ブランドロイヤリティのためのリワードプログラム

ブランドロイヤリティのためのリワードプログラム

eコマース業界で最も強いトレンドは、オンラインのパーソナライゼーションです。
パーソナライゼーションは、サイトのデザインだけでなく、ブランドが顧客と対話する方法に関係します。顧客の行動パターン、購入率などです。
それは、ブランドは、収益に大きな影響を与え、ブランドロイヤリティを生み出すロイヤルティプログラムを立ち上げるためのツールを持っていることになります。

ファッション・アパレル、美容・ビューティ、食品・飲料の上位3つの業界の主要ブランドを調査して、新しい定性調査を実施しました。私たちは、ブランドがロイヤルティプログラムを成功させる方法、忠実な顧客に対する独自のアプローチ、効果的なプロモーションについて探索してみました。

私たちの調査により、顧客とつながるための最適な方法と、驚くべき結果を達成するための関係を強化する方法についてご一緒に考えていきましょう。

食品・飲料

情報は広まります、1人の料理評論家のレビューがブランドの運命を決定する力を持つことができるかもしれません。
私たちが信頼する味覚を持つ友人や家族からの推薦も同様に重要なコンテンツ・情報です。

基本的に、口コミは、ソーシャルメディアでの共有をされている側面があり、食品および飲料業界にとってはすべてと言っても過言ではありません。

美味しそうな食事の1枚の写真が、私たちの味覚を狂わせ、コマースのカートクリックにまっすぐ導いてくれることは誰もが知っています。

強力な推薦の必要性と、肯定的な経験を他の人と共有したいという願望こそが、紹介プログラムが非常にうまく機能する理由の1つでもあります。

ロイヤルティプログラムを構築する際にこのことを念頭に置いて実施します。

新規顧客を紹介した顧客に報酬を与えたいと考えていたとします。紹介された顧客には 3000円(商品価格の20%とか30%とか)の割引を提供する紹介プログラムを開始し、紹介者には 3000円のストア クレジットを提供します。

紹介割引に加えて、新規顧客は初回購入に対してストアクレジット報酬を受け取ります。

ロイヤルティプログラムの最後のステップは、カートの合計金額に基づいて報酬を追加することです。

このリワードの組み合わせを使用して、すべての新規顧客にブランドを紹介すると同時に、再び買い物をする最良の理由、つまり引き換えを待っているストアクレジットリワードを提供することでリピートをアップできます。

ポイント:

食品・飲料業界では、リピート購入率は他の業界よりも比較的高くなっています。
高いRPR (Repeat Purchase Rate: 顧客が再購入する割合を示す指標)を活用して購入間隔を短縮し、リワードに有効期限を追加して緊急性を高め、お客様が再びストアに戻って買い物をするように促すことをお勧めします。

ファッション・アパレル

ファッションは、実店舗とオンラインストアの両方で季節的な業界です。
支出パターンの変動に対応するために、店舗ではシーズン末のセール、クリアランスアイテムの広告(掘り出し物が嫌いな人はいないでしょう)、新しいコレクションの割引、サンプルの販売、ホリデーシーズンなどでの割引、リコマースなどを提供しています。
競争の激化とブランドロイヤリティの低さが相まって、ブランドは消費者を店舗に誘致するために、良い割引を提供し、多くの販売期間を設定することを余儀なくされています。(毎日がセールみたいに)

店舗の大型セールなどでもたらしたトラフィックの増加を利用して、ブランドロイヤリティとRPRを高めることで、この問題に取り組むことができます。
期間限定のストアクレジット特典を提供して、同年末に失効させるようにします。これで、顧客はブラックフライデーなどのイベントセール中にクレジットを使用するようにできます。
償還率(利用率)と収益で、キャンペーンが成功したかどうかを判断できます。

ポイント:

ファッション業界は、ブランドロイヤリティの低さに悩まされています。調査によると、ミレニアル世代は最も忠実な世代であり、割引を求めているのではなく、自分のニーズを満たす 魅力的な体験を提供できるブランドを探しています。

ロイヤルティプログラムを通じて顧客との関係を強化し、早期アクセスやVIPイベントなどを含む単なる割引以上のものを提供するVIP階層ベースのプログラムを提供することです。

調査の結果、総合的な報酬プログラムを選択したファッションブランドは、RPRを向上させることができます。

美容・ビューティ

美容・ビューティ業界ではブランディングが非常に重要です。SephoraやUlta Beautyなどの美容小売大手、MAC cosmeticsやLancomeなどのメイクアップ&ビューティーブランド、Kylie CosmeticsやFenty Beautyなどの美容ブランドとの競争は熾烈です。

ブランドアイデンティティを確立し、忠実な顧客基盤を構築することは、ブランドの成功に不可欠です。

化粧品をカスタマイズする新しい方法を生み出し、「本物の人々のための本物のメイクアップ」という 5 分間のメイクアップ ルーチンを宣伝したとします。
ブランドは、顧客が必需品とバンドルを購入すると、そのバンドルや他の商品を再度注文する可能性が高くなることを知っています。
ブランドは、次の購入で使用できるストアクレジット報酬を提供することで、このバンドルをより魅力的にしていきます。

ポイント:

ビューティ業界は、2つの強力な買い物客グループに分かれています。

  • 1つ目は、すでにお気に入りの商品を持っている買い物客、
  • 2つ目 は、まだ探している買い物客です。

最初のグループでは、忠誠心がDNAに刻まれているため、サブスクリプションを提供して、商品を使い続けてもらいましょう。
次のレベルに引き上げたい場合は、他の素晴らしい商品のサンプラーなどを追加して、もう一度あなたに恋をするようにします。

2番目のグループでは、「私たちを知る」バンドルを作成して、最高の商品を紹介します。

ブランドのロイヤリティプログラムとは

ロイヤルティプログラムは、ブランドとその顧客との関係のパンとバターです。
ロイヤルティプログラムを利用することで(「を」、ではない)、顧客に働きかけ、AOVを増やし、購入間隔を短縮することができるはずです。

ブランドが新しいロイヤルティプログラムを立ち上げるときは、業界のトレンド、現在の指標、およびブランドが何を達成しようとしているかを念頭に置くことが重要です。

正しい戦略を立てれば、星にたどり着くことができます。

新しいロイヤルティプログラムを立ち上げるときは、常に、これまでうまくいったことと、うまくいかなかったことに目を向けることです。

常に、新規顧客の獲得と既存顧客の維持を統合する目標をサポートするアジャイルなマーケティング計画を作成することを推奨しています。

ロイヤリティプログラムの開始または更新を検討している場合は、一緒にあなたの夢のロイヤルティプログラムを作ることができます。