C2C(CtoC) とは

物流発送代行 フルフィルメント 関連用語集

C2C(CtoC)

「C2C」とは、「Consumer to Consumer」の略称であり、直訳では「個人間取引」のことです。「CtoC」と表記される場合もあります。

「C2C」は、企業が間に入ることなく、個人間で商品やサービスを売買します。以前までは公園などで開催されるフリーマーケットなどで販売をするなど、小さな取引が一般的でした。しかし、現在はネットオークションやフリマアプリの活用により、大きなマーケットになりつつあります。

「C2C」の取引は消費税が発生しないため、販売側は比較的安い手数料で運営が可能であり、購入者側も安価で目的の品物が手に入るメリットがあります。

ただし、個人間の取引のため「商品が届かない」「不良品だった」などのトラブルも絶えません。安価な分、デメリットもあるため利用には注意が必要です。

お役立ち情報