富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

2023年 コスメ・ビューティ業界の変化するトレンド

D2C EC スキンケア ビューティ
2023年 コスメ・ビューティ業界の変化するトレンド

ファシリテーション&ライティング
富士ロジテックHD 編集部

2020年から2022年にかけて、ビューティーテックは、様々な領域で再定義をテストしていた時代でした。それは、消費者→買い物客→顧客として変化する価値観と期待が大きく経験をベースに評価されたからです。GB/NBなどの大手のビューティ企業とD2C・DNVBなどのスタートアップ・新興企業は同じ条件のもとにビジネスモデルの適応を余儀なくされていました。

2023年は、ビューティカテゴリーを含むすべての業界にとってビジネスモデルを再々定義することになりそうです。

カテゴリーとしては、消費者の社会的関与が少なくなりつつあります、トレンドとして低下していたメイクアップなどのカテゴリーへの関心はより低下しました。
スキンケアなどのビューティカテゴリーの特定の領域では、ストレスを解消する方法などを模索したため、フォーカスされる領域になっています。

ブランドは、消費者の価値観と期待の変化に対応するためによりマーケティングと、買い物客から顧客に変化させるためのCXのために、Eコマースとリアル店舗での、仮想試着機能からAI対応のスキンケア分析などをはじめ、オムニチャネル・OMOシステムツールなどのインフラへの投資をする必要性に迫られています。

美容・ビューティから、健康とウェルネスへとさらに重点を置くことで、美容ブランドは一次元のカテゴリーからより包括的なものへと進化していけるのでしょうか。

美容・ビューティ業界は2022年からの多くの学習と恒久的な変化を取り入れてきています。
そして、いつものことながら、いくつかのトレンドは消えますが、他のトレンドはリーチを拡大していきます。
このコラムでは、美容分野での最新のイノベーションに注目し、2023年以降に注目すべき業界のトップトレンドにフォーカスをを当ててみています。

アジェンダ

商品開発

  • パーソナライゼーションがより洗練される
  • インキュベートし、買収・撤退が増える
  • インクルーシブな美しさはテーブルステークスに
  • 新しくニッチは大きなチャンスを生み出す
  • 美しさはグローバルになる

製造・流通

  • ナチュラル、オーガニック、クリーン、ビーガン、無合成、植物ベース。
    一体何のことでしょうか。
    クリーン ビューティ ムーブメントが勢いを増し、持続可能性とサプライチェーンの追い風に乗るかそるか
  • 新しい持続可能なパッケージのプロトタイプとビジネスモデルが生れていきます
    売れる要因であるわけではないです

プライシング

  • ブランドは価値と多様な価格設定に戸惑います
  • マーケティング&マーチャンダイジング
  • 美容はウェルネスと統合されていくと言われています
  • テックは美しさのためにデータをどう活用するかで成長が決まります
  • バーチャル試着により、商品の発見とエンゲージメントが可能になるか
  • 成分の透明性がクリーンな美しさを越えていく

顧客体験

  • サロン・スパ・医療機関とのアンバンドリングとチャネル開発は続く
  • 美容のためのオムニチャネル・オムニチャネルコミュニケーションへの新しいアプローチが定着
  • 美容商品開発が成分、配合から顧客体験へ
  • パーソナライゼーションバブルから洗練された実需に

商品のパーソナライゼーション

新しいトレンドではありません。むしろ疑問が深まった時代かも知れません。
美容ブランドは新しいテクノロジーを採用して、アプローチ方法を洗練してきています。
海外では。オーダーメイドのリップカラーから個別のヘアトリートメント、そして医療機関との連携でのスキンケアまで、消費者向けにカスタマイズされた処方を作成し続けている傾向が、益々昇華していきます。

調査によると、消費者はパーソナライズされたサービスやエクスペリエンスを提供するブランドを選択、推奨、またはより多くの費用を支払う傾向があります。
アクセンチュアは、消費者の75%が推奨事項がパーソナライズされている場合に購入する可能性が高いことを発見していました。

次のようなさまざまなテクノロジーとアプローチを使用してパーソナライゼーションに取り組んでいます。

クイズは、顧客にとっての固有の好みに対応して、結果に応じて商品をカスタマイズすることが目的です。(日本は自社商品への誘導のためのダイアログ的=アンケート式のLPモデルになっています。)

D2Cではパーソナライズされたヘアケア市場で普及しています。

Function of Beauty

Bare Anatomy インド

メイクアップ系の企業では、各ユーザー専用の商品を処方するカスタムプリンティングがシンプルです。

Shespoke 

カスタムミックスの口紅を大規模に製造できるソフトウェアを開発していました。

Allél

DNA検査を通じてユーザーの遺伝子を分析し、ターゲットを絞ったスキンケア商品を提供しています。
このタイプの、ビジネスモデルを日本で開発できるのはいつでしょうか。

AI

特にスキンケア分析などの分野では、プロセスをさらにパーソナライズしようとしているブランドに大きなチャンスをもたらしてくれます。

Proven

100,000を超える製品、8M +のお客様の声、4,000 +の科学出版物などの情報を含むAIプラットフォームに消費者データをフィードして、ユーザーに最も効果的な成分を提供しています。

Atolla

AI機能を使用して、クイズやテスト(油、水分、pHレベルの測定)を通じて収集されたデータを使用して消費者向けにフェイシャルセラムをカスタマイズし、独自のアルゴリズムで処理しています。

クイズ以外にも、スキンケアカテゴリーのコスメ企業は、よりきめ細かく特定のユーザーデータを収集して肌の状態を測定したり、商品をより正確に提供したりできるようにホームデバイスに拡張することで追いついてきましたが、成分配合はデリバリーの面で課題は解決しそうにはありません(容量と配送費用とカセットモジュールの衛生面での課題は解決しづらいです)。

ゲノミクスは、美容をレコメンド推奨事項をパーソナライズする上でも大きな役割を果たしているように思えますが、そこまで成分配合-フォーミュラーに特徴的な価値を見出せるかがポイントになります。

美容ブランドは長い間パーソナライゼーションを追求してきましたが、

  • 技術の進歩の欠如
  • 不十分なデータ収集プロセス
  • 初期ビジネスモデル(PMFの不備)

などの要因の間でまだまだ途上にあります。

「パーソナライゼーションをビジネスモデルに統合できた化粧品会社はまだありません」

パーソナライゼーションとの約束は、意思決定疲れを避けようとしている顧客にとって魅力的です。
多くのブランドによって収集された詳細な情報は、いくつかの懸念を引き起こす可能性がありますこれらのD2Cビューティブランドの多くのプライバシーポリシーとビジネスモデルは、取得した情報を他の企業に自由に販売することを収益モデルとしていることを忘れてはいけません。ブランドはプライバシーの保護と新しい収益源のためのバランスをとるようになるでしょう。
マスマーケットの商品提供で見逃されている人々に対してサービスを提供するなど、競合他社との差別化を図り、より効果的に消費者のペイン・課題・要望に対応するために、高度にパーソナライズされた商品を開発し続けるブランドは世界中には沢山ありますし、日本からも購入できます。そして、より顧客に対して優しいサブスクリプションモデルを提供してくれています。あなたのベストコスメを探してみてください。

D2C DNVBはディスラプターでした、インキュベート・買収はレアになり撤退が増えます。

美容業界は低金利のバブルのお陰でインキュベーターとM&Aのケースで溢れていました。
社内ブランドを開発する代わりに、新しい企業(将来的に潜在的なパートナーまたは買収として機能する可能性のある)をインキュベートまたは買収する方が安価になる可能性があるとの理由でした。

インディーブランドは、今までの企業が成功しない分野、つまりニッチカテゴリ、ターゲットを絞った流通、ソーシャルメディアでの腕前で成功することがありました。
日本では、売上=買収金額の法定式で買収、出資を得てエクジットした創業者の多くの事例がありましたが、その後のブランドとしてのグロースは見る影もありません。

これは、海外の大手GBのインキュベーターのトレンドとは大きな違いがあります。これらの企業は、インフルエンサーマーケティングやeコマースインフラストラクチャなどの顧客獲得チャネルを拡大して、自然の美しさなどの急成長しているトレンドを獲得させるために、資金だけではなく、チャネルと人材までもサポートしています。

そして、VCとかブランドマネージメントカンパニーが、D2Cブランドを買収して、多ブランド化して成功モデルを応用して全体ファネルを拡張していることはこれからも続くでしょう。
(日本のユーグレナなどとは目的と手法が違います。)

撤退を目指すビューティブランドにも新しい機会が開かれています

インキュベーターにとっても、eコマースおよびD2Cチャネルの成長により、新しいブランドの立ち上げまたは成長と衰退がかつてないほど速くなりました。
資生堂や、Estée Lauder、L'Oréal、P&Gのような企業は、実際には多くのブランドの融合です。(1ブランドの売上がどれくらいかは調べてみてください)
これらすべてのブランドをロールアップすることで、収益の数字を達成しています。その収益の数字は、各ブランドがどれだけうまくやっているか、市場の誰が買うかです。
そのために、新しい市場や初期のトレンドで実験するためにインディーブランドを探すことは理に叶っています。

しかし、日本でホネストで、技術力、コミュニケーション力のあるビジネスモデルを描けているブランドがほとんどないために、リスト・ファイナンスモデルとしての買収はあるでしょうが、グロースするためのブランド買収は興りづらいと想定できます。

むしろ、中国、韓国からの進出が増えて蚕食されていくと想像できます。

新しいニッチは大きなチャンスを生み出すことが基本

美容業界がターゲットにするカテゴリーや、人口統計的と収入、ライフスタイルトレンドを把握することがますます重要になっています。

未開拓の可能性を秘めている、人口統計が存在することは無いため、「ニッチ」と「サービスの行き届いていない」オーディエンスの違いを理解することが重要になってきます。

男性のパーソナルケア&ビューティールーチン

男性の身だしなみは、洗顔料、保湿剤、基本的な衛生製品を超えて、過去数十年にわたってアイクリーム、フェイスマスク、日焼け止め、メイクアップなどを含むように拡大しています。

アジアでは、男性のスキンケアとメイクアップはここ数年急成長傾向にあります、それに、米国が追いついたのはごく最近2020年からのことと言われています。

韓国はこのカテゴリーのトレンドセッターです、韓国の男性は2018年の男性のスキンケアへの世界的な支出の5分の1を占めていました、この傾向はK-POPアイドルの人気の高まりに起因すると言われています。

当然、中国は米国以上のレバレッジが効いていますから、より成長市場になります。

ジェンダーニュートラルなビューティブランド

ジェンダーニュートラルなメイクアップラインは、若い世代が伝統的なジェンダー規範やスティグマを侵食していると言われるようになりました。包括的な美しさの次のステップと指摘されています。Z世代は、性別はノンバイナリーであり、代わりにスペクトルを包含すると考えているようになりました。

今までのターゲットマーケティングから、特定の肌の懸念や状態に焦点を当てたユニセックス商品をパッケージ化して販売することを選択しています。

世代を超えた美しさ

1835歳セグメントを超えたコホートのニーズを満たすことには大きな機会があります。

ブランドは、ジェネレーションXやベビーブーム世代などの高齢の消費者に対応するために取り組むことが重要です。特に、閉経周辺期の女性の懸念への対応として、肌の弾力性などの閉経周辺の懸念に対処する更年期のスキンケア製品などでますます注目されていくべきです。
なぜなら、体環境が変わりつつあり、そしてその後40年以上のライフスタイルに寄り添える一番のチャンスだからです。

わかさ=美しさ

を変えていける絶好のタイミングです。

美容ブランドは、未開拓の機会である、赤ちゃんや子供マーケットを探していきます。

そして、定番Z世代に焦点を当てたブランドも増加しています。
D2Cモデルが開拓した、ソーシャルメディアでのマーケティングテクニックもより変化を遂げています。
ティーンエイジャーのニーズに沿った最もトレンディな商品を見つけるための重要な方法として、それは、美容およびスキンケア商品の「エデュテインメント」に、海外のようになっていくことができるかがポイントになります。

10代の若者の手に渡るためには、両親はこれらの商品が本当のニーズを満たし、使用が安全であると確信する必要があります。
これは、他の世代、カテゴリーでも同様で、成分の透明性と無害オプションは、このカテゴリーが成長を遂げるために不可欠になっています。

「きれいな」美しさのためには成分と処方は公開されていくようになります。

美しさはグローバルに

美容ブームはK-beautyに限定されません。他の市場では、独自の遺産にインスパイアされた製品で注目を集めています。世界中の美容市場は、国内消費用のブランドを開発しながら、グローバルに輸出しています。

これには、高度なモバイルテクノロジーとテクノロジーの巨人のおかげで仮想美容の温床である中国のようなアジアの美容市場が含まれます。

アジアやC-beautyブランド(中国ブランド)は、わずか3か月で新しい商品ラインを発売できます。ファストファッションのSHEINのように。

アジアの肌に最適なものを理解しています。また、中国の消費者が惹かれる現在の美容トレンドをいち早く拾い上げ、それらのトレンドを活用する商品を迅速に発売する方法を取得してています。

これは、D2Cモデル、DNVBモデルの鉄板で、誰でもできることの組み合わせですが、実行する人材とオペレーション、マネージメントはアジア特有かも知れません。

世界最大のイスラム教徒の人口を抱えるインドネシアは、活況を呈しているハラール美容市場を提供しています。

ブラジルは、美容とパーソナルケアの分野で最も急速に成長している世界市場の1つです。

インドの美容市場は、消費者の可処分所得の急増と全体的なメイクアップへの幅広い露出のおかげで、2025年までに200億ドルを超えると予測されています。

新しい大陸、さらには国固有の市場をターゲットにするには、世界の美容市場がさらに発展して、遺産に触発された新しいトレンドが離陸します、そのために、ハイパーローカリゼーションが必要になります。

製造・流通

ナチュラル vs シンセティック スキンケア

「自然」とは

用語を定義する法的根拠や基準は実際にはまったくありません。そして、それは誰からも認証されてはいません。 「自然」という言葉はまったく規制されていないようです。
天然は、ブランドは天然由来の原材料を一定量含めることを義務付けているかも知れません。特に明記されていない限り、実際には天然成分で作られていると言っていることがよくあります (例: 100% 天然)。
スキンケア フォーミュラ内に非天然成分が含まれている可能性がある場合でも、技術的にはそれを天然商品と呼ぶことができます。

ナチュラル、オーガニック、クリーン、ビーガン、無合成、植物ベース。一体何のこと

シンセティック(synthetic):合成成分とは

一般には、ヒアルロン酸などの天然由来の成分で、元々は動物から採取されたもので、現在は研究室で同じ効果が得られるように分子的に複製されているもの。
合成されているからといって、または化学物質が必ずしも肌にとって悪いとは限りません。いくつかの合成成分 - ヒアルロン酸、SPF、ビタミン C などは、スキンケア愛好家の熱烈なお気に入りでもあり、天然成分と同様に、最小限の量で使用するのが最善であることは良く知られています。

バイオテクノロジーの美容成分への影響

消費者は、すべての合成成分:Syntheticが有害であるとは限らず、合成成分が実行可能で、より持続可能な代替品を提供していることを認識してくれているでしょうか。

これからは、ビジネスとしては、採掘または養殖された原料を使用することで、原料の供給に関与している、ベンダー、農場、漁業の量を考えた場合に、潜在的なサプライチェーンでの監査・管理や、ブロックチェーンなのでのエビデンスが必要となりと想定されます。
また、地域の植生などの非有効活用されていないものからの成分抽出も盛んではありますが、それ用に栽培をして収支を合わせることが可能かどうかも考慮すべきことになります。(補助金や、生産者からの労働搾取からは継続されないということです。)

合成原料はより制御された環境で製造されて、一貫性を提供できることは明白です。
さらに、ラボで原料を栽培するプロセスは、「農業、漁業、抽出、または長いグローバルサプライチェーンで地球から抽出された原材料の価格と二酸化炭素排出量を押し上げる可能性のある仲介業者の関与の影響」などを軽減すると言われています。(CBDが中国、中南米からアメリカ生産の大麻工場に変わるとどうなるかとかです。)

ラボで育てられた成分は、自然で持続可能なクリーンな美しさの広がりの中でブランドの差別化要因として役立つのかも知れません。
さらに、合成成分は、輸送コストの削減、サプライチェーンリスクの低減、排出量の削減など、将来の企業のコスト削減を実現する可能性があります。

課題は、自然・天然の成分原料と同様に、生産のスケールアップです。拡張計画や需要の高まりを考えた場合を検討しておくべきことになります。

新しいパッケージ・持続可能な前に

歴史的に使い捨てパッケージを特徴とする補充可能な商品を扱う業界であるCPGでは特に重要なテーマに置き換えているようです。(消費者は求めていないと思っています。)

美容およびパーソナルケア業界では、毎年多くの、包装ユニットが生成されています。これらの化石燃料ベースのボトル、ラッパー、およびその他のプラスチック廃棄物がリサイクルされることはなく、海や埋め立て地に蓄積されていると指摘されています。

バージンプラスチックの使用を減らすか、プラスチックから完全に離れていく(ガラスとか、パルプとか)ことになります。

リフィルモデル

リフィルモデルは、さまざまな美容分野で採用されていますし、これからも増えていくでしょうが、あるカテゴリー(ヘアケア、デオドランド、カラーメイク系)以外ではメインにはならないと思えます。(消費者にとっては面倒だし、衛生面や、パッケージの新デザインに魅力を感じることもあるからです。)

詰め替えステーションの立ち上げなどは試験的に展開されるでしょう、消費者が店舗でシャワージェル、ハンドソープ、シャンプー、コンディショナーを補充できるようにしているブランドもあります。

生分解性パッキング

紙および繊維ベースのパッケージは復権してくるとは思われます。デザインには工夫が必要でありますが。キノコ、木材パルプ、寒天などの素材を使用して、より創造的なソリューションも生れてはいます。
生分解性プラスチックや再生プラスチックをより広く採用している理由を把握してください。これを代替することはコスト以上に大変です。

そして一番日本的なものは、サイズ・形状の見直しになりす。これから配送費用は高昇していくことは当然ですので、従来の宅配サイズから、ポストインサイズにデザインと形状が変化していくことになります。

そして、日本の容器メーカー以外からの調達がどんどん進むことになります。(納期、単価、ロットなどの面でとてもユーザーベースではないために)

プライシング

価値と多様な価格設定

不況や景気後退を長く続けてきた日本ですが、更に厳しくなりそうとも言われています。

「口紅効果」として、不確実な経済時代に美容=美しさは、手頃な価格の小さな贅沢と見なす消費者の意識やトレンドは受け継がれていくのでしょうか。

日本型のサブスクモデル(単品リピート)は、実質の2重価格(サブスクリション価格で利益が出るような価格表示・設定)から、本質的な価格、5000円の壁を越えることに対する回復があるカテゴリーになるのでしょうか。

経済的不確実性により、より安い価格でより多くの価値を提供するだろう商品への関心と購入に新たに焦点が当てられていきます。
そして、どれも同じ効果を謳っているので、ブランドを渡り歩くことで永遠に初回半額で購入することができます。(そもそも、その価値しかないということです。)

一方で、オーディエンスが断片化していく中で、より幅広い買い物客にアピールするさまざまな価格施策を採用することで、消費者とのつながりを続けていくことになります。

透明性のある価格設定モデルと、製造コストが安く確立された科学的に裏打ちされた成分と配合をすることで、最終的にな商品の価格を下げて拡張することも可能です。

それは、手頃な価格の商品ラインを探している場合でも、より高価な商品ラインを探している場合でも、買い物客の新しいセグメントに対応していくということになります。

一般的には、マスマーケット価格で商品を提供しているブランドは成長しやすくなります。
複数の価格帯をターゲットにして、製品ポートフォリオを多様化することは、経済の不確実性の時期を乗り切るのに役立つ可能性があることは一般的によく知られていることです。
しかし、スタートアップ、小規模のD2Cブランドが他ブランド化施策は困難を伴います。

より幅広い買い物客にアピールするためか、特定のオーディエンスにアピールすることか、さまざまな価格施策をますますテスト&トライする時代になってきています。
それは、マーケティングコストだけではなく、フルフィルメントコストや、組織運用コストが上昇するなかで、原価変動費の削減は、品質低下になるとともに、他のコスト上昇分をカバーすることは至難になるからです。

マーケティング&マーチャンダイジング

ビューティはウェルネス、セルフケア、フェムケアなどとどう向き合う

セルフケアに焦点を当てる消費者は増えてきています。スキンケアなどの伝統的な美容分野にも全体的なトレンドとしてのウェルネスというカテゴリーの成長が加速しているようです。アパレルならアスレジャーですし、フェムテック・フェムケアというカテゴリーへのピボットで、従来商品を新しく見せようとする動きもあります。

アジアで人気がある、美容効果を約束する食品、サプリメント、飲み物のトレンドは勢いを増しています、これには、「気分が良いことは見栄えが良い」「インナービューティ」という考え方を軸足においています。

美容サプリメント(インナービューティ)は新しい概念ではありませんが、減量、より透明な肌、より強く綺麗な髪などの美容効果を約束する商品で市場をターゲットにしているスタートアップが増えていくでしょう。

スキンケアサプリメントでは、ビューティに焦点を当てたビタミンプロバイダー、粉末やスナックなどの商品でコラーゲン(皮膚の形成を助けるタンパク質)を提供する、プロティンなどが、飲み物や、Foodキットとして、摂取可能形態を、個食化、スナック化を通じて、美容の新しいフォーマットとして登場しています。

マイクロバイオームがウェルネスのトピックとして勢いを増していくでしょう、腸の健康と美容の関係にさらに焦点が当てられることを期待している企業も多いと思います。ください。6美容と腸の健康を結びつけることをわかりやすく展開してくると想定できます。

それは、健康は依然として優先事項として訴求することが出来るのと、ペイン系の効果効能を訴求しなくて済むからです。アンチエイジングや、ヘアケアや、スキンケアへのデータからの誘導ができやすくなるからでもあります。

健康と美容の収束を反映した新たな傾向の1つとしてマーケットを確立してものは、ファンデーションやコンシーラーなどの伝統的な美容商品であるメイクアップの「スキン化」で、健康的な肌を約束するパターンになります。

美しさを全体的な幸福に結びつけていくことを標榜していきますが、有効性と信頼の認識に関する課題に直面することは忘れないでください。
通常、商品と一緒に臨床試験を引用しますが、特に健康に直接影響を与えると位置付けられている商品の場合には、実際のシナリオの違いに気付かない場合が多いです、そのために、消費者は懐疑的になります。
この分野を追求するためには、期待を管理しながら顧客との関わりを成功させるために、メッセージを慎重に調整し、透明性を優先する、CXを構築する必要があります。

マーケットプレイスとSNSテクノロジー

デジタルネイティブブランドを作成する上で主要な役割を果たしてきた、インスタグラムは、美容業界で強力なマーケティングチャネルとなっていることは周知です。

それは、美容が、本質的に視覚的で、ピアの推奨に基づいており、参入障壁が比較的低い業界だからです。

SNSプラットフォーム各社は

  • 買い物可能な投稿からアプリ内チェックアウト
  • 拡張現実ショッピング
  • 新商品ドロップのアプリ内リマインダー
  • 買い物可能なビデオ
  • ライブストリーミング

などの機能を展開しています。これを利用せざるを得ないブランドやインフルエンサーによって宣伝されている美容商品のeコマース機能としての役割を拡大していきます。

ブランドは、パーソナライズされたレコメンド・推奨サービスから便利な予約(コンシェルジュなど)まで、テクノロジーとのパートナーシップを活用して買い物客の問題点に対処する方法を検討して、ビルトする必要があります。(そして、よりよく役に立つシステムが提供されたら移行することが大事)

美容業界に限らず、小売・コマースビジネスがよりテクノロジー対応になりますに、テクノロジー(マーケットプレイスが一番強い)がデータ、プラットフォーム、デバイスを収益化する機会は増加する一方です。
パートナーシップとして、テクノロジーに精通した美容企業とは、どこかで直接的に競争するか、従うかを選択するタイミングに気付くことになります。

バーチャルにより、発見とエンゲージメントが可能

バーチャル技術は、拡張現実を活用して、さまざまな美容商品がどのように映えるをテストできるようにしてくれます。

この仮想技術は、拡張現実とコンピュータービジョンの両方を組み合わせて、買い物客がさまざまな外観を仮想的にテストするとともに、ブランドが行動データを収集できるようにするという2つの目的を果たしてくれます。
特に、ブランドが美容ショッピング体験をパーソナライズし、商品の発見のサポートの強化をして、ファンデーションシェードやスキンケア、髪色、眉毛の整形、マニキュアの試着などについてカスタマイズされたレコメンド推奨事項を提供するのことに役立っています。

AI肌診断ツールでは、AIを利用したアルゴリズムを活用して、しわ、赤み、油性、質感などの次元全体でユーザーの肌を分析し、パーソナライズされたスキンケアの推奨事項を作成しています。

オンラインでのショッピングを一気にシフトさせ、自己表現とセルフケアへの欲求を引き起こしています。
テクノロジーは普及していきます。もはや仕掛けではなく、OMO/オムニチャネル体験と言われている、オンラインと店舗の両方で買い物客の体験に不可欠なテクノロジーになっていきます。
買い物客のデータを収集し、よりパーソナライズされた商品の推奨するために様々なチャネルでの仮想体験と、物理的に商品の重量や質感を体験するという店内体験にとの融合に、美容カテゴリーだけではなく、ファッション・アパレルの体験から、顧客の購買行動が置き換わると想像することができます。

成分の透明性

顧客はブランドの商品が何でできているかについてのより深い情報とインサイト・洞察をますますよりホネストに要求していきます。
成分の透明性はビューティおよびパーソナルケアブランドだけでなく、CPGおよび小売企業にとっても最優先事項になっていると言われています。

クリーンビューティー

「ナチュラル」や「クリーン」などの用語に関する各国の規制はこれからです、これらの意味についてはいくつもの混乱は引き起こされています。
同時に、消費者は、すべての「天然」成分が良いわけではなく、すべての合成成分が悪いわけではないことは認識していると言われています。

ブランドは天然成分を強調することから透明性に焦点を移し、「含まれている」、または「除外する成分」について消費者を教育しているようになりました。

成分の透明性を強調して、処方中の成分を制限しています(各国の規制によって制限されているもの比較して多くの)

成分教育に重点を置くにつれて、ブランドは科学的方法に裏打ちされた成分、または安全性と有効性を証明するために医師や臨床専門家によって承認された成分にもシフトしていきます。
自社商品をテストするために臨床試験を実施していくことになります。

成分の透明性とは、どの成分が含まれているかを明確にし、それらがどれほど効果的であるかをユーザーに教育することを意味するだけでなくなってきます。
それらの成分の調達・移動方法などの詳細を提供することも意味するようになります。

成分の調達は歴史的に美容企業にとって企業秘密でしたが、サプライチェーンの透明性は生産のバリューチェーンの改善に役立ち、成分の透明性がより広まるにつれてブランドが差異化することになります。

美容業界は「クリーン」や「ナチュラル」などの、架空の流行語を超えて、特定の成分とその効果の核心を提供することになります。
ブランドは、安全性と有効性を証明するために天然成分と合成成分の両方に関する透明性を明示する必要があるため、顧客への教育は引き続き重要なポイントになります、それは、オウンドメディアとソーシャルメディアプラットフォームとの連携に依存していきます。
最終的に、成分の透明性(配分量も)を提供するトレンドは、すべての消費者商品にわたって、よりマスマーケットとグローバルになります。

ホームデバイス

スパサービスなどのデバイスの開発はどうなるのでしょうか。

  • ユーザーが自分で管理できるレーザー脱毛
  • LEDベースのスキントリートメント
  • フェイシャルマッサージ
  • ブルーライトニキビ治療
  • マイクロカレントフェイシャルファーミング
  • しわを最小限に抑えるために複数の光波長を使用する製品
    などを提供している企業は増えています。

この動きは化粧品サービスに限定されず、ウェルネスが先進的でした。
マッサージやネイルケア、オンデマンド屋外フィットネス、オステオパシー、理学療法サービス
など

顧客は間違いなくリアル店舗のお気に入りのスパやサロンに戻ることになります。
柔軟性、利便性、パーソナライズで、自宅でのスパサービス機器はなくなることはないとも言えます。

オムニチャネルへの新しいアプローチ

これはリアル店舗内での体験が過去のものであるという意味ではなく。美容に限らず、小売業者がオンラインストアとオフラインストア全体でカスタマージャーニーを結び付けて、シームレスなオムニチャネルエクスペリエンスを作成するということです。

目的は、オンラインショッピングへのニーズの高まり(EC化率ではない)など、顧客のニーズや好みに対応することで、等しく満足のいくショッピング体験を提供する、できる、複数のチャネルを構築して提供することです。

オムニチャネルエクスペリエンスを成功させるためのもう1つの重要な要素としては、店員がオンラインで顧客とつながる能力です。

仮想ショッピングアプリなどを通じてオンライン買い物客に、店舗で見つけるのと同じカスタマーサービス(商品の知識や推奨事項など)を提供するとか。

質の高いオンラインカスタマーサービスで、買い物客がオンラインで新商品をより快適に購入するのに役立つことを利用して、リアル店舗のスタッフを活用するとかです。

店舗での受け取りオプションによって、オンラインとオフラインのショッピング体験をつなげることによって、顧客とスタッフとのコミュニケーションを通じて、組織評価や業績管理の視点が顧客中心に変わります。

オンラインの世界とオフラインを組み合わせたカスタマージャーニーは、今後より定着していきます。
実店舗の役割は依然として重要ですが、その焦点は体験型小売に移っていくとも言えます。
消費者のオンラインとオフラインの行動の統一されたビューを作成することが一番のポイントになります。

2023年の後半にあらためてこのトレンド情報の更新をしていきます。ご意見などお待ちしています。

お勧めトレンドウオッチ参考サイト

Consumer Packaged Goods Directory

新興の消費者(CPG)ブランドとそれらを構築するためのリソースです。創業者、投資家、クリエーターからなる 5,000 人以上のコミュニティは、私たちが知っていて愛する製品との関わり方を変えています。毎週のトレンドが知れます。
こちらでCPGDにサインアップする

 

Consumer Packaged Goods Directory

 

DTC News Letter

D2Cのマーケティングを知るためには Smartest Marketer

こちらでDTC News Letter にFree Subscribeする

DTC News Letter

 

関連コラム

2023 年 スキンケア トレンド 顧客に支持される要素とは

2023 年 スキンケア トレンド 顧客に支持される要素とは

 

2023年 美容業界のトレンドとコスメ・化粧品マーケティングのポイント

2023年の美容業界のトレンドとコスメ・化粧品マーケティングのポイント

 

2023年 化粧品・美容業界のD2C eコマース 成長トレンドと施策ポイント

2023年 化粧品・美容業界のD2C eコマース 成長トレンドと施策ポイント

関連サービス

 化粧品物流のアウトソーシング(薬事対応倉庫)

化粧品物流のアウトソーシング(薬事対応倉庫)

化粧品物流では、薬機法で定められた化粧品製造業許可
(※)における「包装・表示・保管」が必要とされています。
この許可取得により、化粧品の保管場所としての基準を満たす化粧品専用倉庫と認められ、入出荷・在庫管理・検品などの作業が可能となります。
※化粧品製造業許可とは、薬機法 (医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)にて定められ、下記の許可区分を有します。

一 般(原料の混合や容器への充てんなど、製造工程の全部または一部)
包装・表示・保管(製品の包装・表示・保管に該当する業務に限定)

富士ロジテックホールディングスでは、豊富な実績を活かして、専門性の高いサービスをご提供しております。

 

 D2C・P2C化粧品マーケットで成功・成長するためのトータル支援サービス

D2C・P2C化粧品マーケットで成功・成長するためのトータル支援サービス

サービス概要:

  1. 商品開発
  2. 薬事対応マーケティング&コミュニケーション
  3. ヘッドレスコマース構築・運用
  4. 「世界観」を醸成するマーケティング
  5. 「世界観」を共に創造するコミュニケーション
  6. 物流&フルフィルメント
  7. CS:カスタマーサポート支援
殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

AIチャットボット 優れたパフォーマンス、人間性、スピード、正確さでカスタマーサービスとして完全に解決する
AIチャットボット 優れたパフォーマンス、人間性、スピード、正確さでカスタマーサービスとして完全に解決する
チャットボット優れたパフォーマンスを示し、人間性、スピード、正確さでカスタマー サービスとして完全に解決する 理由と運用を一緒に考えてみてください。 1. お客様の共感を呼ぶ親身な対応 なぜこれまでのAI :人工知能システムは失敗に終...
続きを読んでみる
ラテンアメリカ マーケットプレイス
ラテンアメリカ マーケットプレイス
ラテンアメリカは、ブラジルやメキシコのような比較的大きくて発展した国から、ハイチやベネズエラのような世界で最も不安定で貧しい国まで、20カ国からなる多様なグループです。違いはあるものの、ラテンアメリカのほとんどの国には、長い国境、スペ...
続きを読んでみる
Ship form Shop ストアから発送とは
Ship form Shop ストアから発送とは
ストアから発送とは これは、小売ネットワークを活用し、オンラインでの在庫切れを防ぐことを可能にするオムニチャネル イノベーションです。 オンライン注文を履行するための配送ハブとして店舗を使用します。 店舗からの発送を実装するには、特定...
続きを読んでみる
サブスクリションを獲得するための7つの実証済みの戦略 1回限りの購入者の代わりに
サブスクリションを獲得するための7つの実証済みの戦略 1回限りの購入者の代わりに
サブスクリプションコマースに限らずD2C(DTC)ビジネスはパンデミックの最初の2年間で20%以上急上昇した後、会員収入の伸び率は現在1桁台に落ち込んでいると言われます。消費者の注目を集め、限られた予算をめぐる競争は、従来の小売業の競...
続きを読んでみる
AI マーケティングオートメーション
AI マーケティングオートメーション
e コマース 、データ(小売データと DTC データ)、プロファイルのターゲティングがどのように連携できるかについてご一緒に考えていきましょう。 開始するまえに、オーディエンス スライスを確認してみてください。コマースプラットフォーム...
続きを読んでみる
カスタマーエクスペリエンスの最適化:知っておくべきことすべて
カスタマーエクスペリエンスの最適化:知っておくべきことすべて
今、顧客がe コマースサイト やモバイル アプリにたどり着いた瞬間から、生涯を通じて素晴らしい顧客体験を提供する必要があります。そうでなければ、顧客はイライラしてサイトやアプリを離れ、どこか別の場所に行ってしまうでしょう。カスタマーエ...
続きを読んでみる
ユーザー生成コンテンツ:統合する8つの説得力のある理由
ユーザー生成コンテンツ:統合する8つの説得力のある理由
ユーザー生成コンテンツ:User-Generated Content、なぜそれをあなたのブランドのコマースサイトに統合するのでしょうか。もしかしたら、ソーシャルユーザー生成コンテンツに関連する非常識な ROI エンゲージメント コン...
続きを読んでみる
ユーザー生成コンテンツ戦略:コンバージョンにつながる戦略を立てる
ユーザー生成コンテンツ戦略:コンバージョンにつながる戦略を立てる
UGC:ユーザー生成コンテンツと、UGC(User-Generated Content)がブランドにもたらすすべてのメリットについて聞いたことがあると思いますが、もちろん、正しく使用すればOKです。ソーシャルメディアでユーザー生成コン...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー