富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

EC グロースハック 商品発送と配送追跡トランザクションでCXをデザインする Shopify

トランザクションメール 商品発送 配送情報

EC グロースハック 商品発送と配送追跡トランザクションでCXをデザインする Shopify

EC:eコマース注文の背後にある原動力となっている顧客視点の考え方とは何でしょうか。

Amazon が翌日プライム配送モデルを導入したときは、地球上のすべての e コマース ビジネスが可能な限り最速の配送オプションを見つけるよう促されるドミノ効果が始まりました。
その効果と目的として、eコマース市場での競争力を維持することが挙げられます。
裏側では、平均して注意力が持続する時間が短く、ほとんどの購入が、明日とかに商品を欲しがる時代から、顧客の要求を増幅して満たしてきましたが、これからは果たしてどうでしょうか。 

注文の追跡、eコマースの発送プロセスの最適化、顧客の期待の管理に役立つ、知っておくべき商品の納期情報を活用した、CX:カスタマーエクスペリエンスの運用方法について簡単に説明していきます。

ECでの商品発送日とは

これは、ShopifyとShopify Plusを活用しているe コマースのマーチャント、より具体的にはマーチャントのパートナーである 3PLフルフィルメントセンターまたは倉庫、もしくはオムニチャネル小売業なら店舗から(Ship from Shop)、注文が顧客に発送される日付です。
この日付は、顧客がいつ出荷されるかがわかるように
するため、最初の重要なポイントです。
たとえば、注文がフルフィルメント センターまたは倉庫から 9 月 24 日に出荷され、顧客が 2 日分の配送日程を選択した場合、荷物は 9 月 26 日に配達されると推測できます。この場合、スピードが非常に重要になります。
早い配達を期待して興奮が高まっています。

*フルフィルメント センター ソリューションとは
フルフィルメント センターは3PL (サードパーティ ロジスティクス) 業務の実施している場所です。ここで商品は流通加工、ピッキング、梱包され、顧客に発送されます。基本的に、フルフィルメント センターは、在庫の保管を含め、商品を購入者に届けるためのあらゆるステップを処理しています。

EC/eコマース注文日とは

顧客は注文日と出荷日が同じであると考えるかもしれませんが、必ずしもそうとは限りません。
注文日は、顧客がe コマースの Web サイトで
「購入」をクリックした日です。
注文が到着したその日に商品が販売者のフルフィルメント センターまたは倉庫から出荷される場合、これは出荷日と同じになる可能性があります。
ただし、一般的にはAmazon以外では可能であることはありません 

これは、e コマースの注文(データ)が届く日 (休日や週末) が原因です。注文が入ってくる時間帯(営業時間外、出荷締切時間外、金曜日の午後)が原因です。
また、繁忙期、大量の注文、配送センターや倉庫の人手不足など、ワークフローの制約が原因になる可能性もあります。
一般に、顧客の期待を最大限に高めて、不満を回避するには、注文確認とは別に出荷・発送日確認を送信するようにShopifyで e コマース Web サイトが設定されていることを確認してください。   

注文明細書の作成日とは  

顧客への発送と商品代金請求が同じ日に行われるとは限りません。
請求書は、注文が処理される数日前、つまり顧客にEC(電子商取引)の注文に対して請求される数日前に作成される場合があります。(特に、サブスクリプションコマース の2回目以降では)この情報は販売者にとっては販売報告の点では役立ち、顧客にとっては注文の確認、返品・交換の申請、および最適な購入後のエクスペリエンスのその他の側面の点で役立ち
ます。 

マイポータルページ

コマースサイトでの使いやすいポータルページは、すべての注文明細・履歴を一元化して自動化していきます。(Amazonを思い出してください。)
顧客と、カスタマーサポートの労力を大幅に削減して、注意が必要なイベントとインシデントなどのみを確認するようにします。

顧客は注文に関する問題を正確に自己申告・報告します。
クレームは自動的にレビューとCSでの承認のためにプッシュされることです。
承認されると、コマース事業者は コマースシステム を介して、自動再発送を選択するか、返金処理などを選択することができるようになります。

発送予定日とは

顧客が正確な配達日が予想される特定の配送オプション (2 日以内の配送など)を選択していない場合、配送予定日により、注文がいつ発送されて商品が届くかについての情報が提供されると、安心感が得られます。

e コマースマーチャントとしては、多少の余裕が生まれ、荷物の発送日が予想より多少遅れても早くても大丈夫な選択オプションを提供できれば、平準化によるムダ・ムリ・ムラからくるコスト変動がなくなります。

注文が行われた正確な時間などの要因が、いつ出荷される・できるかに大きく影響するため、出荷予定日から発生する配達予定日(お届け予定日・後述)は非常に重要です。
たとえば、木曜日の午後 12 時に行われた購入は、金曜日の午後 4 時に行われた注文よりもはるかに早く顧客に届きます。  

さらに、入荷予定日は、入荷待ちの商品、つまり電子商取引の注文が完了する前に在庫切れになった商品の場合に役立ちます。顧客が入荷待ちの商品を購入する場合、発送予定日により、企業が在庫の再入荷を予想する時期に基づいて、その商品がいつ届くかを顧客に知らせることができます。これも正確ではない可能性がありますが、e コマース販売者の在庫管理の正確さに基づいて、予測はかなり目標どおりになるはずです。

*在庫切れ商品と入荷待ち商品の違いはとは

在庫切れとは、
現在その商品の在庫がなく、メーカーに再供給の予定がないことを意味します。
入荷待ちの商品とは、
現在は在庫がありませんが、注文済みの最新の供給品が到着すると入荷する商品です。

フロントエンドでは、商品が在庫切れの場合、顧客は注文できません。
バックオーダー商品の場合、顧客は通常、商品がすぐに出荷されないことを (ベンダーのメモに基づいて) 理解した上で商品を注文できます。
ベンダーとコマース事業者は、「7 月まで出荷されない」、「10 営業日以内に出荷されない」など、商品がいつ在庫に戻って出荷されるかを予測して通知することができます。再通知と予約販売が可能です。

お届け予定日

発送予定日と同様、おとどけ(配達)予定日と指定は、eコマースの注文がいつ到着するかについて、合理的かつ柔軟な設定と選択を顧客に与えてくれます。
これは、チェックアウト時に販売者の Web サイトに表示されたり、事後、トランザクションメールでD2Cブランドが CX を向上させるために、注文確認がトリガーされたときに送信されたりすることがあります。
重要なのは、発送予定日と同様に、期限を保証することではなく(実際はできません)、特定の期間内に荷物を届けるという e コマース販売者の意図を透明性を提供することです。 

注文がフルフィルメントセンターまたは倉庫を出て配送業者の手に渡った後に、配送予定日が更新される場合があることに注意してください。荷物の所有者が変わって配送遅延が発生した場合は、顧客の期待を管理して、企業が購入者の予想より遅れて荷物が到着したことに対する否定的な反応を避けるたの、顧客に新しい配達予定日(入手可能な情報に基づく)を通知することも想定してください。 

Shopifyは「管理画面を見渡しても配送日時設定の項目がない」

Shopifyの基本機能に配送日時指定は含まれていないことに気付かれると思います。配送日時指定を導入したい場合は、アプリを活用するか、専門知識を要しますが、コード編集を行うことになります。

日本の商習慣では配送日時指定必須の顧客体験です。(海外の配送事情は国それぞれですのでそれに対応します。)

配送日時指定アプリ

アプリの場合は自力での実装に比べ、シンプルに配送日時指定を導入できます。配送に役立つさまざまな機能を持っているアプリがあります。

Shopifyの配送日時指定アプリを選ぶ時に比較すべきポイントです。

  1. 商品ごとに配送日時指定の設定ができるか
    商品ごとに配送日時指定の可否を設定できるかは見落としがちなポイントです。

  2. 休業日の指定ができるか
    休みなどで配送作業ができない日の登録機能は必須です。
    全日配送可能となってしまうと、クレームになります。あなたのパートナーはAmazonではありません。

  3. 日本国内の主要な運送会社に対応しているか
    配送日時指定アプリを選ぶ時は、日本国内の主要な運送会社に対応しているものを選びましょう。

日本製のアプリ

配送日とは

これは、eコマースの注文が実際に顧客に届けられる日です。日本では稀ですが、配送に影響を与える要因は数多くあるため、配送日は最初の見積もりと必ずしも一致しない場合もあります。
なぜでしょうか、フルフィルメント センターや倉庫がどれほど効率的であっても、地域でのイベントでの交通規制、予想外の厳しい気象条件、配送網での需要超過でのインシデント、配送ラベルの破損または欠落など、を含むがこれらに限定されない配送例外が発生し
ます

カスタマー エクスペリエンスを扱う際に覚えておくべき重要なことは、配送例外を管理して、配送状況と予定日のステータスを、注文を追跡しながらその情報をマイポータルとトランザクションメールで顧客に情報更新することです。

ブランド追跡ページ

顧客は平均して 何回注文ステータスを確認するでしょうか。配送情報を配送キャリアのWeb サイトでそのビューが発生しています。(それも面倒なプロセスで)。
DNVBとその一カテゴリーDTC/D2C 3.0をはじめとするコマース企業が、ブランド化できる可能性があるのに、なぜそれらの購入後のメールを重要なものにできる: エンゲージメント、収益、ロイヤルティを高めるための 14ものポイントがあるキラーコンテンツビューを無駄にしているのでしょう。

パーソナライズされたオンサイト追跡により、顧客の印象と配送の期待が高まります。
季節のプロモーションやセールなどのためのカスタム グラフィック オプション。
リピート注文ステータスのコマースサイト訪問の価値を、プロモーション、ロイヤリティと購買後体験 紹介(Referral)プログラム割引などのオファーを通じて再購入に活用していきます。

返却日とは

返品日は、返品された商品が処理のためにマーチャント、フルフィルメント センター、または倉庫に戻ってくる日です。
これは、返品
期間または返品カットオフと混同しないでください。
返品期間とは、顧客が e コマース注文の返品を開始して、商品を販売者に返送するまでに可能な合計時間です。
これは各販売者のポリシーによって異なります (例: 荷物が配達完了されてから 7 日、30 日、60 日などに到着すること)。
一方、返品締め切り日は、顧客が e コマースで返品しなければならない最後の日(受付日)です。

返品・交換のトランザクションメールからCLTVをアップする方法も確立されています。

配達予定日を見積もる際の考慮事項:

配達予定日の変更を引き起こす可能性のあるいくつかの事項についてはすでに説明しました。
e コマースの注文配達時間に影響を与える可能性のある流動現象について完全な透明性を提供するために、出荷予測に発生する遅延の 4 つの主な原因を詳しく見てみましょう。

1.) 輸・配送時間
配送業者と配送サービス、配送先(荷物が通過する必要がある配送ゾーンなどの数)、配送に必要な輸送手段(飛行機、貨物船、トラック)などによって異なります。

2.) 祝日
2 つの面で配送が遅くなる可能性があります。1 つは祝日で勤務する人が少ない場合、もう 1 つは祝日により注文が急増して、フルフィルメント センターや倉庫が非常に混雑している場合です。
e コマース販売者が
国際的に販売する場合は、取引を行う国の祝日を認識して、顧客にそのことを常に知らせることが重要であることに注意してください。

3.)雨、雪、激しい嵐などの天候により、配達が遅れる可能性があります。冬季に、台風の季節に遅延が発生するのが一般的です。商品が滞っている場合は配達予定日を調整し、顧客に最新情報を送信することもが重要です。

4.) 税関
配送方程式にさまざまな複雑な変数があります。海外の顧客に販売する場合は、状況は「複雑」になります。発送される実際の商品、送り主情報、購入者情報、関税コードやその他の書類、荷物に DDP (配達関税支払い) があるかどうかなどに応じて、荷物が税関を通過するまでに数日から数週間かかる場合があります。 

顧客の期待に応えるキラーコンテンツでCXをデザインする

お届け予定日、発送日・配送状況などの一連の、購入(購買)後体験:Post Purchase・ポストパーチェスでは、eコマース販売者にとっては、顧客の購入(購買)体験ニーズのデータと行動に大きな影響を与えます。
ビジネスでの顧客関係の構築スピードに影響を与えます。もう一方では、顧客体験に大きな影響を与えるキラーコンテンツです。

さらに、精度を決して犠牲にせず、スピードと目的を持って移動するフルフィルメント センターと連携することで、時間と空間と人手(ロボットがいても最後は”人”が処理するワークは亡くなりません)が許す限り迅速に顧客が e コマースの注文を確実に、かつ感動的に受け取ることができます。

今すぐ 富士ロジテックホールディングスにお問い合わせいただき、迅速かつコスト効率の高い配送オプションと、 e コマース注文の管理を容易にする高度なフルフィルメント プラットフォームを利用して、当社がどのように開封体験(開梱):Unboxingだけではなく、データを活用した、顧客購買体験に目を向けているかをご確認ください。
私たちはあらゆる面で顧客の期待を監視し、ブランドの約束を
果たせるようお手伝いをします。

ECビジネスを、新たなCX高みに引き上げる準備はできていますか

注文処理をアウトソーシングすることは、かつてないほど簡単になりました。 購買後体験がコマースチャネルと統合されているため、「顧客のストレスを減らし、よりロイヤリティを成長させる」ことができます。
今すぐ、配送情報を活用して顧客体験をデザインしてスケーラブルな成長を実現してください。

購入後体験 ポストパーチェスエクスペリエンス コラム

顧客購買体験: CXとは コンテンツデザインしてAOV LCTVをグロース Shopify

EC 顧客購買体験: CXとは コンテンツデザインしてAOV LCTVをグロース Shopify

EC(電子商取引)における顧客購入(購買)体験(Customer Purchase Experience)とCX(Customer Experience)についてポイントを説明しています。
CXは、顧客がオンラインで商品やサービスを購入する過程全体における総合的な顧客体験を指しています、商品購入だけでなく、プロセス全体における満足度や感情も含まれます。また、「購入」と「購買」の違いも説明されており、購買は商品を手に入れるプロセス全体を指します。
さらに、購入体験ファネルやオムニチャネル/ECトレンドについても触れられています。購入前、購入中、購入後のステップでの成長施策も紹介され、顧客の満足度向上に役立つ情報が提供されています。

 

注目すべき 8 つの EC トレンド 購入後体験CXを強化する

注目すべき 8 つの EC トレンド 購入後体験CXを強化する

1. パーソナライゼーションが重要:
顧客の心理を理解し、購入後の体験をカスタマイズすることが必要です。購入と購買の違いも説明されています。
2. ソーシャルコマースの拡大:
D2C(DTC)モデルの重要性が強調され、ソーシャルメディアでの販売の重要性が指摘されています。
3. オムニチャネルの重要性:
顧客が異なるチャネルを移動しても一貫性のあるコミュニケーションが必要です。
4. 購入(購買)後体験・Post Purchase/ポストパーチェスでのマーケティング:
パーソナライゼーションと注文追跡情報の活用が重要です。
5. モバイルコマースの重要性:
スマートフォンを活用してモバイルナビゲーションと読み込み時間を最適化しましょう。
6. メッセンジャー機能の活用:
Eメールを基本として・SNSメッセンジャー・LINEマーケティングが主流になります。
7. 動画マーケティングの重要性:
ビデオを使って顧客のエンゲージメントを高めましょう。
8. 持続可能性の重要性:
サステナビリティに対する顧客の関心が高まっており、持続可能性を考慮したビジネス戦略が必要です。

 

EC グロースハック 商品発送と配送追跡トランザクションでCXをデザインする Shopify

EC グロースハック 商品発送と配送追跡トランザクションでCXをデザインする Shopify

EC:eコマース注文の背後にある原動力となっている顧客視点の考え方とは何でしょうか
Amazonの翌日プライム配送モデルがeコマース市場に影響を与え、競争力を高めています。

注文の追跡、オムニチャネル/eコマースの発送プロセスの最適化、配送日時指定(による日時指定)、顧客の期待の管理に役立つ、知っておくべき商品の納期情報を活用した、CX:カスタマーエクスペリエンスを高める運用方法のポイントについて簡単に説明していきます。

また、商品の発送日と注文日、注文明細書の作成日、お届け予定日などの用語や意味も説明されています。
配送日時指定アプリを利用する方法について解説しています。

 

EC eコマース配送ガイド 配送予定日・配送追跡情報 のCXメリット Shopify

EC eコマース配送ガイド 配送予定日・配送追跡情報 のCXメリット Shopify

EC/eコマース(電子商取引)の配送設計について重要なポイントとなる情報を提供しています。
CX(顧客体験)+購入(購買)体験において、迅速で手頃な価格の配送・配達が消費者にとっては重要な体験であり、そのためには適切な物流パートナーを選び、異なる配送方法を提供する必要があります。これによって、競争力を維持するとともに、消費者の期待に応えることができます。
配送・配達料金は、商品の寸法、重量、配送地域に依存して計算され、3PL(フルフィルメント)プロバイダーとの協力や配送コストの削減も検討すべきポイントです。環境に優しい配送オプションも注目されてきています。 DNVBとその一カテゴリーDTC/D2C 3.0時代のECビジネスが成功するためには、配送・配達戦略を慎重に計画して、顧客満足度を高めることが不可欠です。

 

ベスト フルフィルメント サービス 配送情報が提供できるサービス Shopify

ベスト フルフィルメント サービス 配送情報が提供できるサービス Shopify

Shopify ストアの成功のポイントは、良い商品と優れた顧客体験:カスタマーエクスペリエンスを提供し、効率的なフルフィルメントプロセスを確立することです。 フルフィルメントには注文管理、在庫管理、配送/配達、倉庫保管、返品・交換管理などが含まれます。
さまざまなフルフィルメントモデルがあり、自社フルフィルメント、3PL、ドロップシッピングなどが選択肢です。最適なモデルはビジネスの規模や成熟度に依存します。
3PLを選ぶ際にはShopifyとの統合、2日以内の発送能力、倉庫の場所、SLAを検討し、配送コストを削減することも大切です。
最終的に、適切なフルフィルメントモデルを選択する際にビジネスのニーズと成長段階を考慮することが重要です。

 

ECのキラーコンテンツ 配達予定日Estimated Delivery dates でAOVを上げる Shopify

ECのキラーコンテンツ 配達予定日Estimated Delivery dates でAOVを上げる Shopify

電子商取引(EC/eコマース)サイトにおける配送予定日の重要性について説明しています。

ユーザーは商品の発送スピードよりも、商品がいつ届くか(配達日・時間・場所)を気にしており、これが顧客の満足度に影響します。
ECサイトでは配送オプションが提供され、締め切り時間や休日によって納期が変わります。

Shopify で配送予定日を提供する方法として、ロジックを自分で構築するか、アプリを使用する方法が紹介されています。(日本のカートシステムは標準で実装されています。)
また、配送オプションや配達予定日の追加は顧客の利便性向上につながり、コンバージョン率を向上させることができます。
最後に、配送業者のサポートも重要で、顧客セルフサービスポータルで追跡情報を提供することで顧客の便益を増やし、顧客の行動データを収集することもできます。

 

注文確認メールをカスタマイズする Shopify

注文確認メールをカスタマイズする Shopify

DNVBとその一カテゴリーDTC/D2C 3.0時代になっても、Eメール・SNSのDM・LINEなどの顧客とのコミュニケーションはとても重要なタッチポイントで、オムニチャネルコミュニケーションがポイントです。

このコラムでは、EC:eコマースでの顧客の購買ファネルで活用されているEメールの種類についてポイントを解説していきます。

Eメールを活用した顧客コミュニケーションが重要であり、セールスメール、注文書メール、レスポンシブメール、トランザクションメール、配達完了通知メールなど、さまざまなEメールの種類を説明しています。

これらのEメールを効果的に使用することは、EC(eコマース)企業にとって重要で、顧客の満足度向上と収益増加に貢献します。

 

配送情報を活用して、購入後のCX:エクスペリエンス を向上させる方法 Shopify

配送情報を活用して、購入後のCX:エクスペリエンス を向上させる方法 Shopify

顧客は商品を注文した後、待つ間に興奮し、注文情報を追跡して荷物の状況を確認します。
購入(購買)後体験・Post Purchase/ポストパーチェスフェーズのエクスペリエンスを最大限に活用するために、ブランドは顧客セルフサービスの機能として個別の追跡ページを提供し、顧客エンゲージメントとCX体験を高めることができます。

このページを設計する際のポイントには、ブランドの一貫性を保ち、明確かつ簡潔な情報を提供し、モバイルデバイスに対応し、ソーシャルメディア共有ボタンを追加し、パーソナライズされたカスタマーエクスペリエンスを提供することが重要です。

このコンテンツは、購入後の顧客体験に関する重要なポイントを述べています。購入後のコミュニケーション戦略について説明され、以下のポイントを解説しています:
1. 配送・配達情報の明確な伝達:
配送・配達情報を簡潔で分かりやすい言葉で伝え、ビジュアル要素を活用し、顧客が簡単に見つけられるように配置し、常に最新情報を提供することが重要です。
2. トランザクションメールでブランドアイデンティティを強化:
注文確認・配送/配達追跡メールなどのトランザクションメールをブランド化し、顧客の関心を維持するためにブランドの色、フォント、ロゴを使用し、顧客のレーダー(感性や関心や悩み)に添ったパーソナライズをしましょう。
3. FAQセクションの作成:
顧客の一般的な質問に対する明確で簡潔な回答を提供するFAQセクションを作成し、顧客が配送プロセスを理解しやすくしましょう。
4. 顧客対応の向上:
カスタマーサポートでの明確な期待を設定し、積極的なコミュニケーションを行い、共感し、問題に対する解決策を提供し、さまざまなコミュニケーションチャネルを使用し、顧客に注文の最新情報を提供しましょう。

これらのポイントを実践することで、購入後の顧客エクスペリエンスを向上させ、ブランドのロイヤルティを高めることができます。

 

注文/追跡情報を使用してECの売上を伸ばす方法 Shopify

注文/追跡情報を使用してECの売上を伸ばす方法 Shopify

Shopify ブランドにとって、実証済みの顧客維持方法が非常に重要である理由について説明しています。

顧客獲得のコストが高騰しており、顧客獲得(CAC)が顧客生涯価値(CLTV)を上回っているため、ファンロイヤリティのある顧客ベースを構築することが重要です。

具体的には、
トランザクションメールで、注文・配送追跡情報コンテンツをマーケティングに活用し、CX:顧客(カスタマー)エクスペリエンスコミュニケーションとしてパーソナライズし、リピート購入率を向上させる方法についてのポイントを解説しています。

また、デジタル広告とDNVB(デジタルネイティブブランド)とその一カテゴリーDTC/D2C 3.0対応の重要性も強調されています。 Shopfiy ブランドは、顧客獲得だけでなく、維持にも焦点を当てるべきだというメッセージが伝えられています。

 

配送ステータスを確認してレビュー・SNSポストリクエストする Shopify

配送ステータスを確認してレビュー・SNSポストリクエストする Shopify

Shopifyブランドと顧客の間に信頼とロイヤルティを構築するには、顧客レビューリクエストのタイミングを効果的に設定することが不可欠になります。
Shopifyを使用して顧客の信頼と顧客にとってのロイヤルティプログラムを通じてのロイヤリティと購買後体験を構築する方法について説明しています。

顧客レビューのタイミングが重要であり、購入後のコミュニケーションや顧客レビューを活用する方法に焦点を当てています。
また、注文追跡情報:トランザクションコミュニケーションをコマースプラットフォームと統合することで、顧客エンゲージメントを向上させ、競争力を強化するメリットも説明されています。統合を活用することで、EC/eコマースビジネスの成功に寄与できるポイントを解説しています。

5 つ星の CX:カスタマーエクスペリエンスの効果を得るために、注文追跡データがレビュー リクエスト プラットフォーム(レビュー単独のシステムもありますが、ベストはMA:マーケティングオートメーションの一部として機能することです。)から分離されずに運用することがポイントです。

 

トランザクションメールでCXを強化する Best 8 Shopify

トランザクションメールでCXを強化する Best 8 Shopify

購入(購買)後体験・Post Purchase/ポストパーチェスのトランザクションメールの重要性とその最適な活用方法について説明しています。
購入後のトランザクションメールは、顧客との長期的な関係を築くチャンスであり、以下のポイントについて解説しています:

・ブランド/D2C(DTC)なら尚更と商品の価値を伝えること
・お客様のレビューを紹介してユーザー生成コンテンツ(UGC)として活用すること
アクションベースのロイヤルティプログラムを通じてロイヤリティと購買後体験 を強調すること
カスタマーサポートを簡単にアクセスできるようにすること
・商品の適切な使用方法を教育・啓蒙・体感させること
サブスクリプションプログラムを宣伝すること
ソーシャルメディアを通じてコミュニティを構築し、顧客と関わること

また、
タイミングも重要で、お届け予定日や配送通知などのトランザクションメール顧客セルフサービスでの追跡ページを活用して顧客の利便性と満足度を高める方法について提案しています。

 

配送情報=ブランドトラッキング CX:エクスペリエンスをデザインする5つのステップ Shopify

配送情報=ブランドトラッキング CX:エクスペリエンスをデザインする5つのステップ Shopify

顧客が購入(購買)後体験・Post Purchase/ポストパーチェスのエクスペリエンスを向上させる方法について解説しています。
顧客は商品を注文した後、待つ間に興奮しています、注文情報(トランザクション)を追跡して荷物の状況を確認します。
購買後のエクスペリエンスを最大限に活用するために、ブランドは個別の顧客セルフサービスでの追跡ページを提供し、顧客エンゲージメントを高めることができます。
このページを設計する際には、ブランドの一貫性を保ち、明確かつ簡潔な情報を提供し、モバイルデバイスに対応し、ソーシャルメディア共有ボタンを追加し、パーソナライゼーションされたCX:カスタマーエクスペリエンスを提供することが重要です。
また、追跡ページを通じて他の商品やサービスを宣伝することでアップセルと共感された衝動買いの体験を提供できます。

 

EC 配送に関するよくある質問 リストでCXを向上する Shopify

EC 配送に関するよくある質問 リストでCXを向上する Shopify

EC/eコマース(電子商取引)分野におけるDNVBとその一カテゴリーDTC/D2C 3.0(直販)ブランドの成功において、配送とフルフィルメントに関するFAQの重要性について説明しています。

FAQは顧客に情報を提供し、全体的なCX:顧客(カスタマー)エクスペリエンスの向上に貢献します。
FAQは透明性、効率性、顧客満足度を向上させ、ブランドの配送ポリシーに合わせてカスタマイズされるべきコンテンツです。

さらに、顧客のニーズと好みを考慮し、トランザクション:注文追跡返品・交換プラットフォームを活用することで、ブランドの信頼性を高め、効率的な顧客サービスプロセスを実現できます。

ブランドの成功には、FAQの適応とカスタマイズが不可欠です。

EC CX 顧客とのエンゲージメントに最適なトラッキング ページコンテンツ Best 7

EC CX 顧客とのエンゲージメントに最適なトラッキング ページコンテンツ Best 7CX:カスタマー(顧客)エクスペリエンスの重要性についてポイントについて言及しています、購入(購買)後体験・Post Purchase/ポストパーチェス顧客とのコミュニケーションの重要性を強調しています。
エンゲージメントの隠れたチャネルとして、配送・配達情報やトランザクションメールを活用して顧客との信頼とブランドアフィニティを築く方法について説明されています。
さらに、顧客がロイヤルティプログラムと友人を紹介(Referral)プログラムを実施することや、顧客の意見を尊重することがブランド成長に寄与する方法として示唆されています。
総じて、購入後の顧客エクスペリエンスを向上させ、ブランドの成長を促進する方法について述べています。
SHIN CX 購入後体験 Inquiry
殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

セクシャルウエルネス・ヘルスネス編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
セクシャルウエルネス・ヘルスネス編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
見出しの書き方が重要であることは誰もが知っています。だからといって書くのが簡単になるわけではありません。ブログ記事、商品販売ページ、Meta広告、さらには件名を書くたびに再発明をする必要はありません。より良い見出しをより速く書くために...
続きを読んでみる
ファッション・アスレジャー編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
ファッション・アスレジャー編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
幸せな顧客は、すべてのビジネスの生命線です。忠実な顧客は、肯定的な口コミの紹介を提供し、収益を促進することで、ブランドの長期的な成功と成長に貢献します。社会経済状況で忠実な顧客基盤を開拓することは、簡単なことではありません。経済の不確...
続きを読んでみる
アパレル編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
アパレル編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
コマースでは、顧客のインフルエンサーやアンバサダー、ロイヤリティプログラムなどで、コミュニケーションの運用を削減し、プロセスを最適化することにより、ブランドが創造的な資産を調達するプロセスを拡大することができます。そのために、考慮すべ...
続きを読んでみる
e コマースにおける PDP – 概要と最適化する理由 通販・オムニチャネルコマース
e コマースにおける PDP – 概要と最適化する理由 通販・オムニチャネルコマース
ヒント - 顧客オーディエンスに最適化されていれば、コンバーションマシンとして活躍できます。 PDP を強化する時期が来ました。 商品詳細ページは、e コマース エクスペリエンスの重要な部分です。これは買い物客に興味のある商品に関する...
続きを読んでみる
東アジア(中国・韓国)のマーケットプレイス
東アジア(中国・韓国)のマーケットプレイス
アジアおよび世界最大の電子商取引市場である中国は、2023 年の市場規模が 1 兆 4,900 億ドルに達しました。インターネット アクセスの普及、モバイル デバイスの可用性の増加、中間層の増加がこの成長の主な原動力となっています。 ...
続きを読んでみる
東南アジアのオンライン マーケットプレイス
東南アジアのオンライン マーケットプレイス
Lazada と Shopee がほとんどの東南アジア諸国に存在することを見つけるのは難しくありません。Shopeeが今年特に傑出しており、上記の国々の市場で主導的な地位を占めていることは注目に値します。Kantar BrandZ が...
続きを読んでみる
ヨーロッパの主要なマーケットプレイス
ヨーロッパの主要なマーケットプレイス
ヨーロッパの市場環境は堅調かつ急速に成長しており、15,000 を超えるオンライン マーケットプレイスが 3,630 億ドルという驚異的な e コマース市場収益に貢献しています。この地域では、2025 年までにデジタル コマースの年間...
続きを読んでみる
ロイヤリティプログラム コンテンツリスト
ロイヤリティプログラム コンテンツリスト
小売消費者が購入後の体験に求めるもの アマゾン効果は、小売業界全体に影響を与えています。顧客は無料で迅速な配送を期待しています。中には1日または同日という早い配送を希望する人もいます。さらに、ソーシャルメディアはUnboxingを促進...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー