富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

危険品倉庫 とは

物流代行 発送代行 3PL
物流発送代行 フルフィルメント 関連用語集

危険品倉庫

「危険品倉庫」とは、消防法で定められている「危険物」を保管する許可を得た倉庫を指します。危険物とは、火災や爆発などの災害につながる恐れがある「石油・アルコール類」などが挙げられます。

消防法によって危険物が扱える施設は「製造所」「貯蔵所」「取扱所」の3つに分類されており、そのうちの貯蔵所が危険物倉庫に当たります。3つの施設以外では、消防法に指定された数量以上の危険物の保管はできません。ただし、指定数量以下であれば一般的な倉庫でも扱える場合があります。

お役立ち情報


物流拠点を最適化する方法とは? ポイントや取り組み事例を解説!

物流拠点を最適化する方法とは? ポイントや取り組み事例を解説!

Eコマースサイトの普及により物流業界の需要が拡大していますが、人手不足やコスト増加などの課題もあり、需要と供給のバランスが取れていません。物流業界では、コストの最適化と効率化のために物流拠点の最適化が注目されており、物流拠点の立地見直しや集約型・分散型などの戦略などが紹介しています。オムニチャネルも考慮した、物流拠点の最適化には、自社の物流サービスの軸を決定し、拠点候補を洗い出すことが重要です。集約型の戦略では運用コストの削減や配達効率の向上や、返品・交換 物流フルフィルメントサービス の実現など期待できます。

目次


冷凍や冷蔵食品物流における現状とは?EC物流代行サービスの選び方

冷凍や冷蔵食品物流における現状とは?EC物流代行サービスの選び方

EコマースD2Cでは、冷凍や冷蔵食品の取り扱いに特化したEC物流代行サービスの需要が増加しています。このサービスを利用することで、業務の質を向上させることやコスト削減が可能です。冷凍や冷蔵食品の物流には温度管理が必要であり、物流業界では保管コストや配送コストの上昇が懸念されています。また、冷凍や冷蔵食品物流には多くの課題もありますが、EC物流代行サービスの選び方には、冷凍や冷蔵品を把握している業者や連絡体制が整っているとともに、購買後体験・開封体験・Unboxingのポイントを熟知している3PL業者を選ぶことが重要です。

目次


ピッキング作業ミスをなくす10の方法!【倉庫従事者がコツを直伝】

ピッキング作業ミスをなくす10の方法!【倉庫従事者がコツを直伝】

ピッキング作業ミスが続いてしまい、対策や運用方法に悩むEコマースD2Cオムニチャネル事業者様も多いのではないでしょうか。ピッキング作業ミスが起こると、間違った商品を発送することになり、顧客の信頼を失い、購買後体験を台無しにしてしまいます、顧客のロイヤルティ醸成などの大きな問題に発展する可能性があります。
とはいえ、ピッキングは基本的に手作業で行なうことがメインであるため、ミスが起こりやすいのも事実です。ミスを減らすためには「運用フローの確立」や「業務の標準化」が有効です。

目次

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

Sales Qualified Lead (SQL) 見込み客 顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
  Sales Qualified Lead (SQL) とは Sales Qualified Lead (SQL) は、販売またはマーケティングのアウトリーチに積極的に反応する可能性が高いと判断された見込み顧客です。この決定は通常、...
続きを読んでみる
Type 1 and Type 2 Errors タイプエラー 顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために 
  タイプ 1 エラーとは何ですか タイプ 1 エラー (偽陽性とも呼ばれます) は、条件が存在しないのにテストが誤って存在することを示す場合です。たとえば、新薬が試験され、その薬は効果がないが実際には効果があるという帰無仮説が立てら...
続きを読んでみる
User Journey Map ユーザージャーニーマップ 顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
  ユーザージャーニーマップとは ユーザー ジャーニー マップは、ユーザーが Web サイトまたはアプリ上でタスクを完了するために実行するステップを視覚化するために使用されるツールです。カスタマージャーニーマップやエクスペリエンスマッ...
続きを読んでみる
Content Validity コンテンツの有効性 顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
  コンテンツの有効性とは コンテンツの有効性・妥当性とは、測定対象の特定のスキルまたは知識を測定またはテストがどの程度評価するかを指します。言い換えれば、テストの内容が測定対象の構成を正確に反映しているかどうかを測定します。 コンテ...
続きを読んでみる
Contextual Relevance コンテキストの関連性 顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
  コンテキストの関連性とは コンテキストの関連性とは、マーケティング資料が顧客のジャーニーのより大きなコンテキスト内に適合することを理解し、確実に適合させることです。視聴者に関連性があるだけでなく、タイムリーで役立つコンテンツを作成...
続きを読んでみる
Multichannel Marketing マルチチャネルマーケティング  顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
  マルチチャネルマーケティングとは テレビ、ラジオ、印刷メディアなどの従来のマーケティング チャネルは依然として重要ですが、今日の消費者は複数のチャネルを通じてブランドと対話することが増えています。このため、競争力を維持したい企業に...
続きを読んでみる
Organic Traffic オーガニックトラフィック 顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
  オーガニックトラフィックとは オーガニック トラフィックとは、無料の検索エンジンの結果から発生する Web 訪問者です。検索エンジンのランキングに自然に表示され、広告キャンペーンへの支払いを必要としないため、「ナチュラル」または「...
続きを読んでみる
Progressive Profiling プログレッシブプロファイリング  顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
  プログレッシブプロファイリングとは プログレッシブプロファイリングは、マーケティング担当者が時間をかけて見込み客に関するデータを徐々に収集するために使用する方法です。このプロセスには、訪問者や見込み客がサイトを再訪問するたびに自然...
続きを読んでみる

カテゴリー