富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

トータルピッキング とは

物流代行 発送代行 3PL
物流発送代行 フルフィルメント 関連用語集

トータルピッキング

「トータルピッキング」とは、複数の受注商品をまとめて棚から取り出した後に、注文ごとに仕分けをするピッキング手法です。「種まき方式」「バッチピッキング」とも呼ばれます。

出荷する商品を一度に集められるため、商品を探す手間や移動時間が短縮され、業務を効率化できるメリットがあります。出荷件数が多く、商品数(SKU)が少ない場合に有効です。

商品数(SKU)が多い場合は、仕分け作業に時間がかかるため、個別でピックする「シングルピッキング」が適しています。 

お役立ち情報


OMOとは? オムニチャネル・O2Oとの違いや施策事例をわかりやすく解説

OMOとは? オムニチャネル・O2Oとの違いや施策事例をわかりやすく解説

OMO(Online Merges with Offline)は、Eコマース(電子商取引)とリアル・実店舗を統合したマーケティング戦略の一つです。OMOは顧客購買前体験購買後体験の向上を目指し、オムニチャネルやO2Oとは異なる施策です。顧客データの一元管理やモバイル決済、ポイントシステム、モバイルオーダー、チャットボット、デジタルサイネージなどの導入などがポイントになります。成功事例として、Alibaba(アリババ)や日本のアパレル企業「オンワード樫山」が挙げられます。OMOのメリットは顧客体験の向上や顧客データの収集にありますが、導入や浸透には時間がかかるデメリットも存在します。OMOの成功のポイントは、複数の販売チャネルを持ち、顧客データ(返品・交換データも)を一元管理することです。

目次


ECの商品発送業務を発送代行業者に切替えることでのメリット

ECの商品発送業務を発送代行業者に切替えることでのメリット

多くのEコマースD2C事業者が発送代行業務を専門業者:3PLなどに委託をしています。発送代行業者に切り替えることで、サービス品質向上とコスト削減が期待できるからです。そして、発送代行業者に依頼すると保管・ピック&パック・配送料金が安くなる可能性もあります。メリットとしては、 在庫保管スペースを省略できる、発送ミスが減る、ギフト特殊包装・キット/セットなどの梱包にも対応可能な発送代行業者を選択すると便利です。目的は、購買体験を通じた顧客満足度が上がることです。適切な発送代行業者の選び方について注意が必要です、そのポイントについてご説明しています。

目次


初回同梱物が通販の売上げを伸ばすワケとは?役割と10のツール事例

初回同梱物が通販の売上げを伸ばすワケとは?役割と10のツール事例

同梱物は、EコマースD2C・通販で商品に同梱されるチラシやパンフレットなどのことであり、初回同梱物は特に重要です。同梱物は単品購入者をリピーターや定期コース/サブクリプション購入に引き上げるための有効な手段であり、リピーター顧客の獲得が売上げに大きく影響します。リピーターの獲得、クロスセルの促進、ファン化の促進などが「CRM:同梱施策」の主な役割であり、お礼の手紙・挨拶状、商品パンフレット、お客様の声のチラシなど、様々なツールが活用されます。同梱物をうまく活用することで、企業の信頼感や購買体験としての顧客満足度が向上し、売上げを増やすことができます。

目次

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

Feature Test 機能テスト 顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
  機能テストとは 機能テストは、企業が顧客に可能な限り最高のユーザー エクスペリエンスを提供するのに役立つ機能の複数のバリエーションをテストする重要なソフトウェア開発プロセスです。機能テスト中、開発者は通常、機能の複数のバリエーショ...
続きを読んでみる
Unique Customer Identifiers (UID) ユニークカスタマー識別子  顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
  ユニークカスタマー識別子とは ユニークカスタマー識別子(UCI) は、個々の顧客を一意に識別する数字や文字の文字列です。この識別子は、データベース内の顧客の識別、顧客の行動の追跡、複数のシステム間での顧客データの照合など、さまざま...
続きを読んでみる
Value Proposition 価値提案とは 顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
価値提案とは 価値提案をマスターする: ブランドの約束を伝える方法を学ぶ価値提案は、あらゆるビジネス戦略の重要な要素です。これは、製品、サービス、または企業が顧客または対象者にどのようなメリットを提供できるかを説明する声明です。価値提...
続きを読んでみる
Real-Time Personalization リアルタイムのパーソナライゼーション 顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
リアルタイムパーソナライゼーションとは リアルタイム パーソナライゼーションは、個々のユーザー向けにコンテンツをリアルタイムでカスタマイズするために使用される技術です。これは、誰かがあなたの Web サイトやアプリにアクセスするとすぐ...
続きを読んでみる
Rule-Based Personalization ルールベースのパーソナライゼーション 顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
  ルールベースのパーソナライゼーションとは ルールベースのパーソナライゼーションは、顧客が特定のメッセージを表示したり、特定のオファーを受け取ったりするために満たさなければならないルールや条件を作成するマーケティング戦略です。これを...
続きを読んでみる
Product-Led Growth プロダクトレッドグロース 顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
製品主導の成長(プロダクト レッド グロース)とは 製品主導の成長は、顧客獲得と収益成長の主な推進力としてコマース企業の製品またはサービスを使用することに焦点を当てたビジネス戦略です。このアプローチは、企業の製品やサービスは直感的で使...
続きを読んでみる
Microservices マイクロサービス  顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
  マイクロサービス アーキテクチャとは モノリシック アーキテクチャとマイクロサービス アーキテクチャ 「この有名な大企業がそのテクノロジーを使用していて、それが彼らにとって良いことであれば、私たちもそれを使用することができ、そして...
続きを読んでみる
Exit Intent 離脱意図 顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
  離脱意図とは 終了・離脱意図は、企業が Web サイトから離脱しようとしている潜在顧客の注意を引くことを可能にするマーケティング戦略です。これは、ユーザーがブラウザの「戻る」ボタンまたは「閉じる」ボタンに向かってカーソルを移動した...
続きを読んでみる

カテゴリー