富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

スタイロパック とは

物流代行 発送代行 3PL

スタイロパック とは

「スタイロパック」とは、発砲スチロールでできた緩衝材のことで、主に商品の梱包時に使用します。
スタイロパックはクッション性があるため、運搬中に商品の荷動きで発生する衝撃を吸収し、商品が箱の中で動かないように固定する役割があります。強度が強いうえに軽量です。温度を一定に保つ機能もあります。

お役立ち情報


冷凍や冷蔵食品物流における現状とは?EC物流代行サービスの選び方

冷凍や冷蔵食品物流における現状とは?EC物流代行サービスの選び方

EコマースD2Cでは、冷凍や冷蔵食品の取り扱いに特化したEC物流代行サービスの需要が増加しています。このサービスを利用することで、業務の質を向上させることやコスト削減が可能です。冷凍や冷蔵食品の物流には温度管理が必要であり、物流業界では保管コストや配送コストの上昇が懸念されています。また、冷凍や冷蔵食品物流には多くの課題もありますが、EC物流代行サービスの選び方には、冷凍や冷蔵品を把握している業者や連絡体制が整っているとともに、購買後体験・開封体験・Unboxingのポイントを熟知している3PL業者を選ぶことが重要です。

目次


倉庫の作業を効率化する9つの方法!課題から見る改善のアイデアを解説

倉庫の作業を効率化する9つの方法!課題から見る改善のアイデアを解説

「倉庫の作業を効率化できれば、もっと受注できるのに…」「毎日発送作業に手一杯で他の仕事に手が回らない」このような悩みを抱えるEコマースD2Cオムニチャネル事業者は少なくありません。効率化といっても、慌てて倉庫の作業に当たればミスを招いてしまう可能性もあります。倉庫の作業における課題を明確にしたうえで、効率化に向けた改善のアイデアを紹介します。購買後体験・開封体験・Unboxingにも取りくみ、返品・交換 物流フルフィルメントサービスの効率化なども含めて、できるところから取り組み、購買前体験購買後体験を提供して、顧客からロイヤルティの支持を得て、売上の向上を目指しましょう。

目次



OMOとは? オムニチャネル・O2Oとの違いや施策事例をわかりやすく解説

OMOとは? オムニチャネル・O2Oとの違いや施策事例をわかりやすく解説

OMO(Online Merges with Offline)は、Eコマース(電子商取引)とリアル・実店舗を統合したマーケティング戦略の一つです。OMOは顧客購買前体験購買後体験の向上を目指し、オムニチャネルやO2Oとは異なる施策です。顧客データの一元管理やモバイル決済、ポイントシステム、モバイルオーダー、チャットボット、デジタルサイネージなどの導入などがポイントになります。成功事例として、Alibaba(アリババ)や日本のアパレル企業「オンワード樫山」が挙げられます。OMOのメリットは顧客体験の向上や顧客データの収集にありますが、導入や浸透には時間がかかるデメリットも存在します。OMOの成功のポイントは、複数の販売チャネルを持ち、顧客データ(返品・交換データも)を一元管理することです。

目次

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

Reverse ETL リバースETL  顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
  リバースETLとは リバース ETL、または逆抽出、変換、ロード (ETL) は、ウェアハウスから顧客関係管理 (CRM) システム、分析ソフトウェア、マーケティング自動化ツールなどのデータ ソースにデータをコピーするために使用さ...
続きを読んでみる
API-First Headless CMS APIファーストのヘッドレスCMS 顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
APIファーストのヘッドレスCMSとは APIファーストのヘッドレスCMSは、従来のCMSとは異なるアプローチを取るコンテンツ管理システムです。 ヘッドレスCMSとは ヘッドレスCMSは、通常のCMSとは異なり、フロントエンド(表示画...
続きを読んでみる
Bounce Rate 直帰率 顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
直帰率とは 直帰率とは、コマースサイトへの訪問者のうち、1 ページだけを閲覧しただけでサイトを離れた割合です。直帰率が高いということは、ユーザーが購入やニュースレターの購読など、望ましいアクションをとらずにサイトを離れていることを示し...
続きを読んでみる
Content Intelligence コンテンツインテリジェンス 顧客デジタルエクスAペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
  コンテンツインテリジェンスとは コンテンツ インテリジェンスは、大量のコンテンツを理解し、そこから洞察を抽出するプロセスです。これは、組織がより良いコンテンツ戦略、マーケティング活動、製品開発の意思決定を行うのに役立ちます。コンテ...
続きを読んでみる
Data Warehouse データウェアハウス 顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
  データウェアハウスとは データウェアハウスは、レポート作成とデータ分析に使用されるデータベースです。これは、アナリスト、意思決定者、その他の関係者がアクセスできるデータの中央リポジトリです。データ ウェアハウスは通常、傾向分析や予...
続きを読んでみる
Target Audience 対象者 顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
ターゲットオーディエンス:対象者とは ターゲット オーディエンス(ユーザー・対象者)とは、コマース企業がマーケティング活動でリーチしたい特定の人々のグループです。このグループは、年齢、性別、所在地、収入レベル、興味などの要素によって定...
続きを読んでみる
Personally Identifiable Information (PII) 個人を特定できる情報 顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
  個人を特定できる情報 (PII) とは 個人識別情報(Personally Identifiable Information:PII)とは、個人を特定するために使用できるあらゆる情報です。個人の名前、住所、生年月日、運転免許証番号...
続きを読んでみる
Rich Text リッチテキスト 顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
  リッチテキストとは リッチ テキストは、太字、斜体、下線付きのテキストなどの追加の書式設定が可能なテキストのタイプです。画像、ハイパーリンク、表、リスト、その他の要素を含めることもできます。リッチ テキストはコンテンツをより魅力的...
続きを読んでみる

カテゴリー