富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

マーケティングオートメーション ECとオムニチャネルでのメリット Shopify

CX D2C DNVB DTC EC MA Shopify Shopify Plus

Eコマースマーケティングオートメーションと メリット Shopify

EC:eコマースビジネスのマーケティングオートメーション(MA)への投資をお考えですか。
 もしそうなら、あなたは単にブランドの将来について考えているだけではなく、顧客にとって正しい行動をとっているということをあらためて確認してください。

実際のところ、小売企業は、eコマース(オムニチャネルも含む)マーケティングオートメーションが提供する効率的で収益性の高いツールセットを活用していく必要があります。
現在のデジタルマーケティングオムニチャネルコミュニケーションなどの環境を見てみると、その理由は簡単に理解できるとおもいます。

DNVBとその一カテゴリーD2C/D2C 3.0のビジネスに関連するユースケースの詳細を、このコラムでご覧ください。

マーケティングオートメーションの舞台を整える

オンラインショッピングは、消費者がブランドから購入する主なチャネルと購買方法となっています。これは、オンラインストアがマーケティング戦略の単なる便利な追加的な物ではないことに成長してきたことを意味しています。
それは、顧客とのすべてのやり取りの最終目標:購買前購買中購買後体験は重要なカスタマーエクスペリエンスです。

   

カスタマー エクスペリエンス:CXを作成するポイント

カスタマー エクスペリエンス:CXを作成するポイント

このコンテンツはEC(電子商取引)ビジネスにおいて、顧客エクスペリエンスの重要性について説明しています。現代の市場で競争するために、顧客に優れたエクスペリエンスを提供する必要があります。顧客の期待を満たし、競合他社からの差別化を図るために、以下の方法が紹介されています。
1. インテリジェントな検索: ウェブサイト内での効果的な検索機能を提供し、顧客が欲しい情報や商品を迅速に見つけられるようにします
2. パーソナライズされたエクスペリエンス: 顧客に合わせた個別の体験を提供し、彼らの好みやニーズに合った商品や情報を提示します
3. モバイルの役割: スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスでのエクスペリエンスを最適化し、顧客がどんなデバイスでも快適に利用できるようにします。
4. 豊富なコンテンツと情報: 商品に関する詳細な情報や関連コンテンツを提供して、顧客がより良い購入判断を行えるようにサポートします。
5. 柔軟な購入および配送オプション: 顧客に異なる購入方法や配送オプションを提供し、彼らのニーズに合わせた柔軟性を提供します。
顧客エクスペリエンスの向上は、ECビジネスの成功に不可欠であり、競争力を維持するために重要です。


EC/Eコマースは小売で必須です

2021 年の世界の小売・Eコマース:電子商取引売上高は  4 兆 9,000 億ドルに達して、この数字は今後 4 年間で 50% 増加すると推定されています。
そのため、事業主やマーケティング担当者は、ECマーケティングオートメーションなどの、新たなeコマース トレンドを活用して、オンライン買い物客にパーソナライズされた最高のデジタル エクスペリエンスを提供して、ブランド ロイヤルティを構築して売上を増加させる方法を知る必要があります。

このようなEコマース:電子商取引の急速な台頭によって、多くのマーケティング担当者がツールや戦術の再評価を余儀なくされていますが、それには十分な理由があります。戦略は eコマースストアとリアル店舗のバランスをとるものに移行してきています、デジタル マーケティングチャネルは現在、成功するマーケティング施策の柱となっています。

コマースとマーケティング プラットフォームが実現します

EC/Eコマース ストアを成功させるには、その仕事に適したコマースプラットフォーム(Shopify Lexicaなど)と関連するツールが必要です。
だからこそ、企業にとって適切な eコマース マーケティング プラットフォームを選択することは非常に重要です。

技術スタックの構築に使用できるニッチなソフトウェアから、必要なものすべてを 1 つの便利な場所で提供するオールインワン ソリューションまで、マーケティング担当者が利用できるプラットフォームは数多くあります。
しかし、利用可能なすべての機能の中で、マーケティング オートメーションは、ビジネスが実践するのに最も役立ち、収益性の高いツールとなります。

マーケティングオートメーションソフトウェアは不可欠です

従来(オフラインメディアの時は特に)、マーケティングはコストと時間がかかるものでした。しかし、新しいEコマース:電子商取引テクノロジーの台頭により、労働集約的なプロセスの多くがテクノロジー ツールやシステムに引き継がれ、自動的に実行されるようになりました。

Eコマース マーケティング オートメーションでは、顧客データと商品データを活用して、オンライン買い物客向けにパーソナライズされたキャンペーンを作成できます。これにより、オンライン買い物客のエクスペリエンスが向上して、小売企業の収益が向上します。


EC 商品画像・商品サイズなどを充実させて 売上を増やし、返品を減らす 8 つの購入体験

EC 商品画像・商品サイズなどを充実させて 売上を増やし、返品を減らす 8 つの購入体験

EC/eコマースでの返品の一般的な理由が説明されています。それには次のポイントが含まれています:

1. サイズの問題:顧客の期待と実際の商品のフィット感が合わない場合、返品の原因となります。
2. 商品の品質に関する懸念:商品が期待通りの品質でない場合、返品される可能性があります。
3. 間違った商品が出荷された:注文と異なる商品が届いた場合、返品が必要になることがあります。
4. 満たされない期待:商品が写真や説明と異なる場合、または期待と異なる場合、返品の理由になります。
5. 配送の遅延:商品が遅れて到着すると、返品の可能性が高まります。

さらに、返品を削減し売上を拡大するための施策が提案されており、商品ページの最適化、写真の使用、正確な商品タイトルの作成、詳細な商品説明の提供、サイズガイドの提供、顧客の写真とレビューの活用、そして顧客の懸念に対処することが強調されています。データ駆動の意思決定と顧客フィードバックの活用が重要です。

EC/eコマース事業者はこれらのポイントを考慮して、返品を減少させ、顧客体験を向上させる方法を検討することが重要です。


 

Eコマースマーケティングオートメーションとは

基本的に、Eコマース マーケティング オートメーションを使用すると、ビジネス オーナーやマーケティング担当者は、手動の反復的なマーケティング タスクを、マーケティング オートメーションソフトウェアまたはツールで反復的なワークフローを管理および監視できる運用体制に置き換えることができます。

これらのワークフローは、モバイル、Web、E(電子)メール、アプリ内などの複数のチャネルにまたがる場合があります。

  • リード管理
  • Eメールのナーチャリング
  • リマーケティング広告
  • コンテンツのパーソナライズ
  • メッセージのリターゲティング

などのタスクが含まれる場合があります。

Eコマース マーケティング オートメーションは、自動的にトリガーされるワークフローを作成することで時間を節約します。

マーケティング オートメーション ツールを使用することで、スタッフ、マーケティング担当者、ビジネス オーナーは、コミュニケーションのほぼすべての側面についてデータに基づいた具体的な決定を下して、各顧客の習慣や好みに基づいて独自のエクスペリエンスを提供できるためにそれを実行する必要があります。

簡単に言えば、マーケターは ECでの マーケティング オートメーションを使用してマーケティング活動をオートパイロットできるため、他のワークフロー:仕事を続けたり、事業の他の分野に集中したりすることができます。

少ないリソースでより多くの成果をあげるというこのコンセプトは、マーケティング担当者がリラックスしてキャンペーンに集中できるようにするためだけではありません。

反復的なタスクを自動化されたワークフローに置き換えることで貴重な時間を解放して、マーケティング担当者が直面している最も重要な目標に集中できるようにすることを目的としています。(やることは増えます。やれることが増えるからです。)

eコマース マーケティング オートメーション プラットフォームを使用すると、日常的なマーケティング活動を事前にプログラムできるため、顧客生涯価値(CLV)を高めるための新しい施策の構築、顧客維持活動の拡大など、ビジネスに最も影響を与える分野(テーマ・課題)にチームが取り組むことができます。
EメールやSNSキャンペーンのクロスチャネル施策の作成や、オムニチャネルコミュニケーションなど。

80/20 の法則 (哲学者ヴィルフレド・パレートにちなんでパレートの法則とも呼ばれる) によれば、結果の 80% は行動の20% から発生しています(実際は、70:30かもしれません)。したがって、一生懸命働くのではなく、より賢く働きたい場合は、 80% に適切なテクノロジーを適用して、本当に時間が必要な 20% に取り組むことができるようにする 必要があります。

その20%には、ブランディング、ユーザー エクスペリエンス (UX)、商品プロモーションや独占取引の交渉、その他個人的な対応が必要なあらゆることが含まれます。

  

AOV+CLVを向上させるグロースハック術 15

AOV+CLVを向上させるグロースハック術 15

このコンテンツでは、EC(電子商取引)ストアや小売ビジネスの成長に向けて、平均注文額(AOV)を向上させる方法に焦点が当てられています。新規顧客を獲得することは重要ですが、既存顧客との関係構築も重要です。高いAOVは収益を増やすのに役立ちます。記事ではAOVの計算方法と、AOVを向上させるための具体的な戦略やヒントが提供されています。バンドルの提供、無料サンプルの追加、アップセル、クロスセルなどの方法が説明されています。AOVの重要性と計算方法についても説明されており、これらを最適化することがビジネスの成功に寄与することが強調されています。


E コマース マーケティング オートメーションのビジネスメリットとは

Eコマース マーケティング オートメーションにより、マーケティング担当者、顧客関係管理 (CRM) マネージャー、マーチャンダイザー(MD)はかなりの時間とエネルギーを解放できるため、「人間のタッチ」が必要な、より関連性の高いタスクに集中できるようになります。

価値実現までの時間の短縮

自動化ソフトウェアの最大のメリットの 1 つは、自動化ソフトウェアがチームに提供する価値実現時間 (TTV:Time To Value) です。Eコマース マーケティング オートメーションにより、すぐにメリットが得られ、社内での TTV が迅速に実現されます。

自動化ソフトウェアを使用すると、自動化されたワークフローを 1 回設定するだけで、結果が表示され始めます。セットアップが完了したら、オートパイロットで実行して、他の重要なタスクに取り組むことができます。

予算が削減され、チームが縮小され、全員がリソースをより創造的に活用することが奨励されている現在、社内で可能な限り自動化することはビジネス上合理的なことです。

ITスタッフへの依存度を下げる

マーケティング オートメーション プラットフォームを使用すると、多忙な場合やリクエストへの対応が遅いことが多い IT 部門への依存を最小限に抑えることもできます。
これにより、マーケティングがどのように機能する必要があるかを正確に知っている人々の手に、より多くの力が与えられます。

最高で最適なEコマース マーケティング オートメーション プラットフォームは、技術サポートを必要とせずに、オンラインキャンペーンを迅速にパーソナライズできる直観的なインターフェイスを備えています。

拡張されたセグメンテーション機能

Eコマース マーケティング オートメーションにより、好みや過去の行動に基づいて顧客をセグメント化することも容易になります。

顧客がブランドと対話するほど、より多くのデータを取得して、情報に基づいたターゲットを絞ったキャンペーンを行うことができます。日常的なマーケティング活動を自動化することで、顧客の要望やニーズを理解する機会を増やすことができます。

さらに、Eコマース マーケティング オートメーションは、そのすべてのデータを使用して、特定のシナリオに基づいて将来を見据えたキャンペーンを作成するのに役立ちます。顧客がキャンペーンと対話した場合、ブランドとの次の対話(ダイアログ)を自動化できます。そうでない場合は、別の次のタッチポイントを自動化できます。

推測を使用したり、未知の好みやアクションに基づいてキャンペーンを送信したりする代わりに、Eコマース マーケティングを自動化して、常にオーディエンス:視聴者に直接伝えることができます。

これは、現代の顧客が愛するブランドに本当に求めているもの、つまりe コマースの顧客のレーダー(感性や関心や悩み)にタッチするパーソナライゼーションです。また、自動化により、パーソナライズされたメッセージを大規模に作成できます。


Eコマース パーソナライゼーションとメリットとは

Eコマース パーソナライゼーションとメリットとは

デジタルコマースとパーソナライゼーションについての重要な情報を提供しています。パーソナライゼーションは顧客の体験を向上させ、売上を増やす効果があり、多くの統計データがその有用性を示唆しています。パーソナライゼーションの成功には、ユーザーエクスペリエンスでの実施箇所、利用する情報、テクノロジーと人間のインサイトの組み合わせが重要です。パーソナライゼーションにはAIや機械学習が役立ち、それぞれの顧客に合わせたエクスペリエンスを提供します。施策を実行するには、顧客のニーズを理解し、適切なテクノロジーと知識を組み合わせることが不可欠です。


 

カスタマージャーニーオーケストレーション

Eコマース マーケティング オートメーションのもう 1 つメリットは、リアルタイムトリガーを設定することで顧客の関心を自動的に維持できることです。

これらは、さまざまなシナリオ、行動、タイムラインに依存する可能性があります。カスタマー ジャーニーの特定の時点でコミュニケーションタイミング もパーソナライズされたメッセージを送信するようにプログラムするだけです。

マーケティング活動をどの程度自動化できるかは完全に、CX:カスタマーエクスペリエンスリーダーのあなた次第であり、適切な自動化ソフトウェアを使用すると、自動化されたタッチポイントで完璧なカスタマー ジャーニーを調整して、オーディエンス:視聴者を購入、顧客を再購入に導くことができます。

    

AI人工知能 を 導入する 4 つのポイント

AI人工知能 を導入する 4 つのポイント

人工知能(AI)に対する意見は、賛成派と反対派に分かれており、一部はAIを生活を最適化する力と捉え、他の一部はAIが人類に脅威をもたらすと考えています。EC/EコマースにおけるAIの重要性が強調され、人間の検索プロセスの最適化、ファセット ナビゲーション、クリエイティブ マーチャンダイジング、サイト検索など、AIの活用方法について議論されています。AIを受け入れつつ、人間の洞察と組み合わせることが強調されています。


AIによる取り組みの最適化

Eコマース マーケティング オートメーションを最大限に活用するには、人工知能と機械学習 (Artificial Intelligence:AI/ML) を活用したソリューションが必要です。

それは、次のレベルに引き上げることができるツールと、限界を知らないプラットフォームの違いになります。

AI を活用した自動化ソフトウェアを使用すると、自動化されたキャンペーンを設定して結果を期待する以上のことが可能になります。AI は、最高のエンゲージメントを達成するために顧客にメッセージを送信する最適な時間と最適なチャネルを見つけることができ、A/B テストは購入や平均注文額(AOV)をさらに最適化できます。A/B テストは、購入や平均注文額を最適化するための重要な方法です。

AI を使用すると、MAを微調整して、常に適切な顧客に、適切な場所で、適切なタイミングで会話できるようにすることができます。

これらすべてにより、視聴者にとって全体的に良い結果が得られ、コンバージョンが増加して、維持率が向上して、ブランドロイヤリティと購買後体験が向上します。

Eコマースマーケティングオートメーションの実践方法

Eコマースマーケティングオートメーション(MA)ソフトウェアのメリットがわかったところで、自動化されたマーケティング施策が実際にどのようなものかを見ていきます。
チャネルに基づいて自動化施策を細分化していきます。

プラットフォームを使用してマーケティング活動を自動化することで、複数のチャネルにわたって将来を見据えたマーケティング キャンペーンを作成していきますし、できるようにします。また、各チャネルには、あらゆる小売企業にとって導入する価値のある、実証済みの自動化アプローチがいくつかあります。

Eメールコミュニケーションの効果測定に重要な「4つの指標」とメールマーケティング用語集

Eメールマーケティングオートメーション

Eメールは常にデジタル マーケティング チャネルの王者であります、当分その王座を失う気配はないと想定されています。
マーケティング担当者がこのチャネルに注目するのは、Eメールを介して顧客と関わるためのさまざまな方法と、プロセスを自動化する有益な方法がたくさんあるからです。

Eメール マーケティングオートメーション施策で重点を置く主なアイデアは、顧客が期待するパーソナライゼーションズです。
個々の受信者に対応しながらEメール キャンペーンを合理化する、MAツールを最大限に活用できます。

まず、件名 (Eメールの主要な部分) と行動喚起をパーソナライズすることを検討してください。この自動化だけでコンバージョン率を 200% 以上向上させることができます。

そこから、キャンペーンのワークフロー全体を自動化することができます。自動ウェルカムメッセージとフォローアップを作成して、顧客がブランドからのメールにサインアップすることを選択したときに、配慮されている、感謝されていると感じられるようにしてください。

これは、電子メール マーケティングを成功させるための氷山の一角にすぎません。MA施策は、カスタマー ジャーニーでどれだけ創造的になるかを選択することによってのみ制限されています。

Eメールのパーソナライズとは 初級編

Eメールのパーソナライズ方法 中級編 チェックリスト付

カスタマージャーニーとは Eメールのパーソナライゼーション 上級編

モバイルマーケティングオートメーション

モバイルは現実のものであり、モバイル マーケティング オートメーションの取り組みも同様であるべきです。モバイル アプリからテキスト メッセージ、LINE、SNSダイレクトメッセージ まで、あらゆる人の生活が携帯電話(スマートフォン)と密接に関係しているため、強力なモバイル マーケティング施策があらゆるビジネスにとって重要な焦点となっています。

販売促進、アラート、往復(双方向)のコミュニケーションのいずれであっても、顧客はテキストメッセージやプッシュ通知を価値のあるつながりの方法として認識しています。マーケティング担当者は自動化されたワークフローを設定して、モバイル マーケティング キャンペーンを完璧な顧客エクスペリエンスに導くことができます。

SNS・LINEなどでのメッセージ送信を設計・運用ポイント

マーケティング担当者は、組み込みのアプリケーション プログラミング インターフェイス (API)、収集された顧客データ、メッセージング ソフトウェアを利用して、パーソナライズされた商品固有の自動メッセージをMMS、LINE、プッシュ通知経由で送信できます。これにより、顧客をリアルタイムでブランドに結び付け、再エンゲージして、理想的なカスタマー ジャーニーへと導きます。

Eメール・DM・LINEのパフォーマンスとは

メール&SNSのDMコミュニケーションで配信率を維持する方法

オンサイトマーケティングオートメーション

マーケティング チャネルの自動化が主な焦点である必要がありますが、Web サイトの最適化も同様に重要です。理想的なカスタマー ジャーニーを作成することがすべてであり、顧客の 73% が購入の意思決定における重要な要素としてエクスペリエンスを指摘していることを忘れないでください。

メールマーケティングで顧客の購買態様を改善する施策を設計・運用するポイント 

ランディング ページ、Web レイヤー、関連コンテンツを活用することは、視聴者の行動を促すのに大いに役立ち、マーケティングオートメーション ソフトウェアは取り組みの効率化に役立ちます。

カスタマーエクスペリエンスをトランザクションからリレーショナルに

自動化されたマーケティング ツールを使用すると、各顧客に表示する固有のコンテンツについてデータに基づいて意思決定を行うことができます。
ユーザーが次に見たいと思うブログや商品カテゴリを推測する代わりに、ユーザーの以前のアクションに基づいて提案を自動化して、ユーザーが求めているCX:カスタマーエクスペリエンスを確実に提供できるようにします。

顧客とのコミュニケーションで信頼を構築して、ブランド支持率を高める 

そしてそれはほんの始まりにしかすぎません。マーケティング オートメーション ソフトウェアを使用すると、カスタマー エクスペリエンス全体を最適化し、見込み顧客やリピート顧客を購入プロセスに沿って移動させるカスタムランディングページ(マイポータルでもあります:顧客セルフサービス とは)を作成して提供することができます。

効果的なマーケティングオートメーションキャンペーンの例

Eコマース マーケティング オートメーション ソフトウェアをいつどのように使用するかには大きな可能性があり、マーケティング施策のあらゆる側面に実際に適用できます。

ここでは、最初にテクノロジーの適用を検討し、その後、独自のビジネス ニーズに基づいて独自のアイデアで創造性を発揮できる例をいくつか示します。

メールウェルカムシリーズ

自動ウェルカム シリーズは、会社への関心を示す顧客のアクション (アカウントのサインアップ、リストの購読、イベントの登録など) によってトリガーされる一連のEメールです。

これらのEメール キャンペーンは通常、新しいユーザーに会社やブランドの内容を伝える必要があり、シリーズを確実にパーソナライズすることで、視聴者が何度もリピートしてくれるようになります。

自動化されたウェルカム シリーズがどのようにゲームを変えることができるか疑問に思いませんか。オンボーディング ジャーニーを新規顧客に合わせて調整することで、コンバージョン率と収益を向上させた方法についてお読みください。

デジタルコミュニケーションのROI Wellcome Mail編 ケーススタディ付

リマインダーおよびフォローアップメール

顧客は、ショッピング カートに商品が入っていることを思い出させたり、送った商品を受け取って気に入ったかどうかを尋ねたりするなど、パーソナライズされたコミュニケーションを期待しています。このレベルの 1 対 1 メッセージングを実現するために、マーケティング担当者は、特定のユーザージャーニーに基づいて カスタマイズされた自動フォローアップ メッセージを設計できます。

この種の自動化されたマーケティング キャンペーンは単純ですが、非常に効果的です。視聴者がカスタマージャーニーから離れてしまったことを思い出させるだけで、彼らを軌道に戻すのに十分です。

トランザクションメールでD2Cブランドが購買後体験の CX を向上させる ことも重要な施策ですが、これはコマースシステム側での機能でもあり、切り分けが重要です。

アニバーサリー特典

誕生日などのアニバーサリーの最大の特典の 1 つはギフトであり、顧客は誕生日、アニバーサーリーメッセージで幸せを願ってくれることに感謝してくれるでしょう。

自動化されたワークフローを簡単に設定して、誕生日、またはその他の特別な記念日に顧客に連絡して、お祝いの言葉を伝えたり、バウチャーや特別オファーなどのギフトを送ったりすることができます。

これを行うには、まず関連するカレンダーデータを収集する必要があります。次に、特定の日に適切な人にメッセージを送信するシナリオとトリガーを作成する必要があります。

Web レイヤー、Eメール マーケティング、SNS、プッシュ通知、LINEなどでのメッセージ送信を設計・運用する場合でも、誕生日などオファーは顧客を喜ばせ、ブランドへの関心を維持するための優れた方法となります。

e コマースマーケティング オートメーションを使用して、パーソナライズされた誕生日メッセージを顧客に送信します

初回購入記念特典

パーソナライゼーションの主な目標の 1 つは、顧客にブランドが関心があることを示すことです。
スプレッドシート上の数字(顧客番号とRFM)のように感じられることを望んでいる人はいません。顧客は、小売企業が自分たちを視聴者の重要でユニークなメンバーとして評価することを望んでいます。

最初の購入記念日のメッセーッジをEメールなどの顧客の最適なタッチポイントに送信すると、これらのチェック項目にチェックを入れることができます、同時に常連顧客の生涯価値(CLV)を高め、顧客離れを防ぐこともできます。

記念日のメッセージには、特別オファーやギフトのようなものが含まれる場合もあれば、単純に書かれたメッセージだけの場合もあります。重要なのは、顧客に、あなたが彼らのことを、心・心理=データでつながっていることで忘れていないこと、あなたから買ってくれたことに感謝していること、そしてあなたが必要なときにあなたがそこにいるということを優しく思い出させることです。

再エンゲージメントおよびウィンバックキャンペーン

顧客が失効してサイトからの購入を停止した場合、個人のサイトでのアクティビティや購入履歴に基づいたコミュニケーションにより、 過去の顧客を再アクティブ化できます。

これは、休眠顧客を再アクティブ化し、ブランドに戻るよう促すための有利な方法となります。彼らは過去にあなたからすでに購入しているため、感動的な個人的なメッセージを作成するために必要なデータを持っています。また、自動化により、一定期間の経過後に関連するウィンバック キャンペーンを送信するプロセスを合理化できます。

ここで重要なのは、データに基づいて最も大きな影響を与えるチャネルを選択することです。

メール・LINE/コミュニケーションリストの再利用で顧客と再開する

放棄されたカート キャンペーン

放棄されたカートは、今日のEコマースビジネスが直面している最大の問題の 1 つです。オンライン ショッピング カートの 70% 近くが放棄されており、平均的な e コマース ビジネスはカート放棄によりオンライン売上の 75% 以上を失っています。

カート放棄メールの開封率は 2016 年以来一貫して約 43%であり、マーケティング担当者のツールボックスの中で最も信頼できるツールの 1 つとなっています。

そのため、カートに追加した商品を購入せずにサイトを離れた顧客にEメールを自動的に送信する、カート放棄キャンペーンを作成することが最も有益です。このリマインダーは、購入ボタンを押すために必要なタイムリーな促しである可能性があります。

カート放棄メールとは 収益のチャンス

アンケート、フィードバックのリクエスト、レビュー

顧客にあなたのことをどう思っているか尋ねることは常に良い考えです。顧客がサイトから何かを購入した後、商品を評価するかレビューを残すように依頼できます。

または、会社に対する顧客の全体的な満足度をより深く理解するために、ネット プロモーター スコア (NPS) アンケートを送信してみてください。

これらは、開始に役立つキャンペーンのアイデアのほんの一部です。適切なマーケティング自動化ツールを使用すると、顧客ロイヤルティとリピート購入の促進に役立つ他の多くのユースケースを活用できます。

    

クイズで商品レコメンドして売上が上がる理由

クイズで商品レコメンドして売上が上がる理由

Eコマースクイズの重要性について説明されています。Eコマースクイズは、カスタマーエクスペリエンスの向上、パーソナライゼーション、コンバージョン率の向上、詳細な顧客インサイトの獲得に寄与します。クイズを活用することで、顧客のニーズに合わせた商品を提案し、購買体験を向上させることができます。また、AIの導入やオムニチャネル戦略もクイズの実践に役立ちます。 Eコマースクイズは、ECサイトの成長に不可欠であり、カスタマーエクスペリエンスの向上に大きな価値をもたらします。


  

 

E コマース マーケティング オートメーションで1歩先を行く

デジタル コマースの勢いが衰える気配はなく、実際に人気が高まる傾向にあるため、e コマース ビジネスのオーナーやマーケティング担当者は、顧客を失わず、既存のビジネスでより大きな成功を収めるために、常に先手を打つ必要があります。

Eコマース マーケティング オートメーションは、精通したマーケティング担当者にとって最も賢明な選択であり、節約された時間を、本当に人間の手が必要な、より生産的なタスクに費やすことができます。

今後の経済状況が不安定になるにつれて、自動化できるタスクが多ければ多いほど良いことになります。そして、顧客に思い出に残るエクスペリエンスを提供できるほど、ビジネスはより健全で回復力が高くなります。

マーケティングオートメーションソリューションを探しているなら、EC Intelligence は待ち望んでいたツールです。このオールインワン ソリューションは、顧客データ、オムニチャネル オートメーション、AI、高度な分析を 1 つのプラットフォームに統合して、パーソナライズされたマーケティングを実現して、より多くの収益をより迅速に推進します。

EC Intelligence などのマーケティング オートメーションで何ができるかを確認する準備はできましたか。 詳細については、お問い合わせください。

 
EC D2C ビジネス サポート 相談問い合わせ

EC/オムニチャネルコマースをグロースハック コンテンツ

EC/オムニチャネルコマースをグロースハックするノウハウ コンテンツリスト
 

購入後体験(ポストパーチェス)でCX(顧客体験)をアップデザイン

エンゲージメントロイヤルティからAOV×LTVを向上させる 

購入後体験(ポストパーチェス)でCX(顧客体験)をアップデザイン

EC/eコマースにおける「購入(購買)後体験:Post Purchase:ポストパーチェス」とは、顧客が商品やサービスを購入した後に行われる一連の活動やコミュニケーションのことです。

購入後のフェーズは、顧客の満足度向上やロイヤルティの構築、再購入促進などに影響を与える重要な顧客体験1つのファネルです。

返品・交換・購入後体験 相談・問合せ
殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

AI マーケティングオートメーション
AI マーケティングオートメーション
e コマース 、データ(小売データと DTC データ)、プロファイルのターゲティングがどのように連携できるかについてご一緒に考えていきましょう。 開始するまえに、オーディエンス スライスを確認してみてください。コマースプラットフォーム...
続きを読んでみる
カスタマーエクスペリエンスの最適化:知っておくべきことすべて
カスタマーエクスペリエンスの最適化:知っておくべきことすべて
今、顧客がe コマースサイト やモバイル アプリにたどり着いた瞬間から、生涯を通じて素晴らしい顧客体験を提供する必要があります。そうでなければ、顧客はイライラしてサイトやアプリを離れ、どこか別の場所に行ってしまうでしょう。カスタマーエ...
続きを読んでみる
ユーザー生成コンテンツ:統合する8つの説得力のある理由
ユーザー生成コンテンツ:統合する8つの説得力のある理由
ユーザー生成コンテンツ:User-Generated Content、なぜそれをあなたのブランドのコマースサイトに統合するのでしょうか。もしかしたら、ソーシャルユーザー生成コンテンツに関連する非常識な ROI エンゲージメント コン...
続きを読んでみる
ユーザー生成コンテンツ戦略:コンバージョンにつながる戦略を立てる
ユーザー生成コンテンツ戦略:コンバージョンにつながる戦略を立てる
UGC:ユーザー生成コンテンツと、UGC(User-Generated Content)がブランドにもたらすすべてのメリットについて聞いたことがあると思いますが、もちろん、正しく使用すればOKです。ソーシャルメディアでユーザー生成コン...
続きを読んでみる
コンバージョンにつながる商品レコメンデーションクイズのポイント
コンバージョンにつながる商品レコメンデーションクイズのポイント
買い物客は、オンラインである程度のパーソナライゼーションを期待するようになりました。 それがなければ、 コマースサイトでの買い物は不便なものになる可能性があります。顧客が確認するSKUが数十、数百、または数千ある場合があります。顧客が...
続きを読んでみる
コマースの商品レコメンデーションクイズの作り方
コマースの商品レコメンデーションクイズの作り方
アパレルブランド、ファッションブランド、ビューティブランドなどのコマース マーチャントにとって、商品レコメンデーションクイズは、新しい訪問者を引き付け、商品の発見を促し、リストを増やし、売上を伸ばすための優れた方法になりつつあります。...
続きを読んでみる
商品レコメンデーションクイズでEコマースサイトを成長させる
商品レコメンデーションクイズでEコマースサイトを成長させる
オンラインショッピングにより、人々はこれまで以上に多くの種類のより多くの商品に簡単にアクセスできます。理論的には、顧客にとって完璧な商品は常に数回クリックするだけで手に入ります。しかし、自分の完璧な商品が何であるか正確にわからない場合...
続きを読んでみる
商品レビューを活用してコンバージョン率を向上させる方法
商品レビューを活用してコンバージョン率を向上させる方法
新規顧客は、画面に点滅するネオンライト(バナー・GIF・ショート動画など)を置いても、商品がどれほど優れているかを知りません。知ることができません。 では、どうすれば彼らにあなた、あなたの商品、そしてあなたのブランド・会社を信頼しても...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー