富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

オンラインマーケットプレイスとは

3PL AI B2B B2B2C B2Bコマース D2C DNVB DTC EC EC物流 EC自動出荷 ERP eコマース Eコマースプラットフォーム OMO アパレル物流 オムニチャネル オムニチャネルコマース オムニチャネルフルフィルメント オンラインマーケットプレイス ソーシャルコマース デジタルコマース マーケットプレイス マーケットプレイス・コマースサイト リコマース
オンラインマーケットプレイスとは

オンラインマーケットプレイスは、売り手と買い手の間で商品やサービスの交換を容易にするeコマース Webサイトの一種です。サイトの所有者がすべてのトランザクションを管理します。誰でもオンラインマーケットプレイスを利用して、商品の購入に関心のある潜在的な顧客にリーチできます。

売り手は、オンラインマーケットプレイスのサイトで、価格と商製品の特性と属性に関する詳細とともに、商品を提供していると公開できます。
顧客は、商品を検索して探索し、価格と品質を比較し、販売者から直接購入できます。

各オンラインマーケットプレイスは、その基準、商品カテゴリ、出品コスト、およびターゲットオーディエンスの点で異なります。
したがって、最適なオプションを確実に選択したい場合は、いくつかの予備調査が必要です。マーケットプレイスで販売するためのさまざまな戦略、商品の可能性を最大限に引き出す戦略、スムーズに開始するために必要なことを理解する必要があります。

オンラインマーケットプレイスの機能

オンラインマーケットプレイスは、ウェブサイトまたはアプリケーションを介して買い手と売り手をリンクします。デジタル仲介者として機能し、買い手と売り手を結びつけて取引を効率的に実行します。
オンラインマーケットプレイスでは、在庫、物流、商品ビジュアルなどの写真、商品詳細説明とページを管理する必要はなく、責任を出品者に委任することができます。
一方、売り手は、注文を処理して商品を販売するための専用エリアを受け取ります。
買い手は売り手の在庫にデジタル的にアクセスでき、顧客に提供される商品に関する情報は定期的に更新されます。
次に、マーケットプレイスがお金を稼ぐためのいくつかの方法です。

  1. サブスクリプションベースのモデル-
    オンラインマーケットプレイスの一般的なビジネスモデルです。
    この収益化モデルは、マーケットプレイスへのアクセスに対して月額料金が請求される売り手によって定義されます。この収益モデルにより、販売担当者は新規顧客を獲得したり、既存の顧客やパートナーにアクセスしたりできます。
  2. コミッションモデル-
    マーケットプレイスは、定額料金または取引の一定割合を手数料として売り手に請求します。
    プラットフォームは、各取引について売り手と買い手の両方のコストを評価できます。
    サブスクリプションベースのモデルと比較すると、当事者は無料で作業し、サイトから価値を受け取った場合にのみ支払うため、ここでは料金が正当化されます。
  3. 商品出品手数料-
    双方向のマーケットプレイスプラットフォームの中で典型的なマーケットプレイスビジネスモデルです。出品者が商品を出品する場合、このモデルでは定額または変動額が請求されます。

これは、リアル店舗でも同じような形態が確認できます。

オンラインマーケットプレイスの種類

ターゲットオーディエンスに関しては、マーケットプレイスは企業間取引(B2B)、企業間取引(B2C)、顧客間取引(C2C)の3つのカテゴリに分けられます。それぞれを詳しく見ていきましょう。

1.B2Bマーケットプレイス

企業間 (B2B) マーケットプレイスは、卸売業者が商品やサービスを顧客に一括で提供できるプラットフォームです。
このタイプのマーケットプレイスは通常、サードパーティによって運営されており、企業が使用するのに有利な条件を提供します。オンラインB2Bマーケットプレイスのコンセプトは、販売と購入のプロセスを自動化し、優れた顧客体験を提供し、金融取引の透明性を高めることです。アリババとインディアマートは、企業間取引(B2B)オンラインマーケットプレイスの2つの例です。

2. B2Cマーケットプレイス

企業から消費者への市場モデルには、企業と消費者という 2 つの異なるカテゴリのユーザーが含まれます。
このモデルでは、企業は商品やサービスを消費者に直接提供します。多くのB2Cマーケットプレイスは、消費者がさまざまな製品をオンラインで購入するためのワンストップショップとして機能しています。これは、最も一般的な市場形態の1つです。Amazon と 楽天はどちらも、企業から消費者へのマーケットプレイスの例です。

3.C2Cマーケットプレイス

顧客間(C2C)マーケットプレイスは、共通のニーズや好みを持つ人々を結びつけ、商品やサービスを共有します。この形態のマーケットプレイスの重要な側面は、個人が今日は顧客になり、明日はサービスプロバイダーになることができるということです。B2BやB2Cモデルと比較して、C2Cモデルは販売期間が短く、パートナーシップの平均期間が短くなっています。メルカリ、eBayは、企業対消費者の市場の一例です。

オンラインマーケットプレイスの特徴

従来のマーケットプレイスが効果的に機能するように、インターネットを介して人々にサービスを提供するマーケットプレイスにも組み込む必要がある重要な機能がいくつかあります。

1.見つけやすい商品

マーケットプレイスでは、適切な商品をすばやく簡単に見つけることができるはずです。オンラインマーケットプレイスには、顧客が探している正確な商品を見つけるのに役立つ高度な検索機能が必要です。
高画質な写真を使用することで、より正確な識別が可能になります。さらに、商品は、消費者が正しい選択を行えるように、それらに関する正確で有益な情報を提供する必要があります。

2. 評価とレビュー

購入者は、オンラインマーケットプレイスで商品レビューや出品者を評価・確認できる必要があります。
これを活用することで、売り手は顧客に提供する商品やサービスを強化できます。買い手は、市場で入手可能な商品やサービスの品質が向上します。

3. 決済システム

決済システムは、オンラインマーケットプレイスの重要な要素です。それがなければ、買い手と売り手は取引できません。マーケットプレースの支払いシステムは、包括的な返金プロセス、さまざまな支払い方法、強力なセキュリティ プロトコル、および領収書、請求書、および税金などの計算、レポートを作成する機能を提供する必要があります。

4. メッセージングと通知

オンラインマーケットプレイスは、取引を円滑にするためのソフトウェアやリソースのセットだけではなく、それ以上のものです。また、適切なコミュニケーションが必要なコミュニティ でもあります。売り手と買い手は対話できなければなりません。
Eメール、LINE、SMS(日本ではどうかなですが)、クロスプラットフォームアラートなど、さまざまな通知チャネルを組み込む必要があります。これにより、売り手と顧客が応答するのにかかる時間が短縮され、チェックアウトプロセスが迅速化されます。

5. レポートと分析

オンラインマーケットプレイスは、売り手が商品、注文、および顧客のシステム全体の記録を維持するのに役立ちます。注文が輸送中の場合、顧客はそれを監視できる必要があります。売り手は、正確な在庫と販売チャートを維持するために、有用なフィードバックとタイムリーなレポートを提供する必要があります。さらに、収益と利益率を向上させるための洞察に満ちたデータポイントを提供する必要があります。

なぜオンラインマーケットプレイスで販売するのか

オンラインマーケットプレイスは急速に拡大しています。eコマースマーケットプレイスやオンライン販売の人気が高まっているため、これらのチャネルはクライアントを満足させるための革新的な戦略を継続的に考案しています。

ほとんどのマーケットプレイスが、ブランドと売り手にとってマーケティング、販売、フルフィルメントを容易にするためにかなりの対策を講じていることを意味します。

それらのメリットの一部です。

  • 売上の増加:
    オンラインマーケットプレイスにより、ローカルビジネスは従来の実店舗よりもはるかに多くのオーディエンスにアクセスできます。
    地理的な場所に関係なく、見込み客にビジネスを紹介できます。これにより、他の方法ではアクセスできない幅広いオーディエンスに商品を宣伝および配布できます。
  • 自動化:
    最近の技術の進歩を考えると、オンラインビジネスは従来のビジネスよりも自動化を助長します。
    オンラインマーケットプレイスを作成すると、商品の提示方法、価格、注文、物流、データ分析などを完全に制御できます。オンラインマーケットプレイスが提供する広範な自動化機能により、ビジネスの日常業務ではなく、実際の商品により多くの時間を費やすことができます。
  • コストの削減:
    オフライン モードのビジネスを選択した場合は、店舗のレンタル、店舗を運営する従業員の雇用、およびその他のさまざまなコストを検討する必要があります。一方、オンラインストアを設立すると、これらの費用がなくなります。ウェブサイト、マーケティング、プロモーションにわずかな料金を支払うだけで済みます。

オンラインマーケットプレイスのリスト

1.Amazon:アマゾン

世界的なeコマースの売上が継続的に増加していることを考えると、Amazonがトップのオンラインマーケットプレイスにランクインします。
Amazonで販売するメリット1つは、1億人のプライム会員にリーチできることです。

Amazonは、米国以外にも、オーストラリア、オーストリア、中国、ブラジル、カナダ、エジプト、ドイツ、インド、イタリア、フランス、チェコ共和国、日本、メキシコ、オランダ、ポーランド、スペイン、アラブ首長国連邦、英国、シンガポールの19か国で事業を展開しています。

Amazonはどのようにしてこれほど成功したeマーケットプレイスになったのでしょうか。
人々は、Amazonとそのプラットフォームで購入する商品に対する信頼感を育んでいます。Amazonは、ベンダーを審査し、偽造品を排除することでよく知られています。(疑わしいですが、日本でも30万のマーチャントでその6割以上は中華です)
さらに、Amazonプライムを使用すると、1日で商品を配達できます(一部の場所を除く)。そして、それは素晴らしい料金とお得な情報を提供し、それが人々がそこで購入し続ける理由です。

Amazonは、出品者にさまざまなオプションを提供しています。
サイトで直接商品を販売し、すべての配送責任を自分で処理するか、Amazon FBA(フルフィルメント by Amazonは、出品者が注文のフルフィルメントをAmazonに委託できるようにするAmazonのサービスです。)を使用してこれらの仕事を処理できます。

アマゾンビジネス

Amazonは、B2C(企業対消費者)マーケットプレイスであるだけでなく、Amazon Businessを通じてB2B(企業間)マーケットプレイスでもあります。Amazon Businessは、出品者に価格設定でB2Bの顧客にリーチする機会を提供し、Amazon Businessの機能はあらゆる規模の企業向けに設計されています。

2.eBay

eBayは、1995年に立ち上げられた最初の仮想販売プラットフォームの1つであるeコマースWebサイトです。最新のeBayデータによると、世界中に17億以上のリストと1億8700万人のユーザーがいます。

eBayでは、靴や時計などの日用品から、ポップコーンの香りのする枕や空気の入ったボトルなどの奇妙なアイテムまで、ほとんど何でも販売できます。プラットフォームに登録してアイテムを出品するだけで、eBayで販売できます。最初の250件のリスティングは無料で、その後はリスティングごとに返金不可の手数料料がかかります。

サイトで販売する予定がある場合は、eBayの販売手数料を検討してください。
すべての商品に返金不可の出品手数料がかかり、同一の商品が複数のカテゴリーに出品されている場合は追加の広告掲載料がかかります。さらに、送料と手数料を含む総販売費の割合として決定される最終価格手数料を設定します。

eBayはオークションプラットフォームとして始まりました。オークション機能に加えて、売り手が商品の価格を修正できる「今すぐ購入」機能を追加しました。売り手は、オークション形式の出品情報に「今すぐ購入」の価格を設定することもできます。

オークション価格よりも高く設定されており、購入者はすぐに商品を購入することができます。

eBay詳細検索
eBayの高度な検索では、購入者は検索範囲、入札数、価格帯、販売通貨に検索を絞り込むことができます。

3.Shopify

Shopify のeコマースプラットフォームAPIを使用すると、技術的な専門知識や多額の予算を必要とせずに簡単に開始できます。Shopifyは、低料金、プロフェッショナルなデザイン、スマートなマーケティングツールでよく知られています。

Shopifyストアを作成する場合は、100を超える組み込みの機能テンプレートから選択できます。独自のWebサイト、SSL証明書、ブログ、放棄されたショッピングカートの回復、およびその他の多くの初心者向けのマーケティングツールを月額29ドルの小さな月額料金で入手できます。ウェブサイトやAmazon、eBayなどの多数のマーケットプレイスで商品を販売し、売上を伸ばすためのカスタマイズされたショッピング体験を構築することができます。

 Handshake

Handshakeは、サプライヤーと小売業者が簡単にやり取りできるようにするために作成された卸売プラットフォームです。
フィットネスやヨガ、ジュエリー、食品や飲料などのカテゴリーで、大量生産されていない一点ものの商品を販売できます。Handshakeチームは、各販売者を慎重に選択します。

HandshakeはShopifyと統合されています。手作業によるメンテナンスや、過剰な数のCSVアップロードやExcelシートを必要とする一般的な卸売市場と比較して、この統合により、卸売業者は在庫の管理、販売の追跡、注文のフルフィルメントをすべて1か所で行うことができます。

4.Etsy:エッツィー

Etsyは、ハンドメイド、ビンテージ、クリエイティブな商品に焦点を当てたユニークなグローバルオンラインマーケットプレイスです。2005年に設立されたEtsyは、特殊製品の市場にニッチを切り開いてきました。

Etsy は 2023 年現在、9,620 万人以上のアクティブな購入者と 747 万人以上のアクティブなセラーをホストしていることをご存知ですか。このプラットフォームは、中小企業や個人のクリエイターにとって繁栄するエコシステムとなっており、その多くが主な収入源としてEtsyに依存しています。

そのシンプルさから、オンラインで物を販売するための最も優れたプラットフォームの1つです。Etsy で販売する各商品には31円の出品手数料がかかり、各出品の有効期間は 4 ヶ月です。
販売を行うと、表示価格の6.5 % 取引手数料, 6% + US$0.30 入金手数料に加えて、配送料またはギフトラッピング手数料が請求されます。

オンライン小売りに不慣れな場合、Etsyは商品を販売するための優れたプラットフォームです。アクティブなバイヤーネットワークと素晴らしいマーケティングツールにアクセスできます。

5. 楽天

楽天は「日本のアマゾン」とも呼ばれています。日本最大のB2B2C(企業間取引)eコマースサイトである楽天マーケットプレイスは、eコマース販売者向けのプログラムを含め、海外に拡大しています。ショッピング、銀行、通信サービスなどを提供しています。

Amazonなどのマーケットプレイスと同様に、アパレル、書籍、スポーツ、サブスクリプションボックスなど、さまざまな商品を無制限に販売できます。

楽天は、これまでに50,000以上の加盟店と1億1,500万人以上のグローバル顧客を獲得しています。楽天での販売を希望する企業は、米国または日本で登録されている必要があります。それ以外の場合は、サービスパートナーを通じて申請する必要があります。

6.AliExpress:アリエクスプレス

2010年に設立されたAliExpressは、アリババの国際的なeコマースマーケットプレイスであり、230か国以上のユーザーがあります。個人や企業は、商品を製造している場合でも、オンラインストアにAliExpressドロップシッピングモデルを追加している場合でも、サイトで販売できます。

AliExpressは、商品カテゴリに応じて、取引ごとに5%から8%の手数料を請求します。それ以外の場合、サイトでの販売に関連する管理手数料や手配料はかかりません。

7. Walmart

ウォルマートは、1962年にアーカンソー州ロジャースで立ち上げられたアメリカの多国籍小売チェーンです。現在、約19カ国で約10,500の店舗とクラブを運営しているほか、多数のeコマースサイトも運営しています。

ウォルマートは、米国とプエルトリコの50州で、スーパーセンター、ディスカウントストア、ネイバーフッドマーケットなどのさまざまなバナーの下で運営されています。

ウォルマートは、eコマースの巨人としての地位も確立しています。彼らのウェブサイト walmart.com、週に約2億4000万人の訪問者が訪れます。また、jet.com、modcloth.com、art.com、hayneedle.com など、いくつかのeコマースサイトを買収しました。

ウォルマートマーケットプレイス。これは、ウォルマートがShopifyと共同で、売り手がウォルマートで商品を提供できるようにするサービスです。ウォルマートマーケットプレイスを使用するには、売り手はShopify アプリストアでウォルマートアプリをダウンロードする必要があります。
ウォルマートフルフィルメントサービスは、ウォルマートマーケットプレイスユーザー向けのフルフィルメントサービスです。

8.Target

ターゲットは米国で有名な小売業者であり、買い物客はアパレル、アクセサリー、室内装飾品、おもちゃ、ガジェット、食品などを購入します。2019年2月、Targetはオンラインサービスをさらに拡大するためにTarget Plusを立ち上げました。

Target がお客様を Target Plus ベンダーとして受け入れる場合、この有名なグローバルプラットフォームで製品を提供することが許可されます。バイヤーがTarget Plusを選ぶのは、多様な製品を取り揃えた有名なブランドだからです。さらに、消費者は、店舗で買い物をしているのと同じTarget特典を受け取ります。

9.Bonanza:ボナンザ

Bonanzaはシアトルを拠点とするインターネットマーケットプレイスで、急速に拡大しています。eBayの代替品として急速に人気が高まっています。Bonanzaは、AmazonとeBayの交差点であると考えてください。
Bonanzaでは、eBayよりも多くのオリジナル品やハンドメイドの商品を見つけることができますが、Amazonよりもブランド品は少なくなっています。

Bonanzaは、ウェブサイトに商品を掲載するために料金を請求しません。売却後は、総取引額のごく一部しかかかりません。さらに、多くのBonanzaセラーは独自のオンラインストアも運営しているため、BonanzaをShopifyなどのプラットフォームと組み合わせて、製品の管理と販売を簡素化することができます。

10.Flipkart:フリップカート

Flipkart は 2007 年にオンライン書店としてスタートし、それ以来、1 億人以上の顧客を抱えるインド最大のオンライン販売プラットフォームの 1 つに成長しました。顧客は、Flipkartでお気に入りのブランドや商品に投票できます。小売業者は、ファッション、生活必需品、食料品、ライフスタイル製品など、プラットフォーム上で必要なものをすべて販売できます。

Flipkart は Walmart の支援を受けており、インドの e コマース市場シェアの大部分を占めています。インド市場へのビジネスの拡大を検討している場合、Flipkart は理想的なオンライン販売プラットフォームです。

Flipkart Plus: これは、セールへの早期アクセス、購入のたびにスーパーコインの獲得、その他の特典を提供するロイヤルティ プログラムです。

11.Wayfair:ウェイフェア

室内装飾品、家具、マットレス、またはその他の種類の家庭用品を提供する場合は、Wayfair が適している可能性があります。17年以上前に立ち上げられたこのサイトには、現在1,100万人以上のアクティブユーザーがいます。

ドロップシッピングモデルを採用し、サードパーティベンダーを「パートナー」と呼んでいます。買い物客がWayfairで注文すると、倉庫にルーティングされ、そこで商品をピッキング、梱包、顧客に発送しますが、送料はWayfairが負担します。

Wayfair は、パートナーに料金を請求したり、売上の一部を徴収したりすることはありません。それよりも、商品の卸売価格を支払い、小売価格を引き上げます。Wayfairは、Amazonやその他の予算にやさしいマーケットプレイスに合わない可能性のある、高品質で特殊な家庭用品の優れたオプションです。

世界のマーケットプレイス詳細情報

東南アジアのオンライン マーケットプレイス
東南アジアのオンライン マーケットプレイス

概要は以下の通りです:

Shopeeの成長:
Shopeeは東南アジアで最も価値のある小売ブランドとして認識され、特に今年は市場での主導的な地位を確立しています。
市場の複雑さ: インドネシアは運営が難しい市場ですが、タイやマレーシアは越境Eコマースや外国投資政策に対して開放的です。
Shopeeのサービス: ShopeeはC2CとB2Cのハイブリッドモデルを提供し、強力な支払いと物流のサポートを通じて様々な商品を提供しています。

Lazadaの特徴:
Lazadaはアリババの支援を受け、多様な商品と複数の支払い方法、広範な物流ネットワークを提供しています。

これらのポイントは、東南アジアのEコマース市場の現状と、主要なプレイヤーがどのように競争しているかを理解するのに役立ちます。

目次

東アジア(中国・韓国)のマーケットプレイス
東アジア(中国・韓国)のマーケットプレイス

東アジア、特に中国と韓国は、電子商取引市場において重要な役割を果たしています。以下に、これらの国の主要なマーケットプレイスをいくつか紹介します。

1. 中国のマーケットプレイス:
- アリババ (Alibaba):
アリババは中国を代表する電子商取引プラットフォームで、タオバオ、天猫、アリババ・ドット・コムなどのプラットフォームを通じて電子商取引を提供しています。アリババは広告や物流などのサービス料を請求し、販売手数料を徴収しています。
- JD.com:
JD.comは中国の主要なオンライン小売プラットフォームであり、世界で2番目に大きいオンラインストアとしてもランクされています。京東商城は、幅広い商品を提供し、効率的かつ迅速な配送サービスを提供しています。

2. 韓国のマーケットプレイス:
- Coupang (クーパン):
韓国で人気のあるEコマースサイトであり、日本にも進出しています。Coupangは幅広い商品を提供し、迅速な配送サービスで知られています¹³.
- 11STREET:
韓国SK planetが運営するマーケットプレイスで、26万以上の販売事業者が参画し、4800万商品を販売しています.

これらのマーケットプレイスは、インターネットアクセスの普及やモバイルデバイスの可用性の増加などの要因により急速に成長しており、東アジア地域の電子商取引市場を牽引しています。

目次

India オンライン マーケットプレイス
India オンライン マーケットプレイス

インドのオンラインマーケットプレイスに関する包括的な情報を提供しています。以下は主なポイントです:

GSTIN/TINとPANカード:
インドで製品を販売するためには、GSTIN/TIN(Goods and Services Tax Identification Number)やPANカード(Permanent Account Number)などの特定の書類が必要です。
eコマース市場の潜在性: インドのeコマース市場は比較的小規模ですが、人口と経済発展の観点から大きな可能性があります。

主要なオンラインマーケットプレイス:
Amazon、Flipkart、Meesho、Myntra、AJIO、Snapdeal、Shopclues、1mg、Pharmeasy、Healthkart、Nykaaなどがインドの主要なオンラインマーケットプレイスとして挙げられています。

サービスと製品の範囲:
これらのマーケットプレイスは、電子機器、ファッション、家具、医薬品など、幅広いカテゴリの製品を提供しており、顧客にとって魅力的なショッピング体験を提供しています。特にAmazonは月間3億2,254万人の訪問者を持ち、Flipkartは2億4,262万人の訪問者を持っています。
また、Myntraはファッション関連製品で人気があり、AJIOはハイファッションブランドを扱っています。Snapdealは価格帯の商品を提供し、Shopcluesはさまざまな製品を扱っています。
1mgとPharmeasyは医薬品のオンライン販売に特化しており、Healthkartはウェルネス製品を提供しています。Nykaaは美容とファッション製品を販売しています。

目次

ヨーロッパの主要なマーケットプレイス
ヨーロッパの主要なマーケットプレイス

ヨーロッパは、オンラインマーケットプレイスの成長において非常に重要な地域であり、多くのプラットフォームが存在しています。以下に、ヨーロッパの主要なマーケットプレイスをいくつか紹介します。

Allegro:
ポーランドで最も信頼される消費者ブランドであり、約22百万人の顧客が最高の製品を求めて訪れています。世界中から128,000のセラーが200億以上のオファーを出品しており、ポーランドでオンラインビジネスを始めるのに最適な場所です.

ASOS:
英国、ヨーロッパ、米国、オーストラリアに展開する世界最大のオンライン専用ファッション小売業者の1つです。80,000以上の製品が販売されており、毎週新製品が追加されています。洋服、靴、アクセサリー、美容製品などの最新のファッションを提供しています.

bol.com:
オランダとベルギーに拠点を置く大手マーケットプレイスプラットフォームで、1,300万人のアクティブ顧客と3,500万点の商品があります。オランダでトップのマーケットプレイスとしての地位を維持しており、ベルギーでも著名な企業です.

Cdiscount:
フランスのマーケットプレイスで、月間約860万人のアクティブ顧客と2000万人のユニーク訪問者を抱えています。40の異なるカテゴリーにわたる製品を販売しており、年間売上高は10億ユーロを超えています.

eMAG:
ルーマニア、ハンガリー、およびブルガリアで商品を販売するためのオンラインセラー向けのワンストップショップです。IT、電子機器、家電、ガジェット、おもちゃ、衣類、靴など、数百万もの商品から選ぶ自由があります.

これらのマーケットプレイスは、ヨーロッパでのオンラインビジネスを始める際に参考になるでしょう。

目次

ラテンアメリカ マーケットプレイス

ラテンアメリカ マーケットプレイス

 

  • ラテンアメリカのeコマース: ラテンアメリカは多様な国々で構成され、急速に近代化し、eコマース市場が拡大しています。2024年までにオンラインショッピング人口が3億5,000万人に増加すると予想されています。

  • 主要なオンラインマーケットプレイス: Mercado Libreがラテンアメリカ最大のオンラインマーケットプレイスであり、Amazonは2番目に大きなプレーヤーです。他にもB2WグループやVia Varejoなどのブラジル企業が重要な役割を果たしています。

  • Mercado Libreの成長: Mercado Libreは1999年に設立され、現在ではラテンアメリカ18か国で月間6億6,800万人が訪れる巨大なマーケットプレイスに成長しました。

  • Amazonのラテンアメリカ戦略: Amazonはメキシコとブラジルで事業を展開し、フルフィルメントセンターの建設とプライム会員プログラムの展開を含む戦略を採用しています。ただし、全世界の総トラフィックのわずか3%に過ぎません。

  • 目次
  •  

     

    殿堂入り記事
    発送代行完全ガイド

    発送代行完全ガイド

    発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

    株式会社富士ロジテックホールディングス

    物流企業

    株式会社富士ロジテックホールディングス

    通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
    全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

    あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

    オムニチャネル・ユニファイドコマース ユーザー生成コンテンツ:UGCの完全ガイド コンテンツリスト
    オムニチャネル・ユニファイドコマース ユーザー生成コンテンツ:UGCの完全ガイド コンテンツリスト
    UGC(ユーザー生成コンテンツ)は、ユーザー自身が作成したコンテンツを指します。これは、ウェブサイト、アプリケーション、ソーシャルメディアなどで共有されるテキスト、画像、ビデオ、音楽、レビュー、コメントなどを含みます。UGCは、ユーザ...
    続きを読んでみる
    ユニファイドコマースとオムニチャネルとは 配送とフルフィルメントのポイント
    ユニファイドコマースとオムニチャネルとは 配送とフルフィルメントのポイント
      ユニファイドコマースとオムニチャネルを通じて、優れた顧客体験を提供することは、売上とロイヤルティの向上につながります。ユニファイドコマースは、関連性、正確性、顧客サービスに対する中核的な期待に応えることで、CXを向上させることです...
    続きを読んでみる
    ソーシャルコマース インフルエンサー・アンバサダーの時代 オムニチャネルを成長させる  コンテンツリスト
    ソーシャルコマース インフルエンサー・アンバサダーの時代 オムニチャネルを成長させる コンテンツリスト
    ソーシャルコマースは、2024年も引き続きeコマースの注目を浴びることになりそうです。そしてロイヤリティマーケティングと連携して中心的な役割を果たすことになるでしょう。ブランドや小売企業は、商品を販売し、顧客ロイヤルティを強化するため...
    続きを読んでみる
    リコマース(再販)・レンタル 成功チェックポイント コンテンツリスト
    リコマース(再販)・レンタル 成功チェックポイント コンテンツリスト
    最新かつ最高のものを所有したり、ファストファッション所有権の代替手段(レンタルなど)を探し、新しいリソースを必要としない商品(再販用の中古商品など)を見つけ、より高品質の商品を購入したいと考えている顧客層がいます。 「このジャケットを...
    続きを読んでみる
    オムニチャネル・ユニファイドコマース レコメンデーション活用ポイント コンテンツリスト   
    オムニチャネル・ユニファイドコマース レコメンデーション活用ポイント コンテンツリスト   
    顧客がオンライン、アプリ内、店舗内、またはこれら 3 つを組み合わせて購入する場合でも、一貫したエクスペリエンスを顧客に提供することがこれまで以上に重要になっています。ユニファイド コマースは、顧客がどこで買い物をしても、顧客エクスペ...
    続きを読んでみる
    コンバージョン率の高い モバイル チェックアウトとは
    コンバージョン率の高い モバイル チェックアウトとは
    モバイル チェックアウトでのコンバージョン率が低い一般的な理由は、 安全なチェックアウトプロセスの欠如 商品の詳細がわかりにくい わかりづらい、難しいナビゲーション 商品/価格などを比較するオプションがない 顧客情報の更新が大変 ...
    続きを読んでみる
    Amazonの成功を解き放つ:利益のために入札を最大化する
    Amazonの成功を解き放つ:利益のために入札を最大化する
      Amazon 検索に表示されるための 2 つの単純化されたアプローチについてご一緒に考えていきます。確立された顧客ベースを持つほとんどのブランドは、ある時点で Amazon でのローンチを検討することになるでしょう。そしてなぜそう...
    続きを読んでみる
    ユニファイドコマースとオムニチャネルとは 倉庫・商品管理のポイント
    ユニファイドコマースとオムニチャネルとは 倉庫・商品管理のポイント
    カスタマーサービス&ケアは、顧客を第一に考えれることの基本で、ビジネスの成功のための基本です。eコマースソリューションは、進化し続ける顧客のニーズをサポートします。 CSRがCRMなしで顧客プロファイル、注文、支払い、配送の...
    続きを読んでみる

    タグ一覧

    カテゴリー