアコスメティックス(化粧品)の企画方法 :

 シリーズ1:

製造費用(コスト)編 最小ロットは、費用はどれくらい必要

2021年6月24日

 シリーズ2:

ブランドデザインのポイントなど

2021年7月12日

 シリーズ3:

パッケージ(容器・化粧箱・外装箱)のデザインポイント

2021年7月27日