吉村 典也
吉村 典也

日本の製造業を強くするためのコンサルティング会社、外資システム会社などを経て、通信販売(ダイレクトマーケティング)、Eコマースの事業運営・CRM/購買体験購買後体験)運用・フルフィルメントサービス運用のアドバイザーとして、CS&BPOセンター(CX設計・運用からシステム設計・運用まで)の新規立上・受託までを担ってきた。通販基幹システム・Eコマース・オムニチャネル/OMO・CRM+MAシステムのマーケティングセールスから、業務設計・運用までをコマース・小売事業会社ととも一緒にアクション&グロースしてきた。

#5 ロジスティクス と フルフィルメント Shopify Plusで国際的(日本国内と日本から)に販売して ブランドを拡大する方法 

Shopify Plus コマースシステム 越境EC

 #5 ロジスティクス と フルフィルメント Shopify Plusで国際的(日本国内と日本から)

第5章 ロジスティクス と フルフィルメント

  1. 在庫 管理
  2. 倉庫保管
  3. 配送

パンデミック以降のeコマースの成熟度が加速するにつれて、納期、送料、返品ポリシーに関する顧客の期待はこれまで以上に高まっています。国際的な規模でフルフィルメントを行うことは、商品を求めて戻ってくる幸せな顧客を獲得するための鍵となります。

1. 在庫 管理 Inventory management

複数の市場にまたがってビジネスを拡大するには、すべての顧客購買体験をスムーズに提供して実行し続けるために 、自動化されたシステムへの依存度を高める必要があります。

  • 注文の追跡
  • 複数の倉庫にわたる在庫の管理
  • フルフィルメント
  • 出荷
  • 購入

をすべて1つから制御できるようにするには 、マルチロケーション在庫管理システム multi-location inventory managementsystem ((IMS)が必要になります。

在庫を同期することで、在庫がどこにあり、どこにある必要があるかについて絶えず変化していく全体像が得られます。

統合されたレポートツールは、次の機能を提供します。

  • リアルタイムでの各場所の在庫レベルの信頼できる情報。
  • 各商品の各場所での今後の需要の予測。

次のことを決定できます。

  • どの倉庫がどの注文を処理するか。
  • 割引価格でシフト/販売する必要がある余剰在庫がある場合。
  • 緊急の補充 が必要な在庫不足がある場合
  • 特定の地域で最速で売り切れる商品。

自動在庫需要計画ソフトウェアは、各倉庫の場所の販売傾向、製品のリードタイム、在庫切れ期間の詳細な分析を提供し、将来の在庫レベルをより効果的に管理してくれます。

利益の最大化

ピーク需要は、ターゲット市場ごとに異なります。
効果的なデータ駆動型の取引施策により、割引の必要性を大幅に減らすことができます。顧客ベースがさまざまな季節や文化にまたがっている場合は、時期に応じて在庫をより収益性の高い地域に移動することもできます。

顧客ベースをよりよく理解することで、割引を提供する場所と場所がわかります。
アイテムを定価に保つため。
一部の地域では、顧客は商品が大幅に割引されるのを見るのに慣れており、購入はキャンペーン販売に依存しています。
他の国では、割引はほとんど使用されず、顧客は定価で購入する方が快適かもしれませんが、その場合、割引を提供することは逆効果になります。

ストレージコストの節約

在庫需要計画は、さまざまな倉庫全体の保管コストを節約するのにも役立ちます。
複数の倉庫を管理する場合、各場所または販売チャネルを調べて、関連する保管料金を分析します。各拠点の料金を考慮に入れて、利益を圧迫する可能性のある追加コストがどこに発生しているかを管理するのに役立ちます。
保管料などを理解することは、コスト効率を維持するために各拠点にどのくらいの在庫を保持すべきか、どの倉庫/拠点が最も収益性が高いかを判断するのにも役立ちます。

将来の成長に向けた計画

インテリジェントなバックオフィスシステムにより、長期計画のために在庫の傾向を分析できます。
最も速く動いているところ。これらの地域は、成長の可能性を活かすために拡大できるかを検討します。

2. 倉庫保管

グローバルサプライチェーン内では、倉庫(DC&FC)が業務の中心です。海外の顧客に、短納期、優れた返品ポリシー、市場に適した在庫など、ローカライズされた購買体験と、購買後体験を提供できます。

言語の壁、地域の法律、税金がナビゲートされるため、国際的な倉庫の確立は主要な取り組みになります。各地域に ローカルベースの3PL(サードパーティロジスティクス)を使用することは、簡素化する1つの方法です。(国内と同じように)

新しい市場への拡大、おそらく完全な自社内倉庫が商業的に実行可能になる規模になるまで、3PL はその地域内で、すべてのビジネスを行うために、現地のコンプライアンスの義務や現地に法人を設立する必要から解放されます。

ただし、サードパーティを使用すると、利益を食いつぶ す可能性があります。 また、その地域でブランドがどのように認識されるかについてのコントロールが希薄になります。

  • 配送の遅延
  • ピッキングエラー
  • 商品の損傷

などの問題は、地域での評判を著しく損なう可能性があり、これらを処理するには3PLに依存することになります。 デューデリジェンスと優れた契約上の保護はどちらもこのリスク を軽減するのに役立ちますが、3PLの認識された制限は依然としてあります。(日本みたいにはいきません)

国際倉庫保管:正しく理解する

国際的に、倉庫保管をアウトソーシングするかどうかの決定は、国際化の際に表面化します。ブランド自身が国内倉庫を運営していても、ほとんどの企業は、特に最初に始めたときには、国際的なフルフィルメントを管理するために3PLと提携することを選択します 。

多数の商品を販売する場合は、アウトソーシングを容易に するために、新しい市場で 在庫の一部から始めることができます。すべてがスムーズに実行されたら、適切なパートナーと判断が出来る場合は、在庫とSKUを追加できます。

最適な場所の選択

最も近い顧客ではなく、ターゲット顧客との関係で最適に配置された倉庫を優先していきます。潜在的な消費者の近くに拠点を置くことで、送料の削減、短納期、費用効果が高く持続可能な返品・交換が保証されます。

主要な顧客ベースに近いだけでなく、最も幅広い顧客の場所に対応できる場所を検討する場合
たとえば、ドイツ はEUの拡大を開始しようとしている場合に適していますが、多くの企業は香港、ロサンゼルス、シンガポールなどの国際貿易センターに倉庫を拠点を置いています。

フルフィルメントパートナー に求めるもの

倉庫保管のアウトソーシングは、適切なフルフィルメントパートナーの選択と密接に関連しています。制御と自律性、および自動化(RaaSなど)のバランスを探してください。

パートナーは、倉庫内のプロセス(在庫 、入荷、アラート、不一致)を監視および操作できるオペレーティングシステム(WMSやその他)を提供しているはずです。フルフィルメントプロセスのすべての段階で自動化することで、倉庫のスケーラビリティとスピードに対処できるだけでなく、カスタマーサポートの作業負荷を軽減し、最適なポストを確保します。 顧客体験を購入するということです。

3. 配送

海外への配送に関しては、最初の課題は、利益率を大幅に食いつぶすことなく、商品をさらに遠くに届けるにはどうすればよいかということです。

国際配送会社の選択

国際的に出荷を開始すると、送料を低く抑えることになると、運送業者との関係が不可欠になります。
複数の運送業者を使用することは、送料を削減するための優れた方法です。 追跡されていないサービスは、多くの場合、より手頃な価格ですが、パッケージの種類と配達速度に関する多くのオプションを提供しない場合があります。 アイテムが紛失するリスクもあります。

追跡および署名されたサービスはより安全で、多くの場合、追加コスト分の価値があります。

同様に、エクスプレスキャリアはより速く、より重いまたはより大きなパッケージに対応でき、より多くのサービスオプションを提供します。
それは、高価であるため、プレミアム商品とか追加コストを顧客に負担して貰います。

利用できるすべてのオプションを最適化してください。 配送オプションの範囲を決定したら、配送先の国の宅配便業者の価格表を確認します。

  • 緊急性
  • 重量 と サイズ
  • 税関の要件
  • 顧客の期待

顧客の期待の管理

サイトを効果的にローカライズできた場合、購入者は地元の販売者から購入する場合と同じ配送条件を期待します。 これを達成するのは難しいですが、ローカルレベルで競争したい場合は必要です。

市場を知ることは違いを生むものであり、顧客の期待は地域によって大きく異なることが多いからです。 たとえば、日本では 2時間の配達時間ウィンドウ保証が期待されていますが、 オーストラリアでは、顧客は7日間の配達サービスで、段階的ではありません。

すべての場所に送料無料を提供できるとは限りませんが、購入者は購入前に配送料に関する明確な情報を期待します。 購入時に予期しない送料請求書が 注文に追加されていることを発見すると、カートが放棄されるリスクがあります。

チェックアウト時に顧客に表示される最終価格は、合計「配送コスト」である必要があります。 これには、税金、 送料、 税関など、および商品自体のコストが含まれている必要があることを意味します。

まとめ:結論

eコマースの世界が急速に進歩する中、国境を越えた販売はかつてないほどアクセスしやすくなっています。 Shopifyは、成長するマーチャントのために国際展開をより簡単かつ合理化し、グローバルコマースへの障壁を取り除くために、プラットフォームを継続的に調整しています。

多くのクライアントが国際的に拡大するのを見てきました。 一部の人にとっては、これは店頭に複数通貨を追加してテストするのと同じくらい簡単です。国際化により 、主要地域全体で複数の新しいサイトが立ち上げると、印象的な結果も得られました。
経験豊富なテクノロジーパートナーのネットワークと協力して、商業的に関連するデータ駆動型のソリューションを提供できます。国際的な拡大を成功させるのをお手伝いします。

Shopify Plusで国際的(日本国内と日本から)に販売して ブランドを拡大する方法シリーズ 

#1 国際Eコマースマーケット

#1 国際マーケット Shopify Plusで国際的(日本国内と日本から)に販売して ブランドを拡大する方法

第1章では、eコマースビジネスが国際的なマーケットに拡大することの重要性と、そのための戦略について説明されています。国際化を成功させるためには、国際展開のタイミングを正確に把握し、十分な資金を調達する必要があります。また、オンラインストアの構築やマーケティング戦略、運用とコンプライアンス、ロジスティクスとフルフィルメントについても詳細に解説されています。資金調達の方法として、eコマースに特化した収益ベースの金融ソリューションが紹介されています。

#2 コマースプラットフォーム

#2 コマースプラットフォーム

第2章では- プラットフォームオンラインストアの構造は、URL構造、多通貨、多言語の要素を統合する必要がある。
- 地域の顧客コンテキストの調査に基づいてデータ主導の決定を行う必要がある。
- 現在のストアを分析し、改善すべき弱点や領域を特定する必要がある。
- オンラインストアの構造を設計する際には、単一のストアからすべての国を運営するか、複数のストアアプローチを選択するかを選ぶことができる。
- Shopify Marketsを使用すると、国際展開やローカライズされた購買体験を実現できる。
- URL構造の選択肢には、国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)、サブドメイン、サブディレクトリがある。
- 正しいhreflangタグの実装が必要であり、顧客を適切なストアフロントに誘導するための努力が必要である。 

#3 マーケティング と 戦略

#3 マーケティング と 戦略

第3章では、マーケティングと戦略に関するいくつかの重要なポイントが説明されています。

1. 新しい地域へのマーケティング戦略の適応 グローバル展開において、マーケティングキャンペーンを国際化し、ローカライズする必要があります。文化の違いや言語の違いに対処し、地域の市場の特徴を考慮して戦略を立てることが重要です。

2. 顧客体験のパーソナライズ オンラインストアを通じて顧客とつながるために、個別に合わせた顧客体験を提供することが重要です。パーソナライゼーションを活用して、地域に合わせた商品やコンテンツを提供し、顧客の関与と購買意欲を高めます。

3. メールマーケティング メールマーケティングは国際展開において重要なチャネルです。地域のコンプライアンスやマーケティングの態度を調査し、パーソナライズされたメッセージを作成することが求められます。また、ユーザー生成コンテンツを活用して、消費者との信頼関係を構築することも重要です。

これらのポイントを考慮しながら、新しい地域へのマーケティング戦略を展開し、顧客体験をパーソナライズし、メールマーケティングやユーザー生成コンテンツを活用することで、国際的な成功を目指すことができます。

#4 運用 と コンプライアンス

#4 運用 と コンプライアンス Shopify Plusで国際的(日本国内と日本から)に販売して ブランドを拡大する方法

第4章では、運用とコンプライアンスの自動化について説明されています。特に、カスタマーサポート、国際税務、および運用の自動化に焦点が当てられています。自動化は、ビジネスプロセスを合理化し、効率を向上させるために活用されます。具体的な自動化の例としては、自動化ソフトウェアの導入、詐欺の検出、在庫管理の自動化、カスタマーサポートの向上、国際税金の計算などが挙げられます。これらの自動化は、顧客体験の向上と効率化に役立ちます。

#5 ロジスティクス と フルフィルメント

#5 ロジスティクス と フルフィルメント Shopify Plusで国際的(日本国内と日本から)に販売して ブランドを拡大する方法 

第5章では、ロジスティクスとフルフィルメントについての重要なポイントが説明されています。以下に要点をまとめます。

1. 在庫管理 複数の市場に展開するためには、自動化されたシステムを使用して在庫管理を効率化する必要があります。マルチロケーション在庫管理システム(IMS)は、在庫を同期し、リアルタイムで在庫レベルや需要を把握するためのツールとして役立ちます。

2. 倉庫保管 グローバルサプライチェーンでは、倉庫が重要な役割を果たしています。国際的な倉庫の確立は、短納期や返品ポリシーなどのローカライズされた購買体験を提供するために必要です。3PL(サードパーティロジスティクス)を使用することで、国際的なビジネス展開を容易にすることができますが、制御や認識の制約も考慮する必要があります。

3. 配送 海外への配送においては、利益率を保ちながら効果的な配送方法を見つけることが課題です。適切な国際配送会社との関係を築くことが重要であり、複数の運送業者を使用することで送料を最適化することができます。

これらのポイントを把握し、ロジスティクスとフルフィルメントを効果的に管理することで、顧客の期待に応えることができます。

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

吉村 典也

監修者

アドバイザー

吉村 典也

日本の製造業を強くするためのコンサルティング会社、外資システム会社などを経て、通信販売(ダイレクトマーケティング)、Eコマースの事業運営・CRM/購買体験購買後体験)運用・フルフィルメントサービス運用のアドバイザーとして、CS&BPOセンター(CX設計・運用からシステム設計・運用まで)の新規立上・受託までを担ってきた。通販基幹システム・Eコマース・オムニチャネル/OMO・CRM+MAシステムのマーケティングセールスから、業務設計・運用までをコマース・小売事業会社ととも一緒にアクション&グロースしてきた。
大手通販グループの「単品リピート(サブクリプション)/通販基幹CRMシステム」外販・導入サポート業務を通じて出会った事業者とのコミュニケーションを通じて、まだまだ、日本のDNVB・D2C(DTC)ビジネスにはチャネルとしてではなく、「顧客中心」としてのホネストビジネスとして、再成長の可能性、未知のカテゴリー、オムニチャネルコミュニケーションからのオムニチャネルコマース体験がある、それを支えるコマース事業者のインハウス化が必要であること、そして柔軟に迅速にその業務を支持・運用できる、MACHコンポーザブルタイプのシステムを広めることが大切と確信しつつ、1社でも多くの30億、100億円事業にグロースするためのアドバイス・サポートを提供している。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

顧客満足度を高めるためのコマースカテゴリページのポイント
顧客満足度を高めるためのコマースカテゴリページのポイント
オンライン買い物客は、実際のウィンドウショッパーのように、自分が探しているものを知るのではなく、利用可能なオプションを熟読しています。ユーザーの興味関心とコンバージョンを獲得するには、最も魅力的なアイテムが上位にランク付けされ、カテゴ...
続きを読んでみる
サーチアンドダイズの完全ガイド 101
サーチアンドダイズの完全ガイド 101
クリックストリームデータ、Eコマースのベストプラクティス、Eコマースカテゴリページ、Eコマース検索、オンラインリテール顧客体験の向上はデータから始まりますが、最近ではデータもたくさんあります。(ありすぎます)eコマースの売上高だけでも...
続きを読んでみる
ユニファイドコマース向けAI活用ガイド
ユニファイドコマース向けAI活用ガイド
AI は、ある規模の組織内で少なくとも完全に機能していると言われています。しかし、小売業の経営幹部は、進化するAIの状況についていくのは難しいと感じています。近年、ユニファイドコマースやeコマースチームは、新しい顧客の好みに適応して、...
続きを読んでみる
返品から再販へ:リコマースフルフィルメントのポイント
返品から再販へ:リコマースフルフィルメントのポイント
リコマースとサーキュラーエコノミーは、先進的なブランドの持続可能性と収益性を推進する極めて重要な概念として注目を浴びています。リコマースとは、中古品を購入、再生、再販し、ライフサイクルを延長して、環境への影響を軽減しつつ、収益を向上さ...
続きを読んでみる
キャッシュバックでロイヤリティをアップするポイント
キャッシュバックでロイヤリティをアップするポイント
キャッシュバックリワード報酬でロイヤリティを向上させるガイド 割引クーポンコードを捨てて、リピート購入を増やし、メンバーシップとロイヤルティプログラムの基盤にして収益性をアップする時です。 ユニファイドコマース、オムニチャネルコマース...
続きを読んでみる
顧客紹介プログラムの作成方法 101
顧客紹介プログラムの作成方法 101
それはただの普通の日常として始まります。あなたは睡眠からさめ、起き上がり、Instagramアプリを開いてスクロールを開始します。しかし、すぐに友達の最新のアパレルでのシーンが表示されます、フィードの他のものには何も関心が移りません。...
続きを読んでみる
カスタマーレビューにリワードを提供して収益をアップする
カスタマーレビューにリワードを提供して収益をアップする
セールスサイクル全体を通してカスタマーレビューの力を活用します レビューは購入サイクルにおいて大きな役割を果たしています。購入者に信頼感を与え、ファネルの認識、検討、意思決定の段階を通じて信頼を高めてくれます。それらがなければ、売上の...
続きを読んでみる
リワードプログラムを開始するための5ステップ
リワードプログラムを開始するための5ステップ
あなたのコマースストアー・リアル店舗には多くの競争があります。Shopifyだけでも800,000以上のeコマースストアがあり、何を販売していても、それと同じ商品を販売している人(おそらく何百人もの人)がいます。競合他社に誘われる前に...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー