富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

Facebook ショップ: 概要とソーシャル セールスをさらに促進するポイント

AI CLV CRM DNVB DTC EC物流 EC運用 Eコマースプラットフォーム Facebook Instagram MACH OMO UGC UI・UX オムニチャネル オムニチャネルコマース オムニチャネルフルフィルメント ソーシャルコマース ソーシャルメディア ユニファイドコマース
Facebook ショップ: 概要とソーシャル セールスをさらに促進するポイント

ソーシャルコマースとFacebook広告による販売の人気は十分に文書化されています。

また、Shopsのプロダクトプラットフォームの導入により、Facebookは大小のブランドの、フォロワーに商品をより早く届ける機会を提供しています。
多くの企業はまだその機能を十分に活用する機会がありませんでした。

ここでは、Facebookショップ戦略の設定の基本と、販売を開始するためにプラットフォームについて知っておくべきことをご一緒に考えてみましょう。

Facebookショップとは

簡単に言うと、FacebookショップはFacebookページのオンラインストアフロントとして機能します。

このプラットフォームにより、企業は商品をアップロードし、投稿にタグ付けし、Facebook自体から取引を開始できます。

Instagram Shopping に精通している場合、Facebookのeコマースプラットフォームを共有しているため、機能はかなり似ています。

Facebookのコマースポリシーと、プラットフォームの仕組みに関する簡単な事実をご紹介します。

  • Shopsでは、商品インベントリーを手動で(1つずつ、または一括で)アップロードするか、選択したeコマースプラットフォーム(Shopifyなど)から商品をアップできます。
  • プラットフォーム手数料は、FacebookとInstagramショップでのチェックアウトにかかる売上の手数料についてを参考にしください:マーチャントは独自の配送/返品ポリシーを設定する責任があります。
  • Facebookショップは物理的な商品の販売のみを目的としているため、デジタル商品やサービスはまだ利用できません。

Facebookショップの商品ページの概要としては。商品詳細の説明、配送ポリシー、価格設定は、手動で作成することも、既存のオンラインストアから統合することもできます。

このプラットフォームは、静的なストアフロントとして機能するだけでなく、ブランドがフォロワーに商品を宣伝するのに役立つ機能を誇っています。
たとえば、投稿やストーリーズ内で直接商品をタグ付けして、ファンをFacebookショップに誘導できます。

ショップでは、セールを実施したり、商品を異なるコレクションに分けたりすることもできます。このようなカスタマイズにより、Facebookの既存のストアフロントを複製したり、ショップの雰囲気をまったく異なるものにしたりできます。

FBショップは誰のためのもの

このプラットフォームは次の人にとって公正なチャンスのあるゲームです。

  • 中小企業や個人。
    Facebookショップの使いやすさは、初めてデジタルで販売するビジネスオーナーにとって理想的です。
  • eコマースストアフロントを確立した小売や、D2C チャレンジャー ブランド
    現在の在庫をFacebookにアップロードするのがいかに簡単かを考えると、すでにオンラインで販売している場合は、そうすることは簡単です。
  • Facebookブランドコミュニティが盛んなブランド。
    Facebookグループのオーナーは、信頼できるファンをストアフロントに簡単に誘導できます。

Facebookショップを開設すべき理由

簡単な答えとしては、私たちはソーシャルメディアのeコマースの時代に突入しました:販売する手段チャネルとタッチポイントが多ければ多いほど良いのです。

一般的な信念とは裏腹に、複数のチャネルを通じてオンラインで販売することは、限られたオーディエンスを分散させることではありません。プラットフォームでは、既存の商品在庫を簡単に2倍露出展開にすることができます(特に、すでにInstagramで販売している場合)。

最も注目すべきは、Facebook Shopsのセットアッププロセスが非常に簡単であることです。 そのために莫大な時間やエネルギーを費やす必要はありませんが、Facebookのエンゲージメントによっては、そのリターンは莫大なものになる可能性があります。

Facebookショップ戦略を立てるためのヒント

買い物客は「理由だけで」FBショップに集まるわけではありません。

商品をどのように宣伝し、マーケティングするかによって、最終的に実際に売上を獲得できるかどうかが決まります。

Facebookショップにもっと注目してもらい、購入者を惹きつけるための基本的な方法をいくつか見てみましょう。

1. 商品をコレクションに整理する

ショップをフリーフォーオールとして扱うのではなく、ショップのコレクション機能を利用して商品を分類し、同時にFacebookにフレーバーとして特徴を追加してください。

たとえば、アパレルファッション・アスレジャーブランドなどではスタイルと商品タイプによって商品を分類しています。
これは、実際の e コマースショップをエミュレートし、ストアにプロフェッショナリズムの感覚を与えるだけでなく、顧客が直感的に閲覧できるようにします。

商品をカテゴリ別に並べ替えると、買い物客は検索を絞り込んで探しているものを見つけやすくなります。

2. ベストセラーを前面に押し出す

インベントリー全体をFacebookショップにアップロードするかどうかは、完全にあなた次第です。

そうは言っても、最初にベストセラー商品を取り上げてテストすることを検討するかもしれません。これは手動で行うか、カテゴリで「ベストセラー」タグを作成できます。

たとえば、バック・アクセサリーなどで「Top Rated」セレクションは、最も人気のある商品を示していて、ストア内のラインの先頭に立たせることです。

3. セールや割引で買い物客の注意を引く

割引やお得な情報は、買い物客、特に初めて購入する買い物客にとって、実証済みの動機付けです。

セール品の宣伝や、Facebookショップ限定セールの宣伝も検討しましょう。
最終的にFacebookの商品がより排他的に感じられ、人々があなたをフォローし、定期的にあなたの取引をチェックするインセンティブが高まります。

買い物客はセールや価格で商品を並べ替えることができます。セール品の在庫をいくつか用意しておくと、バーゲンハンターにアピールするのに最適です。

4. 複数の角度から商品をアピールする

これは、ソーシャルメディア上の他の商品ページとともに、Facebookストアに適用されます。

可能であれば、商品の静止画像を1枚だけでなく、実際に商品が動いている様子を写したライフスタイル画像を含めます。

ソーシャルセリングは、ユーザー生成コンテンツを活用し、ビジュアルを使用して顧客とのつながりをより効果的にする絶好の機会です。さらに、そうすることで、あなたが現実に満足している顧客を持つ合法的なビジネスであることを証明することができます。

5. 投稿やストーリーズで商品をタグ付けする

Facebookストアの現在のプレゼンテーションでは、誰かが明示的に商品を探していない場合、見逃しがちです。

そのため、可能な限り投稿やストーリーズ内で商品をタグ付けして、ストアフロントの視認性を高める必要があります。

売り込みすぎたり、フォロワーに購入などを迫ったりしないように、商品のタグ付けは控えめに、商品の発売、ドロップ、セールのために控えるようにしましょう。

6. コマースマネージャのインサイトに注意を払う

そしてもちろん、ソーシャルセリングは、お客様のデータなしには語れません。

コマースマネージャは、Facebookストア戦略の微調整に役立つ独自の分析とインサイトを備えています。注目すべきタブは次のとおりです。

  • パフォーマンス:
    トラフィック、ショッピング行動、販売、ウェブサイトイベント(Facebookピクセルを設定している場合)。
  • カタログ:
    在庫内の特定の商品の販売状況を表示します。
  • ディスカバリー:
    ショップのトラフィックがどこから来ているのか。
  • オーディエンス:
    購入者に関する人口統計データを明らかにします。
  • タグ付けされたコンテンツ:
    特定の商品とコンテンツフォーマットのコンバージョン指標。

これらの指標とデータポイントに基づいて、どの商品が最も効果的か、Facebookショップのターゲット層が他のターゲット層と一致しているかどうかを判断できます。

Facebookショップを「自分」で始める準備はできましたか

Facebookショップは、マーチャントがより多くのソーシャルセールスを獲得するための強力なチャネルとなる可能性があります。

このプラットフォームの簡単なセットアップと、カスタマイズおよびプロモーション機能のバランスが取れているため、あらゆる規模の企業に最適です。

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

キャッシュバックでロイヤリティをアップするポイント
キャッシュバックでロイヤリティをアップするポイント
キャッシュバックリワード報酬でロイヤリティを向上させるガイド 割引クーポンコードを捨てて、リピート購入を増やし、メンバーシップとロイヤルティプログラムの基盤にして収益性をアップする時です。 ユニファイドコマース、オムニチャネルコマース...
続きを読んでみる
顧客紹介プログラムの作成方法 101
顧客紹介プログラムの作成方法 101
それはただの普通の日常として始まります。あなたは睡眠からさめ、起き上がり、Instagramアプリを開いてスクロールを開始します。しかし、すぐに友達の最新のアパレルでのシーンが表示されます、フィードの他のものには何も関心が移りません。...
続きを読んでみる
カスタマーレビューにリワードを提供して収益をアップする
カスタマーレビューにリワードを提供して収益をアップする
セールスサイクル全体を通してカスタマーレビューの力を活用します レビューは購入サイクルにおいて大きな役割を果たしています。購入者に信頼感を与え、ファネルの認識、検討、意思決定の段階を通じて信頼を高めてくれます。それらがなければ、売上の...
続きを読んでみる
リワードプログラムを開始するための5ステップ
リワードプログラムを開始するための5ステップ
あなたのコマースストアー・リアル店舗には多くの競争があります。Shopifyだけでも800,000以上のeコマースストアがあり、何を販売していても、それと同じ商品を販売している人(おそらく何百人もの人)がいます。競合他社に誘われる前に...
続きを読んでみる
ブランドロイヤリティのためのリワードプログラム
ブランドロイヤリティのためのリワードプログラム
eコマース業界で最も強いトレンドは、オンラインのパーソナライゼーションです。パーソナライゼーションは、サイトのデザインだけでなく、ブランドが顧客と対話する方法に関係します。顧客の行動パターン、購入率などです。それは、ブランドは、収益に...
続きを読んでみる
儲かるギフトカードプログラム
儲かるギフトカードプログラム
顧客があなたから商品を購入してほしいと頼み、この特定の商品があなたのストアでの追加購入につながる傾向があることをご存知ですか。あなたはその機会をどう活かしますか。さて、その商品と購入体験とは‥‥ それは、店舗オリジナルの「ギフトカード...
続きを読んでみる
ストアクレジットとポイントの有効性比較
ストアクレジットとポイントの有効性比較
顧客を喜ばせるためにできる限りのことをしているでしょうか。ぶランドは正しい道を歩んでいるのでしょうか。 既存顧客への販売が新規顧客よりも3倍以上の収益性が高いことを考えると、賢明な戦略だと言われているものがあります。そして、上位1%の...
続きを読んでみる
モバイルウェブとモバイルアプリの違いと顧客メリット
モバイルウェブとモバイルアプリの違いと顧客メリット
世界は急速にモバイルプラットフォームに移行しています。2023年には、約44億8,000万人がモバイルインターネットを積極的に利用していると言われています。これは世界人口の約60%を占めているそうです。 人類がはじめて手にした、パーソ...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー