富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

注文/追跡情報を使用してECの売上を伸ばす方法 Shopify

注文情報 購入後体験 追跡情報 配送情報

注文/追跡情報を使用してECの売上を伸ばす方法 Shopify

Shopify ブランドの規模に関係なく、EC:eコマースビジネスでは、顧客維持を優先する必要が益々高まっています。

その理由は。
顧客獲得のコストが高くなっている ( CAC が LTV を上回っている) ため、ファンロイヤリティのある顧客ベースを構築することで、数百万円からの有益なリピート収益を生み出すことができます。

顧客は生活を楽にするため、楽しくするために商品を使用しているため、パーソナライズとマーケティングとロイヤリティ・プログラムでデザインされた、CX:顧客エクスペリエンス・カスタマーエクスペリエンスを通じてブランドロイヤルティを構築するための小さな方法を常に探してください。

Short Tips

従来のマーケティングは有限の広告在庫や予算の制約によって制限されることがよくありました、だからこそ、通販企業で100億円が実現できていたのです。が、デジタル広告はオープンな市場として存在しています。デジタルに精通したプレーヤーなら誰でも広範囲にわたるキャンペーンを比較的安価に開始することができます。特に、デジタル ネイティブ バーティカル ブランド (DNVB) とその一カテゴリーDTC/D2C 3.0事業者は、オンラインチャネルを通じて消費者に直接マーケティングを行うことで即座に満足感を得ることができます。が、これには十分な理由と原因があります。
これらのブランドは、ファネル全体 (そしてデータの宝庫でもあります) を所有し、顧客を獲得するためにかかった正確なコストに至るまで、あらゆる消費者の詳細を追跡することができます。しかし、より多くの D2C 企業が市場に氾濫するにつれ、デジタル買収コストは高騰しているために、D2C(DTC)はチャネルとしては死にました

基本的な経済学では、低い参入障壁と高い投資収益率が組み合わされていくと、市場の飽和がゆっくりと進むレシピが得られると考えられています。顧客獲得コスト(CAC)の上昇は飽和状態に近づいていることは誰もが理解していて、多くのブランドは従来のデジタル施策だけではもはや利益を上げられないという現実に直面しています。

 

顧客とブランドとのあらゆるやり取りを、どのようにすれば注目されるのか

プロアクティブな注文商品の追跡情報更新はマーケティングの成功につながります。Amazonで経験している体験と、これらの調査数字を考慮してみてください。
開封率が 10% ~ 20% である一般的なマーケティングEメールや、その他SNSのDM・LINEのパフォーマンスと比較して、追跡通知では 50% ~ 80% の開封率が得られることもあります。
購入後のエクスペリエンスは、エンゲージメント、リピート購入、ブランド ロイヤルティなどを促進する絶好の機会です。

特に Shopify マーチャントが直面する大きな課題 1 つは、顧客体験の配信面を制御できないことです。
私たちが推奨する、MACHタイプのLexicaなどでは実装・運用がシンプルにできます。

私たち、富士ロジテックホールディングスが推す、マーケティング プラットフォームの出番です。ヤマト・佐川・日本郵便などの配送業者のデータとUIに頼るのではなく、私たちは、配送業者と協力して、発送代行サービスの価値を通じて、各顧客の収益性を最大化できるように支援します。

顧客への配送通知を積極的にサポート・支援して、顧客が追跡情報を確認したときに、そのエンゲージメントを利用してブランドのさらなる成果を推進するようにします。

ビジネスのどの段階にいても、Shopify ブランドのシームレスな配送体験:エクスペリエンスの長期的なメリットを活用することができます。

このコラムでは、データとエンゲージメントを活用してそれを推進する方法を紹介していきます。

注文配送追跡をマーケティングにコンバートする

通常、販売者は発送プロセスをほとんど把握する気はありません。配送完了以外はできていない傾向があります。「注文した商品はどこですか」という質問に答えるためには、OMSから発送伝票番号を確認して、配送会社の確認サイトで確認することになります。そして迅速でスタッフのストレス軽減が困難なフローになります。

サポートチケットが担当スタッフに到着すると

だからこそ、注文配送プロセスを通じてタッチポイントに優先順位を付けることが不可欠になります。
リマーケティングができる環境=チャネルが開かれて、それがあらゆる規模の eコマース ビジネスの成長エンジンとなります。
カスタマーサポート量を 50% 以上削減できることは言うまでもありません。

販売に至るまでの購入エクスペリエンスだけに焦点を当てるのではなく、購入後のカスタマー ジャーニーについても考慮していくことです。

平均して、消費者は 1 回の注文につき 3 ~ 5 回注文追跡情報を確認しているとも言われています。それは重要なタッチポイントです。

自分に振り返って考えてみてください。顧客は購入と到着に興奮して、不安で、注文を受け取るための心の準備はできています。
そのホットな期間を利用して、ブランドは顧客(そしてこらからの顧客候補)の注意を 100% 引きつけて、大量のエンゲージメントを促進するチャンスを得ることができるとも言えます。しかし、その時にポジティブな経験を増幅させるかネガティブな経験を増幅させるかは、ブランドのパーソナライズとマーケティングとロイヤリティ・プログラム次第です。

ほとんどの場合、ブランドはネガティブな感情を増幅させることは得意です。

eコマースでの市場環境競争が激化する中では、Shopify Plusのユーザーをはじめとして大手ブランドは、一般的な注文追跡エクスペリエンスを活用して、次世代のマーケティング チャネルに変えていって成功しています。

定着率の向上

「注文した商品はどこですか?」という質問は減らしましょう。
お客様からいただいたサポートチケットや、世界クラスのブランド体験を構築することに費やしましょう。

成長しているDNVBとその一カテゴリーDTC/D2C 3.0ブランドはもはや注文追跡情報の有効性の無視をしていません。それを、長期的に顧客ロイヤリティと購買後体験から獲得するためのリテンションマーケティングチャネルに変えています。

獲得 + 維持 — バランスをとる

Shopify マーチャントをはじめとする、小売事業者にとって、「顧客の保持」は問題になるまで、新規の獲得の後回しにされますが、問題になってからではもう手遅れです。

小売事業者がD2Cでのロイヤリティプログラム構築ノウハウの1つ特典や紹介(Referral)プログラムなどのリテンションサービスプラットフォームを導入しようとすると、それがリテンションを促進するために期待していた特効薬ではないことがすぐにわかります 。(注意: 特効薬はありません、マーケティングエージェンシー、CRMコンサルタントに騙されないでください)

このようなサービスShopifyアプリ、他のMACHコマースプラットフォームではSaaSサービスは、興奮している顧客の行動に便乗してそのアクションを活用するのに役立ちますが、忠実で興奮する顧客を生み出し、醸成することに関しては、他のどの店舗よりも、エクスペリエンスを作成することほど効果的なものはないことが知られています。

小売事業者が購入(購買)後体験:Post Purchase・ポストパーチェスでのエクスペリエンスを最大限に高めていく2 つのポイントに注目をしています。

オムニチャネル・小売事業者が顧客に商品を届けるために避けられない配送問題(BOPISであっても)からカスタマー ジャーニーの各段階で消費者とコミュニケーションをとるのにどのように役立てるかです。

消費者が注文・配送情報を確認するとき、そのエンゲージメントタッチポイントを利用してブランドとのさらなる交流を促進するにはどうすればよいかです。

e コマースブランドとして、購入(購買)バイヤージャーニー体験全体を通じてコミュニケーションを怠れば、顧客にビジネスをコントロールできていないと思われてしまうリスクがあります。
そのような印象を持たれてしまうと、どんなにマーケティングを行っても顧客が戻ってくることは期待できません。(AmazonやSHEINや楽天は別です)

Day1:設立初日から、企業の DNA 全体に保持力を組み込む

これを認識してください。同じ消費者財布をめぐってウェブ上のブランドと競合しているのです。だからこそ、e コマースでは平凡なエクスペリエンスが致命的です。

さらに、Facebook などのプラットフォームでの顧客獲得コストの増加は持続不可能なレベルになっているため、小売業者は顧客維持のためにCRMの強化に出る必要があり、それを迅速かつ適切に行う必要があります。

まず、顧客とのやり取りの規模の大小に関わらず、それぞれの顧客とのやり取りをパーソナライズして顧客にとって衝撃的なものにすることから始めます。
そうすれば、メールマーケティングLINE/コミュニケーション、特典キャンペーンなどを通じて顧客をリマーケティングすると、顧客はこれらのチャネルを通じてメッセージを受け入れてくれる可能性が高くなります。

獲得はゲームの一部でしかにすぎません。カスタマージャーニーの他の重要な要素を見落とすと、ベース (すでに販売したことがある人々=顧客にとっては購入) で勝る機会を逃すことになります。

挑戦する気持ちがある場合は、次のことを試してみてください。

商品を購入して、購入後のエクスペリエンスを体験して、何が提供されるかを確認してみてください。
(多くの小売事業者の人は、小売事業者が顧客に提供する価値がいかに少ないかを見てショックを受けるはずです。LINEは特にそうです、顧客には何のメリットもありません。)

データを活用して喜びの瞬間を生み出す方法

顧客は購入についてあなたのブランドからの連絡を望んでいます。では、注文情報追跡エクスペリエンスであるトランザクションメールパーソナライズされたマーケティングとして活用して、インタラクティブなタッチポイントを通じて喜びの瞬間を作り出すにはどうすればよいでしょうか。

配送業者は、配送情報追跡過程に関する情報提供が素晴らしいものであります、しかし、コマースサイトでの提供方法が限られていることはよく知られています。(商品発送伝票番号とそこでのクリックだけです)

そのため、顧客がデータを使用して購入後のエクスペリエンスをよりインテリジェントに把握して、エンゲージメントを高めることを支援するサービスが生まれているのです。

たとえば、販売者の Shopify ストアに新しい注文が入ると、プラットフォームは顧客と注文の情報、履行データ、追跡番号などの、約150以上のデータを収集して活用します。

次に、ヤマト や 佐川や、日本郵便 などの配送業者の配送情報への直接接続を活用してて、荷物の移動に関するスキャンイベントのリアルタイム ストリームを取得します。

データはプラットフォーム内で結合された後、ブランドのEメール マーケティング プラットフォーム(MAなど)に送信されて、顧客向けにセグメント化してパーソナライズすることが重要です。

そのデータは、ブランド化された追跡ページなどの領域に表示され、顧客が必要とする情報をブランド化された説得力のある方法やコンテンツで提供をします。

カスタマージャーニーでの、Eメールのパーソナライゼーションは顧客維持の最も効果的なチャネルです。問題は、ほとんどのブランドが、顧客に送信する最も重要な開封済みにされるメール、つまり注文確認追跡メールを管理していないことです。
eコマース ブランドは、これらのEメールを使用して商品に関する教育資料を共有したり、特典プログラムを宣伝したりできますが、この注文確認追跡メールが非常に重要である理由は、開封率は天文学的であるだけではありません。

一般的なマーケティングEメールの開封率は 10% ~ 20% ですが、追跡通知の開封率は 50% ~ 80% です。

このトランザクションのタッチ ポイントは、データを使用して喜びの瞬間を作り出し、顧客をブランドの次のステップに進めるための準備を整える絶好の機会です。

積極的にブランドからアクションする:

荷物がインシデントで停滞したり、配送時間の問題や、海外と国内でプロセスが異なる場合などは、独自のメッセージを含む詳細な追跡最新情報を常に提供することができます。
顧客が先にCSに連絡してしまったら、すでに負けかも知れません。

あなたが誰なのかをアピールする:

追跡ページに、レコメンド商品は当然として、新商品や今後発売予定の商品の宣伝リールと予約販売を表示します。または、インタラクティブ性の宝庫となるライブストリームショッピングや、ソーシャルコマース フィードを特集してもいいです。

配送プロンプト

確信が持てない場合でも、顧客が安心できるよう、いつ注文商品が届く予定かを見積もってみてください。

ライブチャット

これは、リアルタイムで問題のトラブルシューティングを行い、顧客の不満を避けることができるため、追跡エクスペリエンスを向上させるには優れた方法です。カスタマーサービスを提供するための機能:AIチャットボット

バイヤージャーニーの各ステップを通じて顧客に伝えたい情報はたくさんあります。顧客は閉じ込められて注文を待っているため、ブランドエクスペリエンスの中に閉じ込めておきます。

エンゲージメントの拡大と購入後のエクスペリエンスをサポート

エンゲージメントを促進する以外にも、ビジネスを拡大し、顧客エクスペリエンスを向上させるために必要な重要な要素がいくつかあります。

eコマース ブランドを立ち上げるとき、最初に雇用する人の 1 人は、顧客ベースからのリピート収益をいかに促進するかにのみ重点を置くリテンションマネージャーでなければなりません。

指標を評価する

ビジネスに必要と考える主要業績評価指標 (KPI) と指標、さらに成功のベンチマークを決定します。他のブランドとは異なる場合がありますが、ブランドが何を測定しているかを以下に示します。

リピート購入率–

これは、配送体験からクリックスルーして追加購入を行った顧客の割合です。これは長期的な成長軌道にとって非常に重要であるため、常に向上を目指してください。


出荷ごとの収益–

販売者は、追跡する出荷ごとにどれくらいの収益を上げますか。
出荷あたりの平均収益は。つまり、10,000 件の注文を発送する販売者は、毎月いくらのリピート収益を生み出すことができますか。
それは私たちが得ることができる購入後の体験です。

まとめ、小さなことで大きな勝利を収める

顧客は単なる取引ではなく、苦労して稼いだお金を商品に費やす本物の人々です。では、ブランドに対する顧客体験をさらに向上させるにはどうすればよいでしょうか。

販売業者は、すべての顧客に大幅な割引を約束するなど、達成不可能な戦略を安易に採用しがちです、それは収益の損失につながる可能性があります。そして、顧客の心をつかむには、この手の施策は少ない方が良いことです。

顧客維持を優先すると、消費者が自社のサービスの何が最も有益なコミュニケーション施策であるかを深く知ることができます。そうすれば、あなたのブランドを再生可能な価値のある資源にする方法が正確にわかるでしょう。

  • ランダムな顧客セットの注文に無料サンプル商品を含めます。
  • 手書きのメモを荷物の中に入れましょう
  • 注文に対する感謝の気持ちを込めて、創設者から個人メールを送信するか、Eメールを自動送信します。
  • 日常生活の問題の解決に役立つオンラインガイド、記事、その他のコンテンツを公開します。

購入後体験 ポストパーチェスエクスペリエンス コラム

顧客購買体験: CXとは コンテンツデザインしてAOV LCTVをグロース Shopify

EC 顧客購買体験: CXとは コンテンツデザインしてAOV LCTVをグロース Shopify
EC(電子商取引)における顧客購入(購買)体験(Customer Purchase Experience)とCX(Customer Experience)についてポイントを説明しています。

CXは、顧客がオンラインで商品やサービスを購入する過程全体における総合的な顧客体験を指しています、商品購入だけでなく、プロセス全体における満足度や感情も含まれます。また、「購入」と「購買」の違いも説明されており、購買は商品を手に入れるプロセス全体を指します。
さらに、購入体験ファネルやオムニチャネル/ECトレンドについても触れられています。購入前、購入中、購入後のステップでの成長施策も紹介され、顧客の満足度向上に役立つ情報が提供されています。

 

注目すべき 8 つの EC トレンド 購入後体験CXを強化する

注目すべき 8 つの EC トレンド 購入後体験CXを強化する

1. パーソナライゼーションが重要:
顧客の心理を理解し、購入後の体験をカスタマイズすることが必要です。購入と購買の違いも説明されています。
2. ソーシャルコマースの拡大:
D2C(DTC)モデルの重要性が強調され、ソーシャルメディアでの販売の重要性が指摘されています。
3. オムニチャネルの重要性:
顧客が異なるチャネルを移動しても一貫性のあるコミュニケーションが必要です。
4. 購入(購買)後体験・Post Purchase/ポストパーチェスでのマーケティング:
パーソナライゼーションと注文追跡情報の活用が重要です。
5. モバイルコマースの重要性:
スマートフォンを活用してモバイルナビゲーションと読み込み時間を最適化しましょう。
6. メッセンジャー機能の活用:
Eメールを基本として・SNSメッセンジャー・LINEマーケティングが主流になります。
7. 動画マーケティングの重要性:
ビデオを使って顧客のエンゲージメントを高めましょう。
8. 持続可能性の重要性:
サステナビリティに対する顧客の関心が高まっており、持続可能性を考慮したビジネス戦略が必要です。

 

EC グロースハック 商品発送と配送追跡トランザクションでCXをデザインする Shopify

EC グロースハック 商品発送と配送追跡トランザクションでCXをデザインする Shopify

EC:eコマース注文の背後にある原動力となっている顧客視点の考え方とは何でしょうか
Amazonの翌日プライム配送モデルがeコマース市場に影響を与え、競争力を高めています。

注文の追跡、オムニチャネル/eコマースの発送プロセスの最適化、配送日時指定(による日時指定)、顧客の期待の管理に役立つ、知っておくべき商品の納期情報を活用した、CX:カスタマーエクスペリエンスを高める運用方法のポイントについて簡単に説明していきます。

また、商品の発送日と注文日、注文明細書の作成日、お届け予定日などの用語や意味も説明されています。
配送日時指定アプリを利用する方法について解説しています。

 

EC eコマース配送ガイド 配送予定日・配送追跡情報 のCXメリット Shopify

EC eコマース配送ガイド 配送予定日・配送追跡情報 のCXメリット Shopify

EC/eコマース(電子商取引)の配送設計について重要なポイントとなる情報を提供しています。
CX(顧客体験)+購入(購買)体験において、迅速で手頃な価格の配送・配達が消費者にとっては重要な体験であり、そのためには適切な物流パートナーを選び、異なる配送方法を提供する必要があります。これによって、競争力を維持するとともに、消費者の期待に応えることができます。
配送・配達料金は、商品の寸法、重量、配送地域に依存して計算され、3PL(フルフィルメント)プロバイダーとの協力や配送コストの削減も検討すべきポイントです。環境に優しい配送オプションも注目されてきています。 DNVBとその一カテゴリーDTC/D2C 3.0時代のECビジネスが成功するためには、配送・配達戦略を慎重に計画して、顧客満足度を高めることが不可欠です。

 

ベスト フルフィルメント サービス 配送情報が提供できるサービス Shopify

ベスト フルフィルメント サービス 配送情報が提供できるサービス Shopify

Shopify ストアの成功のポイントは、良い商品と優れた顧客体験:カスタマーエクスペリエンスを提供し、効率的なフルフィルメントプロセスを確立することです。 フルフィルメントには注文管理、在庫管理、配送/配達、倉庫保管、返品・交換管理などが含まれます。
さまざまなフルフィルメントモデルがあり、自社フルフィルメント、3PL、ドロップシッピングなどが選択肢です。最適なモデルはビジネスの規模や成熟度に依存します。
3PLを選ぶ際にはShopifyとの統合、2日以内の発送能力、倉庫の場所、SLAを検討し、配送コストを削減することも大切です。
最終的に、適切なフルフィルメントモデルを選択する際にビジネスのニーズと成長段階を考慮することが重要です。

 

ECのキラーコンテンツ 配達予定日Estimated Delivery dates でAOVを上げる Shopify

ECのキラーコンテンツ 配達予定日Estimated Delivery dates でAOVを上げる Shopify

電子商取引(EC/eコマース)サイトにおける配送予定日の重要性について説明しています。

ユーザーは商品の発送スピードよりも、商品がいつ届くか(配達日・時間・場所)を気にしており、これが顧客の満足度に影響します。
ECサイトでは配送オプションが提供され、締め切り時間や休日によって納期が変わります。

Shopify で配送予定日を提供する方法として、ロジックを自分で構築するか、アプリを使用する方法が紹介されています。(日本のカートシステムは標準で実装されています。)
また、配送オプションや配達予定日の追加は顧客の利便性向上につながり、コンバージョン率を向上させることができます。
最後に、配送業者のサポートも重要で、顧客セルフサービスポータルで追跡情報を提供することで顧客の便益を増やし、顧客の行動データを収集することもできます。

 

注文確認メールをカスタマイズする Shopify

注文確認メールをカスタマイズする Shopify

DNVBとその一カテゴリーDTC/D2C 3.0時代になっても、Eメール・SNSのDM・LINEなどの顧客とのコミュニケーションはとても重要なタッチポイントで、オムニチャネルコミュニケーションがポイントです。

このコラムでは、EC:eコマースでの顧客の購買ファネルで活用されているEメールの種類についてポイントを解説していきます。

Eメールを活用した顧客コミュニケーションが重要であり、セールスメール、注文書メール、レスポンシブメール、トランザクションメール、配達完了通知メールなど、さまざまなEメールの種類を説明しています。

これらのEメールを効果的に使用することは、EC(eコマース)企業にとって重要で、顧客の満足度向上と収益増加に貢献します。

 

配送情報を活用して、購入後のCX:エクスペリエンス を向上させる方法 Shopify

配送情報を活用して、購入後のCX:エクスペリエンス を向上させる方法 Shopify

顧客は商品を注文した後、待つ間に興奮し、注文情報を追跡して荷物の状況を確認します。
購入(購買)後体験・Post Purchase/ポストパーチェスフェーズのエクスペリエンスを最大限に活用するために、ブランドは顧客セルフサービスの機能として個別の追跡ページを提供し、顧客エンゲージメントとCX体験を高めることができます。

このページを設計する際のポイントには、ブランドの一貫性を保ち、明確かつ簡潔な情報を提供し、モバイルデバイスに対応し、ソーシャルメディア共有ボタンを追加し、パーソナライズされたカスタマーエクスペリエンスを提供することが重要です。

このコンテンツは、購入後の顧客体験に関する重要なポイントを述べています。購入後のコミュニケーション戦略について説明され、以下のポイントを解説しています:
1. 配送・配達情報の明確な伝達:
配送・配達情報を簡潔で分かりやすい言葉で伝え、ビジュアル要素を活用し、顧客が簡単に見つけられるように配置し、常に最新情報を提供することが重要です。
2. トランザクションメールでブランドアイデンティティを強化:
注文確認・配送/配達追跡メールなどのトランザクションメールをブランド化し、顧客の関心を維持するためにブランドの色、フォント、ロゴを使用し、顧客のレーダー(感性や関心や悩み)に添ったパーソナライズをしましょう。
3. FAQセクションの作成:
顧客の一般的な質問に対する明確で簡潔な回答を提供するFAQセクションを作成し、顧客が配送プロセスを理解しやすくしましょう。
4. 顧客対応の向上:
カスタマーサポートでの明確な期待を設定し、積極的なコミュニケーションを行い、共感し、問題に対する解決策を提供し、さまざまなコミュニケーションチャネルを使用し、顧客に注文の最新情報を提供しましょう。

これらのポイントを実践することで、購入後の顧客エクスペリエンスを向上させ、ブランドのロイヤルティを高めることができます。

 

注文/追跡情報を使用してECの売上を伸ばす方法 Shopify

注文/追跡情報を使用してECの売上を伸ばす方法 Shopify

Shopify ブランドにとって、実証済みの顧客維持方法が非常に重要である理由について説明しています。

顧客獲得のコストが高騰しており、顧客獲得(CAC)が顧客生涯価値(CLTV)を上回っているため、ファンロイヤリティのある顧客ベースを構築することが重要です。

具体的には、
トランザクションメールで、注文・配送追跡情報コンテンツをマーケティングに活用し、CX:顧客(カスタマー)エクスペリエンスコミュニケーションとしてパーソナライズし、リピート購入率を向上させる方法についてのポイントを解説しています。

また、デジタル広告とDNVB(デジタルネイティブブランド)とその一カテゴリーDTC/D2C 3.0対応の重要性も強調されています。 Shopfiy ブランドは、顧客獲得だけでなく、維持にも焦点を当てるべきだというメッセージが伝えられています。

 

配送ステータスを確認してレビュー・SNSポストリクエストする Shopify

配送ステータスを確認してレビュー・SNSポストリクエストする Shopify

Shopifyブランドと顧客の間に信頼とロイヤルティを構築するには、顧客レビューリクエストのタイミングを効果的に設定することが不可欠になります。
Shopifyを使用して顧客の信頼と顧客にとってのロイヤルティプログラムを通じてのロイヤリティと購買後体験を構築する方法について説明しています。

顧客レビューのタイミングが重要であり、購入後のコミュニケーションや顧客レビューを活用する方法に焦点を当てています。
また、注文追跡情報:トランザクションコミュニケーションをコマースプラットフォームと統合することで、顧客エンゲージメントを向上させ、競争力を強化するメリットも説明されています。統合を活用することで、EC/eコマースビジネスの成功に寄与できるポイントを解説しています。

5 つ星の CX:カスタマーエクスペリエンスの効果を得るために、注文追跡データがレビュー リクエスト プラットフォーム(レビュー単独のシステムもありますが、ベストはMA:マーケティングオートメーションの一部として機能することです。)から分離されずに運用することがポイントです。

 

トランザクションメールでCXを強化する Best 8 Shopify

トランザクションメールでCXを強化する Best 8 Shopify

購入(購買)後体験・Post Purchase/ポストパーチェスのトランザクションメールの重要性とその最適な活用方法について説明しています。
購入後のトランザクションメールは、顧客との長期的な関係を築くチャンスであり、以下のポイントについて解説しています:

・ブランド/D2C(DTC)なら尚更と商品の価値を伝えること
・お客様のレビューを紹介してユーザー生成コンテンツ(UGC)として活用すること
アクションベースのロイヤルティプログラムを通じてロイヤリティと購買後体験 を強調すること
カスタマーサポートを簡単にアクセスできるようにすること
・商品の適切な使用方法を教育・啓蒙・体感させること
サブスクリプションプログラムを宣伝すること
ソーシャルメディアを通じてコミュニティを構築し、顧客と関わること

また、
タイミングも重要で、お届け予定日や配送通知などのトランザクションメール顧客セルフサービスでの追跡ページを活用して顧客の利便性と満足度を高める方法について提案しています。

 

配送情報=ブランドトラッキング CX:エクスペリエンスをデザインする5つのステップ Shopify

配送情報=ブランドトラッキング CX:エクスペリエンスをデザインする5つのステップ Shopify

顧客が購入(購買)後体験・Post Purchase/ポストパーチェスのエクスペリエンスを向上させる方法について解説しています。
顧客は商品を注文した後、待つ間に興奮しています、注文情報(トランザクション)を追跡して荷物の状況を確認します。
購買後のエクスペリエンスを最大限に活用するために、ブランドは個別の顧客セルフサービスでの追跡ページを提供し、顧客エンゲージメントを高めることができます。
このページを設計する際には、ブランドの一貫性を保ち、明確かつ簡潔な情報を提供し、モバイルデバイスに対応し、ソーシャルメディア共有ボタンを追加し、パーソナライゼーションされたCX:カスタマーエクスペリエンスを提供することが重要です。
また、追跡ページを通じて他の商品やサービスを宣伝することでアップセルと共感された衝動買いの体験を提供できます。

 

EC 配送に関するよくある質問 リストでCXを向上する Shopify

EC 配送に関するよくある質問 リストでCXを向上する Shopify

EC/eコマース(電子商取引)分野におけるDNVBとその一カテゴリーDTC/D2C 3.0(直販)ブランドの成功において、配送とフルフィルメントに関するFAQの重要性について説明しています。

FAQは顧客に情報を提供し、全体的なCX:顧客(カスタマー)エクスペリエンスの向上に貢献します。
FAQは透明性、効率性、顧客満足度を向上させ、ブランドの配送ポリシーに合わせてカスタマイズされるべきコンテンツです。

さらに、顧客のニーズと好みを考慮し、トランザクション:注文追跡返品・交換プラットフォームを活用することで、ブランドの信頼性を高め、効率的な顧客サービスプロセスを実現できます。

ブランドの成功には、FAQの適応とカスタマイズが不可欠です。

EC CX 顧客とのエンゲージメントに最適なトラッキング ページコンテンツ Best 7

EC CX 顧客とのエンゲージメントに最適なトラッキング ページコンテンツ Best 7CX:カスタマー(顧客)エクスペリエンスの重要性についてポイントについて言及しています、購入(購買)後体験・Post Purchase/ポストパーチェス顧客とのコミュニケーションの重要性を強調しています。
エンゲージメントの隠れたチャネルとして、配送・配達情報やトランザクションメールを活用して顧客との信頼とブランドアフィニティを築く方法について説明されています。
さらに、顧客がロイヤルティプログラムと友人を紹介(Referral)プログラムを実施することや、顧客の意見を尊重することがブランド成長に寄与する方法として示唆されています。
総じて、購入後の顧客エクスペリエンスを向上させ、ブランドの成長を促進する方法について述べています。
SHIN CX 購入後体験 Inquiry
殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

アルコール & ノンアルコール・Alcohol ウエルネスドリンク・Wellness Drinkブランド編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
アルコール & ノンアルコール・Alcohol ウエルネスドリンク・Wellness Drinkブランド編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
2 種類のロイヤリティ プログラム: DTC 分野を見渡すと、ロイヤルティ プログラムには通常 2 つの中心的なアプローチがあることがわかります。 バージョン 1 または「ロイヤルティ 1.0」は、 私たちが「スプレーして祈る」アプロ...
続きを読んでみる
食品・Foods 飲料・Beverageブランド編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
食品・Foods 飲料・Beverageブランド編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
このブランド商品は私と同じ価値観を共有しているのかどうか?私のような人を理解し、気にかけているのかどうか?それを伝えるのに「抽象的」で「何の絵も浮かばない」言葉 キャッチコピーを並べてもダメです。たとえや具体的な事例、物語、インパクト...
続きを読んでみる
スキンケア・ビューティ―編  DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
スキンケア・ビューティ―編  DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
世界の美容業界では起業家精神が盛んです。 新しくダイナミックな創業者、商品、ブランドが毎日登場しますが、競争は依然として厳しいものです。新しい美容関連のスタートアップが成功するたびに、成功しない企業が数十社、おそらくは数百社存在します...
続きを読んでみる
ペット ブランド編  DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
ペット ブランド編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
ファネルとは何ですか AIDA フレームワークとは何ですか つまり、マーケティングと販売の世界では、私たちが行うほとんどすべてのことは、ある種のファネルを通じて顧客を変換するという概念によって推進されています。 「ファネル」は、誰かが...
続きを読んでみる
サプリメント&ニュートリション編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
サプリメント&ニュートリション編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
顧客は一般的なブランド情報以上のものを求めています。深いつながりを持ち、自分のことを知っていると感じたいと考えています。しかし、どうやってそれを行うのでしょうか。 臨場感あふれるストーリーテリングとは 没入型のストーリーテリングは、商...
続きを読んでみる
セクシャルウエルネス・ヘルスネス編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
セクシャルウエルネス・ヘルスネス編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
見出しの書き方が重要であることは誰もが知っています。だからといって書くのが簡単になるわけではありません。ブログ記事、商品販売ページ、Meta広告、さらには件名を書くたびに再発明をする必要はありません。より良い見出しをより速く書くために...
続きを読んでみる
ファッション・アスレジャー編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
ファッション・アスレジャー編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
幸せな顧客は、すべてのビジネスの生命線です。忠実な顧客は、肯定的な口コミの紹介を提供し、収益を促進することで、ブランドの長期的な成功と成長に貢献します。社会経済状況で忠実な顧客基盤を開拓することは、簡単なことではありません。経済の不確...
続きを読んでみる
アパレル編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
アパレル編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
コマースでは、顧客のインフルエンサーやアンバサダー、ロイヤリティプログラムなどで、コミュニケーションの運用を削減し、プロセスを最適化することにより、ブランドが創造的な資産を調達するプロセスを拡大することができます。そのために、考慮すべ...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー