富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

ベスト フルフィルメント サービス 配送情報が提供できるサービス Shopify

フルフィルメントサービス 購入後体験 配送情報

ベスト フルフィルメント サービス 配送情報が提供できるサービス Shopify

Shopify ストアの目標はより多くの売上を獲得することですが、顧客の購入後のエクスペリエンス(体験)によって売上の継続が保証されます。
優れた商品と優れた顧客体験を提供する Shopifyストアは、傑出したビジネスを実現し、成長させることができます。

Shopify ストアが成功するには、フルフィルメントプロセスが合理化され、スムーズに実行される必要があります。顧客が注文した商品の出荷・配達が日常的に遅れたり、間違った商品が届いたりする場合、EC:eコマースストアは成長できません。

Shopify ストアは、自社(セルフ)フルフィルメント、3PL、ドロップシッピングなどを含むさまざまなフルフィルメント モデルを活用できます。ビジネスを成長させるために、Shopify ストアのフルフィルメントについて知っておくべきことはです。

Shopify ストアのフルフィルメントのポイント

Shopify ストアのフルフィルメント プロセスと機能です。

注文管理

注文管理は、顧客の注文を取得し、処理し、発送するプロセスです。注文管理プロセスは、顧客が注文したときに開始され、荷物が顧客に届けられたときに終了します。

ピッキング、仕分け、梱包、出荷、追跡はすべて注文管理の一部です。業務内容に応じて、注文処理は手作業(注文ログシートに手書き)で行うことも、大量のテクノロジーとデータ(オンライン注文や自動注文処理ソフトウェア)を使用して行うこともできます。

在庫管理

在庫管理は、Shopify ストアが何を、どれだけ、いつ注文するかを把握するのに役立ちます。商品が購入されてから販売されるまで追跡されます。この業務では、顧客の注文を満たすのに十分な在庫が常にあることを確認し、欠品が発生した場合には十分に通知できるように、傾向を探してそれに対応していきます。

在庫回転率は、在庫をどの程度適切に管理しているかを測定する 1 つの方法です。Shopify ストアに限らず小売事業者は、販売する以上の在庫を持ちたくありません。持っているものを十分に早く、適切な価格で売らないと、デッドストックと損失が発生する可能性があります。

在庫管理は、手元在庫が多すぎたり少なすぎたりしないようにするのに役立つため、ビジネスの健全性にとって重要です。これにより、在庫切れや誤った記録の可能性が減少します。

配送

顧客への注文の発送には多くの可動部分が含まれます。送料、梱包、配送速度などを考慮しなければならないと、すぐに複雑になってしまいます。

送料の全額を顧客に転嫁するつもりですか、それとも無料または定額の送料を提供してコストの一部またはすべてを吸収しますか。 店舗や顧客にどのように注文を獲得しますか。 これらの質問に対処してデザインすることが、Shopify ストアを成長させる鍵となります。

倉庫保管

倉庫保管は、販売または別の場所に発送される商品を保管するプロセスです。倉庫は、大量の製品を他の場所に送ったり、顧客に一つずつ送ったりする前に、短期間保管する必要があるあらゆる種類の企業で使用されています。

Shopify ストアの場合、倉庫管理はストア運営の中で最も費用がかかる部分であることがよくあります。すべての在庫を保管する物理的な場所を持つことはコストが膨大になるため、より多くの店舗が自社の製品を保管し、自社に代わって注文を処理してくれる 3PL との提携に目を向けています。

返品管理

望ましくはありませんが、商品の返品・交換は避けられません。一般に信じられていることに反して、返品は顧客を永久に失うことを意味するものではありません。効果的に管理できれば、商品の返品は顧客の信頼と満足を獲得し、顧客に気遣いを示す機会となります。

Shopify フルフィルメント モデル

Shopify ストアのオーナーは、さまざまなフルフィルメント モデルを使用できます。ここで詳しく説明します。

自社フルフィルメント

中小企業で、お金よりも時間の方が多い場合は、自分でフルフィルメントを管理することをお勧めします。自己実現により、ビジネスがまだ初期段階にあるときに必要な容易さ、制御性、柔軟性が得られます。

自社フルフィルメントとは

注文の履行プロセスを個人またはチームとして自分で行うことです。中小企業で販売量が少ない場合、プロセスを自分で処理すると、大幅なコストを節約できます。

長所

  • ビジネスが小規模な場合は運用コストが削減される
  • 柔軟な注文管理
  • 特別なビジネスニーズの管理が容易

短所

  • ビジネスの拡大に伴い管理が困難になる
  • さまざまなプロセスを処理するためのスタッフの雇用とトレーニングは困難な場合があります
  • 物流会社と比べて効率が悪い

サードパーティロジスティクス(3PL)

ビジネスの拡大を検討している場合、または倉庫スペースが不足している場合は、3PL を利用して保管と配送のニーズを管理することをお勧めします。3PL プロバイダーによって提供されるサービスは異なる場合があります。したがって、3PL プロバイダーを選択する前に、ビジネス ニーズを念頭に置きながら費用対効果の分析を行うことが不可欠です。

3PLとは

3PL またはサードパーティの物流プロバイダーは、お客様のビジネスのニーズを満たすことを提供する会社です。3PL が提供するサービスは、在庫や注文の管理から出荷や返品の管理まで多岐にわたります。

長所

  • 特化した物流インフラのメリット
  • 簡単な拡張性
  • 効率的な顧客サービス

短所

  • 顧客サービスの管理が低下する
  • ブランドイメージのコントロールが低下する
  • 信頼でき、ニーズに合った 3PL を見つけるのは難しい場合があります

SHOPIFY ストアの 3PL を選択する方法

あなたが Shopify の販売者で、ビジネスのフルフィルメントをサードパーティの物流プロバイダーに引き渡そうとしているとします。その場合、決定を下す前に留意しなければならない重要なことがいくつかあります

Shopifyとの統合

3PL プロバイダーで最初に探すべき最も重要なことは、Shopify 統合を提供しているかどうかです。Shopify と 3PL プロバイダーの統合は、Shopify ストアからフルフィルメント プロバイダーに注文をプッシュするプロセスを自動化し、プロセスをフローに保ち、作業を容易にするため、非常に重要です。

2日以内の発送能力

2 日以内に発送するなどの発送サービスを提供したい場合は、3PL がそれを提供しているかどうかを確認する必要があります。2 日以内の配送サービスを提供するさまざまな 3PL プロバイダーを特定したら、配送料と提供するサービスの品質を比較し、ビジネス ニーズと顧客の好みに合うと思われるプロバイダーを選択する必要があります。

フルフィルメント センターの場所

全国に広がるフルフィルメントセンターの広大なネットワークを持つ3PLプロバイダーを選択してください。これにより、顧客に近いセンターに在庫を置くことができ、輸送時間と配送コストが削減されます。

配送と配達に関する SLA

あなたのビジネスに 3PL プロバイダーを選択するときは、サービス レベル契約が求めているものと一致していることを確認してください。そうすることで、3PL フルフィルメント サービスは現在および将来のビジネス ニーズに応えることができます。

ブランドの配送コストを削減

賢い選択をして配送コストをコントロールすることは、出費を削減するための優れた方法です。ビジネス向けのフルフィルメント サービス プロバイダーを選択する際には、ブランドの配送コストを削減できるプロバイダーを選択することが重要です。

ドロップシッピング

販売のみに興味があり、在庫管理や注文処理などの他のビジネス面を扱いたくない場合は、ドロップシッピングが最適なオプションです。Shopify は、Amazon などの信頼できるサプライヤー プラットフォームと統合されており、Shopify の販売者が手間をかけずに販売できるようになります。

ドロップシッピングとは

ドロップシッピングとは、サプライヤーが在庫を保持し、配送プロセスを代行することです。あなたはサプライヤーに卸売価格を支払い、好みに応じてストアの価格を管理します。

長所

  • 低初期コスト
  • 在庫管理が不要
  • フルフィルメントを管理する必要がない

短所

  • サプライチェーンを制御できない
  • 低い利益率
  • 競争力がある

Shopify のフルフィルメント サービスについて

Shopify は以前 Shopify Fulfillment Network を運営していましたが、そのサービスは廃止されました。Shopify は大手 3PL である Deliverr を買収して、売却したため、将来的には店舗向けにフルフィルメント サービスの提供をUSとカナダでは動きがあると予想されます。
Amazonとの連携していくでしょう。

Shopify ストアに最適なフルフィルメント モデルは

選択する最適なフルフィルメント モデルは、運営しているビジネスの種類とビジネスの成熟度によって異なります。「最適な」フルフィルメント モデルはありませんが、私たちの提案は次のとおりです。

  1. あなたの会社が新しいか小さいか:
    自社

  2. あなたの会社は急速に成長しています:
    3PL またはデリバラー

  3. あなたの会社はエンタープライズレベルです:
    自社
    (独自の物流ネットワークを構築するリソースがあるため

  4. あなたの会社は在庫管理をまったくしたくない:
    ドロップシッピング

最高の Shopify フルフィルメント サービスチェックポイント

フルフィルメントプロバイダーへのフルフィルメントのアウトソーシングを検討しているのであれば次のようなポイントをチェックしてください。

  • 取引先企業数は。カテゴリーは、出荷件数は
  • 注文のフルフィルメントにおいて 99.95% の精度を実現していますか
  • 顧客の近くの倉庫に在庫を戦略的に保管できるか
  • 輸送時間と配送コストを改善できるか
  • Shopify や Amazon などのさまざまな販売チャネルと簡単に統合できるか
  • フルフィルメント サービスとして、注文のピッキング、梱包、発送を行うことで e コマース ブランドを支援する体制は
  • 料金を請求は、従量課金制で、どのような体系か
  • セットアップ料金は
  • 流通加工
  • 配送予定日の選択がどれだけ可能か
  • 配送情報の追跡サービスが提供されたいるか
  • 配送業者は選択できるか

などなどがあります。

AMAZON マルチチャネル フルフィルメント (MCF)

Amazon マルチチャネル フルフィルメントは1 日または 2 日の配達を提供しており、これを利用して顧客の待ち時間を短縮することで顧客ベースを増やすことができます。Amazon のマルチチャネル フルフィルメントが競合他社と異なる点は、その簡素化された運用と容易な管理です。

Shopify フルフィルメントに関するよくある質問

ここでは、Shopify ストアのフルフィルメントに関してよくある質問への回答を示します。

SHOPIFYはフルフィルメントサービスを提供していますか

日本ではありません。
Shopify は、Shopify Fulfillment Network を通じて米国、カナダ、またはオーストラリアから発送する Shopify 販売者やその他の e コマース ビジネスにフルフィルメント サービスを提供していました。

SHOPIFY は倉庫を所有していますか?

日本ではありません。
Shopify は以前はフルフィルメント ネットワークの一部として複数の倉庫を所有しており、同時にさまざまな顧客ベースへの近接性を達成するために在庫を分散することを企業に提案していました。

結論

フルフィルメント サービスの選択に関しては、正しい選択肢も間違った選択肢もありません。それはすべて、ビジネスの規模、リソース、ビジネスの目標によって異なります。自分にとって最適なフルフィルメント サービスを選択するには、これらすべての要素を総合的に考慮して決定を下す必要があります。

購入後体験 ポストパーチェスエクスペリエンス コラム

顧客購買体験: CXとは コンテンツデザインしてAOV LCTVをグロース Shopify

EC 顧客購買体験: CXとは コンテンツデザインしてAOV LCTVをグロース Shopify

EC(電子商取引)における顧客購入(購買)体験(Customer Purchase Experience)とCX(Customer Experience)についてポイントを説明しています。
CXは、顧客がオンラインで商品やサービスを購入する過程全体における総合的な顧客体験を指しています、商品購入だけでなく、プロセス全体における満足度や感情も含まれます。また、「購入」と「購買」の違いも説明されており、購買は商品を手に入れるプロセス全体を指します。
さらに、購入体験ファネルやオムニチャネル/ECトレンドについても触れられています。購入前、購入中、購入後のステップでの成長施策も紹介され、顧客の満足度向上に役立つ情報が提供されています。

 

注目すべき 8 つの EC トレンド 購入後体験CXを強化する

注目すべき 8 つの EC トレンド 購入後体験CXを強化する

1. パーソナライゼーションが重要:
顧客の心理を理解し、購入後の体験をカスタマイズすることが必要です。購入と購買の違いも説明されています。
2. ソーシャルコマースの拡大:
D2C(DTC)モデルの重要性が強調され、ソーシャルメディアでの販売の重要性が指摘されています。
3. オムニチャネルの重要性:
顧客が異なるチャネルを移動しても一貫性のあるコミュニケーションが必要です。
4. 購入(購買)後体験・Post Purchase/ポストパーチェスでのマーケティング:
パーソナライゼーションと注文追跡情報の活用が重要です。
5. モバイルコマースの重要性:
スマートフォンを活用してモバイルナビゲーションと読み込み時間を最適化しましょう。
6. メッセンジャー機能の活用:
Eメールを基本として・SNSメッセンジャー・LINEマーケティングが主流になります。
7. 動画マーケティングの重要性:
ビデオを使って顧客のエンゲージメントを高めましょう。
8. 持続可能性の重要性:
サステナビリティに対する顧客の関心が高まっており、持続可能性を考慮したビジネス戦略が必要です。

 

EC グロースハック 商品発送と配送追跡トランザクションでCXをデザインする Shopify

EC グロースハック 商品発送と配送追跡トランザクションでCXをデザインする Shopify

EC:eコマース注文の背後にある原動力となっている顧客視点の考え方とは何でしょうか
Amazonの翌日プライム配送モデルがeコマース市場に影響を与え、競争力を高めています。

注文の追跡、オムニチャネル/eコマースの発送プロセスの最適化、配送日時指定(による日時指定)、顧客の期待の管理に役立つ、知っておくべき商品の納期情報を活用した、CX:カスタマーエクスペリエンスを高める運用方法のポイントについて簡単に説明していきます。

また、商品の発送日と注文日、注文明細書の作成日、お届け予定日などの用語や意味も説明されています。
配送日時指定アプリを利用する方法について解説しています。

 

EC eコマース配送ガイド 配送予定日・配送追跡情報 のCXメリット Shopify

EC eコマース配送ガイド 配送予定日・配送追跡情報 のCXメリット Shopify

EC/eコマース(電子商取引)の配送設計について重要なポイントとなる情報を提供しています。
CX(顧客体験)+購入(購買)体験において、迅速で手頃な価格の配送・配達が消費者にとっては重要な体験であり、そのためには適切な物流パートナーを選び、異なる配送方法を提供する必要があります。これによって、競争力を維持するとともに、消費者の期待に応えることができます。
配送・配達料金は、商品の寸法、重量、配送地域に依存して計算され、3PL(フルフィルメント)プロバイダーとの協力や配送コストの削減も検討すべきポイントです。環境に優しい配送オプションも注目されてきています。 DNVBとその一カテゴリーDTC/D2C 3.0時代のECビジネスが成功するためには、配送・配達戦略を慎重に計画して、顧客満足度を高めることが不可欠です。

 

ベスト フルフィルメント サービス 配送情報が提供できるサービス Shopify

ベスト フルフィルメント サービス 配送情報が提供できるサービス Shopify

Shopify ストアの成功のポイントは、良い商品と優れた顧客体験:カスタマーエクスペリエンスを提供し、効率的なフルフィルメントプロセスを確立することです。 フルフィルメントには注文管理、在庫管理、配送/配達、倉庫保管、返品・交換管理などが含まれます。
さまざまなフルフィルメントモデルがあり、自社フルフィルメント、3PL、ドロップシッピングなどが選択肢です。最適なモデルはビジネスの規模や成熟度に依存します。
3PLを選ぶ際にはShopifyとの統合、2日以内の発送能力、倉庫の場所、SLAを検討し、配送コストを削減することも大切です。
最終的に、適切なフルフィルメントモデルを選択する際にビジネスのニーズと成長段階を考慮することが重要です。

 

ECのキラーコンテンツ 配達予定日Estimated Delivery dates でAOVを上げる Shopify

ECのキラーコンテンツ 配達予定日Estimated Delivery dates でAOVを上げる Shopify

電子商取引(EC/eコマース)サイトにおける配送予定日の重要性について説明しています。

ユーザーは商品の発送スピードよりも、商品がいつ届くか(配達日・時間・場所)を気にしており、これが顧客の満足度に影響します。
ECサイトでは配送オプションが提供され、締め切り時間や休日によって納期が変わります。

Shopify で配送予定日を提供する方法として、ロジックを自分で構築するか、アプリを使用する方法が紹介されています。(日本のカートシステムは標準で実装されています。)
また、配送オプションや配達予定日の追加は顧客の利便性向上につながり、コンバージョン率を向上させることができます。
最後に、配送業者のサポートも重要で、顧客セルフサービスポータルで追跡情報を提供することで顧客の便益を増やし、顧客の行動データを収集することもできます。

 

注文確認メールをカスタマイズする Shopify

注文確認メールをカスタマイズする Shopify

DNVBとその一カテゴリーDTC/D2C 3.0時代になっても、Eメール・SNSのDM・LINEなどの顧客とのコミュニケーションはとても重要なタッチポイントで、オムニチャネルコミュニケーションがポイントです。

このコラムでは、EC:eコマースでの顧客の購買ファネルで活用されているEメールの種類についてポイントを解説していきます。

Eメールを活用した顧客コミュニケーションが重要であり、セールスメール、注文書メール、レスポンシブメール、トランザクションメール、配達完了通知メールなど、さまざまなEメールの種類を説明しています。

これらのEメールを効果的に使用することは、EC(eコマース)企業にとって重要で、顧客の満足度向上と収益増加に貢献します。

 

配送情報を活用して、購入後のCX:エクスペリエンス を向上させる方法 Shopify

配送情報を活用して、購入後のCX:エクスペリエンス を向上させる方法 Shopify

顧客は商品を注文した後、待つ間に興奮し、注文情報を追跡して荷物の状況を確認します。
購入(購買)後体験・Post Purchase/ポストパーチェスフェーズのエクスペリエンスを最大限に活用するために、ブランドは顧客セルフサービスの機能として個別の追跡ページを提供し、顧客エンゲージメントとCX体験を高めることができます。

このページを設計する際のポイントには、ブランドの一貫性を保ち、明確かつ簡潔な情報を提供し、モバイルデバイスに対応し、ソーシャルメディア共有ボタンを追加し、パーソナライズされたカスタマーエクスペリエンスを提供することが重要です。

このコンテンツは、購入後の顧客体験に関する重要なポイントを述べています。購入後のコミュニケーション戦略について説明され、以下のポイントを解説しています:
1. 配送・配達情報の明確な伝達:
配送・配達情報を簡潔で分かりやすい言葉で伝え、ビジュアル要素を活用し、顧客が簡単に見つけられるように配置し、常に最新情報を提供することが重要です。
2. トランザクションメールでブランドアイデンティティを強化:
注文確認・配送/配達追跡メールなどのトランザクションメールをブランド化し、顧客の関心を維持するためにブランドの色、フォント、ロゴを使用し、顧客のレーダー(感性や関心や悩み)に添ったパーソナライズをしましょう。
3. FAQセクションの作成:
顧客の一般的な質問に対する明確で簡潔な回答を提供するFAQセクションを作成し、顧客が配送プロセスを理解しやすくしましょう。
4. 顧客対応の向上:
カスタマーサポートでの明確な期待を設定し、積極的なコミュニケーションを行い、共感し、問題に対する解決策を提供し、さまざまなコミュニケーションチャネルを使用し、顧客に注文の最新情報を提供しましょう。

これらのポイントを実践することで、購入後の顧客エクスペリエンスを向上させ、ブランドのロイヤルティを高めることができます。

 

注文/追跡情報を使用してECの売上を伸ばす方法 Shopify

注文/追跡情報を使用してECの売上を伸ばす方法 Shopify

Shopify ブランドにとって、実証済みの顧客維持方法が非常に重要である理由について説明しています。

顧客獲得のコストが高騰しており、顧客獲得(CAC)が顧客生涯価値(CLTV)を上回っているため、ファンロイヤリティのある顧客ベースを構築することが重要です。

具体的には、
トランザクションメールで、注文・配送追跡情報コンテンツをマーケティングに活用し、CX:顧客(カスタマー)エクスペリエンスコミュニケーションとしてパーソナライズし、リピート購入率を向上させる方法についてのポイントを解説しています。

また、デジタル広告とDNVB(デジタルネイティブブランド)とその一カテゴリーDTC/D2C 3.0対応の重要性も強調されています。 Shopfiy ブランドは、顧客獲得だけでなく、維持にも焦点を当てるべきだというメッセージが伝えられています。

 

配送ステータスを確認してレビュー・SNSポストリクエストする Shopify

配送ステータスを確認してレビュー・SNSポストリクエストする Shopify

Shopifyブランドと顧客の間に信頼とロイヤルティを構築するには、顧客レビューリクエストのタイミングを効果的に設定することが不可欠になります。
Shopifyを使用して顧客の信頼と顧客にとってのロイヤルティプログラムを通じてのロイヤリティと購買後体験を構築する方法について説明しています。

顧客レビューのタイミングが重要であり、購入後のコミュニケーションや顧客レビューを活用する方法に焦点を当てています。
また、注文追跡情報:トランザクションコミュニケーションをコマースプラットフォームと統合することで、顧客エンゲージメントを向上させ、競争力を強化するメリットも説明されています。統合を活用することで、EC/eコマースビジネスの成功に寄与できるポイントを解説しています。

5 つ星の CX:カスタマーエクスペリエンスの効果を得るために、注文追跡データがレビュー リクエスト プラットフォーム(レビュー単独のシステムもありますが、ベストはMA:マーケティングオートメーションの一部として機能することです。)から分離されずに運用することがポイントです。

 

トランザクションメールでCXを強化する Best 8 Shopify

トランザクションメールでCXを強化する Best 8 Shopify

購入(購買)後体験・Post Purchase/ポストパーチェスのトランザクションメールの重要性とその最適な活用方法について説明しています。
購入後のトランザクションメールは、顧客との長期的な関係を築くチャンスであり、以下のポイントについて解説しています:

・ブランド/D2C(DTC)なら尚更と商品の価値を伝えること
・お客様のレビューを紹介してユーザー生成コンテンツ(UGC)として活用すること
アクションベースのロイヤルティプログラムを通じてロイヤリティと購買後体験 を強調すること
カスタマーサポートを簡単にアクセスできるようにすること
・商品の適切な使用方法を教育・啓蒙・体感させること
サブスクリプションプログラムを宣伝すること
ソーシャルメディアを通じてコミュニティを構築し、顧客と関わること

また、
タイミングも重要で、お届け予定日や配送通知などのトランザクションメール顧客セルフサービスでの追跡ページを活用して顧客の利便性と満足度を高める方法について提案しています。

 

配送情報=ブランドトラッキング CX:エクスペリエンスをデザインする5つのステップ Shopify

配送情報=ブランドトラッキング CX:エクスペリエンスをデザインする5つのステップ Shopify

顧客が購入(購買)後体験・Post Purchase/ポストパーチェスのエクスペリエンスを向上させる方法について解説しています。
顧客は商品を注文した後、待つ間に興奮しています、注文情報(トランザクション)を追跡して荷物の状況を確認します。
購買後のエクスペリエンスを最大限に活用するために、ブランドは個別の顧客セルフサービスでの追跡ページを提供し、顧客エンゲージメントを高めることができます。
このページを設計する際には、ブランドの一貫性を保ち、明確かつ簡潔な情報を提供し、モバイルデバイスに対応し、ソーシャルメディア共有ボタンを追加し、パーソナライゼーションされたCX:カスタマーエクスペリエンスを提供することが重要です。
また、追跡ページを通じて他の商品やサービスを宣伝することでアップセルと共感された衝動買いの体験を提供できます。

 

EC 配送に関するよくある質問 リストでCXを向上する Shopify

EC 配送に関するよくある質問 リストでCXを向上する Shopify

EC/eコマース(電子商取引)分野におけるDNVBとその一カテゴリーDTC/D2C 3.0(直販)ブランドの成功において、配送とフルフィルメントに関するFAQの重要性について説明しています。

FAQは顧客に情報を提供し、全体的なCX:顧客(カスタマー)エクスペリエンスの向上に貢献します。
FAQは透明性、効率性、顧客満足度を向上させ、ブランドの配送ポリシーに合わせてカスタマイズされるべきコンテンツです。

さらに、顧客のニーズと好みを考慮し、トランザクション:注文追跡返品・交換プラットフォームを活用することで、ブランドの信頼性を高め、効率的な顧客サービスプロセスを実現できます。

ブランドの成功には、FAQの適応とカスタマイズが不可欠です。

EC CX 顧客とのエンゲージメントに最適なトラッキング ページコンテンツ Best 7

EC CX 顧客とのエンゲージメントに最適なトラッキング ページコンテンツ Best 7CX:カスタマー(顧客)エクスペリエンスの重要性についてポイントについて言及しています、購入(購買)後体験・Post Purchase/ポストパーチェス顧客とのコミュニケーションの重要性を強調しています。
エンゲージメントの隠れたチャネルとして、配送・配達情報やトランザクションメールを活用して顧客との信頼とブランドアフィニティを築く方法について説明されています。
さらに、顧客がロイヤルティプログラムと友人を紹介(Referral)プログラムを実施することや、顧客の意見を尊重することがブランド成長に寄与する方法として示唆されています。
総じて、購入後の顧客エクスペリエンスを向上させ、ブランドの成長を促進する方法について述べています。
SHIN CX 購入後体験 Inquiry
殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

コンバージョンにつながる商品レコメンデーションクイズのポイント
コンバージョンにつながる商品レコメンデーションクイズのポイント
買い物客は、オンラインである程度のパーソナライゼーションを期待するようになりました。 それがなければ、 コマースサイトでの買い物は不便なものになる可能性があります。顧客が確認するSKUが数十、数百、または数千ある場合があります。顧客が...
続きを読んでみる
コマースの商品レコメンデーションクイズの作り方
コマースの商品レコメンデーションクイズの作り方
アパレルブランド、ファッションブランド、ビューティブランドなどのコマース マーチャントにとって、商品レコメンデーションクイズは、新しい訪問者を引き付け、商品の発見を促し、リストを増やし、売上を伸ばすための優れた方法になりつつあります。...
続きを読んでみる
商品レコメンデーションクイズでEコマースサイトを成長させる
商品レコメンデーションクイズでEコマースサイトを成長させる
オンラインショッピングにより、人々はこれまで以上に多くの種類のより多くの商品に簡単にアクセスできます。理論的には、顧客にとって完璧な商品は常に数回クリックするだけで手に入ります。しかし、自分の完璧な商品が何であるか正確にわからない場合...
続きを読んでみる
商品レビューを活用してコンバージョン率を向上させる方法
商品レビューを活用してコンバージョン率を向上させる方法
新規顧客は、画面に点滅するネオンライト(バナー・GIF・ショート動画など)を置いても、商品がどれほど優れているかを知りません。知ることができません。 では、どうすれば彼らにあなた、あなたの商品、そしてあなたのブランド・会社を信頼しても...
続きを読んでみる
コンバージョンと保持につながる6つの購入後ポストパーチェスメール Shopify
コンバージョンと保持につながる6つの購入後ポストパーチェスメール Shopify
購入後(ポストパーチェス)のメールは、メールマーケティングのハリーポッターです。日本では多くの場合、無視され、ほとんど注意を払わず、デジタルマーケティングの階段の下の戸棚にひっそりと仕舞われています。それでいても購入(購買)体験後のメ...
続きを読んでみる
コマースサイトナビゲーション:10のコンバージョンのヒントと成功例
コマースサイトナビゲーション:10のコンバージョンのヒントと成功例
コマースサイトのナビゲーションは、訪問者(将来の顧客とロイヤルカスタマーへの醸成顧客)のエクスペリエンスを左右する可能性があることがよく知られています。論理的で明確に定義された構造なしでコマースサイトをナビゲートしようとすると、地図も...
続きを読んでみる
コマースサイトにInstagramフィードを埋め込んでAOV・CLVをアップする方法
コマースサイトにInstagramフィードを埋め込んでAOV・CLVをアップする方法
オンラインで存在感を示している人は誰でもInstagramに載っていますが、それには正当な理由があると言われています。 インスタグラムでのブランドや企業は、毎月6%〜8%のフォロワー増加が見られているようです。そして、人々がすでにIn...
続きを読んでみる
ソーシャルメディアをコマースサイトに統合する方法
ソーシャルメディアをコマースサイトに統合する方法
ソーシャル メディア をe コマースサイトに統合する方法、Webサイトにソーシャルメディアを組み込むさまざまな方法、などを探っていきます。 通販・オムニチャネルコマース商品の販売に関しては、ソーシャルメディアをWebサイトに統合する必...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー