富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

2023 年に注目すべき 8 つの EC トレンド 購入後体験CXを強化する Shopify

D2C DTC EC eコマース トレンド
2023 年に注目すべき 8 つの e コマース トレンド 購入後体験CXを強化する Shopify

EC:eコマース業界にとって天文学的な成長の年は2022 年でした、2023 年はすでに、減速してオムニチャネルDNVBとその一カテゴリーDTC/D2C 3.0の年になると見られています。

2023 年に Shopify ブランドや、コマースの事業をトップに立たせたい場合に役立つ、8 つの コマース トレンドについけ確認していきましょう。

1. パーソナライゼーションは最優先事項

パーソナライゼーションは顧客の心・心理=データでつながることです。 D2C EC( eコマース)ブランドにとっては、もはやオプションではありません、必須のものになっています。
私たちのことを信じられないと思います。
消費者の 91% は、自分に関連した独自のオファーやレコメンド:推奨事項を提供するブランドで買い物をする可能性が高いと回答している調査データは山のようにあります。

購入(購買)体験購入(購買)後体験のプロセスにパーソナライズを追加するのは、思っているよりも簡単になっています。

Short Tips

「購入」と「購買」は、日本語で非常に似ている言葉ですが、微妙な違いがあります。

購入(こうにゅう):

「購入」は、何かを買うこと、商品やサービスを取得する行為を指します。
一般的には、お金を支払って何かを手に入れる行為を表します。
例: デパートで新しい靴を購入した。 (I bought new shoes at the department store.)
購買(こうばい):

「購買」は、商品やサービスを購入するプロセス全体を指します。
購買には、商品やサービスを選択し、価格を検討し、購入手続きを行う一連のステップやプロセスが含まれます。
例: この会社の商品は購買プロセスが簡単です。 (The company's products have an easy purchasing process.)
簡単に言うと、購入は実際に商品を手に入れる行為を指し、購買は商品を手に入れるために行うプロセスや過程を指します。両方の言葉は消費者行動やビジネスに関連する文脈で使用されます。


Shopify ブランドが購入者のエクスペリエンスをカスタマイズしてリピート購入を促進できる方法をいくつか確認して紹介していきます。

視聴者を理解する:

パーソナライゼーションには、顧客についての深い知識が必要です。
さらに重要なのは、顧客がどこから来たのかについての深い知識です。ソーシャルメディア、広告、Google 検索のいずれから来たかは、ユーザーのエクスペリエンスをどのようにパーソナライズできるかに影響します。

ブランドの注文追跡ページ:

顧客とつながるには、商品の到着を待っているときと、開封体験(開梱):Unboxingのときほど最適な時間はありません。

LINE・SNSのDMでのコミュニケーション :

顧客はカートを放棄しましたか。SNSのDMやLINEなどを使用して、カートが買い物客と顧客を待っていることを思い出させて、引き金・トリガーアクションをするのに役立つ特別な特典を提供してみます。

購入後のEメール:

LINEリッチメニュー&リッチメッセージ SNSので広告の成功率が上昇していますが、それにもかかわらず、Eメールコミュニケーションは依然として好調でしっかりとしたコミュニケーション基盤です。

ターゲットを絞った広告:

性別、興味、年齢層に基づいて特定の広告をターゲットにしたり、ソーシャル メディア ページ コマースプラットフォーム やユーザーが気に入った投稿に基づいて広告を配信したりできます。

2. ソーシャルコマースは今後も拡大していく

D2C(DTC)モデルは死んでいます。コマースチャネルとして成功させる秘訣は、顧客がどこにいるかを把握し、その場で販売することの基本に還ることです。
Shopify ブランドは主にウェブサイトとEメールマーケティングに依存してきましたが、ソーシャルメディアという新しい媒体を検討する必要があります。

TikTok、Instagram、Facebook、Pintrestなどのソーシャル メディア プラットフォームは、ユーザーがアプリを離れることなく購入できる「オンライン ストア:ソーシャルコマース」を実装して機能を充実させています。

このソーシャルコマースの概念は、日本では、過去 5 年間で人気を得ることができているかは疑問です。
毎月ソーシャル メディア プラットフォームを通じて直接ではなく購入はしています。
TikTok ユーザーは、フィードまたはストーリーで商品を偶然見つけたときにショッピングや購入を行っているとも言えます。(が、このオーディエンスと実際の購入顧客のオーディエンスの中央値のギャップは良く知られています。)

ソーシャル コマースは、マーケティング キャンペーンにインフルエンサーマーケティングユーザー生成コンテンツ(UGC)を活用する Shopify ブランドにとって優れた施策です。
また、顧客が Web サイトにアクセスする代わりに、ソーシャル メディア プラットフォームから直接購入できるようにすることで、購入プロセスがはるかに簡単になります。(日本では提供されていないサービスです。コマースサイトでの工夫が必要です。)

3. オムニチャネルの存在が不可欠になる

ブランドの Web サイトはショッピングジャーニーの一部にすぎません。
ソーシャル メディア、インフルエンサーマーケティングを、設計・運用して、投資するポイントメールマーケティングで顧客の購買態様を改善する施策を設計・運用するポイント 、広告、店内体験なども含まれています。

各チャネルとタッチポイントは消費者にとって重要であるため、購入者の75%が購入前に複数のチャネルを使用しているとも言います。
消費者は、あなたのブランドと競合他社の価格、品質、全体的な体験を比較しているはずです。

ブランドがコンバージョンにつながるOMO online-merge-offlineのオムニチャネル プレゼンスを成功させるには、一貫したブランディングとパーソナライゼーションという 2 つのことにポイントがあります。

パーソナライゼーションの重要性についてはすでに説明したので、それ(注意力の持続時間など)については省略しますが、一貫したブランディング エクスペリエンスが重要です。

ウェブサイト、メール&SNSのDMコミュニケーション、注文追跡ページ(マイポータルページ)、店内体験、ソーシャルメディアチャネルはすべて、同様のスタイルと雰囲気を持つ必要があります。したがって、顧客があるチャネルから別のチャネルに移動しても、オムニチャネルコミュニケーションとして統一されていることがポイントです。

4. 購入後のマーケティングがより重要

消費者の最大の購入トレンドはパーソナライゼーションとソーシャルコマースであるため、購入(購買)後体験 Post Purchase:ポストパーチェスのマーケティングとブランドの注文情報の追跡コンテンツを活用されるようになりました。
購入後のコンバージョン率が最も高いメディアは、ブランドの「注文追跡ページ」と「発送通知メール/LINE」 です。

顧客は注文ごとに平均4.6 回追跡情報を確認するとも言われています。そのため、ブランドの注文追跡ページは非常にCXに効果的です。これは、あなたのブランドには顧客とつながる機会がさらに 5 回近くあることを意味しています。
そのコンタクトポイントを大切にしたいと考えています。富士ロジテックホールディングスが提供するサービスを使用したブランド注文追跡ページは、ブランドに合わせて完全にカスタマイズできるため、以下コンテンツを含めてCXをデザインすることができます。

  • ブランドの色とフォント
  • ユニークなメッセージング
  • アップセルの機会
  • ソーシャルメディアのニュースフィード
  • 教育ビデオとコンテンツ
  • 配送ステータス(これを配送会社に飛ばすのは勿体ないですね)

トランザクション発送メールは、注文受付から、DC/FC倉庫からの発送、災害などでの遅延や例外が発生したときに顧客に通知することで、ブランドを事後対応からプロアクティブに移行するのに役立ち、CS:スタマーサービスもアップします。誰しも、特に顧客は、闇の中に取り残されることを望んではいません。

5. モバイルコマースは源泉

私たちのほとんどにとって、スマートフォン(携帯電話っていうのでしょうか?)は手の届くところにある、人類が初めて手にしたパーソナライズギアです。
私たちは、買い物、つながり、調べものなど、あらゆる用途にスマートフォンを使用しており、これまで以上に多くの人(60歳以上の女性だって普通に使っています)がモバイルデバイスで閲覧したり買い物をしたりするようになりました。モバイル コマースは非常に人気があることは当たりまえになりました。

モバイルコマースエクスペリエンスを向上させるために、Shopify ブランドとしては 2 つのことに重点を置く必要があります。

モバイル ナビゲーション:

ブランドの Web サイトは、デスクトップPCなどと同じようにスマートフォンでも簡単に操作できる必要があります。ナビゲーションテキストは、フォントの選択と背景色の両方で読みやすいものにしてください。

モバイルの読み込み時間:

Web サイトの読み込みに時間がかかりすぎると、顧客は他の場所で買い物をしようとします。ページの読み込み時間は 0 ~ 2 秒である必要があります。(あなたはどれだけ待てますか)

6.メッセンジャー機能を活用してください

モバイルコマースの人気が高まるにつれ、SNSメッセンジャーマーケティングと広告が今後は主流となるでしょう。

技術スタックを詳しく調べて、可能な場合にはMAやチャットボットなどとCX:カスタマーエクスペリエンス統合してください。顧客とのコミュニケーションを合理化するために、Shopify アプリとの統合は必要ですが運用テクニックはいります。

7. 動画マーケティングがポイントになる

Webサイト、ソーシャル メディア チャネル、カスタマージャーニーに合わせてEメールのパーソナライゼーションするために、各媒体にビデオを追加すると、顧客とのエンゲージメントを高めることができます。

限界は無限にあるため、ビデオ マーケティングは e コマース ブランドにとって最適になりつつあります。

  • 新商品の予約販売に興味がありますか。
  • 顧客向けの教育コンテンツが必要ですか。
    ハウツー シリーズを作成します。
  • CSチームがいかに楽しいかをアピールしたいですか。

消費者は、魅力的であるだけでなく、「今すぐ購入」ボタンを押す前に商品の隅から隅まで完全に理解したいと考えているのは、当たりまえです。そのための方法はビデオが簡単でシンプルです。
商品に関するレビューやインタラクティブなコンテンツを提供することで、顧客は購入する可能性が高くなり、返品・交換を要求する可能性が低くなります。

8. 持続可能性が引き継ぐ

サステナビリティの人気が徐々に高まっていると言われtいますが、本当でしょうか。顧客は二酸化炭素排出量を削減する方法を模索していると言われていますが。消費者のどれくらいが、より持続可能であれば配達を遅らせても構わないと考えているでしょうか(送料無料や、クーポンバターで誘導するべきです。)

ブランドが持続可能で収益性を両立するにはどうすればよいでしょうか。アイデアブレストをしてみましょう。

  • カーボンニュートラルな配送
  • 一括発送(分散出荷と荷合いはフルフィルメントのポイントです。)
  • リサイクルされた梱包材と資材(コストは高まります。しかし廃棄物からの副産物を活用する手はあります。)
  • ペーパーレス請求書発行(マイポータルで充分です。)
  • 返品・交換 物流フルフィルメント時の梱包材を再利用する(または、店頭で返品する)

商品に関するオンラインストアの商品明確な情報・説明 (詳細な説明、実際の顧客レビューなど) を提供することで返品・交換を減らします。

持続可能性への関心が高まるにつれて、残念ながらグリーンウォッシングがより一般的になりました。これは、たとえ明確な持続可能性への取り組みがないにもかかわらず、企業が環境に配慮していることを宣伝し、宣伝することです。(日本は顕著です。)

しかし、持続可能性が e コマース ブランドの主要な部分とし顧客メリットを訴求できる場合はどうなるでしょうか。

ウェブサイトやソーシャル メディア プラットフォームは、ブランドがどのように持続可能性を実践しているかを顧客に示す最も効果的な方法の 1 つです。
顧客もどのようにサステナビリティに参加できるかがポイントです。

まとめ

顧客に購入後のプレミアムなエクスペリエンスを提供して、ブランドのグロースとして良いスタートを切りましょう。
プラットフォームネットワークは、カスタマーサポートチケットを削減して、ブランドの発送通知を自動化して、追加の収益を生み出していきます。
詳細についてはこちらの専用窓口からご相談ください。

購入後体験 ポストパーチェスエクスペリエンス コラム

顧客購買体験: CXとは コンテンツデザインしてAOV LCTVをグロース Shopify

EC 顧客購買体験: CXとは コンテンツデザインしてAOV LCTVをグロース Shopify

EC(電子商取引)における顧客購入(購買)体験(Customer Purchase Experience)とCX(Customer Experience)についてポイントを説明しています。
CXは、顧客がオンラインで商品やサービスを購入する過程全体における総合的な顧客体験を指しています、商品購入だけでなく、プロセス全体における満足度や感情も含まれます。また、「購入」と「購買」の違いも説明されており、購買は商品を手に入れるプロセス全体を指します。
さらに、購入体験ファネルやオムニチャネル/ECトレンドについても触れられています。購入前、購入中、購入後のステップでの成長施策も紹介され、顧客の満足度向上に役立つ情報が提供されています。

 

注目すべき 8 つの EC トレンド 購入後体験CXを強化する

注目すべき 8 つの EC トレンド 購入後体験CXを強化する

1. パーソナライゼーションが重要:
顧客の心理を理解し、購入後の体験をカスタマイズすることが必要です。購入と購買の違いも説明されています。
2. ソーシャルコマースの拡大:
D2C(DTC)モデルの重要性が強調され、ソーシャルメディアでの販売の重要性が指摘されています。
3. オムニチャネルの重要性:
顧客が異なるチャネルを移動しても一貫性のあるコミュニケーションが必要です。
4. 購入(購買)後体験・Post Purchase/ポストパーチェスでのマーケティング:
パーソナライゼーションと注文追跡情報の活用が重要です。
5. モバイルコマースの重要性:
スマートフォンを活用してモバイルナビゲーションと読み込み時間を最適化しましょう。
6. メッセンジャー機能の活用:
Eメールを基本として・SNSメッセンジャー・LINEマーケティングが主流になります。
7. 動画マーケティングの重要性:
ビデオを使って顧客のエンゲージメントを高めましょう。
8. 持続可能性の重要性:
サステナビリティに対する顧客の関心が高まっており、持続可能性を考慮したビジネス戦略が必要です。

 

EC グロースハック 商品発送と配送追跡トランザクションでCXをデザインする Shopify

EC グロースハック 商品発送と配送追跡トランザクションでCXをデザインする Shopify

EC:eコマース注文の背後にある原動力となっている顧客視点の考え方とは何でしょうか
Amazonの翌日プライム配送モデルがeコマース市場に影響を与え、競争力を高めています。

注文の追跡、オムニチャネル/eコマースの発送プロセスの最適化、配送日時指定(による日時指定)、顧客の期待の管理に役立つ、知っておくべき商品の納期情報を活用した、CX:カスタマーエクスペリエンスを高める運用方法のポイントについて簡単に説明していきます。

また、商品の発送日と注文日、注文明細書の作成日、お届け予定日などの用語や意味も説明されています。
配送日時指定アプリを利用する方法について解説しています。

 

EC eコマース配送ガイド 配送予定日・配送追跡情報 のCXメリット Shopify

EC eコマース配送ガイド 配送予定日・配送追跡情報 のCXメリット Shopify

EC/eコマース(電子商取引)の配送設計について重要なポイントとなる情報を提供しています。
CX(顧客体験)+購入(購買)体験において、迅速で手頃な価格の配送・配達が消費者にとっては重要な体験であり、そのためには適切な物流パートナーを選び、異なる配送方法を提供する必要があります。これによって、競争力を維持するとともに、消費者の期待に応えることができます。
配送・配達料金は、商品の寸法、重量、配送地域に依存して計算され、3PL(フルフィルメント)プロバイダーとの協力や配送コストの削減も検討すべきポイントです。環境に優しい配送オプションも注目されてきています。 DNVBとその一カテゴリーDTC/D2C 3.0時代のECビジネスが成功するためには、配送・配達戦略を慎重に計画して、顧客満足度を高めることが不可欠です。

 

ベスト フルフィルメント サービス 配送情報が提供できるサービス Shopify

ベスト フルフィルメント サービス 配送情報が提供できるサービス Shopify

Shopify ストアの成功のポイントは、良い商品と優れた顧客体験:カスタマーエクスペリエンスを提供し、効率的なフルフィルメントプロセスを確立することです。 フルフィルメントには注文管理、在庫管理、配送/配達、倉庫保管、返品・交換管理などが含まれます。
さまざまなフルフィルメントモデルがあり、自社フルフィルメント、3PL、ドロップシッピングなどが選択肢です。最適なモデルはビジネスの規模や成熟度に依存します。
3PLを選ぶ際にはShopifyとの統合、2日以内の発送能力、倉庫の場所、SLAを検討し、配送コストを削減することも大切です。
最終的に、適切なフルフィルメントモデルを選択する際にビジネスのニーズと成長段階を考慮することが重要です。

 

ECのキラーコンテンツ 配達予定日Estimated Delivery dates でAOVを上げる Shopify

ECのキラーコンテンツ 配達予定日Estimated Delivery dates でAOVを上げる Shopify

電子商取引(EC/eコマース)サイトにおける配送予定日の重要性について説明しています。

ユーザーは商品の発送スピードよりも、商品がいつ届くか(配達日・時間・場所)を気にしており、これが顧客の満足度に影響します。
ECサイトでは配送オプションが提供され、締め切り時間や休日によって納期が変わります。

Shopify で配送予定日を提供する方法として、ロジックを自分で構築するか、アプリを使用する方法が紹介されています。(日本のカートシステムは標準で実装されています。)
また、配送オプションや配達予定日の追加は顧客の利便性向上につながり、コンバージョン率を向上させることができます。
最後に、配送業者のサポートも重要で、顧客セルフサービスポータルで追跡情報を提供することで顧客の便益を増やし、顧客の行動データを収集することもできます。

 

注文確認メールをカスタマイズする Shopify

注文確認メールをカスタマイズする Shopify

DNVBとその一カテゴリーDTC/D2C 3.0時代になっても、Eメール・SNSのDM・LINEなどの顧客とのコミュニケーションはとても重要なタッチポイントで、オムニチャネルコミュニケーションがポイントです。

このコラムでは、EC:eコマースでの顧客の購買ファネルで活用されているEメールの種類についてポイントを解説していきます。

Eメールを活用した顧客コミュニケーションが重要であり、セールスメール、注文書メール、レスポンシブメール、トランザクションメール、配達完了通知メールなど、さまざまなEメールの種類を説明しています。

これらのEメールを効果的に使用することは、EC(eコマース)企業にとって重要で、顧客の満足度向上と収益増加に貢献します。

 

配送情報を活用して、購入後のCX:エクスペリエンス を向上させる方法 Shopify

配送情報を活用して、購入後のCX:エクスペリエンス を向上させる方法 Shopify

顧客は商品を注文した後、待つ間に興奮し、注文情報を追跡して荷物の状況を確認します。
購入(購買)後体験・Post Purchase/ポストパーチェスフェーズのエクスペリエンスを最大限に活用するために、ブランドは顧客セルフサービスの機能として個別の追跡ページを提供し、顧客エンゲージメントとCX体験を高めることができます。

このページを設計する際のポイントには、ブランドの一貫性を保ち、明確かつ簡潔な情報を提供し、モバイルデバイスに対応し、ソーシャルメディア共有ボタンを追加し、パーソナライズされたカスタマーエクスペリエンスを提供することが重要です。

このコンテンツは、購入後の顧客体験に関する重要なポイントを述べています。購入後のコミュニケーション戦略について説明され、以下のポイントを解説しています:
1. 配送・配達情報の明確な伝達:
配送・配達情報を簡潔で分かりやすい言葉で伝え、ビジュアル要素を活用し、顧客が簡単に見つけられるように配置し、常に最新情報を提供することが重要です。
2. トランザクションメールでブランドアイデンティティを強化:
注文確認・配送/配達追跡メールなどのトランザクションメールをブランド化し、顧客の関心を維持するためにブランドの色、フォント、ロゴを使用し、顧客のレーダー(感性や関心や悩み)に添ったパーソナライズをしましょう。
3. FAQセクションの作成:
顧客の一般的な質問に対する明確で簡潔な回答を提供するFAQセクションを作成し、顧客が配送プロセスを理解しやすくしましょう。
4. 顧客対応の向上:
カスタマーサポートでの明確な期待を設定し、積極的なコミュニケーションを行い、共感し、問題に対する解決策を提供し、さまざまなコミュニケーションチャネルを使用し、顧客に注文の最新情報を提供しましょう。

これらのポイントを実践することで、購入後の顧客エクスペリエンスを向上させ、ブランドのロイヤルティを高めることができます。

 

注文/追跡情報を使用してECの売上を伸ばす方法 Shopify

注文/追跡情報を使用してECの売上を伸ばす方法 Shopify

Shopify ブランドにとって、実証済みの顧客維持方法が非常に重要である理由について説明しています。

顧客獲得のコストが高騰しており、顧客獲得(CAC)が顧客生涯価値(CLTV)を上回っているため、ファンロイヤリティのある顧客ベースを構築することが重要です。

具体的には、
トランザクションメールで、注文・配送追跡情報コンテンツをマーケティングに活用し、CX:顧客(カスタマー)エクスペリエンスコミュニケーションとしてパーソナライズし、リピート購入率を向上させる方法についてのポイントを解説しています。

また、デジタル広告とDNVB(デジタルネイティブブランド)とその一カテゴリーDTC/D2C 3.0対応の重要性も強調されています。 Shopfiy ブランドは、顧客獲得だけでなく、維持にも焦点を当てるべきだというメッセージが伝えられています。

 

配送ステータスを確認してレビュー・SNSポストリクエストする Shopify

配送ステータスを確認してレビュー・SNSポストリクエストする Shopify

Shopifyブランドと顧客の間に信頼とロイヤルティを構築するには、顧客レビューリクエストのタイミングを効果的に設定することが不可欠になります。
Shopifyを使用して顧客の信頼と顧客にとってのロイヤルティプログラムを通じてのロイヤリティと購買後体験を構築する方法について説明しています。

顧客レビューのタイミングが重要であり、購入後のコミュニケーションや顧客レビューを活用する方法に焦点を当てています。
また、注文追跡情報:トランザクションコミュニケーションをコマースプラットフォームと統合することで、顧客エンゲージメントを向上させ、競争力を強化するメリットも説明されています。統合を活用することで、EC/eコマースビジネスの成功に寄与できるポイントを解説しています。

5 つ星の CX:カスタマーエクスペリエンスの効果を得るために、注文追跡データがレビュー リクエスト プラットフォーム(レビュー単独のシステムもありますが、ベストはMA:マーケティングオートメーションの一部として機能することです。)から分離されずに運用することがポイントです。

 

トランザクションメールでCXを強化する Best 8 Shopify

トランザクションメールでCXを強化する Best 8 Shopify

購入(購買)後体験・Post Purchase/ポストパーチェスのトランザクションメールの重要性とその最適な活用方法について説明しています。
購入後のトランザクションメールは、顧客との長期的な関係を築くチャンスであり、以下のポイントについて解説しています:

・ブランド/D2C(DTC)なら尚更と商品の価値を伝えること
・お客様のレビューを紹介してユーザー生成コンテンツ(UGC)として活用すること
アクションベースのロイヤルティプログラムを通じてロイヤリティと購買後体験 を強調すること
カスタマーサポートを簡単にアクセスできるようにすること
・商品の適切な使用方法を教育・啓蒙・体感させること
サブスクリプションプログラムを宣伝すること
ソーシャルメディアを通じてコミュニティを構築し、顧客と関わること

また、
タイミングも重要で、お届け予定日や配送通知などのトランザクションメール顧客セルフサービスでの追跡ページを活用して顧客の利便性と満足度を高める方法について提案しています。

 

配送情報=ブランドトラッキング CX:エクスペリエンスをデザインする5つのステップ Shopify

配送情報=ブランドトラッキング CX:エクスペリエンスをデザインする5つのステップ Shopify

顧客が購入(購買)後体験・Post Purchase/ポストパーチェスのエクスペリエンスを向上させる方法について解説しています。
顧客は商品を注文した後、待つ間に興奮しています、注文情報(トランザクション)を追跡して荷物の状況を確認します。
購買後のエクスペリエンスを最大限に活用するために、ブランドは個別の顧客セルフサービスでの追跡ページを提供し、顧客エンゲージメントを高めることができます。
このページを設計する際には、ブランドの一貫性を保ち、明確かつ簡潔な情報を提供し、モバイルデバイスに対応し、ソーシャルメディア共有ボタンを追加し、パーソナライゼーションされたCX:カスタマーエクスペリエンスを提供することが重要です。
また、追跡ページを通じて他の商品やサービスを宣伝することでアップセルと共感された衝動買いの体験を提供できます。

 

EC 配送に関するよくある質問 リストでCXを向上する Shopify

EC 配送に関するよくある質問 リストでCXを向上する Shopify

EC/eコマース(電子商取引)分野におけるDNVBとその一カテゴリーDTC/D2C 3.0(直販)ブランドの成功において、配送とフルフィルメントに関するFAQの重要性について説明しています。

FAQは顧客に情報を提供し、全体的なCX:顧客(カスタマー)エクスペリエンスの向上に貢献します。
FAQは透明性、効率性、顧客満足度を向上させ、ブランドの配送ポリシーに合わせてカスタマイズされるべきコンテンツです。

さらに、顧客のニーズと好みを考慮し、トランザクション:注文追跡返品・交換プラットフォームを活用することで、ブランドの信頼性を高め、効率的な顧客サービスプロセスを実現できます。

ブランドの成功には、FAQの適応とカスタマイズが不可欠です。

EC CX 顧客とのエンゲージメントに最適なトラッキング ページコンテンツ Best 7

EC CX 顧客とのエンゲージメントに最適なトラッキング ページコンテンツ Best 7CX:カスタマー(顧客)エクスペリエンスの重要性についてポイントについて言及しています、購入(購買)後体験・Post Purchase/ポストパーチェス顧客とのコミュニケーションの重要性を強調しています。
エンゲージメントの隠れたチャネルとして、配送・配達情報やトランザクションメールを活用して顧客との信頼とブランドアフィニティを築く方法について説明されています。
さらに、顧客がロイヤルティプログラムと友人を紹介(Referral)プログラムを実施することや、顧客の意見を尊重することがブランド成長に寄与する方法として示唆されています。
総じて、購入後の顧客エクスペリエンスを向上させ、ブランドの成長を促進する方法について述べています。
SHIN CX 購入後体験 Inquiry
殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

AIチャットボット 優れたパフォーマンス、人間性、スピード、正確さでカスタマーサービスとして完全に解決する
AIチャットボット 優れたパフォーマンス、人間性、スピード、正確さでカスタマーサービスとして完全に解決する
チャットボット優れたパフォーマンスを示し、人間性、スピード、正確さでカスタマーサービスとして完全に解決する 理由と運用を一緒に考えてみてください。 1. お客様の共感を呼ぶ親身な対応 なぜこれまでの AI システムは失敗に終わったの...
続きを読んでみる
ラテンアメリカ マーケットプレイス
ラテンアメリカ マーケットプレイス
ラテンアメリカは、ブラジルやメキシコのような比較的大きくて発展した国から、ハイチやベネズエラのような世界で最も不安定で貧しい国まで、20カ国からなる多様なグループです。違いはあるものの、ラテンアメリカのほとんどの国には、長い国境、スペ...
続きを読んでみる
Ship form Shop ストアから発送とは
Ship form Shop ストアから発送とは
ストアから発送とは これは、小売ネットワークを活用し、オンラインでの在庫切れを防ぐことを可能にするオムニチャネル イノベーションです。 オンライン注文を履行するための配送ハブとして店舗を使用します。 店舗からの発送を実装するには、特定...
続きを読んでみる
サブスクリションを獲得するための7つの実証済みの戦略 1回限りの購入者の代わりに
サブスクリションを獲得するための7つの実証済みの戦略 1回限りの購入者の代わりに
サブスクリプションコマースに限らずD2C(DTC)ビジネスはパンデミックの最初の2年間で20%以上急上昇した後、会員収入の伸び率は現在1桁台に落ち込んでいると言われます。消費者の注目を集め、限られた予算をめぐる競争は、従来の小売業の競...
続きを読んでみる
AI マーケティングオートメーション
AI マーケティングオートメーション
e コマース 、データ(小売データと DTC データ)、プロファイルのターゲティングがどのように連携できるかについてご一緒に考えていきましょう。 開始するまえに、オーディエンス スライスを確認してみてください。コマースプラットフォーム...
続きを読んでみる
カスタマーエクスペリエンスの最適化:知っておくべきことすべて
カスタマーエクスペリエンスの最適化:知っておくべきことすべて
今、顧客がe コマースサイト やモバイル アプリにたどり着いた瞬間から、生涯を通じて素晴らしい顧客体験を提供する必要があります。そうでなければ、顧客はイライラしてサイトやアプリを離れ、どこか別の場所に行ってしまうでしょう。カスタマーエ...
続きを読んでみる
ユーザー生成コンテンツ:統合する8つの説得力のある理由
ユーザー生成コンテンツ:統合する8つの説得力のある理由
ユーザー生成コンテンツ:User-Generated Content、なぜそれをあなたのブランドのコマースサイトに統合するのでしょうか。もしかしたら、ソーシャルユーザー生成コンテンツに関連する非常識な ROI エンゲージメント コン...
続きを読んでみる
ユーザー生成コンテンツ戦略:コンバージョンにつながる戦略を立てる
ユーザー生成コンテンツ戦略:コンバージョンにつながる戦略を立てる
UGC:ユーザー生成コンテンツと、UGC(User-Generated Content)がブランドにもたらすすべてのメリットについて聞いたことがあると思いますが、もちろん、正しく使用すればOKです。ソーシャルメディアでユーザー生成コン...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー