ワークサンプリング とは

物流発送代行 フルフィルメント 関連用語集

ワークサンプリング

「ワークサンプリング」とは、1つの作業に対して、どのぐらいの時間や工数がかかっているかを明確にする分析方法です。「瞬間観測法」ともいいます。ある作業の稼働時間をデータ収集したい場合、観測者は限られた時間で調査対象の作業をチェックしてデータを収集します。
目的は現状の作業時間の把握や余計な作業時間を見直しすることです。生産性の向上を目指します。終日観測を行う「連続観察法」と比較して、データ収集にかかるコストが抑えられるのも特徴です。

お役立ち情報