富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

Instagram ショッピング: 顧客を引き付ける店舗のセットアップpoint

AI CRM D2C DNVB DTC EC EC物流 EC運用 eコマース Eコマースプラットフォーム Facebook Instagram MACH TikTok UI・UX アンバサダーマーケティング インフルエンサー インフルエンサーマーケティング オムニチャネル ユニファイドコマース
Instagram ショッピング: 顧客を引き付ける店舗のセットアップポイント

インスタグラムショッピングは、あなたのソーシャルメディア戦略にどのように位置づけられていますか。

消費者が新しいブランドを閲覧したり、商品を探したりするためにInstagramに依存していることは周知の事実です。
最近のデータによると、Instagramの買い物客は「ブラウジング」から「購入」へと大きく変化しています。
Instagramによると、ユーザーが毎週このプラットフォームで買い物をしています。

プラットフォームでは新しいe コマース機能が継続的に展開されているため、フォロワーがあなたから直接購入することがこれまで以上に簡単になっています。(日本での展開はまだですが、自社サイトへ誘導は可能です)

このコラムでは、Instagramショッピングの設定方法と、商品を宣伝するためのベストプラクティスについて説明します。

Instagramショッピングがeコマースブランドにとって最優先事項であるべき理由

一見すると、Instagramショッピングに全力で取り組むことは、大きな優先事項ではないように思えるかもしれません。

しかし、時代は変わりました。Shopsプラットフォームのセットアップは、ビジネスオーナーと顧客の両方にとって簡単です。

本題に入る前に、Instagramショッピングをビジネスに導入するメリットをご一緒に考えてみましょう。

フォロワーをより早く顧客に変える

確かに、Instagramは独自の販売チャネルになる可能性を秘めています。
ほとんどのブランドにとってそうであるように、このプラットフォームは既存のストアフロントの延長として最適です。

Instagramショッピングは、すでにオーディエンスがいる場合、フォロワーを商品詳細ページに誘導するシームレスな方法です。ショップでは、新しいファンがあなたのプロフィールにアクセスするとすぐに商品を閲覧し始めることができます。フォロワーをブランド意識から商品認識へと数秒で変えることができます。

メールのオプトインを獲得し、Instagram限定のクーポンを利用する機能と相まって、このプラットフォームは、ソーシャルショッパーが単に閲覧するのではなく、行動を起こすことを奨励しています。

魅力的なショッピング体験を創出

ソーシャルショッピングは、従来のeコマースとはまったく異なる体験をもたらします。

ソーシャルメディアなしでは実現できない、消費者に提供されるパーソナライズされたショッピング体験を考えてみましょう。

  • 商品をアピールする:
    ユーザー生成コンテンツやインフルエンサーを通じて、商品に人間味と真剣な社会的証明:ソーシャルプルーフを与えることができます。
  • フォロワーのFOMO感覚を利用する:
    時間的制約のあるライブストリーム販売とInstagram限定のドロップで行うことができます。
  • インタラクションのカスタマイズ:
    消費者と対話し、DM、タグ、コメントで消費者のショッピング体験をパーソナライズします。

既存のeコマースマーケティング活動からさらに絞り出す

思考の糧:小売業におけるソーシャルメディアは、ユニファイドコマースとオムニチャネルの存在感を示すことがすべてです。

すでに商品カタログをオンラインに公開しているのであれば、Instagramショッピングでプロモーションと売上を倍増させるのは簡単です。ちょっとした調整で、ショップとウェブサイトの商品ページは一体化します。

インスタグラムショッピングの主な特徴とは

簡単な復習が必要な場合でも、IGショッピングにまったく慣れていない場合でも、プラットフォームの重要な部分を簡単に説明します。

ストア-店

簡単に言えば、これはあなたの店頭です。これは、誰かがあなたのアカウントまたは商品ページで「ショップを表示」をタップすると表示される場所です。
ここでは、商品、セールアイテム、現在のプロモーションを強調表示できます。

タグ

Instagram商品タグを使用すると、動画や投稿で商品カタログのアイテムを直接強調表示できるため、利用者はタグをタップしてすぐに詳細を確認できます。商品にタグを付けることで、Instagramの[ショップ]タブなど、購入したいときに利用者がアクセスするスペースに表示される可能性が高くなります。

コレクション

コレクションを使用すると、商品をグループに整理できます。買い物客が際限なく閲覧して興味を失うリスクを冒すのではなく、特定のタイプの顧客向けに類似したタイプの商品を強調することができます。
ベストセラーのアイテムを強調するのに最適な場所でもあります。

商品詳細ページ (PDP)

これらは、Instagramの個々の商品詳細ページと考えてください。ここでは、独自の説明、特定の商品仕様の内訳、および配送ポリシーを記述できます。これは、商品カタログから取り込まれます。

チェックアウト

Instagramの買い物客は、「ウェブサイトで見る」ボタンをクリックすると、あなたのウェブサイトの商品ページに誘導して、チェックアウトすることができます。

発見

ホームページの検索バーにある[ディスカバリー]タブでは、最近のアクティビティに基づいてInstagramショップから商品を閲覧できます。また、ソーシャル限定のセールの場合は「オファーとセール」などのサブカテゴリを確認することもできます。(USAで、Instagramで直接販売しているブランドの場合は「Instagramで購入」)

Instagramショッピングにはどのような種類のコンテンツを投稿するか

Instagramは、商品の販売方法とプレゼンテーション方法に関して、非常に自由を与えてくれることです。以下のオプションを確認してください。

タグ付けされた商品投稿とストーリー

これらは、Instagramショッピングの最も簡単なタイプのプロモーション投稿です。

商品写真でも、実際の商品のスナップショットでも、従来の投稿をストアのチェックアウトへの招待状に変えることができます。タグ付けされた写真と同様に、ストーリーズ経由のショッピングタグを使用すると、フォロワーは「リンクをタップ」してストアフロントにアクセスすることもできます。

ショッピング広告

インスタグラム広告のサクセスストーリーには事欠きません。ショッピング広告は、ストアから飛び立った訪問者やInstagramの連続スクロールユーザーのリターゲティングに最適で、ユーザーのホームページフィードやストーリーズにも同様に表示できます。多くのショッピング広告は、購入者を惹きつけるために商品を前面に押し出しています。

ライブショッピングストリーム

ライブストリームショッピングのトレンドに合わせて、Instagram Liveのタグ付けで直接商品を販売できるようになりました。ストリームは、ローンチ、ドロップ、フォロワーへの新商品の紹介に最適です。

ショッピングガイド

ガイドは、貴重なヒントを顧客に伝えると同時に、商品を紹介する機会として機能します。

Instagramショッピング戦略

Instagramショッピングを設定したが、ストアフロントではあまりアクションが発生していない。

Instagramの買い物客は、偶然に商品ページに集まるわけではありません。まとめとして、Instagramで宣伝し、ストアに注目を集め、多くの売上を獲得する方法をいくつか見てみましょう。

1. Instagram限定のプロモーションを試す

質問
なぜ誰かがあなたのサイトではなくInstagramであなたから購入する必要があるのですか。

これは間違いなく、Instagramショッピングに関してマーチャントが直面している最大の課題です。おそらく最も基本的な解決策は、次のようなInstagram専用のプロモーションを実行することです。

割引

取引価格設定の力を過小評価してはいけません。ブランドは、インセンティブとして機能するために20%オフのセールを宣伝しています。初めての購入者の多くが、新しいブランドと関わる前に割引を求めることを考えると、これは賢明な動きです。

Drops

Dropsと呼ばれるInstagramショッピング専用の新機能を使用すると、次の商品の発売に関する広告の感覚を作成できます。

Instagramの「ショップ」タブ内の「Drops」タブを閲覧して、どのブランドが新しいものをリリースしようとしているかを確認できます。買い物客は、セールが始まる前にリマインダーを設定できます。

タグ付けによってDropsを事前に確認できます。アスレチックブランドのは、季節限定のセーターのリリースにこれを活用しています。

2. ユーザー生成コンテンツを通じて顧客満足度を高める

eコマースにおけるユーザー生成コンテンツの力は、十分に文書化されています。
社会的証明。商品が実際に動作しているのを見る機会が増えます。

そのため、ソーシャルメディアのeコマースでは、商品タグを奨励することが非常に重要なのです。同じルールは、より多くの話題性を売り込み、店頭でより多くの注目を集めたいと考えている、成長中のマーチャントにも適用されるべきです。

ユーザー生成コンテンツをキュレーションすることのもう一つのメリットは、Instagramのショッピングアイテムをページに掲載できることです。

フォロワーの間でブランドハッシュタグの使用をどのように奨励しているかを確認してください。UGCが商品ページのコンバージョン率を向上させることができることを考えると、これは顧客からのシャウトアウトを獲得する理由です。

3.商品のビジュアルに注意を払う

商品写真を「ポップ」にするためにできることは何でもプラスです。

すべてのブランドが、スタイリッシュで見た目に美しい商品を宣伝する贅沢を持っているわけではありません。そうは言っても、写真にもっと注意を引くためのいくつかの簡単なアイデアは次のとおりです。

  • 鮮やかで明るい色(背景を含む)
  • 可能な限り人物(インフルエンサーやUGCなど)を特集する
  • カルーセルで複数の角度を試す

4. キャプションや商品説明で買い物客を惹きつける

インスタグラムのキャプションや商品説明は、懐疑的な買い物客の注意を引くための貴重な不動産です。

経験則として、次のことを試みてください。

  • あなたの個性とブランドボイスを披露する
    (ヒント:ロボットにならないでください)
  • 主なメリットと機能に焦点を当てる
    (ヒント:太字にする、リストを使用する)
  • 言葉遣いが悪くならないように注意してください
    ターゲットオーディエンスにとって最も重要な詳細を太字にして強調することで、商品の説明を分割することもポイントです。

5.ショッピングのシャウトアウトをストーリーとリールに統合します

Instagramショップをコンテンツ戦略に統合する機会が多ければ多いほど良いです。

ストーリーとリールを無視しないでください。どちらも今、人気の面で活況を呈しています。多くのブランドが、満足している顧客専用のストーリーを毎週用意しているのには理由があります。

6.インフルエンサーと協力する、または広告キャンペーンを実施する

店舗を有機的に成長させるのは理想的ですが、競争の激しい業界(ファッション、美容、フィットネスなど)では、ボールを転がすために有料でプレイする必要があるかもしれません。インスタグラム広告であれ、インフルエンサーマーケティングであれ、ショッピングに焦点を当てたキャンペーンは、認知度を高め、同時に売上を伸ばすことができます。

7. タグ付けされた商品をコンテンツカレンダーの一部にする

コンテンツカレンダーを作成し、Instagramで投稿のスケジュールを立てるときは、Instagramショッピングがどこに当てはまるのかを自問してください。

コンテンツ戦略の一環として、タグ付けされた商品写真を含めることは必須です。
一部の業界やブランドは、他の業界よりも商品のプロモーションに積極的になることで回避できます。

疑わしい場合は、コンテンツカレンダーを再確認して、「販売的」なコンテンツを投稿しすぎないようにしてください。プロモーション投稿、エンゲージメント、モチベーション、ユーモア、そしてターゲットオーディエンスに直接語りかけるもののバランスを見つけましょう。
さまざまな形式で頻繁にタグ付けすることで、潜在的な買い物客が商品を見つけた瞬間に商品について詳しく知ることができます。

インスタグラムでのショッピングは、必要な場所に

インスタグラムでのショッピングは、ソーシャルセリングに真剣に取り組んでいるブランドにとって「二次的な」チャネルであってはなりません。

ブランドの認知度向上から、ストアフロントへのトラフィックの増加、売上の獲得まで、Instagramショップの存在感を高めるメリットは明白です。

ストアをゼロから構築する場合でも、既存の存在感を最適化する場合でも、この記事で説明するヒントが役立ちます。

また、まだお持ちでない場合は、Instagramの最新のベストプラクティスを把握して、ブランドが「グラム」にふさわしい注目を集められるようにしましょう。

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

カスタマーレビューにリワードを提供して収益をアップする
カスタマーレビューにリワードを提供して収益をアップする
セールスサイクル全体を通してカスタマーレビューの力を活用します レビューは購入サイクルにおいて大きな役割を果たしています。購入者に信頼感を与え、ファネルの認識、検討、意思決定の段階を通じて信頼を高めてくれます。それらがなければ、売上の...
続きを読んでみる
リワードプログラムを開始するための5ステップ
リワードプログラムを開始するための5ステップ
あなたのコマースストアー・リアル店舗には多くの競争があります。Shopifyだけでも800,000以上のeコマースストアがあり、何を販売していても、それと同じ商品を販売している人(おそらく何百人もの人)がいます。競合他社に誘われる前に...
続きを読んでみる
ブランドロイヤリティのためのリワードプログラム
ブランドロイヤリティのためのリワードプログラム
eコマース業界で最も強いトレンドは、オンラインのパーソナライゼーションです。パーソナライゼーションは、サイトのデザインだけでなく、ブランドが顧客と対話する方法に関係します。顧客の行動パターン、購入率などです。それは、ブランドは、収益に...
続きを読んでみる
儲かるギフトカードプログラム
儲かるギフトカードプログラム
顧客があなたから商品を購入してほしいと頼み、この特定の商品があなたのストアでの追加購入につながる傾向があることをご存知ですか。あなたはその機会をどう活かしますか。さて、その商品と購入体験とは‥‥ それは、店舗オリジナルの「ギフトカード...
続きを読んでみる
ストアクレジットとポイントの有効性比較
ストアクレジットとポイントの有効性比較
顧客を喜ばせるためにできる限りのことをしているでしょうか。ぶランドは正しい道を歩んでいるのでしょうか。 既存顧客への販売が新規顧客よりも3倍以上の収益性が高いことを考えると、賢明な戦略だと言われているものがあります。そして、上位1%の...
続きを読んでみる
モバイルウェブとモバイルアプリの違いと顧客メリット
モバイルウェブとモバイルアプリの違いと顧客メリット
世界は急速にモバイルプラットフォームに移行しています。2023年には、約44億8,000万人がモバイルインターネットを積極的に利用していると言われています。これは世界人口の約60%を占めているそうです。 人類がはじめて手にした、パーソ...
続きを読んでみる
DXOの最適化 CROとは ユニファイドコマースに進化するために
DXOの最適化 CROとは ユニファイドコマースに進化するために
デジタルアセットのパフォーマンスを分析するときにコンバージョン指標のみに焦点を当てている場合は、おそらくお金を無駄にしていることになります。また、ユーザーや最適化の取り組みにも悪影響を及ぼします。 何の落ち度もないのですが、業界はコン...
続きを読んでみる
ユニファイドコマースとオムニチャネルとは 成長と成功のKey Factor Successコンテンツリスト
ユニファイドコマースとオムニチャネルとは 成長と成功のKey Factor Successコンテンツリスト
ユニファイドコマースは、絶えず変化する消費者の要求を満たすことを目的としたブランドの成功に不可欠なものとなっています。 ユニファイドコマースプラットフォームが、ますます相互接続が進む小売環境において、ブランドが顧客満足度を高め、売上を...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー