富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

トランザクションメールでCXを強化する Best 8 Shopify

CX トランザクションメール

トランザクションメールでCXを強化する Best 8 Shopify 

PSA・パブリックサービスアナウンスメント:

最初の販売は、新しい顧客との関係の終わりではなく、始まりであってほしいです。

EC:eコマースショップへのトラフィックを獲得するためにお金と時間を費やしてきたので、獲得コストはすでにプラットフォームや、アフリエータ―、エージェンシーに支払われています(請求は目の前です)。
しかし、購入(購買)後体験・Post Purchase・ポストパーチェスのエクスペリエンスこそが本当のチャンスであると言うことをあなたは信じますか、信じませんか

どうやって

私はミクです。メールマーケティングLINEリッチメニュー&リッチメッセージマーケティングを培ってきました。
e コマース業界で 10年以上働いてきた経験から、購入後のトランザクションメールでD2Cブランドが CX を向上させるメールフローを活用する方法について知っています。

時間をかけて顧客のニーズ・レーダー(感性や関心や悩み)を理解して、購入後のEメールコミュニケーションにポイントを置くことから始まります。一度そうすれば、顧客にとっては、目立ち=役に立つコミュニケーションチャネルのようになり、顧客は繰り返し購入するために戻ってきたときに感謝をすることになるでしょう。

トランザクションメールフローを活用するために、フローに追加できるコンテンツに関するヒントとともに、いくつかの例を詳しく説明していきます。

購入後のトランザクションメールとは

購入後とは、顧客がストアから商品を購入した後にこれらのメールが送信されることです。
購入後のメールは、

  • 教育フロー
  • クロスセル フロー
  • トランザクション フロー

など、さまざまな意味や役割を持ちます。

このコラムでは、購入後のトランザクションメールについて焦点を当てていきます。
これらは、

  • 注文受付・確定
  • 出荷通知
  • 配送情報/配送の最新情報
  • 配達完了
  • 潜在的な問題 (支払いの失敗など)

など、購入に関する詳細を顧客に提供するEメール・DM・LINEなどのコミュニケーションです。

購入後のコミュニケーション 8 つのアイデアとヒント

顧客は購入直後から、すでにあなたのブランドに深く関わっているはずです。貴重な情報を発信して、長期的な関係を育むチャンスです。商品が届いたときの開封体験(開梱):Unboxingのメリットと方法だけではなくその前からのコミュニケーションです。

でも、何をコミュニケーション、送ればいいのでしょうか。

1.ブランドと商品の価値を伝える

購入後のメールのフッター (またはそのすぐ上) には、商品のメリット:利点を伝えるするための十分なスペースがあります。

競合他社よりも、あなたのブランドに関する 3 つの重要な価値を伝えることはお勧めです。

たとえば、オーガニック成分を提供しているとか。生涯保証があるとか。 CS:カスタマーサービス組織や取り組みとか。
あなたのUSP:価値観が何であっても、これは買い物客が正しい決定を下して、購入したばかりの商品を気に入ってくれるだろうということを確認する機会だということに根差してコンテンツを考えてください。

このセクションは、メール内で多くのスペースを占める必要はありません。これは、短い文とアイコンを備えたシンプルなブロックで充分です。

2.お客様のレビューを紹介します

顧客はすでに購入しているため、購入後のメールではレビューは無意味だと考えているのかもしれません。実はこのコミュニケーション施策価値があることを思い出させ、納得させるのに最適でなアクションポイントです、そしてリピート購入を促すのに役立ちます。

言うまでもなく、他の顧客が注文にどれほど満足しているかを実例の顧客Voiceとして示すことは、コミュニティを構築する良い方法です。新しい買い物客は、その利用体験の興奮に加わりたいと考えているため、注文した商品が到着するまでレビューを読むことで期待を高めていきます。

繰り返しになりますが、社会的証明として、D2C/eコマースの成功に必要な理由を説明するまでもなく、レビューは (ステマNG)は、トランザクションメールや教育メールの単一のブロックにすぎません。

3.ロイヤルティ プログラムを強調する

買い物客が注文の商品を待っている間には、ブランドがパーソナライズされたマーケティングとロイヤリティ・プログラムを提供している場合は、そのことを知らせてジョインして貰います。
ポイントを獲得して引き換えたり、段階を上げて VIP レベルの顧客になることに共感してもらうことが重要なことになります。

プログラムに顧客を共感して参加して、興奮させる方法の 1 つは、顧客を自動的にサインアップして、購入によって蓄積されたロイヤリティプログラムのポイント数を顧客に知らせることです。
これで、顧客があなたの素晴らしい商品を手にする前に、すでにあなたのブランドから価値(行動へのお礼であって、ポイント値引きではない)を獲得していることを、表示しています。

また、顧客を自動的にサインアップしたくない場合は、リストをすでにプログラムのメンバーであるユーザーとそうでないユーザーに分割するだけです。
現在のメンバーにはステータスに関する最新情報が表示され、新規購入者にはサインアップするよう求めるメッセージが表示されるようにします。(顧客にとってのロイヤルティプログラムとは ロイヤリティと購買後体験

4.カスタマーサポートをUIシンプル化

カスタマーサポート チームに寄せられる最も一般的な質問の 1 つは、「注文した商品ものはどこですか。」です。
事前にどれだけ情報を共有しても、注文した商品が届くのを待つ人は常に不安になります。ギフトなら尚更です。

必要な場合に顧客が簡単に連絡してサポートを受けられるようにすることで、顧客を積極的にサポートすることができます。

購入後のメールに、顧客がメール・LINE、電話(VoiceなのでスマートフォンからならChat音声でもLINE音声でも同じです)、またはライブチャットでサポートに問い合わせる方法を説明するセクションを追加します。
さらにUIをシンプル簡単にするために、顧客を問い合わせページに誘導するための CTA も追加します。

5.商品教育はキーコンテンツ

リピート購入を促進する最良の方法の 1 つは、顧客が商品を適切に使用していることを確認することです。

スキンケア ブランドを考えてみましょう。最良の結果を得るには、顧客は顔を洗って保湿した後に化粧下地を塗る必要があります。これが水ベースのプライマーであるとします。水ベースのファンデーションでのみ使用する必要があることなどを知らせます。

新しい顧客がこの情報を見逃して正しく適用して活用できなかった場合(代わりにオイルベースのファンデーションを使用した可能性など)、商品の結果に満足することはなく、間違いなく二度とその商品を購入することはありません。

しかし、それはあなたのブランドの商品が悪いという意味ではありません。それは単に顧客が商品の適切な使用方法を理解していなかったということになります。
これが、特に顧客がすでにコンテンツに深く関わっているトランザクション:購入後メールでD2Cブランドが CX を向上させるために教育が非常に重要である理由です。
「CRM:同梱施策」でも繰り返し訴求することでもあります。

パーソナライズされた手順を共有することで、顧客が新商品を最大限に活用できるように支援していくことです。商品によっては、購入時から注文した商品が家に届くまでに、教育を開始することができます。

これからもわかるように、顧客を教育するために多くのスペースを占める必要はありません。いくつかの重要なポイントを追加して、商品の使用方法と手入れの方法について詳しく学べるブログ コンテンツに誘導するだけで充分です。

6.サブスクリプション プログラムを宣伝する

サブスクリプションコマース:定期購入プログラムはありますか。
特に賞味期限(食品・プロティイン)や、繰り返し消費して購入する必要のある(コスメ・スキンケア・ヘアケア・などのセルケアCPGなど)商品にとって、今はあたらしい購買モデル種を蒔くのに最適な時期です。(いろいろな規制でどんどんCPAが高昇していて、売れない、簡単に競合にリプレースできます。)
顧客が再度購入しやすくすれば、顧客は再び購入してくれるでしょう。サブスクリプションモデルでの実証済みの顧客維持方法などを実施してください。

7.コミュニティへ参加から関与へ

ソーシャルコマースプラットフォームでもあるソーシャル メディアを通じてコミュニティを積極的に構築して、そのスペースで顧客と関わっていきます。そして、新しい顧客をそこに誘導していきます。そうすれば、買い物客が注文を待っている間に他のチャネルを成長させることができます。

重要なポイントは、顧客があなたをフォローする理由を説明して、帰属意識を生み出すことです。たとえば、3 つのSNSの主要チャネルに焦点を当てた場合は、顧客がそれぞれのチャネルをフォローしたい理由を説明していくことが重要です。

  1. 1 つはブランドの最新情報とヒント用、
  2. もう 1 つは長文の教育用、
  3. 最後はエンターテイメントと簡単なヒント用

などです。それぞれを表示することで、顧客は関心を持ちたいコンテンツの種類を選択する機会が得られることになります。

顧客にとってのロイヤリティと購買後体験 を築くことは、単に顧客に対してより多くの商品をプッシュすることではありません、教育、サポート、エンターテイメント、コミュニティを共有することであることです。

タイミングが鍵です

当然ながら、これらすべてを 1 つのメールに含めることはできません。それは長すぎます。

重要ポイントは、顧客が最も高く評価するコンテンツの種類を選択して、それをさまざまなメール・LINEマーケティングで顧客の購買態様を改善する施策を設計・運用することやコミュニケーションタイミング をパーソナライズして分散させることです。

これらの施策は購入後のメール:トランザクションメールを重要なものにする、エンゲージメント、収益、ロイヤルティを高めるためのもであることが重要です。
メールの主な目的を損なうべきではありません。トランザクション情報・注文確認メール、配送追跡情報、返品・交換のトランザクションメールに優先順位を付け、それが合計スペースの約 80% を占めるようにします。

これらのアイデアはトランザクションフロー内の小さなセクションとして追加できます、一部は注文の更新の間または後に送信されるスタンドアロンのEメールになる可能性があります。
決めるのはあなたのブランドのCX:カスタマーエクスペリエンスマネージャーとスタッフ次第です。

EC:eコマースで、3PL発送代行サービスとしての優位性である配送情報をCXのコンテンツ価値(キラーコンテンツ)として活用します。

お届け予定日:
お届け日を明確にて、選択できるようにすることで、商品ページでの購入転換率を改善したり、送料が高昇する中で、送料無料施策を顧客が選択的に実施したりできます。

配送通知:
商品配送の状況をECブランドご自身でお客様へ通知、注文からお届けまで一貫したお買い物体験を提供することで、顧客の利便性だけではなく、配送会社へのアクセスの流出を防ぎ、CXを有効に提供できます。

追跡ページ:
ECブランドのパーソナルページにカスタマイズされた、商品追跡ページを導入することで、長期的なロイヤリティと短期的な売上増加に貢献することができます。LINEなどテキストメッセージからパーソナライズされたマイポータルぺージでCXを提供できます。

DNVBとその一カテゴリーDTC/D2C 3.0ブランドがEメールキャンペーンとフローを提案してくれるサービスを探している場合は、私たち富士ロジテックホールディングスとパートナーがお手伝いします。
詳しく知りたい場合は、こちらの専用のお問い合わせ先、と、そのサービスをご覧ください。

配送追跡情報サポートしている日本国内での配送サービス

ヤマト運輸
ネコポスとは?配送料金や送り方、梱包箱について徹底的に解説!

 

佐川 Logo

佐川急便、値上げ後の送料は?荷物の特徴・規格別料金シミュレーション

 

日本郵便

【2023年4月改訂】宅急便・宅配便・郵便の料金比較!送料が安い業者は?

購入後体験 ポストパーチェスエクスペリエンス コラム

顧客購買体験: CXとは コンテンツデザインしてAOV LCTVをグロース Shopify

EC 顧客購買体験: CXとは コンテンツデザインしてAOV LCTVをグロース Shopify

EC(電子商取引)における顧客購入(購買)体験(Customer Purchase Experience)とCX(Customer Experience)についてポイントを説明しています。
CXは、顧客がオンラインで商品やサービスを購入する過程全体における総合的な顧客体験を指しています、商品購入だけでなく、プロセス全体における満足度や感情も含まれます。また、「購入」と「購買」の違いも説明されており、購買は商品を手に入れるプロセス全体を指します。
さらに、購入体験ファネルやオムニチャネル/ECトレンドについても触れられています。購入前、購入中、購入後のステップでの成長施策も紹介され、顧客の満足度向上に役立つ情報が提供されています。

 

注目すべき 8 つの EC トレンド 購入後体験CXを強化する

注目すべき 8 つの EC トレンド 購入後体験CXを強化する

1. パーソナライゼーションが重要:
顧客の心理を理解し、購入後の体験をカスタマイズすることが必要です。購入と購買の違いも説明されています。
2. ソーシャルコマースの拡大:
D2C(DTC)モデルの重要性が強調され、ソーシャルメディアでの販売の重要性が指摘されています。
3. オムニチャネルの重要性:
顧客が異なるチャネルを移動しても一貫性のあるコミュニケーションが必要です。
4. 購入(購買)後体験・Post Purchase/ポストパーチェスでのマーケティング:
パーソナライゼーションと注文追跡情報の活用が重要です。
5. モバイルコマースの重要性:
スマートフォンを活用してモバイルナビゲーションと読み込み時間を最適化しましょう。
6. メッセンジャー機能の活用:
Eメールを基本として・SNSメッセンジャー・LINEマーケティングが主流になります。
7. 動画マーケティングの重要性:
ビデオを使って顧客のエンゲージメントを高めましょう。
8. 持続可能性の重要性:
サステナビリティに対する顧客の関心が高まっており、持続可能性を考慮したビジネス戦略が必要です。

 

EC グロースハック 商品発送と配送追跡トランザクションでCXをデザインする Shopify

EC グロースハック 商品発送と配送追跡トランザクションでCXをデザインする Shopify

EC:eコマース注文の背後にある原動力となっている顧客視点の考え方とは何でしょうか
Amazonの翌日プライム配送モデルがeコマース市場に影響を与え、競争力を高めています。

注文の追跡、オムニチャネル/eコマースの発送プロセスの最適化、配送日時指定(による日時指定)、顧客の期待の管理に役立つ、知っておくべき商品の納期情報を活用した、CX:カスタマーエクスペリエンスを高める運用方法のポイントについて簡単に説明していきます。

また、商品の発送日と注文日、注文明細書の作成日、お届け予定日などの用語や意味も説明されています。
配送日時指定アプリを利用する方法について解説しています。

 

EC eコマース配送ガイド 配送予定日・配送追跡情報 のCXメリット Shopify

EC eコマース配送ガイド 配送予定日・配送追跡情報 のCXメリット Shopify

EC/eコマース(電子商取引)の配送設計について重要なポイントとなる情報を提供しています。
CX(顧客体験)+購入(購買)体験において、迅速で手頃な価格の配送・配達が消費者にとっては重要な体験であり、そのためには適切な物流パートナーを選び、異なる配送方法を提供する必要があります。これによって、競争力を維持するとともに、消費者の期待に応えることができます。
配送・配達料金は、商品の寸法、重量、配送地域に依存して計算され、3PL(フルフィルメント)プロバイダーとの協力や配送コストの削減も検討すべきポイントです。環境に優しい配送オプションも注目されてきています。 DNVBとその一カテゴリーDTC/D2C 3.0時代のECビジネスが成功するためには、配送・配達戦略を慎重に計画して、顧客満足度を高めることが不可欠です。

 

ベスト フルフィルメント サービス 配送情報が提供できるサービス Shopify

ベスト フルフィルメント サービス 配送情報が提供できるサービス Shopify

Shopify ストアの成功のポイントは、良い商品と優れた顧客体験:カスタマーエクスペリエンスを提供し、効率的なフルフィルメントプロセスを確立することです。 フルフィルメントには注文管理、在庫管理、配送/配達、倉庫保管、返品・交換管理などが含まれます。
さまざまなフルフィルメントモデルがあり、自社フルフィルメント、3PL、ドロップシッピングなどが選択肢です。最適なモデルはビジネスの規模や成熟度に依存します。
3PLを選ぶ際にはShopifyとの統合、2日以内の発送能力、倉庫の場所、SLAを検討し、配送コストを削減することも大切です。
最終的に、適切なフルフィルメントモデルを選択する際にビジネスのニーズと成長段階を考慮することが重要です。

 

ECのキラーコンテンツ 配達予定日Estimated Delivery dates でAOVを上げる Shopify

ECのキラーコンテンツ 配達予定日Estimated Delivery dates でAOVを上げる Shopify

電子商取引(EC/eコマース)サイトにおける配送予定日の重要性について説明しています。

ユーザーは商品の発送スピードよりも、商品がいつ届くか(配達日・時間・場所)を気にしており、これが顧客の満足度に影響します。
ECサイトでは配送オプションが提供され、締め切り時間や休日によって納期が変わります。

Shopify で配送予定日を提供する方法として、ロジックを自分で構築するか、アプリを使用する方法が紹介されています。(日本のカートシステムは標準で実装されています。)
また、配送オプションや配達予定日の追加は顧客の利便性向上につながり、コンバージョン率を向上させることができます。
最後に、配送業者のサポートも重要で、顧客セルフサービスポータルで追跡情報を提供することで顧客の便益を増やし、顧客の行動データを収集することもできます。

 

注文確認メールをカスタマイズする Shopify

注文確認メールをカスタマイズする Shopify

DNVBとその一カテゴリーDTC/D2C 3.0時代になっても、Eメール・SNSのDM・LINEなどの顧客とのコミュニケーションはとても重要なタッチポイントで、オムニチャネルコミュニケーションがポイントです。

このコラムでは、EC:eコマースでの顧客の購買ファネルで活用されているEメールの種類についてポイントを解説していきます。

Eメールを活用した顧客コミュニケーションが重要であり、セールスメール、注文書メール、レスポンシブメール、トランザクションメール、配達完了通知メールなど、さまざまなEメールの種類を説明しています。

これらのEメールを効果的に使用することは、EC(eコマース)企業にとって重要で、顧客の満足度向上と収益増加に貢献します。

 

配送情報を活用して、購入後のCX:エクスペリエンス を向上させる方法 Shopify

配送情報を活用して、購入後のCX:エクスペリエンス を向上させる方法 Shopify

顧客は商品を注文した後、待つ間に興奮し、注文情報を追跡して荷物の状況を確認します。
購入(購買)後体験・Post Purchase/ポストパーチェスフェーズのエクスペリエンスを最大限に活用するために、ブランドは顧客セルフサービスの機能として個別の追跡ページを提供し、顧客エンゲージメントとCX体験を高めることができます。

このページを設計する際のポイントには、ブランドの一貫性を保ち、明確かつ簡潔な情報を提供し、モバイルデバイスに対応し、ソーシャルメディア共有ボタンを追加し、パーソナライズされたカスタマーエクスペリエンスを提供することが重要です。

このコンテンツは、購入後の顧客体験に関する重要なポイントを述べています。購入後のコミュニケーション戦略について説明され、以下のポイントを解説しています:
1. 配送・配達情報の明確な伝達:
配送・配達情報を簡潔で分かりやすい言葉で伝え、ビジュアル要素を活用し、顧客が簡単に見つけられるように配置し、常に最新情報を提供することが重要です。
2. トランザクションメールでブランドアイデンティティを強化:
注文確認・配送/配達追跡メールなどのトランザクションメールをブランド化し、顧客の関心を維持するためにブランドの色、フォント、ロゴを使用し、顧客のレーダー(感性や関心や悩み)に添ったパーソナライズをしましょう。
3. FAQセクションの作成:
顧客の一般的な質問に対する明確で簡潔な回答を提供するFAQセクションを作成し、顧客が配送プロセスを理解しやすくしましょう。
4. 顧客対応の向上:
カスタマーサポートでの明確な期待を設定し、積極的なコミュニケーションを行い、共感し、問題に対する解決策を提供し、さまざまなコミュニケーションチャネルを使用し、顧客に注文の最新情報を提供しましょう。

これらのポイントを実践することで、購入後の顧客エクスペリエンスを向上させ、ブランドのロイヤルティを高めることができます。

 

注文/追跡情報を使用してECの売上を伸ばす方法 Shopify

注文/追跡情報を使用してECの売上を伸ばす方法 Shopify

Shopify ブランドにとって、実証済みの顧客維持方法が非常に重要である理由について説明しています。

顧客獲得のコストが高騰しており、顧客獲得(CAC)が顧客生涯価値(CLTV)を上回っているため、ファンロイヤリティのある顧客ベースを構築することが重要です。

具体的には、
トランザクションメールで、注文・配送追跡情報コンテンツをマーケティングに活用し、CX:顧客(カスタマー)エクスペリエンスコミュニケーションとしてパーソナライズし、リピート購入率を向上させる方法についてのポイントを解説しています。

また、デジタル広告とDNVB(デジタルネイティブブランド)とその一カテゴリーDTC/D2C 3.0対応の重要性も強調されています。 Shopfiy ブランドは、顧客獲得だけでなく、維持にも焦点を当てるべきだというメッセージが伝えられています。

 

配送ステータスを確認してレビュー・SNSポストリクエストする Shopify

配送ステータスを確認してレビュー・SNSポストリクエストする Shopify

Shopifyブランドと顧客の間に信頼とロイヤルティを構築するには、顧客レビューリクエストのタイミングを効果的に設定することが不可欠になります。
Shopifyを使用して顧客の信頼と顧客にとってのロイヤルティプログラムを通じてのロイヤリティと購買後体験を構築する方法について説明しています。

顧客レビューのタイミングが重要であり、購入後のコミュニケーションや顧客レビューを活用する方法に焦点を当てています。
また、注文追跡情報:トランザクションコミュニケーションをコマースプラットフォームと統合することで、顧客エンゲージメントを向上させ、競争力を強化するメリットも説明されています。統合を活用することで、EC/eコマースビジネスの成功に寄与できるポイントを解説しています。

5 つ星の CX:カスタマーエクスペリエンスの効果を得るために、注文追跡データがレビュー リクエスト プラットフォーム(レビュー単独のシステムもありますが、ベストはMA:マーケティングオートメーションの一部として機能することです。)から分離されずに運用することがポイントです。

 

トランザクションメールでCXを強化する Best 8 Shopify

トランザクションメールでCXを強化する Best 8 Shopify

購入(購買)後体験・Post Purchase/ポストパーチェスのトランザクションメールの重要性とその最適な活用方法について説明しています。
購入後のトランザクションメールは、顧客との長期的な関係を築くチャンスであり、以下のポイントについて解説しています:

・ブランド/D2C(DTC)なら尚更と商品の価値を伝えること
・お客様のレビューを紹介してユーザー生成コンテンツ(UGC)として活用すること
アクションベースのロイヤルティプログラムを通じてロイヤリティと購買後体験 を強調すること
カスタマーサポートを簡単にアクセスできるようにすること
・商品の適切な使用方法を教育・啓蒙・体感させること
サブスクリプションプログラムを宣伝すること
ソーシャルメディアを通じてコミュニティを構築し、顧客と関わること

また、
タイミングも重要で、お届け予定日や配送通知などのトランザクションメール顧客セルフサービスでの追跡ページを活用して顧客の利便性と満足度を高める方法について提案しています。

 

配送情報=ブランドトラッキング CX:エクスペリエンスをデザインする5つのステップ Shopify

配送情報=ブランドトラッキング CX:エクスペリエンスをデザインする5つのステップ Shopify

顧客が購入(購買)後体験・Post Purchase/ポストパーチェスのエクスペリエンスを向上させる方法について解説しています。
顧客は商品を注文した後、待つ間に興奮しています、注文情報(トランザクション)を追跡して荷物の状況を確認します。
購買後のエクスペリエンスを最大限に活用するために、ブランドは個別の顧客セルフサービスでの追跡ページを提供し、顧客エンゲージメントを高めることができます。
このページを設計する際には、ブランドの一貫性を保ち、明確かつ簡潔な情報を提供し、モバイルデバイスに対応し、ソーシャルメディア共有ボタンを追加し、パーソナライゼーションされたCX:カスタマーエクスペリエンスを提供することが重要です。
また、追跡ページを通じて他の商品やサービスを宣伝することでアップセルと共感された衝動買いの体験を提供できます。

 

EC 配送に関するよくある質問 リストでCXを向上する Shopify

EC 配送に関するよくある質問 リストでCXを向上する Shopify

EC/eコマース(電子商取引)分野におけるDNVBとその一カテゴリーDTC/D2C 3.0(直販)ブランドの成功において、配送とフルフィルメントに関するFAQの重要性について説明しています。

FAQは顧客に情報を提供し、全体的なCX:顧客(カスタマー)エクスペリエンスの向上に貢献します。
FAQは透明性、効率性、顧客満足度を向上させ、ブランドの配送ポリシーに合わせてカスタマイズされるべきコンテンツです。

さらに、顧客のニーズと好みを考慮し、トランザクション:注文追跡返品・交換プラットフォームを活用することで、ブランドの信頼性を高め、効率的な顧客サービスプロセスを実現できます。

ブランドの成功には、FAQの適応とカスタマイズが不可欠です。

EC CX 顧客とのエンゲージメントに最適なトラッキング ページコンテンツ Best 7

EC CX 顧客とのエンゲージメントに最適なトラッキング ページコンテンツ Best 7CX:カスタマー(顧客)エクスペリエンスの重要性についてポイントについて言及しています、購入(購買)後体験・Post Purchase/ポストパーチェス顧客とのコミュニケーションの重要性を強調しています。
エンゲージメントの隠れたチャネルとして、配送・配達情報やトランザクションメールを活用して顧客との信頼とブランドアフィニティを築く方法について説明されています。
さらに、顧客がロイヤルティプログラムと友人を紹介(Referral)プログラムを実施することや、顧客の意見を尊重することがブランド成長に寄与する方法として示唆されています。
総じて、購入後の顧客エクスペリエンスを向上させ、ブランドの成長を促進する方法について述べています。
SHIN CX 購入後体験 Inquiry
殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

商品のレコメンデーション(推奨)でCLVをアップする Shopify
商品のレコメンデーション(推奨)でCLVをアップする Shopify
  顧客は、商品のレコメンデーション:推奨を提供するEC:eコマースサイトに戻る可能性が高いと言われています。一方、顧客は、 Web サイトのコンテンツがパーソナライゼーションされていないことに不満を感じているかもしれません。パーソナ...
続きを読んでみる
オムニチャネルコマースとは トレンドガイド Shopify Plusで 構築するメリットとは
オムニチャネルコマースとは トレンドガイド Shopify Plusで 構築するメリットとは
"オムニチャネル" おそらく、営業会議やお気に入りのマーケティング ブログなどで、このバズワードを何度も聞いたり読んだりしたことがあるでしょう。場合によっては、自分でその言葉を省略してしまうこともあります。 しかし、この言葉があちこち...
続きを読んでみる
カスタマー エクスペリエンス:CXを作成するポイント Shopify
カスタマー エクスペリエンス:CXを作成するポイント Shopify
顧客エクスペリエンスを作成することは、EC:eコマース ビジネスにとって追加の作業ではありません。現代の市場で競争するためには必須です。 顧客は、ニーズを先取りして、選択したデバイスで簡単で思い出に残るエクスペリエンスを提供するビジネ...
続きを読んでみる
AI人工知能 を Shopify に導入する 4 つのポイント
AI人工知能 を Shopify に導入する 4 つのポイント
ここ数年、人工知能に対する世間の認識は 2 つの陣営に分かれています。一方では、AI の旗手、つまり人工知能が今後数百年の人類を形作ると考える人々がいます。 それが完璧ではないにせよ、世界との関わり方のほぼすべてを最適化することで生活...
続きを読んでみる
顧客データ プラットフォーム CDP とは Shopify
顧客データ プラットフォーム CDP とは Shopify
  顧客データ プラットフォーム:CDPに関する話題を聞いたことがあるでしょう。 この重要なマーケティング テクノロジーに関して必要な情報について考察していきます。 顧客データ プラットフォームとは 顧客データ プラットフォーム (C...
続きを読んでみる
Eコマース パーソナライゼーションとメリットとは Shopify
Eコマース パーソナライゼーションとメリットとは Shopify
  デジタルコマースが爆発的に普及する前は、顧客はリアル店舗に入ると、フレンドリーなスタッフ・店員がいて、欲しいものを見つけるのを手伝ってくれました。 とてもシンプルです 残念な購入(購買)体験として経験済のように、このような個人的な...
続きを読んでみる
マーケティングオートメーション  ECとオムニチャネルでのメリット Shopify
マーケティングオートメーション ECとオムニチャネルでのメリット Shopify
EC:eコマースビジネスのマーケティングオートメーション(MA)への投資をお考えですか。 もしそうなら、あなたは単にブランドの将来について考えているだけではなく、顧客にとって正しい行動をとっているということをあらためて確認してください...
続きを読んでみる
Shopify で AOV+CLVを向上させるグロースハック術 15
Shopify で AOV+CLVを向上させるグロースハック術 15
AOVを向上させ、CLV:Customer Lifetime Value(LTV)にプラスの影響を与える施策とはどんなことでしょうか。 EC:eコマース ストアや小売ビジネスの拡大に関して、意思決定者は通常、「顧客の獲得=新規」に注目...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー