VALX 世界一を見据えた展開 表現する市場と売る市場とは #2

VALX

インタビュー&ライティング 吉村 典也

株式会社レバレッジは、VALXでプロテイン市場で1番を取ること、そして、次の「日本一」を目指しているからこそ、
これらから目指す日本一としては、現在は20~30代男性がメインターゲットとなっていますが、今後は

  1. 経営者層向けマーケット
  2. 女性向けマーケット
  3. 子ども向けマーケット
  4. 高齢者向けマーケット

      を一気に立ち上げたいと考えていますとのこと。
      そして、そのための体制と人材要件についてお伺いしてきました。
      VALX 世界をフォーカスして日本一グロースハックしている理由 #1

      今回は、実は、「日本一」は1つのプロセスであること、そして、目標は「世界一」であることについてお伺いさせていただきます。
      みなさまに、気づきとインサイトをお届けさせていただきます。

      日本ではなく、「世界一」を目指すことについて

      ファシリテーター:吉村 典也 (以下:吉村)

      日本だけではなく、世界を目指すことについてお伺いさせてください。

      株式会社レバレッジ 代表取締役CEO 只石 昌幸 様(以下:只石 様)只石様Twitter:@kodawari_ceo

      世界中にはもっと大きなチャンスがあると思っています。
      僕の地元は、群馬県です。東京に比べたら田舎ですよね。そこには、1軒のスーパーがあります。
      しかし、年々売上は下がっていきます。
      何故か? みなさんお判りだと思います。

      その原因の一つは、どんどん人口が減っているためです。
      売上を上げる施策としては、東京などの人が多くて、成長していて、活気のあるところに進出することが1つの方法だと思いませんか?

      日本のマーケット全体を俯瞰すると、少子高齢化が基礎的な条件になっています。
      世界視点で捉えていくと、成長しているマーケットが見えているので、世界に展開する目的の理由の1つになっています。

      吉村
      先ほど #1 でのお話でもありました、日本でのポジション、アクションは、あくまでも目標の1つであること。
      次の目標にむけて、圧倒的・徹底的に実施することの1つ1つの細かなやることだということですね。

      只石 様
      そうです。
      「日本一になれなければ、世界一になれない」
      ということです。

      そして、僕が言っていることは、プロモーションテクニックよりマーケットのあるところで、やってみるということです。

      日本から出ていかないから 自分たちのおかれている環境が、理解できない。
      先程の群馬県を例にあげたときのように「村」だと思っていないことが問題だと考えています。

      吉村
      世界ですが、北アメリカ、ヨーロッパ、中国、そしてアジア、インド、アフリカなどのエリアがあると思っています。
      具体的にどのマーケットから進出をしようとされていますか。

      只石 様
      僕は、世界の現地をみるようにしています。
      それは、実際の現地の顧客のことを理解するためだけではなく、日本のことがよく見えること、俯瞰できるからでもあります。
      そのような体験を重ねていく中で

      プロテインについては、

      1. VALX-プロテインを表現する市場
      2. プロテインを売る市場

      があると捉えるようになりました。

      プロテインを表現する市場

      VALX-プロテインを表現する市場としては、日本人は圧倒的に欧米に視点と意識と感情が向いています。

      それを活かすために、ゴールドジムの発祥の地でもある、

      GOLD GYM

      Souce:https://www.goldsgym.com

      Gold's Gym | Where Greatness & Legacies are Built.

      It's where greatness lives. It's where legacies are built. And they're built every single day with the best weight & strength training, classes,

      *Gold's Gym International, Inc.
      1965 年 8 月に最初のゴールド ジムをカリフォルニア州ベニス ビーチにオープンしました。手作りの器具が特徴で、「ボディービルのメッカ」と呼ばれ、アーノルドシュワルツェネッガーとデイブ ドレイパーが頻繁に訪れています。

      只石 様
      ベニスビーチ(Venice Beach)にYouTubeスタジオを設立して、燦々と流れる雰囲気を背景として、ロスからVALXファンのための情報発信をしていき、ブランドとコミュニティを構築していきたいと考えています。

      圧倒的に

      「ロスの風を感じるブランド」

      にしたいです。

      キュレーション
      *ベニスビーチとは
      ヴェニス (Venice) は、 アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス西部の一地区。

      目の前に広がるビーチの他、運河とオーシャンフロントウォークでのパフォーマンスで知られる。ビーチ沿いにはたくさんの土産物屋や露店が立ち並び、砂浜に生えるヤシの木、建物の壁に描かれたグラフィティなどと相まって、いかにもカリフォルニアという雰囲気を持つため、ロサンゼルス周辺でも代表的な観光スポットの一つであり、さまざまな映像作品の舞台となってきた。

      ベニス ビーチには、世界的に有名なウエイトリフティングとボディービルの屋外ジム、マッスル ビーチがあります。ボードウォークで見逃せないベニス ビーチのアトラクションの 1 つです。

      muscle beach california

      優勢なボディタイプは、筋肉質のハルクです. 行くのに最適な時間帯は営業している日中で、真面目なウェイトリフター全員がトレーニングを行っています。

      楽しい事実: アーノルド・シュワルツェネッガーは、ボディービルの競技中にここでトレーニングを行いました。今でもときどき登場します。

      マッスルコンテスト

      屋外トレーニングジムの近くで、5月の最終日曜日のメモリアルデー戦没将兵追悼記念日、7月4日の独立記念日、9月第一月曜日のレイバー・デーの年3回開催され、男・女・マスターズ(35歳以上)のボディビル部門、フィジック部門(男)、フィギュア部門(女)、ビキニ部門(女)に分かれビーチに似合う身体を競うカリフォルニア最大級のアマチュアコンテストでアメリカ合衆国内だけでなく国外からの参加も多い。

      プロテインを売る市場

      吉村
      世界を狙った中での、「日本一」と、日本だけの「日本一」では視点が違ってくると言われています。

      世界そして、アジアの各国を訪問されて感じられたことから、プロテインを売る市場として、アジアからを選択された理由について

      • アジアの顧客が魅力的であり
      • そこでの可能性が圧倒的にある

      ある理由についてお伺いさせてください。

      只石 様

      よくある逸話ですが、ある国を訪れました。その国の人々は「裸足」だと気づきました。

      A:「靴」は売れない
      B:「靴」が売れる

      の2つの捉え方があります。
      僕は、競合のない地域では、Bの「靴」が売れるマーケットがあると捉えるタイプです。

      そして、アジアを幾度もなく訪問して、アジアの成長をみて実感しているからこそ、これからがチャンスだと実感しています。 

      やると決めたから、これを「失敗を恐れず」に実施してくれる、スタッフを求めています。

      吉村
      ありがとうございます。

      アジアはとても成長と可能性のあるマーケットです。日本は見逃していたり、過小評価をしがちですが、それは、中国でもいろいろなカテゴリーにおいて、欧米や韓国、中国ブランドに圧されて、マーケットでのポジションを得ることが出来ていないことと同じだと私は考えています。

      是非、レバレッジにジョインして、このマーケットに挑戦していくスタッフのエントリーに期待しています。

      エントリーはこちらhttps://www.wantedly.com/companies/lev

      本日はありがとうございました。

      次回は、ベニスビーチと、アジアでインタビューさせていただきたいと思っています。

      キュレーション
      アジアでの勝算について、只石社長からは詳細な情報・判断をお聞かせいただいていますが、今回は伏せています。
      それは、我こそは、アジアでのマーケティング、事業展開にチャレンジしたい方には、ぶつかってほしいと思っているからです。

      富士ロジテックホールディングスが捉えている、アジアECマーケット環境などについては別コラムで展開しますのでしばらくお待ちください。

      只石社長が語るレバレッジの強さは、こちらのコマースピックスさんの記事がとても刺激的です。

      • 商品開発を現場に一任する理由とは?
      • 社員主導の組織に変わったレバレッジの転換点
      • 自由と責任、挑戦できる環境があるレバレッジ
      • 会社の成長とともに圧倒的に成長したい人材を求む
      • まずは日本一を目指す新たな5つの市場
      • インタビューを通して:急成長組織を支える強い大黒柱の存在

      VALX流、社員主導の強い組織を作るには?急成長中のレバレッジ代表の只石昌幸に訊く

      VALX流、社員主導の強い組織を作るには?急成長中のレバレッジ代表の只石昌幸に訊く

      なぜ、VALXが成長しているのか。
      派手な部分に目がいきがちですが、事業開発・マーケティングなどの担当経験のある方なら、いくつものインサイトポイントが思いつくはずです。

      たとえば、デジタル広告マーケティングではなく、コミュニケーションマーケティングなのか。

      圧倒的 とは
      ファンを熱狂させる とは
      YouTube なのか

      などについては、こちらの

      コマースピック記事
      「ぶっちゃけVALXなぜ上手く行ったの?362%年商成長・いま最重要D2Cブランド「VALX」流マーケティングの秘密を徹底解明!」

       

      コマースピック記事 「ぶっちゃけVALXなぜ上手く行ったの?362%年商成長・いま最重要D2Cブランド「VALX」流マーケティングの秘密を徹底解明!」

       

      Souce:https://www.commercepick.com/archives/22534

      をご一読ください。

      <ファシリテータープロフィール>

      Innovation & Communication
      代表 吉村 典也
      Innovation&Communication吉村 典也
      日本の製造業を強くするためのコンサルティング会社、外資システム会社などを経て、通販、Eコマースの事業運営・CRM購買体験運用・フルフィルメントサービスト運用のアドバイザーからBPOセンター(CX設計・運用からシステム設計・運用まで)新規立上・受託までを担ってきた。通販基幹システム・Eコマース・オムニチャネル/OMOシステムの営業と、業務設計・運用までを担って事業会社ととも一緒にアクション&グロースしてきた。

      やずやグループの「基幹CRMシステム」外販導入サポート業務委託を通じて出会った事業者とのコミュニケーションと課題を通じて、まだまだ、日本のDNVB・D2Cビジネスには成長の可能性、未知のカテゴリーがあると確信しつつ、1社でも多くの30億、100億円事業にグロースするためのアドバイス・サポートを提供している。