富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

Shopify Plusストア構築 D2C/オムニチャネルのスケーリングポイント #2 フルフィルメントバックエンド

D2C OMO Shopify Shopify Plus オムニチャネル

Shopify Plusストア構築 D2C/オムニチャネルのスケーリングポイント #2 フルフィルメントバックエンド

 

Shopify Plusストアのスケーリングのポイントの#2になります。

ヘッドレスコマースシステムとしての優位性を確認するために、バックエンドとフロントエンドの機能に分けて、Shopify Plusの特徴をお伝えしていきます。

在庫管理のベストプラクティス

E-コマース・D2C・DNVBの起業家にとって最大の頭痛の種は何かと尋ねると、おそらく在庫管理と答えるでしょう。多くの場合、マーチャント(小売事業者)は優れたマーケティングに多額の費用を費やしていますが、顧客の需要の増加に適応できず、在庫管理プロセスを怠っていることがあります。これにより、配送時間が長くなり、フルフィルメントプロセスが混乱して、多くの顧客が不満を抱くようになります。これらはすべて、顧客関係とビジネスの評判に悪影響を及ぼします。そのため、在庫を倉庫に保管しているか実店舗に保管しているかにかかわらず、効果的な在庫管理システムを導入することが不可欠です。

在庫管理で気を付けなければならないポイント

最小在庫レベル (MSL)

eコマースビジネスを運営するときは、常に最小限の在庫を確保する必要があります。需要を満たすのに十分な在庫が必要ですが、在庫過剰で利益損失のリスクが生じるほどの在庫は必要ありません。そのため、MSLを決定することは、在庫管理と予算編成の不可欠な部分です。

製品需要の予測

製品の需要を予測することは、eコマースビジネスを成功させるために不可欠です。販売パターンに関するインサイト:洞察を提供することで、スパイクとドロップに備えることができます。このデータがない場合は、調査とトレンドチェックに時間を費やすことをお勧めしています。

集中在庫管理システム

インベントリを管理する最も簡単な方法は、すべてを1か所にまとめることです。これにより、重要なことであるスケーリングに時間とエネルギーを集中させることができます。
しかし、実際は分散在庫、分散出荷になります。

Tips IMSチェックポイント

現代のeコマースとオムニチャネルコマースビジネスの複雑さを管理するために構築されたスケーラブルなプラットフォームが必要です。
急速に変化する需要に対応する柔軟性を備えており、組織内の他のコア運用システムとのスムーズな統合を提供してくれることです。

IMSソリューションは、財務管理、在庫および販売注文管理、購買およびサプライヤー管理、CRM、フルフィルメント、倉庫およびロジスティクスとの連携が含まれます。さらに、このソリューションには、eコマースプラットフォームおよびテクノロジーへの高性能コネクタが備わっているのが普通です。

小売業および卸売業向けに設計されていること

クライアントの最も関心を持つ領域を理解していることです。サービスに重点を置いており、クライアントのカスタマーサクセスのプロセスを稼働させるための社内実装チームを備えていることが重要です。
これは、従来のERP実装などよりTCOの削減を意味しています。

具体的には、カスタマイズされたチームトレーニング、無制限のサポート、コミュニティフォーラム、詳細なヘルプドキュメントを利用して、成功に必要なものを確実に入手できることを確認してください。

IMSはビジネスの規模拡大にどのように役立つか

Shopify Plusストア全体の注文、在庫、出荷、支払い、および複数通貨を管理できること。
Shopify Plusで注文が行われるとすぐに、IMSとの統合により在庫レベルがリアルタイムで更新され、在庫を連携することができます。これにより、在庫の二重販売や過剰販売を防ぎ、顧客に正確な納品を行うことができます。

顧客の満足度向上にも貢献するか

例えば、調査によると、Trustpilotの否定的なレビューの77%が過剰販売や配送の遅れなどの運用上の問題に直接関係していることが分かっています。

正確な在庫レベルを確保して、倉庫の精度を向上させ、フルフィルメントプロセスを自動化することで、これらの問題を解消するのに役立ちます。

Shopify Plusでの注文をIMSにダウンロードされ、フルフィルメントセンターに自動的にルーティングされて、全チャネルで在庫レベルがリアルタイムで更新されます。そして、注文が出荷されると、追跡番号を含む更新が自動的にShopify Plusに送信されるため、顧客は常に最新情報を入手できるようになります。

カスタマイズ性に優れているか

企業の独自のビジネスプロセスやワークフローに合わせてカスタマイズすることができるか。これにより、企業固有の要件に合わせてシステムを最適化し、効率化を図ることができます。

堅牢なセキュリティ対策を備えているか

データの安全性とプライバシーを保護することは基本です。データは暗号化され、定期的なバックアップが行われいるか。また、システムにはロールベースのアクセス制御があり、ユーザーごとにアクセス権限を設定することができるかは基本です。

出荷およびフルフィルメント管理 101 - 配送を効果的にするためのポイント

配送(配達)はユーザージャーニー:顧客購買体験の中心に位置しています。そのために、効果的なワークフローデザインを最初から立てておく必要があります。特に、成長中のeコマースビジネスにとっては、商品の梱包と顧客への発送には時間と費用がかかります。
さらに、考慮すべき要素は多いため、物事は複雑になる可能性があります。

出荷とフルフィルメントの管理を成功させるためのポイント

パッケージングデザインと機能の重要性

商品を正しく梱包しないと、輸送・配送中に商品が破損し、顧客不満が残されます。商品の壊れやすさに応じて、十分な詰め物:インサートを使用することになります。また、パッケージングはブランドの認知度を高めるためにも重要です。特徴的なデザインと細部へのこだわりを備えたパッケージは、普通の商品を高級品に変えるのに役立ちます。

パッケージを軽くする

配送業者は、サイズと重量に基づいて料金を請求することが多いため、パッケージをできるだけ小さく・薄くするように努力する価値があります。ビジネスや商品ラインに応じて、適切なパッケージサイズと梱包材を選びましょう。

配送料の計算

配送料は多くの要因によって影響を受けます。例えば、パッケージのサイズ、重量、出発国と目的地の国(日本なら地帯別)、追跡、保険などがあります。
各サービスは異なるオプションを提供しているため、比較が困難であり、ビジネスに合ったオプションを選ぶ必要があります。社内での発送と注文のフルフィルメントを計画している場合は、価格とオプションの比較を開始しましょう。

以上のポイントを考慮しながら、出荷とフルフィルメントの管理を効果的に行ってください。

越境コマースの配送

最適な配送料には次の要素に留意してください。

パッケージのサイズ:
配送業者は通常、パッケージのサイズに基づいて料金を請求します。したがって、可能な限り小さなサイズのパッケージを選ぶことが重要です。

パッケージの重量:
配送料は通常、パッケージの重さに応じて決定されます。したがって、正確な重量を測定し、配送業者の料金表を参照して適切な送料を計算しましょう。

出発国と目的地の国:
国内配送と国際配送では、送料が異なる場合があります。出発国と目的地の国を考慮して、国際配送の場合には関税や税金などの追加費用を把握しましょう。

追跡:
追跡サービスを選択すると、顧客が配送状況を確認できるようになりますが、追加費用がかかることもあります。ビジネスのニーズに合った追跡オプションを選択しましょう。

保険:
高額の商品を配送する場合には、保険オプションを検討することも重要です。商品の損傷や紛失に備えて、適切な保険を選択しましょう。

主な海外クーリエの料金やサービスなど

Shopify Plus対応のサードパーティロジスティクスパートナー

検討することをお勧めします。これにより、操作に費やす時間を削減できます。

顧客の配送オプション

送料は購入の決定に大きく影響する可能性があるため、価格戦略が公正であり、商品と事業の財務状況を反映していることを確認する必要があります。

選択できる方法はいくつかありますが、より一般的な配送オプションはこちらです。

送料無料

顧客はアマゾンが優勢な商取引の時代に送料無料を期待しています。実際、調査によると、消費者の84%が送料が無料だったので購入したことを認めており、30%が送料無料の条件を満たしている場合は常に注文のサイズを大きくしていると述べています。

しかし、送料は決して無料ではありません。誰かが常に支払わなければなりません。送料無料をビジネスに活用し、利益率が損なわれないようにするには、いくつかのオプションがあります。

  • 送料をカバーするために品価格を引き上げる(顧客が支払う)
  • マージン分をカバーするため、出荷の全額を支払う(ブランドが支払う)
  • 商品の価格をわずかに引き上げて、送料の一部をカバーする(ブランドと顧客が支払う)
  • ブランドが提供する送料無料の顧客への割引コードで、顧客をセグメントする

BOPISを提供する

もう1つの効果的な施策は、リアル店舗での受取サービスを提供することです。これは、Shopify Plusが非常に便利な機能です。店舗在庫とリアルタイムで統合して、配送オプションと受取可能な日時を生成します。これにより、顧客とブランドは送料を削減して、リアル店舗で必要なサービスも受けることができます。

定額料金を請求する

顧客に定額料金を提供することもできます。このオプションは、すべての商品のサイズと重量が類似している場合には最適な方法でもあります。

以上のように、富士ロジテックホールディングスなどのShopify Plus対応のサードパーティロジスティクスパートナーを検討することをお勧めします。
顧客の配送オプションを検討し、送料の価格戦略を適切に設定することで、顧客満足度の向上や売上の増加を期待することができます。顧客が利便性や安心を感じる配送オプションを提供することで、顧客との良好な関係を築き、ビジネスの成功を促進しましょう。

Tips フルフィルメントポイント

最低注文金額で送料無料を提供することをお勧めします。

この戦略は、平均注文額の AOV をさらに高めるのに役立ちますが、マージンから支払うのはあなたであることを忘れないでください。残念ながら。この甘い言葉には顧客は敏感です。

チェックポイント

eコマースビジネス向けの配送プラットフォームであり、オンライン小売業者が顧客に最適な体験を提供できるようにサポートしてくれるパートナーシステムの選定ポイントです。シンプルなシステムから注文を迅速に発送することができます。

便利なツールとは:

サポートチームが必要とする情報を1つのログイン画面で簡単に利用できること。
追跡情報や注文履歴、手動注文などが一括表示されると、
販売チャネルの更新: 情報の追跡や確認メールの送信を容易にし、顧客への情報提供を効率化します。

ワンクリック印刷:
ラベルやピックリスト、請求書のデフォルトプリンターを設定し、一括印刷をワンクリックで行えることでます。PDFのダウンロードやデバイスの選択の手間もないことを確認してください。

配送ワークフローの自動化:
カスタムトリガーや条件に基づいて、反復的なタスクを自動的に実行します。例えば、翌日注文には優先サービスをデフォルトに設定することができます。

国際配送:

あらかじめ記入された税関申告書やペーパーレスのコマーシャルインボイスを使用して、顧客の海外注文を簡単に発送できるといいです。

返品処理の簡素化:

スプレッドシートや電子メールのスレッドを使わずに返品を処理できることます。返品の作成や理由の記録、在庫の更新、払い戻しの発行を1つのプラットフォームで行えることです。

ラベルや請求書、追跡メールのカスタマイズ

ブランドを紹介する独自のエクスペリエンスを作成し、すべての接点で顧客にユニークな体験を提供します。

Shopify Plus ストアの詐欺対策とリスク管理

Shopify Plus ストアを構築する際には、顧客を購入ボタンに誘導することに集中するのは当然です。しかし、チェックアウト時に問題が発生した場合に何が起こるかを考慮していなければ、これまでの努力は無駄になってしまいます。

現在、オンライン詐欺は多くのマーチャントにとって収益漏れの主要な原因となっています。
オンライン詐欺によるブランドや小売業者の損害は莫大なものになると見積もられています。そのため、詐欺対策を講じることは非常に重要です。

詐欺に関連する主な原因は3つ

• 詐欺によるチャージバック:

詐欺師がブランドのサイトから商品を購入した場合、チャージバックを受ける可能性があります。
詐欺師は盗んだクレジットアカウントを使用してブランドから商品を購入します。正当なカード所有者が詐欺を発見し、クレジットカード会社に返金を依頼します。カード会社が確認し、ブランドに払い戻しを求めます。結果的に、ブランドは商品とお金を失ってしまいます。

• 消費者による虚偽の主張:

顧客がオンライン注文が届かなかったなどとの虚偽の主張をするケースがあります。この場合、カード会社は顧客の支払いを払い戻します。ブランドはそれを予想していなかったかもしれませんが、払い戻しを要求される可能性があります。

返品詐欺:

プロの詐欺リングには、最初に購入した本物の商品の代わりに偽のデザイナー商品を返品することで利益を得ることで、ポートフォリオを拡大しています。払い戻しを受けて商品を保持するために、購入した貴重な商品の重量を概算するために、砂の箱を返送することさえあります。

これは、最大手のマーケットプレイスの返品フローを知っての犯罪です。

対策

詐欺およびリスク管理チームを構築する:

マーチャントを詐欺から保護するために、詐欺およびリスク管理チームを構築することが重要です。このチームは、詐欺を検出し、対処するための専門知識とツールを持ちます。定期的に顧客の取引データを監視し、異常なパターンや兆候を検出することで、詐欺のリスクを最小限に抑えることができます。

顧客の身元を確認する:

詐欺を防ぐためには、顧客の身元を確認することが重要です。例えば、AVS(住所の確認)やCVV(カードの確認)の情報を使用して、顧客が正当なカード所有者であるかを確認することができます。また、複数の注文や異なる送付先住所での注文など、異常な注文パターンにも注意を払う必要があります。

信頼性のある決済ゲートウェイを使用する:

Shopify Plusストアを運営する際には、信頼性のある決済ゲートウェイを使用することが重要です。信頼性のある決済ゲートウェイは、詐欺検出ツールやセキュリティ機能を備えており、顧客の支払い情報を保護するために高いセキュリティ基準を満たしています。

SSL証明書を使用する:

SSL証明書は、顧客の個人情報や支払い情報を暗号化し、安全に送信するための重要なセキュリティ機能です。Shopify Plusストアでは、SSL証明書を使用することで、顧客の情報を保護し、詐欺を防ぐことができます。

オーダーレビューを実施する:

注文を受けた際には、オーダーレビューを実施することで、注文の内容や顧客の情報を確認し、異常な点を検出することができます。例えば、異なる住所や同じクレジットカードでの複数の注文などに対して注意を払うことで、詐欺を防ぐことができます。

顧客からの問い合わせや異議申し立てに対して迅速かつ丁寧に対応し、顧客の不正利用を防ぐことができます。また、顧客からの情報提供や異常な注文に対して積極的に確認を行うことで、詐欺を防ぐことができます。

社内のセキュリティポリシーを徹底する:

Shopify Plusストアを運営する際には、社内のセキュリティポリシーを徹底することが重要です。社内の従業員に対して、顧客情報の取り扱いやセキュリティに関するルールを明確にし、従業員のセキュリティ意識を高めることで、内部からの詐欺を防ぐことができます。

システムのセキュリティを強化する:

システムのセキュリティを強化することも詐欺防止に重要です。定期的なシステムのセキュリティチェックやアップデートを実施し、不正アクセスやデータの漏洩を防ぐことができます。

多要素認証を導入する:

多要素認証を導入することで、顧客のアカウントへの不正アクセスを防ぐことができます。例えば、パスワードとSMS認証コード、またはパスワードとセキュリティ質問などの組み合わせを用いることで、アカウントのセキュリティを強化することができます。

セキュリティ意識の向上を促進する:

スタッフや顧客を含め、セキュリティ意識を向上させるために教育やトレーニングを実施することも大切です。セキュリティに関する情報の共有や定期的なトレーニングを行うことで、全体的なセキュリティレベルを向上させることができます。

以上のように、詐欺防止には複数の対策が必要であり、常に最新のセキュリティ対策を実施することが重要です。また、法律や規制に従い、顧客情報を適切に保護することも重要なポイントです。

チェックポイント

何千ものマーチャントと企業を詐欺や消費者虐待から保護する、Shopify Plus 認定アプリを探して採用してください。
その商取引保護ネットワークが何百万ものトランザクションを見て、オンラインで買い物をしている消費者の 98% 以上を事前に知っていることを意味しています。

金銭的保証によってその決定を裏付けているとよりベターです。

メリットは
• 収益保護:
データ、機械学習、ヒューマン インテリジェンスを活用して、承認された注文が不正であることが判明した場合、不正に対して 100% の金銭的保証を提供してくれます。これにより、詐欺の責任を効果的に回避できるため、リスクを軽減しながら売上を増やし、新しい市場を開拓できます。

• 悪用防止:
疑わしい注文を検出し、商品未受領 (INR) や商品が著しく説明と異なる (SNAD) クレームなどの意図しない詐欺のチャージバックの場合に財務保証を提供することで、顧客の悪用からビジネスを保護してくれます。

• フルフィルメントの自動化:
注文の確認とフルフィルメントのプロセスを合理化できます。顧客が Shopify Plus ストアで注文すると、学習マシンが自動的に注文を即座に確認して、出荷するかしないかの決定を行います。これにより、注文フローは、アプリサービスが保証を承認した注文を自動的に取り込み、拒否したものは、キャンセルすることができます。

データの保護に関するバックアップによる安心感

想像してみてください。何ヶ月にもわたるブレインストーミング、深夜の調整、そして多くのハードワークの末、ついにShopify Plusストアが立ち上がりの日がやってきました。
しかし、突然エラーメッセージが表示され、完璧に調整されたウェブサイトが期待通りに動作していません。注文が処理されず、サポートスタッフも慌てふためき、最悪の場合、潜在的な顧客が失望してしまうかもしれません。チームはパニックになり始めます!

バグのあるアプリやCSVのインポートの失敗、テーマコードの更新のミスなど、人的ミスによるデータの脆弱性は存在します。

Shopify Plusはすべてのデータをバックアップしていますが、ユーザーはそれらのバックアップにアクセスすることができません。アイテムが削除されると、永久に失われてしまいます。それゆえ、個別のアカウントレベルでのデータ保護はユーザー自身の責任です。これには、ストアのテーマから商品の画像まで、すべてのデータが含まれます。もし何らかの理由でストアがダウンした場合、Shopifyはデータを復元することができません(有料であっても)。

データをバックアップしないと、ボトムラインが脆弱になります。偶発的なデータ損失や悪意によるデータ損失は、店舗のダウンタイム、注文の失敗、売上の損失、そして顧客情報の漏洩などにつながる可能性があります。したがって、無知は選択肢ではありません。

データの損失を避けるためには、専用のバックアップサービスを統合することを強くお勧めします。これにより、災害が発生した場合でも、データが安全に保護されていることを確認することができます。

  • 商品と商品画像
  • お客様情報
  • 注文とコレクション
  • ブログとブログ投稿
  • ページ
  • テーマとテーマ ファイル
  • メニュー ナビゲーション
  • ポリシーの保存
  • 場所
  • 配送ゾーン
  • ギフトカード
  • 顧客が保存した検索
  • メタデータ

まとめ

このガイドで説明した内容について詳しく知りたい場合は、お気軽にお問い合わせください。

次回、Shopify Plusストア構築 D2C/オムニチャネルのスケーリングポイント は、

#3 CX フロントエンド

Shopify Plusストア構築 シリーズ

https://fujilogi.net/blogs/voice/fujilogi-voice-214

#1 メリット

オンラインショッピングの急速な普及に伴い、ビジネスの効率性がますます重要となっています。Shopifyは、ビジネスを効果的に管理するためのD2C / Eコマース / オムニチャネル プラットフォームです。初心者や小規模なビジネスには標準のShopifyが適していますが、大企業や物理的な実店舗を持つマーチャントにはShopify Plusがおすすめです。Shopify Plusは、複雑な運営に対応し、eコマースプロセスやトランザクションを自動化し合理化する革新的な機能を提供します。また、高トラフィック最適化、セキュリティ、ワークフローの自動化、カスタマイズの柔軟性、国際展開など、多くのメリットがあります。Shopify Plusは、年間収益が1億円を超えている成長を目指すブランドや国際市場進出を考えている企業に適しており、成長をサポートするための専門家のサポートも利用できます。

https://fujilogi.net/blogs/voice/fujilogi-voice-215

#2 フルフィルメント バックエンド

Shopify Plusは、スケーリングするための重要なポイントとして商品・在庫連携管理に焦点を当てています。在庫管理のベストプラクティスとして、最小在庫レベル(MSL)の設定、製品需要の予測、集中在庫管理システムの利用が挙げられます。さらに、IMS(Inventory Management System)の重要性や、フルフィルメント管理、詐欺対策とリスク管理についても触てています。効果的な在庫管理は、顧客関係とビジネスの評判に大きな影響を与えるため、D2C Eコマース オムニチャネル 事業者にとって不可欠な要素です。

Shopify Plusストア構築 D2C/オムニチャネルのスケーリングポイント #3 CX フロントエンド

#3 CX フロントエンド

Shopify Plusストアのスケーリングにおける重要なポイントの3つ目は、購買体験 購買後体験にとってのカスタマーサービスの向上です。D2C Eコマース オムニチャネル ビジネスにとって優れたカスタマーサービスは、顧客のニーズに迅速に対応し、顧客の課題を解消するために一貫した明確なコミュニケーションが必要です。効果的なカスタマーサポートを実現するためには、長い応答時間や顧客のニーズの誤解、未解決の問題や回答のない質問、人間味の欠如、パーソナライゼーションの欠如などのよくある間違いを避ける必要があります。また、KPI(重要業績評価指標)を設定して顧客サービスの影響を評価することも重要です。

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

ペット ブランド編  DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
ペット ブランド編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
ファネルとは何ですか AIDA フレームワークとは何ですか つまり、マーケティングと販売の世界では、私たちが行うほとんどすべてのことは、ある種のファネルを通じて顧客を変換するという概念によって推進されています。 「ファネル」は、誰かが...
続きを読んでみる
サプリメント&ニュートリション編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
サプリメント&ニュートリション編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
顧客は一般的なブランド情報以上のものを求めています。深いつながりを持ち、自分のことを知っていると感じたいと考えています。しかし、どうやってそれを行うのでしょうか。 臨場感あふれるストーリーテリングとは 没入型のストーリーテリングは、商...
続きを読んでみる
セクシャルウエルネス・ヘルスネス編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
セクシャルウエルネス・ヘルスネス編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
見出しの書き方が重要であることは誰もが知っています。だからといって書くのが簡単になるわけではありません。ブログ記事、商品販売ページ、Meta広告、さらには件名を書くたびに再発明をする必要はありません。より良い見出しをより速く書くために...
続きを読んでみる
ファッション・アスレジャー編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
ファッション・アスレジャー編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
幸せな顧客は、すべてのビジネスの生命線です。忠実な顧客は、肯定的な口コミの紹介を提供し、収益を促進することで、ブランドの長期的な成功と成長に貢献します。社会経済状況で忠実な顧客基盤を開拓することは、簡単なことではありません。経済の不確...
続きを読んでみる
アパレル編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
アパレル編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
コマースでは、顧客のインフルエンサーやアンバサダー、ロイヤリティプログラムなどで、コミュニケーションの運用を削減し、プロセスを最適化することにより、ブランドが創造的な資産を調達するプロセスを拡大することができます。そのために、考慮すべ...
続きを読んでみる
e コマースにおける PDP – 概要と最適化する理由 通販・オムニチャネルコマース
e コマースにおける PDP – 概要と最適化する理由 通販・オムニチャネルコマース
ヒント - 顧客オーディエンスに最適化されていれば、コンバーションマシンとして活躍できます。 PDP を強化する時期が来ました。 商品詳細ページは、e コマース エクスペリエンスの重要な部分です。これは買い物客に興味のある商品に関する...
続きを読んでみる
東アジア(中国・韓国)のマーケットプレイス
東アジア(中国・韓国)のマーケットプレイス
アジアおよび世界最大の電子商取引市場である中国は、2023 年の市場規模が 1 兆 4,900 億ドルに達しました。インターネット アクセスの普及、モバイル デバイスの可用性の増加、中間層の増加がこの成長の主な原動力となっています。 ...
続きを読んでみる
東南アジアのオンライン マーケットプレイス
東南アジアのオンライン マーケットプレイス
Lazada と Shopee がほとんどの東南アジア諸国に存在することを見つけるのは難しくありません。Shopeeが今年特に傑出しており、上記の国々の市場で主導的な地位を占めていることは注目に値します。Kantar BrandZ が...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー