吉村 典也
吉村 典也

日本の製造業を強くするためのコンサルティング会社、外資システム会社などを経て、通信販売(ダイレクトマーケティング)、Eコマースの事業運営・CRM/購買体験購買後体験)運用・フルフィルメントサービス運用のアドバイザーとして、CS&BPOセンター(CX設計・運用からシステム設計・運用まで)の新規立上・受託までを担ってきた。通販基幹システム・Eコマース・オムニチャネル/OMO・CRM+MAシステムのマーケティングセールスから、業務設計・運用までをコマース・小売事業会社ととも一緒にアクション&グロースしてきた。

Shopify:D2C オムニチャネルコマース成長のための14のヒント

D2C Shopify Shopify Plus オムニチャネル

Shopify:D2C オムニチャネルコマース成長のための14のヒント

顧客セグメントリストを作成して、優れたコンテンツを作成して、ソーシャルメディアとInstagram広告でブランドを宣伝しましたが、コマースビジネスを成功に導くにはまだまだ問題があります。

すでに素晴らしい商品を持っているとしましょう。では、パズルの欠けている部分は何でしょうか。

Eコマース・D2C・DNVB ビジネスのオーナーとして、売上が安定していても、継続的に成長に努める必要があることを理解しているとおもいます。テストと反復を続けて、顧客を引き付けていく新しい方法を見つけることはとても重要です。

そのためにこのコラムにしてみました。ShopifyとShopify Plusストアを拡張するための、先ずは「14」のアイデアです。ここでは、日本人が大好きな「正解の答えがある」「トレース・暗記すれば合格」と思うコピーキャットのために、創設者やマーケティング担当者からのヒントやコツを探してみました。

1.ウェブサイトのUXを改善する

ユーザーエクスペリエンス:UXを理解することで、ポジショニングと競争上の優位性の観点から自分のブランドがどこに立っているかを確認できます。Webサイトを最適化するときは、次の要素を組み込んでください。

A.サイトの速度

速いページ速度とサイトパフォーマンスは、検索エンジン最適化に関して、eコマースの成功における重要な変数です。サイトの速度を改善することは、売り上げを直接左右する可能性があるため、不可欠です。

どのようにするか:

Kissmetricsの調査によると、オンライン顧客の40%が、読み込みに3秒以上かかるWebサイトを放棄します。言うまでもなく、顧客はそれ以上のものを貧弱な体験と表現しているようです。

真面目な話として、顧客はページが読み込まれるのを待ちたくないのは事実ですので、定期的にテストを実行して最適化するようにしてください。
アプリの入れすぎに注意してくださいね。

B.アクセシビリティ

ウェブサイトのアクセシビリティは、eコマースの買い物客にとって最も重要な要素の1つです。ユーザーフレンドリーなWebサイトは、視覚的または物理的な機能に関係なく、顧客に優れたエクスペリエンスCXを提供するために不可欠のようです。

どのようにするか:

デスクトップとモバイルでウェブサイトを視覚的にアピールすることは不可欠ですが、スクリーンリーダー、タブレット、その他のツールで動作するレスポンシブサイトの作成をする必要があります。さらに、色のコントラストとテキストサイズ、などのテストに合格して、ウェブサイトにアクセスするすべての人が簡単に使用・探索・購買体験できることを確認してください。

レスポンシブのメリットーデメリットはありますのでブランドとしては、Shopifyのデザインテンプレートからのカスタマイズの工数などの費用対効果を確認してください。

C.デザイン

デザインとは、ブランディング、商品ページのUXから、商品の宣伝に使用する画像まで、あらゆるものをが対象です。これらを使用する場所、これらをどのように表示するか、イラスト、ボタン、バナー、ポップアップなどの要素を考慮する必要があります。

そして、注文を成功させるために必要なクリック数もあります。基本的に、コンテンツのディテール:詳細までがすべて重要になります。

ブランドのeコマースウェブサイトのデザインがみなさんが思っているよりもはるかに大きな影響を顧客に与えています。

ブランドの印象に影響を与える

  • 顧客がブランドでどのような価値を認識するかに影響します
  • 顧客がブランドの店とどのように相互作用するかに影響します
  • 広告とマーケティングキャンペーンの取り組みに影響します

わずかな変更でも、ストアに大きな影響を与える可能性があります。

たとえば、KURU Footwear は、フォントサイズを4フルフォントポイント増やし、CVRを大幅に増やしているようです。

https://www.kurufootwear.com/



D.モバイルファースト

お使いの携帯電話ースマートフォンで非常に長く感じる商品の説明を読んでみたことがありますか?
または、画面上のボタンが親指に対して小さすぎるために機能しない特定のWebサイト要素を操作してみてください。
ポップアップ広告で良くイライラしませんか?

これは、ブランドがウェブサイトをモバイル向けに最適化していない場合に発生します。そして、それは潜在的な顧客を失うための素晴らしい方法でもあります。

購入者の80%以上が、意思決定を支援するために携帯電話ースマートフォンを使用しています。価格を比較し、商品レビューを掘り起こし、モバイルブラウジングまたはスマートフォンアプリを介して店舗の場所を特定していたりします。

たとえば、モバイルWebユーザーはモバイルのみの利用にシフトしています。日本だけではなく、その割合はアメリカ、中国、メキシコ、インドネシア、インドでも大幅に高くなっています。今ではどこからでも、いつでも、どのデバイスからでもインターネットにアクセスできるため、オンラインショップはまずモバイルデバイス向けの商品やサービスの説明コンテンツ作成に適応する必要は高くなっています。

2.マーケティングの自動化に投資する

eコマース自動化ツールと統合する必要性を軽視しないでください。コンバージョンに直接影響を与えない反復的なタスクの処理に時間を費やすのは勿体です。

eコマースシステム、ERP、マーケティング、フルフィルメントアプリなどからのデータとアクティビティを接続する能力を備えた、EC Intelligence などのMAツールは、eコマースストアが接続して技術スタック全体を強化するのに役立つ自動化プラットフォームの1つです。

いくつかのブランドがマーケティングオートメーションでどのように創造的にブランドコミュケーションをおこなってなっているのかを見てみましょう。

A.サブスクリプション価格モデルに基づくギフトロイヤルティポイント

多くのブランドは、顧客をアップセルし、定着率を高める方法としてサブスクリプションモデルを提供しています。

古きブランドからの提案です。
サブスクリプション自体の中でアップセルするのはどうでしょうか。
たとえば、あるブランドは、サブスクリプションコマース の金額に基づいてロイヤルティプログラムポイントを割り当てることにより、顧客をより上位のサブスクリプションにアップグレードしています。これは、新しいアクティベーションに役立つだけでなく、より高いAOVを促進してくれます。

どのようにするか:

購入したサブスクリプションの料金プランに応じて、顧客は3つのカテゴリのいずれかにバケット化します、一定数のロイヤルティポイントが割り当てられます。
顧客が使うほど、顧客はより多くのロイヤリティポイントを獲得します。


購入にロイヤルティ・リワード:報酬を使用する顧客の平均注文(AOV)が、使用しない顧客より高いということを考えると、この階層型システムはAOVと保持を増やすのに役立つといえます。

新しいサブスクリプションが作成されると、顧客は自動的に一定量のポイントを受け取ります。
たとえば、サブスクリプションに5,000〜 10,000円を費やすと、3,000円だけのサブスクモデルに支払う場合よりも多くのポイントを受け取ることができるというパターンです。

ワークフローのポイントは

顧客が注文を返品・返金したり、クレジットカードでの支払いに失敗した場合はどうなりますか。

問題なく、サブスクリプションが払い戻されることになった場合、顧客が注文から獲得したポイントを減額ための追加のワークフローを設定、保有しています。

B.注文に物理的なパンフレットを追加する

クイズで収集したデータに基づいて、すべての注文で顧客にガイドブックや教材や、コミュティブック(日本は会報誌・紙でしょうが、顧客=会員ではないけど)を送信できるとしたらどうでしょうか。

どのようにするか:

L'AMARUE | Root Cause Skincare™
クイズで、年齢、肌の悩み、目標、対象領域などについて顧客に詳細な質問をします。これらの質問は、顧客に関する貴重な情報と、L'amarueの商品がどのように役立つかを示していくことになり
ます。‍

 

https://www.shoplamarue.com/pages/quiz

 

肌の悩みごとに特定の商品(およびその商品の使用方法に関する教育)が必要なため、クイズで共有した肌の悩みに基づいて、注文時に物理的なパンフレットを顧客に提供しています。

たとえば、顧客が湿疹・にきびの治療を検討しているとします。
その場合、湿疹・にきびに関するエビデンスに基づいたヒントや追加の一般的な情報を共有するのに役立つように、顧客の注文に、ガイドブック・教育(啓蒙)資料を同梱物として送付します。


すべての注文に物理的なパンフレットを追加することは、特に顧客の肌の懸念に合わせてカスタマイズされたものであり、自動化ツールの助けがなければ簡単にはできません。(On Demond Printing までは実施する必要はないです。)

顧客がクイズを完了すると、Shopifyでプロファイルにタグが付けられます。次に、WMSと同期されて、在庫商品が注文のために選択されます。これに、教育的な同梱物コンテンツを各注文に追加して、ピッキング・出荷指示をします。
ブランドがスキンケアのニーズに深く関心を持っていることが顧客に示されていくことになります。

C.Shopifyタグで顧客をメーリングリストにセグメント化する

クリーンなメーリングリストを維持することが不可欠であるため、顧客をセグメントに編成する必要があります。

これにより、関連するコンテンツを各タイプの顧客に送信して、コンバージョンの可能性を高めるだけでなく、オープン率とクリック率も向上します。

ただし、顧客をセグメント化するのは面倒なプロセスです。ブランドは、ワークフローを使用して、特定のShopify顧客をMAのKlaviyoリストに自動的に追加します。すべての新規顧客を対象とした毎週のワークフローを作成することにより、特定のタグをスキャンして、それらの顧客を適切なメーリングリストに配置します。

3.チェックアウトを最適化します

配達日から手頃な配送料や便利なオプションまで、顧客はチェックアウトメニューに到達すると多くのことを期待しています。
そして、それは、多くの場合、配送情報への入力が一時停止するか、カートを完全に放棄する原因になっています。


買い物客が望んでいることは、スムーズな顧客ショッピング体験:購買体験を提供してほしいということです。
シームレスなエクスペリエンスは、迅速、安価、タイムリーな出荷・配送にもつながります。顧客の期待に応えるチェックアウトフローを最適化することはとても大切です。そうしないと、カートの放棄率が高くなります。


Shopifyでのチェックアウトを強化する場合、全体的な購買体験を改善して、コンバージョン率を高めるために、いくつかの重要なことを実施します。

正確な配送料:

調査では、顧客の48%は、理解できない追加費用を目にしたためにカートを放棄しています。
配送料が配送スピードや、配達先(国内・海外)、海外ではシーズンや日ごとに明確な料金体系であり、隠れた(追加の)料金がないことを確認してください。

クリエイティブな配送プロモーションと適用される追加料金:

購買顧客前にチェックアウトプロセスを完了してもらいたい場合は、インセンティブを提供します。この施策は、特定のしきい値を超える注文の「送料無料=送料ブランド負担」などのインセンティブで最高のパフォーマンスを発揮することは証明されています。(だれでも、徳をしたと思いたいですから)
クーポンコードを使用して割引を適用することもできます。

チェックアウト時の透明性と利便性:

顧客は、状況に応じてより多くの配送オプションを求めています。無料または迅速な配達オプションとは別に、BOPIS(オンラインで購入し、店頭で受け取ります)を投入することを検討してください。これによって、顧客はオンラインでカートに商品を追加し、送料を支払うことなく、最寄りの店舗で直接注文を受け取ることができます。

4.ミステリー商品を宣伝する

追加の商品を提供することで、ミステリー商品をアップセルすることができます。ミステリー商品またはバンドルは、ショッピングフローに楽しさと興奮を追加してくれます。
これらのアイテムは、特に在庫に長期間存在している場合は特に、特定の商品をより早く販売するのに役立つ可能性があります。

どのようにするか:

ミステリー商品。カート内のアップセルとしてミステリーブレスレットを50%オフにして提供します。
注文の50%でこれを追加していることがわかるかも知れません。
ミステリーバンドルを限定版として作成して、在庫を移動して、オーディエンス:視聴者ともっと買い物を楽しんだりすることもできます。

これがDorsalのWebサイトでどのように表示されるか試しに購入してみてください。

https://dorsalbracelets.com/products/thunder-hammerhead-bracelet

 

5.プログレスバーでカートエクスペリエンスをゲーム化する

チェックアウトプロセス全体を通して、配送関連のメッセージ、バッジ、および進行状況インジケーターを使用して、潜在的な購入者に期待に応えていることを示します。

 eCommerce Progress Barsで検索してみてください。

カートのプログレスバーを使用してチェックアウトエクスペリエンスをよりゲーミフィケーションにすると、「送料無料」や「その他の割引・ベネフィット」にどれだけ近づいているかが顧客に示されることになります。これにより、平均注文額(AOV)が増えるとともに、顧客は送料を節約できます。

SurelyWine
顧客が商品を追加しているとき、送料無料と追加割引の取得にどれだけ近づいているかを示すプログレスバーがあります。さらに、一定の金額を使うと無料のギフトをもらえることを顧客に伝えてくれています。

https://www.drinksurely.com/collections/frontpage

6.オペレーション:操作を自動化します

起業家としてスタートするのは気が遠くなるかもしれません。オンラインでの販売に関しては、多くのロジスティクス業務にも対処する必要があります。

それは、どんなに努力しても、すべてを処理するのに十分な時間があるわけではありません。しかし、自動化によってこの状態から抜け出す方法はあります、自分や、スタッフですべてを行う必要はありません。(というか、無くしてください。)
いくつかの例を検討してみましょう。

A.商品材料の発注書を自動生成します

マーケティングを自動化するだけでなく、バックオフィス業務で、一番負荷のかかる、ロジスティクスのユースケースでも創造性を発揮している事例が多くあります。

ワークフローの1つは、商品を作成するために必要な材料を自動的に購入することです。

コスメ・アパレルの製造および調達プロセスを監督および管理をするには、販売する製品ごとに適切な材料を注文するのに多くの時間を費やしているはずです。(OEM・ODM先だとしても)
1つの製品だけで2桁の異なる材料・素材を持つことがあるために、各SKUのすべての材料とその量を追跡することはとても困難を伴います。


各SKUの販売率と、製品ごとに材料の使用量にどの程度の違いがあるかに基づいて、すべての数量を管理していきます。
チームが在庫しているすべての材料とそれぞれの数量が含まれている単一のスプレッドシートが必要になります。
シートに特定の量を下回る材料・成分がある場合、発注をトリガーします。チームには、注文に関する、Slack通知などで同時に受け取ることがポイントです。


唯一の手作業は、PO(Purchase Orderとは、商品名や出荷条件などの販売条件を記載した発注書)を取得してサプライヤに送信することです。(自動化できますが、チェックは必要です。)

このプロセスは単純に見えますが、時間がかかり、混乱しやすいワークフローです。
材料・商品を購入してから倉庫に入れて使用できるようになるまでには待ち時間があります。それは、非常に長いスパンです。毎回その後工程では、さらに多くのワークが行われるため、非常に正確であることが重要であることは明らかなことです。

B.ベンダーの注文管理を合理化する

一部のブランドは、複数のベンダーと協力して商品を作成および出荷しています。このような状況では、新しい注文が行われるたびに各ベンダーに連絡し、正しい注文情報をすべて手動でGoogleスプレッドシートに更新するのに時間がかかる場合があります。

オリジナルショップで、SKUが少ない場合は手動プロセスでも大丈夫です。
マーケットプレイス化した場合や、SKUが多く、受注・仕入などのビジネスモデルでは、その手動プロセスには多くの時間がかかる可能性があります。
個々の注文を申込情報ごとに自動的に分類し、適切なベンダーに関連付けられたGoogleシートに追加し、ベンダーに通知を送信して情報を追加できるツールがある場合はどうでしょうか。


このタスクを自動化する方法:

Shopifyの商品タグを使用して、それがどのベンダーからのものであるかに関する情報を個々の商品に追加できます。「反復」ロジックブロックを追加することにより、顧客注文の各ラインアイテムを確認して、それらのタグを探します。

顧客が3つのアイテムを購入したとします。2つのアイテムはベンダーAからのもので、最後のアイテムはベンダーBからのものです。各アイテムを一周して商品タグを取得すると、各ベンダーにEメールが送信されます。

ベンダーAからの最初の2つのアイテムについて、ベンダーに利用可能な追跡情報と数量を更新するように依頼するEメール通知を送信します。
ベンダーBでも同じことが起こりますが、ベンダーは特定の商品情報が記載された独自のEメールを受け取ります。


このワークフローを使用すると、販売者は3PLごとに正しい情報で自動的に更新されるGoogleスプレッドシートを入手し、ベンダーはリアルタイムで自動プロンプトを受け取ることができます。

C.在庫が少ないときにSlackメッセージを送信する

ブランドとブランドの顧客のために信頼できるロジスティクスを持つことは不可欠です。
在庫が少なくなるたびにSlack通知を受け取ることができるため、特定のアイテムを再注文する時期が来ていることが担当者にはわかります。


この自動化機能により、キャッシュフローを維持しながら、重要な商品を常に在庫していることを保証することになります。
また、顧客がPDPに着陸して、探索しているなかで「在庫切れ」のCTAを確認しても失望することもありません。

仮にあったとしても、「予約販売」で商機を確保してください。(在庫の再入荷ではありません。)

7.データ駆動型のEメールマーケティングを活用する

Eメールマーケティング(SNSのダイレクトメッセージも含む)は、Shopifyストアのコンバージョン、売上、リピートビジネスを増やすための素晴らしいアプローチです。
一番上のポイントは、それが安価であるだけでなく、実装が比較的簡単・鉄板であるということです。


最良であること

これは、顧客との関わり方をカスタマイズするのに最適なチャネルの1つです。
スマートなセグメンテーションと創造性により、すべての顧客は自分の欲求とニーズにアピールするコンテンツを手に入れることができます。


そうは言っても、Eメールマーケティングに成功するための2つの方法があります。

A.適切なブランドのペルソナを反映する

収益性の高いD2C eコマースメールを作成するには、潜在的な購入者が誰であるかを知る必要があります。
しかし、それと同時に、魅力的なブランドペルソナを使用してその潜在的な購入者と関わりを持たない場合、関係を築くことを逃していることになります。


次のように考えてみてください。

「常に商品は。ブランド価値=商品+サービス」

B.商品固有の放棄されたカートフロー

放棄されたショッピングカートは、ある時点ですべてのeコマース小売業者にとって失った費用がかかっています。

ブランドは何をするべきか

トップ3〜4のベストセラーの商品固有の放棄フローを作成すると、他のすべての人が他の商品の「キャッチオール」放棄フローを取得することができます。

同じフローですが、メッセージは特定の商品(特に最初のメール)に固有のものになります。
一般的なブランドのメリットに焦点を当てている場合がありますが、商品固有のフローは=商品+オーディエンスに焦点を当てていきます。

商品の位置付けとメリットと顧客からの社会的証明

8.教育コンテンツに投資する

オンライン市場はますます競争が激しくなっています。(規制もです)
リソースセンターの作成には時間と創造性が必要ですが、提供するサービスに関心のあるオーディエンスを増やすことで、ブランドを中心にフォロワーを増やすことができます。

一貫性のある教育情報を通じて、これらの顧客に販売を呼びかけることができます。ブランドが魅力的なコンテンツを通じて顧客を教育するいくつかの方法を考えてみます。

A.検索用に最適化されたページ

顧客が検索しているものをすばやく簡単に見つけることができれば、サイトに長く滞在してより多くのページを表示する可能性が高くなり、検索エンジンのランキングに役立ちます。
したがって、SEOを念頭に置いてコンテンツを最適化してください。

ブログはこれを行うための1つの方法ですが、多くのブランドが使用しているもう1つのアイデアとしては、長い形式のランディングページ:LPを作成することです。
これは、テキストを補完するデザインと画像で最適化されています。ブログよりは短いですが、通常の商品説明ページよりは長くなっています。

HiSmile

歯のホワイトニングの仕組みとHiSmileキットの使用方法についてユーザーを教育するために、長い形式のランディングページを作成しています。

https://int.hismileteeth.com/products/teeth-whitening-kit?rdr=1

B.ビデオコンテンツ

ブランドの商品の周りにビデオを作成していきます。視聴覚コンテンツを使用して、商品/製品の最適な使用方法を通知、教育、およびデモンストレーションしていきます。顧客は、学習曲線を短縮する明確なビデオを見つけたときに、行動を起こすことは知られています。

トピックに取り組んでいる間に、教育的で刺激的なビデオコンテンツを大量に作成していきます。
たとえば、コミュニティトライアルビデオなどの展開があります。新商品・製品を試用してもらい、意見を聞いた顧客のグループを構築して、SNSで拡散していきます。

C.クイズ=インタラクティブなコンテンツ

最適な商品を推奨するために開発されたクイズは、Shopifyストアの買い物客が正しい商品を見つけるのに役立ります。
これの効果は、顧客は、パーソナライズされた購入体験を得ることができていることになります。
アンケート式のLP、チャットも同様の効果を狙っていますので経験済だと思います。


コスメ・サプリ・フード・アパレルなどのブランドは、デジタルマーケティングの取り組みでクイズ(日本では診断といっています。)を使用しています。

たとえば、LINE、Instagram、TikTokの広告では、商品のランディングページではなく、クイズに顧客を誘導していきます。
これにより、何千人もの顧客をコンバージョンに至らなかった商品ページ・LPに誘導するのではなく、顧客データ(および場合によってはeメールのオプトインや、LINEの友だち)を収集することができます。

9.メンバーシップベースの送料無料と1年間の返品を提供します

メンバーシッププログラムに関連付けられた「送料無料」(実際は、事業者負担という、消費者負担)は、オンラインストアにアクセスできる最も効果的なマーケティング施策の1つです。

メンバーシッププラン(これは、サブクリプションの1形態でもあります。)にサインアップした場合に消費者に無料の配送を提供することは、消費者がShopifyストアに戻ってくるようにするための優れた施策です。

Amazonはこれを「プライム」と呼んでいます。
ブランドがする場合は、年間1000円(実際は990円とかする)で、顧客は1000円以上の注文で無制限の翌日配達と特別割引を利用できるようにするとかです。メンバーシップ(本来の、〇〇の会ですね)に加入することでどれだけ節約できるかを顧客に示す比較チャートも有効です。

サブスクリプションコマースの特典としての、「送料無料・割引」は、1回限りの利用で終結するのを前提にビジネス設計してください。(縛りは効かないです。)

10.サイト全体にeメールキャプチャシステムを追加します

サイト全体でeメール収集ツール(LINE友だち登録でも、SNSのフォローでも)を使用すると、リターゲットまたはリ・マーケティングできる見込み客と顧客のリストを作成するのに役立ちます。(Cookieが使えなくなると尚更です)

顧客に自分のメールアドレスなどを教えてもらう1つの方法は、当たり前ですが、信頼を確立することです。対象を絞ったオファーや、対象となるオーディエンス・視聴者が情報と引き換えに高く評価する価値のあるものを提示してください。

たとえば、パーセンテージ割引だけではないポップアップを使用してください。代わりに、従来型の一般的なeメール割引の代わりに、最初の注文でオリジナルプレゼントなどのさまざまなものを探索して試してみてください。

11.オーディエンスに合わせたランディングページを作成します

現在のトラフィックの8%を変換できるとしたら、ストアがどのようになるかを考えてみてください。

トラフィックを最大限に活用するには、LP:ランディングページを訪問する人々に合わせて調整することが不可欠です。
Shopifyランディングページを作成するときは、ユーザーをそのページに誘導する広告またはリンクと一致していることを確認します。
シンプルさが基本です。後で使用するためにブランドの構築の目的を
維持してください。
基本的には、広告をクリックしたすべての人を同じランディングページに誘導するのではなく、ターゲットとする人のタイプに合わせたデザイン、画像、メッセージを使用して、ランディングページのバリエーションを4〜5個作成してください。

12.価格を最適化する

価格設定は、オンラインビジネスがクライアントとコミュニケーションするための最も重要な方法です。
残念ながら、価格設定の最適化は通常、ビジネスプランで後付けになってしまいますが、優先順位を付けると、隠れていた収益の数多くを発掘して、明らかにすることができます。

Shopifyでの商品の価格を最適化する方法

  • 消費者の支払い意思額(WTP:willingness to pay)を追跡し、それを使用して価格を設定します。
  • 競合他社の価格戦略を調べます。
  • 各顧客カテゴリーにアピールするために、さまざまなコストでさまざまなもの(まとめ買い・セット商品・キット商品・限定商品など)を提供します。
  • 予測分析を使用して、価格が上昇した後にどのクライアントセグメントが終了するかを予測します。

二重価格にならないように、しっかりとデザインしてください。

13.UGCを共有する顧客にインセンティブを与える

Shopifyストアで「社会的証明」の影響を有効にすることで、ユーザー生成コンテンツ:UGCに貢献して、より多くの参加を促すクライアントに報酬を提供します。

共有するUGCの割引コードを顧客に提供することで、顧客の購買体験の最後の部分の顧客維持に取り組んでいます。
基本的には、割引は顧客に戻って再度買い物をする理由を与えることになります、顧客はソーシャルメディアでお気に入りのバンドを共有して、続けてより多くの特典を得ることができます。


それは、マイクロインフルエンサーマーケティングと口コミのようなものになります。

14.「ロスリーダー」商品を用意する

日本ではあまりみません、ロスリーダー商品は、より多くの顧客を引き付け、顧客をブランドのコマースサイトとリアル店に訪問させるために、ブランドに損失を与えて、コストを下回って販売される商品です。

ロスリーダーは、ブランドとして、顧客が何か新しいことを試みたりするリスクを取り除いたことを示しています。価値と利便性は、ロスリーダーが両方を提供する重要な変換要素になります。
ブランドのメリット:利点は、補完される商品の選択が適切に設定されていて(利益が高く)、購入後の流れが強い場合、顧客はカートに他のものを追加して変換することになります。


ただし、ロスリーダープログラムの実装には注意してください。ブランドしては顧客が購入する前に割引を待つことが当然ように顧客の購買行動の条件付けたくありません。

解決方法

リワードプログラムを活用してください。顧客が割引を受けるように勧められた場合、または割引が「会員のみ」に限定された場合、割引の背後にある商品はその価値を保持することができます。
これによって、より安い価格設定が安価な商品の結果であるという認識を排除するのには役立ちます。

まとめ

いかがでしょうか。Shopifyを活用しての、コマース、オムニチャネルでの顧客購買体験の設計や、マーケティングとコミュニケーション施策、それを支えるフルフィルメントを、よりシンプルに、便利に運用するためには、アプリだけではなく、ソースの設定も重要になります。

Shopify Shopify Plus の構築や、他のコマースシステムからのリプレース、通販基幹システムのオムニチャネル化kへの対応、グロースハックにお困りの場合は、いつでもお気軽にご相談ください。

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

吉村 典也

監修者

アドバイザー

吉村 典也

日本の製造業を強くするためのコンサルティング会社、外資システム会社などを経て、通信販売(ダイレクトマーケティング)、Eコマースの事業運営・CRM/購買体験購買後体験)運用・フルフィルメントサービス運用のアドバイザーとして、CS&BPOセンター(CX設計・運用からシステム設計・運用まで)の新規立上・受託までを担ってきた。通販基幹システム・Eコマース・オムニチャネル/OMO・CRM+MAシステムのマーケティングセールスから、業務設計・運用までをコマース・小売事業会社ととも一緒にアクション&グロースしてきた。
大手通販グループの「単品リピート(サブクリプション)/通販基幹CRMシステム」外販・導入サポート業務を通じて出会った事業者とのコミュニケーションを通じて、まだまだ、日本のDNVB・D2C(DTC)ビジネスにはチャネルとしてではなく、「顧客中心」としてのホネストビジネスとして、再成長の可能性、未知のカテゴリー、オムニチャネルコミュニケーションからのオムニチャネルコマース体験がある、それを支えるコマース事業者のインハウス化が必要であること、そして柔軟に迅速にその業務を支持・運用できる、MACHコンポーザブルタイプのシステムを広めることが大切と確信しつつ、1社でも多くの30億、100億円事業にグロースするためのアドバイス・サポートを提供している。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

オムニチャネル・ユニファイドコマース BOPIS SFS ROPO コンテンツリスト
オムニチャネル・ユニファイドコマース BOPIS SFS ROPO コンテンツリスト
小売業は、人工知能を未来のツールと見なしているかもしれます。実際には、AIは今ここにある小売業の課題に対処するために不可欠なツールです。それは、「人」の知恵を際出すことができるからです。 人工知能(AI)の現状 小売業界をナビゲートし...
続きを読んでみる
ユニファイドコマースとオムニチャネル コミュニティ マーケティングの力: コミュニティ マーケティングとは
ユニファイドコマースとオムニチャネル コミュニティ マーケティングの力: コミュニティ マーケティングとは
進化し続けるマーケティング&コミュニケーションの世界では、ブランドがオーディエンスとつながり、顧客との長期にわたる関係を深く育むための強力な方法になりつつあるコミュニティ マーケティングへの道を切り開いています。従来のマーケティング戦...
続きを読んでみる
ユニファイドコマースとオムニチャネル AI商品レコメンデーションのポイント
ユニファイドコマースとオムニチャネル AI商品レコメンデーションのポイント
ユニファイドコマースとオムニチャネル コマースでは、多くの場合、買い物客に提示される商品のレコメンデーション・推奨事項は実際には非常に限られており、特定のセッションの注文額を高めるような関連商品は実際には推奨されていません。そこで、ブ...
続きを読んでみる
ユニファイドコマースとオムニチャネルとは LLM AIのメリットと活用ポイント
ユニファイドコマースとオムニチャネルとは LLM AIのメリットと活用ポイント
大規模な言語モデルは、Eコマースにおける AI :人工知能 ソリューションとしてよく議論されます。これらのアプリケーションをデジタル運用プラットフォームに統合することは、カスタマー ジャーニー・顧客体験の改善とプロセスの最適化に大きく...
続きを読んでみる
DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する カテゴリー&ブランドリスト
DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する カテゴリー&ブランドリスト
すべてのビジネスは、顧客満足度と忠誠心を基盤として構築されています。どのような製品やサービスを販売するにしても、既存の顧客を維持し、新しい顧客を引き付けることに注力することが重要です。顧客維持とロイヤリティは、長期的なビジネス成長の鍵...
続きを読んでみる
ユニファイドコマースとオムニチャネルとは 決済・財務会計のポイント
ユニファイドコマースとオムニチャネルとは 決済・財務会計のポイント
決済は、ユニファイドコマースの実装と成功において重要な役割を果たします。リテール店舗、オンライン コマース、モバイル アプリ内など、あらゆるチャネルのすべての決済システムとデータを統合することで、顧客をより適切に特定し、ニーズを理解し...
続きを読んでみる
ユニファイドコマースとオムニチャネルとは POS統合のポイント
ユニファイドコマースとオムニチャネルとは POS統合のポイント
プラットフォームのクラウドベース POS システム(デジタルレジシステム )を使用すると、オンラインチャネルを制御するだけでなく、オムニチャネルリテールとして店舗を簡単に統合することもできます。POSを使用することで、プラットフォーム...
続きを読んでみる
ユニファイドコマースとオムニチャネルとは 購買およびサプライヤー管理のポイント
ユニファイドコマースとオムニチャネルとは 購買およびサプライヤー管理のポイント
小売企業にとって、対面(店舗)リテールまたはオンラインコマースのみに力を注ぐだけでは十分ではないかもしれません。調査によると、顧客は買い物の際に複数のチャネルを使用することを好み、小売企業には新しいコマース体験を構築して、提供するよう...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー