吉村 典也
吉村 典也

日本の製造業を強くするためのコンサルティング会社、外資システム会社などを経て、通信販売(ダイレクトマーケティング)、Eコマースの事業運営・CRM/購買体験購買後体験)運用・フルフィルメントサービス運用のアドバイザーとして、CS&BPOセンター(CX設計・運用からシステム設計・運用まで)の新規立上・受託までを担ってきた。通販基幹システム・Eコマース・オムニチャネル/OMO・CRM+MAシステムのマーケティングセールスから、業務設計・運用までをコマース・小売事業会社ととも一緒にアクション&グロースしてきた。

2023 年 スキンケア トレンド 顧客に支持される要素とは

スキンケア ビューティ 化粧品

2023 年 スキンケア トレンド 顧客に支持される要素とは

スキンケアとウェルネスにおけるパーソナライゼーションの台頭

あなたの周りに、ここ数年よりも少し輝きを増した人が増えていることに気付いていませんか、もしそうなら、あなたは一人ではありません。

スキンケアおよびウェルネス業界は、セルフケアと健康への総合的なアプローチに対する消費者の関心の高まりに後押しされて、近年急速な成長と変革を遂げています。

パーソナライズされた商品とルーチンがメインになりそうです、万能のスキンケアとウェルネス ソリューションの時代は終わりをつげつつあります。

調査によると、消費者はますます、

  1. 独自の肌のタイプ
  2. 好み
  3. 懸念事項

に対応するテーラーメイドの商品やサービスを求めていると言われています。
このカスタマイズへの欲求は、カスタマイズ可能なスキンケア処方、DNA ベースのレコメンド・推奨事項、パーソナライズされたウェルネスコーチングなどの革新的なソリューションを生み出しています。

テクノロジーは、スキンケアおよびウェルネス業界でパーソナライゼーションを実現する上でますます重要な役割を果たしてきています。
人工知能 (AI) と機械学習を使用して、顧客の肌タイプを分析して、ターゲット商品を推奨しているようになります。企業は、画像技術や人の血液型などを使用して、顧客ごとに具体的に商品を決定していきます。 

これらの市場が進化し続けるにつれて、商品とマーケティングの両方でこのレベルのパーソナライゼーションを採用する企業は、顧客満足度とロイヤルティを向上させ、最終的には長期的に競争上の優位性を確保することができます。

たとえば、E-コマース・D2C・DNVBのスキンケア ブランドは、簡単なクイズから遺伝学に基づく推奨事項まで、収集したバイオメトリクスからオーディエンスをセグメント化して、パーソナライズされた商品(成分・処方が個別であるわけではないです。)を使用して各セグメントに特化したマーケティングキャンペーンを作成して、実行できます。

ブランドからのレコメンデーションが具体的なものであることを顧客が知っていれば、ロイヤルティが向上するだけでなく、購入頻度と平均注文額も向上していくと想像ができます。これがハイパーパーソナライゼーションの力です。

「有名人のスキンケア」はやめるときが来たのかも知れません。

新しいTikTok のバイラル ビューティーヒントでも、単に2023のトレンドについていきたいだけでも、Instagram や TikTokスクロールと、皮膚の知識と教育コンテンツへのアクセスが足らないことによって引き起こされている、衝動的のオンラインショッピングの大幅な増加は、よく知られていることです。

皮膚科医やエステティシャンのブランドのチャネルモデルの台頭はあるか

トップ美容専門家の考えや意見は、信頼しているのでしょうか。専門知識とエビデンスを基に文字通り「瓶詰め」にしてクライアントに販売することに関心のある専門家にとっては、メリットのあるモデルとして、B2B2Cモデルを提供することや、P2Cモデルは理にはかなっています

悩みから解放してくれるものを探し求める、迷えるブランドホッパー

ブランドホッパー(色々なブランドを渡り歩く人)をどう解き放つのか

9 ステップ 10ステップ 11ステップ のスキンケア ルーチンはどうなるのでしょうか、合理化されたルーチンに加えて、消費者は自分の商品に最高の価値を得ようとしていることは昔から不偏です。

スキン サイクリング #SkinCycling の導入により、人々は 2 ~ 4 種類のスキンケアでいいのかも知れません。

https://www.cosmetify.com/the-cosmetify-index/

https://www.cosmetify.com/the-cosmetify-index/

ボディケア 2.0

顔の人気成分は、首から下のケアが進歩し続けるにつれて、私たちの体にも浸透し、進出し続けます。
また、肌のバランスを整える

  • プロバイオティクス ハンド クリーム、
  • ボディ セラム、
  • スムージング バフ バー

など、特定のニーズや部位に対応するボディ商品も増加しています。

皮膚バリアとマイクロバイオーム

マイクロバイオームは、主に肌のバランスを保ち、そのバリアを強化するために存在します。これにより、外部からの刺激を防ぎ、水分を閉じ込め、栄養素を運ぶことができます。
両方のシステムに関する研究が改善され、スキンケアブランドが新しい情報に基づいて成分を変更し続けています。

更年期の肌は待望の注目を集める

閉経40歳以上の女性とそのスキンケアのニーズにさらに注目し、認知度が高まることは間違いがありません。
Naomi Watts の新しいブランド Stripes は、コラーゲンの喪失や皮膚の脱水などの更年期症状の議論を正常化することを目的としています。

スキンケア トレンド

#1. メイクをしない–

私たちの多くは、さまざまな理由でほぼ毎日メイクをしています。しかし、実際には、私たちの多くは、肌を輝かせれば輝かせるほど、見た目が良くなるという事実に目覚めていると思います。
これを実現するのは 1 つのステップだけではありません。スキンでターゲットにしたい、さまざまなものの組み合わせで実現していきます。

  • 滑らかさ、
  • 均一なトーン、
  • 自然な輝き

が一番であることは私たちは知っています。

2. 局所的なしわ緩和 –

注射剤はこれまで以上に人気がでるべきでますが、すべての人に適しているわけではありません。
数年、目の周りや額の表情じわを減らすのに役立つ微量の「しわ緩和ペプチド」を提供する、臨床的に効果的な局所商品が大幅に増加してきました。

Meder Myo-Fix Complex 

https://www.mederbeauty.com/

Revision Skincare Revox Line Relaxer

https://www.revisionskincare.co.uk/


3. 抗炎症スキンケア –

私たちは、体内の炎症が肌を含む全体的な健康に与える影響は理解しています。皮膚内の炎症を制御して最小限に抑え、老化の兆候を最小限に抑えるのに役立つスキンケア製品があります。

Heraux Anti-Inflammaging Serum

https://herauxskin.com/

4. アンチポリューション スキンケア –

紫外線が肌に与える害だけがすべてではありませんが、ライフスタイルや環境が肌に与える影響について意識するようになってきています。都市に住んで働いていると、毛穴に留まるものも増え、炎症を悪化させる可能性があります。

Exuvicance Probiotic Lysate Anti-Pollution Essence

美容液を肌につける前にエッセンスをつけます。これは、肌のマイクロバイオームのバランスを再調整し、抗酸化分子を提供して、肌を保護します。

このようなモデルが発展しそうです。

Dermacare

5. スキニマリズム –

スキンケアの商品数だけではなく、様々な成分にも困惑されている消費者が増えていきます。複雑になりすぎてい、多くの場合、複数のスキンケアステップが必要でもあります。適切な処方のポイントは一貫性であり、肌のニーズの変化に合わせて年間を通じて変更していくことでもあります。長くて複雑である必要はないはずです。
いままでのステップは、皮膚に刺激を与える可能性があることを認識する消費者も増えてきています。

6. ブルー ライト保護

デバイスの使用は急増しています、ブルー ライトが肌に与える影響については認識されるようになりました。日焼け止めを上手に塗っていても、市販の日焼け止めには、ブルーライトから保護するための適切なフィルターは含まれていません。
成分リストで酸化鉄を探すことは簡単なことです。

7. ホームデバイス –

ホームケアスキンデバイスは、古くて新しいカテゴリーです、ソリューションもますます増えています。人々が診療所・サロンでの治療や治癒を減らしているという意味ではなく、その間に適切な維持管理を望んでいるということでもあります。
LEDライトマスクと高周波デバイスは良く知られているトップのカテゴリーです。

Dermalux flex

https://dermaluxled.com/device/flex-md/

日本ではコンパクト化しないといけないですね。

Orlaya Skin DermaDeep RF Pro 

CURREBTBODY

このカテゴリーと、SKU数、圧巻です。PDPの説明を読んでいるだけでも、知識は充分なほどに専門家になれます。

8. 持続可能性–

私たちは、選択する際に環境について「考えろ」と押し付けられています。(日本のSDG’sバッチは、海外からはカルト集団のバッチとして認識されています。)。
一方で、これは、今後数年間で私たち消費者にとっての購買習慣に、単価アップ、価格転嫁の方便としてますます影響を与えることになるでしょう。
私たちは、多くのブランドが新しいパッケージのコンセプトや成分の出所などの公開とトレーサビリティを検討して実施し始めているのを見ています。 このプロセスは、ブランドが対応完了するまでに何年もかかるでしょう。

パッケージは、商品を環境やバクテリアなどから保護するだけでなく、他の成分と反応しないように不活性でなければならないからです。

そして、機能的で、美しくなければいけません。

9. レチノールの代替品 –

レチノールは素晴らしい成分です。が、使用できない人 (妊娠中や授乳中など) や、我慢できない人もいます。それに伴って、臨床研究でコラーゲン刺激に非常に効果的であることが証明されている植物ベースの成分である「バクチオール」が登場しています。 

10. 肌の専門家を持つこと –

現在、利用できる情報や商品の量が圧倒的に多いため、ますます人々は、専門家のアドバイスを受ける必要性を認識しています。(インフルエンサーではなく、ステマでもなくです)
肌の専門家は、あなたの肌に相乗的に働き、あなたが望む結果をもたらす可能性が最も高い商品の計画を策定することができはずです。
これらの顧客(患者ではなく)との関係は何年にもわたって続くことが多く、作成された計画は、肌が何年にもわたって変化するにつれて変化していきます。とても素晴らしいことです。

SkinCycling について知っておくべきこと

進化し続ける肌に最適なスキンケア ルーチンを作成するのは簡単なことではありません。
デジタルやリアルの棚に並んだ100万近い商品から、ソーシャルメディアで広まっている一連の「ハウツー」テクニックまで、どこからどのように始めればよいかを知るのは難しいです。

ハッシュタグ #skicycling は 7,000万件以上

美容ルーチンに合わせて(適切に)調整して、より健康で、より幸せで、より輝く肌にする方法

商品の上に品を追加するのではなく、品をエビデンス的かつ補完的に使用することがポイントになっていきます。

夜は肌が自然に修復される時間帯です。
スキン サイクリングを行うのに最適な時間です。アクティブな商品を適切に使用して、休息を促して、長期的な炎症のリスクを最小限に抑えることができるからと言われています。

「私たちの体は、夕方には自然に修復する働きをし、日中は防御するため、夜はレチノイドなどの成分を使用して細胞のターンオーバーを促進し、日中は抗酸化物質を使用して保護することが基礎です。」

化学的な角質除去を選択すると、炎症につながる可能性のある皮膚の微小な裂傷のリスクが減少します。
また、肌に瞬時に輝きを与え、さらに夜を最大限に活用する準備を整えていきます。
「クレンジングして肌を完全に乾かした後、お好みの角質除去剤をコットン ラウンドで塗り、常にモイスチャライザーを続けていくことです」

目標が肌を保護することであろうと、完璧にすることであろうと、誰もが実際に機能する成分を探していることは不変です。

2つの成分機能に注目して効果のあるものを最適に処方してください。

101: フリーラジカル

1 つ以上の不正な電子 (つまり、亜原子粒子) を持つ不安定な分子のことです。この構造により、これらの分子は非常に反応性が高くなり、酸化しやすくなります
抗酸化物質は、フリーラジカルが酸化ストレスを引き起こすのを逆転または防止することによって機能します。

抗酸化物質は、老化の兆候を修正するのに役立ちます。

酸化ストレスはコラーゲンを分解して、肌の自然な修復プロセスを妨げ、炎症を引き起こします。

これらの影響は、

  • 小じわ
  • しわ
  • 肌のたるみ
  • にきびの発生
  • しみのある肌

として見られます。

フリーラジカルを除去することにより、抗酸化物質はこれらの目に見える兆候を予防および修正し、肌に若々しい輝き(美=若いではないのですが)を与えるのに役立ちます。

抗酸化物質は、太陽からの損傷を防ぐのに役立ちます。

定義上、すべての抗酸化物質には抗炎症作用があります。太陽の有害な光線に対する肌の炎症反応を鈍らせ、日焼けを防ぎ、太陽の損傷や光老化に対する保護を強化します。

抗酸化物質は、皮膚自体の修復を助けます。

炎症は皮膚の再生プロセスを妨げます。抗酸化物質は炎症を軽減することで、皮膚が自己修復し、目に見える損傷を修正できるようにします。

ビタミンC などの一部の抗酸化物質は、若々しい肌に不可欠なコラーゲンの生成を刺激することもできます。

抗酸化物質は、肌の色調を明るくするのに役立ちます。

フリーラジカルや頻繁な日光への露出も、肌のメラニン生成の変化を引き起こし、ダークスポットや不均一な肌のトーンを引き起こします。抗酸化物質は、光によるダメージを軽減することで、皮膚の異常な色素沈着を防ぐのに役立ちます。一部の抗酸化物質 (ビタミン C など) は、メラニン生成を刺激する酵素であるチロシナーゼを阻害する働きもあります。

101:肌タイプに最適な保湿剤

保湿剤は、あらゆるスキンケア ルーチンに不可欠なステップです、購入するための選択と体験と評価は大変です。非常に多くのオプション、成分、および精査するべきブランドの主張があります。

乾燥肌に最適な保湿剤

乾燥肌は天然のオイルや潤滑剤が不足していることが多いため、かゆみやつっぱり感が生じます。濃厚なクリーム モイスチャライザーは多くの場合オイルベースであり、水ベースのローションやジェルよりも乾燥肌に適していると説明されています。

脂性肌に最適な保湿剤

脂性肌の場合、モイスチャライザーの商品ラベルを見ると、「ノンコメドジェニック」という言葉を知っておく必要があります。ノンコメドジェニック成分が毛穴を詰まらせないと言われているからです。これは、にきびが脂性肌に伴うことが多いため、重要です。

敏感肌に最適な保湿剤

敏感肌タイプには、「特定のスキンケア成分や、スモッグや汚染などの環境毒素」など、さまざまな引き金がかかる可能性があると言われています。
適切な保湿剤を選択すると、これらの刺激物やアレルゲンに対するバリアとして機能するのに役立ちます。
極端に敏感な人は皮膚科医に行ってパッチテストを受け、どの成分を避けるべきかを知ることをお勧めします。

混合肌に最適な保湿剤

T ゾーンは皮脂のコントロールが必要、頬は保湿が必要など、顔のさまざまな部分に相反するニーズがある場合です、すべての部分を満足させるモイスチャライザーを選択することです。
コンビネーションスキンにやさしく優しく接してください。悪化させないように、商品と手順の数を制限してください。

成熟した肌に最適な保湿剤

年齢を重ねるごとに肌のバリア機能は低下していきますので、大人の肌には毎日のお手入れが欠かせなくなります。これはコラーゲンの分解を制限して、皮膚をさらなる損傷から保護することです。

この2つをベースとして、追加の機能を補助して、自身の肌診断をしてから、商品を選択してみてください。

関連コラム

2023年 コスメ・ビューティ業界の変化するトレンド

2023年 コスメ・ビューティ業界の変化するトレンド

2023年 美容業界のトレンドとコスメ・化粧品マーケティングのポイント

2023年の美容業界のトレンドとコスメ・化粧品マーケティングのポイント

 

2023年 化粧品・美容業界のD2C eコマース 成長トレンドと施策ポイント

2023年 化粧品・美容業界のD2C eコマース 成長トレンドと施策ポイント

関連サービス

 化粧品物流のアウトソーシング(薬事対応倉庫)

化粧品物流のアウトソーシング(薬事対応倉庫)

化粧品物流では、薬機法で定められた化粧品製造業許可
(※)における「包装・表示・保管」が必要とされています。
この許可取得により、化粧品の保管場所としての基準を満たす化粧品専用倉庫と認められ、入出荷・在庫管理・検品などの作業が可能となります。
※化粧品製造業許可とは、薬機法 (医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)にて定められ、下記の許可区分を有します。

一 般(原料の混合や容器への充てんなど、製造工程の全部または一部)
包装・表示・保管(製品の包装・表示・保管に該当する業務に限定)

富士ロジテックホールディングスでは、豊富な実績を活かして、専門性の高いサービスをご提供しております。

 

 D2C・P2C化粧品マーケットで成功・成長するためのトータル支援サービス

D2C・P2C化粧品マーケットで成功・成長するためのトータル支援サービス

サービス概要:

  1. 商品開発
  2. 薬事対応マーケティング&コミュニケーション
  3. ヘッドレスコマース構築・運用
  4. 「世界観」を醸成するマーケティング
  5. 「世界観」を共に創造するコミュニケーション
  6. 物流&フルフィルメント
  7. CS:カスタマーサポート支援
殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

吉村 典也

監修者

アドバイザー

吉村 典也

日本の製造業を強くするためのコンサルティング会社、外資システム会社などを経て、通信販売(ダイレクトマーケティング)、Eコマースの事業運営・CRM/購買体験購買後体験)運用・フルフィルメントサービス運用のアドバイザーとして、CS&BPOセンター(CX設計・運用からシステム設計・運用まで)の新規立上・受託までを担ってきた。通販基幹システム・Eコマース・オムニチャネル/OMO・CRM+MAシステムのマーケティングセールスから、業務設計・運用までをコマース・小売事業会社ととも一緒にアクション&グロースしてきた。
大手通販グループの「単品リピート(サブクリプション)/通販基幹CRMシステム」外販・導入サポート業務を通じて出会った事業者とのコミュニケーションを通じて、まだまだ、日本のDNVB・D2C(DTC)ビジネスにはチャネルとしてではなく、「顧客中心」としてのホネストビジネスとして、再成長の可能性、未知のカテゴリー、オムニチャネルコミュニケーションからのオムニチャネルコマース体験がある、それを支えるコマース事業者のインハウス化が必要であること、そして柔軟に迅速にその業務を支持・運用できる、MACHコンポーザブルタイプのシステムを広めることが大切と確信しつつ、1社でも多くの30億、100億円事業にグロースするためのアドバイス・サポートを提供している。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する ヘアケア アイケア ブランドリスト
DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する ヘアケア アイケア ブランドリスト
マイクロバイオームのビューティケアに改めて注目 腸の健康は、ウェルネス関連のインフルエンサーの間でトレンドとなっているトピックであり、そのメリットは消化や膨満感の解消から、睡眠や気分の高揚に至るまで多岐にわたります。腸内マイクロバイオ...
続きを読んでみる
スキンケアとウェルネスにおけるカスタマイズとパーソナライゼーション
スキンケアとウェルネスにおけるカスタマイズとパーソナライゼーション
  パーソナライズされた商品とルーチンがメインのトレンド(主役)になり、万能のスキンケアとウェルネス ソリューションの時代は終ったのかも知れません。 調査によると、消費者はますます、独自の肌のタイプ、好み、懸念(ペイン、課題、悩み)事...
続きを読んでみる
2024 ビューティ+ケア業界はどう進化するのか
2024 ビューティ+ケア業界はどう進化するのか
  変化は美しさにおいて唯一不変です。そして 2024 年には、テクノロジーが私たちの美しさの選択と使い方をこれまで以上に加速させるでしょう。しかし、美容トレンドを進化させているのは AI の採用だけではありません。気候変動、10代や...
続きを読んでみる
コミュニティ マーケティング 101 通販・オムニチャネルコマース
コミュニティ マーケティング 101 通販・オムニチャネルコマース
  コミュニティ マーケティングは、顧客との関係を構築および育成し、信頼とブランド ロイヤルティを構築することに重点を置いたマーケティングの一種です。一方通行のコミュニケーションとなるマーケティング キャンペーンを再定義しようとして...
続きを読んでみる
2024 ファッション e コマースのトップ トレンド
2024 ファッション e コマースのトップ トレンド
  2024 年のファッション e コマース、マーケットプレイス、パーソナライゼーション、オムニチャネルコマース、ソーシャル コマース、柔軟な支払いオプション、リコマース などが引き続き成長を促進するでしょうか。 Statista は...
続きを読んでみる
ロイヤルティ プログラムによくある 6 つの落とし穴とその解決方法 通販・オムニチャネルコマース
ロイヤルティ プログラムによくある 6 つの落とし穴とその解決方法 通販・オムニチャネルコマース
ブランドが何年も存在しているか、始めたばかりであるかにかかわらず、DNVBとその一カテゴリーDTCや、EC/eコマースビジネスには共通点が 1 つあります。それは、オンライン市場での競争に対する絶え間ないプレッシャーです。あらゆる規模...
続きを読んでみる
ダイナミックプライシング  通販・オムニチャネルコマース
ダイナミックプライシング  通販・オムニチャネルコマース
  ダイナミックプライシングは新しいコマース概念ではありません。何十年もの間、消費者は航空旅行や、チケット、接客業などの業界における需要主導の価格変動に慣れてきました。今日、小売業者が毎日 (または時間ごとに) 価格を上げたり下げたり...
続きを読んでみる
eコマースビジネスとしてクロスセルファネル 通販・オムニチャネルコマース
eコマースビジネスとしてクロスセルファネル 通販・オムニチャネルコマース
  Eコマース:電子商取引の企業が、常に新しい顧客を開拓することなく、どのようにして楽々と見えるように売上を伸ばしているのか疑問に思ったことはありますか。その秘密は、クロスセルとアップセルの技術を習得することにあります。調査では、e ...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー