小売データと DTC データを組み合わせてビジネス全体の成長を促進 通販・オムニチャネルコマース

小売データと DTC データを組み合わせてビジネス全体の成長を促進 通販・オムニチャネルコマース

小売データと DTC データを統合することで、消費者ブランドの成長と戦略がどのように強化されるかをご一緒に考えてみてください。

ほんの数年前まで、デジタル ネイティブの DTC ブランドは卸売販売にはほとんど関心がありませんでした。
現在、多くの DTC ブランドは、小売パートナーシップが成長を促進する鍵であることを認識しています。
この変化は、さまざまなチャネルで販売している場合、どのようにして業績の全体像を把握できるのかという重要な疑問をもたらします。小売データと DTC データを組み合わせる方法とその理由を見てみましょう。

ショッピングの新時代へようこそ

消費者はもはや実店舗とオンライン プラットフォームを別個の存在として見るのではなく、単一のショッピング エクスペリエンスの相互接続されたコンポーネントとして見ています。それは事業者からみればオムニチャネル、OMOと表現していますが、消費者はそんな言葉は知りません。

このパラダイムシフトにより、ほぼ多くの急成長するDTCブランドがオムニチャネル戦略を追求するようになりました。
Glossier が Sephora への参入によって DTC のみの戦略から脱却したことは有名ですが、Frida や Hims & Hers(*Hims & Hers Healthが好調!定期購買150万人超え、2024年は通期黒字化へ) などの他のオンライン DTC スタートアップ企業もこれに追随し、卸売パートナーシップを通じてリーチを拡大しようとしています。

小売パートナーシップは、総顧客ベースの拡大、認知度と信頼性の向上、(当然のことながら) 売上の増加など、多くのメリットをもたらします。しかし、多くの場合、ブランドはデータがサイロ化されてしまい、効果的なオムニチャネル戦略の追求を妨げてしまいます。

DTC と小売データを組み合わせる理由とは

パートナーシップ自体と同様に、小売チャネルと DTC チャネルからのデータを統合すると、次のような複数のメリットが得られます。

  • ビジネスパフォーマンスのより包括的なビュー
  • 市場動向を理解し、それに対応する能力の向上
  • チャネル全体にわたる顧客の行動、好み、購入パターンをより深く理解する

とはいえ、DTC と小売データを組み合わせるのは簡単ではありません。
クロスチャネル販売実績を理解しようと努めているブランドは、多くの場合、多大な時間とリソースを犠牲にして、重大な課題に直面しています。

DTC と小売データを組み合わせる際の課題

DTC データのより合理化されたデジタルファーストの性質とは異なり、小売データは非常に複雑になります。

小売データを入手するだけでも困難なことがよくあります。ほとんどの小売業者は、データ抽出のための API のようなワンクリック ソリューションを持っていません。
これは、ブランドが EDI ファイルの翻訳、大量のスプレッドシートのダウンロード、パフォーマンスに関するEメールに依存するなど、昔ながらの方法と格闘しなければならないことを意味します。

ここが本当の驚きです。
各小売業者はスプレッドシートを独自の方法で使用しているようです。毎回、さまざまな形式、指標、列を処理する必要があります。標準化と一貫性が欠如しているため、ブランドはスプレッドシートの処理に多大な時間を費やしていることになります。
ただし、もっと良い方法がありますよね。

DTC と小売を組み合わせる方法

小売データと DTC データを統合する最も簡単な方法は、さまざまなソースからデータを収集して統合できるデータ プラットフォームを使用することです。

e コマース、Amazon、小売、卸売を通じて販売する消費者ブランドはデータおよび分析プラットフォームを構築をする必要があります。

  • すべての主要な e コマース プラットフォーム (Shopify など)
  • デジタル マーケットプレイス (Amazon など)
  • 小売/POS プラットフォーム
  • 卸売プラットフォーム (Amazon Vendor Central など)
  • ESP、3PL、ERP、マーケティング プラットフォーム、ロイヤルティ プラットフォームなどのマーケティング ツール

すべてのデータを統合し、信頼できる単一の情報源を提供するため、総合的なレポートと分析を実行できることが必要です。

DTC と小売データが統合されると、業績を向上させるために必要な洞察を得ることがはるかに簡単になります。

DTC データを使用して小売業のパフォーマンスを向上させる

DTC データは、小売戦略を改善するための宝の山となる可能性があります。

たとえば、DTC チャネルからの地理的なパフォーマンス データを分析して、どの地域の小売業者に焦点を当てる必要があるかを判断できます。

DTC チャネルは、戦略的な商品テストのための貴重なプラットフォームとしても機能し、物理的な小売店で品を発売する前に消費者の反応を測定できます。
このデータ主導のアプローチは、棚の生産性に対する貴社の取り組みを示しており、将来的に小売店の存在感を拡大するのに役立ちます。

小売データを使用して DTC を改善する

小売チャネルからのデータは、DTC 戦略を強化するのに役立ちます。

小売データは、実店舗環境における顧客の人口統計、購買行動、好みに関する洞察を提供してくれるはずです。これらの洞察を活用して、オンライン マーケティング キャンペーンを調整し、顧客エクスペリエンスをパーソナライズし、e コマース プラットフォームを最適化することができます。

たとえば、店内データが環境に優しい品への傾向を示している場合、同様の顧客ベースを引き付けるために、DTC サイトでこれらの品を強調表示することを選択できます。

さらに、店舗での購入のピーク時間と人気の品の組み合わせを理解することで、オンライン プロモーションのタイミングと内容を導き、プロモーションをより効果的かつ顧客の好みに合わせたものにすることができます。

小売データからさらに詳しい洞察が必要です

さまざまな販売チャネルからのデータを組み合わせることで、ブランドはどの品が顧客に好まれているか、どのマーケティング戦略が最も効果的か、どの将来のトレンドに注目すべきかを総合的に理解できるようになります。

小売データと DTC データを統合して、チームと一緒に。顧客の購買体験をより良いものにして成長してください。