吉村 典也
吉村 典也

日本の製造業を強くするためのコンサルティング会社、外資システム会社などを経て、通信販売(ダイレクトマーケティング)、Eコマースの事業運営・CRM/購買体験購買後体験)運用・フルフィルメントサービス運用のアドバイザーとして、CS&BPOセンター(CX設計・運用からシステム設計・運用まで)の新規立上・受託までを担ってきた。通販基幹システム・Eコマース・オムニチャネル/OMO・CRM+MAシステムのマーケティングセールスから、業務設計・運用までをコマース・小売事業会社ととも一緒にアクション&グロースしてきた。

e コマース ブランドにインスピレーションを 通販・オムニチャネルコマース

D2C DNVB DTC EC EC物流 オムニチャネル オムニチャネルコマース

e コマース ブランドにインスピレーションを 通販・オムニチャネルコマース成功しているビジネスはすべて、新規顧客の初購入と既存顧客の再購入の維持の間でバランスを取っています。

また、e コマース ブランドとしては、獲得コスト(顧客は、ものでも獲物でもないですが日本では一般的な表現です)が高くなる中、ビジネスでは顧客の再購入としての顧客として維持することが特に重要になってきていると言われています。(昔の本来の商いに戻ったということです。)

問題は次のとおりです。顧客の支持を保持するのは難しい場合があります

記憶に残る長期的な関係を築くには、顧客をよく理解し、継続的で魅力的なカスタマーエクスペエンスを提供する必要があります。
これが、オムニチャネルEコマースビジネスを運営する場合、Eメールなどのコミュニケーションの自動化が絶対に必要となる理由です。

E(電子)メールは完全に自分が所有するチャネルであるだけでなく (つまり、誰をターゲットにするか、いつ人々と通信するか、どのようなメッセージを送信するかを選択できます)、Eメール テクノロジは非常に洗練されているため、あらゆるユーザーに対して非常にパーソナライズされたEメール ジャーニーを作成できます。
顧客のタイプによってはこれをSNSのDMやLINEなどのメッセンジャー、アナログのDMなどに置き換えて実施します。

おそらく、あなたはすでにある程度メールマーケティングを行っており、
「どうすればレベルアップできるのか」
と疑問に思っているでしょう。

心配しないでください。このコラムが役に立ちます。
ここでは、各タイプのフローやキャンペーンの背後にある目的を含む、Eメール マーケティングを共有していきます。

EメールフローとEメールマーケティング キャンペーンの違い

キャンペーンは、特定のユーザーのリストまたはセグメントに送信する 1 回限りのメールまたは メッセージです。
これらは手動でスケジュールされ、通常は特定の休日や行事などに関連しています。
キャンペーンEメールとメッセージの例としては、

  • 商品の発売
  • セール
  • プレゼントキャンペーン

のお知らせなどが挙げられます。

フローは、ESP(メール配信システム) のバックエンドで設定した特定の基準によってトリガーされる自動メールとシーケンスです。
これには、ユーザーがそのフローの条件を満たしたときに開始される 1 つのEメールだけを含めることも、一連のEメールを含めることもできます。
たとえば、ユーザーがカートに商品を追加したものの、購入を完了せずにウェブサイトから離れた場合、その商品についてリマインドする 4 通のメール フローを自動的に送信することができます。

Eメールマーケティング施策の構築

Eメール マーケティング施策には、フローとキャンペーン メッセージの両方を含めます。
ただし、ここではトリガーされたフローの目的に焦点を当てます。

設定が完了すると、これらの自動メールはバックグラウンドで実行される継続的な収益源になります。
したがって、これらすべてのメールの顧客視点のコミュニケーションの青写真として計画することが重要なポイントです。

施策に入る前に、何に取り組んでいるのかを知る必要があります。

ステップ 1: 監査を行う

Eメール マーケティングは、最初に準備作業を行わずに構築することはできません。
マーケティングに慣れていない人だけでなく、毎日一日中メールをやり取りしているエージェンシーなどのパートナーにも当てはまります。

まず、一歩下がって、対象ユーザーとその商品とのやり取りを定義することから始めます。
次のような質問を自分に問いかけてください

  • ブラウザで購入者に変えるメッセージと価値は何でしょうか。
  • 顧客はカスタマーサポートチームにどんな質問をしますか。
  • 顧客は最初に何を買うのでしょうか。
  • 顧客は誰なの。
  • 顧客はいつ、そしてなぜ二度目の注文に戻ってくるのでしょうか。

等々。

自分のブランドを隅々まで知っていると思っている場合でも、時間をかけてこれらすべてのことをじっくり考えてください。

いつ何を顧客に言うべきか、伝えるべきかを知るためには、顧客のジャーニーを新たに理解します。
ここでは、コミュニケーションを改善する方法と、Eメールでどのような価値を提供できるかを考えていきます。

ステップ 2: 目的、ブランディング、クリエイティブの概要を構築する

ステップ 2 は、Eメール購読者との可能な対話のマップを作成することです。

目的(一般的には、「戦略」です。何故なら日本人はこの言葉が大好きです。)を理解するには、技術的に何が可能なのかについて、少なくとも基本的な理解を必要とします。
これらすべてを初めて使用する場合は、基本的な自動Eメール マーケティング施策には次のトリガー エクスペリエンスが含まれていることを確認しておいてください。

  1. Eメール アドレスを収集するための顧客登録フロー
    (そうしないと、通信する相手がいなくなります。これをLINEなどに置き換えても同じです。)
  2. あなたのブランドを初めて知った最近の購読者への歓迎のシーケンス
  3. 放棄されたカートを回復する一連のEメール
  4. 購入後の体験

目的に応じて多くのメール施策を追加することができます。
これらの顧客としてのコミュニケーションの経験は、すべての店舗が実現しなければならない最も簡単な成果でもあります。
さらに、同じ思考プロセスを次の自動化エクスペリエンス(LINEなどのメッセンジャー、SNSのDM、アナログのDM、電話)のバッチにも使用できます。

ブランディングに関しては、楽しむことが重要です。
シンプルなコンセプトですが、あなたが楽しければ、顧客も楽しくなります。

メールのデザインとブランディングを楽しんでください。これは、視聴者にあなたのブランドの本当の個性を示すチャンスです。大胆でユニークなデザインを作成して、競合他社のメールの中で目立ちましょう。目を引く GIF を使用してメールに動きを追加することも、閲覧者の注意を引くのに役立ちます。

ウェルカムシーケンス

Eメールを誰が受信するかを定義します。
まず、顧客の人口統計 (性別、年齢、所在地、収入、興味など) を知る必要があります。
ヘア商品を購入するミレニアル世代や Z 世代の女性とのつながり方は、育毛ヘア商品を探している中年のお父さんへのアプローチ方法とはまったく異なるため、これは重要な情報です。

視聴者があなたのブランドを発見したばかりの人だとします。そのため、この新しい購読者と共有したいことをすべて考慮してみてください。

ここで、準備作業をポケットや引き出しから見つけます。

  • あなたのブランドストーリー
  • あなたの商品を際立たせるものは何ですか
  • ブランドとして信じている価値観
  • 他のお客様からいただいたお褒めの言葉
  • 初めてのお客様が最初に手に取りやすいベストセラー

これらをリストアップしたら、論理的に優先順位を付ける準備が整っていきます。
顧客がどの段階にいるかに応じて、どのような情報が注文に最も役立つ可能性があるかを考えていきます。

初回購入時に割引コードを受け取るためにサインアップしたばかりのユーザーがいる場合は、その情報をできるだけ早く共有していきます。
それが顧客が探しているものだからです。
その場で購入するには十分ではない場合は、ブランドストーリーと価値観を共有してフォローアップし、なぜあなたから購入したいのかを理解してもらうことが大切です。

おそらく、適切な商品を選ぶのに少し助けが必要なので、次に、ベストセラーを強調することや、パーソナル診断を推奨することができます。
ユーザーが作成したコンテンツを共有すると、他のユーザーがあなたが提供するものを気に入っていることがわかります。
サインアップしたものの、失効しそうな期限切れのオファーについて、緊急性を高めることもよくある施策です。
最後に、それでもうまくいかない場合は、飛躍するために別のオファーが必要になる可能性があります。
あるいは、見られていると感じるためのブランド創設者からの個人的なメモかもしれません。

メール フロー (ウエルカム、購入後、閲覧・カートの放棄、返品・交換など) に関係なく、読者がその時点でどのような立場にいるのかを常に自問する必要があります。
商品と、顧客の問題の解決に最も役立つ情報は何か。

このようにして、EC Intelligence 経由で利用できるすべての自動トリガーを通じて、どの情報をいつ、誰に共有するかを定義・設定していきます。

Eメール キャンペーンとシーケンスのメニュー

Eメール キャンペーンで、シーケンスのライブラリ
メール ゲーム(日本では俗に、単品リピートではステップメールと言われていますが、この言葉の定義では他のカテゴリーにはマッチしません)にしばらく携わっていると、考えられるすべての種類のフローやキャンペーンにすでに取り組んでいるように感じることになります。
しかし、自分とCSチームを信じてください。常に何か新しいことをインスピレーションとともに思いつくことができるはずです。顧客と対話していればですが、他社の真似ではなくてです。)

私たちが「Eメール キャンペーンとシーケンスのメニュー」と呼んでいるものです。
フローとキャンペーンに分類しています。

1. トランザクションの流れ

トランザクションEメールは、トランザクションに基づいてトリガーされます。これらは、ブランドが購入した顧客に最新情報を伝える方法です。

これらのフローで表示される一般的な e コマース トランザクション メールには次のものがあります。

  • 注文の確認
  • 配送に関する最新情報
  • 配送完了の確認
  • 返品・返金確認

一部のブランドは注文確認メールのみを送信しますが、発送プロセス全体を通して常に顧客に最新情報を提供することがベストプラクティスです。
これで信頼が構築され、ブランドと消費者の関係が強化されます。

トランザクションメールのベスト プラクティスをお読みください。

購入後のエクスペリエンス: eコマースの新時代

購入後メールのアイデア

トランザクションメールを活用してブランドロイヤルティを構築する

発送確認メールを単なる取引通知以上のものにしてAOV CLVをアップする方法

最初に期待されるコンテンツを共有します。

  • 「注文が配達されました」メールで、配送の詳細から始めて、その後、おそらく彼らが望むかもしれない他の商品を示します。
  • サポートへの連絡方法や必要な情報の入手先の説明など、役立つ詳細をできるだけ多く含めます。
  • 最大限の努力をして、非常に高い開封率を活用しましょう。あなたが誰であるか、そしてあなたの価値観について少し共有してください。
  • 最後に、使用する出荷プログラムに応じてフロー内のタイミングを使用して、あまりにも多くの更新を送信しないようにします。

日本での宅配システムは、荷物のパッケージが配送ポイントでスキャンされるたびにイベントをコンポーザブルな注文管理:OMSで受け取ることができます。
これをベースに毎回メールを送信してしまうと、顧客に非常に迷惑をかけてしまいます。それは、マイポータルページで配送状況をAmazonのように見せることで解決できます。

2. ウェルカムフロー

顧客が購入を通じて初めてメールをあなたのブランドと共有するときは、個人的なウェルカムフローに従ってフォローアップすることが重要です。

「ウェルカム シリーズには何通のメールを含めるべきですか?」
という質問がありますが、これに関するルールはなく、顧客と適切な情報を共有して価値を提供するために必要なメールの数が決まるということです。

一般に、顧客が高い関心を示したばかりなので、最初は各メールを 1 日おきに送信するのが適切なペースかも知れません。
この時点からパーソナライズされている必要があります。そして、パーソナライズを深めていくに向かって、それらのコミュニケーションのコンテンツをさらに広げ始めることができます。
ウェルカム フローで 5 ~ 6 通のEメールを送信する傾向がありますが、タイミングと期間は別です。
各Eメールには価値の高い楽しいコンテンツが含まれていることは当然です。(買え買えオファーではないですよ)

ただし、ウェルカム メールにどのような情報を含めるべきか疑問に思われる場合は

  • (オファーにサインアップした場合は) スクロールせずに見える範囲にコードを表示し、適用方法を説明して使いやすくします。
  • ベストセラーを強調表示して、新規訪問者が買い物しやすいようにする
  • よくある質問に回答し、連絡方法を知らせます
  • 信頼を築くために顧客レビューを含める

ウェルカム メールは商品のプッシュも兼ねている場合は(特に割引を組み込んでいる場合は)、「このフローを開始してから注文が●●回」のフローフィルターは必要です。
その後、購入すると終了し、購入後のフローに入ります。

3. カート放棄メール

顧客がカートを放棄した場合は、数回のメールを送ってフォローアップします。
平均して、カート放棄メールは 1 日の間隔で3-4 通送信します。

私たちが推奨する最初のEメールは、単なるプレーンテキストのEメールです。
基本的にデザイン要素のないメールなので、顧客に売り込まれているようには感じられません。代わりに、ブランドの誰かが個人的に役に立ちたいと手を差し伸べているように感じさせることです。

サポート チームの誰かからのプレーン テキストのEメールです。顧客がカートに何を残したかを思い出させます。

この最初のプレーン テキスト メールは、ブランドのサポート チームの誰かから、シンプルで育成的なメッセージを送信して送信される必要があります。最後に、顧客のカートに戻るリンクを複数含めます (メールの先頭に 1 つとメールの終わり近くに 1 つ)。

放棄されたカート フロー内の他のメールでは、顧客とつながるために店舗と商品の価値を強調して、他のリンクでユーザーの気を散らさないようにします。
目標は、カートに戻すことでコンバージョンを獲得することです。

4.ブラウズ放棄メール

カート放棄メールと同様に、商品の閲覧に時間を費やし、結局カートに何も追加せずにページから飛び出てしまった顧客に、閲覧放棄リマインダーを送信することができます。

ただし、カート放棄メールほど頻繁に送信しないことです。
顧客は、最終的には購入に至らない商品を常に閲覧していますが、商品ページを離れるたびにメールが届くのは煩わしいものです。

このようなメールを送信する場合は、商品に関する有益な情報を共有し、顧客がパーソナルページやPDPのLPから購入できるようにしてください。
これは、商品に関するレビュー、UGC、社会的証明、ブログ記事を表示する鉄板の良いフローです。

5. ロイヤルティおよび紹介メール

これらは買い物客が気づいていない可能性がある重要なメリットであるため、ロイヤルティおよび紹介プログラムをさまざまな場所で宣伝する必要があります。

顧客は、ロイヤルティ プログラムに参加すると魅力的な特典が得られることをウェルカムフローで知った後、再注文を行うことを決定する可能性もあります。

または、初めての購入に興奮している新規顧客に紹介特典を共有すると、ネットワークを通じてブランドの宣伝に協力してくれる可能性があります。
したがって、フロー内の適切なタイミングでこれらについて言及して参加してアクションするように促してください。

場合によっては、これらの特典に特化したキャンペーンをリマインダーとして送信することも必要です。
さらに、リマインダーとしてフローやキャンペーン全体に散りばめるEメール セクションを設けることも大切です。

最後に、ロイヤリティプログラムのリワードポイント残高、紹介特典、ストアポイントでできること、プログラムの更新などに関する最新情報を定期的に送信することを忘れないでください。

6. 購入後のメール

購入後の施策は、ブランドと商品に合わせて高度にカスタマイズする必要があります。
タイミング、クロスセルの提案、啓蒙・教育情報はすべて独自にカスタマイズされます。
一般的なベスト プラクティスをいくつかリストします。

  • 購入後約 1 日以内に、初めての購入者には感謝状を送信し、リピーターには別のバージョンの感謝状を送信します。お客様からも感謝の気持ちが伝わります!
    注文をキャンセルまたは返品した人は必ず除外してください。
  • 顧客は新しい注文ごとにフローをトリガーするため、顧客がフローに参加するのは一度に 1 回だけであることを確認してください。

初めての購入者とリピート購入者の間で条件付きの分割を構築し、タイプごとにカスタムのEメール コンテンツを作成します。
それぞれのタイプの購入者にとってより適切なメッセージを作成します。
このフローに含まれるEメールの種類は非常に多いため、アイデアが尽きることのないようにしてください。

お礼のメール

顧客が購入するときは、注文に対する感謝の気持ちを伝えます。
はい、これは注文確認メールの送信とは異なります。
誰かがお金を出して何かを購入する場合、その人はあなたとの関係を開始することになりますが、それを育てていくのはブランドであるあなた次第です。

初めての顧客には、リピーターとは異なるお礼メールが届くはずです。
リピーターの顧客は再度購入することでロイヤルティを示しているため、もう少し個人的なものを送っていきます

ブランドの舞台裏など

顧客が何を好むか知っていますよね。
商品が実際にどのように作られるのか。舞台裏である内側からの視点を与えることで、文字通りブランドへの秘密についての洞察を顧客に与えているので信頼することができます。
そうです。
もしかしたらそれらは秘密ではないかもしれません。
これは高品質のプレミアム商品とその作成に費やされた細部を伝えるための良い鉄板の方法であることは歴史が語っています。

商品の推奨事項

顧客が購入したものに基づいて、顧客が興味を持っている商品、懸念事項、そして顧客がより良い自分になるためにあなたのブランドがどこに役立つのかについてかなりよく理解する必要があります。

たとえば、脂性肌用の保湿剤を購入した場合、脂性肌に関連する他の商品が推奨されていくはずです。

購入後のメールフローでは、これらの他の商品のアップセルを忘れずに行って、顧客を再度購入してもらいましょう。商品の特徴などを共有する楽しく創造的な方法は沢山あります。

ソーシャル チャネルを強調する

顧客とEメールでやり取りができたら、ソーシャル メディアなどの他のマーケティング チャネルとの同期を試みることができます。
チャネルの宣伝は、メールの小さなセクションで行うことも、それに関する専用のメールを送信することもできます。

すべてのソーシャル メディア チャネルへのリンクを提供すると、読者が混乱するかもしれません。
Facebook、Instagram、X(Twitter)、TikTok、Pinterest などを使用している場合、どれをクリックすればよいかわからないです。
最適なチャネル (または最も重要なチャネル) を選択して、顧客がフォローする理由を説明してそれをガイドします。

配送と返品のポリシー

発送や返品に関連するサポート チケットを大量に受け取った場合は、顧客への配送状況の案内やポリシーの説明により多くの時間を費やしているかもしれません。
これらのポリシーをウェブサイトや、パーソナルポータルページに明確に表示することや、Eメールでの配送と返品の仕組みを説明することで解決します。

これについて専用のメールを送信する必要はありませんが、さまざまなキャンペーンやフローのどこかにブロックを含めておくと、最近購入したばかりの顧客にとって役立ちます。

返品・交換など
返品と交換のポリシー、返品の送料、顧客が返金を期待できる時期について説明する大きなセクションを割くことも一考です。
また、配送、返品、または全体的な満足度について質問がある場合に、顧客が問い合わせる方法としてマイポータルページのリンクやそのメニューについても説明していきます。
これは顧客にとって、Web サイトのお問い合わせページを探しに行く必要がなくなるので便利です。

商品のメリット

  • あなたの商品には、競合他社よりも優れているどのような機能がありますか。
  • 顧客のどのような問題を解決していますか。
  • それらを使用する主なメリットは何ですか。
  • 顧客が再度購入する理由は何でしょうか。

これらの質問はどこででも言われる基本的なことです。すべて、購入後のフローで少なくとも 1 通のメールで回答していることでもあります。

購入後に顧客が受け取る ●通目のメールで、再購入して、商品を持つことのメリットをコミュニケーションして、なぜもう1つ、もう1回購入する必要があるかを説明していきます。

よくある質問

サポート チャネルを通じてよくある質問が寄せられる場合は、それらのトピックについて顧客に少し教育する良い機会とします。

Eメールは、これに適したチャネルです。特に、Eメールを購入後のフローの一部にして、商品を使用して成功するために知っておくべきことすべてについて顧客に教育する場合には最適なチャネルです。(必ずしもサイトに再訪問するわけではないので)

これはフェムテックでは、妊娠中の健康に関するよくある質問について顧客に説明するEメールや、スキンケアでの変化の捉え方、アパレルではお手入れ、バックやシューズでは修理の案内のなどの成功している例がいくつかあります。

顧客調査

カスタマー レビューを収集し、商品やカスタマーエクスペエンスを向上させる方法を見つけるには、ユーザーにアンケートへの回答を依頼します。

これを奨励することもできますが、そうする必要はあまりありません。購入後のフローの一部に含めると、かなりの数の反応が得られます。このメールは、ユーザーが商品を受け取った後のある一定のタイミングにのみ届くようにしてください。

教育メール

FAQ メールと同様に、商品の最適な使用方法を顧客に教育します。
これには、商品の選択方法、商品の肌への利用方法、商品を使用する最適な時期や着こなし、商品を最良の状態に保つための手入れ方法などが含まれます。

7. レビューとUGC

レビューは、顧客との信頼を築くための最良の方法の 1 つです。そして人々は、何か新しいものを買う前に、常にそれらを検索します。
レポートによると、顧客の約 95% は購入前にレビューを読んでいると言われています。

レビューや UGC を他のメール キャンペーンやフローと結び付けることも、素晴らしいレビューを紹介することだけを目的としたメールを送信することもできます。
多くの顧客に満足していることをアピールしますが、ユーモアの要素を使用してみることもブランドによってはありかもしれません。

商品レビューを集める方法として次の方法を試してみてください。

  • 購入後に顧客満足度を尋ねるアンケートを送信します。
  • 顧客の商品が到着したらEメールを送信し、レビューを書いてもらうための正確な PDP にリンクします。
  • 個々の PDP にレビューを表示し、顧客がそのページから簡単にレビューを書き込めるようにします。
  • ロイヤルティ ポイントでレビューを奨励します (写真を共有するとさらに多くのポイントが付与されます)。
  • 荷物や同梱物に QR コードを追加すると、顧客がコードを簡単にスキャンしてレビュー フォームに誘導できるようになります。

8. 環境設定の更新

ほんの少しでもパーソナライゼーションは、メールのエンゲージメント率を向上させるのに大いに役立ちます。
ポップアップで顧客にメンズ コレクションとウィメンズ コレクションに興味があるかどうかを尋ねれば、フローのコンバージョン率を高めることができます。

ポップアップ経由で顧客に質問するだけでなく、ランディングページの設定を更新するよう求めるEメール キャンペーンを送信することもできます。

パーソナルページとしてのランディング ページでは、顧客がどのような種類のメール コンテンツを希望するか、自分のコーディネイトの希望とか、ケア系であれば状態が段階でどのような状況にあるかについての設定を更新するよう求めることもできます。

この情報を収集すると、一意のパスとメールタイプを作成して、よりパーソナライズされた情報を送信できるようになります。
たとえば、猫ではなく犬を飼っていると答えた顧客に、ドッグフードと犬のおもちゃだけを送ります。

また、メールのフッター内にリンクを追加して、購読者がいつでも簡単に設定を更新できるようにすることもできます。ユーザーの設定を更新したら、受信するコンテンツの種類を更新していることを確認するメールを送信することでできます。

9. ウィンバックメール

ウィンバックEメール キャンペーンは、非アクティブな購読者に連絡を取り、再び参加してもらうために使用されます。購入を促したり、単にメールを開いて再度メールを操作したりすることも考えられます。

いつウィンバックメールを送信すればよいかは迷えるものです。
タイミングは商品とバイヤージャーニーによって異なりますが、6 か月から最長 2 年程度で送付されることが一般的です。(日本人の大好きな、教科書的な答えとして)

このメールでは、興味深い情報を共有したり、新商品や現在のベストセラーを紹介したり、商品のメリットを強調したり、特別割引を提供したりしています。
ただし、これらのメールを次の購入体験のレベルに引き上げたい場合は、ユーザーの過去の購入に基づいてメールをセグメント化します。
関連性の高いオファーは常にエンゲージメントの向上につながります。

新規顧客化(日本では「獲得」として獲物化していますが)へのメールでは、顧客に質問がある場合やサポートが必要な場合に、カスタマー サービス チームに連絡する方法を説明します。
これで、最新情報を知らなかった顧客との信頼を再構築するのに役立ちます。

また、この顧客はあなたが誰であるか、何を販売しているかを忘れていることがほとんどであることを忘れないでください。
したがって、最初からそれを明確にしてコミュニケーションしてください。

10. eコマースのサブスクリプションメールとメンバーシップメール

メンバーシップおよび購読メールの鍵は、明確で一貫したコミュニケーションです。

顧客はクレジット カードの毎月の請求額に驚くことを望んでいないため、今後の請求、キャンセル、更新、その他の重要な情報を常に最新の状態に保ちます。

プログラムに参加するメリットを強調することを忘れないでください。これにより、メンバーシップの維持が促進されます。

11. ホリデーキャンペーン

休日(ホリデー)のメールといえば、母の日、父の日、感謝祭、ブラック フライデー、サイバー マンデー、クリスマス、新年、バレンタインなど、参加できる伝統的なメールが常にあります。

しかし、楽しいキャンペーンを刺激するために利用できる、ユニークで小規模な祝日もたくさんあります、顧客にメールを送信する十分な理由となります。

すべてのホリデーメールはユニークであり、独自の戦略を持っています。
悪乗りのなんちゃってアメリカクリスチャンになるには

  • ハロウィン
  • 感謝祭のメール
  • ブラックフライデーメール
  • クリスマス
    顧客に対し、まだ注文してクリスマス前に届けられることを知らせるEメールは良く知られています。
    大晦日でのおせちとか
    母の日の間際とか

12. セールスおよびその他のプロモーションメール

セールを開始する場合、通常は休日など、特定の何かに結び付けられます。
メールの本文でそのつながりを顧客に明確に伝えることが最善の施策です。

"「20% オフ」や「送料無料」などの単語は注目を集めるため、メールの件名に使用すると開封率が向上することがよく知られています。顧客にオファーがある場合は、常にそれを有利に活用してください。

新学期シーズンを利用して、ラップトップ バッグ、キーボード、充電器などの学生に関連する商品を宣伝するために、サイト全体で 20% オフのセールを開催したりします。
すべてのEメール ニュースレターがセール関連であることは望ましくありません (そうしないと、顧客にセールを期待するようにトレーニングすることになります)。顧客にメールを送信する他の理由を見つけるには、傾向と季節的な機会に注意を払ってください。
明確なCTAを忘れずにしてください。

13.再入荷メール

CPGや日用品、食品ブランドの場合は、継続的に再入荷する商品があります。また、人気商品のため在庫切れとなる場合もあります。

これに対処するには、商品に興味がある顧客に「再入荷」通知を設定します。この通知は、商品が再入荷するとすぐに送信されます。(その前に予約をとることがポイントでもあります。)
そうは言っても、リマインダーをリクエストしたすべての顧客が最終的に購入に至るわけではありません。そのようなお客様には、商品が再入荷してから約 2 日後に再度リマインダーを送信します。

「再入荷」メールのタグを使用して商品の詳細を動的に表示することが重要です。商品画像、タイトル、および CTA を特定の商品詳細ページ PDP に表示します。

新サブスクリプション商品の補充または再購入のEメールのヒント

14. お知らせメール

商品の発売、会社・ブランドの最新情報、イベント、新しいパートナーシップ、景品、コンテストなどはすべて、顧客にメールを送信し、興味深い発表を共有して関心を高める理由になります。

これらのメールは、素晴らしい画像と魅力的なコンテンツを備えた楽しいものでなければなりません。

15.メッセンジャー購読の促進

Eメールは、ユーザーをLINEチャネルに誘導するための優れたツールとして日本では使われることがあります。
留意すべきプラクティスがいくつかあります。

  • このような種類のキャンペーンを送信する場合は、すでに、メッセンジャー・LINEを購読している顧客を除外します。
    そうでなければ、ただうるさいだけです。
  • メッセージはわかりやすくシンプルにしてください。ユーザーに LINE友だち登録を促すことが目標である場合は、他の CTA でユーザーの気を散らさないでください。
  • 顧客が簡単に登録できるようにします。ワンクリックで、リンク・テキストメッセージで送信します。これを実現するために複数の手順を踏む必要はありません。

LINEは顧客にとってメリットはあまりないプラットフォームですが、日本ではブームらしいでの念のために。

16. サンセットメールフロー

サンセット フローは、しばらくメールにアクセスしなかった顧客との関係を再構築するための最後の取り組みとして送信されます。
相手とのビジネスを取り戻すこともできますし、それでも相手が関与しない場合は、その相手をメール リストから削除するか永久に削除することもできます。

まず、ユーザーがサンセット フローに入るときのトリガーを設定します (ユーザーが最後にエンゲージしてからの期間 (120 日、180 日など) に基づいて)。このフローの一部として 3 つのEメールを作成する傾向があります。
ユーザーに興味を示す最後のチャンスを与えるために、すべてプレーン テキストのEメールです。

2 通目のメールではプロモーションを提案し、3 通目のメールでは、メールのリンクをクリックしない場合はリストから削除することを伝える短い内容です。

Sunset フローの最後に、条件付き分割を作成して、プロファイルが 3 番目のメールとやり取りしなかった場合に未関与としてマークします。
Sunset メールとリストのクリーンアップについて言えば、メール リストの健全性とメール到達性の向上についてもう少し詳しく知っていただくと役立つと思います。

リストの健全性と到達性に関するベスト プラクティス

自分自身をケアするのと同じ方法で、リストを健全に保ちます。良い習慣を身に着け、継続的に素晴らしいコンテンツをリストに追加することです。
何年もファストフードスパムをリストに浴びせ続けたある日、目が覚めるわけにはいきません。その時には手遅れになっている可能性が高いからです。

日本では、永遠に持ち続ける「通販会社」が多いですが全くの無意味です。800万人いると豪語していた会社はアクティブ2万で年間5億も売り上げていませんでした。過去は100億でもです。
4000万人のリストがあると豪語していた会社はクレンジングしたら1000万人でした。

メール リストのクリーニングに関するベスト プラクティス

メールの状態を気にする必要があるのはなぜでしょうか。
次のように考えてください。不健全なリストに送信すると、必然的に開封率とクリック率が低下し、受信トレイにメールが望まれていないことがわかります。
その代わり、受信トレイではすべてのメールがスパムとしてフラグ付けされるようになります。
つまり、エンゲージしている購読者もそうでない購読者も同様に更新情報を受信できなくなります。

自動化されたエクスペリエンスは、リスト全体のエンゲージメントに非常に役立ちます。これらのメールは、顧客の状況に特に関連した内容で顧客の行動に反応します。したがって、コミュニケーションにはトリガーされたメールに大きく依存する必要があります。
まず、温かく歓迎し、定期的に最新情報を送信します
まずは、リストに登録した人が誰でも温かく歓迎されるようにすることから始めましょう。
そうしないと、相手はあなたのことを忘れてしまい、今後あなたが送ったものは何も開かなくなるでしょう。

同時に、思慮深いキャンペーンメールも顧客との関係を強化し、大きな収益を生み出すことができます。
ニュースレターを送信して、時間に敏感で魅力的な価値を視聴者に伝えることができます。ただし、コンテンツに興味がある人々と確実に共有する必要があります。

顧客をインテリジェントにセグメント化する

リストを健全に保つための一番のベスト プラクティスは、リストを賢くセグメント化することです。配信性を保護する最も簡単な方法は、キャンペーンの大部分をエンゲージメントの高いセグメントにのみ送信し、平均開封率を 20% 以上に維持することです。

たとえば、過去 90 日間にメールを開いてクリックした読者を選び出すことができます。
場合によっては、そのセグメントをあまりアクティブでない読者にも公開したいことがありますが (セールなど)、ほとんどの場合は、健全な自動化が行われていて、誰かが最近何も開いていない場合に当てはまります。

顧客が何に興味を持っているかを理解する

次に、顧客が何に興味を持っているかを理解することで、より具体的にセグメンテーションを行うことができます。顧客の購入傾向を分析するか、何について読みたいのかを直接尋ねることができます。
そうすることで、受信するアップデートを制御する機会が得られ、この種のゼロパーティ データは、フローやキャンペーンをより適切にパーソナライズするのに役立ちます。ゼロパーティ データ。

サンセットキャンペーンを送信する

誰かがしばらく (おそらく 1 年) あなたのリストに載っていて、それ以来あなたの送信をまったく開いていない場合は、別れるべき時が来たと考えられます。
サンセット フローと呼ばれる最後の努力を試すことができます。

これらのメールは注目を集め、無関心な購読者を再び惹きつけようとします。この記事の前半で、Eメールのアイデアのメニューでいくつかの例を共有しました。読み飛ばした場合のために説明します。

それでもあなたのメールにアクセスしない人は、抑制されたほうがよいでしょう。そうすれば、相手が開かないメールを送信する必要がなくなり、MAでのプロフィールに対する支払いもしなくなります。

抑制リストを作成する

プロファイルは削除するのではなく、必ず抑制してください。プロフィールを抑制すると、料金は支払われなくなりますが、将来再び購読することにした場合に備えて、すべてのデータが保持されることになります。それらを削除すると、ストアとEメールとの履歴のやり取りがすべて失われます。

MAはハード バウンス (間違っているためメッセージを受信しない電子メール アドレス) を自動的に抑制することに注意してください。
また、MAは、7 回連続でソフトバウンスするメールアドレスを自動的に抑制します。ソフト バウンスは一時的な配信の問題により発生します。おそらく受信トレイがアクティブではなくなっているか、いっぱいになっているとかです。

送信する値に一貫性を持たせる

もちろん、これらすべてに加えて、価値の高いメールを継続的に送信することで、健全で成長するメール リストを維持できます。Eメール マーケティングのベスト プラクティスに従った魅力的なコンテンツ。

結局のところ、繰り返して退屈なメールを送信することだけを行っていると、最も忠実な顧客であっても飽きてしまい、メールを開かなくなってしまいます。

これらのEメール マーケティング キャンペーンを有効に活用してみましょう
フローとキャンペーンを更新して、ターゲット ユーザーに適切に伝わり、ビジネス目標を達成できるようにします。

成功する独自のEメール マーケティング施策を構築します。

メールを作成する前に、目的から始めることを忘れないでください。対象ユーザーを理解し、現在のEメール施策を監査して、チャンスのある分野がどこにあるかを発見する必要があります。
Eメールは、マーケティング担当者が予想しているよりもはるかに大きなタスクになる可能性があります。特に、より多くの機能を構築しようとしている場合はそうです。複雑な流れ。しかしだからこそ、この業界には信頼できるパートナーが存在します。

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

吉村 典也

監修者

アドバイザー

吉村 典也

日本の製造業を強くするためのコンサルティング会社、外資システム会社などを経て、通信販売(ダイレクトマーケティング)、Eコマースの事業運営・CRM/購買体験購買後体験)運用・フルフィルメントサービス運用のアドバイザーとして、CS&BPOセンター(CX設計・運用からシステム設計・運用まで)の新規立上・受託までを担ってきた。通販基幹システム・Eコマース・オムニチャネル/OMO・CRM+MAシステムのマーケティングセールスから、業務設計・運用までをコマース・小売事業会社ととも一緒にアクション&グロースしてきた。
大手通販グループの「単品リピート(サブクリプション)/通販基幹CRMシステム」外販・導入サポート業務を通じて出会った事業者とのコミュニケーションを通じて、まだまだ、日本のDNVB・D2C(DTC)ビジネスにはチャネルとしてではなく、「顧客中心」としてのホネストビジネスとして、再成長の可能性、未知のカテゴリー、オムニチャネルコミュニケーションからのオムニチャネルコマース体験がある、それを支えるコマース事業者のインハウス化が必要であること、そして柔軟に迅速にその業務を支持・運用できる、MACHコンポーザブルタイプのシステムを広めることが大切と確信しつつ、1社でも多くの30億、100億円事業にグロースするためのアドバイス・サポートを提供している。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

サプリメント&ニュートリション編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
サプリメント&ニュートリション編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
顧客は一般的なブランド情報以上のものを求めています。深いつながりを持ち、自分のことを知っていると感じたいと考えています。しかし、どうやってそれを行うのでしょうか。 臨場感あふれるストーリーテリングとは 没入型のストーリーテリングは、商...
続きを読んでみる
セクシャルウエルネス・ヘルスネス編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
セクシャルウエルネス・ヘルスネス編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
見出しの書き方が重要であることは誰もが知っています。だからといって書くのが簡単になるわけではありません。ブログ記事、商品販売ページ、Meta広告、さらには件名を書くたびに再発明をする必要はありません。より良い見出しをより速く書くために...
続きを読んでみる
ファッション・アスレジャー編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
ファッション・アスレジャー編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
幸せな顧客は、すべてのビジネスの生命線です。忠実な顧客は、肯定的な口コミの紹介を提供し、収益を促進することで、ブランドの長期的な成功と成長に貢献します。社会経済状況で忠実な顧客基盤を開拓することは、簡単なことではありません。経済の不確...
続きを読んでみる
アパレル編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
アパレル編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
コマースでは、顧客のインフルエンサーやアンバサダー、ロイヤリティプログラムなどで、コミュニケーションの運用を削減し、プロセスを最適化することにより、ブランドが創造的な資産を調達するプロセスを拡大することができます。そのために、考慮すべ...
続きを読んでみる
e コマースにおける PDP – 概要と最適化する理由 通販・オムニチャネルコマース
e コマースにおける PDP – 概要と最適化する理由 通販・オムニチャネルコマース
ヒント - 顧客オーディエンスに最適化されていれば、コンバーションマシンとして活躍できます。 PDP を強化する時期が来ました。 商品詳細ページは、e コマース エクスペリエンスの重要な部分です。これは買い物客に興味のある商品に関する...
続きを読んでみる
東アジア(中国・韓国)のマーケットプレイス
東アジア(中国・韓国)のマーケットプレイス
アジアおよび世界最大の電子商取引市場である中国は、2023 年の市場規模が 1 兆 4,900 億ドルに達しました。インターネット アクセスの普及、モバイル デバイスの可用性の増加、中間層の増加がこの成長の主な原動力となっています。 ...
続きを読んでみる
東南アジアのオンライン マーケットプレイス
東南アジアのオンライン マーケットプレイス
Lazada と Shopee がほとんどの東南アジア諸国に存在することを見つけるのは難しくありません。Shopeeが今年特に傑出しており、上記の国々の市場で主導的な地位を占めていることは注目に値します。Kantar BrandZ が...
続きを読んでみる
ヨーロッパの主要なマーケットプレイス
ヨーロッパの主要なマーケットプレイス
ヨーロッパの市場環境は堅調かつ急速に成長しており、15,000 を超えるオンライン マーケットプレイスが 3,630 億ドルという驚異的な e コマース市場収益に貢献しています。この地域では、2025 年までにデジタル コマースの年間...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー