富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

Shopify & Shopify Plus ディープダイブ #10  Finance

D2C EC Shopify Shopify Plus オムニチャネル

Shopify & Shopify Plus ディープダイブ #10  Finance  

Shopify NYSE:SHOP

Shopify NYSE:SHOP

 などの情報を基に、

E-コマース・D2C・DNVB オムニチャネルコマース企業にとって、Shopifyが目指しているミッション・バリューを、エコシステムを通じてどのようにサプライされているか、Shopifyだけでなく、これからのコマースビジネスモデルの変化の中で、システムツールとしての、MACH・コンポーザブルアーキテクチャーを選択するべき理由と視点についてDeep Dive深く掘り下げていきます。

Products

をガイダンスするのではなく、創業者、プロダクトマネージャーとして、マネージメント視点からのテクノロジーを選択する視点として、そして、投資家としてみた場合に、Shopifyのマーチャントの成功(グロースハック)を実現するためのサービスになっているかの視点でお届けしていきます。
*ちょっと専門的です。でも開発者むけではありません。
*機能解説はこちらで

Shopify Plusストア構築 D2C/オムニチャネルのスケーリングポイント #1 メリット

ShopifyとShopify Plusの比較!

Section #10 - Shopifyのマーチャント向け金融サービス Merchant-Facing Financial Services

Shopify Balance:

2020 年に発表された Shopify バランスは、中小企業や起業家向けの銀行商品です。Shopify は公認銀行ではないため、WebBank とのパートナーシップを通じてこれを提供しています。

Shopify BALANCE

バランスの目的は、他のすべてのマーチャント ソリューションと同様に、起業家精神への障壁を下げ、運用における不要な問題点を取り除くことです。
簡単に言えば、あらゆる規模の加盟店に、最大規模の企業向けに予約されていた金融サービスの手頃な価格とアクセスを提供します。

このサービスは、銀行商品は小規模な加盟店に効果的に対応していないという Shopify の意見から生まれました。信じられないことに、Balance 以前は、顧客のほとんどが自分の個人アカウントを使用してビジネス トランザクションをルーティングしていました。

Shopify バランスはこれを修正します。

このオファリングは、管理者からの金融サービスのユース ケースを倍増させます。これにより、加盟店は請求書の支払い、経費報告書の作成、ビジネス アカウントの維持を行うことができます。

  • アカウントには、
  • 手数料ゼロ、
  • 当座貸越ペナルティなし、
  • 無料の ATM 引き出し、
  • 残高の最低額

はありません。
また、マーチャント(コマース事業者)は資金にすぐにアクセスできます。時間のかかる銀行の代替手段が日常的に最大 4 日かかることを考えると、これは重要ポイントです。

時は金なり。

ごく最近、このツールは、管理者からのクロスチャネル コンプライアンスを処理するための税管理製品を追加しました。

残高には、Visa のレール上に構築された物理的なカードが付属しており、ビジネスでの購入で 2% のキャッシュバック、Shopify のパートナー マーケットプレイスからの採用で 10% のキャッシュバックが提供されます。同社の製品とデータの幅広さと深さのおかげで、Balance ユーザーは配送ラベル、ローン、マーケティング プレースメントなどへの独自の安価なアクセスを提供できます。

残高が「数十万のマーチャント ユーザー」に到達するまでに、わずか数か月しかかかりませんでした。これは、Shopify が過去 20 年間にわたって築いてきた信頼の特権です。より多くの製品を提供する権利です。

Shopify キャピタル:Shopify Capital:

Shopify Capital は、マーチャントがより手頃な価格でローンにアクセスできるように設計された製品です。Balance と同様に、この商品は WebBank などの銀行パートナーを経由しますが、クレジットの一部を提供するために Celtic Bank も使用します。

SHOPIFY CAPITAL

Shopify は、これらのオリジネーションをすぐに買い戻すことで、すべてのバランス シート リスクを引き受けます。 そのため、ノンバンクがパートナーを通じて組成することでチャーター特典を引き受けることを許可する「レンタルチャーター“rent-a-charter”」法に依存しています。この法律は、過去数年間に何度も議会で確認され、再確認されてきましたが、政治は決して予測可能ではなく、この問題は常に再浮上する可能性があります。 Shopify Capital を使用することで、Shopifyはすべての内部需要データを利用して、マーチャントが前貸し金を返済する能力を正確に把握することができます。
これにより、スタンドアロンのオリジネーターと比較して引受業務が本質的に強化され、損失率が低下し、申請プロセスが合理化されます (情報が既にある場合は、書類を求める必要はありません)。この精度により、Shopify はマーチャントが他の場所で通常入手できるよりも安価なクレジットへのアクセスを提供できます。
Shopifyは、高いクリップで保持し、非ユーザーよりも多くのマーチャントがソリューションを消費することを考慮して、この手頃な価格を提供できていることを嬉しく思います。

また、発行されたローンは、最終的に Shopify に発生する GMV の増加分を利用して、マーチャントの成長機会を提供します。

事例

Fableはこの製品を使用して、在庫がなくなり、他の手頃な資金を見つけることができなかったときに、前年比の売上を 3 倍にしました。

fable

https://fablepets.com/

Shopify Capitalに使用する2つの形式があります。

1 つ目はマーチャント キャッシュ アドバンスと呼ばれ、競合する PayPal やブロック製品と同様に機能します。ここでは、マーチャントはローンを返済するために将来の収益の一部を送金することに同意します。この取り決めの下で、Shopify は債権に対する権利を効果的に購入しています。

もう 1 つの形式は Shopify キャピタル ローンです。これは、より伝統的な利息と元本の返済期間を持つストレート ローンです。

Shopify & Shopify Plus ディープダイブシリーズ

#1 コマースシステムの優位性とアウトライン

#1 コマースシステムの優位性とアウトライン

Shopifyのミッションとバリューについての情報を基に、EコマースD2C、DNVB、オムニチャネルコマース企業にとってShopifyがどのように役立っているかを掘り下げています。Shopifyは、マーチャントが無制限のスケーラビリティでオンラインで成功するのを容易にし、統合された管理画面、製品の一元化、APIの統合などの機能を提供しています。また、マーチャントの成功を支援し、競合他社との差別化を図るためのインセンティブも提供しています。

Shopifyは、オンラインでの成功を容易にするために、マーチャントが必要なすべての機能にアクセスできるようにしています。管理画面では、ビジネス全体を統合し、効果的な意思決定を促進します。一般的な製品カテゴリは、コマース企業の問題を解決することを目的としています。マーチャントは、より多くの需要と顧客関係の完全な管理を享受できます。

 #2 サブスクリプション ソリューション

Shopifyは、Eコマース、D2CDNVBなどのオムニチャネルコマース企業にとって重要な役割を果たしています。ShopifyのAPIは豊富で多様なユースケースを提供しており、開発者はストアのカスタマイズやデータ操作を行うことができます。さらに、Shopifyはテンプレート言語を使用してストアのテーマを作成し、開発者はアプリを通じてこれらのテクノロジーをマーチャントに提供しています。

Shopifyの収益バケットである「サブスクリプションソリューション」は、ウェブサイトの構築を中心に据えており、4つの階層があり、APIを使用してマーチャントショップをカスタマイズすることができます。APIの多様性がShopifyの差別化ポイントであり、競合他社もこれらのAPIに依存しています。

MACH(Microservices, API-first, Cloud-native, Headless)というコンポーザブルアーキテクチャを採用している、システムツールを選択するべきです。

 #3 総所有コスト (TCO) の削減

Shopifyは、Eコマース、D2C(直販)、DNVB(デジタルネイティブ・バーチカルブランド)などの企業にとって重要なミッションとバリューを提供しています。特に、Shopify Plusは大規模なマーチャント向けにエンタープライズレベルのサブスクリプションパッケージを提供し、総所有コスト(TCO)を削減して、便利なショッパーエクスペリエンスを強化しながら、より多くの価値を生み出すことを目指しています。Commerce ComponentsやHydrogenといったツールを提供しています。

大規模なマーチャント向けのエンタープライズレベルのサブスクリプションパッケージであり、より活発な収益増加、より良いリテンション、補助システムアプリ製品のより多くのアップセルを享受することができます。これは、今後ますます重要な成長ベクトルになるでしょう。

 #4 The Shop App と価格決定力

パートナーエコシステムについて語っていきます。このシリーズコンテンツは、ShopifyのFinancial ReportsPress Releasesなどに基づいています。Shopifyは、Eコマース・D2C・DNVBオムニチャネルコマース企業に対して、MACH・コンポーザブルアーキテクチャーというシステムツールを提供し、マーチャントの成功を支援しています。Shop Appも急速に成長しており、Shopifyのツールを活用して顧客のパーソナライズされた体験を提供しています。さらに、Shopifyは価格決定力を持ち、加盟店・マーチャントからの値上げに対する抵抗がないようです。このコンテンツでは、これらのポイントについて詳しく説明しています。

Shopifyの消費者向けショッピングアプリ「Shop App」は、ユーザーの購入履歴データを利用して製品の提案を行い、パーソナライズされた体験を提供している。このアプリは、マーチャントの製品トラフィックを増加させ、再注文率を向上させるなど、成功した販売チャネルを作成・構築しています。また、Shopify Flow & Scriptsを使用して、消費者が注文をシームレスに追跡および編集できるようにしています。

#5 Shopify Payments

Shopifyは、EコマースD2C(Direct-to-Consumer)、DNVB(Digitally Native Vertical Brands)などのオムニチャネルコマース企業向けに、MACH(Microservices, API-First, Cloud-Native, Headless)コンポーザブルアーキテクチャーでヘッドレスコマースを提供しています。Shopify Plusの機能やマーチャントソリューションの、Shopify Paymentsとチェックアウトツールの一連のサービスで、マーチャントは支払いオプションの選択肢を増やし、収益を最大化できることについて解説しています。

Shopifyのマーチャントソリューションは、補助的なサービスであり、コマース企業にとって効果的に解決されていない問題にフォーカスしています。これらのツールはTCOを削減し、意思決定を改善および一元化するために異なるサードパーティの製品を管理者に統合してくれます。このバケットは、Shopifyの主要な収益源であり、マーチャントに独自の価値を生み出す方法、リテンションを動機付ける方法、APIスイートを提供しています。マーチャントソリューションはShopifyにとって競合他社との差別化になります。

 #6 Fulfillment

Shopifyは、Eコマース、D2CDNVBオムニチャネルコマース企業に対して、MACHコンポーザブルアーキテクチャのシステムツールとして提供しています。フルフィルメントサービスである、Shopify Fulfillment Network(SFN)の詳細メリットとして、SFNはマーチャントのフルフィルメントサービスを効率化し、納期の不確実性や運転資本コストの上昇を解消することを目指していることと解説しています。SFNの利用により、フルフィルメントの重要さとしてマーチャントはより高いコンバージョンとGMVファネリングを実現できるポイントを解説しています。

Shopify Fulfillment Network (SFN)は、サプライチェーンの断片をつなぎ合わせ、フルフィルメントサービスを統合することで、納期や在庫データの不確実性を解消し、運転資本コストを削減することを目的としています。SFNは、既存のパートナーのキャパシティとソフトウェアを利用し、高速で安価なフルフィルメントを提供します。SFNは、マーチャントの課題を解決し、マーチャントがロジスティクスを管理する必要がないようにすることで、成長に集中できるようになります。日本では提供されていません。

#7  Expanding Suite of Advertising Tools

Shopifyは、Eコマース、D2CDNVBオムニチャネルコマース企業にとって重要なツールであり、MACH・コンポーザブルアーキテクチャーを採用しています。また、Shopifyの製品スイートには、メールマーケティングのShopify Email、インフルエンサーマーケティングツールのShopify Collabs、Linkpop、Dovetaleがあります。これらのツールは、マーチャントの成功と顧客との関係構築を支援します。広告主が広告ツールを活用することで、効率的かつ収益性の高い方法で顧客をターゲットにする能力が向上し、成功したコマースの実現につながります。

Shopifyは、Appleのデータ共有の制限とGoogleのサードパーティCookieの劣化により、広告主が意欲の高い購入者をターゲットにする能力が低下している問題に取り組んでおり、広告ツールの拡張スイートを提供しています。この製品スイートには、Shopify Email、Shopify Audiences、Shopify Collabsなどがあり、マーチャントはそれぞれの問題を解決するために利用できます。広告ツールは、自動化された方法でセグメント化およびターゲティングを引き出し、一貫した広告費用対効果(ROAS)とコンバージョンのメリットをもたらします。

 #8  Global Commerce

Shopifyは、EコマースD2CDNVBオムニチャネルコマース企業にとって重要なミッションとバリューを提供しています。Shopify Marketsは、企業が14か国に簡単に拡大して、構成可能でローカライズされたストアフロントを開くことができるグローバルな販売プラットフォームです。ローカリゼーションにより、国際的なコンバージョンが40%も増加することが示されています。

Shopify Markets Proは、よりフルサービスなバージョンで、150か国で販売が可能になります。市場ごとに税込みを微調整し、ローカライズされたドメインを提供し、関税と関税のコンプライアンスを簡単にします。加盟店は、130の通貨での販売を受け入れることができ、FX換算がガイドされます。これらの機能は、Shopifyの管理画面にシームレスに表示されます。

 #9  Point of Sale (POS)

Shopifyは、EコマースD2C、DNVBなどの企業にとって、MACH・コンポーザブルアーキテクチャーを活用して、物理的なショッピングにも注力・実店舗での商取引のために独自のPOSハードウェアとソフトウェアを立ち上げ統合されたサービスを提供しています。ShopifyはPOS ProとPOS Goという新しい製品を発表し、店舗のオムニチャネル統合とモビリティを強化しています。これにより、商人はより効率的な販売体験を提供し、売上を増やすことができます。

Shopifyは、マーチャントにオムニチャネルの運用ビューを提供することで、在庫データを完全にし、返品・交換と返金を処理できるようにしました。これにより、物理的なショッピングの重要性が明らかになり、Shopify POS Proが誕生しました。

 #10  Finance

Shopifyは、EコマースD2C(Direct-to-Consumer)、DNVB(Digitally Native Vertical Brands)の企業にとって重要な役割を果たしています。Shopifyは、エコシステムを通じて自社のミッションとバリューを提供し、将来のコマースビジネスモデルの変化に対応するために、MACH(Microservices, API-first, Cloud-native, Headless)コンポーザブルアーキテクチャーのメリットについて深く掘り下げています。

Shopifyはマーチャント向けの金融サービスも提供しており、Shopify BalanceとShopify Capitalという製品があります。Shopify Balanceは、中小企業や起業家向けの銀行商品であり、ビジネスの運用や支払いなどの金融サービスを提供します。一方、Shopify Capitalは、マーチャントが手頃な価格でローンにアクセスできるように設計された製品であり、マーチャントの成長機会を支援します。

中小企業や起業家向けの金融サービス「Shopify Balance」は、手数料やペナルティがなく、即座に資金にアクセスできることが特徴。また、Visaのカードが付属し、キャッシュバックや配送ラベル、ローン、マーケティングプレースメントなどに安価にアクセスできます。
さらに、クロスチャネルコンプライアンスを処理するための税管理製品も追加されています。
日本からのアクセスはムリです。

以上が、Shopify & Shopify Plus ディープダイブの主なハイライトとなります。

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

顧客満足度を高めるためのコマースカテゴリページのポイント
顧客満足度を高めるためのコマースカテゴリページのポイント
オンライン買い物客は、実際のウィンドウショッパーのように、自分が探しているものを知るのではなく、利用可能なオプションを熟読しています。ユーザーの興味関心とコンバージョンを獲得するには、最も魅力的なアイテムが上位にランク付けされ、カテゴ...
続きを読んでみる
サーチアンドダイズの完全ガイド 101
サーチアンドダイズの完全ガイド 101
クリックストリームデータ、Eコマースのベストプラクティス、Eコマースカテゴリページ、Eコマース検索、オンラインリテール顧客体験の向上はデータから始まりますが、最近ではデータもたくさんあります。(ありすぎます)eコマースの売上高だけでも...
続きを読んでみる
ユニファイドコマース向けAI活用ガイド
ユニファイドコマース向けAI活用ガイド
AI は、ある規模の組織内で少なくとも完全に機能していると言われています。しかし、小売業の経営幹部は、進化するAIの状況についていくのは難しいと感じています。近年、ユニファイドコマースやeコマースチームは、新しい顧客の好みに適応して、...
続きを読んでみる
返品から再販へ:リコマースフルフィルメントのポイント
返品から再販へ:リコマースフルフィルメントのポイント
リコマースとサーキュラーエコノミーは、先進的なブランドの持続可能性と収益性を推進する極めて重要な概念として注目を浴びています。リコマースとは、中古品を購入、再生、再販し、ライフサイクルを延長して、環境への影響を軽減しつつ、収益を向上さ...
続きを読んでみる
キャッシュバックでロイヤリティをアップするポイント
キャッシュバックでロイヤリティをアップするポイント
キャッシュバックリワード報酬でロイヤリティを向上させるガイド 割引クーポンコードを捨てて、リピート購入を増やし、メンバーシップとロイヤルティプログラムの基盤にして収益性をアップする時です。 ユニファイドコマース、オムニチャネルコマース...
続きを読んでみる
顧客紹介プログラムの作成方法 101
顧客紹介プログラムの作成方法 101
それはただの普通の日常として始まります。あなたは睡眠からさめ、起き上がり、Instagramアプリを開いてスクロールを開始します。しかし、すぐに友達の最新のアパレルでのシーンが表示されます、フィードの他のものには何も関心が移りません。...
続きを読んでみる
カスタマーレビューにリワードを提供して収益をアップする
カスタマーレビューにリワードを提供して収益をアップする
セールスサイクル全体を通してカスタマーレビューの力を活用します レビューは購入サイクルにおいて大きな役割を果たしています。購入者に信頼感を与え、ファネルの認識、検討、意思決定の段階を通じて信頼を高めてくれます。それらがなければ、売上の...
続きを読んでみる
リワードプログラムを開始するための5ステップ
リワードプログラムを開始するための5ステップ
あなたのコマースストアー・リアル店舗には多くの競争があります。Shopifyだけでも800,000以上のeコマースストアがあり、何を販売していても、それと同じ商品を販売している人(おそらく何百人もの人)がいます。競合他社に誘われる前に...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー