儲かるギフトカードプログラム

儲かるギフトカードプログラム

顧客があなたから商品を購入してほしいと頼み、この特定の商品があなたのストアでの追加購入につながる傾向があることをご存知ですか。
あなたはその機会をどう活かしますか。
さて、その商品と購入体験とは‥‥

それは、店舗オリジナルの「ギフトカード」です。

  1. ギフトカードは「最も求められているギフトアイテム」である
  2. プレゼントを引き換える際に「多くの消費者がギフトカードの価値よりも多くを費やします」

成功するための5つの重要なステップをご紹介します。ご一緒に考えていきましょう。

ステップ #1: 顧客が Amazon ギフトカードのような画一的なソリューションではなく、オリジナルギフトカードを購入する必要がある理由を明確にする

誰かへのプレゼントを買うのは簡単ではありません。ギフトカードがあれば簡単になりますが、贈り先の愛する人にぴったりの店を選ぶのはまた難しい作業です。

多くの人が簡単な解決策を求めてAmazonギフトカードを手に入れ、受けとり者がほぼ無制限の数のカテゴリから実質的に何でも選択できる理由とメリットは簡単に理解できます。

あなたが販売している商品とAmazonが販売している商品の違いは何でしょうか、Amazonがより幅広いカテゴリー、より広い価格で、そしてまた、無数の他の種類の商品を販売しているという事実をどう評価しますか。

それは差別化に関するものです。

ビジネスの目的に焦点を当てることをお勧めします。

  • あなたのビジネスが何を表しているのか
  • あなたの理想の顧客は誰なのか
  • そしてあなたの業界であなたを苛立たせているのは何か

- そうすれば、よりユニークなブランドを構築することができます。(簡単ではありません)

例えば、すべての人にリラックスできるセラピーマッサージ機器と付帯サブスクサービスを提供するのではなく、忙しいママたちに焦点を当て、子供たちから離れて一人の時間を持つなど、リラックスしたセラピー体験が彼らにとって何を意味するのかを深く掘り下げていくことなどです。

ギフトカードの差別化

ブランドを差別化(本来は差異化です)したら、次はストアでのギフトカードの購入と受け取りのプロセスを差別化します。

ほとんどの店舗は、自分のために購入する人のために購入プロセスを最適化していますが、他の人への贈り物を買うという感情的な体験は無視していると言われています、ギフトカードを購入するときにより強く感じるはずです。

「ギフトカードは物理的なプレゼントで、感傷的な価値を欠いており、支出された合計金額を明らかにするなど、現金ギフトと同様の特性を持っている」

ためと言われています。

したがって、簡単な方法は、購入者がアニメーション、写真、挨拶などの個人的なタッチを追加するのを手伝ったり、購入者にギフトをデザインさせたりすることです。

これは、購入者はギフトの共同作成者になり、カートを放棄するのではなく、クレジットカードで購入プロセスを完了できる可能性が高くなります。

さらに、ギフトの受取人へのギフトカードのメールと、ギフトの受取人がクリックするランディングページをパーソナライズするのに役立ちます。

購入者が作成したパーソナライゼーションを使用し、バルーンやその他のお祝いの要素のビジュアルを追加することもできます。
これは、非個人的な「無料のお金のカード」に感情的な側面を追加するということです。
あなたの商品が買い手と受け手の感情的なつながりを強めるのに役立っていれば、この肯定的な感情は、あなたが販売するカテゴリーの商品を必要とするたびに、受け手(おそらくブランドにとって適格な顧客層)に湧き上がってきます。

もちろん、店舗でこれを成功させるためには、上位の顧客セクターが誰であるか、そして購入を成功させるために何が必要かを明確にする必要があります。

ステップ #2: ギフトカード施策を策定する際には、3つの上位顧客を念頭に置いてこと

ギフトカードプログラムを成功させるには、お客様にどのようなメリットがあるかを念頭に置く必要があります。
顧客のニーズと、購入を妨げている可能性のあるものを特定し、ソリューションを施策に織り込む必要があります。

ここで、ギフトカードプログラムの3つの一般的な顧客セグメントでそれを行う方法を紹介します。

1 バイヤーがブランドの典型的なターゲットオーディエンスではないとき

小売業者がビジネスでギフト市場を優先する際に直面する主な問題です。
「ある業界は女性客が大半を占めています。
しかし、女性へのギフトを購入し、何を買うべきかについていくつかのアドバイスを必要としているのは男性である場合です。」

ギフトカードプランを開発する際に、ギフトカードの購入者が、成功できる購入を行うのを助ける方法を考え出すことがポイントです。

  • 選び方を簡単に説明するガイド
  • このタイプの人に購入するのに最適なプレゼントになる受取人の好みや性格に関するクイズ
  • ギフトの専門家(別名カスタマーサービスエージェント)がサポートできるギフトホットライン
  • インフルエンサーと提携し、インフルエンサーのおすすめに沿ったギフトカードのパッケージを作成するという方法

贈る人の目に映りやすくなれば、また戻ってきてプレゼントを買ってくれることでしょう。

2 ギフトの受取人

ギフトカードを受け取り、ストアのWebサイトにログインして(リアル店舗でも)、商品の閲覧を開始します。
誘惑はいたるところにあり、ギフトカードという「フリーマネー」があれば、ポケットから簡単に金額を追加して、欲しかった商品を手に入れることができます。

ギフトカードで支払うと、顧客が定価で何かを購入する可能性が2.5倍高くなるとも言われています。

(要らないものでも、購入して返品で現金化するかもしれませんし、転売するかもしれません。デジタルのギフトカードは転売できません)

カードの価値をわずか数00円下回る金額で来店して購入した顧客は、カードに残った資金を使い果たすためにさらに多くの費用を費やす必要があるため、再来店したくなるのです。(これはモバイルペイでも体験済です。)したがって、デジタルギフトカードを提供する場合は、ギフトの受取人にいくつかのリマインダーを送信して、ギフトを受け取るように促していきます。

特別な日を祝う人だけにダブルディスカウント(アイテムの元の価格に2つの異なる割引を連続して適用して、最終価格を下げる施策)や無料景品の権利参加など、追加のインセンティブを提供して、ストアへの来店やログインを促すことを検討してください。

ただし、無理強いは禁物です。ギフトの受取人は、あなたにメールを送る許可を与えた人ではないことを忘れてはいけません。

ギフトの受取人がログインしたり、あなたのストアに足を踏み入れたりしたら、あなたはコミュニケーションを働かせる時が来たということです。
あなたにとって素晴らしい見込み客としてサービスを提供します。
ギフトの受取人が何を必要としているかを知っているのかもしれません。贈り物を取りに来たので、上機嫌であなたの店に来ているはずです。
VIP体験を提供し、購入体験を通じて信頼というエンゲージメントを長期的に獲得できるようにします。オプトインと共に

3 自分のためにギフトカードを購入する人

誰もが愛する人の誕生日、節目、休日を祝うためにギフトカードを購入するわけではありません。
ギフトカードを自分のために購入する人もいます。お金を節約するためかもです。

  • ポイントやマイルを交換すれば、ギフトカードがもらえる人もいます。
  • 10000円相当のギフトカードを購入し、8500円しか支払わない場合、購入時に15%節約できます。
  • 10000円相当のギフトカードを購入し5%のキャッシュバックキャンペーンで5%節約できます。
  • ロイヤルティポイントやリワードポイントが提供されたからかもしれません

彼らが定期的に同じ店舗で購入すれば、顧客にとっては年間数百、数千の節約につながる可能性がありますが、それは店舗にも利益をもたらします。

たとえば、顧客が 8500円 を費やして 10000円のギフトカードを購入したとします。
これは、一般的な顧客であれば、今日4500円を費やし、いつ、どの店で4000円を費やすかは誰にもわからない代わりに、8500円は店舗の収入です。

予定していなくても、インセンティブが提供されたために特定の店舗で購入することになったり、また、インセンティブが提供されたため、当初の計画よりも多くの支出をします。したがって、小売業者は積極的に行動して、ギフトの機会が見えない場合でも、日常の顧客にギフトカードを提供するメリットがあります。
顧客がギフトカードも購入すると、購入の割引を受けることができると認識することです。それは、自分自身に贈り物をすることと位置づけることもできます。
そして、特別な機会に愛する人と楽しみを共有したいときにも、ブランドのことを思い出すように促してください。

ステップ #3: アップセルとクロスセルのオプション

顧客がギフトカード購入と贈る決定を下し、購入する準備ができたら、クレジットカードを取り出してチェックアウトする時が来ました。いいえ、購入する準備ができたら、もう少し購入について改善するように丁寧に提案する時です。

テクノロジーによってデータを簡単かつ迅速に収集する方法が数多く提供されているため、カスタマージャーニーに沿って適切な人に豊富なオプションを提供することができます。

たとえば、グリーティングカードやギフトカードを保管する箱をクロスセルできます。また、ギフトカード自体をクロスセルできます。
また、ギフトカードのパッケージをアップセルすることもできます。
例えば、ボリューム割引を探している人や、友人が赤ちゃんを産み続けている若い大人のためには、買い貯めすることも可能にすることです。再び必要とすることがわかっているので、前もっての購入を確保してみることは、双方にとって便利です。

オーディエンスは、正しい選択をしているかどうかわからない人もいます、実際には高価なバージョンにアップグレードをします。
これは、通常のターゲットオーディエンスでない場合に特に当てはまります。
また、ギフトカードを手に入れた人にも当てはまり、この「無料のお金」の贈り物に少し追加することに前向きかもしれません。

あなたの娘がバービーの公式ウェブサイトのために1000円のギフトカードを手に入れたとしましょう。
彼女はバービーを買いたいと思っていて、本当が好きです。しかし、彼女が好きなバービーはそれだけではないので、彼女はどれを手に入れるべきかわかりません。
彼女が1体ではなく2体の人形を手に入れるために、ポケットから600円余分にお金を払ったり、追加したりすることに前向きである可能性はどれくらいでしょうか。

オプトインする人の割合が少ないにもかかわらずですが、顧客セクターごとにアップセルとクロスセルのオプションを開発する価値があるということです。
顧客の数%が2000年、5000円、10000円余分に支出することは、ブランド収益にとってどれほど重要でしょうか。1つの商品が月平均1,000人の顧客を獲得した場合、毎月の売上に86,000〜430,000円を追加することになるかも知れません。

ステップ #4: 最初のギフトカード購入後も各顧客セクターとの関係を維持する

ストアでギフトカードを探している多くのお客様は、ストアで包括的に、場合によっては長期的な体験から恩恵を受けることができます。
そして、それはあなたの店にとっても非常に有益かもしれません。
新規顧客よりも既存顧客への販売が簡単と報告しているため、顧客維持率が5%向上するだけでも、企業の収益性は75%向上することは簡単に計算できます。

そのため、顧客がギフトカードを求めてあなたのところに来るときはいつでも、必ずその人のメールアドレスを入手して、連絡を取り合い、関係を維持できるようにしてください。

  1. 何を買えばいいかわからない場合は、メールアドレスと引き換えに無料のガイドやオンライン相談をしましょう。
  2. 相手がギフトカードを利用する場合は、特別な日を祝うために、メールアドレスと引き換えに、追加のギフトを贈ります。
  3. 購入金額を節約するためにギフトカードを購入する場合は、VIPニュースレターの無料購読を提供して、彼らのような忠実な顧客だけが利用できる限定の特別オファーにアクセスできるようにします。

その後、必ずフォローアップしてください。

これがあなたにとって重要な顧客セクターである場合は、ニューレターを介して連絡を取り合うことで、贈り先の世界に簡単に共感してもらうことができます。次の購入を検討することも容易になります。

どの顧客セクターを優先するにしても、顧客データを収集し、顧客プロファイルを構築し、詳細なインサイトを提供することができる商品に加えて、正確な取引を適切な人に適切なタイミングで提供するのに役立つツールを時間をかけて選択してください。 プロセスを自動化してください。もちろん、データを取得するためには、もう1つ行う必要があることがあります。

ステップ #5: マーケティング計画を立てる

最高(日本いや世界)のギフトカードプログラムを持つことができますが、実際にそれについて世界に伝えなければ、誰も購入してくれません。
ギフトカードのプログラム戦略が決まったのであれば、次はマーケティング戦略を作成して売上を上げましょう。

ホームページ、ニュースレター、ソーシャルメディアチャンネルを使用して、すでにストアを気に入っている人々に告知します。
大きなサイトやローカルニュースサイトにゲスト投稿を公開して、まだあなたのことを知らないオーディエンスにアピールしましょう。また、補完的な企業とのコラボレーションも検討してください。

ギフトカードプログラムの構築を始めましょう

ギフトカードプログラムの構築は簡単ではありませんが、努力する価値はあります。できるだけ早く始めてみてください。構築と実装と成功には時間がかかることを忘れないでください。

市場に投入するには時間がかかります。

特定のオーディエンスに対して何が機能し、何が機能しないかをテストするには時間がかかります。
今日から始めましょう。小さなことから始めましょう。一歩踏み出しましょう。何かをテストします。変更を加えます。もう一度テストします。
設計、開始、データの収集、顧客への価値の大幅な向上、プロセスの自動化が必要になります。
そして、それは徐々に簡単になり、ゆっくりと良く機能し、徐々に収益性が高くなります。
そして、それが実現したら、他のコラボレーションできるコマース企業に行き、チームとしてギフトカードで購入できる商品を提供して、富を分かち合い、喜びを分かち合いましょう。