富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

スタートアップのためのShopifyでのコマース&デザインの基本

Shopify Shopify Plus
スタートアップのためのShopifyでのコマース&デザインの基本

 Written by 吉村 慎之助

Shopify は、使いやすさ、堅牢な機能、手頃な価格により、スタートアップD2Cから、そしてShopify Plusは小売事業者、オムニチャネルコマースを展開する事業者に、急速に人気を博しました。
Shopify があらゆる規模の e コマース ビジネスにとって最高のプラットフォームの 1 つであることについて、おそらくよく耳にしたことがあることでしょう。
しかし、なぜそれがとても人気があるのでしょうか。
そして、始めるのはどれくらい簡単でしょうか。

このコラムガイドでは、Shopify の仕組み、Shopify で販売を開始する方法、オンライン ビジネスを成長させる方法についての、アウトラインをご案内します。

Shopifyとは

Shopify は、主要な e コマース プラットフォームに成長しています。
 D2C(DTC)ブランドだけでなく

Nestle:Shopify Plus

 

https://www.madewithnestle.ca/

 

Red Bull Shopify Plus

Lesson 6: How Brands like Hasbro, Heinz, Red Bull and Kylie Cosmetics are using Shopify to increase their conversions

Red Bull

 

Tesla Motors Shopify Plus

 

Tesla

Tesla は e コマース プラットフォームとして Shopify Plus を利用しています。テスラのオンライン ショップでは、充電デバイス、車両アクセサリ、女性用および男性用のアパレルを販売しています。

などのトップ ブランドも、Shopify Plus の高度な機能を使用してオンライン ストアの販売と運営を管理しています。 

 

このプラットフォームは、e コマース業界で、使いやすく、優れたデザイン機能を提供し、シンプルな支払いオプションを提供して、デジタルコマースビジネスをスタートするのにそれほど費用が掛からないプランから始めることができます。

*Shopifyの詳細案内は別コラムにて

Shopifyを使うべき理由

Shopifyは、オンラインストアを立ち上げて運営するための費用対効果の高いシンプルな方法を探している、中小企業(SMB)や新興企業(スタートアップ)にとって優れたプラットフォームです。
日本で利用できるコマースプラットフォームはこちら

大規模なエンタープライズ ブランドは、Shopify Plus を利用することもできます。Shopify Plus は、大量の注文と Web サイト トラフィックをサポートする、完全にホストされた SaaS e コマース ソリューションを提供します。
日本でこれに対抗できるコマースシステム:Lexicaはこちら

新しいコマースウェブサイト

e コマース Web サイトを新しくオープンしたい場合=オーナーか、プロジェクトマネージャーに、Shopify はマーチャント エクスペリエンスを提供してくれるかもしれません。

Shopify themes—built for commerce

(Shopifyに限らず、やりたいことと、出来ることはしっかりと確認ください。噂だけの機能や、成長しているからなどのイメージでシステムを採用しないでください。)
このeコマースプラットフォームは、ブランドを構築するために選択できる。

さまざまなShopifyテーマの選択肢をマーチャントに提供します

トップ 10 ベスト Shopify テーマ


これだけを活用するのであれば、デザインやウェブ開発のスキルは必要はありません。
(厳密には違います。ここを勘違いして失敗している日本のブランドは多いです。)
商品を数分で簡単にアップロードし、カスタマイズ可能な商品ページ(PDP)をすぐに作成できます。
(Shopifyには、Plusもあります。Plusで出来ることがShopifyのエントリーライセンスでできると勘違いしている事例が多いです。)

中小(Small & Midium)ブランド

Shopify は、コマースビジネスとして確立されてはいるけど、まだ小規模から中規模ビジネスのブランドを運営している企業や事業をサポートしてくれます。
幅広いサードパーティのアプリやシステムとの連携・統合のAPIを提供しているため、Web サイトとオンライン ショッピングの全体的なCX:エクスペリエンスを向上させる機能をシンプルに追加はできます。

入れておきたい役立つアプリ一覧

 

入れておきたい 役立つアプリ一覧

また、SEO 機能や e コマース分析などの優れたマーケティング ツールも提供してくれます。
オンライン マーケティングをするための基盤にもなりそうです。
(エコシステムでのアプリは沢山ありますが、英語での提供がほとんどです。また、無料と有料があります。アプリ機能と課金コストにも注意を払って選定してください。)

 

*Shopifyアプリについては別コラムにて

 e コマースオーナー

Shopify ベーシックは、月額わずか25ドルからのプランで手頃な料金を提供します。
https://www.shopify.com/jp/pricing
この低料金で、ユーザーは次の基本機能にアクセスできます。

  • フルタイムサポート(レスポンスはあやしいけど)
  • オウンドコンテンツブログも展開可能なオンラインストア
  • スタッフアカウント (x2)
  • その他

ベーシックプラン ($25) では、ユーザーは無制限の数の商品を販売できます。
Shopify は、SHOPIFY ペイメントなどを通じて、
クレジット カード、
銀行口座、バイヤー クレジット、または PayPal アカウント残高による支払いを可能にする Paypal などの、CheckOut:支払いプロバイダーサービスを提供してくれます。

より高度な機能へのアクセスするには、より高価なプランスタンダード$69/月 プレミアム$299/月 の料金を支払う必要がありますが、基本的な Shopify には、デザインと機能を損なうことなく、開始するために必要なものがあることを確認してください。

エンタープライズ レベルのブランド

毎月大量の注文を販売するブランドなどの場合、Shopify Plus でのコマースウェブサイトの構築・運用が選択肢となります。 
オープン API、カスタマイズ可能なチェックアウト オプション、高度な Shopify アプリへのアクセス、グロースブランドのためのより専用のサポートを提供してくれます。

簡素化された月額利用価格
Shopify Plus エンタープライズ レベルの料金は、月額 2,000 ドルの定額料金と従量課金から始まります。
ホスティング、メンテナンス、またはカスタマー サポートに料金はかかりません。
アカウント管理も含まれています。

SaaS プラットフォーム
他の SaaS ツールと同様に、Shopify Plus は完全にホストされた e コマース プラットフォームです。顧客は自分でホストして管理する必要はありません。さらに、ツールに組み込まれたバックエンド連携・統合サービスが既にいくつか存在することもメリットです。

メンテナンスの少ないウェブサイト
Shopify Plus サイトが稼働したら、維持するのはシンプルで簡単です。技術的で保守が難しい Magento のような e コマース プラットフォームと比較して、Shopify Plus は、ストア オーナーによる保守と作業をなるべく必要としないような運用ができます。

e コマースのパーソナライゼーション
e コマース ストアのカスタマイズは標準になりつつあります。Shopify Plus は、ブランドが顧客の特定のニーズに対応し、商品の推奨からパーソナライズされたメールまで、独自の 1 対 1 のコミュニケーションを提供するのに役立ちます。

成長のために

Shopify Plus は、トラフィックの急増や大規模な売上をクラッシュさせることなく処理することで、ビジネスの規模を拡大するのに役立ちます。エンタープライズ レベルのブランドは、訪問者数、売上が増加するにつれて、通常の Shopify ストアよりも多くのサポート、自動化、およびインフラストラクチャを必要としますので、しっかりとビジネスデザインをして設計・運用してください。

Shopify ストアを開始するための 10 のステップ

Shopify は開始するのが最も簡単な e コマース プラットフォームの 1 つではありますが、オンライン ストアの作成には、「オープン=ライブ」ボタンをクリックする前に考慮すべき多くの手順と事項があります。Shopifyで販売を開始するための10のステップのアウトラインを確認しておきます。

1. 計画を立てる

オンライン ストアの構築を開始する前に、まず全体的なビジネスおよびマーケティング プランを検討する必要があります。当たりまえですが。

  • マーケティング施策は、
    オンライン ストアの成長にともなってどうしますか
  • 商品をどのように表示および展示しますか、したいですか
  • ターゲット ユーザーは誰ですか
  • 支払いはどれを提供して、どのように受け取りますか
  • 配送・フルフィルメントは
  • 国際的な販売はしますか

Shopify ストアは、ブランディングとマーケティングを構築し、顧客に商品を販売する方法の基盤となります。サイトを設計および開発する前に、まずビジネスデザイン全体を検討することが重要なことは言うまでもありません。 

2.商品を設計・製造・調達する

オンライン ストアを構築する前に、商品を設計・製造・調達する必要があります
オンラインコマースに限らず2Cコマースビジネスで成功するための重要なポイントの 1 つは、適切な価格で信頼できるメーカーまたはサプライヤーを見つけることです。
商品を調達するために取ることができるいくつかの手段があります。

*コスメのOEM・ODMなどはこちらを参考に
健康美容のビジネスマッチングサイト「Benten」と提携 D2C・P2Cをトータル支援

もう 1 つのオプションは、
Alibaba

 

https://japanese.alibaba.com/


Indiamart

 

indiamart



などのグローバル市場から調達することです。どちらも低コストで大量の商品を提供しています。 

オンラインでビジネスを検索し、提供するものを確認することで、潜在的なメーカーをチェックすることもできます。

3. 市場調査・マーケットリサーチ

ターゲットオーディエンスとカテゴリーマーケットを知ることは、顧客に際立った商品を提供するのに役立ちます。DNVBでも、D2Cでも、コマース事業者でも同じです。
時間をかけて(冗長的ということではないです。)市場調査を行う必要があります。
これには、

  • 業界の分析
  • マーケットのギャップの特定
  • オーディエンスのニーズと
  • 課題解決と課題発見・提案
  • 競合調査
  • 価格施策の理解
    ユーザーコミュニティでの商品をテスト
    コミュニティの構築
    などが含まれます。 
  • ユーザーコミュニティでの商品をテスト
  • コミュニティの構築

などが含まれます。 

ターゲットオーディエンスにとって理想的なShopify Webサイトを構築する場合
潜在的な顧客(いまなら、コミュニティ)に、
好きなオンラインストアと嫌いなオンラインストアについてのインサイト:洞察を得たいと思うかもしれません。
優れたオンライン ショッピング エクスペリエンス:購買体験(前・後)を
提供する要素について、個人的に考えるものとその理由を尋ねていきます。
オンライン ストアを構築する
際にフィードバック:
ユーザー受け入れテスト (UAT)実施して、その結果を必ず反映してください。

4. ブランド名とロゴを作成し、ドメイン名を購入する

ブランディングは素晴らしいブランドコンセプトを反映した、ネーミングから始まります。
ドメイン名を選択する前に、時間をかけて、販売するものの本質とビジネスの価値を醸成するネーミングを考え出す必要があります。
Shopify の
Business name generator:ビジネスネームジェネレーターなど、命名プロセスに役立つオンライン ツールが多数あります。
ブランド名が決まったら、ロゴを作成します。
グラフィック デザイナーを雇うか、最初のロゴのイテレーションを自分でデザインする こともできます。

Shopify は [yourshopifystore.shopify.com] で構成される無料の URL を提供していますが、このタイプの URL を使用すると、サイトのランクが向上しません。したがって、検索エンジンで上位に表示される強力な Web サイトを構築したい場合は、ドメイン名を購入し、適切な Web サイト ホスティングすることが理想的です。 

5. 設計を開始する

Shopify を使用してオンライン ストアを構築する場合は、14 日間の無料トライアルで Shopify の運用の感触をつかむことはできます。
Shopifyストアを最大限に活用できるように、Shopifyには、
すべてのデザインオプションをナビゲートするのに役立つ、デザインとサポートのガイドがいくつか用意されています。(USサイトの方が役に立ちます)

 

https://www.shopify.com/blog/topics/guides

 

Web サイト全体の一貫したルック アンド フィールを選択する前に、いくつかの異なるテーマを試したり、カスタマイズ オプションを試したり、いくつかの異なる商品ページ レイアウトを作成したりしてください。
*といっても結構な労力はかかります。それをたった2週間で詰めないといけません。 

6.Shopifyに商品をアップロードする

管理パネルにある「商品」ページから商品の詳細にアクセスできます。
そこから、簡単に商品を追加したり、既存商品の価格や在庫状況などの情報を更新したりできます。
アップロードする商品が複数ある場合は、CSV ファイルを使用してすべての商品を一度に簡単にインポートできます。
商品の説明商品の写真や動画、を適切に記載して、カスタマー レビューを取得できるように配置してください

7. 配送方法を決定する

サイトを立ち上げる前に、注文を処理して発送する方法を検討する必要があります。
ここにはいくつかのオプションがあります。注文を自分でフルフィルメントするか、ドロップシップするか、フルフィルメントと配送プロセス全体を処理する 3PL と提携することができます。

配送方法を決定したら、注文の送信元に基づいて複数の配送オプションを提供し、それに応じて配送料を設定します。
注:
お客様が簡単に見つけられるように、配送ポリシーをサイトに掲載してください。

ブランド化ポイント:
購買後体験がとても重要な時代です。Shopifyアプリでもあるこちらのサービスは日本でこれから成長する体験サービスになります。

Post Purchase (ポストパーチェス:購買後体験)とは

YouTubeはこちら

返品・交換体験を収益化するポイント

YouTubeはこちら

8.Google アナリティクスを設定する

Web サイトを立ち上げると、初日から Web サイトのパフォーマンスの追跡を開始する必要があります。ウェブサイトのトラフィックやその他のオンライン ストアの指標を追跡できるように、Google アナリティクスUA:(GA4に移行します。)が設定されていることを確認してください。[設定] で Google アナリティクスUA(とGA4)を設定できます。 

2023 年 3 月までに、Shopify で Google アナリティクス 4 に切り替えることができます。

UAの場合はShopify管理画面の各種設定にタグを貼り付けて設定できるため、簡単に設置できます。

ShopifyのページにGTMを設置するには、Liquidと呼ばれるShopify独自のプログラム言語が設定された、theme.liquidページに、タグを埋め込む形になります。
こちらの設定を行うだけでは、ECサイトのデータとして取得したいコンバージョンのデータなどは収集できないため、個別に設定が必要です。

9. マーケティング広告とプロモーションを実施する

e コマースビジネスを成長することに不可欠な要素としては、ソーシャル メディアとオンライン広告になります。Tik Tok や Instagram 、LINEで広告キャンペーンを開始したり、Google 広告を利用したりします。 

Amazon のようなプラットフォームでの販売と同様に、自分のストアを持つということは、人々があなたを見つけられる必要があることを意味します。

ブログ投稿の形で SEO リッチなコンテンツを作成したり、Ahrefs (エイチレフス)や Moz などのキーワード ツールを使用したりするなど、有機的なマーケティング手法を検討する価値があります。
Shopify には SEO ツールが組み込まれているため、SEO に適したページを簡単に作成できますが、だからといって成功するわけではありません。条件は皆同じです。 

10. 継続的に改善する

オンライン注文が入り始めると同時に、サイトと顧客購買体験を定期・不定期に臨機黄変的に改善し続けることが重要になってきます。
顧客ロイヤルティを維持し、ビジネスを成長させるには、顧客に新しい機能とより良い購買体験を提供することが不可欠です。
顧客からのフィードバックを求めるアンケートや、顧客購買後体験のCXを サイトに追加してください。
そうすることで、ウェブサイトの訪問者からの貴重な、商品をはじめとする購買体験のフィードバックや、カートの放棄を改善する方法などについてもデータを得ることができます。

チェックリスト

1. 返品および交換ポリシーを確認する

Shopify ストアで商品の販売を開始する前に、返品と交換のポリシーを作成し、サイトで簡単に見つけられるようにページを作成する必要があります。
これにより、顧客との信頼関係を築き、安心して購入できるようになります。
 
顧客購買後体験を最大化する
「返品・交換 物流フルフィルメントサービス」

2. 消費税の徴収を再確認する

ストアが稼働する前に整理する必要があるもう 1 つのことは、消費税です。後で徴税の問題を回避するために、ウェブサイトの各商品に税額が含まれていることを確認してください。

3. プライバシーと Cookie ポリシーを確認する

Cookie とトラッキングが GDPR 対応であることを確認してください。
プライバシー ポリシーと Cookie ポリシーを掲載して消費者に表示することは、データの保存方法とその使用方法を消費者に知らせるために重要です。
基本的に、特商法表記や、景表法にしたがったカートフローでの注意事項の表記(これはShopifyではできません)は遵法以前の問題です。

4. テスト購入で確認する

最初の注文が届くまで待たずにトラブルシューティングを行ってください。
Shopify に限らず、問題が発生する前に注文システムを簡単にテストできます。
このプロセスで、
Shopify の配送設定が正しいことを確認し、チェックアウト ページが最適化されていることを確認し、購入後のメール通知 をテストすることもできます。

5. FAQ ページを確認する

ストアを訪れた新規顧客は、商品や配送ポリシーなどについて確認して、チャットなど質問します。これらの購入の障壁に対処する優れた方法は、Web サイトに FAQ ページを含め、そのページへのリンクをフッターに追加することです。これは、顧客がカスタマー サービスチーム に、チャットで問い合わせることを減らしてくれるはずで、カスタマーサービスチームは、顧客のコンシェルジュカウンセリングにシフトすることに役立ちます。

まとめ

Shopify は、使いやすく手頃な価格の e コマース プラットフォームです。
世界中のスタートアップからエンタープライズ レベルの e コマース ブランドが成功を収めています。Shopify は、マーチャントがすぐにショップを立ち上げられるオンラインショッピングを簡単にするために構築されています。しかし、購入後の体験を含め、Shopify での販売にはさらに多くのことが必要です。 

富士ロジテックホールディングスでは Shopify マーチャントと提携して、他に類を見ないプレミアム注文フルフィルメントサービスを提供します。
下のボタンをクリックして、富士ロジテックホールディングスのグロースサービスの仕組みをお問い合わせください。

Shopify & Shopify Plus 関連コンテンツ

Shopifyストアのフルフィルメントのポイント #1

Shopifyストアのフルフィルメントのポイント #1

【サマリー】

Shopifyでは、D2C(Direct-to-Consumer)やeコマース、オムニチャネル販売において、さまざまな小売フルフィルメント方法が利用できます。これには自社オペレーション、非接触型の配送、ドロップシッピング、サードパーティロジスティクス(3PL)との提携などが含まれます。非接触配送では、配送業者と顧客の接触を制限したり、完全に接触しないような方法で商品を配送します。また、3PLはeコマースの在庫管理や倉庫保管、フルフィルメントなどをサードパーティにアウトソースするサービスです。Shopifyでは、自社内フルフィルメント、産直・ドロップシッピング、3PLを活用することで効率的なフルフィルメントを実現することができます。

Shopifyストアのフルフィルメントのポイント #2

Shopifyストアのフルフィルメントのポイント #2

【サマリー】

Shopifyストアのフルフィルメントについての情報を提供しています。3PL(第三者物流)などのサードパーティを活用する場合の方法とメリットについて説明されています。主要なフルフィルメントサービスとして、富士ロジテックホールディングス、Shopify Fulfillment Network、アマゾンのFulfillment by Amazon(FBA)、楽天スーパーロジスティクス、Rakuten Fashion Omni-channel Platformが紹介されています。

【ポイント】

富士ロジテックホールディングスは、Shopifyやオムニチャネルの注文処理において、他のフルフィルメントプロバイダーよりも多くのサービスを提供しています。
- Shopify Fulfillment Network(SFN)は、世界中の在庫管理やデータアクセスを提供する新しいサービスです。
- AmazonのFulfillment by Amazon(FBA)は、Amazonで販売する商品のロジスティクスを管理するサービスで、Seller-Fulfilled Prime(SFP)やFulfilled by Merchant(FBM)も利用できます。
- 楽天スーパーロジスティクスとRakuten Fashion Omni-channel Platformも、フルフィルメントサービスを提供しています。

【補足】

- Shopifyはフルフィルメントを提供しておらず、代わりに上記のサービスを活用することができます。

Shopify在庫管理に関するガイド

Shopify在庫管理に関するガイド

【サマリー】

D2C・eコマースビジネスを立ち上げる際には、Shopifyなどのコマースシステムを使用してデジタルストアを作成することが重要です。Shopifyを利用すると、簡単に美しいオンラインストアを設計・開発・立ち上げることができます。また、注文後の体験や在庫管理も重要な要素であり、顧客との関係構築や利益を得るために注力すべきです。在庫管理のためには、Shopifyの在庫管理ツールを使用したり、サードパーティの在庫管理アプリを活用することができます。適切な在庫レベルの維持や在庫コストの削減、在庫追跡の改善など、Shopifyとの在庫管理連携には多くのメリットがあります。

スタートアップのためのShopifyでのコマース&デザインの基本

スタートアップのためのShopifyでのコマース&デザインの基本

 

Shopifyは、使いやすさ、堅牢な機能、手頃な価格により、スタートアップD2Cから、そしてShopify Plusは小売事業者、オムニチャネルコマースを展開する事業者に、急速に人気を博しています。Shopifyはオンラインビジネスを始めるのに簡単であり、中小企業や新興企業にとって費用対効果の高いプラットフォームです。また、大規模なエンタープライズブランドもShopify Plusを利用しています。このプラットフォームは、eコマース業界で使いやすく、優れたデザイン機能を提供し、費用のかからないプランから始めることができます。

Shopify Plusで海外に販売を開始する方法

Shopify Plusで海外に販売を開始する方法

【サマリー】

国際的にeコマースビジネスを拡大することには、以下の3つの主な理由があります。まず第一に、対象市場でより大きな顧客基盤を獲得することができます。オンラインショッパーの40%が別の国で販売された商品を購入しており、国際的な販売によって顧客ベースを拡大するチャンスがあります。第二に、ブランドの認知度を国際的に高めることができます。国際的なブランド拡大には、顧客の信念や文化に合わせたブランディングとメッセージが必要です。最後に、グローバル市場で急速な成長が期待できます。国境を越えた購買は増加しており、未開拓の市場での成功が可能です。

Shopify グロースの進め方 with Store Hero

Shopify グロースの進め方 with Store Hero

【サマリー】

 

富士ロジテックホールディングス 通販 営業部の西間木智 部長と株式会社StoreHeroの 黒瀬淳一 代表取締役CEOによるインタビューでは、Shopify Shopify Plusを活用したグロースハックについて話されており、具体的なアドバイスやTipsが共有されています。記事では、グロース課題の整理、グロースモデルの設計、KPI/施策設計、グロースワークフローの設計と運用、そしてグロースパトーナー制度について触れられています。また、様々な運用アドバイスや代行事例も紹介されています。

事例/Tips & 質疑応答 Shopify グロースの進め方 with Store Hero

事例/Tips & 質疑応答 Shopify グロースの進め方 with Store Hero

【サマリー】

富士ロジテックホールディングス 通販 営業部の西間木智 部長が、株式会社StoreHeroの 黒瀬淳一 代表取締役CEOに対して、Shopify Shopify Plusを活用したグロースハックについてインタビューを行っています。具体的な質疑応答形式で、クライアントやマーチャント・スタッフの力を引き出してコマースビジネスの成長を実現する方法について話しています。黒瀬さんは、Shopifyをグロースプラットフォームに選んだ理由、Store Heroの特徴、成功事例、サポート期間や費用、オムニチャネル事例、相談が多いケース、支援のステップなどについて詳細を説明しています。

富士ロジテックホールディングスが提供する、フルフィルメントサービス

富士ロジテックホールディングス
お問い合わせ

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

ユーザー生成コンテンツ戦略:コンバージョンにつながる戦略を立てる
ユーザー生成コンテンツ戦略:コンバージョンにつながる戦略を立てる
UGC:ユーザー生成コンテンツと、UGC(User-Generated Content)がブランドにもたらすすべてのメリットについて聞いたことがあると思いますが、もちろん、正しく使用すればOKです。ソーシャルメディアでユーザー生成コン...
続きを読んでみる
コンバージョンにつながる商品レコメンデーションクイズのポイント
コンバージョンにつながる商品レコメンデーションクイズのポイント
買い物客は、オンラインである程度のパーソナライゼーションを期待するようになりました。 それがなければ、 コマースサイトでの買い物は不便なものになる可能性があります。顧客が確認するSKUが数十、数百、または数千ある場合があります。顧客が...
続きを読んでみる
コマースの商品レコメンデーションクイズの作り方
コマースの商品レコメンデーションクイズの作り方
アパレルブランド、ファッションブランド、ビューティブランドなどのコマース マーチャントにとって、商品レコメンデーションクイズは、新しい訪問者を引き付け、商品の発見を促し、リストを増やし、売上を伸ばすための優れた方法になりつつあります。...
続きを読んでみる
商品レコメンデーションクイズでEコマースサイトを成長させる
商品レコメンデーションクイズでEコマースサイトを成長させる
オンラインショッピングにより、人々はこれまで以上に多くの種類のより多くの商品に簡単にアクセスできます。理論的には、顧客にとって完璧な商品は常に数回クリックするだけで手に入ります。しかし、自分の完璧な商品が何であるか正確にわからない場合...
続きを読んでみる
商品レビューを活用してコンバージョン率を向上させる方法
商品レビューを活用してコンバージョン率を向上させる方法
新規顧客は、画面に点滅するネオンライト(バナー・GIF・ショート動画など)を置いても、商品がどれほど優れているかを知りません。知ることができません。 では、どうすれば彼らにあなた、あなたの商品、そしてあなたのブランド・会社を信頼しても...
続きを読んでみる
コンバージョンと保持につながる6つの購入後ポストパーチェスメール Shopify
コンバージョンと保持につながる6つの購入後ポストパーチェスメール Shopify
購入後(ポストパーチェス)のメールは、メールマーケティングのハリーポッターです。日本では多くの場合、無視され、ほとんど注意を払わず、デジタルマーケティングの階段の下の戸棚にひっそりと仕舞われています。それでいても購入(購買)体験後のメ...
続きを読んでみる
コマースサイトナビゲーション:10のコンバージョンのヒントと成功例
コマースサイトナビゲーション:10のコンバージョンのヒントと成功例
コマースサイトのナビゲーションは、訪問者(将来の顧客とロイヤルカスタマーへの醸成顧客)のエクスペリエンスを左右する可能性があることがよく知られています。論理的で明確に定義された構造なしでコマースサイトをナビゲートしようとすると、地図も...
続きを読んでみる
コマースサイトにInstagramフィードを埋め込んでAOV・CLVをアップする方法
コマースサイトにInstagramフィードを埋め込んでAOV・CLVをアップする方法
オンラインで存在感を示している人は誰でもInstagramに載っていますが、それには正当な理由があると言われています。 インスタグラムでのブランドや企業は、毎月6%〜8%のフォロワー増加が見られているようです。そして、人々がすでにIn...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー