富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

クロスドッキング とは

物流代行 発送代行 3PL
物流発送代行 フルフィルメント 関連用語集

クロスドッキング

「クロスドッキング」とは、入荷した貨物を開梱・在庫保管せずに、仕分けや積み替え作業を行った後すぐに出荷をする仕組みを指します。 

荷受けする場所を「ドック」といい、出荷先ごとに仕分けや積み替えをクロスさせる拠点であることに由来し、「クロスドック」とも呼ばれます。

クロスドッキングを行うメリットは以下のとおりです。

  • コスト削減
  • 発送のリードタイム削減
  • 倉庫スペースの削減

お役立ち情報


【ロジレス連携倉庫が語る】システム活用によるEC受注〜出荷自動化のススメ

【ロジレス連携倉庫が語る】システム活用によるEC受注〜出荷自動化のススメ 

「LOGILESS(ロジレス)」は、株式会社ロジレスが提供するEC自動出荷システムです。受注から出荷までの事務業務を自動化できるメリットがあり、EコマースD2Cオムニチャネル事業者と倉庫事業者の物流フルフィルメント管理システムを統合した新しい仕組みです。ロジレスはOMSなどの実用的な機能が多数搭載されており、EC事業者と倉庫事業者から高評価を得ています。自動出荷や密接なコミュニケーション、複数倉庫の管理など、連携倉庫での導入メリットも具体的に紹介しています。

目次


OMOとは? オムニチャネル・O2Oとの違いや施策事例をわかりやすく解説

OMOとは? オムニチャネル・O2Oとの違いや施策事例をわかりやすく解説

OMO(Online Merges with Offline)は、Eコマース(電子商取引)とリアル・実店舗を統合したマーケティング戦略の一つです。OMOは顧客購買前体験購買後体験の向上を目指し、オムニチャネルやO2Oとは異なる施策です。顧客データの一元管理やモバイル決済、ポイントシステム、モバイルオーダー、チャットボット、デジタルサイネージなどの導入などがポイントになります。成功事例として、Alibaba(アリババ)や日本のアパレル企業「オンワード樫山」が挙げられます。OMOのメリットは顧客体験の向上や顧客データの収集にありますが、導入や浸透には時間がかかるデメリットも存在します。OMOの成功のポイントは、複数の販売チャネルを持ち、顧客データ(返品・交換データも)を一元管理することです。

目次


ピッキング作業ミスをなくす10の方法!【倉庫従事者がコツを直伝】

ピッキング作業ミスをなくす10の方法!【倉庫従事者がコツを直伝】

ピッキング作業ミスが続いてしまい、対策や運用方法に悩むEコマースD2Cオムニチャネル事業者様も多いのではないでしょうか。ピッキング作業ミスが起こると、間違った商品を発送することになり、顧客の信頼を失い、購買後体験を台無しにしてしまいます、顧客のロイヤルティ醸成などの大きな問題に発展する可能性があります。
とはいえ、ピッキングは基本的に手作業で行なうことがメインであるため、ミスが起こりやすいのも事実です。ミスを減らすためには「運用フローの確立」や「業務の標準化」が有効です。

目次

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

Omnichannel Personalization オムニチャネルのパーソナライゼーション 顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
オムニチャネルのパーソナライゼーションとは 始めるための包括的なガイド オムニチャネルのパーソナライゼーションは、今のマーケティングで最も注目されているトレンドの 1 つです。 それには十分な理由があります。消費者が支出をオンライン ...
続きを読んでみる
Sales Intelligence セールスインテリジェンス  顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
セールスインテリジェンスとは セールス インテリジェンスは、より適切な販売上の意思決定を行うために、データを収集、分析、使用して販売実績と市場トレンドに関する洞察を提供するプロセスです。これには、見込み客、顧客、競合他社、市場動向に関...
続きを読んでみる
Transactional Data トランザクションデータ 顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
  トランザクションデータとは ほとんどのコマース企業は、日々の業務を追跡するために何らかの形式のトランザクション データに依存しています。このタイプのデータには、販売情報や顧客情報から在庫レベルや財務記録に至るまで、あらゆるものが含...
続きを読んでみる
Feature Test 機能テスト 顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
  機能テストとは 機能テストは、企業が顧客に可能な限り最高のユーザー エクスペリエンスを提供するのに役立つ機能の複数のバリエーションをテストする重要なソフトウェア開発プロセスです。機能テスト中、開発者は通常、機能の複数のバリエーショ...
続きを読んでみる
Unique Customer Identifiers (UID) ユニークカスタマー識別子  顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
  ユニークカスタマー識別子とは ユニークカスタマー識別子(UCI) は、個々の顧客を一意に識別する数字や文字の文字列です。この識別子は、データベース内の顧客の識別、顧客の行動の追跡、複数のシステム間での顧客データの照合など、さまざま...
続きを読んでみる
Value Proposition 価値提案とは 顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
価値提案とは 価値提案をマスターする: ブランドの約束を伝える方法を学ぶ価値提案は、あらゆるビジネス戦略の重要な要素です。これは、製品、サービス、または企業が顧客または対象者にどのようなメリットを提供できるかを説明する声明です。価値提...
続きを読んでみる
Real-Time Personalization リアルタイムのパーソナライゼーション 顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
リアルタイムパーソナライゼーションとは リアルタイム パーソナライゼーションは、個々のユーザー向けにコンテンツをリアルタイムでカスタマイズするために使用される技術です。これは、誰かがあなたの Web サイトやアプリにアクセスするとすぐ...
続きを読んでみる
Rule-Based Personalization ルールベースのパーソナライゼーション 顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
  ルールベースのパーソナライゼーションとは ルールベースのパーソナライゼーションは、顧客が特定のメッセージを表示したり、特定のオファーを受け取ったりするために満たさなければならないルールや条件を作成するマーケティング戦略です。これを...
続きを読んでみる

カテゴリー