富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

サブスクリプションコマースとは リ・デザイン Part1

D2C eコマース サブスクリプション
サブスクリプションビジネスモデルとは?

 

D2C(DTC)事業で、サブスクリプションモデルのデザインとメリットの本質に還ろう。

はじめに:Introduction

日本での、「サブスクリプションモデル」のバズブームは去ったと捉えています。

それは、事業者にとっては顧客をギミックする動機で「単品リピート通販」ワードチェンジをしましたが、顧客は賢くそれを見抜いて、信頼・信用のサービスモデルとして受け入れなかったからでしょう。

(日本型の、単品リピート通販=定期購入を、サブスクリプションとして言い換えて新鮮さを狙って従来のファイナンスモデルを残存したかっただけかも知れません。ということです。)

同じく、シェアリングもワードとしてはブームが去っていったと捉えています。

そのため、今現在、そのビジネスモデルを顧客に明示オファーしているDNVBとその一カテゴリーDTC/D2C 3.0ブランドは何等かのミッションを有していてくれると考えています。(定期購入と訴求している事業者は別)

今回は、あらためてサブスクリプションモデルの本質について確認をして、本来の顧客視点から「顧客購買中体験購買後体験」としてサブスクリプションモデルとして実装するべき、

  1. マーケティング
  2. コミュニケーション
  3. バックオフィス・運用
  4. フルフィルメント

のなど各視点から、実現するためのブランドデザインや、ワークフロー、それをサポートするシステム・ツールの要件概要として紐解いていきます。

*日本にとっては、いにしえの基本に還るとともに、新しいデザインとしての良い事例がないので、USA・EUのケーススタディをベースにポイント確認していきます。

別稿でも諫言していますが、日本のD2Cビジネスモデルは、ほとんどが海外の2-5年遅れのキャットコピーモデルです。

その中で、1-2社が、市場に認知されて(顧客に支持されているかは別)事業を展開しているというのが現状だと認識しています。(オリジナリティはほぼ“0”です)

わたしたちは、20数年前に生まれた、本来の顧客のためのサブスクリプションモデルが、日本にあらためて展開されて「顧客購買体験」が改善されることを願っています。 

1.サブスクリプションビジネスモデルとは?

サブスクリプションコマースモデル」は、17世紀に、新聞や本の出版社によって最初に世界に紹介されています。

テクノロジー技術の進歩により、eコマース分野のD2Cでは、

CPG(消費財:Consumer Packaged Goods)カテゴリー

(コスメ&スキンケア・サプリメント・セルフケア・フード&ニュートリション・フェムケア&テック・ウエルネス&ヘルスケア・ペットなど)

で、

顧客購買モデルとして人気がますます高まっています。(理由は追々ご説明します。)

ほぼすべての商品またはサービスで

「サブスクリプションエクスペリエンス」

を作成して顧客へのご提供はできますが、小売業者やeコマースマーチャントの場合でのビジネスモデルは消耗品である:CPGカテゴリーにとって最適なモデルです。

たとえば、コーヒーなどの嗜好フード、美容用品(スキンケア・メイクアップコスメ・ヘアケア・パーソナルヘルスケア・フェムケア)、ペットフードなどは、

顧客が

継続的に購入して補充(消費と在庫)する必要

があるため、サブスクリプションに最適な商品カテゴリーです。

*わたしたちは、食品フード・ニュートリション・サプリメントが最適とは定義していませんがモデルとしては、積極的に採用するべきです。(これも追々解説します。)

一方、顧客は調理器具や、家電などは定期的に購入する必要はないため、鍋やフライパンはサブスクリプションには適していないようです。言い換えれば、鍋やフライパンはコーヒーや美容用品よりも消耗が少ないということです。

ただし、保有のかわりに利用レンタル型シェアリングモデルとしての提供や、他の商品との組み合わせでのサービスデザイン提供は可能です。

例としては、半耐久消費財の、家具、家電、車なども利用型モデルを採用して提供しているブランドもあります。(本質的に、2Cがメインかどうかは別稿で機会があれば紐解きます。)

「サブスクリプションファーストビジネス」と「サブスクリプションセカンドビジネス」

D2Cブランド事業者などで、「サブスクリプションエクスペリエンス」を、主要なビジネスにしている、これらの事業者を

「サブスクリプションファーストビジネス」

と定義しましょう。

他のD2Cブランド・マーチャント(通常は大規模なメーカーが、D2Cブランドとして展開しているパターンなど)は、サブスクリプションを全体的なビジネスの1つして組み込んでいます。

この場合、サブスクリプションはブランドの収益の一部のみを占めている可能性が十分にあります。これらのタイプ企業(マーチャントとは別定義です。)を

「サブスクリプションセカンドビジネス」

として定義しましょう。

サブスクリプションが、基本の顧客購買体験提供モデルかサブスクリプションは、購買体験・チャネルの一部かで大きくビジネスモデルを分けておきます。
(順次拡張はしていきます。)

Case Study 

Feals

CBD(cannabidiol) 
*CBD(カンナビジオール)は、カンナビノイドと呼ばれる麻の植物に含まれる113を超える活性化合物の1つです。
不安、痛み、睡眠の問題を軽減するために自然に機能しするとのエビデンスで成長中のマーケットカテゴリーです。

Feals

課題:顧客の健康上のメリットを最大化する

CBDから最大限の健康上の利点を引き出すために、ユーザーは毎日のレジーム:regime(ライフパターン)に固執する必要があります。
CBDサプリメント(チンクタイプ)を、手間をかけずに摂取できるようにするためにサブスクリプションプログラムを提案しています。

毎日商品を使用するように提案したときに、30日または60日ベースで商品を注文する必要がなくなるということです、これは、顧客にとって思考プロセス全体をシンプルする体験を提供することは当然のことです

このカテゴリーでの最大の課題の1つは教育です。顧客にとって非常に多くの選択肢がある場合、それは必要以上に混乱する可能性があるためシンプルに顧客のスタイルに合うことをナビゲートするための基本的な知識情報から判断するための価値情報が必要になります

課題:CLVCACの改善

ほとんどのeコマース事業者と同様に、顧客獲得コスト(CAC)は過去数年で急増しているため、顧客から支持される忠誠心を育むサブスクリプションプログラムを実装することはとても重要でした。
*理由はみなさんご経験済ですね。
そのため、他のブランドは、貴重なインセンティブを提供し、加入者が注文を完全に制御できるようにし、顧客が注文にアイテムを追加できるようにすることで、これを達成しています。

このブランドは、サブスクリプションの注文ごとに30%の割引と送料無料を提供しているだけのシンブルなインセンティブで成功しました。ます。

健康的なCBDユーザーになる方法を

Shopping-Cart-Feals (1).png

顧客に教えているので、メンバーシップタイプで提供することを正当化しています。サブスクリプションをキャンセルもマイポータルでシンプルに提供しています。そのため、キャンセル顧客へのパーソナライズされたアウトリーチでも成功を収めています。

キャンセル後、解約された顧客は自動ウィンバックキャンペーンの対象になります。

キャンセルした顧客と11のインタビューなどを実施して、顧客が解約した理由と、商品の提供を改善する方法を学んでいます。

(これは相手次第とやり方に注意)

この改善施策の取り組みにより、保持率の向上が得られました。

平均注文額を増やすために、Instant Upsellは使用しています。
*顧客がサブスクリプション注文に商品を追加することを奨励するプラット機能。

課題:限られたリソース

顧客と、コマース事業者にとって
サブスクリプションの素晴らしいメリットの1つとして
顧客の手の内にすべての権限があることです。
顧客は、自分に最も適したリズムを設定したり、そのサブスクリプションに変更を加えたりすることができます。

D2CブランドのCXチームは、CBDを補充するように顧客に思い出させるために、顧客セグメントと顧客への電子メールなどの送信を自動化できるようになりました。

このブランドの特徴は、再注文のコンフリクトを取り除きかたです。
配送タームは、1か月だけにして、顧客の利用容量が違うことを、容量とパーソナルサブスクリプションポータルでの調整で顧客購買体験をプラスに替えました。
これによって、バックオフィスのリソースを増やすのではなく、新しい顧客との出会いすのためにリソースを再割り当てすることができました。

 

Case Study 

La Colombe

Coffeeのサブスクリプションサービス

LaColombe Coffee Subscription

Source : La Colombe

La Colombe は、
コーヒー系の特徴である多様なサブスクリプションサービスを提供しています。
・新鮮な焙煎豆
・100 % アラビカ、シングル オリジン、ブラジルなどの産地の指定
・Coffeeの淹れ方に応じてのグランディングの指定

・DRAFT LATTE + COLD BREW
 コーヒー シルクの泡の層が魅力的な混合ボックスタイプ
 アルミ缶で冷たく冷やして飲むビール(ラテタイプもあります。)

ワークショップ:WORKSHOP SUBSCRIPTION
様々な原産国の旬のコーヒー豆を手軽にお試しできます。
毎月、焙煎士が選んだユニークなコーヒーをご自宅までお届けしてくれます。
例えば、2週間ごとのお届けをご希望の場合、毎月のピックが2回届いてから新しいものが選ばれてきます。

コーナーストーン&アライアンス:CORNERSTONE & ALLIANCE SUBSCRIPTIONからお選びいただけます。
定番のブレンドが入っています。

定期購入は1袋14ドルからで、新鮮なコーヒーをお届けする頻度を毎週、または最大4週間に1回まで選ぶことができます。
さらに、すべてのコーヒーは責任を持って調達されており、La Colombeはコミュニティへの還元を行う慈善団体や平等を支持する団体と提携しています。

アメリカらしいのは、GIFTでのサブスクリプションサービスもあることです。
Shop our pre-paid 3, 6, 12-month gift subscriptions

リアル店舗もありますので、OMOもしっかりと取り組んでいます。
また、器具やギアやアパレルまでの展開は定番です。

lacolombe brew guides

Source : La Colombe

顧客にとってサブスクリプションとは

顧客の価値観との整合性:

顧客は、自分たちの価値観を信じています、それに整合する理由などをサポートしてくれるブランドから商品とサービス購入する可能性が高くなります。

そして、これらの顧客は、アクティブなサブスクリプション購買者であるだけでなく、友人や家族に紹介してブランドを成長させる可能性が高くなります。

関連記事

ロイヤルティプログラムと紹介(Referral)プログラムを設計・運用するポイント

自分の家の快適さでプロフェッショナルな結果を提供する:

何かがうまくいくとき、顧客はそれに固執したいと思っています。
顧客がそうするのが最も簡単なブランドには、サブスクリプション顧客として購入してくれます。

顧客の家の快適さの中で、何かを犠牲にすることなく、楽しく、そして迅速(簡単・シンプル)で効果的な方法で目的を果たす商品・サービス提供してほしいと願っています。
いままでに代わるオプションを導入したり、専門的な結果を得るための柔軟性を大幅に高めていたり、サブスクライバー顧客が、商品を消費する頻度と量に応じて、商品の配送の頻度を選択できたりすることを望んでいます。

単なる補充する商品以上のものを提供する:

顧客が安定したリズムで購入する補充型の商品モデルの場合、
便利さ、価格割引、および独占的な利益を備えた高品質の商品であるブランドは、長期にわたって顧客からの支持を得られます。

顧客は定期的な商品サブスクリプションモデルを通じて「追加購入を忘れること、自分で在庫がコントロールできる」ことができて、目的の実現の習慣を維持できることです。

また、無料のVIPプログラムに参加することで、ポイントを獲得して特別な特典や割引を受けることができるのであれば文句はないはずです。

関連記事

顧客にとってのロイヤルティプログラムとは ロイヤリティと購買後体験

顧客間のコミュニティの価値:

ブランドがコミュニティの構築に投資することが益々重要視されています。

顧客にとってより、社会の何かの一部としての共感を得たいためだけではなく魅力的なものになります。

例えば、SNSグループで顧客同士の購買体験から、成功した体験を共有するコミュニティを構築して。週に一度、その創設者はグループで、きれいな「成功した顧客体験や商品プロモーション」だけでなく、「顧客の健康のためのヒント」を共有していたりします。

これの静的なコミュニティはSNSだけではなく、レビューであったりします。

関連記事

顧客とのコミュニケーションと信頼を構築して、ブランド支持率を高める

すこしだけでもの社会貢献:

これまで以上に、顧客は強い価値を持ち、何かを支持するブランドを探しています。実際、顧客は強い目的を持つブランドから購入する可能性が数倍高いという調査データがあります。

サイト上のすべての商品のサブスクリプションオプションを提供して、顧客がお気に入りの商品を簡単に手に入れることができるだけではなく。購入のたびに、社会的貢献をする機会を提供しています。

次回は、3モデルのサブスクリプション成功のポイント

お問合せ

サブスクリプションビジネスに関する成長のためのコンテンツ

サブスクリプションコマースとは

サブスクリプションコマースとは

D2C(DTC)事業におけるサブスクリプションモデルのデザインとメリットについて解説しています。

サブスクリプションビジネスモデルは、CPG(消費財:Consumer Packaged Goods)カテゴリーで人気があり、顧客の価値観と整合性を持ち、ロイヤリティプログラムやコミュニティ構築、社会的貢献などが重要です。また、サブスクリプション初回購入とリテンション、マーケティングのポイントも詳しく解説しています。

最終的に、D2Cブランドがサブスクリプションモデルを顧客体験の一部として実装することで、ブランドの成長と顧客の満足度向上が図られる理由とポイントを解説しています。

3モデルのサブスクリプション成功のポイント

D2C(DTC)/eコマースサブスクリプションビジネスの種類について解説しています。

3つの主なモデルについて説明があります。

1. モデル1:サブスクリプション 購入と在庫 Subscribe and Save
顧客が商品を定期的に購入し、在庫を保有するモデル。高いコンバージョン率と継続利用率が特徴で、運用が比較的簡単ですが、競争が激化しています。

2. モデル2:キュレーション Curation
商品の種類を変えて顧客の好奇心を引き、喜びやスリルを提供するモデル。キュレーションボックスが例で、収益性が高く、一方で解約率の高さや運用の複雑さが課題です。

3. モデル3:メンバーシップ Membership
顧客がサービス料金を支払い、ブランドの価値を享受するモデル。柔軟性があり、商品とサービスを組み合わせた提供が可能で、パーソナライズされた顧客体験を重視します。

これらのモデルは、ビジネスの成長を顧客購買体験の視点から進化させることが目標とされています。

サブスクリプションビジネスを立ち上げるポイント

サブスクリプションビジネスを立ち上げるポイント

なぜ D2C/Eコマースサブスクリプションビジネスを立ち上げるのですか?

D2C(DTC)/eコマースサブスクリプションビジネスを立ち上げる理由についてのハイライトをまとめています。

顧客視点からは、
安心・便利さ、顧客との一体感、多くの顧客インサイト生成が挙げられます。
事業者視点では、
顧客生涯価値(CLTV)の増加、在庫予測の改善、信頼できる経常収益が理由とされています。サブスクリプションモデルは、安定性と顧客の長期的な関係を構築し、サブスクリプションファーストのビジネスが重要であるこを解説しています。

各コーホートのパフォーマンスや課題、GMVとの関係についても解説されています。

サブスクリプションを設計するポイント

サブスクリプションを設計するポイント

ステップバイステップガイド:
D2C/Eコマースサブスクリプションビジネスを開始する方法 PART01
ステップ1:市場適合性を判断する
ステップ2:ビジネス目標を設定する
ステップ3:サブスクリプションプログラムのインセンティブを決定する

D2C(DTC)/eコマースサブスクリプションビジネスの始め方についてのステップバイステップガイドです。

市場適合性の判断、ビジネス目標の設定、サブスクリプションプログラムのインセンティブ設計など、様々なステップについて説明されています。商品やサービスの提供方法や競合分析、ユニークな購買体験の提案なども詳しく解説されています。さらに、特定のカテゴリーや事例に関する具体的な情報も含まれています。サブスクリプションエクスペリエンスのデザインや成長をサポートする役立つ情報を解説しています。

サブスクリプション初回購入とリテンション

サブスクリプション初回購入とリテンション

ステップバイステップガイド:
D2C/Eコマースサブスクリプションビジネスを開始する方法 PART02
ステップ4:初回購入施策を策定する
ステップ5:リテンション施策を策定する

D2C(DTC)/eコマースサブスクリプションビジネスの開始方法に関するガイドの一部です。この部分では、初回購入施策とリテンション施策に焦点を当てています。

初回購入施策では、
価値あるインセンティブを提供したり、割引や送料無料を提供する重要性が説明されています。また、顧客の簡単なサインアップやパーソナライズ、ガイド付き購買エクスペリエンスも重要です。

リテンション施策では、
優れたサブスクリプション管理ポータルの提供や柔軟なエクスペリエンス、継続利用報酬の提供が推奨されています。サブスクリプションビジネスの成功に向けて、顧客の信頼と満足を重視した戦略の重要性を解説しています。

サブスクリプションのマーケティング ポイント

サブスクリプションのマーケティング ポイントステップ6:マーケティング施策を決定する
ステップ7:プログラムを監視・分析・改善する
D2C(DTC)(ダイレクト・トゥ・コンシューマー)マーケティングに関する内容です。
D2Cマーケティングの重要なポイントとして、ソーシャルメディアやインフルエンサーとの提携、バイラルマーケティング、オンライン広告展開などが挙げられます。D2Cマーケティングの目的は、顧客との強い結びつきを築き、ブランド認知度を高めることです。差別化や顧客との関係構築のためにインフルエンサーマーケティングやユーザー生成コンテンツ(UGC)活用が有効であり、バイラルマーケティングも注目を集めます。また、オンライン広告を通じてブランド認知度を広めることも重要です。

サブスクリプションコマースシステムの選定運用ポイント

サブスクリプションコマースシステムの選定運用ポイント

4.サブスクリプションシステムで最適な要件と仕様とは

必須のEコマースサブスクリプションテクノロジー機能 PART1

サブスクリプションシステムの最適な要件と仕様についての内容です。D2C(DTC)ブランドのサブスクリプションエクスペリエンスを構築する際、リソースの十分さや立ち上げのタイミングを考慮する必要があります。自社独自のソリューションを構築する場合、柔軟性や顧客体験のカスタマイズが可能ですが、時間とコストがかかります。

SaaSシステムを選択することで、迅速な立ち上げや改善が可能です。適切な決済方法やプラットフォームの選定も重要です。最終的に成功の鍵は、自社のビジネスモデルに合わせたサブスクリプションエクスペリエンスを提供することです。

サブスクリプション管理機能のCX視点ポイント

サブスクリプション管理機能のCX視点ポイント

必須のD2C(DTC)/Eコマースサブスクリプションテクノロジー機能 PART2

eコマースのサブスクリプションテクノロジーの機能についての要点をまとめたものです。

サブスクリプション管理機能:
- マイポータルUIを通じて顧客がサブスクリプションを管理しやすくする。
- 一時停止、スキップ、配送間隔変更、SKU変更などのオプションを提供。
- ロイヤルティプログラムや未実施アクションのステータスを表示。
- リファラープログラムやアフリエイトプログラムの提供と管理も重要。

顧客行動に合わせた個別提案:
- 商品詳細ページでのパーソナライズデータやレビューの提供。
- 顧客の感性や関心に合わせた商品提案を行う。
- AI連携が重要であり、API連携を検討。

新規顧客登録機能:
- サブスクリプション購入を促進する機能。
- 初回注文時にプロモーションを提供し、条件を設定。
- 商品価格や注文小計のUIを工夫。
- サブスクリプションプログラムをサイト全体で宣伝する。

複数のサブスクリプション登録場所を提供:
- 商品ページやカートバスケット、チェックアウトメニューなどで新規サブスクリプション登録を誘導。

継続取引:顧客維持機能:
- マイポータルを通じてロイヤルティプログラムやリワード報酬プログラムを提供し、長期的な関係を構築。
- 解約の低減を図るための戦略として、手元の商品在庫対策やパーソナライズなどを提案。

サブスクリプション管理マイポータル:
- 顧客が柔軟に注文頻度や配送日変更、商品変更を行える必要性。
- キャンセルを阻止するよりも、顧客の信頼を大切にする姿勢を持つことが重要。

サブスクリプションシステム バックオフィスのポイント

サブスクリプションシステム バックオフィスのポイント

必須のD2C(DTC)/Eコマースサブスクリプションテクノロジー機能 PART3


eコマースのサブスクリプションテクノロジーの機能に関する内容です。主なポイントは、プロモーション機能と平均注文額の増加に焦点を当てて解説しています。顧客がサブスクリプションにサインアップする主な理由として、追加特典や割引などが挙げられます。間接ディスカウント機能や送料無料のしきい値設定、バンドル機能などが紹介されており、平均注文額を増やす方法として、アップセルやクロスセリングが重要であることが述べられています。また、サブスクリプションプログラムの設定や顧客エクスペリエンスのパーソナライズ、解約軽減や督促の方法にも触れて解説しています。

エスケープ ダークサイド サブスクリプションコマースのポイント

エスケープ ダークサイド サブスクリプションコマースのポイントダークパターンや顧客心理に関する内容です。サブスクリプションサービスのキャンセルが難しく、顧客を維持しようとする「ダークサイドの事業者」に注意を喚起しています。顧客の信頼を築くためには、透明性やUIの改善が重要であり、顧客の要望を満たすことが必要です。ダークパターンを避けつつ、良い顧客体験を提供することが強調しています。本当の、D2C(DTC)ブランドがやってはいけないこと集です。

チェックリスト サブスクリプションコマースベンダー選定のポイント

チェックリスト サブスクリプションコマースベンダー選定のポイントD2C(DTC)ブランド事業者が目次システムベンダーを選定する際のポイントについて述べています。ビジネス要件、製品性能、ユーザーエクスペリエンス、インテグレーション、可視化とレポーティング、コンフィギュラビリティとカスタマイゼーション、顧客満足度&レビュー、トレーニング、オンボーディング、カスタマーサポート、長期的な互換性などが考慮すべき項目です。選定プロセスは、ビジネスニーズの解決、スタッフの能力向上、意思決定を支援するデータ提供、システムの安定性と将来の成長のためのフレームワークを提供することが目的です。

お勧めコマースシステム

Lexica 思考するあなたのためのEC
オールインワンのECパッケージとしても、ヘッドレスECとしても。
Lexicaならば、考え抜いた施策を自分自身で実現できます。

EC Orange時流に合わせた拡張が可能な、汎用性の高いECサイト構築パッケージ

  • 複数店舗管理・複数ブランド管理を伴う大規模なショッピングモール型ECサイト
  • 複雑なワークフローを含む企業間取引 (購買調達・受発注)
  • 企業間取引や従業員向けサービスなどのクローズドサイト 等

DTC リピート収益ガイド サブスクリプションコラム

サブスクリプションにとっての課題

サブスクリプションにとっての課題EC/eコマースにおける成長と成功を最適化するために、メディア支出を管理する科学的なアプローチについて説明しています。D2C(DTC)ブランドは競合状況を調査し、支出額、メディア、メッセージ、優先されるチャネル(オムニチャネルでなくても)を特定し、カテゴリーマーケット全体のデータを収集して、DTCマーケティング費用を最適化します。
また、サブスクリプションブランドが直面する課題や収益向上策も詳しく説明しています。最終的には、顧客維持率を高め、収益を増やすためにパーソナライゼーションShopifyLexicaなどのコマースプラットフォーム、EC IntelligenceなどのMAなどのシステムツールソリューションを活用することが重要です。

 

10のサブスクリプションワークフロー

10のサブスクリプションワークフローサブスクリプションプログラムを向上させるための自動化ワークフローについて解説しています。
1. サブスクリプション価格モデルに基づくギフトロイヤルティポイント:
サブスクリプションプログラムの価格に応じて顧客にロイヤルティプログラム・リワードポイントと紹介(Referral)プログラムを提供し、顧客をアップセルして収益を増やす方法。
2. サブスクリプションの解約理由の理解:
解約した顧客にアンケートを送信して、なぜ解約したのかを理解し、プログラムを改善する方法。
3. SKUの自動交換:
季節商品や少ない在庫を持つ場合でも、自動化を使用して商品を交換し(サブスクリプション3モデル)、顧客に新しい顧客購買体験: CXを提供する。
4. 新しい顧客の通知:
新しい顧客がサブスクライブするたびにSlackメッセージを送信して、チームに通知し、トレンドを把握する。
5. ロイヤルティに対する割引:
長期的な顧客に割引を提供して、忠誠心を高める方法。パーソナライズとマーケティングとロイヤリティ・プログラム
6. 解約のリスクがある顧客へのギフト:
解約のリスクがある顧客にサプライズギフトを提供し、顧客を引き留める。

これらの自動化ワークフローは、サブスクリプションプログラムを効果的に改善し、顧客の購入(購買)体験としての満足度と忠誠心を向上させるのに役立ちます。

 

DTC リピート収益ガイド 一度限りの顧客をリピーターに変える

DTC リピート収益ガイド 一度限りの顧客をリピーターに変えるDNVBとその一カテゴリーDTC(Direct-to-Consumer)/ D2C 3.0ブランドが直面する課題について説明しています。
DTCブランドは、顧客を獲得し、一度きりの購入者をリピート顧客に変えるために努力しています。具体的には、購入(購買)後体験/Post Purchase・ポストパーチェスでの顧客とのコミュニケーションで信頼を構築して、ブランド支持率を高めるメールフローの最適化、パーソナライズの課題、新商品のドロップに関する戦略についてのポイントを解説しています。
DTCブランドは、リピート購入を促進するために購入後のメールを重要なものとして: エンゲージメント、収益、ロイヤルティを高めるためのメールフローを活用し、顧客のレーダー感性や関心や悩みにそったパーソナライズされたコミュニケーションを重視すべきです。
また、新商品のドロップにおいてもタイミングが重要であり、データを活用して効果的なキャンペーンを計画する必要があります。
DTCブランドは競争の激しい市場で成功するために、顧客獲得からリピート購入までのプロセスを工夫し、パーソナライズと効果的な顧客購買体験: CXをしてAOV LCTVをグロース施策を採用・改善する必要があります。

 

DTC リピート収益ガイド リピーター顧客をサブスクリプション顧客に変える

DTC リピート収益ガイド リピーター顧客をサブスクリプション顧客に変えるリピーター顧客をサブスクリプション顧客に変える方法についてのポイントをまとめています。
リピートビジネスの安定した流れを持つ購入(購買)体験がある場合、サブスクリプション提供は良いチャンスです、サブスクライバーの価値が大幅に増加します(約2.7倍)。永続的なD2C(DTC)ブランドを築くための堅実な成長戦略であり、最初の購入で商品価値を顧客に理解させ、購入体験・CX:カスタマーエクスペリエンスを通じて活性化させることが重要です。
また、リピーターキャンペーン、創業者とのコミュニケーション(創業者インフルエンサー)、購入の影響、付加価値、購入と保存、VIP待遇、無料アイテムなどの施策のメリットとポイントを紹介しています。しかし、正確なターゲティングは難しく、サブスクリプションの成功には顧客購買体験: CX:ユーザーエクスペリエンスでデザインしてAOV LCTVをグロースさせる運用体制とShopifyや、LexicaなどのMACHのコマースプラットフォームなどの適切な導入が必要です。

 

DTC リピート収益ガイド サブスクリプションの顧客を維持する

DTC リピート収益ガイド サブスクリプションの顧客を維持するサブスクリプションビジネスにおける顧客維持の重要性について解説しています。
サブスクリプション顧客は、通常の店舗顧客よりも長期的な価値を持ち、彼らを維持することが成功の鍵であることは良く知られています。カスタマーエクスペリエンスをトランザクションからリレーショナルにするための様々な方法で顧客維持が試みられており、ポイントベースのリワード(報酬)プログラムやキャンセルセーブなどが紹介されています。
さらに、顧客セルフサービスなどの購入(購買)後体験: Post Purchase/ポストパーチェスとしての柔軟性を提供し、顧客が簡単にサブスクリプションを管理できることも重要です。
最後に、デジタルでの購入が増える中で、DNVBとその一カテゴリーDTC(Direct-to-Consumer)/D2Cブランドが競争に勝つために必要な対策を解説しています。

 

Sbscription Drive Success お問い合わせ/相談

Sbscription Drive Success お問い合わせ/相談
殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

ユーザー生成コンテンツの完全ガイド:UGC-Guide その3 通販・オムニチャネルコマース
ユーザー生成コンテンツの完全ガイド:UGC-Guide その3 通販・オムニチャネルコマース
9. ユーザー生成キャンペーンにおいてユーザー生成コンテンツのモデレーションが重要なのはなぜですか ユーザー生成コンテンツのモデレーションは非常に重要です。ユーザーがソーシャル チャネルであなたのブランドについて投稿しているのを見るの...
続きを読んでみる
ユーザー生成コンテンツの完全ガイド:UGC-Guide その2 通販・オムニチャネルコマース
ユーザー生成コンテンツの完全ガイド:UGC-Guide その2 通販・オムニチャネルコマース
5. UGCソーシャルメディア戦略の策定 ユーザー生成コンテンツがブランドにどのように役立つかをさらに説明する前に、ソーシャル メディア マーケティングについて話しましょう。 ソーシャル メディア ネットワークが重要な e コマース ...
続きを読んでみる
アルコール & ノンアルコール・Alcohol ウエルネスドリンク・Wellness Drinkブランド編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
アルコール & ノンアルコール・Alcohol ウエルネスドリンク・Wellness Drinkブランド編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
2 種類のロイヤリティ プログラム: DTC 分野を見渡すと、ロイヤルティ プログラムには通常 2 つの中心的なアプローチがあることがわかります。 バージョン 1 または「ロイヤルティ 1.0」は、 私たちが「スプレーして祈る」アプロ...
続きを読んでみる
食品・Foods 飲料・Beverageブランド編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
食品・Foods 飲料・Beverageブランド編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
このブランド商品は私と同じ価値観を共有しているのかどうか?私のような人を理解し、気にかけているのかどうか?それを伝えるのに「抽象的」で「何の絵も浮かばない」言葉 キャッチコピーを並べてもダメです。たとえや具体的な事例、物語、インパクト...
続きを読んでみる
スキンケア・ビューティ―編  DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
スキンケア・ビューティ―編  DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
世界の美容業界では起業家精神が盛んです。 新しくダイナミックな創業者、商品、ブランドが毎日登場しますが、競争は依然として厳しいものです。新しい美容関連のスタートアップが成功するたびに、成功しない企業が数十社、おそらくは数百社存在します...
続きを読んでみる
ペット ブランド編  DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
ペット ブランド編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
ファネルとは何ですか AIDA フレームワークとは何ですか つまり、マーケティングと販売の世界では、私たちが行うほとんどすべてのことは、ある種のファネルを通じて顧客を変換するという概念によって推進されています。 「ファネル」は、誰かが...
続きを読んでみる
サプリメント&ニュートリション編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
サプリメント&ニュートリション編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
顧客は一般的なブランド情報以上のものを求めています。深いつながりを持ち、自分のことを知っていると感じたいと考えています。しかし、どうやってそれを行うのでしょうか。 臨場感あふれるストーリーテリングとは 没入型のストーリーテリングは、商...
続きを読んでみる
セクシャルウエルネス・ヘルスネス編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
セクシャルウエルネス・ヘルスネス編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
見出しの書き方が重要であることは誰もが知っています。だからといって書くのが簡単になるわけではありません。ブログ記事、商品販売ページ、Meta広告、さらには件名を書くたびに再発明をする必要はありません。より良い見出しをより速く書くために...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー