富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

SEO とは

物流代行 発送代行 3PL
物流発送代行 フルフィルメント 関連用語集

SEO

「SEO」とは「Search Engine Optimization」の略称であり、直訳すると「検索エンジン最適化」のことを意味します。頭文字を取って「エス・イー・オー」と呼ばれています。

検索エンジンより正しい評価が受けられるようWebページを改善することで、検索結果の上位に表示される仕組みです。Googleなどの検索エンジンを利用するユーザーが求める答えとなるコンテンツを提供し、自然検索からの集客を促します。

キーワードごとなど、より細かい視点で最適化を図ることを「SEO対策」ともいいます。

お役立ち情報


発送代行の選び方とは?楽天APIと連携するメリットを解説

発送代行の選び方とは?楽天APIと連携するメリットを解説

発送代行サービスは、EコマースD2Cオムニチャネル運営において発送業務の負担やトラブル対応を軽減し、消費者(顧客購買前体験購買後体験)満足度の向上につながるサービスです。楽天からの発注を自動化するにはAPI連携が必要です、それで発送業務の効率化に役立ちます。発送代行は商品の保管や包装など発送業務全体を代行して、商品の種類や柔軟性によって異なる特徴を持っています。楽天APIは、楽天の情報を他のサービスやアプリケーションと連携させるためのインターフェースであり、発送代行との連携により受注情報の自動取込や更新、荷物番号の自動取得などが可能です。

目次


物流拠点を最適化する方法とは? ポイントや取り組み事例を解説!

物流拠点を最適化する方法とは? ポイントや取り組み事例を解説!

Eコマースサイトの普及により物流業界の需要が拡大していますが、人手不足やコスト増加などの課題もあり、需要と供給のバランスが取れていません。物流業界では、コストの最適化と効率化のために物流拠点の最適化が注目されており、物流拠点の立地見直しや集約型・分散型などの戦略などが紹介しています。オムニチャネルも考慮した、物流拠点の最適化には、自社の物流サービスの軸を決定し、拠点候補を洗い出すことが重要です。集約型の戦略では運用コストの削減や配達効率の向上や、返品・交換 物流フルフィルメントサービス の実現など期待できます。

目次


ピッキング作業ミスをなくす10の方法!【倉庫従事者がコツを直伝】

ピッキング作業ミスをなくす10の方法!【倉庫従事者がコツを直伝】

ピッキング作業ミスが続いてしまい、対策や運用方法に悩むEコマースD2Cオムニチャネル事業者様も多いのではないでしょうか。ピッキング作業ミスが起こると、間違った商品を発送することになり、顧客の信頼を失い、購買後体験を台無しにしてしまいます、顧客のロイヤルティ醸成などの大きな問題に発展する可能性があります。
とはいえ、ピッキングは基本的に手作業で行なうことがメインであるため、ミスが起こりやすいのも事実です。ミスを減らすためには「運用フローの確立」や「業務の標準化」が有効です。

目次

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

Predictive Analytics 予測分析 顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
  予測分析とは 予測分析は、データと統計アルゴリズムを使用して現在の傾向とパターンを分析し、将来のイベントや結果を予測する強力なツールです。この方法論は、マーケティングや販売から金融、ヘルスケア、製造などの幅広い分野でますます普及し...
続きを読んでみる
API (Application Programming Interface) アプリケーション・プログラミング・インターフェース 顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
マイクロサービスと API: それらの関係と違い 開発者がどのようにしてアプリケーションを作成し、他のサービスと通信できるようにするのか疑問に思ったことはありますか。コマース企業がさまざまなサービスやシステムをどのように統合できるか自...
続きを読んでみる
Customer Lifetime Value 顧客生涯価値 顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
  顧客生涯価値とは何か 顧客生涯価値 (CLV) は、顧客との関係の過程における企業に対する顧客の合計価値を表す指標です。顧客生涯価値では、顧客がアクティブ ユーザーまたは購入者として過ごした間に得られる収益だけでなく、将来の購入や...
続きを読んでみる
Customer Relationship Management 顧客関係管理 顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
顧客関係管理 (CRM) とは 顧客関係管理 (CRM:Customer relationship management ) は、組織が顧客とのやり取りを管理するのに役立つビジネス戦略です。これは、連絡先情報、購入履歴、好みなどの顧客...
続きを読んでみる
Composable Commerce コンポーザブルコマース 顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
  コンポーザブルコマース コマース企業は急速に変化する顧客の行動や期待に対応するために、技術スタックを再考し、従来のコマース プラットフォームから移行しています。消費者の期待を満たす e コマース エクスペリエンスを実現するために必...
続きを読んでみる
Headless Commerce ヘッドレスコマース 顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
  ヘッドレスコマースとは ヘッドレス コマースは、フロントエンド エクスペリエンスをバックエンド システムから切り離す、電子商取引アーキテクチャの一種です。これは、ヘッドレス コマース プラットフォームを使用して、Web サイト、モ...
続きを読んでみる
Landing Page Optimization ランディング ページの最適化 顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
ランディングページの最適化とは ランディング ページの最適化 (LPO) は、ランディング ページのコンバージョン率を向上させるプロセスです。 LPO の主な目標は、購入やニュースレターへの登録など、望ましいアクションを起こす訪問者の...
続きを読んでみる
MACH Architecture MACH アーキテクチャ 顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
  MACH アーキテクチャとは テクノロジーの世界では変化が絶えません。テクノロジーは生まれては消え、かつて最先端だったものは新しく改良されたものに取って代わられます。テクノロジーの状況が常に進化していることは周知の事実であるため、...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー