西間木 智
西間木 智

物流会社で20年経験しD2C EC スタートアップから中規模、大規模のeコマース事業者へフルフィルメントサービスの提供や物流の見直し・改善、スピード配送、複数拠点展開を設計して提唱している。 事業者様の売上貢献するために 「購買体験」 「リピート施策」 「Unboxing」 やOMO対応での「オムニチャネル」 「返品交換物流」 を提案し、事業者と常に伴走して最新の物流設計を試みる。

Shopifyストアのフルフィルメントのポイント #1

Shopify Shopify Plus フルフィルメント
Shopifyストアのフルフィルメントのポイント #1

Written by
株式会社富士ロジテックホールディングス
通販営業部 部長
西間木 智


ShopifyでのD2C・eコマース・オムニチャネルでの販売では、自社オペレーションから、自己完結的で非接触型の配送や、ドロップシッピングやサードパーティロジスティクス(3PL) との提携まで、さまざまな小売フルフィルメント方法から選択できます。

*非接触配送とは
配送業者と顧客の間の接触が制限されているか、まったくない状態で注文品を配送する方法
注文は、あらかじめ決められた目的地
例: 玄関の階段、宅配BOX、メールボックスのそば、フロント デスクまたはコンシェルジュ、PUDOAmazonHUBロッカーなど
で受け取り指定をして、
配達通知が (電話、テキスト、または電子メールを介して) 顧客に送信されること。

3PLとは
在庫管理、倉庫保管、フルフィルメントなど、e コマース ロジスティクスプロセスをサード パーティ ビジネスにアウトソーシングすることを指し ます。3PL プロバイダーは、小売注文のフルフィルメントを自動化するためのツールとインフラストラクチャを使用して、e コマース マーチャントがより多くのことを達成できます。

Shopifyストアのフルフィルメントのポイント

ただし、特にShopifyストアのフルフィルメント施策によっては、オプションが増えることによって、複雑性が増えるために、コマースビジネスが成功または失敗する可能性があります。
そのための、意思決定プロセスがより困難になる可能性があります。
そうは言っても、顧客の利便性と、コマースビジネスのコストとのバランスで正しい選択をすることが重要であることは他のマーケティングやCXサービスと同様に重要です。
そうすれば、ロジスティクス業務が成長を鈍化させたり、利益率を低下させたりすることはありません。 

*ロジスティクス業務とは
サプライ チェーンの不可欠な部分であり、製造業者からエンド ユーザーに完成品を移動するプロセスです。
インバウンドおよびアウトバウンドのロジスティクスプロセス全体は、 e コマースの在庫管理、および注文の履行と発送で構成されます。在庫管理、倉庫保管、および注文処理はすべて、 e コマース ロジスティクスの最適化において重要な役割を果たします。

注文量、販売する商品の種類、顧客の所在地に応じて、独自のビジネスに最も適した運用方法を決定する必要があります。

このガイドは、以下についての基本的な考え方を提供します。 

  1. 利用可能なさまざまなShopifyフルフィルメントオプション
  2. Shopifyフルフィルメントの仕組み
  3. トップShopifyフルフィルメントサービス
  4. 3PLと提携することの利点

Shopifyショップでのフルフィルメント

D2C・マーチャントがデジタルコマースを開始するために、ShopifyのWebサイトの設計、マーケティングキャンペーン設定、カスタムサービス設計に数え切れないほどの時間を費やしてきています。 

ただし、注文が行われるとすぐに、注文を正確かつ迅速に処理して発送する方法を理解して実施するのはカスタマーサービスまたは、フルフィルメント担当者次第になります。
オンラインストアで、顧客の注文をタイムリーに出荷・発送できない場合は、顧客は必要なものを購入するために、どこか別なチャネルとブランドで簡単に見つけて、購入することができることは当たりまえです。 

フルフィルメントに関しては、心に留めておくべきことはたくさんあります。
プロセス全体には、Shopifyの在庫管理と保管から始まり、アイテムを正確にピッキングして梱包し、Shopifyでの注文を発送することです。
自社で注文を処理する場合は、パッケージング、ソフトウェア、配送、およびその他すべてのロジスティクスにかかる費用を把握することになります。

Shopify 在庫管理の開始方法

ステップ 1: 在庫追跡を設定する

商品ごとに在庫レベルを変更するには、まず在庫追跡を設定する必要があります。これを設定すると、90 日間の在庫履歴にアクセスできます。在庫追跡を設定する手順は次のとおりです。 

  1. 管理画面から [商品] に移動し、[すべての商品] をクリックします。
  2. 追跡する商品の名前をクリックします。商品に異なるバリエーション (色やサイズなど) がある場合は、追跡するバリエーションをクリックします。
  3. [在庫] セクションで、[追跡] 数量を選択します。
  4. 数量を設定し、[保存] をクリックします。

ステップ 2: 在庫の場所を選択する

次のステップは、在庫の場所 (または複数の場所) を選択することです。商品が少なくとも 1 つの場所に在庫されている限り、商品を 在庫する場所のリストを変更し、各場所で商品の在庫レベルを調整できます。

  1. [商品] に移動し、場所を選択する商品を開きます。 
  2. [在庫] セクションで、商品の数量が選択されていることを確認します。
  3. [場所の編集] をクリックします。
  4. 商品の在庫がある場所を確認してください。
  5. [保存] をクリックします。

ステップ 3: 在庫レベルを変更する

「在庫」ページから、在庫レベルを更新および変更する方法がいくつかあります。1 つの場所で在庫を変更する手順は次のとおりです。

  1. 場所のドロップダウン メニューを使用して場所を選択します。
  2. [数量の更新] 列を見つけて、数量の変更を入力します。正または負の数値、またはゼロを入力できます。
  3. [追加] または [設定] をクリックし、[保存] をクリックします。

Shopifyに限らず、コマースストアを立ち上げる前に、フルフィルメントをどのように運用するかは、必ず検討してください。
そうすることで、注文の梱包と発送に多くの時間とお金を費やしたり、ムダな業務サイクルで行き詰まったりすることがなくなります。

Shopifyストアの3つの主なフルフィルメントオプション

1.自社内フルフィルメント

始めたばかりの場合や、スタッフを雇って倉庫を借りる手段がある場合などでは、自社で注文を処理することができます。
これにより、サプライチェーンのすべてのステップを完全に制御できますが、ビジネスの拡大に伴い、時間がかかりすぎてロジスティクスコストが上昇する可能性もあります。

ブランドがオンライン・オフラインそしてオムニチャネルで成長するにつれて、自社内のフルフィルメントからアウトソーシングのフルフィルメントに早急に切り替えることは珍しくありません。
これによって、

  • DC/フルフィルメントセンター/倉庫
  • 労働力
  • マテハン設備
  • フルフィルメントソフトウェア

などのフルフィルメントインフラストラクチャに投資するのではなく、他の誰かのフルフィルメント資産とノウハウを活用できるようになります。

注:このオプションは、主に店舗での集荷・出荷が可能な場合に最適です。

 *フルフィルメントソフトウェア
e コマース プラットフォームなどと統合して、フルフィルメント プロセスを自動化して効率化をする必要があります。
リアルタイムの更新、追跡情報、および在庫管理をインタラクティブで便利な方法で提供してくれます。
e コマースの配送プロセスを簡素化するための次の機能が含まれます。

  • サプライ チェーンの最適化または管理ソフトウェア
  • 倉庫管理システム
  • オムニチャネル管理
  • 在庫管理
  • 注文処理全般

2.産直・ドロップシッピング

産直・ドロップシッピングは最も手間のかからないフルフィルメントオプションになります。
注文処理プロセスは完全に産直先・メーカーによって管理されるからです。

3.サードパーティロジスティクス(3PL

制御しながら時間とお金を節約するために、多くの急成長しているShopifyストアは3PLと提携しています。 

WMSとデータ活用で正確に効率化

多くの3PLは、複数のフルフィルメントセンター国際的なフルフィルメントロケーションを含む)、在庫プロセスを自動化および合理化する最先端のテクノロジー、およびサプライチェーン全体でより良い意思決定を行うのに役立つデータと分析を提供します。

マテハン機器とスタッフの活用で正確に効率化

3PLのフルフィルメントセンターは、使用するマテハン機器や労働力の流れから、精度を高めるためのスペースやテクノロジーの活用に至るまで、可能な限り効率的かつ効果的になるように設計および最適化されています。

*ロボット導入メリットと設備についてはこちら
物流向けRaaSの活用による庫内仕分けシェアリングサービスの実現


*RFID・ソーターの導入メリットについてはこちら
外資の品質基準で培った、2B&2C 物流のノウハウ

割引配送料金活用でコスト削減と効率化

3PLは、配送業者と提携して割引配送料金を提供します。これにより、より多くの配送オプションを提供できるはず。
富士ロジテックホールディングスの料金タリフはこちら

注文を自分で梱包することなく、3PLのテクノロジー、流通ネットワーク、専門知識を活用できます。

注:Shopifyの動き(日本ではまだ)
Shopify Fulfillment Network(SFN)を立ち上げています。これは、梱包と配送のサービスを提供します。
オンデマンドの倉庫ソリューションとして機能し、SFNは他の倉庫や3PLと提携して、テクノロジーと運用を活用します。

Shopify acquires shipping logistics startup Deliverr を買収しています。

そして、
Shopify LogisticsをFlexportに売却することに同意しています。

チームとビジネスの重要な変更

内容の要点:
- Shopifyは形を大幅に変更し、FlexportがShopify Logisticsを買収することを発表しました。
- ShopifyはAIの時代に入り、AIを活用して顧客を支援する機会があると考えています。
- Shopifyのメインクエストは商取引をより簡単で民主的にし、AIを活用した最善のプラットフォームを作り上げることです。
- Shopifyは物流の問題に取り組み、独自のロジスティクスインフラストラクチャを構築してきました。
- 今回の変更により、Shopify LogisticsはFlexportの一部となります。
- Shopifyはマネージャーとクラフターを区別し、それぞれの役割を持っています。
- Shopifyはメインクエストに集中することで、より効果的な組織を目指しています。

要約:
Shopifyは大幅な変更を行い、FlexportがShopify Logisticsを買収することを発表しました。これにより、ShopifyはAIを活用して顧客を支援することに集中し、商取引をより簡単で民主的にすることを目指します。また、物流の問題に取り組んできたShopify LogisticsはFlexportの一部となり、より大きな目標を達成するための取り組みが行われます。マネージャーとクラフターの役割も区別され、メインクエストに集中した組織への移行が進められます。

Deliverr: Fast & Affordable eCommerce Fulfillment

https://deliverr.com
Deliverr accelerates your eCommerce sales with fast fulfillment and modern logistics solutions.

Flexport

https://www.flexport.com

Flexport is the end-to-end platform for global trade. Book, track and deliver freight shipments from factory floor to customer door. The Flexport platform ...

日本ではマケプレプライム、アメリカではSeller Fulfilled Prime(SFP)と呼ばれている。このSFPに対応できるフルフィルメントサービスを提供するサードパーティ企業

Shopifyフルフィルメントの仕組み

顧客がShopifyまたはShopifyPlusのWebサイトから注文をすると、注文の商品をすばやく見つけて倉庫の棚から取り出し、梱包して配送ラベルを付け、できるだけ早く発送することが必要です。
サプライチェーンを最適化するために、Shopifyでもフルフィルメント施策をどのように運用するかを決定することができます。

3PLによるShopifyフルフィルメントメリット

倉庫保管から出荷まで、3PLパートナーはeコマースの出荷処理にかかる時間とお金を節約することができます。

3PLShopifyのフルフィルメントプロセスにメリットがあるいくつかのポイントはこちらになります。

倉庫保管

倉庫管理にはかなりの時間がかかるだけでなく、多くの労力を費やすなど、大きな投資判断です。

DC:流通センターの幅広いネットワークへのアクセスを提供するだけでなく、注文の精度を損なうことなく倉庫のピッキングプロセスをスピードアップするために、ストレージの最適化とeコマース在庫管理にも熟練しています。

*注文精度とは
アイテムの選択ミスや間違った単位数量などのエラーなしにフルフィルメントされ、最終目的地に出荷されたすべての e コマース注文の割合

流通ネットワーク全体で一貫したフルフィルメントサービスを提供するために、3PL倉庫管理システムWMS)を使用します。このシステムは、倉庫全体の運用を制御および監視します。(マテハン機器とのデータ連携も)

倉庫作業を管理できるようにすることで、在庫の保管、スタッフの管理とトレーニング、テクノロジーと機器への投資について心配する必要がなくなります。  

在庫管理

在庫管理は、在庫レベルを監視し、在庫を注文および補充し、収集データを使用して在庫予測を支援するプロセスです。

3PLは、在庫管理ツールを提供する場合があります。
これにより、各フルフィルメントセンターでリアルタイムの在庫レベルを表示し、在庫切れを防ぐために再注文ポイントを設定し、在庫パフォーマンスに関するKPIを取得できます。

Shopifyストアだけを使用して在庫を追跡してはいけません。キャンセルから注文の調査確認、時間どおりに注文を発送しているか、売れ筋の動きなどの確認まで、すべてを分析することが必要です。 

カスタムパッケージ

各商品には、固有のパッケージングのニーズがあります。注意深く梱包する必要があり、あるアイテムは単純なポリメーラーなどのポストインタイプで安全に出荷することもできます。

配送業者およびその他の要件に応じて、3PLプロバイダーは、適切なタイプの標準梱包材と適切な量のダンネージを使用してサービスを提供します。

3PLは、カスタムパッケージを使用して、思い出に残る開封(Unboxing)体験を作成して提供することもできます。
このオプションでは、環境に優しい梱包を選択するなどの、梱包材を管理することもできます。
  
*購買後体験の重要なポイントについてはこちらのYouTubeで

Post Purchase:購入後体験の改善

キャリア・送料割引

3PLでは、ヤマト、佐川、日本郵便、その他の幅広い運送配送業者パートナーと取引し、数百から数千のマーチャントへのサービスを提供しているため、国内および海外むけのでバルクレートを交渉できます。

富士ロジテックホールディングスの料金タリフはこちら

3PLのキャリアパートナーネットワークを利用することで、配送費用の節約分を顧客に還元(*商品品質の向上など)することができます。
このようにして、送料無料など、より多くの配送オプションなどのインセンティブも提供できるようになるかもしれません。(送料無料は実質的には不可能で、商品原価に含まれることになります。ただし、顧客は追加コストを嫌がるので商品価格(税込)だけの費用を重視しているだけです。) 

注:フルフィルメントコストを理解するために調査を行うことをお勧めします。
3PLは、在庫の受け取り、倉庫保管、配送、その他の追加サービスなどの基本的な作業に対してのみ課金します。
あれやこれやと少額を人から取り立てることが無いか確認してください。

Shopifyストアのフルフィルメントのポイント #2 に続きます。

富士ロジテックホールディングスが提供する、フルフィルメントサービス

富士ロジテックホールディングス
お問い合わせ

Shopify & Shopify Plus 関連コンテンツ

Shopifyストアのフルフィルメントのポイント #1

Shopifyストアのフルフィルメントのポイント #1

【サマリー】

Shopifyでは、D2C(Direct-to-Consumer)やeコマース、オムニチャネル販売において、さまざまな小売フルフィルメント方法が利用できます。これには自社オペレーション、非接触型の配送、ドロップシッピング、サードパーティロジスティクス(3PL)との提携などが含まれます。非接触配送では、配送業者と顧客の接触を制限したり、完全に接触しないような方法で商品を配送します。また、3PLはeコマースの在庫管理や倉庫保管、フルフィルメントなどをサードパーティにアウトソースするサービスです。Shopifyでは、自社内フルフィルメント、産直・ドロップシッピング、3PLを活用することで効率的なフルフィルメントを実現することができます。

Shopifyストアのフルフィルメントのポイント #2

Shopifyストアのフルフィルメントのポイント #2

【サマリー】

Shopifyストアのフルフィルメントについての情報を提供しています。3PL(第三者物流)などのサードパーティを活用する場合の方法とメリットについて説明されています。主要なフルフィルメントサービスとして、富士ロジテックホールディングス、Shopify Fulfillment Network、アマゾンのFulfillment by Amazon(FBA)、楽天スーパーロジスティクス、Rakuten Fashion Omni-channel Platformが紹介されています。

【ポイント】

富士ロジテックホールディングスは、Shopifyやオムニチャネルの注文処理において、他のフルフィルメントプロバイダーよりも多くのサービスを提供しています。
- Shopify Fulfillment Network(SFN)は、世界中の在庫管理やデータアクセスを提供する新しいサービスです。
- AmazonのFulfillment by Amazon(FBA)は、Amazonで販売する商品のロジスティクスを管理するサービスで、Seller-Fulfilled Prime(SFP)やFulfilled by Merchant(FBM)も利用できます。
- 楽天スーパーロジスティクスとRakuten Fashion Omni-channel Platformも、フルフィルメントサービスを提供しています。

【補足】

- Shopifyはフルフィルメントを提供しておらず、代わりに上記のサービスを活用することができます。

Shopify在庫管理に関するガイド

Shopify在庫管理に関するガイド

【サマリー】

D2C・eコマースビジネスを立ち上げる際には、Shopifyなどのコマースシステムを使用してデジタルストアを作成することが重要です。Shopifyを利用すると、簡単に美しいオンラインストアを設計・開発・立ち上げることができます。また、注文後の体験や在庫管理も重要な要素であり、顧客との関係構築や利益を得るために注力すべきです。在庫管理のためには、Shopifyの在庫管理ツールを使用したり、サードパーティの在庫管理アプリを活用することができます。適切な在庫レベルの維持や在庫コストの削減、在庫追跡の改善など、Shopifyとの在庫管理連携には多くのメリットがあります。

スタートアップのためのShopifyでのコマース&デザインの基本

スタートアップのためのShopifyでのコマース&デザインの基本

 

Shopifyは、使いやすさ、堅牢な機能、手頃な価格により、スタートアップD2Cから、そしてShopify Plusは小売事業者、オムニチャネルコマースを展開する事業者に、急速に人気を博しています。Shopifyはオンラインビジネスを始めるのに簡単であり、中小企業や新興企業にとって費用対効果の高いプラットフォームです。また、大規模なエンタープライズブランドもShopify Plusを利用しています。このプラットフォームは、eコマース業界で使いやすく、優れたデザイン機能を提供し、費用のかからないプランから始めることができます。

Shopify Plusで海外に販売を開始する方法

Shopify Plusで海外に販売を開始する方法

【サマリー】

国際的にeコマースビジネスを拡大することには、以下の3つの主な理由があります。まず第一に、対象市場でより大きな顧客基盤を獲得することができます。オンラインショッパーの40%が別の国で販売された商品を購入しており、国際的な販売によって顧客ベースを拡大するチャンスがあります。第二に、ブランドの認知度を国際的に高めることができます。国際的なブランド拡大には、顧客の信念や文化に合わせたブランディングとメッセージが必要です。最後に、グローバル市場で急速な成長が期待できます。国境を越えた購買は増加しており、未開拓の市場での成功が可能です。

Shopify グロースの進め方 with Store Hero

Shopify グロースの進め方 with Store Hero

【サマリー】

 

富士ロジテックホールディングス 通販 営業部の西間木智 部長と株式会社StoreHeroの 黒瀬淳一 代表取締役CEOによるインタビューでは、Shopify Shopify Plusを活用したグロースハックについて話されており、具体的なアドバイスやTipsが共有されています。記事では、グロース課題の整理、グロースモデルの設計、KPI/施策設計、グロースワークフローの設計と運用、そしてグロースパトーナー制度について触れられています。また、様々な運用アドバイスや代行事例も紹介されています。

事例/Tips & 質疑応答 Shopify グロースの進め方 with Store Hero

事例/Tips & 質疑応答 Shopify グロースの進め方 with Store Hero

【サマリー】

富士ロジテックホールディングス 通販 営業部の西間木智 部長が、株式会社StoreHeroの 黒瀬淳一 代表取締役CEOに対して、Shopify Shopify Plusを活用したグロースハックについてインタビューを行っています。具体的な質疑応答形式で、クライアントやマーチャント・スタッフの力を引き出してコマースビジネスの成長を実現する方法について話しています。黒瀬さんは、Shopifyをグロースプラットフォームに選んだ理由、Store Heroの特徴、成功事例、サポート期間や費用、オムニチャネル事例、相談が多いケース、支援のステップなどについて詳細を説明しています。

<プロフィール>

株式会社富士ロジテックホールディングス  通販営業部 部長 西間木 智

 

富士ロジテックホールディングス 西間木智 物流会社で20年経験しD2C EC スタートアップから中規模、大規模のeコマース事業者へ フルフィルメントサービス の提供や物流の見直し・改善、スピード配送、複数拠点展開を設計して提唱している。
事業者様の売上貢献するために 「購買体験」 「リピート施策」 「Unboxing」 やOMO対応での「オムニチャネル」 「返品交換物流」 を提案し、事業者と常に伴走して最新の物流設計を試みる。

Twitter:@d2c_logi にしまきさとし_d2c_ec物流支援

YouTube オムニチャネル/OMO TV でも対談・最新情報をお届けしています。

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

西間木 智

監修者

株式会社富士ロジテックホールディングス

西間木 智 / 通販営業部 部長

物流会社で20年経験しD2C EC スタートアップから中規模、大規模のeコマース事業者へフルフィルメントサービスの提供や物流の見直し・改善、スピード配送、複数拠点展開を設計して提唱している。 事業者様の売上貢献するために 「購買体験」 「リピート施策」 「Unboxing」 やOMO対応での「オムニチャネル」 「返品交換物流」 を提案し、事業者と常に伴走して最新の物流設計を試みる。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

スキンケア・ビューティ―編  DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
スキンケア・ビューティ―編  DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
世界の美容業界では起業家精神が盛んです。 新しくダイナミックな創業者、商品、ブランドが毎日登場しますが、競争は依然として厳しいものです。新しい美容関連のスタートアップが成功するたびに、成功しない企業が数十社、おそらくは数百社存在します...
続きを読んでみる
ペット ブランド編  DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
ペット ブランド編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
ファネルとは何ですか AIDA フレームワークとは何ですか つまり、マーケティングと販売の世界では、私たちが行うほとんどすべてのことは、ある種のファネルを通じて顧客を変換するという概念によって推進されています。 「ファネル」は、誰かが...
続きを読んでみる
サプリメント&ニュートリション編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
サプリメント&ニュートリション編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
顧客は一般的なブランド情報以上のものを求めています。深いつながりを持ち、自分のことを知っていると感じたいと考えています。しかし、どうやってそれを行うのでしょうか。 臨場感あふれるストーリーテリングとは 没入型のストーリーテリングは、商...
続きを読んでみる
セクシャルウエルネス・ヘルスネス編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
セクシャルウエルネス・ヘルスネス編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
見出しの書き方が重要であることは誰もが知っています。だからといって書くのが簡単になるわけではありません。ブログ記事、商品販売ページ、Meta広告、さらには件名を書くたびに再発明をする必要はありません。より良い見出しをより速く書くために...
続きを読んでみる
ファッション・アスレジャー編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
ファッション・アスレジャー編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
幸せな顧客は、すべてのビジネスの生命線です。忠実な顧客は、肯定的な口コミの紹介を提供し、収益を促進することで、ブランドの長期的な成功と成長に貢献します。社会経済状況で忠実な顧客基盤を開拓することは、簡単なことではありません。経済の不確...
続きを読んでみる
アパレル編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
アパレル編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
コマースでは、顧客のインフルエンサーやアンバサダー、ロイヤリティプログラムなどで、コミュニケーションの運用を削減し、プロセスを最適化することにより、ブランドが創造的な資産を調達するプロセスを拡大することができます。そのために、考慮すべ...
続きを読んでみる
e コマースにおける PDP – 概要と最適化する理由 通販・オムニチャネルコマース
e コマースにおける PDP – 概要と最適化する理由 通販・オムニチャネルコマース
ヒント - 顧客オーディエンスに最適化されていれば、コンバーションマシンとして活躍できます。 PDP を強化する時期が来ました。 商品詳細ページは、e コマース エクスペリエンスの重要な部分です。これは買い物客に興味のある商品に関する...
続きを読んでみる
東アジア(中国・韓国)のマーケットプレイス
東アジア(中国・韓国)のマーケットプレイス
アジアおよび世界最大の電子商取引市場である中国は、2023 年の市場規模が 1 兆 4,900 億ドルに達しました。インターネット アクセスの普及、モバイル デバイスの可用性の増加、中間層の増加がこの成長の主な原動力となっています。 ...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー