富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

宅配便 とは

物流代行 発送代行 3PL
物流発送代行 フルフィルメント 関連用語集

宅配便

「宅配便」とは、宅配事業者が行う小口貨物輸送サービスです。小さな荷物の輸送に特化しており、荷送人の戸口から荷受人の戸口まで輸送を行います。

依頼できる荷物の大きさや重さは、宅配事業者によって異なります。規定範囲内の荷物であれば、比較的安価で荷物の配送が可能です。

配達するだけでなく、日時指定や時間指定、クール(冷蔵・冷凍)便などもあり、都合に合わせて便利に利用できるサービスが展開されています。

お役立ち情報


OMOとは? オムニチャネル・O2Oとの違いや施策事例をわかりやすく解説

OMOとは? オムニチャネル・O2Oとの違いや施策事例をわかりやすく解説

OMO(Online Merges with Offline)は、Eコマース(電子商取引)とリアル・実店舗を統合したマーケティング戦略の一つです。OMOは顧客購買前体験購買後体験の向上を目指し、オムニチャネルやO2Oとは異なる施策です。顧客データの一元管理やモバイル決済、ポイントシステム、モバイルオーダー、チャットボット、デジタルサイネージなどの導入などがポイントになります。成功事例として、Alibaba(アリババ)や日本のアパレル企業「オンワード樫山」が挙げられます。OMOのメリットは顧客体験の向上や顧客データの収集にありますが、導入や浸透には時間がかかるデメリットも存在します。OMOの成功のポイントは、複数の販売チャネルを持ち、顧客データ(返品・交換データも)を一元管理することです。

目次


発送代行の選び方とは?楽天APIと連携するメリットを解説

発送代行の選び方とは?楽天APIと連携するメリットを解説

発送代行サービスは、EコマースD2Cオムニチャネル運営において発送業務の負担やトラブル対応を軽減し、消費者(顧客購買前体験購買後体験)満足度の向上につながるサービスです。楽天からの発注を自動化するにはAPI連携が必要です、それで発送業務の効率化に役立ちます。発送代行は商品の保管や包装など発送業務全体を代行して、商品の種類や柔軟性によって異なる特徴を持っています。楽天APIは、楽天の情報を他のサービスやアプリケーションと連携させるためのインターフェースであり、発送代行との連携により受注情報の自動取込や更新、荷物番号の自動取得などが可能です。

目次


EC物流はモールとAPI連携してさらに効率化!仕組みを紹介;

EC物流はモールとAPI連携してさらに効率化!仕組みを紹介

EコマースD2Cオムニチャネル物流の効率化とAPI連携の関連性について解説しています。物流・発送代行会社/3PLの選定においては、商品の取り扱い経験やコマースシステムなどとの連携経験、コストシミュレーションの実施が重要になります。次に、モールとのAPI連携によるメリットとして、リアルタイムでの情報共有による業務効率化と顧客購買体験サービスの向上が挙げられます。さらに、API連携によるEC物流の効率化では、オペレーションの自動化と情報の即時性が実現されます。具体的な仕組みとして、受注データの自動取得や在庫情報のリアルタイム反映が説明されています。これらの取り組みにより、EC事業の効率化と成長が実現できます。

目次

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

Sales Funnel セールスファネル 顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
  セールスファネルとは セールスファネルは、企業が顧客を購入に導くために使用するプロセスです。通常、潜在的な顧客を引き付け、見込み客を見込み客に変換し、最終的にそれらの見込み客を有料顧客に変えるなど、いくつかのステップが含まれます。...
続きを読んでみる
UTM Parameter UTMパラメータ  顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
  UTMパラメータとは UTM パラメータは、Google Analytics で特定の指標を追跡するために URL の末尾に追加する単なるタグです。これらのパラメータを URL に追加すると、ユーザーが Web サイトをどのように...
続きを読んでみる
Structured Content 構造化コンテンツ 顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
  構造化コンテンツとは 構造化コンテンツは、コンテンツを整理してラベルを付けるためのシステムであり、コンテンツを簡単に見つけて使用し、再利用できるようにします。これには、メタデータの追加、一貫した用語の使用、コンテンツの論理構造の作...
続きを読んでみる
Technographic Personalization 技術的なパーソナライゼーション 顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
  テクノグラフィックパーソナライゼーションとは テクノグラフィックパーソナライゼーションは、顧客が使用しているテクノロジーを理解することで、企業がマーケティングと販売の取り組みをより効果的に行うことを可能にするプロセスです。テクノグ...
続きを読んでみる
Net Promoter Score ネットプロモータースコア (NPS) 顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
ネットプロモータースコアとは ネット プロモーター スコア (NPS) は、顧客満足度とロイヤルティを測定するために使用される指標です。これは、「当社/製品/サービスを友人や同僚に勧める可能性はどのくらいですか?」という質問に基づいて...
続きを読んでみる
Reverse ETL リバースETL  顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
  リバースETLとは リバース ETL、または逆抽出、変換、ロード (ETL) は、ウェアハウスから顧客関係管理 (CRM) システム、分析ソフトウェア、マーケティング自動化ツールなどのデータ ソースにデータをコピーするために使用さ...
続きを読んでみる
API-First Headless CMS APIファーストのヘッドレスCMS 顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
APIファーストのヘッドレスCMSとは APIファーストのヘッドレスCMSは、従来のCMSとは異なるアプローチを取るコンテンツ管理システムです。 ヘッドレスCMSとは ヘッドレスCMSは、通常のCMSとは異なり、フロントエンド(表示画...
続きを読んでみる
Bounce Rate 直帰率 顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
直帰率とは 直帰率とは、コマースサイトへの訪問者のうち、1 ページだけを閲覧しただけでサイトを離れた割合です。直帰率が高いということは、ユーザーが購入やニュースレターの購読など、望ましいアクションをとらずにサイトを離れていることを示し...
続きを読んでみる

カテゴリー